2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

カテゴリー「携帯・デジカメ」の記事

2016年10月 9日 (日曜日)

今日の運動と天気10/09/16

 起床は5時半。外は小雨。喜一の朝ラーということも考えたが,なんだか少し面倒になって止めた。朝飯は昨日実家からもらった「つや姫」の新米。たしかに美味い。モチッとした歯応えと甘味がなかなかいい。

ーーー

 午前中にローラー65分,30km。勾配負荷3%,ケイデンス 90rpm 前後。

ーーー

 先日ポチっておいたものが届く。FB フレンドのロッコールのオールドレンズを使った素晴らしい星野写真を拝見して,手持ちのミノルタの銀塩カメラに付いているオールドロッコール(55mm, F2 で,多分,作られたのは 50 年以上前)を使ってみたいと思って,X-T1 にミノルタのレンズをマウントするためのアダプターを注文していた。

IMG 2938

 早速取付けてみた。試し撮りの感じでは,悪くなさそうだ。結構楽しみ。晴れないかなぁ。それにしても,この時代のレンズはかなり重い。ガラスが違うのかな?

 それから,高畠ワイナリーで収穫祭をやっているので出かけてみたが,..あまりの混雑振りに嫌気が差してUターン。昼に近かったので,ちょっといつものラーメン屋ではない,以前から少しだけ気になっている店に入ってみた。

IMG 2939

 こんな店,R13 号沿いにある。

IMG 2940

 与作ラーメン。どこかで食べたことのある味だなぁと考えていたが,どうも,喜多方のまこと食堂で食べたラーメンの味に似ているようだ。あっさりしていて嫌いな味ではない。それなりに美味いけど,是非もう一度来たいというレベルでもない。好みの分かれる味かも知れない。

 さて,帰ろうと思ったけど,やはり,どうにも癪に障るので,ワインを一杯だけ飲もうともう一度ワイナリーに向かい,少し離れた場所の臨時駐車場に車を停めて,ブラブラと散歩して会場へ。

DSCF6150

 途中で,こんなの撮ってみる(笑

IMG 2942

 駅からゾロゾロとあるく人の群れ。既に萎えるものを感じている,なでら男となでら女房。

IMG 2944

 凄まじい混雑振り。ツラツラ思うに,キャパシティ以上に人を集めてはいけないのではないか?(苦笑

IMG 2945

 ワイングラスを買うための行列。列を離れて今すぐに帰りたい気持ちとの葛藤状態。

IMG 2946

 さて,帰りましょう!!

 今日は夕方5時から10時まで職場に詰めているという,しょうもない仕事を仰せ付かっている。本当に,バカバカシイ限りだ。

 夕方5時前に職場着。事務方に連絡すると,これまた腰の辺りから脱力しそうな業務内容の連絡。はぁ〜,とことん萎えるぜ。

IMG 2951

IMG 2952

 しょうもない業務の合間に,ピンクにライトアップされた旧校舎を撮影。この色合いって,どうかと思うが,..。

2016年3月 5日 (土曜日)

マクロ撮影

 以前から撮ってみたいが,機材の関係で手を出せなかった分野。それが「マクロ撮影」。で,先だって,入手したカメラレンズを逆さまに取り付けるためのリング(リバースリング)を使ってみた。

IMG 0985

 これで 1200 円ほど。マクロレンズ買うよりも大分安い(笑)。

 で,以前の D3200 のキットレンズを使って撮影してみた。なにしろ,光が必要なので明るい昼間でのテストになった。

DSC4007

 MacBook Pro の表面。アルミのつや消し仕上げ。

DSC4010

 コブシの花芽。なにしろ被写界深度(ピントの合う奥行きの距離)が極端に短い。 2 mm あるかどうか。ピント合わせが辛い。

DSC4016 2

 今日は啓蟄なので,虫ではないのだが,蜘蛛がはい出してきたので撮影してみた。ピント合わせが大変だ。動きの速いものはまず無理だな。

DSC4016

 上の写真をトリミングしてみた。蜘蛛の足に生えた毛まで写っている。被写体を選べば,それなりに楽しめそうだ。

DSC4017 2

 さらに追いかける(笑)。

DSC4017

 前の方の脚から複眼にかけてピントが合ったかも。

2016年3月 3日 (木曜日)

今日は休暇

 目覚めたのは午前3時過ぎ。いや〜,毎度のことながら,年々酒が弱くなってきているような,..。でも,早めに潰れて寝てしまうことで,二日酔いなし(笑)。部屋に戻って,自分の布団で寝直して6時過ぎに起床。早速風呂へ。

IMG 1048

 いや〜,朝風呂,最高!!小一時間ほど汗を流して,..

