2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

カテゴリー「自然」の記事

2017年5月17日 (水曜日)

ワラビ練とカメラバッグのテスト

 起床は4時頃。外を見れば雲が多いながらも月が見えているので,月でも撮ろうと思い準備していると,あっという間に雲に隠れてしまった。ま,いいか。いろいろとルーティンこなしてから,準備して家を出たのは5時少し前。

 今日だけが予定表の中に何も書き込みがない日なので,朝のうちにいろいろとやっておこうかと思った次第。その一つはワラビ採り。日曜日にあれほど採ったにも係わらず,既にお浸しの残りはタッパ一つ。これでは週末までに食いきってしまう。少し補充しておかなくては・・。さらに,先だってモンベルで購入したカメラバッグの実地テストがまだだったので週末に向けてやっておこうかと。まあ,そのついでに登り練もやって少し脚に活を入れてみるなど。一粒で三度美味しいというオッサンの朝活である。と,ここまで書いてみれば,...今日代休取ればよかったんだと思い付き,..○| ̄|_

 あ,そうそう。秋篠宮眞子内親王殿下がご婚約との報に,心よりお祝いを申し上げます!

DSCF9465 1

 それにしても,5時前に日が昇るようになってしまった。

 5時ちょっと前に登りに掛かるも,ドッグランのところには既に2台の車が,..。山菜採り人は早いなぁ。 ( ̄O ̄;)

DSCF9466

 タイムは 17,8 分かな。遅いねぇ。でも,今日はギヤ一枚残して登れたし,昨年のゼーゼー振りからは大分楽に感じられる。少しだけ元に戻りつつあるかも。今年からレースというレースは全て出ないことにしたので(毎年出ていた鳥海ヒルクライムもキャンセル),スピードはどうでもいいんだけどね。で,カメラバッグと山菜用のナップザックの両方を背負っているのだが,カメラバッグはウエストベルトのお陰で全く動かず,快適だった。しかも,ザックと違って取り出しやすい。これはいいな!

 七曲がりを登ってみれば,流石にワラビは少ない。昨日辺り,雨上がりだということで結構人が入ったんだろうな。残り物をポツポツと収穫しつつ上に移動。七曲がりの辺りから上はガスが掛かって下界が全く見えず。折角カメラを持ってきたのに,..

DSCF9469

 でも,まあ,ワラビもそこそこ採れた。ウワミズザクラが奇麗に咲いていたので撮ってみる。

DSCF9470

 ガスを通して見える麓の水の入った田んぼ

DSCF9474

 ほぼタイムアップ。斜面を後にする。もう一ヶ所入ってみるかと思ったが,その場所からおじさんが出てきたので止めて降ることに。

DSCF9479

 下界は晴れていた。

IMG 5379

 今朝の収穫物

IMG 5380

 使い勝手が非常によかったモンベルのカメラバッグ。防水性もそれなりのようだ。これはサイクリングが楽しくなりそうだ。

ーーー

 朝飯後にローラー41分,19km。勾配負荷3%,ケイデンス 80 - 90rpm で。2006 年のロンドを観戦しつつ。この年はボーネンがアルカンシェルジャージを着てロンドを勝った年。出場選手の名前などなかなか懐かしい。

ーーー

 さて,今日はカルノーサイクルのお勉強だ。

 昼は出遅れたのでラーメンに軍配が上がって,阿波屋さんへ。

IMG 5381

 煮玉子塩ラーメンと鶏ハム丼をチョイス。安心安定の美味さ。ご馳走さまでした。お土産にタラの芽とコシアブラまで頂きました。ありがとうございます。

 午後も,カルノーサイクル。それにしても,熱力学の歴史って面白いな。思わず,カルノーの論文の日本語訳をポチってしまったぞ(笑。

 夕方,なでら女房の呑み会への送りと荷物が届くのでそれを受け取るので早めに帰宅。荷物を受け取った頃に空を見れば見事な夕焼け。

DSCF9481 1

 西吾妻

DSCF9483 1

 夕焼け

DSCF9484 1

 朝日連峰

DSCF9488 1

 斜平山

 カルノーサイクルの勉強しつつ,ドライに過ごす夜も,...詰まらん。:-D

2017年5月14日 (日曜日)

