2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

カテゴリー「天体写真」の記事

2018年12月16日 (日曜日)

今日の運動と天気12/16/18

 起床は5時。外を見れば晴れているようだ。最低限のルーティンこなしてから,最低限の機材を持って線路向こうまで歩く。外は零下 10℃ほど。

DSC2157

 春の大曲線,春の大三角,春のダイヤモンド,金星

DSC2162

 東の低空は水星かな?

 帰宅して,暖まった頃にもう一回出かける。

DSC2167

 始発列車と金星と水星(もしかしたら木星),乗客はゼロ。

 帰宅して,飯食って,また出かける。

DSC2168

 霧が出ている

DSC2180

 斜平山

DSC2183

 凍てつく踏切り警告灯

DSC2185

 大朝日岳と祝瓶山

PC163323

PC163336 nik

 多分,開けた場所ではマイナス12℃くらいまで下がったのではないかと。ムヒョウ〜〜!霧氷!

 午前中は明日使うスライドの訂正と,話内容の吟味などを小一時間ほど。

ーーー

 昼飯前にローラー46分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 75rpm 付近で。19ステージの最後の山岳,オービスクを越えて残り20km。そこで終了。

ーーー

 昼飯はなでら女房のリクエストで「南原そば会館」へ。

IMG 9767

 開店の11時半の数分間に着いて,ジーサンズの方々と並んで入店。

IMG 9769

 折角なので,日本酒の冷や酒を頂く。美味し!

PC163340

 蕎麦を手繰りつつ,酒の流し込み,溜め息吐きつつ窓の外の雪景色を眺める。薄曇りではあるけど,柔らかな日差しのある一日。こんな一時もまあ,いいだろう。ご馳走さまでした。

 その後,ケーズデンキでダイソンの掃除機などを見て見るルが,少々高いとなでら女房。う〜ん,だから安いときに買ってしまえばよかったのに。帰宅して,また小一時間スライドのチェック。一段落したので,久しぶりに「八甲田山」の DVD を観てみるなど。

 夕食もなでら女房のリクエストで「勝正」へ。随分と,この店には来ているのだが,ここに食事をしに来たのは初めてだ。

PC163342

 階段が急なので気を付けるように(笑

 まずは,..

IMG 9772

 久しぶりに瓶ビールでも頂こう。

PC163343

 カツ定食が出てくるまでの間,抜群に美味い塩モツ煮込みで!

PC163346

 みぞれかつ定食(フィレ)を頂く。土鍋で焚いたコシヒカリの美味さは抜群。口に入れると,米粒がほぐれて,一粒一粒がツルツルと舌の上を滑る。まあ,なんというか,日本人に生まれて良かったなという感じ。今までは,呑んだあとのお茶漬け程度だったしねぇ。ご馳走さまでした。腹一杯!

20181216kyuukan

 今夜の月下の旧米沢高等工業学校本館。

 帰宅したら,月が見えていたので,..

20181216moon

 月齢 9 ほど。で,今夜も Wirtanen 彗星を撮ろうと思ったが,ドン曇り&濃霧で終了。

 さて,明日は東京だ。今週木曜日の講義のスライド作りもあるし,土曜日の学会もあるし,なかなか大変だ。

2018年12月15日 (土曜日)

雪が降ったり止んだり,..

 起床は5時過ぎ。外を見ると結構積もった。除雪車はまだ来ていないようだ。もしかして,明け方も晴れ間が広がったのかなぁ?6時過ぎになってようやく除雪車登場。朝飯の用意などして,朝飯食って,7時半頃からオッサン付きスノーダンプ稼働(笑

PC153311

 今日のオペレータはまずまずの技量か。約50分の作業で奇麗にした。

PC153312

 少しだけ青空が見えた。青空から落ちてくる雪が奇麗だ。

PC153313

 それなりに降りやがったなぁ。

 ちょいと本を読んだり,テレビ眺めたりしていると,なでら女房が帰宅。お昼は,寝ているなでら女房を置いて,一人で出かける。上田秀人氏の新刊が出たとのことで,本屋に行きたいので,昼は「金ちゃんラーメン」へ。

