2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

カテゴリー「自然」の記事

2017年2月24日 (金曜日)

今日の運動と天気02/24/17

 起床は6時過ぎ。寝過ごした。外は風がビュービュー吹いている。雪も舞っているようだ。でも,幸い積雪はなし。

DSC7105 1 nik

 米坂線下り二番列車。雪煙の薄さに,春の気配も僅かに感じられる。

DSC7106 nik

DSC7107 nik

 斜平山の斜面の雪に亀裂が入って,雪崩れることを「なでこける」というらしい。「斜平山(なでらやま)の雪が転けた(こけた)」というようなことが語源かな?春はもうすぐそこ(なのか?

ーーー

 朝飯後にローラー60分,28km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 93rpm で。この「勾配負荷」だが,実際に3%勾配のところを走っているのに等しい負荷が掛かっているという意味ではなく,多少の負荷を掛けた状態でクランクを回しているとご理解いただきたい。実走の感覚では,1〜2%あるかどうか,..。

ーーー

DSCF8059

 ガチャポンで取った「ポンタ」。増殖するような気配もある(笑

 なんだかんだと事務処理。学会雑務やらその他諸々,..。もうすぐ2月も終わるなぁ。明日は国公立大学の個別学力試験である。受験生諸君,頑張れ!!我が家は既に全員片づいたので,実に心穏やかに,この時期を過ごせるなり(笑。

 夕方には明日の業務のために山形に移動。気が重い。

2017年2月 4日 (土曜日)

朝からエンヤコラは今日も続く【立春に二年振りの雪下ろし】

 起床は5時半。降雪はゼロ。あの忌忌しい作業音を聞かないだけ,清々しさは倍増の朝。思わず,窓を開けて「コケコッコ〜〜〜!」とか叫びそうになる(ウソ:笑。

DSCF7853

 本日の米坂線下り始発列車米沢発坂町行き。本日の乗客は3名ほど。

DSCF7858

 圧雪路面でツルツル

 やがて晴れ間が出てくる。今日は雪下ろし日和だ(棒。なにしろ,立春である。暦の上では春なのである。

 9時頃からボツボツ作業開始。これからの3週間くらいの天候によっては下ろさなくてもいいかなぁとチラリと考えもしたが,ここは安全策を採るのが大人というもの(笑。おっさん付きのスノーダンプがカーポートと車庫の屋根の上で暴れ回ることになる。

 メートル級の積雪を経験したことのない方々には作業手順とてピンと来ないだろうが,まずはこうなる。ハシゴで取り合えず屋根の上に立つ。下からスノーダンプとアルミのスノースコップを受け取る。まずは,自分の周囲 1 m x 1 m くらいの雪をスコップで落とす。場所としては,四角な屋根の角の部分であることが望ましい。そこから,屋根の縁の部分を確認しつつ(雪庇状態で雪が張り出している場合があるので,不用意に雪の縁に近づくと落ちることがある) 50 ~60cm くらいの幅で一列落とす。で,ここからが本番。

 ここまでは,まっさらに雪が積もった四角な屋根の一辺に,その辺に沿って幅 50cm ほどの雪を落とした箇所が溝のように出来たという状態。次に,雪を落とした部分に平行に幅 40cm ほどでスコップを突き刺しながら切り込みを入れる。次に,この辺に沿った長い切り込みを 40cm くらいの長さに切り分けて行く。これで,40cm x 40cm x 70cm(これが雪の深さ)のブロックがいくつも並んだ形になる。これを一つ一つスノーダンプで運んで下に落として行くのである。

DSC00552 nik

 こんな感じである。前回の大雪と今回の吹雪きの境目がはっきりわかる。

DSC00553 nik

 作業中の様子。雪の締まり具合から考えて,この雪の密度はおおよそ 300kg/m^3 前後とすれば,ブロック一個でおおよそ 30kg 前後(もう少し軽いかも)くらい。これを方向と距離を考えてバランスよく下に落として行く。腕,肩,頚,腰に少なからぬダメージを受けるなり。

DSC00549 nik2

 ときどき手を休めては周囲を眺める。雪が止めば現れる自転車野郎。いとおかし(笑。それにしても他所のお宅のカーポートの上の雪は少ないように見えるが,我が家のカーポートが家の東側に位置するのが問題なのか(西からの季節風で東側に吹き溜まりが出来やすい。雪庇も東側に伸びる)。

