2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

カテゴリー「登山」の記事

2017年10月15日 (日曜日)

今日の運動と天気10/15/17

 起床は5時頃。外はどんよりとした曇り空。太股が筋肉痛だ。今日は東北中央道(高速道路)の開通記念イベントで開通前の高速道路でマラソンとサイクリングが開催されるとか。なでら男も実はサイクリングのサポートライダーなるものをお願いされたが,申し訳ないけどとお断りした。正直,そういったイベントには全く興味がなくなった。残りの人生を好きなことに使いたいという思い。

 昨日の写真を整理したりしてダラダラ過ごし,..

ーーー

 昼飯前のローラー55分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 70rpm 前後で。軽く循環促進。ツール12ステージを観戦。

ーーー

 昼前から雨になった。昼は久しぶりに「鮨 よし遊」に。

IMG 6565

 海鮮丼のランチを頂く。いつものお吸い物の代わりに今日は芋煮が!大変美味しゅうございました。ご馳走さまでした。

 そのまま職場へ。懸案の申請書類の作成。一応,仮の完成を見る。明日の午前中にブラッシュアップして提出。午後には面倒なメールの作成が待っている。今週もいろいろと忙しい。6時ごろに本屋経由で帰宅。夕方になって,朝よりも太腿の筋肉痛がひどくなる今日この頃(苦笑。明日がマックスか?トホホ,..(´д`;)

IMG 6566

 来年はここだな(笑。山小屋泊やらテント泊の練習しなければな。そうするとサイクリングの幅も拡がりそうだ。

2017年10月14日 (土曜日)

祝瓶山の山頂に立つの巻

 起床は4時半。さて,今日はどうしようかとしばし思案。昨夜,晩飯食いつつ,なでら女房と明日どうするか話したら,明日は寝ているとか。折角,靴買ったのに,寝てるとはどういうことだ!?ったく,遊びにどん欲さのない奴はしょうがないなぁ(:-D)。仕方がない。昼頃には晴れそうな GPV 予報だったので,一人で山に出かけることにした。さて,どこに行くか?

 候補の一つが「飯森山」。日中ダムの辺りから登るらしい。飯豊をどかんと目前に見てみたい。そしてもう一つが「祝瓶山」だ。数年前から登ろう,登ろうと思いつつ果たせていない。米沢市内から眺めるピラミッドのような姿はとても 1400m ほどの標高とは思えないほどの偉容だ。別名,東北のマッターホルン。これだけで登る理由になるのではないか?

 結局,祝瓶山に登ることにした。と決めたのはいいが,あそこは登山口(長井側)までのアプローチが長いし,そこまでの道が細く荒れているので,車の運転がストレスフルなんだよね。なでら女房など,隣に乗っているだけで多分ギャーギャー言いそうな道。一度だけ,真夏に偵察のために出かけたが,本当にこの先に登山口があるんだろうなと不安になった頃に登山口に当る「祝瓶山荘」に到着した。入山カードが置いてある電話ボックスがあった。メジロアブの数が凄まじく,車外に出たものの,アブにまとわりつかれて,その辺りを歩き回るような余裕もなく,這う這うの体で車に逃げ込み,どさくさに紛れて飛び込んできたメジロアブを10匹ほども車内で退治したのは5年ほど前だったか,..。時の流れは速いものだ,..。

 7時頃にコンビニで食料を調達してからひたすら車を走らせる。長井ダムの先の記憶が大分曖昧で,走りながら,こんな道走ったっけ?道を間違えたかなぁ?と不安がよぎったが,木地山ダムが見えてきて,「ああ,そうだ,ここだ!」と思い出して,さらに車のすれ違い不可(いや〜,本当に神経使う道だ)の細い道をどんどん先に進む。途中からオフロードになり,「営林署の管轄だから許可車以外ここから入るな」なんて看板を眺めつつさらに進む。「祝瓶山荘」の看板を目にして,しばらく走るとようやく到着。営林署管轄の林道のほぼ終点に祝瓶山荘がある。

20171014iwaigamesansou

 5年のうちに風力発電設備などが備えられたようだ。今日の午後には市内やら遠方やらからお客さんが集まって,明日は祝瓶山の市民登山があるとのこと。既に何人かの泊まり客がいるようだ。ふと,思ったことは,帰りの道で,こちらに来る客の車と出会ったらすれ違いが面倒だなぁということ(苦笑。駐車場には既に5台ほどの車が駐車していた。入山カードをみると何グループか既に入山している様子。早いグループで6時半頃に入山とか。7時半頃にも入山したグループがいた。現在,8時半。カードに必要事項を記入して,荷物を背負い,林道を歩き始める。この2週間,周囲に人がいない状態で山道を歩いてないので,むしろ何か新鮮である。

IMG 6555

 林道終点に到着。この先には,..