登り練やってワラビを採るなど

 目が覚めたら2時半頃だった。それから4時過ぎまでウツラウツラして過ごすなど。昨夜のおかしな体調は大分改善。外は雲が多いものの青空も見えていて,これから快復模様らしい。朝飯を食ってから,なでら女房と斜平山にワラビ採りに行ってみる。なでら女房は山の下側で,なでら男は七曲がり付近が主なフィールド。なので,なでら男はマウンテンバイクでフィールドに赴く。登りが辛いけど,帰りが楽なんだよね。

 頑張るとろくなことがないので,頑張らないようにして登る。が,1.5km ほどで 200m ほどのアップヒル。しかも,20% 超の箇所が所々に出るので,最終的にはインナーローかその一つ上くらいで。途中で,山菜採りのグループに出会い挨拶。「え?下からノンストップで?スゲ〜〜!」という声を聞きつつゼーゼーいいつつ上を目指す。こんなの全然大したことないですよ!

 七曲がりの登り口の手前 100m ほどが一番辛い。でも,昨年に比べると少し楽になっているかも。

IMG 5343

 着いた。汗まみれ。腰も痛い。多分,体幹が弱いんだろうね。まだワラビは早いかなぁと思いつつ辺りを見渡しながら登れば,...。いや〜,ある,ある!これは大漁の予感(笑。

IMG 5345

 セッセと採っていると,お,シマヘビ!のんびりと日向ぼっこかな?動かないので近づいて撮影。ちょっと突いたら慌てて逃げ出した。そこそこの大きさなので長生きの部類なんだろうな。

IMG 5347

 手前の田んぼにも水が入り始めたようだ。今度は,こんな景色の中で星のグルグルを撮ってみたいな。

IMG 5352

 毎年,この場所には雪解け水が滲み出して水溜まりが出来る。で,そこに毎年ヒキガエルが産卵する。今年も卵があった。で,この場所,いずれ雪解け水の滲み出しがなくなって干上がる。オタマジャクシがカエルになるまでは水が持たないのである。今度,バケツでも持って登って他の沼みたいな場所に移してやろうかと思うがどんなものだろうか?成長するために,この場所でなければならない理由とかはないような気がするけど。

IMG 5357

 この樹は何だったかなぁ?#ウワミズザクラ

IMG 5361

 最後のカタクリだろうね。日当たりのいい斜面は全て種を付けた感じなっていた。あ,あの種,少しだけ頂いてきてもいいものだろうか?

 9時過ぎに帰宅。

IMG 5362

 収穫物。かなり採れた。たまたま今日は人が入っていなかったようだ。もう少し粘ればもっと採れたけど,これくらいあれば,お浸しで1週間は食い続けられる。左はワラビ,右はシオデ。山に感謝。

 動いて汗をかいたら昨日の体調不良はすっかり快復。やはり,身体を動かすのが一番なのか!?

 ビール呑みながら風呂に浸かって,雑誌など眺めつつ長々と入浴。ここでも,ダップリと汗を流して気分スッキリ。さて,昼飯は,..

IMG 5366

 今日も「鮨 よし遊」の海鮮丼ランチ。魚が少し少なくてと店主が言っていたけど,素晴らしい味でした。

IMG 5365

 なにしろ,5日間熟成のマグロが乗っていた。中トロらしき部位もあり,その脂の甘さたるや,...。飛び魚のタタキも実に美味かった。

 買い物して帰宅して,...お仕事。夕方になって,ようやく面倒な仕事が一段落したので,..

IMG 5368

 休日に戻った次第(笑。

IMG 5369

 シオデのお浸し。

IMG 5370

 ワラビのお浸し。出始めのワラビは結構柔らかく,アク抜きの加減が難しい。結構,とろとろになってしまった。シャキシャキしているのが好きなんだけど。また,今度だな。

2017年5月 7日 (日曜日)

連休最終日は山へ山菜採りに

 起床は6時半頃。ウダウダしてると,友人から,山菜採りに行かないかとのお誘いが。急いで飯食ってから友人宅へ。車を乗り換えて,友人の今年 86 歳になるお母様と一緒に大平方面へ。

 車から降りて歩き出すと,..

DSC00606

 ヒキガエルが出迎えてくれた(笑。

DSC00607

 タラの芽発見!

DSC00608

 こんな素晴らしい渓相の沢を渡って対岸へ。いよいよ急峻な斜面に取りつく。なんと,先導するのは86歳になる友人のご母堂!(驚

DSC00611

 まだ雪の残る急斜面を登って行く。ドンドン先に行くのは86歳のおバーちゃん!

