2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月の30件の記事

2021年6月30日 (水曜日)

今日で今年も半分お終い!

 覚醒したのは1時ごろだったか。外を見れば,雲間から月が出ている。

20210630moon3

20210630moon2

 なかなかいい感じだ!月齢 19.2 の月

 で,ツールの最終局面を観戦。うぉ〜〜・・すげ〜〜!と叫んでしまった。まさかのカベンディッシュ!ツール区間勝利は現役最多の30勝。もうすっかり,過去の人,生ける伝説のようになってしまっていたが,今年から古巣のドゥクーニンクに移籍し,ツアー・オブ・ターキーで4勝とその復活ぶりをアピール。やはり,このチームは何か違うのか?

 そんな興奮に包まれて二度寝。次に目覚めたのは午前5時少し前。布団の上で腰周りのストレッチを入念に行う。外を見れば,あれ?雨が降っている。いつものように朝の業務をこなして,コーヒーを啜りつつ朝の番組を眺める。酒酔い運転のジジイが小学生の列に突っ込む悲惨な事件も,..。途中,小学生らしい無邪気さで友達と道草食って,ここを通るのが遅くなっていたらとか考えちゃうよなぁ。親御さんたちの悲しみは如何ばかりかと拝察する。無限大の可能性が一人の不心得者によって摘み取られた。犯人は100回死んでも償いきれないだろう。

 

続きを読む "今日で今年も半分お終い!" »

2021年6月29日 (火曜日)

今日は昼過ぎまで雨,夕方も雨

 起床は5時少し前。外はまだ降ってはいないが,今日は午後まで雨の予報。いつものように,腰周りのストレッチを入念にしてから行動開始。カーテンを開けて,ネコのトイレ掃除をして,ネコに餌と水をやって,外のクロパパの様子を診て,ちょっとエサを上げて,洗濯物を取り込み,最後にコーヒーを淹れる。コーヒーが入るまでにトイレを済ます。時々,トイレ本に嵌まり込んで,長居することもある(笑。

 テレビを点けて,天気予報を眺めつつ,コーヒーを啜り,メールやら FaceBook のチェック。そんなことをしているうちに早番のなでら女房も行動開始。6時半ごろに食事を摂る。7時前になでら女房が出勤。

 今日は実家のお袋が2回目のワクチン接種。一回目も微熱やらなにやらだったので(副反応が出るということは,もしかして,肉体年齢が若いのか?),今日は休みを取って実家まで行こうかどうしようかと迷っていたが,結局なんやかんやとやることもあるので,スルーしてしまった。明日は,妹が顔出してみるとか。すまんな。

 

続きを読む "今日は昼過ぎまで雨,夕方も雨" »

2021年6月28日 (月曜日)

今日までは晴れるようだ

 起床は5時前。昨夜は12時過ぎに寝落ちから覚醒してツールの第2ステージの最後の 20km ほどを観た。この時期にはいつもフランスに渡ってツールを撮影している砂田さんが解説にいる。妙な違和感があって新鮮。しかも,コメントが深い。レースの方は,ファンデルプールが圧巻の展開を見せた。マイヨジョーヌのアラフィリップから総合 18 秒遅れ。コースは,最後周回に入り,ブルターニュの壁を二回登り,2回目の天辺がゴール。1回目にボーナスポイントが付き,1位通過には8秒が与えられる(総合タイムから8秒を引く)。ファンデルポールは,12%くらいの勾配を 40km/h 近くまで加速してボーナスポイントを獲得。そしていよいよ最後の登りで残り800m ほどからまたしても,爆発的なアタックを見せる。もう,誰もついて行けない。2位のポガチャルに秒差を付けて区間優勝。天国の祖父,レイモン・プリドールに勝利を捧げた。そして祖父が一度も袖を通すことのなかったマイヨジョーヌ獲得(でも,総合表彰台には8回登っている)。いやはや,途轍もない。すっかり興奮してしまった。

 で,2時ごろに再度寝たら,5時前に目が覚めた。腰周りのストレッチを入念にしてから行動開始。

 猫のトイレ掃除に始まり,昨日の大量の洗濯物の取り込み,登山靴の防水スプレー掛けなどを。今週末も軽い山歩きをしたいけど,天気が今一つのようだな。外のクロパパの傷をチェック。もうすっかり固まったようだ。

IMG 7178

 昨日,山から頂いてきたタケノコの汁。美味し!!来年は,ちょっと本格的に採ってみるかな,タケノコを!

 

続きを読む "今日までは晴れるようだ" »

2021年6月27日 (日曜日)

ニッコウキスゲを見に雄国沼へ

 起床は5時少し前。今日はなでら女房の提案で雄国沼にニッコウキスゲを見に行く。雄子沢(おしざわ)からのルートが一番楽だが,先日歩いたし,よほど早い時間でないと桧原湖湖畔の駐車スペースを確保することもできない(らしい。登山途中ですれ違った方の情報では前日の夜から一杯だとか。マジか?)。なので,ラビスパ裏磐梯に車を停めて,雄国山経由のピストンということにした。距離は 15 キロ近くなるが,勾配もそれほどでもないようだし,なんとかなるだろう。

 現地までは,白布峠経由が近いか,あるいは喜多方経由が近いかと考えて,喜多方経由をチョイス。あのコースなら,それほど急がなくても大丈夫だろうと7時少し前に食材仕入れてからスタート。が,ニッコウキスゲのピークを迎えるこの時季の土日の状況をやや甘く見ていたようだ。

 

続きを読む "ニッコウキスゲを見に雄国沼へ" »

2021年6月26日 (土曜日)

天気予報は大外れだけど,ツール開幕!

