2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

カテゴリー「旅行・地域」の記事

2017年4月22日 (土曜日)

またしても,喜一で朝ラー決めて,鶴ヶ城の桜に酔いしれるの巻

 起床は4時過ぎ。色々と準備して,友人の車になでら女房とともに乗り込み,喜多方に向かって出発したのは5時過ぎだった(早!。

 まず,鏡桜の偵察に向かうも,道に迷ってアウト。友人の車のナビがとてつもなく怪しい挙動を示す。なにしろ,軽四輪くらいしか入れないだろ!って山道をガンガン指示する。画面には左方向に矢印が表示されて,アナウンスは「ここを右です」って。なにか,呪いのようなものを感じだ一時だった。

 仕方ないので,まずは朝飯だということで,喜一に向かう。店に着いてみれば,既に先着の車が一台。順番の記入用紙をみると,昨日無理やり留守電に入れた内容が反映されていて,無事に特別室が予約されていた。安心して,今度は日中線の枝垂れ桜を偵察に行く。

DSCF8799

 まだ,3〜4分咲きというところか。

DSCF8803

 来週くらいが見頃かな。

 喜一に戻ってみれば,店の前の駐車場は既に満杯なので,銀行に車を置いて店に行ってみれば,阿波屋さん夫妻が既に到着していた。無事に特別室に入室。

IMG 5078

 本日は久しぶりに,熟成味噌などを頂こう。右が Sio で,左が熟成味噌

IMG 5079

 Sio ラーメンは安定の美味さ!

IMG 5080

 熟成味噌は久しぶりだったけど,素晴らしいコクだ。

IMG 5081

 ご馳走さまでした!

IMG 5082

 ご馳走さまでした!(合唱:笑 本日は5人で8杯だった(笑

 さて,ここで今日は仕事の阿波屋さんご夫妻とお別れして,我々は一路会津若松へ。時折,小雨がぱらつく生憎の天気だが,次第に回復するだろう。8時過ぎには鶴ヶ城に到着。時間が早かったせいもあり,無事に城内の駐車場に入ることが出来た。

DSCF8806

 桜も満開だ!

 ここから以降はひたすら赤瓦の鶴ヶ城と桜のコラボだ。やはり,日本のお城には桜がよく似合う。今回,ガイドの方に色々と詳しい話を聴き,鶴ヶ城のことを大分知ることができた。そういや,8時半前に到着できれば,天守閣の展望台に人がいない状態で撮影できる。

DSCF8808 1

DSCF8810 1

DSCF8811 1

DSCF8818

 天守閣最上階からの景色

DSCF8823 1

DSCF8826 1

DSCF8829 1

DSCF8832

 虚無僧さんが尺八で奏でるのは,なぜか,山形民謡

DSCF8838 1

 さくらまつりである。

DSCF8841

 なかなか面白い

DSCF8843 1

 西郷頼母も見たであろう景色。この横断歩道を4人で渡る写真など撮れれば,なかなか面白いのではないか(笑。

DSCF8845

 石垣と桜

DSCF8846

 天守閣の石垣と桜。なんでも,創建当時は七層の天守だったらしいが,江戸時代に会津に直下型の大地震が起こり,かなりの被害が出たとか。そのために天守を建て直したらしい。新しい天守は五層になってしまい,その結果天守の石垣と天守の一層目のサイズが合っていないとか。石垣を登りきって,そこに一休みできるステップがあるらしい。だめだろ,それじゃ!

DSCF8848

 会津坂下の PR に駆けつけた,「うまべえ君」

DSCF8853 1

 宴もたけなわ

DSCF8855 1

 いや〜,堪能したな(笑

IMG 5087

IMG 5088

 黒田官兵衛と蒲生氏郷の甲冑の模型が置いてあった。

 さくらまつりのイベントとして,本丸跡で裏千家と表千家などが茶会を催していた。折角なので,そのお点前を拝見させて頂くことに。

IMG 5090

 なでら女房が使った茶碗は,裏千家の十四代宗匠が手ずから捏ねたものらしい。

IMG 5091

 なでら男の茶碗は春の野草とかいう銘が付いているとか(記憶がはっきりしないけど。すみれとかワラビが金泥で描いてあるらしい。

DSCF8833

 現在の十六代宗匠が揮毫した扇子とか。「平生心是道(へいじょうしんこれみち)」と書いてあるらしい。なでら男は勝手に左から「道楽人生平(道楽をして人生平に生きる)」と読んでみるなど(笑

IMG 5092

 この城に入った大名たち

 かなり混雑して来たので,そろそろ鶴ヶ城を後にする。先週と同じに「二丸屋武蔵亭」で昼飯を食う。

IMG 5094

 会津さくら丼定食などを食す。美味し!