IMG 1051

 朝飯を食う。その後は,今日は休みということもあって,朝から一杯。いい感じで職場に戻って帰宅。

 ちょうど午前中だけ仕事の女房に帰宅時に拾ってもらって,街中まで行って,「通常の使用ではこうならない」と保証修理を拒否された X-T1 を引き取る。店員に「FUJI はアフターサービスが悪いから,もう買わないと客が言っていたと伝えてくれ」と言うと「こちらではそういうことは伝えられない」とか。ユーザーの声をメーカーに届けられない販売店ではダメだろう。:-D ま,どうでもいいけど。役立たずの5年間保証書を破いて捨てる。

IMG 1061

 やはり,これは設計が悪いと思うんだよなぁ。比較的力の掛かる三脚台座部分を1.5mm ほどの小ネジ4本で固定って,...。しかも,内部構造故かと思うけど,固定場所がなぜか光軸からずれているし。で,この三脚台座をどうにかしないといけないのだが,小さなネジがなかったし,さらにまだまだ「通常ではない使い方」をするので,小ネジで止めてもまた似たような状態になるかも知れない。:-D

IMG 1063

 なので,ネットで探して,こんな感じのブラケットを取り付けてみた。これで,三脚にも付くし,光軸と取り付け位置が揃ったし,アルカスイス規格の台座にも付く。ISO感度調整ダイヤルは,まあ,不便だけどしょうがないな。それにしても,オーロラ写真家の田中雅美氏,ネイチャー写真家の相原正明氏もハードに使っているこの機種を,ご両人を凌ぐほどに「通常ではないほどにハードに使えた」ということを自慢の種にしよう(笑)。

 ちなみに,Nikon の三脚取り付け部分は,..

 IMG 1064

 こんな感じ。いくらハードに使っても壊れようがない(と思う)。「通常ではない使用」までしっかりと想定内なのだろう。さすが,世界のナイコン!

DSCF1753 1

DSCF1760 1

 久しぶりの X-T1 の画像。やっぱり,それなりにいい画だ。メカ部分が今一つなのが残念だ。

2015年6月30日 (火曜日)

重さと運動と天気06/30/15

 起床は5時過ぎ。なんだか,起きられないなぁ。外は曇り。朝一のお仕事は老犬介護。でも,最近は脚に出来た褥瘡もふさがったし,食欲も出てきたようで,少し元気になりつつある。これはもしや15歳まで生きるかな?ラブラドール・レトリバーの人間換算の年齢はいろいろな説はあるが,こんなものもあるようだ(根拠はよくわからないが)。いろいろ見てみると,おおよそ人間的には80歳は超えているようだ。そりゃ,歩けなくなったり,半分寝たきりみたいにもなるよな(苦笑)。

 朝の体重は 74.3kg と毎日1キロくらい行ったり来たりだ。なんだか,写真を撮りに行く気にもならなくて,朝一講義の予習をして過ごす。それと,青森遠征のブログ執筆。このバカブログの217人のファンの皆様のために(笑)。

IMG 0285

 AF 性能を飛躍的に向上させるファームウェアのアップデートが行われたので,早速バージョンを上げた。米坂線でチェックしてみよう(笑)。

ーーーー

 朝飯後にローラー36分,16km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 93rpm で。なんだか,今日も辛い。

ーーーー

 朝一講義で物質移動係数を使った物質移動現象の解析例の説明と先週のクイズの解答例,さらに境膜の話などを。昼まで学会仕事。また何やら面倒なことが持ち上がっているみたい。

 午後からは学会仕事と輪講。今日は5時半から呑み会なので定時に退社。

 10時少し前に帰宅。健全である。健全に帰宅できたので,カメラ抱えて酔い醒ましの散歩に出る。

DSCF7782 1

 おぼろ月夜

2015年1月24日 (土曜日)