 1時間半ほどでカーポート終了。次に車庫の屋根の飛び移る。

DSC00554 nik

 こちらも同様に作業は進む。途中で水ボトルを差し入れしてもらう。

DSC00556 nik

 残り一列。なんというか,トウモロコシを一列ずつ奇麗に食べてきて,残り一列という気分。プチ達成感というか,やり切った感があるな。で,無事に終了。約二時間半の作業だった。うずたかくなった雪の山に屋根の上から飛び降りて作業終了。

 その後,シャワーを浴び一休みしてから,エネルギー補給のために1時頃に阿波屋さんへ。

IMG 4247

 今日は赤ミソバターラーメンを頂く。多分これでメニュー(表の)コンプリートだと思う。優しい味噌味で美味しゅうございました。ご馳走さまでした。

IMG 4248

 写真撮る前に,なでら女房があっという間に二口ほど食ってしまった鶏ハム丼。相変わらず,絶品でした。本日も大変ご馳走さまでした。来週も病院に行かなければならないので二杯汁完倶楽部の例会は欠席となってしまいます。残念無念でござる。

 腕,肩,頚,腰に結構なダメージを受けてしまった。手をニギニギすると,腫れぼったいような感じで,握力がなくなっていることがわかる。これで今年は最後の雪下ろしになることを祈る。

DSCF7867

 帰宅して,ビール呑んで昼寝。

20170204moon

 夕方に晴れ間に月が見えた。上弦の月。月齢 7.4 くらい。

20170204moon earth

 ちょっと露出を長目にしたら地球照がかろうじて写った。

2017年1月15日 (日曜日)

災害レベルの雪が降り続く・・・

 起床は5時半ごろ。外を見れば降っていない。昨日からの積雪は 20cm くらいか。だんだんとひどいことになってきている。でも,比較的軽い雪なので,これはもしや豪快な雪煙を上げて走る米坂線が見られるかもと,カメラぶら下げて氷点下 5℃の戸外を歩く。

DSCF7633 1

 雲が切れて月が見えている。そして路上には新聞配達のスーパーカブの轍だけが,..。足を擦りながらの走行なので3本の轍ができる辺りが雪国仕様(笑

DSCF7634 2

 古志田第3踏切とお月様

DSCF7637 1

 防雪柵と斜平山と月

 で,しばらく待っていたが,結局列車は走らなかった。どうやら運休か遅延からしい。小国方面で遅れると,車両がなくなるので出せなくなるのかもしれない。

 朝飯食って,ウダウダして,9時半頃から雪片づけに取り掛かる。

IMG 3935

 なにこれ?

IMG 3938

 なにこれ?2 光がなくて陰影がわかりづらいので Nik Collection でHDR処理して強調した写真ですが,陰鬱な気分がよく出ているのではないかと。

 約2時間の雪かきエクササイズで汗まみれになった後は,..

IMG 3940

 なでら女房と一緒に「阿波家」さんで赤スタみそラーメンなどを。店主のご好意でにんにくを増して頂いたようです。崩れたからと煮卵までサービスしていただきました。ラーメンは相変わらず美味しゅうございました。ご馳走様でした。ニンニクと卵パワーで雪かき疲れ回復です(笑

 買い物して帰宅。3時ごろに少しだけ雲が切れて青空が見えたので,もしや米坂線が走るかなぁとカメラぶら下げて出かけてみる。

DSC6826 nik

 町内はもはや災害レベルの積雪(苦笑。4日前までは雪のカケラもなかったのだが,..

DSC6827 nik

 除雪が追いつかない様子。この2枚は Nik Collection で HDR 処理して強調。

20170115nadera p

 久しぶりに見る斜平山

20170115nisiaduma p

 西吾妻方面

 で,しばらく待ったが,結局列車は走らず。今日は一日運休かもしれない。

DSC6858 1

 線路にも列車が走った形跡は見当たらない。

DSC6834

 歩道の除雪。朝からですでに 30cm ほども積もったようだ。

 そして,明日の朝までにまた 30cm ほど降る予報。もう,雪下ろしが必要な積雪深になった。いい加減にしてもらいたい。

2016年12月 5日 (月曜日)