DSCF8862

 その後は會津ほまれ酒造で一本仕入れて,マカベ精肉店で馬肉を買ってから帰宅。明日は會津ほまれ酒造でイベントがあって,フリーアナウンサーの唐橋ユミさんなども来るとか(會津ほまれは唐橋さんのご実家)。こちらは生憎明日は実家だ。

 ほぼ12時間ほど遊んだな。飲んだらあっという間に寝落ちなり。

2017年4月16日 (日曜日)

一目千本の桜に酔い痴れるの巻

 起床は5時過ぎ。外を見れば上空は靄があるようだが晴れている。昨夜からの逡巡は続く。内容は,...大河原の一目千本桜を見に行くかどうか。色々考えて6時少し前に決心。よし行くぞ!6時10分頃になでら女房と宮城の実家目指してゴー。

DSCF8656 1

 往きの高畠辺りの景色。朝靄がなかなかいい感じに,..。

 実家に到着したのは8時少し前。8時過ぎに大河原へ。幸い,大した渋滞なしに駐車場に入ることが出来た。一目千本桜を観賞するときは,遅くとも8時には駐車場に入るべき。できるなら7時半までに入る。えらく暖かいので上着は置いて,カメラザックを背負い,2台のカメラをぶら下げて出発。

DSC7363

 満開である!

DSCF8658

 いい雰囲気じゃないですか!さて,ボツボツ下流側に歩いて行きますか。

DSCF8663

 いきなり,人が倒れたとかで救急車が。無事だといいけど!

 橋を渡り,対岸に行ってみる。

20170416hitomesenbon p2

 まさに一目千本!

DSCF8669 1

 屋形船は 1500 円!

DSCF8678

 満開です!

DSCF8683

 桜の花の隙間から蔵王も見えている。

DSCF8689

 こんな景色も!

 ついでなので3キロほど離れた船岡城趾まで行ってみることに。気温が上がり,さらに重いザックを背負っているので汗がダラダラ。県道を歩いていると,前方から来たご夫人に「撮り鉄の方ですか?」と無邪気に訊ねられ,..。なんで,オレが撮り鉄なんだよ!?とムカッと来ました(苦笑。なでら女房に言わせると,カメラ2台もぶら下げているからと,..。理由は間も無くわかったけど。

IMG 4993

 前方には「しばた千桜橋」が見えてきた。そして,左の線路際には,凄まじく気合いの入った撮り鉄たちが,自慢の機材(ざっと眺めたところでは,100 諭吉オーバーの機材多数)を設置して列車の通過を待ち構えていた。なるほど,こんな景色を見た後で,カメラ2台ぶら下げて,のこのこと歩いて来るおっさんを見れば,「撮り鉄ですか?」の質問も出ようというもの(苦笑。右の県道には渋滞でイライラする車たちが。ちなみに,右に見える観光バスは,我々が橋に上って,さらに右の展望台に登って,しばらく過ごして戻ってきても1キロも進んでいなかった。

IMG 4995

 大分,問題になってきているようだ。なんでも,桜の時期,この場所は撮り鉄たちの聖地になっているとか。

 しばた千桜橋に登ると,ここでも多数の撮り鉄たちが。で,三脚に関する小競り合いも散見された。「おい,三脚立てるなって言われたろ!だから皆外してるじゃねぇか」と言われた当人は,無言で背丈以上の三脚を立てて、カメラをセットし,大型の脚立に昇り,ファインダーを覗くなど。クレームは全くの無視。そのデンデンムシっぷりに感動すら覚えた。こうでなければ道楽は全うできぬのだと。ニヤニヤしながら,その場を離れ,適当に隙間に陣取る。周囲の撮り鉄さんに訊けば,なんだ特別仕立ての列車が走るとか。待つことしばし,..

DSC7381 1

 これらしい。見様見まねで撮ってみた。通過する瞬間に周囲から聞こえる連写音が凄まじい。でも,個人的には何が面白いのか,全くわからない。

DSC7386

 船岡大観音

DSC7387

 展望台からの眺め

DSCF8696 1

 もう一枚

DSCF8697 1

 撮り鉄にはなれないなぁ。人々の隙間からなんとか撮影。

DSCF8698 1

 延々と続く桜並木

DSCF8699

 しばた千桜橋の様子

DSCF8700

 原田甲斐のもみの木は残った。

DSCF8701 1

 もう一丁,撮り鉄の真似

DSCF8704

 そろそろ,降りて大河原に戻ろう!

DSCF8707

 ここを降りて,..

DSCF8710

 売店で焼き牡蠣食べてから帰途に就く。

DSCF8712

 春爛漫だ!

DSCF8714

 ここも色合いがいい。

DSCF8722 2

 絶景ポイントとやらにきた!

DSC7390

DSCF8723 2 nik

 カメラが違うとこんなに違う

DSC7392

DSC7393

DSCF8724

 いや〜,気持ちがいい!