PC153314

 クリーム味噌ラーメンを頂く。コッテリ風に見えるが,実はそれほどではない。最近,こればっかりだ。ご馳走さまでした。それにしても,開店と同時に満席になる人気店になったものだなぁ。

 コマツ書店で目的の本を購入して帰宅。月曜日の報告会で使う PowerPoint ファイルをチェック。所々,細かい手直しとか調整とか。一枚ずつ流しながら,話す内容をチェックする。夕方近くになって,なでら女房が起きてきた。

20181215moon1

 夕方に撮影した上弦の月。雪がちらつく中,雪雲の隙間を通して撮影。「月面X」の位置がわかるというか,「X」が見えているようにさえ感じられる。

 その後,晩飯。雲は厚め。9時過ぎに外を見れば,..晴れている。今回は GPV 予報が当ったようだ。が,急に晴れて,それに伴って気温がガクッと下がったらしい。あっという間に線路向こうからガスが押し寄せてきた。仕方ないので,..

20181215moon2

 午後9時過ぎると,夕方に見えていた「X」が見えなくなっている。

 ガスが出てしまったので,仕方なく,煌々と無駄な光エネルギーを振りまく LED 外灯の下でナノトラッカーで追尾撮影。

20181215wirtanen1

 今夜のウィルタネン彗星。昴とヒヤデスも添えて。

2018年12月14日 (金曜日)

今日の運動と天気12/14/18【修士論文中間発表】

 起床は4時少し前。眠いというよりも,なんだか,その辺りに倒れてしまいそうなほどのダメな感覚(わかるかなぁ?)。でも,まあ,4時間ちょっとくらいは寝てるはず。(昔は)これで無問題で2〜3週間活動できた。今は,..テンテンテン(苦笑。諸々の雑事を済ませてから,朝一講義の準備を始める。目覚めた時刻辺りは外は雨が降っていたが,気が付けば吹雪になっているようだ。ということで,講義準備も一段落したので,吹雪の中を疾走する始発列車を撮りに行こう(笑

DSC2092

 米坂線下り始発列車。ISO6400 である。乗客は1,2名か。この列車に乗ったことは3回くらいかなぁ(苦笑。今の時季,この列車に乗ると,なんともいえない甘美な寂しさのようなものを感じる。

DSC2094

 雪はガンガン降っている。あっという間に路面が白くなってきた。

ーーー

 朝飯後にローラー24分,10km。勾配負荷3%,ケイデンス 80rpm 前後。第19ステージは続く。先頭集団からアラフィリップ脱落。後方ではヘーシンクが集団を引きまくり,3分以上あった差を1分半ほどに詰める。

ーーー

PC143309

 出勤時,少しだけ雪が止んだ。

PC143310

 これって,食えないのかね?

 朝一講義は熱力学。今日は溶液の話。理想溶液から実在溶液の活量まで。そして,活量基準の化学ポテンシャルの表現式の説明まで。今年は残すところあと一回だ。終わって,急いで修士1年の中間発表会会場へ。発表聴きつつ,今日の午後までに事務方に渡す,来週月曜日の報告会で使う資料を作成する。

 昼休みにも作業。時間もないので,学生さんにホットモットの弁当をお願いして昼飯を済ます。外はガンガン雪が降っている。そういや,今日はふたご座流星群の極大日だったはず。この天気では絶望なり。そして,なんだかんだと忙しいので,晴れの地域を目指すこともできず。

 午後も4時頃まで中間発表を聴く。眠くて仕方がない。慢性的な睡眠不足か?時折,気を失う始末。4時少し前に終了。月曜日の報告会のファイルを USB に入れて事務方に届ける。これで今日の業務はほぼ終了。

 来週の土曜日の郡山での学会の要旨をチェック。グラフとか表とか装置図とか,そういったものの標準的な描き方ってのをきちんとレクチャーする必要があるのかなぁ。こういうのは論文読んだり,先輩の発表を聴いたりして自分で身に付けるもんだと思っていたけど,..。訂正してやって,なんとか完成。そんなこんなでバタバタの一日終了。7時ぐらいに力尽きたので,帰ろうかと外に出てみれば,..