今日の運動と天気12/05/16【今年,最初で最後の夜景と朝霧を眺める】

 起床は5時。外を伺うのはもはや条件反射である。霧が立ち込めている。さらに,うっすらと星も見えている。これは山の上に登れば,虹色雲海が見られるのではないか。例年,10月から11月には,濃霧が米沢盆地内に溜まって,それが街の灯に底から照らされて,見事な雲海のライトアップが見られるのである。が,今年は濃霧の発生がほとんどなく,まだ一度も見えていない。そんな訳で,カメラを積んでいそいそと出かけてみる。多分,日の出まで時間がないので,朝焼けとの競演が見られるだろう。

20161205asagiri yakei

 少々薄いものの,これはこれで味があるかも。

DSCF7208 1

DSCF7212 1

 北斗七星

DSCF7214 1

DSCF7217 1

 木星とおとめ座のスピカ

DSCF7221 1

 とまあ,楽しんで,6時半頃に帰宅。

ーーー

 朝飯後にローラー46分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 100rpm で。2010 のパリ〜ルーベを初めから観直す。

ーーー

 雨が降ったり止んだりの冬のような天気。修士1年の中間発表用の要旨をチェックして,その後は学会のボランティア雑務。いろいろバタバタしてすっかり遅くなっている仕事。明日くらいには終わらせなければ,..。

 そんな訳で,セッセとお仕事。8時頃に力尽きて帰宅。軽く呑んだら寝落ち。安定の日常である(苦笑

2016年11月22日 (火曜日)

今日の運動と天気11/22/16【小雪の日に地震】

 起床は5時半頃。今日は二十四節気の一つ「小雪」。そして,「いい夫婦」の日だとか(苦笑。カーテン開けると月が見えていたので,..

20161122moon

 撮影した。月齢 22 くらい。

 月を撮影して,ちょうど現れたクロスケパパを構っているちょうど6時頃に,「カタカタカタ・・」と音がしたなぁと思うと,ゆさゆさと横揺れが始まった。地震である。米沢はもともと地震は少なく,揺れても精々震度が2程度なので高を括っていたら,次第に揺れが激しくなる。玄関から室内に大声を出して,寝ていたなでら女房を叩き起こす。ちょっと外に飛び出したくなるほどの揺れである。このまま激しくなって家が崩れたらなんてこともチラッと頭の片隅をよぎったほどに久しぶりに体験する大きな揺れだった。クロスケパパはさっさとどこかに姿をくらました(笑。テレビを点けると,福島沖が震源で,福島の浜通りで震度5弱とか。しかも,津波警報が出た。

IMG 3350

 せっぱ詰まった放送が続く。

IMG 3351

 小名浜に到着したらしい。次第に落ち着いたようだが,しばらく緊張状態は続いた。実家に電話してお袋の無事を確認。米沢は震度4だったようだ。さすがに,震度4はでかい。東日本大震災以来の大きな地震だった(と思う)。家のネコ共も心なしかびびった様子で,どこかに潜り込んだらしく,姿が見えず。落ち着いたらボチボチと姿を現した。多分,ネコ人生初のでかい地震(笑。なんでも,東日本大震災の余震だったらしい。まだ,強大なエネルギーを内包しているということか。

IMG 3352

 朝食のデザートに「こうとく」のある幸せ。もはや,リンゴであってリンゴではない果物。

ーーー

 朝飯後にローラー1時間,28km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 90rpm で。昨日は時間がなくて短かったので少し長めに。汗を流してすっきりした。

ーーー

 午前中は昼からの講義の準備。午後一で講義。今日から物質移動に関する話に。で,一気に拡散と対流の話まで。多分,チンプンカンプンではないかと(苦笑。

2016年9月24日 (土曜日)

今日の運動と天気09/24/16【実家で墓参り&曼珠沙華漬けの一日】

 起床は5時半。昨夜の雨は止み,路面は若干ウェット。上空にはガスが立ち込め,空は見えない。玄関を出てみると,パパさんがいたのでちょいと構ってから随分と久しぶりにカメラぶら下げて田んぼ農道へ。

DSCF5903

 今朝の斜平山

DSCF5899

 なかなか微妙な親子(?)対面(笑

DSCF5901 1

 お久しぶりの米坂線下り始発坂町行き

DSCF5905 1

 霞みたなびく斜平山(笑。稲刈りももうすぐ。

DSCF5909 1

 クロスケ,びくびくの庭探検(笑

IMG 2825

 朝飯は今シーズン初の「はらこ飯」である。美味し!!