 このころから強風が吹きまくり,河川敷は土煙が舞い,コンタクトレンズのなでら女房は目が見えないと難儀していた。駐車場に戻り,躾の悪いドライバーとの小競り合いを経て駐車場から脱出。なんとか実家に戻った。で,今度は実家近くの川岸の桜並木を鑑賞。

DSCF8726 1

 実家の近くの警察を退職された方が木彫を始められた。で,その後,東日本大震災に遭遇し,己ができることは何かと考えて木彫の観音様三千体の彫刻を決意。酒断ちをしてまでそれを成就。次にさらに五千体の目標を。これはその方が彫られた交通安全を祈願したものをご自分の土地に設置したもの。後方の桜並木とセットで。

DSCF8727

 実家近くの桜並木。以前は蛇行しているのどかな小川だったが,2年前の台風で流出した土砂で川床が高くなり,このままでは洪水の原因になると川床の土を浚った結果,こんな情緒のない小川になってしまった。

DSCF4995

 ちなみに2年前はこうだった。

DSCF8729

 道路側からはこんな感じ。テレビやら新聞やらで紹介されるらしく,次第に人が増えてきている。正直迷惑。

 高蔵寺の法事に出席したお袋を迎えに行き(渋滞で大変だった。こちらもマスメディアのせいで人手が半端ない),実家に戻る。その後,実家裏手の小学校跡地で「発動機祭り」とかいうものをやっているというので冷やかしに行く。

DSCF8730

 なにやらマニアックな催しである。

DSCF8731

DSCF8732

DSCF8733 1

 昭和20年代,30年代辺りの発動機が元気に唸りを上げている様は素晴らしい!!なんだか,「じーちゃん,頑張ってるな!」という感じ。

DSCF8734 1

 こういうのが好きな人には堪らんだろうね。でも,メンテは大変そうだ。

DSCF8735 1

 校門の桜も満開だった。これを6回眺めて小学校に通ったことになる。思えば,桜の花というのは生きた年齢の回数しか見ることができないんだなぁ(北上してとかは却下)。

 2時前に実家を辞去。

DSCF8736

DSCF8740 1

 山内の一本桜。げっぷが出るほどの桜を見たあとだとホッとする。

DSCF8747

 シロは元気

IMG 5005

 話の種にと閉店間際の芭蕉庵に飛び込みそばを食ってみる。水準以上とは思うけど,最近,本当に美味いと思う蕎麦に当たらないなぁ。

DSCF8749

 水芭蕉を眺めて終了。なんだか,色っぽい株が少なくて,撮り時はもう少し先になりそう。

 帰宅して,ローラー踏むかと思ったが,..呑んだ。もう当分,桜は見なくてもいいかなという感じ。

2017年4月 2日 (日曜日)

今日の運動と天気04/02/17【朝ラーから福寿草まつり】

 起床は6時少し前。なんだか,最近朝遅くなったな。外は晴れているようだ。なので,春色始発列車でも,..

DSCF8487 1

 白馬の騎士が見えなかった,..。

DSCF8489 1

 「なでこけ」は泥水状態に近くなっている。

DSCF8490

 ようやく,農道入口の防雪柵が撤去。ご近所の方に,いつもこのブログを見てますなどと声を掛けられるなど(笑。

 7時過ぎになでら女房と一緒に喜多方に向かって出発。

IMG 4860

 8時少し前に喜一に到着。最近,火曜日の「二杯汁完倶楽部」の例会のみだったので,この暖簾もちょいと新鮮だ(笑。約30分ほどの待ち時間。どうも,開店後に到着するなら,8時半頃に着くのが,第一陣が掃けたあとということでいいかもしれない。駐車場には,品川,千葉,新潟などのナンバーの車が(驚)。

IMG 4861

 本日は,Sio と熟成正油の二杯。

IMG 4862

 Sio は山塩に比べて,やはり「コク」という面で届かない感じ。でも,充分美味いけどね。

IMG 4863

 熟成正油は,まさに熟成の味

IMG 4864

 ご馳走さまでした。今日も大変美味しゅうございました。友人が今度の火曜日所用で来れないとかで,ご主人が心配するといけないので,その旨をお伝えするなど(笑。

 さて,次に向かったのは山都町の沼丿平。福寿草まつりが開催中とか。

IMG 4869

 これは一回りした後の駐車場の様子。環境整備のための協力金として,一人300円を支払う。

DSCF8500 1

DSCF8503 1

DSCF8505 1

DSCF8510 1

DSCF8517 2

DSCF8518 1 nik

DSCF8521

DSCF8524 1

 江戸時代には,この辺りに木地師の集落があったとかで,その墓碑らしく,..。

DSCF8525 1

 ボランティアで地元の名物爺さんという方が案内してくれた。福寿草は種で増えるとかいう話しである。で,上の写真の株だと発芽から30年ほども経過しているとか(驚。

DSCF8511

 これで3年ものらしい。発芽から花が咲くまで7〜8年ほども掛かるとか。この沼丿平には約百万株の福寿草が「自生」しているらしいが,その自生も,集落の高齢化に伴う畑作の放棄がきっかけなので,喜ぶべきか悲しむべきなのか,..。まだ雪が消えていない箇所が多く,雪の下にも沢山の福寿草が隠れているらしく,今月中頃までは十分に楽しめそうだ。撮影には 300mm くらいの望遠があった方がいいようだ。35mm 換算で 75mm くらいでは近づき切れない。100万円クラスのカメラを抱えたマニアの方々が多数(苦笑。

IMG 4870

 福寿草まつりの会場までの道沿いには,なにやらえらく味のある集落が沢山ある。直ぐ脇を流れる五枚沢川にはヤマメなどもいるような雰囲気で,こんなところでのんびり暮らすのも悪くないかも(古い集落特有の近所付き合いが面倒かな?)。

DSCF8530 1

 喜多方に戻り,大和川酒造で一本仕入れて,さらにマカベ精肉店で馬肉なども仕入れてから昼前に帰米。そして,..