DSC00613

 やがて,コゴミの畑のようなところに,..。が,残念ながら数日遅かったようで,多くのコゴミは拡がってしまっていた。

DSC00612

 だが,手頃なものも多数。早速収穫開始。が,うっかりバランスを崩すと後方に転がり落ちそうな急斜面で場所の移動さえもかなり難儀。

 ちょうどテラス状になった場所があり,そこで一息吐く。お茶などご馳走になる。それにしても,お元気ですなぁ!うちの母親も大概元気だと思っていたが,それ以上である。やはり,子供の頃,小学校の往復で8キロ以上を毎日歩いていたという鍛練の賜物か。まさに,脚は第二の心臓である。

DSC00614

 テラス状の休憩所のところから対面の山を眺めれば,奇麗な山桜が咲いている。一休みしてから,本格的な収穫作業に取りかかる。

DSC00618

 角度にして60°に近い斜面に取りついてコゴミを採る86歳のおバーちゃん。どこにいるかわかるだろうか?

DSC00619

 そろそろ帰ろうという辺りでようやく降りてきた86歳のおバーちゃん!3人で,買い物袋4つ半ほども収穫。いや〜,愉しかった。さて,降ろう。降るのも大変である。こっちはボチボチ膝が笑い出し始めている。

DSC00620

 ところで,この花は何だろう?以前に何かで調べたことがあったような気がするけど,..。

DSC00621

 シダ。まるで毛蟹のイメージ(笑

DSC00622

 これでイワナでも釣れたら最高なんだが,..。

 友人宅でお茶と採りたてのコゴミのお浸しなど頂いてから帰宅。

DSC00626

 本日の収穫物。当分,コゴミのお浸しを食うことになりそうだ。

 昼になったので,なでら女房と久しぶりに「鮨 よし遊」へ。友人と3人で予め予約しておいた。

IMG 5302

 ランチメニューの海鮮丼。美味しゅうございました!

 午後はビールを呑みつつまったりと過ごして,黄砂まみれの連休最終日は過ぎて行く。

DSCF9371 1

 モンベルの紙袋に潜り込もうとするチョビ

DSCF9372 2

 足下で横になって悪そうな顔をするチョビ(笑

DSCF9373

 ガリガリサークルで寝るチョビ

2017年4月30日 (日曜日)

斜平山の様子を探ってみるの巻

 なでら長女と食事をして帰宅。なんだか,眠くて,軽くビールでも呑んで昼寝しようかなと思ったが,やっぱり,このいい天気ではそれではよろしくなかろうと思い直し,ちょっと山の様子を偵察してみることにした。長靴とジャージを履いて,額にはタオルの鉢巻き姿でナップザックを背負ってママチャリ漕いで旧愛宕小学校跡地まで赴く。傍から見れば,その姿は,とてつもなく怪しいオッサンだろうなぁと思いつつ,..。

 途中で,カタクリ祭りのイベントの後片づけ中らしい我妻さんに出会ったので,山の様子を訊くと,何も出てないと,..。コシアブラがようやく少し採れ出したくらいだそう。まあ,コシアブラが一掴みほども頂ければ満足なので,それはそれでいいや。

 林道の入り口付近にママチャリをデポして,リンゴ畑の脇を登って行けば,上のドッグランで二組ほどの愛犬家たちがはしゃいでいた。ここで犬を遊ばせている人を見たのは初めて。利用者がいたんだなぁ。それを横目で観て,脇の山に入って行けば,

IMG 5200

 ショウジョウバカマだっけ?春やねぇ。

IMG 5205

 まだまだコシアブラは小さく,でも,まあ,なんとかなるサイズを見つけ出しては,少しだけ山の恵を頂きつつ登って行く。なんだか,昨年よりも登りが少しだけ楽になったような気がする。体重は変わらないか若干減っているくらいなので,筋力が戻りつつあるのかも。

 昔,この辺りにも道を切って MTB で走り回ったなぁと入り込めば,既に周囲からの雑木が生え茂りまともに歩くことも出来ない状態。ほんの少しだけコシアブラが採れたけど,薮漕ぎに嫌気が差して,途中で引き返す。で,いよいよ七曲がり周辺に近づく。カタクリが満開だ。今日の気温の高さに一斉に開いた様子で,花弁が傷んだ株も一つもなく,皆奇麗に花が開いている。素晴らしい!