ーーー

 朝飯後にローラー55分,25km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 90rpm で。昨日よりも大分出力を上げることが出来た。ようやく,毒が抜けたのか?

ーーー

 9時過ぎに実家に向けてゴー。途中,七ケ宿ではシロに会う。

DSCF5916 1

 ごついけど,人懐っこい,紀州犬のオス。元気そうだ!(笑

 11時半前に実家に到着。お袋を乗せて,そのまま大河原へ。駅で長男坊主を拾う。そして,菓匠三全のアウトレット店へ。

IMG 2827

 まだ,あったか!

IMG 2828

 今日はイチゴ味を!やっぱり,不思議な食感だ!

 その後,船岡城趾に行く。なんでも,「曼珠沙華まつり」なるものがあるようだ。

DSCF5922 1

 こんな感じで至る所に「彼岸花」が咲いている。ただ,観音像付近はもう盛りが過ぎて,ちょっと下の方が今は真っ盛りの様子。でも,まだつぼみもあって,もうしばらく楽しめそうだ。ブラブラと歩きつつ,随分と写真を撮った。一部を出してみる。

DSCF5923 2

DSCF5924 2

 これは植えたのか?自然に増えたのか?調べると,球根で増えるらしい。となると,ゴソッと生えているところは増えた球根からのもので,一本だけとかいうのは植えたばかりのものか。日本産のものは三倍体なので種はできても発芽力がないとか。

DSCF5926 2

DSCF5928 1

 なんでも,(ベンチに座って彼岸花をバックにして)無料記念写真を撮ってくれるとか。でも,出来上がりが午後1時ではちょっとなぁ。

DSCF5930 1

DSCF5933 1

DSCF5938 1

DSCF5942 2

 とまぁ,こんな感じ。なんだか,彼岸花でお腹一杯に。

 その後,昼飯食おうと,いつものもちぶた館に移動。

IMG 2835

 ブタも元気だ!

 ここでの食事は美味いのだが,そこそこ量が多い。ましてや,お袋が一緒だと,必ず一人前の半分ほどで腹一杯になったと言い出して,その後片付けを任される。あ,今日は欠食長男がいるから,彼奴に任せればいいか。ということで任せた(笑。でも,腹一杯になって苦しい。今度からメニューを考えよう。

DSCF5944

 腹ごなしに,裏にいる動物を一眺めしてから,ちょっと買い物して実家に戻る。

 実家に戻って,次は墓参りに行く。

DSCF5951 2

 墓参り終了。あ,これは我が家の墓ではありません。

 実家に戻ってから,実家裏手の旧小学校跡地の斜面の彼岸花を眺めに行く。移動距離は 50m ほど(笑

DSCF5947 2

DSCF5950 1

DSCF5946 1

 もう,お腹一杯の彼岸花。一年分を眺めた気分。

 午後4時過ぎに実家を辞去。

DSCF5954 1

 白石工業高校近くの川べりの彼岸花。もう,どこもかしこも彼岸花。

 真っすぐに帰宅。彼岸花漬けの一日だった。

2016年7月14日 (木曜日)

今日の運動と天気07/14/16

 起床は4時半。昨夜も9時台に就寝。外は雨。寝ているときに夢などほとんど見ないのだが(違う意味での夢も最近は見ないな),明け方にちょっと変わった夢を見た。今年の元旦に亡くなった愛犬のエルと遊んでいるのだが,なぜか脇の草むらに沢山のオニヤンマの羽化が,..。あ,そういや今年オニヤンマの羽化チェックに行ってないや!と思ったところでけたたましい目覚まし音が,..。そんなおかしな目覚めの朝。

 朝のルーティン後に,コーヒー飲みつつ,昨夜録画したツール第11ステージを BGV にして,今日の朝一の講義のお勉強。一段落したところで,夢に見たオニヤンマの羽化が気になって,出かけてみた。そういや,忙しさにかまけてすっかり忘れていたなぁ。昨年の日記を見れば,6月末から7月始めに頻繁に通っている。今はもう7月中旬。遅いか?