DSCF1557

 野川に架かる吊り橋が,..。なんだか,傾いでるし,揺れが酷いし,..。調子に乗ってスピードを上げて渡ろうとして,揺れの酷さにちょいとビビる。橋を渡ったあとは,ブナ林の中を快適に進む。それにしても,魚のいそうな渓流だ。ここを釣り上ったら楽しいだろうなぁ。

20171014iwaigameyama before

 橋を渡った先の林道途中で見える祝瓶山。あの頂上に今日は登るのかぁ。

IMG 6560

 ちなみに,予定のコースはこんな具合。おおよその距離は 10km で,獲得標高差は 1000 m ほど。所要時間は休憩を含めて7時間くらいか。やがて,辺りは全てブナになり,足下には苔むしした石がゴロゴロした林の中へ。太古の森という感じで,ナウシカの風情(笑。石の上のコケは出来るだけ踏まないようにして進む。

DSCF1559

DSCF1560

DSCF1561

 ブナの肌とか,苔むした石とか,ブナの倒木に生えたキノコとか,色付いた紅葉とか,..。いや〜,いいな!あまりキョロキョロしていると蹴躓きそうになるが。40分も歩くと,桑住平の分岐に到着。真っすぐに進むと赤鼻尾根らしい。ここから左に進み,小沢を渡り,昔キャンプ場だったと思しき広場を通り,祝瓶山の東側の尾根コースに向かう。

IMG 6557

 キャンプ場(?)のブナの巨木の幹には「昭和二十八年五月**日」の彫り込み。そんな頃から,ここには人が入り込んでいたのか。ここから2回ほど沢の渡渉を繰り返す。瀬から飛び出して深みに逃げ込む 20cm ほどのイワナを数匹見かけた。ここまで来れば,キャンプと釣りを組み合わせて楽しめそうだ。禁漁なのかな?

DSCF1562

 渡渉が終わった辺りから,踏み跡は沢筋を離れてブナ林の中を急激に高度を上げ始める。きっつい。この辺りから,汗がダラダラ流れ始める。しかも,一人なのでついつい頑張るものだから呼吸はゼーゼー。10分に一度ほど立ち止まりポールにもたれて息を整え再び登ることを繰り返す。どうも,適当に手を抜いてゆっくりと登るというのが出来ない性格らしい。今日はなでら女房がいなくて一人なので,余計に修業モードに入り込んでしまうようだ。

DSCF1563

 しばらくするとブナ林を抜け出して,背の低い雑木に覆われた,急登の細い尾根に出る。前方にはこれから登るコースとガスの掛かった祝瓶山の山頂。左右には切り立った尾根から沢へと崖が落ち込み,向かい側の沢の源流部の断崖が見えている。もう少し雲が高ければ,これは素晴らしい眺望だろうな。それにしても,左側が急斜面へとざれている片斜面とか,狭い岩場の,両手も使っての登りとか危なっかしいところばかり。疲れて、踏ん張りが利かずによろけたりしたら,あっという間に数十メートルは転がり落ちそうなところが多い。改めて気持ちを引き締め注意をそらさぬようにして進む。

DSCF1573

 こんな急勾配の踏み跡が山頂までつづく。

20171014iwaigame onehurikaeri

 尾根の登り途中で一息吐いて振り返った景色。多分,大朝日方面だと思うが,..。

20171014iwaigame kokakunarasawa

 左手のコカクナラ沢の源流部の尾根と断崖。振り返ると,遠くに出発点の祝瓶山荘がポツンと見える。

DSCF1580 1

 遠く木地山ダムも見えている。雲がなければ,この方向に磐梯山なども見えるようだが,..。

DSCF1586

 次第にガスの掛かった頂上に近付く。

DSCF1588

 登っている尾根の右手側の尾根。ヌルミ沢源流部なのかな?