IMG 4871

 昼は,なでら女房となでら次女と,鮨よし遊で海鮮丼など。どんだけ食うんだよ!(笑

 帰宅してちょいとウトウトした後で,..

ーーー

 晩飯前のローラー80分,37km。勾配負荷3%,ケイデンス 80 - 85rpm で。今日のカロリーを消費せねばならん。

ーーー

 夜は馬刺しで軽く一杯やったら,..寝落ちする。安定の日常である。

2017年3月21日 (火曜日)

今日の運動と天気03/21/17【二杯汁完倶楽部の例会】

 起床は4時半。おお,結構スッキリしている。やれば出来るではないか。今朝の状況次第では「二杯汁完倶楽部」の例会の出席が危ぶまれたのだが,これなら全く無問題だ。どれ,それでは「喜一」のご店主の入魂の一杯を頂くための,..

ーーー

 斎戒沐浴的ローラー33分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 90rpm で。

ーーー

 6時少し前に市内某所を3人乗りの車が喜多方に向かってゴー。お陰で今日はポールポジションを取得。

IMG 4732

 雪はほとんど残っていない。

IMG 4739

 開店して入店して早速注文。

IMG 4733

 右が山塩ラーメン,左が藻塩ラーメン

IMG 4734

 山塩ラーメン

IMG 4735

 藻塩ラーメン

 やはり、何度食べても,絶品である。多加水麺のモチモチした食感といい,透き通るスープといい,スープの後味の残り方といい,言うことなし!

IMG 4736

 ご馳走さまでした。大変美味しく頂きました。

IMG 4737

 宴の後(笑

 生憎,どんよりした曇り空で飯豊山の雄姿は拝めず。8時半には米沢に帰着。さて,今日も仕事だ!(笑

 学会のお仕事関連のメールがチャット状態に,...。いや〜,なんだか辛いなぁ。責任もあるし,こういう仕事って苦手というか,全く持って不適なんだけど,何故こんな役目が回ってくるのか,..。周りの人間,人を見る目がないんじゃないのか?(苦笑

 今朝ご一緒した方は皆,昼ご飯は一心太助のランチだとか。その中の一名は一心太助でも二杯汁完だとか。恐るべし。なでら男は正午過ぎても全く空腹感を覚えずに,1時近くになってコンビニのおみぎりと牛乳で済ませた次第(笑。

 特にすることもない今頃の時季なので,ゆっくりと面倒な論文を読むなど。知らない単語が多すぎる。学生もいないので部屋が静かだ。

IMG 4740

 雨がぱらぱら降る中での帰宅時の風景。折角なので早めの帰宅。日が長くなった。道路脇の雪が減った。春は直ぐそこ(なのかな?

IMG 4744

IMG 4745

 今朝,喜一にあったのでもらってきたチラシ。今月末か来月初めにでも天気を観て行ってみるかなぁ。

IMG 4742

 読了。シリーズ物に比べると,面白さは今一つか。

DSCF8326

 安定の,...あれ?ジュワッチではない(笑

2017年3月 6日 (月曜日)

学会初日とプチ観光

 起床は5時頃。近くのコンビニで朝飯を調達。朝飯食いながら,さて,今日はどうしようかと。午前中は様々な学会賞のセレモニーが中心で出かけて行っても,あまり楽しそうでもない。昼までホテルでウダウダするのもどうかなぁと思いつつ,あ,少しだけ東京観光でもするかと思い付いて,東京スカイツリーまでの移動手段を検索。と,乗換駅が「浅草」と。そういや,浅草寺も行ったことないなぁと。スカイツリーは上に登っている余裕はないかも知れないし,雨が落ちてくるかも知れなく,雲も厚めなので浅草寺に行ってみることにした。

 9時少し前にホテルを出たら,まだ出勤多めの時間らしく,道を真っすぐ歩くのも気を遣う感じ。やっぱり,住むところじゃないよな。神田から銀座線で浅草まで。

IMG 4483

 凄い混雑の雷門に到着。辺りから聞こえてくるのは支那朝鮮の言葉ばかり。日本語が飛び込んでこない。

IMG 4485

 松下幸之助が寄進?

IMG 4486

 ここも真っすぐには歩けない。カオス!