IMG 9763

IMG 97642

 外は白い雪の夜〜〜♪ いつのまにこんなに積もったのか,..。20 cm くらいはあるぞ。

 今日はなでら女房が夜勤なので,明日の朝飯などを買い求めつつ帰宅。晩飯食って一杯やって,しばらくボーッとテレビ眺めて,ふとカーテンの隙間から外を伺えば,..あれ?星?晴れ間が出ている。すかさず,行動開始。自宅前の雪の中に三脚を立てる。

20181214wirtanen

 とにかくこの時季,分単位でしか晴れ間は続かないので,最低限の構図とピントだけで撮影。ナノトラッカーを使ったけど,北極星は雲の中。あの辺に見えていたはずということで大体の位置を合わせて,露出は 10 秒程度。絞り込んで長い露出など無理。フルサイズで 50mm の標準レンズで撮影。F2.0, ISO1600, SS10sec を2枚重ねた。開放に近い状態なので周辺減光が酷い。なのでトリミング。46P/Wirtanen と昴とヒヤデスの競演。一期一会の最低限の写真が撮れた。分子雲みたいなものまで一緒に写したかったなぁ。案の定,数枚撮影したらあっという間に雲が,..。

 折角の雪の切れ間なので,20cm ほど積もった雪を軽く片付けておく。明日の朝の雪掻きが楽になるだろうから(楽にならないこともある)。

DSCF6006 2

 これだもんなぁ(苦笑。FB では,ふたご座群,バンバン飛んでいる!なんて話題もあるようだが,...。

 明日は実家の予定だったけど,雪の様子が心配なので,お袋に電話して来週にでも行くことにした。来週の土曜日の郡山での学会が終われば一段落だ。なんだか,何気に忙しい月だったな。さすが,師走(違:笑。

2018年12月13日 (木曜日)

今日の運動と天気12/13/18

 起床は5時少し前。ネコのトイレ掃除したり,コーヒー淹れたり,天気予報観たり,..。

 今日の講義のスライドのチェック。他には何もできず。

PC133301

 此奴らが一枚のショットに収まるのは本当に珍しい。どうすんだ,この数(苦笑

IMG 9760

 で,この様,..(苦笑

ーーー

 朝飯後にローラー36分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 75rpm 前後で。19ステージは,残すは2級山岳と超級のオービスク峠。さてさて,..。

ーーー

 プリントの用意したり,スライドの手直ししたり,..。11時頃にスタート。12時20分ごろに小白川到着。控室で昼飯食って1時から講義。先週のアンモニア合成物語を受けて,今日のお題は「反応器」。一般に使われる反応器(スケールの大きなもの)の型式とか運転様式とかを説明して,最後にマイクロリアクタの話題を提供した。演習は,油脂のスルホン化による界面活性剤の製造用の反応器を考案してもらう。これを宿題にした。

PC133303

 すっかり,冬の感じのキャンパス。

IMG 9761

 今日は赤湯の山映によっておでんとおにぎりを購入。晩飯にする。4時過ぎに帰宅。4時半に職場復帰。

PC133304

 この頃までは晴れていて,かなり期待したんだが,..。

 明日中間発表の修士1年の発表練習(とは言えないかも知れないな,あれは)をして,明日の朝一講義のネタに関する資料を抱えて,7時頃に帰途に。うちの修士1年の発表は朝一講義と被って聴けず。さらに,彼の発表用のスライドをベースにして,午後までに来週月曜日の報告会のスライドを作成しなければ,..。

PC133306

 山大前やまとやはクリスマスバージョンに!

PC133307

 雲間からかろうじて月が見えていた。

 帰宅した頃は全天雲(泣。飯食って,しばらく一杯やって,何気なく外を見れば雲が切れている。急いで準備して,自宅前から,..

DSC2069

DSC2075 1

 月齢 6.3 くらいの月。そして,..