 とにかく切り立った細い尾根の上の急勾配を進むので高度感が半端ない。本当に 1400m の山か?と何度も思った。この辺りから前方から女性のハシャギ声が時折聞えるようになる。先行者に追いついたようだ。

20171014iwaigame peak sita iwa

 とうとうガスの掛かった辺りに突入。薄いガスを通して頂上直下の岩壁を見る。まさに岩山。晴れていたら凄い迫力だろうな。

DSCF1597

 竜胆を見つけた。

 この辺りからは,「え?ここ登るの?普通の岩壁ヤン!(笑」という箇所が,連続して出現する。短い距離だけど,三点確保できちんと岩の部分を登らねばならないような箇所も多数。手掛かりがないところは,思わず草を掴んでしまうが,抜けたりしたら大変なことに,..。

DSCF1598

 角度で 50度ほどありそうな岩斜面を登ること数回。頂上直下のロープが設置してある箇所を超えたら,数メートルほど進んで頂上到着である。汗まみれである。ここまで約3時間。頂上には,若いご夫婦と5人ほどのおばさまグループがいた。辺りは真っ白で何も見えない。さらに,寒い,..。汗が冷えてきた。ダウンジャケットも持ってきたが,全身汗まみれなので取り合えずウィンドブレーカ代わりに雨具を着用。もっとペースを抑え気味して,発汗抑えないとこれからの時季やばいなぁ。

DSCF1599 1

 取り合えず記念写真をセルフタイマーを使って撮影(笑。

DSCF1601

 三角点にタッチ

DSCF1602

 腹ぺこなので,まずは腹ごしらえ。カップ麺とおにぎり2個とクリームパンなどを食す。風が吹くとかなり寒い,..。登りでの発汗が多すぎて,持参した水2リットルでは足りなかったみたい。まあ,最後は沢水でも問題あるまい。

 晴れていてば360度のパノラマなんだろうが,生憎ガスっていて何も見えない。そんな訳で頂上からは早めに撤退。au の携帯が繋がるのにはビックリポン(笑。計画では赤鼻を回って降りる積もりだったが,若いご夫婦からの情報で,尾根を下ったところの赤鼻への分岐を示す道標が倒れていて見落とすかも知れないとのこと。ムムム,..とは言っても,登ってきたコースは岩壁を這って降りる箇所が多数あり,正直遠慮したい(若いご夫婦は,来た道を戻るコースにチャレンジするとか。お気を付けて)。もう一つのおばさまグループに話を聞いてみれば,やはり,赤鼻を経由して帰る積もりだと。でも,初めてなのでコースは詳しくないと。う〜ん,どうすべぇ〜と思っているところに,降りようとしているコースからシニアの三人組が登場。聞けば,赤鼻から登ってこられたと言う。帰りのコースはどちらかを訊けば,同じコースを帰るとか。では,途中の赤鼻の分岐までご一緒してもらうことに。そろそろ出発するかというときに,一瞬だけガスが晴れた。大朝日やら新潟方面の景色が凄い。飯豊は残念ながらわからなかった。大朝日とか飯豊が冠雪した頃の晴れた日の景観は見事だろうなぁ。

20171014iwaigame west

 一瞬だけ晴れた西の方角。飯豊連峰はもう少し左側かな?

DSCF1608 1

 こっちが飯豊方面かなぁ?あ,飯豊は南か,違うな(苦笑。見えているのは,足駄山とかなのかな?

DSCF1609 1

 大朝日岳の頂上が少しだけ見えた。直ぐに隠れてしまったけど。

DSCF1612

 下山を始めた頃にガスが晴れてきた。

20171014iwaigame north

 ピークから北(北西?)に向かう尾根道(鈴振尾根?)。ここを進めば,小国の五味沢からの登り口に至るらしい。尾根を挟んで右と左では植生が違っているのか,右が黄葉,左が紅葉である。