IMG 4488

IMG 4490

IMG 4492

IMG 4493

 ここで御朱印を頂いた。

IMG 4494

 とにかく,写真撮影禁止だろうがなんだろうがお構いなしに写真撮りまくる某国人。情緒もへったくれもありゃしない。

IMG 4496

IMG 4500

IMG 4502

 ま,ここからでも十分に見える(笑

 さて,プチ観光を終えて学会会場の豊洲へ。

IMG 4505

 10時半頃に到着。傘買ってしまったけど,なんだか不要になりそうな予感。早めの昼を済ませて,午後は5時まで発表を聴く。研究テーマとかにいろいろと思うこともありつつ,..。木質バイオマスからの化学原料というのは,どうにもまだまだ違和感を感じる。

 その後は真っすぐにホテルに直帰。コンビニで軽く食材調達して健全に(笑。明日は呑み会入っているので。

2017年2月11日 (土曜日)

第40回上杉雪灯篭まつり

 日直で疲れ果てたというなでら女房を誘って7時頃から,徒歩で雪灯篭まつりに行ってみた。が,米沢はこの時間から雪が激しく降りだした。あっという間に傘をさす手が重く感じるほどの降り方。頻繁に傘の上の雪を落とさなければならないほど。往復の行き帰りは,ずっと「八甲田山」のテーマ曲が頭の中で流れていた。

DSCF7942 1

 こんな降り方

DSCF7943 nik

 まずは,雪灯篭まつりに合わせてライトアップしている旧米沢工業高等学校本館を眺めてみる。

DSCF7946 nik

 色のセンスが今一つに思えるのはなでら男だけだろうか?

DSCF7949

 う〜〜む,..(苦笑

 気を取り直して上杉神社に向かう。

DSCF7951 2

 次から次とカップルが記念写真を撮っていたハートマーク。ま,気持ちはわからんでもないけどね。

DSCF7952 1

 強風でロウソクが消えるらしく,スタッフが駆けずり回って点灯していた。

DSCF7956 nik

 もう,来たことを後悔したくなるほどの降り方。カメラを出すのも容易じゃない。

DSCF7954

 今年はなんとかいうお城が造られていた。

DSCF7959

DSCF7961

 降りしきる雪がノイズのように,..(苦笑。そうか,このライトに合わせての旧米沢工業高等学校本館のライトアップだったのか。色のセンスが,..。

DSCF7965 nik

 雪のせいでエッジが丸くなっている雪灯篭。小さな子供連れなどは大変そうだった。

DSCF7968 nik

 何か食おうかとも思ったけど,もう限界だ,帰る!

 ということであまり楽しめない雪灯篭まつりだった。人出はすごかったけどね。

2016年12月28日 (水曜日)

今日の運動と天気12/28/16【朝ラー2杯の後は再び白布温泉に浸かり,蕎麦をたぐりつつ日本酒を決める!の巻】

 起床は4時半。5時頃から,..

ーーー

 出かける前のローラー23分,10km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 93rpm で。

ーーー

 休みなのに,何故こんな早い時間にローラーを踏んでいるのか?それは,これから喜多方の「喜一」で朝ラーを決めるからだ。そのために腹を(さらに)減らしておく必要がある。喜一の営業は今日が今年最終日。で,友人に誘われて「二杯&汁完クラブ(仮)」の仮メンバー(まだ,入会した訳ではない)になったのである。このクラブの名称の由来はいずれわかる(笑。

DSCF7436 1

 6時少し前に友人の車が来る。雪が降っている。

 某所で車を乗り換え,3人で喜多方へ向かう。

IMG 3736

 道中国道 121 号線は,場所によって除雪されていたりされていなかったり,..。雪の量はそこそこ多い。

IMG 3739

 喜一到着は6時45分頃。それなのに,先客が二人もいた。喜一の朝ラー,恐るべし。

IMG 3740

 3分ほど前に入店。入店と同時にほぼ満席。喜一の朝ラー,恐るべし(笑。

IMG 3741

 最終日でございます。来年は3日から営業開始とのこと。

IMG 3743

 はい。注文の品が来ました。右が,Sio ラーメン,左が,熟成醤油ラーメンです。3人全員が2杯注文しました。もう,代わる代わる交互に頂きます。美味い,理屈抜きに美味い。熟成醤油と Sio の完成度の高さには唸るばかり。

IMG 3745

 そして,汁完でございます。クラブの名前の謂れは,ここにあります。なにしろ,2杯注文して,完食,汁完が掟という,実に厳しい規律に縛られております。お陰で,汗まみれです。背骨のところを汗が伝い落ちるのがわかります。会計の時に,店主がお客一人一人に,「今年もお世話になりました。よいお年をお迎え下さい」とご挨拶されていました。この人間性故の味かな?とも思いました。

DSCF7440 1 nik

 さて,途中道の駅に立ち寄ったりしてから帰宅。なんでも,来年の喜一の営業開始日にも「二杯&汁完クラブ(仮)」の例会が行われるとか。1/3は火曜日である。すなわち,山塩ラーメンと藻塩ラーメンダブルが必須か!?