DSC2084

DSC2085

 ようやく撮影できた 46P/Wirtanen 彗星。昴に近づいてきた。今週末,少しでも晴れ間が欲しいなぁ。ふたご座流星群もあるけど,宮城も福島もあまりいい天気じゃないらしい。これは,先日購入した,1万円以下の Nikon 用の 85mm, F1.8 を使って撮影したもの (F2.5 に絞ったけど)。値段の割には,それなりだなぁと思ったり。

2018年12月11日 (火曜日)

今日の運動と天気12/11/18

 起床は4時半頃。外を見れば,なんと晴れている。これだから,冬の日本海側の天気は,..。で,肝心の 46P/Wirtanen 彗星はといえば,..既に西の山に沈んでいた。ま,それでも冬のダイヤモンドくらいはと三脚担いでトボトボと氷点下3℃の中を歩けば,..。線路向こうは濃霧発生。

DSC2062

 全てにじんでしまう,..。春の大曲線やら大三角やらダイヤモンドやら,..。一旦帰宅して,仕事しつつ,コーヒーなど啜ってから,..

DSC2067

 米坂線下り始発列車と金星

DSC2068

 雪は結構融けたようだ。

DSCF5992

 ちょっと赤くなったけど,山が赤くなるまでにはいかなかった。

DSCF5994 2

 霧に浮かぶ,斜平山

DSCF5997 1

 おはようございます。

ーーー

 朝飯後にローラー36分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。第19ステージ。アスパン,ツールマレー,オービスクとツール伝統の峠を越える山岳最終決戦。一昨日下りで時速 65km で落車したサガンがえらく苦しんでいる。最初の一級山岳はアラフィリップが獲り,山岳賞を確定させた。

ーーー

 午前中はまたしてもメール書き。さらに,スライドに使う図面をスキャナーで読み取る作業。そして,修士1年の発表練習。う〜ん,なんというか,物事を説明して他人にわかってもらうということが,どういうことなのかを理解していないようだ。とどのつまり,自分が他人からなにかを説明されて,ああ,なるほど!と腑に落ちたという経験がほとんどないからか?スライド内の単純なタイポやケアレスミスは多いし,文章にはとてもじゃないが学術的とは言い難い表現が多い。直してしまうのは簡単だが,それでは彼の将来が,..(苦笑。どうやって教育できるものやら,..。先は長い。頑張ろう!

 昼は,今日は仕事休みのなでら女房に連れられて,「玉寿司」へ。

PC113294

 なんでもランチがあって,その評判がそこそこいいとか。メニューを見れば2つだけ。日替わり丼は,今日は海鮮丼だというので,それをチョイス。

PC113293

 茶わん蒸しや一口蕎麦まで付いて,これで 900 円は安いかも。それなりに満足した。また,行こう。

 午後からは会議。幸い1時間半ほどで終了。その後は,学会雑務をこなす。1時間半ほど論文を精読する。う〜む,どうしたらいいものか。明日まで置いておくか。

 4時過ぎから講義。2回休んでいた,たった一人の受講生が5分遅れてやってきた。やれやれ。今日は結構面倒な内容(拡散と対流)を1時間半。疲れた。外に出て見ると空には薄雲通して三日月が見えた。今夜はまた雪らしい。彗星の写真撮りたいんだけ,一向に晴れないねぇ(苦笑。明日は,午前,午後ともに会議というか打ち合わせがあって,夜は会食。明後日の講義準備が終わってないし,修士1年の中間発表の練習もあるし,..。来週の月曜日の東京での報告会のスライドも作らなくちゃいけないし。う〜む,ちょいとバタバタした感じになってきたな(苦笑。あ,14日は福島でのミニ学会の要旨提出締め切りだった。こりゃ,ちょっとどころじゃなくて,かなりバタバタした感じになってきたかも(笑。

 7時頃に力尽きて帰宅。その頃には月も沈み,星も見えなくなっていた。はぁ〜〜・・・

IMG 9757

 う〜む,でかくなりやがったなぁ(苦笑。

 帰宅後も一杯やりつつ,スライド作り。でも,これも後4回分だ。頑張ろう!