IMG 5222

 実に艶めかしい!

IMG 5224

IMG 5226

IMG 5225

 トリカブトも元気に芽を出していた。花は奇麗なんだけどねぇ。

IMG 5228

 七曲がりの斜面も隅の方にほんの少しだけ雪が残っている程度だった。

IMG 5238

 いや〜,見事だ!花弁の傷みは一切なく,これほどの密度で咲いているカタクリは初めて見たかも。毎年見ているけど,微妙に一番いい時期を外していて,花弁がしおれてたり,先が変色したりしてるんだよね。今年は最高のタイミングに当ったらしい。

IMG 5240

 米沢市の様子。手前の田んぼにも後もう少しで水が張られて,鏡のような景色になる。

IMG 5242

 カタクリとキクザキイチゲ(だと思ったが)の競演。トリカブトの新芽も添えて(笑

IMG 5244

 いいねぇ!

IMG 5245

 山の恵。今日は天麩羅とヌタを作りたいので,もう少しだけ欲しいところ。

 コシアブラとセンノキの新芽をいくらか追加しつつ,あれ放題の山道(昔,マウンテンバイクで走るために奇麗に整備したんだが)をブラブラ歩いて,カタクリ園まで降りてきた。上で自生している見事なカタクリの群生を眺めて来たので,下のカタクリ園は見なくてもいいかなと思っていたが,管理されているだけあって,こちらも見事なものだった。

IMG 5249

 今が真っ盛りである。まるで紫の絨毯のようだ。

IMG 5250

 イベントが終わった後のようで,誰もいなかった。いや〜,ちゃんとしたカメラを持ってくればよかった。残念だったな。

 その後も少しずつコシアブラを追加して,これなら天麩羅とヌタに十分だなということで山を降りた。

IMG 5260

 タムシバも今が一番奇麗な時期のようだ。約2時間の里山散歩だった。

 帰宅して,仕事帰りのなでら女房に買い物をお願いして,頂いてきたコシアブラとタコでヌタ(酢味噌和え)を作ってみる。

IMG 5263

 茹でたコシアブラの新芽と煮ダコのぶつ切りを酢味噌で和えただけの何の芸もない料理と呼べないようなもの。でも,箸で一つまみして口に入れれば,何とも言えない野趣溢れる風味(この辺りでは「キドサ」と表現するが)が口中一杯に拡がり,..。暮れ行く春の宵。口中に拡がる春の香り。ああ,酒が美味い!

花筏を流線で表現してみるの巻

 起床は6時半過ぎ。さて,いい天気だ。今日はなでら女房が休日出勤とか。で,なでら長女のお相手を任されているので,今日予定の「鷹山大学」は欠席。というか,もうなでら男など自転車にも乗らないし,役立たずだろう。若い人達でやって下されという気分ではある。8時頃にちょっとだけ上杉神社まで。

 幸い風がないので,面白い写真が撮れそうだ。三脚にカメラをセットして,ND フィルターなる減光する真っ黒のフィルターを二枚重ねでレンズにセット。さらに,レンズを F22 まで絞り,ISO 感度も 200 にする。もっと下げたいんだけど,なぜかこれ以下では RAW 撮影ができないのだ。FUJI は,こういうところが今一つなんだよなぁ。なんか,特別な理由でもあるんだろうか?

 さて,この状態だと,晴天下でも 20〜40秒のウルトラスローシャッターが可能になる。撮影してみないと,どんな風に撮れるか全くわからないのは実に面白い。撮影後にファインダーを覗き込んでは,ほ〜〜・・とか,へ〜〜・・とか,ありゃ〜〜・・とか反応は様々。さて,ご覧頂こう。

DSCF9187 1 nik

DSCF9201 1 nik

DSCF9204 1

 こんな感じなる。もっとも,風があると木々が揺れるのでブレブレになって台無しなので,実に限られた条件下でしか撮れない写真で,いいタイミングだった。

 で,面白そうなので,試みに2枚を比較明合成してみた。

20170430hanaikada nik

 面白いは面白いが違和感もある。そもそも,この撮り方では,桜の花びらの流線は必ず連続になるはずで,比較明合成ではその連続性が損なわれるためのようだ。人間の感性の面白さよ。