 昼頃に,なでら女房とともに再び白布温泉に向かう。実は,昨日小さな忘れ物をしたことに気付いて,それを取りに中屋不動閣まで行くのである。そのついでに風呂にも入ろうという魂胆である。

DSCF7442

 昨夜からの雪で雪だるまもすっかり埋まっていた。

 女将さんに話をして,忘れ物を無事に受け取り,風呂に入りたい旨を言うと,泊まってくれた人はお金要りませんと。え〜,それではちょっと申し訳ないと言えば,構いませんとのこと。では,せめて泊まっている訳ではないなでら女房分だけでもと言えば,いえいえ,結構ですと。う〜む,扱いが良過ぎて尻の辺りがこそばゆい。ありがとうございます。お言葉に甘えます。これは再訪せねばならないか(笑。

IMG 3746

 貸し切り状態のオリンピック風呂

IMG 3747 nik

 三日連続のオリンピック風呂。昨日よりも湯温が低く,外の雪景色を楽しみつつじっくりゆっくりと湯に浸かることが出来た。

IMG 3749 nik2

 渓流の流れと雪帽子の岩,雪の付いた木々,左手の滝などを眺めつつ,ボケーッとした時間を過ごす。30分ほどして汗まみれで上がる。

IMG 3750

 風呂を出ると廊下の外にこんなお地蔵さんがあった。なにやら,斎藤清の版画に出てきそうなデザインである。

IMG 3751

 風呂上がりに眺める,木下春氏の絵。そういえば,火事で燃えた中屋本館にも打たせ湯があったような気がする。昔,2回ほど宿泊した。二度目の宿泊の後,数ヶ月して火事で全焼したのだった。タダで入浴させていただいたお礼に,実家のお袋の土産に,ナスもろ味噌を買うなど。全然足りないけどね。

 不動閣を出て,さてどうしようかと考えて,折角なので,少し上にある「かもしか」という酒屋に向かう。ここは裏雅山流の日本酒の品揃えがいい。正月用の酒を一本仕入れる。店は,地方発送の準備で忙しそうだった。店のご主人と今年の雪の少なさについて無駄話をするなど。下界に降ってきて,さて,1時に近いけど昼飯どうしようとなって,南原蕎麦会館にでも行ってみるかということになった。で,着いてみれば,4人ほどいた客の半分が知り合いで面食らった次第(苦笑。

 ざるそばを注文して席で待つこと数分。出てきたのは何やら「酒でも呑まんかい!」という(凶暴な)お通し的なものが乗ったお盆。仕方がないので,「おばさん,酒ある?」「東光でいいかい?」「いいよ〜」ということで,..

IMG 3753

 こんな具合になる。南蛮味噌を舐めつつ,漬物をつまみつつ,煮物に箸をつけつつ,窓の外のチラつく雪を眺めつつ,さらにときどき蕎麦を啜りながらコップ酒を楽しんだ一時。いい年の瀬である。

 で,会計して店を出て,車の助手席に乗り込んでから,「あれ?酒の値段いくらだった?」「・・・あれ?お金取られてないんじゃないの?」「え?サービス?」「まさか,伝票に書き忘れたんじゃないの?」という会話があった(笑。そういや,随分昔,ここに来て,店の棚に泡盛の古酒の瓶が置いてあって,「サービスなのでお好きにどうぞ!」と言われたことがあって,大喜びで泡盛でベロベロに酔っ払ったことがあったが,...。今度,確かめに行かねばならんな(笑。もし,伝票への記載ミスなら,その時に今日の分も支払おう。

 その後,スーパー井上(地元民に人気の,自家製総菜の多い店)によって晩飯時のつまみを買って帰る。

20161228nadera p2

 午後2時頃の斜平山

 午後からは,なにやら,なでら女房の年末大掃除モードに引き摺り込まれ,台所周辺の掃除に付合わされる。最初はいやいややっていたが,そのうち,なでら男の完璧主義に火が点いた。お陰で,大変だった。

 夜になってなでら次女が帰宅。一杯やりつつ,晴れてきた夜空を恨めしく眺めつつ就寝。そういや,年賀状がまだだ。

DSCF7450

 アカベェ!(意味なし:笑)

2016年12月 1日 (木曜日)

今日の運動と天気12/01/16

 起床は4時半ごろ。今日から師走か。今年もあと一月。まともなことは何もできなかったなぁとか思ったり。なんだか本質以外に労力と時間を割かれて,本当にやるべきことが疎かになってしまっているような,なんとも言えない閉塞感を感じる今日この頃。自分ではどうにも出来ないことも多いんだよなぁと思いつつ,朝のルーティンをこなす。なんだか,昨日の疲労感を引き摺っているようで,気分も体調も今一つ。

IMG 3343

IMG 3345

IMG 3417

 ウルトラマンポーズで膝の上で寝る此奴だけは天下泰平だ!でも,此奴はカメラを向けると直ぐに目覚めてしまう(笑

 外は雨。今日から明日にかけて北日本の日本海側は大荒れとか。

ーーー

 朝飯前のローラー51分,23km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 92rpm で。今朝も朝飯前にローラーを踏んでみる。朝飯後よりも疲労感みたいなものが大きいような感じだ。

ーーー

 午前中に雑誌会。凍結現象とデンドライトの関係は,意外に古くて新しいテーマなのかな?なにか,もっとスマートな実験方法がありそうなんだけどなぁ。引き続き文献を漁って,ヒントを見つけてくれ。なんだかんだとバタバタしていて,学会雑務が手付かず。まずいなぁ。

IMG 3421

 お昼は「山大前やまとや」で中華などを食す。席に座ってでかい声で携帯電話で話す70歳過ぎと思しき老人がいた。経た年月と人間の中身は無関係らしい。こういう己のことだけで,周囲に全く気を遣わない老人は多分長生きだろうな。残念な歳の取り方だ。で,気温もそこそこ高く,天気も穏やかだったので,食後は腹ごなしにちょっと散歩などを。