2018年12月 4日 (火曜日)

今日の運動と天気12/04/18

 早く寝たせいか,3時頃に一旦目覚める。外はザーザー降りの雨。今日は月と金星の最接近が見られるのだが,この分では無理かなぁと二度寝を決め込むも,何やら目が冴えてきたので,朝活開始!(笑 4時頃には雨が上がって,少し雲の切れ間が見えるようだ。この時季の日本海側の天気は,筋雲のようなものが通過すると,雨(あるいは雪)と晴れが目まぐるしく変わるのだが,ちょうど晴れのタイミングが来れば月と金星が見られるかも知れない。そんな訳で,玄関先にカメラと三脚を用意して,窓から数分置きに外を眺めながらの待機。と,おお,来たぁ〜〜〜!チャンスはほんの数分。すぐに外に出て機材をセット。そしたら,クロスケパパが「手伝いましょうか?」とでも言いたげに擦り寄ってきたり,..(笑

20181204moon venus2

20181204moon venus

20181204moon

 いや〜,撮影できた!満足じゃ!

 さらに,朝の6時前に,今度は,「月と金星と始発列車」というテーマが浮かび,慌てて準備してママチャリ飛ばして農道へ。

20181204moon venus train

 撮れた!月と金星と始発列車!

ーーー

 朝飯後にローラー46分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。第17ステージは続く。第二山岳はアラフィリップがトップ通過。そして,カンゲルトと二人で最後の超級山岳に入り,ここで力尽きた。さて,最後の超級山岳は距離 16km, 平均勾配 9% 弱。総合勢はここで動くはず。

ーーー

 学務関連の雑務やら,明日の演習の問題やら,今日の夕方の講義やらで午前中終了。12時半頃に自宅飯。午後は,論文の手直し。3時過ぎにようやく終了。明日もう一回見直して送ろう。4時過ぎから講義。が,教室に行ったが,結局学生は来ない。もう,最初から受講するなって!(怒

 その後,提出された宿題を揃えたり,先週の山形での講義の提出物を番号順に揃えたり,..。これが意外に手間が掛かるんだよねぇ。私大の先生なんかは人数が多くて大変だろうなぁ。あ,システムがきちんとしてれば学生の TA とかがある程度やってくれるのかな?うちはそういうところちゃんとしてないからなぁ(苦笑。ま,これも仕事だからいいんだけど。

 そんなこんなで7時前には帰宅。どうも,6時過ぎると極端にパフォーマンスが落ちる感じ。しかも,連日朝から深夜まで騒いでいるので,何やら眠いし,..(苦笑。

2018年12月 3日 (月曜日)

今日の運動と天気12/03/18

 起床は4時半頃。外を見れば月が見えている。それでは,..

20181203morning moon

 月齢 25.2 の月

20181203moon earthlight

 早朝のガスのせいで地球照はクリアに撮れず。

DSC1966

 金星

DSCF5977 1

 月と金星と始発列車

PC033217

 コブシの花芽

PC033220

 クロスケ,今日も異常なさそうだな(笑

ーーー

 朝飯後にローラー53分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。第17ステージのグリットスタートは肩透かし。なんだ,こりゃ?最初の一級の峠はアスタナのカンゲルトが先頭通過。次いで赤玉ジャージのアラフィリップが2位通過。そのまま下りで追いついて,3名の先頭集団でスプリントポイント通過。二つ目の登りに掛かる手前で終了。このステージは多分2時間半くらいでゴールするだろう。総合上位勢の熾烈な争いが見られそうだ。

ーーー

 論文の手直しして送ってしまう積もりだったが,なんだか細々したことがいろいろあって,..。明後日の演習の問題も作らないといけなかったし。解答例のアップもあったし。

 送らなければいけない書類を忘れてしまって,昼に帰宅して書類を作って送付。そんな訳で,今日は自宅飯。ママチャリに乗っていると風が冷たい。今週末辺りには雪マークだし,いよいよかな。

 夕方,荷物が届くので6時ごろに帰宅。でも,まあ,実際に荷物が届いたのは7時に近かったけど。

PC043225

PC043226

 これである。なんと,1万円しないニコン F マウントの 85mm, F1.8 のレンズ。Amazonで見つけて,2日ほど迷ってから購入。一般に,この明るさなら値段は10諭吉を下らないはず。電子的な絡繰りは一切なし,ピント調節リングは固くて指が痛いほどの逸品である(笑。普通はこんなもの手を出さないが,ときに訳のわからない掘り出し物的レンズに当ったりするので,駄目元で買っちまった次第。