DSCF1624

 赤鼻への分岐付近からの祝瓶山山頂。先行されていたシニアのお三方に分岐を教えて頂く。後続のおばさんグループを待って,尾根筋を降る。

20171014iwaigame from akabana

 赤鼻へと至る尾根からの祝瓶山

20171014iwaigame akahbanaone

 赤鼻まで向かう尾根から振り返った祝瓶と鈴振尾根。真ん中辺りに下山する登山者が数人。

DSCF1630 1

 赤鼻までの尾根。あちこちに岩場もあった。

DSCF1635 nik

DSCF1636 nik

DSCF1646

赤鼻への尾根からの景色

DSCF1653

 細い尾根道はやがてクマザサに覆われた道になる。

 もう一度登り返して(結構辛い),赤鼻の分岐に到着。

DSCF1655

 分岐の道標はクマに八つ当たりされていた。「オレの縄張りに余計なもの立てるんじゃねぇ!」って感じかな(笑。

 ここで,頂上で会った3人のシニアの方々のお仲間のお二人と出会い,少し話をした。途中お一方がギブアップして,もうお一方が付き添って、ここまで戻られたとのこと。三人のことを訊かれたので,途中で食事中だったとお伝えした。お二人のうちのお一方は祝瓶山に5〜6回ほど登っておられるとか。低いけどいい山だと繰り返し口にされていた。シニア世代の方々はなにか落ち着いた雰囲気で,山をのんびりと愉しまれている感じ。道具(靴とか)も年季の入った渋さがある。サイクリングの場合もそうなのだが,長く愉しんでいる方はどこかに余裕を持ってゆったりとした雰囲気を感じる。そんな感じで,道楽も仕事もこなせれば,人生一段上の階層に至れそうに思うのだが(違:笑。なでら男は未熟な故,到底そんな境地には至っておらず,..(笑。そんなこんなで,一人で山を歩いていると,いろいろな思いが頭をよぎる。

 ここからしばらく赤鼻尾根を降る。急斜面で降りが大変だった。

DSCF1656

 鎖場やら,..

DSCF1657

 ロープ場やらが次々と,..。まあ,なくても降れはするけど,結構脚には来た。

DSCF1659 1

 赤鼻尾根の途中から祝瓶山を眺める。一番左の尾根(空との境界線)を登って,右端の尾根(紅葉で紅くなっている)を降りてきたということなのかな?

 ブナ林の中を歩いてきて,結構大きな沢の渡渉をしたところで(二つの沢の出会い部分)小休止を取る。沢の水でタオルを濯いだり,顔を洗ったりして一息吐いていると,先ほどのお二方が降りてこられた。挨拶して見送って,さて、行くか!と出発すると,少し先が桑住平の分岐だった。先着のお二方が沢の水を飲んでいるので,水の切れたなでら男もそれに倣う。元キャンプ場の水場でもあり,上に何もないので問題ないとのこと。汗のかき過ぎで脱水に近い状態だったので助かった。ボトルに一本ほどを一気飲み。

 お先に祝瓶山荘を目指す。来たときに通った,ブナと苔むしした石の林を通過して,ようやく吊り橋に到着。来るときはおっかなびっくりだったけど,いろいろなところで身体が(不安定な状態に)馴染んだようで,橋の上で写真を撮る余裕もあった。

DSCF1661

 傾いでいるのでなかなかスリリングだ(笑。

 そして3時半少し前に祝瓶山荘に到着。明日の市民登山に参加する人達が大勢で BBQ を愉しんでいた。世話役のような感じの方に,これからこちらに向かってくる方はどれくらいいるのか訊ねると,ほとんどいないんじゃないかな?という返事。で,もうお一方と山のことなどを少し話した。今日はよかっただろう?というので最高だったと応える。電話ボックスの中の入山ノートに下山時刻を書き込んで終了。近くの沢でタオルを絞って全身汗にまみれた身体を拭いて,パンツまで総取り換え。サッパリして帰途に就く。

 帰途は3台の車とすれ違い。タイミングがよく苦労せずにすれ違えた。一台は多摩ナンバーだったので,明日の登山の方かも知れない。5時過ぎに帰宅。いや〜・・いい山だった。低いけど,山の要素をコンパクトに凝集させたという感じ。来年もまた行きたい。今度はヒメサユリの時季に。

IMG 6561

 帰宅して風呂に入って,一杯やったら,..テンテンテン。きっと山頂にいる夢でもみているのだろう(笑。

2017年10月 8日 (日曜日)

安達太良山の山頂に立つの巻

 起床は5時。なでら女房と早めに朝飯を済ませて,あれこれと準備して,6時半頃に出発。今日は,先週に引き続き山登りにいくのだ。安達太良山に登るのだ。今回も出来るだけお気軽なコースをチョイス。まあ,お気軽なコースは混み合うというデメリットもあるのだが,登山口がいくつあっても最終的には山頂に至る訳で,山頂付近が混み合うのは,これはもう必至で,..(苦笑。

 福島まで行き,スカイラインに向かう車を横目にフルーツラインをひた走り,土湯温泉付近まで来ると,前方に紅葉の山が,..