デジカメのセンサーの汚れ(?),その顛末

 先日,ラブジョイ彗星を撮影した際に,画像に写り込んだ不愉快な影。折角,ピントもきちんと合わせられて,追尾も良好だったのに,この影のお陰で画像台無し(泣)。

Dust

 センサー面も確認せずに,てっきりセンサー面に「汚れ」が付いたのだと判断。何故,センサー面を覗きもしなかったかといえば,...レンズ外してミラー跳ね上がるには,なんか手順が必要なんだろうと勝手に思い込んで,面倒がっていたせいである(笑)。

 で,センサー面の確認もせずに,Amazon で「デルキンセンサークリーニングセット」なるものを注文して,それが昨日届いた。

IMG 8908

 なにやら,物々しい箱に入った,マニュアルが英語だけと言う素晴らしい品だった。なにしろ,デジカメの心臓部とも言えるセンサーにアクセスするので,些か緊張しつつマニュアルを「適当に」読む。なにやら薬液を付けた幅広綿棒みたいなものでセンサーを一方向にサッと拭くらしい。その際のセンサー面に対する綿棒の角度みたいなものも指定してある(みたいだ)。往復させてはいけないらしい。などと,極めて大ざっぱな理解の下で,レンズを外して,さてミラーアップはどうするのかな?と思いつつ,スイッチを入れてシャッターを押してみれば,...あれ?跳ね上がった。なんだ,こんな単純なことだったのか〜〜・・とセンサー面を見てみれば,...。

 ゲゲゲ,...繊維屑が3ヶ所ほどにへばりついている。そして,その形状が,...画像に写り込んだ影と一緒。○| ̄|_

 そして,ブローしてみれば,簡単に取れた,...。なんてこったい,クリーニングキット,5千円もしたのに,...。○| ̄|_

DSCF3529

 奇麗になった様子。今度晴れたら,また撮影してみよう。教訓:思い込みはいくない!!(笑)

 

2014年12月19日 (金曜日)

【写真】豪雪地帯の夜景(?)

 昨夜,帰宅して夕食食べてから少し近所をぶらついた。X-T1 のファームウェアのアップデートも無事に済んだので,クラシッククロームのフィルムシミュレーションとかを使ってみたいと思ったのだった。

IMG 8470

 米坂線の最終列車を撮るのが目的だったが,残念ながら,撮影失敗で手ブレ&ピンボケという始末。で,撮ってきた画像を眺めていたら,やはり白黒の方が雰囲気が出るように思う。

DSCF2484

DSCF2485 2

DSCF2489

DSCF2490

 最終列車のランタンルージュだけ狙ってみたが,...なんだかなぁ(笑

DSCF2491

DSCF2492

DSCF2493

DSCF2494

2014年11月14日 (金曜日)

重さと運動と天気11/14/14

 起床は6時。めちゃくちゃ,寝過ごした。4時半頃に「さ〜〜て!」と布団の中で背伸びした次の瞬間に落ちたらしい。外は今日も雨。朝の体重は 72.5kg と昨夜のご乱行の為せる業(笑)。憂さ晴らしに呑んだからなぁ。ワン公の世話をした後,山の様子を見に線路向こうに出かけてみた。

DSCF1401

 なんだか,見事に縦方向に二色に分かれているじゃないか(笑)。

DSCF1416

 兜山も初冠雪。次はいよいよ斜平山だなぁ。

DSCF1417

 今日は米坂線下り二番列車である。寝過ごしたのと,始発列車は暗くて撮り辛いので(苦笑)。

DSCF1425

 虹に向って走るなんざ,なかなか乙ではないか。

DSCF1432

 グルッと虹のアーチが架かったが,生憎画角が足らんかった。

ーーーーーー

 出勤前に血を巡らすためのローラー11分,5km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 95rpm で。遅く起きたのと朝一講義のために時間もなくて,..。

ーーーーーー

 朝一での講義。昨週の積み残しのノートだけで足りてしまった。フガシティーとフガシティー係数などを説明する。わかってくれたかどうかは全くわからないのではあるけど,...。

 昼に歯医者へ。金属の詰め物をして終了。来週は,歯のクリーニングだ。

FUJIFILM X-T1:

 文字通り「身を切って」買ったカメラ(爆:大笑)。最近,ガッツリと嵌り込んでいる。これほど面白いと思うデジカメは初めてかも知れない。なんて言うんだろうか,撮っていてとても楽しいし,手で持ってもていじっているだけでもとても楽しい。とにかく,絵が素晴らしい。最近の日記の写真は,ほとんどすべてがこれで撮ったもの(スカイツリーからの奴は Nikon のが大分入っているけど)。それにしても,毎年,「身を切って」カメラを買っている感じだ。来年は買わないで済ませたい(笑)。

IMG 8134

2014年5月30日 (金曜日)

【天体写真】真夏のように暑い一日,癒しは深夜の天の川か,..