DSC1974

 試写してみた,クロスケあくびの図。そんなに悪くないような印象だけど,今度星を撮って確認してみる。請うご期待。

 なんだか,えらく眠くて軽く呑んだだけで9時過ぎには就寝(なでら女房からは,活動し過ぎだ,歳考えろと)。

2018年12月 2日 (日曜日)

中津川の星空再訪

 午後4時前に機材を車に積んで家を出た。軽い夜食をコンビニで調達。のんびり車を走らせる。道路の電光掲示板の温度計は3℃。夕方になって一気に気温が下がってくる。日中の晴れの天気はまだ続いていて,西の方角も奇麗に晴れている。これは期待できるか?途中,菅沼峠の雪はほとんど消えていた。

 源流の森に中津川集落を眺めることのできる展望台があるらしい。夕暮れの集落と遠く飯豊の山を一枚に収めることができるかも知れないと行ってみたのだが,どこが展望台やら全くわからず,..。源流の森のセンターは既に冬期閉鎖に入ったらしく,雪囲いされて人気はない。あの写真の感じだと,そこそこ登るのかも知れない。来週末から雪マークが出ているし,これは来年かなぁ。白川荘辺りで訊ねてみればわかるかも知れないので,冬の晴れた日にでもスノーシュー履いてカメラ担いでというのも面白いかも知れない。さらに,源流の森の駐車場には外灯もなく,星を撮るだけなら,この駐車場でもいいかも知れない。この外灯の少なさと星空の奇麗さは,中津川集落の観光資源の一つになるかも知れない。

 さて,それでは第二の目的地に向かうとするか。車を走らせて高台へ。おお,すげ〜〜!と思わず声が出る。

DSCF5932 1

 飯豊連峰の夕暮れ

 急激に気温が下がってきた。寒い,...。持ってきたありったけの防寒着を身にまとい,さらに足下を防寒靴で固める。ポケットに入れたハクキンカイロが発する熱が心強い。今の時季,一番星は火星らしい。そのうち,ポツポツと星が見え出した。iPhone に入れてあるアプリによれば,撮影のスタートは6時少し前らしい。まだ,1時間ほどあるので,ゆっくりと機材を設置する。まだ,北極星が見えないのでコンパスで北の方角を割り出しておおまかにセット。タムロンの望遠レンズを外気温に馴らす。

DSCF5935 1

 5時半頃の様子。肉眼的には,さすがに,こうは見えないけど,..。

DSCF5936 1

 広角にすると,既に5時半の時点で,飯豊連峰から立ち昇るような天の川が写っているのがわかるだろうか?

DSCF5939 1

 6時少し前。まだ,西の空に明るさが残るが,天の川ははっきり見えている。

DSC1937

 対角魚眼での一枚。これは凄いなぁ。以前に樽口峠の駐車場で見上げた星空に匹敵するかも。

20181202summer tri

 夏の大三角(季節外れだけど)

DSCF5942 1

 流星かなぁ?

DSCF5946 3

 これは流星のような気がする。

DSCF5948 1

 もう,星の数が半端ないって〜〜〜!≧∇≦

DSCF5949 1

 昴も昇ってきた

 早速,ぎょしゃ座のカペラでアラインして,M45(昴)の自動導入を試みるも,あれ?なんでアラインできないの?何回かトライしてようやく SS-one AuotGuider Pro の画面上でアラインできた。で,M45 に GO TO してみたが,..。やはり,明らかにずれた場所で停まる。なんでだろう?これくらいの近さで入ってくれないのでは正直使い物にならない。なにか,やり方が間違っているのか?帰ったら確認してみよう。SkyWatcher EQ5GOTO を SS-one 化する以前の2スターアラインメントだと,結構正確に導入できていたんだが,..。まあ,仕方がないので,なんとかファインダー上で導入して試験撮影。構図,ピントは大丈夫なようだ。さらに,画面の四隅を確認したが,ピントは合っているようで,先日の片ボケは,どうやらニコン用のタムロンレンズを X-E1 で運用するための,マウントアダプタの精度が悪いせいではないかと思われた。これは,いずれ,レイクォールのマウントアダプタを導入すべきか?今日は5枚ごとにピントの確認を行うことにして,5 min x5枚を複数回仕込むことにした。