IMG 3424

 旧上杉伯爵邸。iPhone で撮影の後,Nik Collection のフィルターで HDR 処理。

IMG 3423

 雪囲いが見事だ。

IMG 3429

IMG 3427

 上杉鷹山公の像にも雪囲いが。なにやら,笠地蔵のような,..(笑

IMG 3430

 カモ,...。

 上杉神社を歩いていると,先ほどの残念な老人とまた出会うなど。

IMG 3432

 ブラブラ歩いていると,鷹山公の隠居所跡とやらに行き着く。実は,この存在を全く知らなかったり,..(苦笑

IMG 3433

IMG 3434

 しかし,35歳で隠居して,72歳までここで生活したと,..。名前の由来は霞を食って生きていたからとか(ウソ。

 午後からは明日の朝一の講義準備。そして,もう一件雑誌会。なんだか,眠くて,...。溶液系反応の複雑さにお手上げ状態。溶液系だし,さらに固相は析出するし,..。何かでザックリと切り分けて考える対象を単純化するということをしないことには太刀打ちできそうもない。しんどいなぁ。

 帰る頃になって,実験で使っている高圧無脈流ポンプの補修を試みるも,上手くいかず。どうやら分解メンテナンスが必要な様子。

2016年9月24日 (土曜日)

今日の運動と天気09/24/16【実家で墓参り&曼珠沙華漬けの一日】

 起床は5時半。昨夜の雨は止み,路面は若干ウェット。上空にはガスが立ち込め,空は見えない。玄関を出てみると,パパさんがいたのでちょいと構ってから随分と久しぶりにカメラぶら下げて田んぼ農道へ。

DSCF5903

 今朝の斜平山

DSCF5899

 なかなか微妙な親子(?)対面(笑

DSCF5901 1

 お久しぶりの米坂線下り始発坂町行き

DSCF5905 1

 霞みたなびく斜平山(笑。稲刈りももうすぐ。

DSCF5909 1

 クロスケ,びくびくの庭探検(笑

IMG 2825

 朝飯は今シーズン初の「はらこ飯」である。美味し!!

ーーー

 朝飯後にローラー55分,25km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 90rpm で。昨日よりも大分出力を上げることが出来た。ようやく,毒が抜けたのか?

ーーー

 9時過ぎに実家に向けてゴー。途中,七ケ宿ではシロに会う。

DSCF5916 1

 ごついけど,人懐っこい,紀州犬のオス。元気そうだ!(笑

 11時半前に実家に到着。お袋を乗せて,そのまま大河原へ。駅で長男坊主を拾う。そして,菓匠三全のアウトレット店へ。

IMG 2827

 まだ,あったか!

IMG 2828

 今日はイチゴ味を!やっぱり,不思議な食感だ!

 その後,船岡城趾に行く。なんでも,「曼珠沙華まつり」なるものがあるようだ。

DSCF5922 1

 こんな感じで至る所に「彼岸花」が咲いている。ただ,観音像付近はもう盛りが過ぎて,ちょっと下の方が今は真っ盛りの様子。でも,まだつぼみもあって,もうしばらく楽しめそうだ。ブラブラと歩きつつ,随分と写真を撮った。一部を出してみる。

DSCF5923 2

DSCF5924 2

 これは植えたのか?自然に増えたのか?調べると,球根で増えるらしい。となると,ゴソッと生えているところは増えた球根からのもので,一本だけとかいうのは植えたばかりのものか。日本産のものは三倍体なので種はできても発芽力がないとか。

DSCF5926 2

DSCF5928 1

 なんでも,(ベンチに座って彼岸花をバックにして)無料記念写真を撮ってくれるとか。でも,出来上がりが午後1時ではちょっとなぁ。

DSCF5930 1

DSCF5933 1

DSCF5938 1

DSCF5942 2

 とまぁ,こんな感じ。なんだか,彼岸花でお腹一杯に。

 その後,昼飯食おうと,いつものもちぶた館に移動。

IMG 2835

 ブタも元気だ!

 ここでの食事は美味いのだが,そこそこ量が多い。ましてや,お袋が一緒だと,必ず一人前の半分ほどで腹一杯になったと言い出して,その後片付けを任される。あ,今日は欠食長男がいるから,彼奴に任せればいいか。ということで任せた(笑。でも,腹一杯になって苦しい。今度からメニューを考えよう。

DSCF5944

 腹ごなしに,裏にいる動物を一眺めしてから,ちょっと買い物して実家に戻る。

 実家に戻って,次は墓参りに行く。

DSCF5951 2

 墓参り終了。あ,これは我が家の墓ではありません。

 実家に戻ってから,実家裏手の旧小学校跡地の斜面の彼岸花を眺めに行く。移動距離は 50m ほど(笑

DSCF5947 2

DSCF5950 1

DSCF5946 1

 もう,お腹一杯の彼岸花。一年分を眺めた気分。

 午後4時過ぎに実家を辞去。

DSCF5954 1

 白石工業高校近くの川べりの彼岸花。もう,どこもかしこも彼岸花。

 真っすぐに帰宅。彼岸花漬けの一日だった。

2016年9月 2日 (金曜日)