 昨日は暑かった。気温と湿度が高いと晴れていても夜空の透明度はあまり高くないことも多い。撮影したいのは天の川なので,天の川が立ち昇る時刻までは待機である。こんな暑い夜をビールも呑まずに過ごすのは,拷問に近い(違)。そんな訳で,ちょっとウトウトしたりして食後の時間を過ごして10時半頃に機材を積んで家を出た。当初,スカイバレーでも登ってみるかと思ったが,片道40分も掛けるのが億劫で,いつもの口田沢方面に向った。

 ところで,あまり自転車遊べなくなったので,その代償として取り組んでいる遊びが天体写真であり,「天の川絵巻プロジェクト」だが,機材に重大な欠陥があることが明らかになった(なんちゅう,大袈裟な)。

IMG_6420.jpg

 こんなものを組み上げたのだが,..。まず,決定的に強度不足。ちょっとカメラに触れようものなら,ユラユラと振動する始末。さらに,致命的なことは,..

IMG_6423.jpg

 天の川は比較的幅広く,その周辺の星座なども写し込みたいので,カメラは横構図で南天の天の川から少しずつ角度を変えて撮影していきたい。なので,こういう取り付け方になるのだが,肝心のインターバルタイマー(自動的にシャッターを切ってくれる便利グッズ)のジャックの差し込み口が,取り付け金具に隠れてしまっている。これは困った。なにかこの状態を回避する方法を考えるか,あるいは別のサイズのカメラ取り付けのためのL型金具を調達しなければならん。これも安くはないんだよなぁ,トホホ。

 本当は,このテストも兼ねての撮影だったが,仕方ないので,今日は「赤い星雲」を狙うことにする。そもそも,D3200(上に写っているカメラ)のフィルタの換装という改造作業を大枚はたいて依頼したのは,Hα領域の赤い星雲を奇麗に写すためだったのだから。赤い星雲といえば,冬はオリオン座,夏はさそり座からはくちょう座までの天の川である。

 車を走らせながら,佐藤畜産の牧場を横切る山の上の道路はどうだろうか?と考えて出向いてみたら,空の暗さは申し分ないものの,地滑りが起こったとかでバリケードががっちり設置されていた。残念。自宅周辺の星空に比べて,星の数が10倍ほどになったのではないかと思うほど。早く,工事が終わってくれないかね(笑)。

 そんな訳で,以前に陣取ったことのある,R121 と平行に川沿いを走る農道の脇に居場所を決めた。結果から言えば,夜中の2時過ぎまで車は一台も通らず,見える範囲の外灯は遥か遠くの一基だけという素晴らしい環境。ただ,残念なことに東と東北の方角は米沢の街明かりで大分明るく,これがなければパーフェクトな場所だと思われる。

 周囲は田植えを終えたばかりの田んぼで,カエルが耳栓をしたくなるほどの音量で大合唱。道路に直行する地道の農道の入り口にスカイメモを設置した。極軸合わせもいつもに比べれば,北極星以外の基準星もハッキリと見えて,えらく楽に終了。そして,視野内の北極星は4時間経過しても基準になる視野内の場所をビクとも動かなかった。

 さて,本日の撮影対象は,...