DSCF4692 2

 白黒で撮る,炎立つ西吾妻山方面

 いつもの場所に行ってオニヤンマの羽化を探してみたが,一頭も確認できず。さらに,抜け殻すら見られない。どうしたことだ?

DSCF4694

 アマガエルだけが迎えてくれた。

 ああ,そういえば,今日もクロスケパパは現れなかったな。どこか,放浪の旅にでも出ているのか?フーテンのクロ!(笑)

ーーー

 朝飯後にローラー35分,15km。勾配負荷4%,ケイデンス 62 - 90rpm で。第11ステージの残り30km弱から。こりゃ,今日は派手な集団スプリントになりそうだと思っていたら,残り12キロから,サガン,そのチームメイトのボドナールの集団からのエスケープにフルームとゲラント・トーマスがすかさず反応。こんな逃げ決まる筈なかろうという集団の思惑を振り切るように次第に逃げの4人と集団との間にタイム差が出来ていく。これは,..と見ていると,残り4キロで20秒ほどに。集団もスプリンターチームが先頭に出て引き始めるが時既に遅し。見事に逃げが決まり,4人のトップでサガンがゴール。いや〜,残り10キロの展開が漫画みたいで実に面白いステージだった。それにしても,あのサガンの逃げは何を感じて決行したものか。それにしても,マイヨジョーヌとマイヨベールの逃げなんてものを観たのは初めてかも知れん。

ーーー

 朝一講義は平衡組成の計算方法。これにて前期の講義終了。お疲れさまでした。

 さて,明日の朝一講義は大変だ。時間との戦いになりそうだ。どこまでいけるか,..。

 午後から提出された宿題をチェックして,間違いの多かったポイントを取り込んだ解答プリントを作成。さらに,期末試験の範囲などもプリント作成。その後,面倒な作業を一つこなす。一人のバカのせいで,作業手続がアホみたいに面倒になった。うんざりするぜ。夕方に,卒業生が訪ねてくる。実家の家業を継ぐために会社を辞めたらしい。まあ,それも一つの人生だ。折角来てくれたので,軽く呑むことにして早めに帰宅して,なでら女房に送ってもらう。帰宅したら,..

IMG 2232

 ここ数日顔を見せなかったクロスケパパ登場。抵抗なく,ウリウリさせてくれるようになった(笑)。右前足に怪我をしている様子。また,他のネコと闘ったのか?

IMG 2233

 こんなところで,9時頃まで。

IMG 2234

 じゃ,達者でな!!

 帰宅して,ツール観てたら寝落ち。

2016年7月 7日 (木曜日)

ヒメホタル

 ビールを我慢して,友人と出かけてみた。なにしろ,ほら,七夕だってのに星一つ見えない天気なもので,..(笑)。

 で,いつもの場所に行ってみたのだが,..田んぼの方からは元気なゲンジボタルが飛んでくるものの,肝心のヒメホタルはほとんど見えない。先だっては,驚くほどの数が飛んでいたのに,..(泣)。まあ,でも,数打って重ねればなんとかなるかなぁと言うことで気が乗らないながらも撮影。

Hime firefly20160707 2

 やはり,今一つしょぼい画になってしまった。30 ~ 120sec の30枚を比較明合成したもの。D600, Sigma 35mm, F1.4 -> F2, ISO1600

 帰宅して,我慢していたビール呑んで録画中のツールを観れば,...新城が逃げていた(笑)。宮澤さんの解説ってちょいと詰まらない(苦笑)。

2016年7月 1日 (金曜日)

ホタル

 帰宅して,なでら女房を呑み会の会場まで送り届けて,その後,知合いとホタル撮影に出かける。まず最初に向かった場所では,こんな田舎道で何故この交通量と?というほどに車やらトラックがバンバン通り,その度に長時間露光のコマがダメになる。これが繰り返されると,次第にイライラして,トラックとか乗用車に呪詛の言葉を吐くようになる。人間って,勝手だ(笑)。

DSCF4324 1

 ホタルを撮る人

DSCF4325 1

 ホタルを撮る人2(笑)

DSCF4330 1

 ホタルを撮る人3(爆笑)

Sakasazawa 20160701

 乱舞

Firefly star20160701

 星とホタル。車のライトの入ったフレームを排除したら星が細切れに,..。

 次に場所を移動してヒメホタル撮影。道路のそこかしこにホタル見物の方々の路上駐車が,..。

Hime hotaru 20160701

 ヒメホタル。もっと明るいレンズを使って,背景とホタルを別々に撮影すべきだった。もう一回行かないと,..。

2016年6月19日 (日曜日)