 起床は5時少し前。外を見たら青空が見えている。予報では雨が降っているはずだったが,..。梅雨特有の「フルフル詐欺」?

20210626nisiaduma

 水蒸気で霞むのか,なんか良い感じの西吾妻山

20210626nadera p

 こちらも霞んだ景色の斜平山

20210626tatiaoi

 タチアオイ(だっけ?)とビオトープ(笑

20210626blueberry

 我が家のブルーベリー

ーーー

 朝飯後にローラー35分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。ジロの第14ステージのゾンコランの登り。まさかまさかのエオロコメタの若手が逃げ切った。コンタドールとバッソは大喜びだろう。さて,今日からツール開幕。

ーーー

 午前中に荷物の配達を頼んだので,ローラーも早く切り上げて待つ。いつも,昼前なので今日もそうだろうと思っていたら,10時前に届いた。

IMG 7163

IMG 7162

 登山で愛用している OLYMPUS TG-5 のフィッシュアイコンバータである。

Fisyeye

 さて,風景とかはどんなものだろう?

 それにしても,予報では雨なのに腫れているではないか。昼はラーメンでもということでなでら女房と出かける。米澤らぁけんに行ってみると,なんと「臨時休業」である。仕方ないので,「麺や 貴伝」へ。

IMG 7164

 肉中華を頂く。美味し!ご馳走様でした。

IMG 7165

 次に向かったのは,何故か山形市のモンベル。こちらも晴れている。しかも,真夏日に近い気温。買ったのは,サハラハット。手持ちの帽子があるのだが,つばが小さく日除け効果が低い。なので,サハラハットにしてみようかと。日除けもついているので,真夏の登山には良いかも知れない。

 その後,まっすぐに帰るのもなんだかなぁと,楢下の蒟蒻番所へ。随分と久しぶりだ。

IMG 7167

 そこそこ人が入っているが,昔の土日なら,こんなものではなかったはず。

IMG 7170

 下のカフェのようなところで,こんなものを食してしまった(笑

 蒟蒻のつまみを買ってから帰る。さて,晩飯は,..。そうだ「弁慶」に行こうということになって,なでら女房と弁慶へ。軽く呑んで食って帰宅。そのまま沈没。

 で,いよいよツール開幕。初日から丘ごえのステージ。勝ったのは,世界チャンピオンのアラフィリップ。アルカンシェルを着て初日勝ってマイヨジョーヌを身に付けるのはベルナール・イノー以来とか。今年もどんなドラマが待っているのか,興味は尽きない。

2021年6月25日 (金曜日)

週末くらい晴れて欲しいもので,..

 起床は5時少し前。ああ,そうか。今日は満月とは言うけど,本当の満月は午前3時ごろだったのか。ま,見えてなかったしね。でも,満月の定義って,詳しくは知らなかったなぁ(苦笑。

 外はドン曇りというか,上空にガスが掛かっている感じ。クロパパの頰はまた少し良くなった感じ。少し調子が良くなったらエサを食い過ぎて吐いてしまう辺りがやはり猫というかなんというか(苦笑。

 ちょっと FaceBook を眺めたら,2年前の今日の投稿に「35日振に帰宅したチビ」というのがあった。そうか。2年前の今日捕獲したんだった(笑。

20210625chibi

 今では,こんなにクッソ偉そうな態度で人の膝の上に乗っている(苦笑

20210625chobi chibi

 チョビはマイペースだ(笑

IMG 7144

 もうず〜〜〜ッと雨か曇りマーク。平日はいくら降ってもいいから週末は晴れろ!(笑

ーーー

 朝飯後にローラー56分,24km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。なんだか,脚が重い感じでケイデンス上がらず。モンテ・ゾン子ランのステージで残り10キロまで。最後の3キロの1キロ毎の平均勾配が 11%, 12%, 14% で最大勾配が 23%, 25%, 27% とかいう話。逃げグループからトラトニックとフォルティネオが先行する。さて,いよいよ明日からツール開幕。

ーーー

IMG 7145

 上空のガスを通してみる太陽

IMG 7146

 そして何故か,小数点のついたレベルが!(大笑

 午前中は反応工学の輪講。反応器の設計方程式に関する部分なんだが,今一つクリアではない。式の物理的な意味とかがハッキリしない。多分,こういうことだよなと式を展開してみたけど,何故か同じ形にならない,..。仕方ないので,来週までの宿題にしてもらう。

 昼は自宅飯。昨日と同じ,ラーメンサラダというのとオニギリ。量,味ともにちょうどいい感じ。

IMG 7150

 お昼頃の積乱雲。思い切りディテール強調(笑

IMG 7151

 夏色の斜平山

IMG 7153

 西吾妻山の積乱雲。

 午後からは来週の講義の準備と来週の輪講の準備。なかなか教育熱心じゃないか(爆:違。さらに,午前中の輪講でなんだかワケワカ状態になっていた式の展開を厳密にやってみたら,ようやくできた。いや〜,小一時間ほど掛かってしまった。これはきちんとしたファイルで残しておいた方が良いかな?