IMG 6510

 あの辺りか!

 目的地は安達太良スキー場。そのゴンドラを使って,最初のアプローチを省略してしまおうというずるい考え(笑。が,こんな天気のいい連休の中日。考えることは皆似ているようで,スキー場手前から既に渋滞,..。ゲロゲロ・・・。結局,随分下の駐車場にイン。まあ,でも,歩いて10分ほどのところなので由とする。早速準備して荷物背負って歩き出す。今回は,前回の教訓を生かして,ポールを持参。結果的に,なでら女房も大分楽できた様子。一本でもあるとないでは大違いだった。

IMG 6511

 時折,ガスが流れるが,素晴らしい天気だ。駐車場の車は関東率が高目。鹿児島とかのナンバーのキャンピングカーまである。前方にはこれから登る安達太良山の山頂が見えている(のか?)

 で,スキー場のゴンドラ乗り場まで来てみれば,...

IMG 6513

 なんじゃ,こりゃ〜〜〜!??@o@/// 順番を取っている間になでら女房にゴンドラチケットを買ってきてもらう。チケット売り場も大行列だとか。で,かなり前方に進んだころにチケットを握りしめたなでら女房が戻ってきた。

IMG 6515

 8時半過ぎになんとかゴンドラに乗車。仙台から来られたという年配のご夫婦と一緒。早速,なでら女房が話しかける。義父の性格の遺伝だと思うが,とにかく物怖じせずに誰にでも話しかけて,数分で以前からの知り合いのようになってしまう。人見知りするなでら男にとっては異星人を見る思いである。先だっては,西吾妻山に登って,白布温泉の不動閣に泊まられたとか。オリンピック風呂の話をされていた。

IMG 6516

 ガスが出てきた。でも,紅葉が素晴らしい。これは期待出来るな。山頂駅に到着。

IMG 6517

 遠くの山並みを眺めてみたり,..。

 早速,歩き始める。木道が整備されていて,傾斜はほとんどなくて,お気楽な散歩程度の格好の方々も沢山いる。

DSCF1432

 まずは,定番から(笑

20171008adatara yakushi p

 薬師岳という場所から安達太良山を眺める。麓の紅葉が見事だ。ここもお気軽絶景ポイントということで沢山の登山客やら観光客でごった返し。

DSCF1439

 この乳首のようなところが安達太良山の山頂である。さて,登り始めよう。

IMG 6523

 といっても,木道を行列を作ってノロノロ進むのだが。ちょいとウンザリするが,こればかりは仕方がない。イライラしてるらしい爺さんが,「停まるな!」とか「閊えているから流せよ!」とか。還暦も過ぎているだろうに,もう少し言い方というものがあるだろうにと思った次第。まあ,同じことは,なでら男も思っていたけどね(苦笑。雨上がりなので,至る所がドロドロである。

DSCF1446

 途中の絶景ポイントでは,多くの登山者が撮影会。

 ゴンドラの山頂駅からは結構平坦に近いコースをしばらく進み,このポイント辺りから先が登りになる。でも,先週の磐梯山に比べて,段差が小さめでかなり楽。今日のコースは約 10km ほどで,先週の磐梯山が 7km でコースタイムはほぼ同じことからも今日のコースはラクチンであることがわかる。

20171008adatara peaktikaku

 ピーク近くになると,眺望が開けてくる。

DSCF1457

DSCF1458

DSCF1459

 いや〜,見事!

DSCF1463 1

 頂上着!人の多さにビックリポン!で,目前の岩山の上がピークなのだが,登り降りともに渋滞状態(苦笑。

DSCF1464

DSCF1466

 頂上の岩山の下辺りからの景色

DSCF1470

 頂上から!

DSCF1471 1c

 折角なので撮ってもらった。顔隠せ!と言う指示が出たのでモザイクなど(笑。

IMG 6529

 岩山からの下山も渋滞。鉄製の梯子を降りるのである。

IMG 6530

 降りたところで,早めの食事。カップの豚汁がウメェ〜〜〜!