DSCF9210 1 nik

DSCF9211 1 nik

DSCF9220 1 nik

 これは,右上の手前の枝がブレている。少しだけ風があったようだ。

DSCF9222 1 nik

DSCF9224 1 nik

DSCF9228 1 nik

 しかし,この方法,歩留まりがかなり低い(苦笑

 ついでに停まった奴も載せておく。

DSCF9176 1

DSCF9221

 これで桜はほぼ終了である。

 午前中はなんだかんだとやって,昼になでら長女と久しぶりに「喜右エ門」さんへ。

IMG 5198

 今日は定番の美味さのガザエビのトマトクリームソースのパスタ。このソースが堪らん!ご馳走さまでした。あ,なでら長女は肉ランチを食べて満足した模様。そしてなんと,なでら長女が驕ってくれました。雪でも降らなければいいけど。本日,出勤のなでら女房,残念〜〜〜〜!(笑

 帰宅して,さて,午後から何しようかということで,なでら男は山の偵察に行くことに,..。激しく,つづく・・・

2017年2月24日 (金曜日)

今日の運動と天気02/24/17

 起床は6時過ぎ。寝過ごした。外は風がビュービュー吹いている。雪も舞っているようだ。でも,幸い積雪はなし。

DSC7105 1 nik

 米坂線下り二番列車。雪煙の薄さに,春の気配も僅かに感じられる。

DSC7106 nik

DSC7107 nik

 斜平山の斜面の雪に亀裂が入って,雪崩れることを「なでこける」というらしい。「斜平山(なでらやま)の雪が転けた(こけた)」というようなことが語源かな?春はもうすぐそこ(なのか?

ーーー

 朝飯後にローラー60分,28km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 93rpm で。この「勾配負荷」だが,実際に3%勾配のところを走っているのに等しい負荷が掛かっているという意味ではなく,多少の負荷を掛けた状態でクランクを回しているとご理解いただきたい。実走の感覚では,1〜2%あるかどうか,..。

ーーー

DSCF8059

 ガチャポンで取った「ポンタ」。増殖するような気配もある(笑

 なんだかんだと事務処理。学会雑務やらその他諸々,..。もうすぐ2月も終わるなぁ。明日は国公立大学の個別学力試験である。受験生諸君,頑張れ!!我が家は既に全員片づいたので,実に心穏やかに,この時期を過ごせるなり(笑。

 夕方には明日の業務のために山形に移動。気が重い。

2017年2月 4日 (土曜日)

朝からエンヤコラは今日も続く【立春に二年振りの雪下ろし】

 起床は5時半。降雪はゼロ。あの忌忌しい作業音を聞かないだけ,清々しさは倍増の朝。思わず,窓を開けて「コケコッコ〜〜〜!」とか叫びそうになる(ウソ:笑。

DSCF7853

 本日の米坂線下り始発列車米沢発坂町行き。本日の乗客は3名ほど。

DSCF7858

 圧雪路面でツルツル

 やがて晴れ間が出てくる。今日は雪下ろし日和だ(棒。なにしろ,立春である。暦の上では春なのである。

 9時頃からボツボツ作業開始。これからの3週間くらいの天候によっては下ろさなくてもいいかなぁとチラリと考えもしたが,ここは安全策を採るのが大人というもの(笑。おっさん付きのスノーダンプがカーポートと車庫の屋根の上で暴れ回ることになる。

 メートル級の積雪を経験したことのない方々には作業手順とてピンと来ないだろうが,まずはこうなる。ハシゴで取り合えず屋根の上に立つ。下からスノーダンプとアルミのスノースコップを受け取る。まずは,自分の周囲 1 m x 1 m くらいの雪をスコップで落とす。場所としては,四角な屋根の角の部分であることが望ましい。そこから,屋根の縁の部分を確認しつつ(雪庇状態で雪が張り出している場合があるので,不用意に雪の縁に近づくと落ちることがある) 50 ~60cm くらいの幅で一列落とす。で,ここからが本番。

 ここまでは,まっさらに雪が積もった四角な屋根の一辺に,その辺に沿って幅 50cm ほどの雪を落とした箇所が溝のように出来たという状態。次に,雪を落とした部分に平行に幅 40cm ほどでスコップを突き刺しながら切り込みを入れる。次に,この辺に沿った長い切り込みを 40cm くらいの長さに切り分けて行く。これで,40cm x 40cm x 70cm(これが雪の深さ)のブロックがいくつも並んだ形になる。これを一つ一つスノーダンプで運んで下に落として行くのである。