IMG 9743

 ガイドは安定

 撮影が始まると暇なので,適当に天の川の写真などを撮影。それにしても,凄い星空だ。見渡す限り,目に入る人工の光は一つだけ(どこかの人家の灯かな?)。南の低空と北東の低空がボーッと明るいのは,米沢市と長井市の街明かりのせいだろうか?天頂と西と北の空は申し分のない暗さだ。

 5枚の撮影が済んだところで,ピントのチェック。見たところズレた感じはしない。やはり,先日のピントのズレはレンズの温度順応によるものだったのか。最低でも1時間ほど外気温に馴染ませないといけないような感じ。それにしても,シビアな世界だ。いろいろとわかってくると,FB の先達の方々の素晴らしい写真一枚が,どれほどの手間,時間,経費を費やしたものかが理解できて,気が遠くなりそうだ。

DSCF5962 1

 西の空に雲が出始めたので,少し遊んでみる。長時間露光の一枚撮り。これは2分ほど。

DSCF5963 1

 これは6分ほど

DSCF5964 1

 これは9分ほど

DSCF5965 1

 撮影が済んだし,雲が出始めたので撤収することにして,一枚だけ固定撮影で 46P/Wirtanen を。右下隅の辺り。左上隅の昴に今月中ごろに接近する。晴れてくれればいいけど。

20181202Pleiades2

 で,撮影した昴。フルサイズだと周辺減光が酷い。450mm, F6, ISO1600, SS 5min x 14 枚。このくらいになると,なでら男程度の技量でも分子雲が現れてくる。

2018年12月 1日 (土曜日)

今日の運動と天気12/01/18

 起床は6時半ごろ。さすがに,深夜活動の反動で早起きできず。なでら女房は,今日は早番だとかで7時前には仕事に出て行った。大変だのぉ。こちらは,ウダウダと朝飯食って,ウダウダとテレビ番組眺めてから,..

ーーー

 昼飯前のローラー70分,31km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 82rpm で。第16ステージも最後の一級の峠を残すのみ。プロトンとの差は約 10 分。今回も逃げ切り確定だ。

ーーー

 シャワー浴びて,着替えて,今日帰ってくるなでら次女を置賜駅まで迎えに出る。外はまるっきりの冬の天気で,晴れ間が出たと思ったら,直ぐに横殴りの雨が降るという具合。日本海からの冬特有の筋雲が来ているときにこんな天気になる。置賜駅でなでら次女を拾って,そのままなでら次女のリクエストで「喜右ェ門」さんに。

PC013203

 幸せの「蒼いボトル」が運ばれてきた(笑

PC013207

 今日は「弘子さんの京水菜とスモークした豚肩ロースのアーリオオーリオペペロンチーノ」を頂いた。ピリ辛,スモークした豚肉,シャキシャキの水菜でいい味だった。ご馳走さまでした。

 帰宅して,なでら次女はピアノの先生のところへ。なでら男はもう一度車でムサシへ。ちょいとボルトナットとヒーター用のコードを買ってくる。帰宅後は悪天候もあって,ぼけっと読書。ビールでも呑もうかと思ったけど,夜晴れるかもと思って控えていた。が,午後6時になっても晴れる気配がないので呑んでしまった。

IMG 9738

 生協でなんともなく買った本だが,なかなか秀逸なホラー短編集だ。

 午後10時ごろに外に出てみると雲が所々にあるものの,奇麗な星空である。見上げれば,昴が電線域を通過して,撮影可能域に入ってきている。生憎,呑んでしまったため,車は出せないので自宅前から撮影してみる。まあ,自動導入などの練習もかねているので自宅前からでもよかろう。いわゆる,ユル撮りである。