DSCF1474 1

 山頂岩からの下山ルートは絶賛渋滞中(笑。

20171008adatara peaktenbou2

 こんな景色を眺めつつ,飯を食うのはきっと健康によかろうと思う。

DSCF1492

 飯も食ったので帰りのルートに向かう。右に行けば,くろがね小屋に向かう。真っ直ぐに行くと「鉄山」とやらまで往復1時間ちょっとらしい。今日はちょいと残念ながら見送り。

20171008adatara peak from umanose

 馬の背から見た安達太良山の頂上。立錐の余地なし(笑。

20171008adatara numanotaira

20171008adatara numanotaira2

 沼の平は荒涼とした別世界。行ったことはないが,火星とか月とかこんな感じだろうか?感じる印象が,恐山の時によく似ている。火山性ガスが噴出しているとかで,昔はあった,この中を歩くコースは今では閉鎖されたようだ。奥に見える湖は秋元湖である。

DSCF1497

 赤いねぇ。

 しばらく行くと,馬背からと山頂直下からのルートの開けた合流点に出る。ここでは多数の登山者がお昼ご飯。ふと見れば,抹茶を点てて喫している方もおり,これは渋いなぁと。

DSCF1499

 ここから先は赤の世界。

DSCF1501

DSCF1502

DSCF1503

 少々ガスが掛かっているが,それもなかなかいい風情を出している。やがて,左手に鉄山が見えてくると紅葉の具合は一変する。

DSCF1508

 今度は黄色の世界だ!くろがね小屋に向かって右手は赤中心の紅葉で,左手は黄色中心の黄葉。

20171008adatara tetuzan kouyou3

 スケールが大きすぎてとても一枚では無理なので,縦方向の5枚を繋いでみた。もしかしたら,容量オーバーで解像度がえらく落ちるかも。

DSCF1524

 いや〜,こんなすごい紅葉,初めて見たよ!

DSCF1527

 崩落したのかな?#東日本大震災時に崩落したとのこと

DSCF1530

 これが右サイドの紅葉

 急な斜面を下って,ようやくくろがね小屋に到着。多くの登山者が休憩中だった。で,ここを出発する時に,なんとジムニーが登ってきた。確かに,幅的にはジープロードではあるが,まさか車が来るとは,..。びっくりポン!でも,宿泊客もいる小屋に資材を運ぶには車が必須だろうからねぇ。

20171008adatara kuroganegoya

DSCF1536

DSCF1537

 くろがね小屋と鉄山の紅葉。素晴らしい!

 ここからはジープロードをひたすら下る。途中,旧道に入り込んで泥まみれになったりしつつ2時半頃にスタート地点に戻った。

DSCF1542 1

 いい山歩きだった!大変満足した一日。帰りは温泉にでもと思ったが,見知らぬ温泉街で日帰り入浴できるところを探して,..っていうのは意外に手間がかかりストレスが溜まるものだ。ちょっと宿の人に訊いたら,かなり離れた駐車場まで誘導されて,それから宿のマイクロバスで宿まで移動。そして入浴。また駐車場までという面倒さに嫌気がさしてヤメにした。途中フルーツラインで梨を買って真っ直ぐに帰宅して風呂に入ったとさ。

 入浴中に au から電話が来て20分ほども話すなど,いとおかし(笑。

IMG 6534

 風呂上がりには,こんな発泡日本酒を呑んで,いい気分になって目出度く寝落ち(笑

2017年9月30日 (土曜日)

磐梯山の山頂に立つの巻

 起床は6時頃。比較的スッキリしている。朝飯の時に,なでら女房と「磐梯山に登ってみないか?」という話になる。何事も行き当たりばったりの「なでら家」なのである。西吾妻山には黒い雲が掛かり,山頂付近は見えない状態で,ちょっと空模様が心配。だが,GPV 予報によれば,雲は早い時間に南東の方向に流れるようで,昼前から晴れてきそうだった。なので,8時頃に出発。途中では小雨なども降っており,テンションは下がるが,最悪ドライブでもいいやと,..。

 初心者なので,一番お手軽なコースということで,ゴールドラインのピークの八方台からの山頂往復コース7キロをチョイス(実際に歩いてみると,結構しんどかったけど。ガイドブックによれば中級とか)。朝方に結構雨が降ったようだし,雲も多めだったので,これならあまり登山者も多くなかろうと高を括っていたら,..。上の駐車場,満杯で,猪苗代側に少し下った第二駐車場に車を置く。それにしても,凄い登山者の数だ。準備して登山口まで移動。時刻は 10 時少し前。