DSC00552 nik

 こんな感じである。前回の大雪と今回の吹雪きの境目がはっきりわかる。

DSC00553 nik

 作業中の様子。雪の締まり具合から考えて,この雪の密度はおおよそ 300kg/m^3 前後とすれば,ブロック一個でおおよそ 30kg 前後(もう少し軽いかも)くらい。これを方向と距離を考えてバランスよく下に落として行く。腕,肩,頚,腰に少なからぬダメージを受けるなり。

DSC00549 nik2

 ときどき手を休めては周囲を眺める。雪が止めば現れる自転車野郎。いとおかし(笑。それにしても他所のお宅のカーポートの上の雪は少ないように見えるが,我が家のカーポートが家の東側に位置するのが問題なのか(西からの季節風で東側に吹き溜まりが出来やすい。雪庇も東側に伸びる)。

 1時間半ほどでカーポート終了。次に車庫の屋根の飛び移る。

DSC00554 nik

 こちらも同様に作業は進む。途中で水ボトルを差し入れしてもらう。

DSC00556 nik

 残り一列。なんというか,トウモロコシを一列ずつ奇麗に食べてきて,残り一列という気分。プチ達成感というか,やり切った感があるな。で,無事に終了。約二時間半の作業だった。うずたかくなった雪の山に屋根の上から飛び降りて作業終了。

 その後,シャワーを浴び一休みしてから,エネルギー補給のために1時頃に阿波屋さんへ。

IMG 4247

 今日は赤ミソバターラーメンを頂く。多分これでメニュー(表の)コンプリートだと思う。優しい味噌味で美味しゅうございました。ご馳走さまでした。

IMG 4248

 写真撮る前に,なでら女房があっという間に二口ほど食ってしまった鶏ハム丼。相変わらず,絶品でした。本日も大変ご馳走さまでした。来週も病院に行かなければならないので二杯汁完倶楽部の例会は欠席となってしまいます。残念無念でござる。

 腕,肩,頚,腰に結構なダメージを受けてしまった。手をニギニギすると,腫れぼったいような感じで,握力がなくなっていることがわかる。これで今年は最後の雪下ろしになることを祈る。

DSCF7867

 帰宅して,ビール呑んで昼寝。

20170204moon

 夕方に晴れ間に月が見えた。上弦の月。月齢 7.4 くらい。

20170204moon earth

 ちょっと露出を長目にしたら地球照がかろうじて写った。

2017年1月15日 (日曜日)

災害レベルの雪が降り続く・・・

 起床は5時半ごろ。外を見れば降っていない。昨日からの積雪は 20cm くらいか。だんだんとひどいことになってきている。でも,比較的軽い雪なので,これはもしや豪快な雪煙を上げて走る米坂線が見られるかもと,カメラぶら下げて氷点下 5℃の戸外を歩く。

DSCF7633 1

 雲が切れて月が見えている。そして路上には新聞配達のスーパーカブの轍だけが,..。足を擦りながらの走行なので3本の轍ができる辺りが雪国仕様(笑

DSCF7634 2

 古志田第3踏切とお月様

DSCF7637 1

 防雪柵と斜平山と月

 で,しばらく待っていたが,結局列車は走らなかった。どうやら運休か遅延からしい。小国方面で遅れると,車両がなくなるので出せなくなるのかもしれない。

 朝飯食って,ウダウダして,9時半頃から雪片づけに取り掛かる。

IMG 3935

 なにこれ?

IMG 3938

 なにこれ?2 光がなくて陰影がわかりづらいので Nik Collection でHDR処理して強調した写真ですが,陰鬱な気分がよく出ているのではないかと。

 約2時間の雪かきエクササイズで汗まみれになった後は,..

IMG 3940

 なでら女房と一緒に「阿波家」さんで赤スタみそラーメンなどを。店主のご好意でにんにくを増して頂いたようです。崩れたからと煮卵までサービスしていただきました。ラーメンは相変わらず美味しゅうございました。ご馳走様でした。ニンニクと卵パワーで雪かき疲れ回復です(笑

 買い物して帰宅。3時ごろに少しだけ雲が切れて青空が見えたので,もしや米坂線が走るかなぁとカメラぶら下げて出かけてみる。

DSC6826 nik

 町内はもはや災害レベルの積雪(苦笑。4日前までは雪のカケラもなかったのだが,..