休みを取って庄内へ・グルッと山形巡り

 起床は4時半。朝のルーティンをこなす。今日もそれなりにいい天気のようだ。

DSCF5624 1

 おはようございます。

DSCF5627 1

 此奴も元気にパトロール。で,ちょいと一休み(笑

 今日は朝早くに出て,まずは加茂水族館へ。その後,koji さんに教えていただいた「緑のイスキア」に立ち寄って,さらに帰りは日本海側を走り,村上辺りで岩牡蠣でも食べて,魚の干物でも買おうというもの。もっとも,上のリンクを覗けばわかるように,イスキアは臨時休業だった訳だが,..。なでら女房に定休日だけを検索してもらったのだが,もっとちゃんと調べるべきだった。まあ,そのお陰で「アルケッチャーノ」などという店に入れた訳なのだが,..。

 6時半頃に次女の運転でスタート。

DSCF5632 1

 高速を使って,9時過ぎには加茂水族館に到着。運転しないと暇である。

DSCF5633

 また来てしまった。次女サービスである。

DSCF5638

 水ダコの卵と,それを守る母ダコ。孵化するまで半年ほどかかって,それを見届けると母ダコは死ぬとか。

DSCF5645 1

DSCF5647 1

DSCF5650 1

DSCF5653 1

DSCF5660 1

DSCF5666 1

DSCF5671 1

DSCF5674 1

DSCF5676

DSCF5677

 前回に比べて,クラゲ撮影のモチベーションが今ひとつ。シャッタースピードを短くするために ISO6400 にして撮影したが,被写界深度は浅く,やはり難しい。

 10時からはアシカショー。平日であり,夏休みも終わっているので,集団で来た小学校低学年の団体以外は,平均年齢高目のグループが多い。要するに,毎日が日曜日の爺婆とか(笑。

DSCF5679

DSCF5682

 このお姉さんだけがアシカを操れるのかな?

DSCF5685

 この方,ご褒美のアジとか投げ輪のスローイングも素晴らしく正確(笑

DSCF5691

 フリスビーを投げて,投げ返してもらったおじさんは,アシカにキスされて喜んでいた(笑。このおじさんとは,アルケッチャーノで再会する(笑。

 さて,それでは昼飯にしようかと「緑のイスキヤ」へ。上の通りに臨時休業だった。

IMG 2525

IMG 2523

 泣ける。

 やけくそで,電話して「アルケッチャーノ」へ。

IMG 2526

IMG 2527

IMG 2532

IMG 2533

 ランチはコースのみで一人 3800 円と高価。まあ,そう頻繁に来るわけでもないので,話の種に,..。幸い,平日でもあり,席は空いており,予約なしでも座ることができた。普通は予約なしでは食べることはできない。評判の有名店でもあり,かなり期待したのだが,..確かに一般的には美味しいのだが,..テンテンテン。あくまで個人的な感想なのだが,コストパフォーマンスから言えば,カッペリーニや喜右エ門さんが遥かに上だと感じた。ランチに1時間半はちょっと掛かりすぎ。間延びしてしまって,最後は飽きてくる。今度行ったら,イスキアかラーメン(琴平荘の流れの店が2店ほどあるらしい)だな。

 ここからは7号線を走って村上方面へ。

IMG 2535

 ここは道の駅・あつみかな。眠気覚ましに,ちょっと立ち寄った。この辺りはなでら男の運転。

 村上市に入って,寝屋漁港に立ち寄り(確か,新潟だったよな?),岩牡蠣などを食してみる。

IMG 2539

テラスのようなところで午前中の仕事を終えた漁師と思しきおじさんがぼんやりとビールを飲んでいた。なんだが,時間の流れるスピードが違うような気がする。これまでの人間関係とか世間のしがらみを全て断ち切って,ひっそりと余生を過ごすなんてのもいいかも知れないと思ったり。

IMG 2540

 頂きました。大変美味しゅうございました。

 次に笹川流れの遊覧船乗り場に行く。遊覧船目的ではなくて,..

IMG 2541

 ここ!干物を買いたい。

IMG 2542

 ここでアジやらヤツガシラなどの干物を購入。さらに,ビールなども購入して,..

IMG 2544

IMG 2546

 旨し!!

 関川村を経由して道の駅・関川へ。

IMG 2550

 ここでビールを追加して,足湯に入る。

IMG 2551

 猫チグラの製作が行われている。なかなか見事な手つき。

 帰る途中で,ちょっと思いついて米坂線の伊佐領駅に立ち寄る。

IMG 2559

 渋い!!

IMG 2560

 駅舎を出て目に飛び込んでくるのは,この景色。所謂,駅前通り(笑。子供二人が遊んでいて,おばあさんが植木に水掛していた。

IMG 2561

 ホームから米沢方面を見る。

IMG 2562

 坂町方面

 いや〜,本当に何もない。さて,帰ろうとスタートしたら,..

IMG 2563

 ヤギだ!で,これは車庫という名前の建屋ではないのか?伊佐領,恐るべし!

 7時頃にヘロヘロで帰宅。