IMG_6424.jpg

 まずは,はくちょう座の「北アメリカ星雲」と「ペリカン星雲」(上の黄色の円内),そして「網状星雲」。

IMG_6425.jpg

 先日も撮影した,いて座の「干潟星雲」と「三裂星雲」。

IMG_6426.jpg

 さそり座の尻尾の上にある,「彼岸花星雲」と「出目金星雲」辺り。これらはその場で決めたので,理由は特にない。頭に浮かんだものを追っかけた結果。

north_america.jpg

 北アメリカ星雲とペリカン星雲:もう少し露光時間が長い方がよかった。ペリカンがもう一つハッキリしない。D3200改,200mm, F5.3, ISO3200, 4min x 4枚コンポジット

veil.jpg

 はくちょう座の網状星雲。超新星爆発の残骸とか。D3200改,200mm, F5.3, ISO3200, 4min x 4枚コンポジット

higata_sanretu.jpg

 干潟星雲と三裂星雲。前回よりは少し奇麗に撮れた。D3200改,300mm, F5.6, ISO3200, 4min x 4枚コンポジット

DSC_5664.jpg

 彼岸花星雲(上)と出目金星雲(下)。これは巧く写らなかった。D3200改,200mm, F5.3, ISO3200, 5min x 4枚コンポジット

 こういうのを撮影している間は基本的に暇なので,...

DSC_5806.jpg

 撮影風景を撮影したり,..(D600, 24mm, F3.5, ISO1600, 30sec)

DSC_5816.jpg

 田んぼの水面に映るさそり座を写したり,...(D600, 24mm, F3.5, ISO1600, 43sec)

 赤い星雲もちょっと飽きた頃になって,夜空はますます透明度が上がり,天の川は南の山からほぼ垂直に立ち上がる。

DSC_5694.jpg

 もちろん,カメラを少し斜めにしているんだが(笑)。D3200改,24mm, F3.5, ISO1600, 2min x2枚をコンポジット

DSC_5652.jpg

さそり座からいて座など,D3200改,18mm, F3.5, ISO1600, 2min x4枚をコンポジット

DSC_5689.jpg

 いて座の銀河,D3200改,24mm, F3.5, ISO1600, 150sec x2枚コンポジット

DSC_5691.jpg

はくちょう座周辺と夏の大三角,D3200改,24mm, F3.5, ISO1600, 130sec x2枚をコンポジット

DSC_5696.jpg

 沈むさそり座。これは,もっと時間を短くして,一枚撮りにして山の様子をハッキリさせればよかった。さそり座がいなくなると,東からこっそりとオリオン座が姿を現す(笑)。D3200改,24mm, F3.5, ISO1600, 100sec x2枚をコンポジット

 そんなこんなで楽しい時間を過ごしたのだった。帰宅は2時半過ぎで,寝たのは4時少し前だった。

2014年2月24日 (月曜日)

【天体写真】D3200改のテスト

 昨夜の9時過ぎに外を眺めると星が出ていた。まだ,体調は万全じゃないし,空も雲が多いようだけど,矢も盾もたまらずに機材を車に積んで,近場に出かけた。

 この時季はお目当てのオリオン座は午後9時では既に西に傾いている。あまり時間がないのに,西の空から次から次に雲が湧き出してくる。肉眼で,雲が切れたかと思って画像を観れば,うっすらと雲が掛かっている。雲が掛かれば光の散乱で空が明るくなり,いくらフィルタを換装したカメラでも淡い分子雲など写らないだろうなと思いつつ,何枚か撮影。当初,ISO1600 で3分露光したら,まるで青空を撮影したような画像になった。もっと,暗い空のところにいかなあかん。仕方なく,1分露光に変更。これじゃなぁ,..。

DSC_2939.jpg

 撮影風景。条件は悪い,..環境もあまりよくない。

DSC_5235.jpg

 それでも,ISO1600, 60sec でカリフォルニア星雲が写った。

DSC_5239.jpg

 そして,バーナードループ,馬頭星雲,バラ星雲が ISO1600, 60sec で写った。もっとも,現像時に多少はいじったのだが,..。

DSC_5240.jpg

 試しに,ISO400 まで落として3分露光すると,この様,..。話にならん。

2014年2月 8日 (土曜日)

改造カメラのテスト

 昨日,昼に帰宅した際に,ちょっとテストをしてみた。

 外の雪景色を撮影してみる。

DSC_2654.jpg

 D600 での画像。綺麗な(?)雪景色である。これを D3200改で撮影すると,...

DSC_5204.jpg

 こうなる。太陽光に含まれる Hα領域の波長の光は,確実に CCD に届いている(笑)。

 早いところ,オリオン座を撮影してみたい。