DSC6827 nik

 除雪が追いつかない様子。この2枚は Nik Collection で HDR 処理して強調。

20170115nadera p

 久しぶりに見る斜平山

20170115nisiaduma p

 西吾妻方面

 で,しばらく待ったが,結局列車は走らず。今日は一日運休かもしれない。

DSC6858 1

 線路にも列車が走った形跡は見当たらない。

DSC6834

 歩道の除雪。朝からですでに 30cm ほども積もったようだ。

 そして,明日の朝までにまた 30cm ほど降る予報。もう,雪下ろしが必要な積雪深になった。いい加減にしてもらいたい。

2016年12月 5日 (月曜日)

今日の運動と天気12/05/16【今年,最初で最後の夜景と朝霧を眺める】

 起床は5時。外を伺うのはもはや条件反射である。霧が立ち込めている。さらに,うっすらと星も見えている。これは山の上に登れば,虹色雲海が見られるのではないか。例年,10月から11月には,濃霧が米沢盆地内に溜まって,それが街の灯に底から照らされて,見事な雲海のライトアップが見られるのである。が,今年は濃霧の発生がほとんどなく,まだ一度も見えていない。そんな訳で,カメラを積んでいそいそと出かけてみる。多分,日の出まで時間がないので,朝焼けとの競演が見られるだろう。

20161205asagiri yakei

 少々薄いものの,これはこれで味があるかも。

DSCF7208 1

DSCF7212 1

 北斗七星

DSCF7214 1

DSCF7217 1

 木星とおとめ座のスピカ

DSCF7221 1

 とまあ,楽しんで,6時半頃に帰宅。

ーーー

 朝飯後にローラー46分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 100rpm で。2010 のパリ〜ルーベを初めから観直す。

ーーー

 雨が降ったり止んだりの冬のような天気。修士1年の中間発表用の要旨をチェックして,その後は学会のボランティア雑務。いろいろバタバタしてすっかり遅くなっている仕事。明日くらいには終わらせなければ,..。

 そんな訳で,セッセとお仕事。8時頃に力尽きて帰宅。軽く呑んだら寝落ち。安定の日常である(苦笑

2016年11月22日 (火曜日)

今日の運動と天気11/22/16【小雪の日に地震】

 起床は5時半頃。今日は二十四節気の一つ「小雪」。そして,「いい夫婦」の日だとか(苦笑。カーテン開けると月が見えていたので,..

20161122moon

 撮影した。月齢 22 くらい。

 月を撮影して,ちょうど現れたクロスケパパを構っているちょうど6時頃に,「カタカタカタ・・」と音がしたなぁと思うと,ゆさゆさと横揺れが始まった。地震である。米沢はもともと地震は少なく,揺れても精々震度が2程度なので高を括っていたら,次第に揺れが激しくなる。玄関から室内に大声を出して,寝ていたなでら女房を叩き起こす。ちょっと外に飛び出したくなるほどの揺れである。このまま激しくなって家が崩れたらなんてこともチラッと頭の片隅をよぎったほどに久しぶりに体験する大きな揺れだった。クロスケパパはさっさとどこかに姿をくらました(笑。テレビを点けると,福島沖が震源で,福島の浜通りで震度5弱とか。しかも,津波警報が出た。

IMG 3350

 せっぱ詰まった放送が続く。

IMG 3351

 小名浜に到着したらしい。次第に落ち着いたようだが,しばらく緊張状態は続いた。実家に電話してお袋の無事を確認。米沢は震度4だったようだ。さすがに,震度4はでかい。東日本大震災以来の大きな地震だった(と思う)。家のネコ共も心なしかびびった様子で,どこかに潜り込んだらしく,姿が見えず。落ち着いたらボチボチと姿を現した。多分,ネコ人生初のでかい地震(笑。なんでも,東日本大震災の余震だったらしい。まだ,強大なエネルギーを内包しているということか。

IMG 3352

 朝食のデザートに「こうとく」のある幸せ。もはや,リンゴであってリンゴではない果物。

ーーー

 朝飯後にローラー1時間,28km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 90rpm で。昨日は時間がなくて短かったので少し長めに。汗を流してすっきりした。

ーーー

 午前中は昼からの講義の準備。午後一で講義。今日から物質移動に関する話に。で,一気に拡散と対流の話まで。多分,チンプンカンプンではないかと(苦笑。

より以前の記事一覧