自転車ばかりでなくて,今日は山を歩いてみるか

 起床は6時半。結構寝たなぁ。外は薄雲が覆っているものの晴れの天気。午前中はウダウダ過ごす。喜右ェ門さんで昼飯という話があって,安全のために予約しておくかとシェフにメッセージを送ってみれば,生憎,本日臨時休業とか。なので,またまたウダウダ。

 本を読んだり,テレビを眺めたり,..。

 昼飯食った後で,女房に笹野観音まで連れて行ってもらう。車の外に出ると,それなりに暑い。林道を登り始める。あっという間に汗が噴き出す。登り始めの辺りで降りてきたおばさんハイカーとすれ違う。道の両側はすっかり鬱蒼とした草むらになっていて,顔の周りには虫がまとわりつく。動き始めは腰の周りの筋肉が温まっていないので,少々シンドイ。右の臀筋の辺りが次第に重苦しくなるというか痛くなるというか,とにかく歩くのが苦痛になってくるのである。なので,時々ちょっと停止してストレッチ。1キロも進まないうちに顎から汗が滴ってくる。草やら虫やらの対策で長袖を着てきたが,やはりオーバースペックだったか。中腹まで登ると,小さなヤマカガシが道の真ん中で寝そべっていた。近づいても動かないので尻尾を軽く踏んでやったら,大慌てで茂みに消えて行った。

DSCF4173 1

 時折,面白い景色とか見えると立ち止まって撮影。植林された場所とそうでない場所との対比が面白い。

 上半身の汗が次第に伝ってきて下半身まで濡れてくる。小一時間でテレビ塔に到着。吹く風に涼しさを感じる。昔,この山頂には,4棟の中継所があったのだが,一つ取り壊されて,3つになり,さらに真ん中の一つがなくなっていた。残りは2棟。残っているのも機能しているのかどうか判然としない。

IMG 2045

 登り着いた真正面にあった建物が無くなっていた。すべての建物を無くして,展望台など造ってもらえると,星撮りにはいい場所になるんだが(笑)。

IMG 2046

 ブラブラ歩いてスカイツリーへ。西の方は曇っていて,飯豊山とか全く見えず。まあ,いい。今日は景色を見に来た訳ではない。汗を流しに来たのである(笑)。実は,ザックに保冷材とともに缶ビールを一本仕込んできたのだが,とにかく汗まみれで座る場所もないので,我慢して先を急ぐ。

DSCF4177 1

 田んぼはすっかり緑色である。

 その先もバタバタと小走りに進む。

IMG 2049

 尾根道は緑のトンネル状態である。最近では冬の積雪期にしか歩いたことのなかったので,ちょっと驚くほど。

 と,前方にカモシカ出現。なぜか先導するように尾根道を進んでは立ち止まっているという状態を繰り返すこと数回。近づくたびに鼻息で威嚇してまた先に進むことを繰り返す。

IMG 2053

 此奴である(笑)。同じことを4回ほど繰り返した後で薮の中に消えて行った。

 薮が深くて,周囲が見えないので,もう小走り状態でさっさと進む。そして,愛宕神社へ。

Yonezawa from atagojinja20160619

 愛宕神社からのパノラマ写真などを。ここでビールでも呑んでやろうかと思ったが,早く帰って,シャワーを浴びてからの方が数倍美味かろうということで,ここでもスルー(笑)。

IMG 2058

 愛宕神社はリニューアルされていた。さて,帰るかと下り始めると,お爺さんが一人登ってきた。かなり高齢の方のようで,かなりのスローペース。でも,登ろうとするのが素晴らしい。

DSCF4186 1

DSCF4187

DSCF4190

 ちょいと写真などを撮りつつ下る。3時半頃に帰宅。7〜8キロで2時間半ほど。頭から足下まで汗で水を被ったような状態になったけど,いいエクササイズだった。庭みたいなところだからと,ちょっと舐めて,いい加減な足拵えだったせいか,足の先が痛くなった。

 シャワーを浴びて,ビールを呑んで休日を締めくくる。

IMG 2061

 お陰で,...こんな様に(笑

より以前の記事一覧