DSCF1270

 一応,入山カードなどを書いてみる。

DSCF1271

 ブナ林の中の登山道を進む。青空が見えてきて,次第に気分は高揚する。

DSCF1274

 やがて,開けた場所に出る。以前は温泉があったらしい。付近は,所謂,火山性ガスの臭いがする。長居するなとの看板もある。真っ正面に磐梯山が見えるはずだが,まだ雲が晴れてこない。前線通過後の風が強いが,空の青い部分がドンドン拡がっている。

DSCF1276

 こんな道を進む。結構な段差があり,ずっとスクワットを繰り返しているような感じ。結構キツイ。新潟方面の山愛好会(山岳会というような雰囲気ではなかった)やら茨城からという団体の方もいる。バスを仕立てて来たらしい。結構高齢の方も多く,ゆっくりしたペースで着実に進む辺り,ベテランのオーラが,...

DSCF1291

 それなりにシンドイ。途中で,なでら男の靴のソールが剥がれるアクシデント。しかも,両側が剥がれた。安物だからなぁ。なでら女房に至っては眩暈がして歩けないとか言い出してへたり込むし,..。大丈夫なのか?

 ようやく四合目の弘法清水に到着。様々な登山口からの合流点でもあり,小屋があって食事もできるとあって,凄い人出だ。ここから 500m ほどで山頂(なぜか五合目が山頂だとか。昔々,3千メートル越えだった時代の五合目という説もあるらしい)なのだが,なでら女房は大事を取って小屋で待つことに。なでら男だけが山頂に向かう。なでら女房は小学生の頃に義父に連れられて山頂に立ったらしい。小屋のおばさんに,ガムテープと紐をもらって,靴のソールの応急処置をする。まあ,これでなんとかなるんでないかな。

DSCF1316

 ここからはわずか500mほどで標高差が 200m という急勾配。道は狭く段差がかなりあり,しかも,登る人,降りる人多数で大渋滞。

DSCF1293

DSCF1294

 途中では,こんな景色が見られる。1500m 以上だとかなり色付いているようだ。

DSCF1300

 西吾妻の方向になるのかな?

DSCF1302

 さらに高度が上がって眺望が一段とよくなる。これは病みつきになるな。

DSCF1304 1

 そしてついに磐梯山頂上。かなり風が強く,汗が冷えて寒い。猪苗代湖の方角を望む。

DSCF1305 1

DSCF1307

 これはなんていうんだろう?

DSCF1308

 頂上の三角点も確認。新しいなと思ったら,新しい三角点だった(笑

DSCF1310

 会津方面かな?風を避けて,この小屋の陰で昼食を摂る人も多かった。

DSCF1314

20170930bandai panorama

 パノラマ。

 頂上にも立ったし,写真も撮った。昼ご飯は弘法清水でなでら女房と摂ることにしてさっさと降りる。登るよりも降る方が脚に負担がかかる感じ。そして,相変わらずの渋滞状態。なでら女房の待つ弘法清水に戻った頃には、所謂「膝が笑う」状態に(苦笑。小屋で豚汁を注文して持参したおにぎりなどを食す。疲れた身体にしょっぱい汁物が殊の外美味い!!補給も済んで,少しだけマッタリしてから,どれ,それでは降りますか。

DSCF1319

 桧原湖

DSCF1321

 ここはなんていうんだろう?

DSCF1322

 これが晴れたときの温泉跡。右手の赤い山が磐梯山(だと思う)。ここで片方の靴のソールが完全に剥がれたので,面倒なので取り去る。左右で少し高さが違うことになった。

 降りは,太股がフルマラソンのときの 35km 過ぎ辺りのような状態になって痛くて仕方がない。ようやく,午後2時半頃に八方台に到着。ホッと一息吐いて,後片づけしてから帰途に。当初は,喜多方方面を経由して,..なんて考えていたけど,疲れて面倒になったのでスカイバレーを超えて戻ることに。

DSCF1325

 帰りの西吾妻からの磐梯山

20170930angelladder

 スカイバレーのピークからの天使の梯子

 という訳で,初めての磐梯山登山はなかなかしんどかったが大層愉しめた。次は,どこに行こうかな(笑。それにしても,脚が痛い,..(苦笑。