DSC1916 1

 こんな感じ。昴撮影中である。使っているバッテリーが,セレストロンのタンクなので,ライトやらラジオやらが付いていて,ちょいと煩い(苦笑。もう少し小型で軽いものもあるのだが,..。まあ,いずれ買い替えるではなくて「買足そう」(笑。災害時にも役立つだろうし。自動導入は今夜も壊滅。ほんまかさんにメールで質問したら,自動導入の精度は赤道儀単体の精度に依存するし,離れたところでアラインしても外れることも多いとか。しかし,アルデバランでアラインして,昴で合わないのは問題あるんじゃないのかな。ピントを合わせたりする関係(明るい星でないとバーティノフマスクなどでピントが合わせられない)があるから,決めた焦点距離のレンズで一発でほぼ真ん中(あるいは写野の片隅にでも)に入って貰いたいのだが。夏ごろにアンドロメダでやったときには入ってくれたんだけどなぁ。何が悪いのか,もう少し機材を使い込んでテスト重ねてみるか。一応,ちょっと写野をずらしたら入ってくれたので手動で写野の真ん中に移動させた。

 一枚5分の露光を十枚以上仕込んだので,時間を持て余す。なので,お手軽撮影機材を持って線路向こうの田んぼ農道に出向く。

DSC1909

 今年の夏,胎内の星祭りのときに「ほんまかさん」のブースのジャンク箱の中から見つけて譲ってもらった R64 のフィルターのテストをしようと思った次第。ひっきりなしに雲が通過する天気だったがなんとか数枚撮影。ISO1600, F2, 4 min の一枚ものだが,バーナードループがはっきり写っている。なるほどねぇ。元画像が真っ赤になるので,白黒にしてあるが,なんだか,昔白黒フィルムで撮影したオリオン座のようで懐かしい感じだ。これをカラーアシストのように使って画像を合成できないものかね?いわゆる,LRGB みたいにできないのかなぁ。

DSC1911

 星は大きくなるし,雲はひっきりなしだし,晴れているようでも薄雲掛かっているようだし。

DSC1913

 先日,散々苦労した,46P/Wirtanen 彗星だが,ああ,あの方角だなぁと適当に 35mm で写してみると,..なんと簡単に写った。真ん中やや左寄りのボーッとした緑色の奴である(多分。長焦点で大写しにするよりも周囲の星座なども含めて中望遠くらいでか標準で撮った方が味があるかも知れないなぁ。

 で,自宅に戻り,撮影の様子をチェック。数回,昴付近を雲が通過したようだがオートガイドは問題なく機能したようだ。

IMG 9742

 バッチリですな。

 が,撮影画像をチェックしたところ問題発覚(苦笑。

DSCF9332 1

 撮影開始の一枚目

DSCF9340 1

 終了時の辺り。ピントがずれているのがわかるだろうか?いろいろ考えると,どうも部屋から持ち出したレンズやらが外気で冷えて収縮したためのピントズレらしい。結局,15枚ほど撮影して使えたのは最初の5枚ほど。徒労感,半端ないって〜〜!(´つω;`)

20181201Pleiades4

 X-E1, Tamron 150-600mm(300mm), F開放, ISO1600, SS 5min x 5枚,SkyWatcherEQ5GOTO + SS-one AutoGuider Pro

DSC1934

DSC1933

 〆に昇ってきた月を撮影してお終い。月齢 24.1 くらい。

オッサンの深夜活動

 寝落ちから覚醒したら日付変更線を越えていた。いよいよ今年も残すところあと一月。残った缶チューハイを呑み干して,外に出てみれば,..あれまぁ,星が奇麗だ。それでは,ちょいと深夜活動でも行ってみようか(笑。

20181201win dia

 自宅前の道路から冬のダイヤモンドなどを撮影してみる。この時季の晴れ間は待ったなしなのでお気楽撮影機材を積んで田んぼ農道までなんて考えていると,あっという間に雲に覆われてしまったりする。で,今回もそれは当てはまった。

 一旦自宅に引っ込んで機材を持って防寒着着込んで外に出てみれば,冬のダイヤモンドは既に半分ほどは雲の中。やっぱりな。それでも,田んぼ農道まで行って,ちょうど顔を出してきた月などを撮ってみる。

DSCF5921 2

 月齢 23 くらい。

DSCF5925 2

 月に玉乗りしたようなしし座が昇ってきている。いつも思うけど,昇ったばかりの星座を地上風景と一緒に撮ると,目茶苦茶大きく感じる。

20181201moon

 戻ってきて月を撮影。

 さて,寝よう。

より以前の記事一覧