 ゴロゴロと雷鳴は聞こえてたけど,職場周辺では結局降らなかった。が,市内のどこかでは土砂降りだったとか。6時ごろに帰宅。

2021年6月24日 (木曜日)

午後から激しい雷雨

 目覚めたのは2時ごろ。昨夜は10時前に就寝。最近は連続して取れる睡眠時間が4時間程度になってしまった。連続して6時間以上眠った事とか,最近の記憶にない。とにかく,腰が痛くて眠りが浅い。さらに,チビとかが毛布の上からぴったりと寄り添うようにして寝るものだから寝返りが打てずに,これまた腰が痛くて,..で,覚醒という具合だ。

 まあ,折角目覚めたのだからと,トイレに行って水を飲んだりして再び寝ようとするが,..もう寝付けない。そんな爺さんは暗闇で iPhone 眺めたり,Kindle で読書したり,..。

IMG 7139

 というわけで読了。それにしても,世の中には頭のいい人っているもんだね〜(苦笑。

 眠れぬままにウダウダしてると外が明るくなってくる。しょうがない,起きるか。室内の朝の業務を全て片付けて,自分用のコーヒーを淹れてから,外にクロパパの様子を伺いに出る。

 頰の傷付近は毛が抜け落ちてハゲチャビンになっていた。まだちょっと膿が残っているようでプニプニしているが,膿が流れていた小さな傷口も塞がり,大分綺麗になっていた。あとは自然に吸収されて固まるだろう。此奴は意外に生命力が強いのか?

20210624kuropapa

 黄色の矢印部分が膿が吹き出した傷口。もう塞がっていた。あとは次第に良くなるだろう。毛の生え変わりに時間が掛かりそうだけど。よかった。

 雨が降る前にちょいと写真でも撮ってこようかとママチャリで出かけてみた。

Dscf0685_1

 斜平山は半分より上はガスの中

Dscf0688_2

 田園風景の中を走る始発列車。元画像を拡大すると二人ほど乗客がいる様子

ーーー

 朝飯後にローラー51分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。ジロの第14ステージの続き。ゾンコラン手前の2級山岳を超えて,残り50キロほど。さて,いよいよ明後日からツールが開幕だ。また忙しい日々が続くな。ポガチャルの二連覇がなるのか?ログリッチのリベンジはなるのか?あるいは新たなヒーローが誕生するのか?興味は尽きない。で,大汗かいていると,外はザーザー降りの雨に,..。

ーーー

 そういえば,またチョビのサイズを比べてみた。

20160623chobi

IMG 7141

 上が5年前,下が今朝。ソファのサイズはほとんど一緒である(笑。

 出勤する頃には小降りになっていた。歩いて出勤したら,かなり汗をかいてしまった。10分とちょっとくらいなんだけどね。ローラーの熱がまだ身体に籠っているんだよねぇ(苦笑。

 午前中は午後からの講義の予習。対面講義の要不要のアンケートを取ったところ,大多数が今更講義室に行くのはかったるいとのことだったので,七月の3回もオンラインに決定。

 昼は自宅飯。なんだか,雨が上がって青空が見えてきた。なので,午後はママチャリで職場に戻る。コンビニで1リットルのペットボトルの麦茶を買った。 140 円だった。ふ〜ん,麦茶の値段ってガソリンとドッコイなんだと妙なことに感心した(苦笑。

 午後1時から zoom 講義。今日も80分近く話してしまった。来週からは少し分量は減るので短くなりそうだけど,..。次の講義の試験のために聴講者はいつもよりも少な目。

 講義終了辺りから全天俄かにかき曇り,そのうちに雷鳴が轟き,激しい雨。が,すぐに上がった。これだけ降ると逆に気持ちがいい。

 その後は明日の輪講のお勉強。反応工学の反応器設計の基礎である。なんだか,すっかり内容を忘れているなぁ。そりゃ,40年も前のことだもんねぇ(苦笑。

 6時ごろに帰宅。そのままなでら女房と「一心太助」へ。

IMG 7143

 今日も疲れたので,ご飯抜きの晩酌セットで頂いた。ご馳走様でした。

DSCF0693 2

 アルコール追加して寝落ちして,日付変更線付近で覚醒したら月が見えていたので室内から撮影,..明日は満月か,..。

2021年6月23日 (水曜日)

システム障害?お粗末すぎる!

 起床は4時半頃。晴れていればワラビ採りにでも,..と思って外を見れば,道路はしっかり濡れていたし,小降りの雨もあった。仕方ないので,朝のルーティンをこなしてから,外のクロパパをチェック。あれ?シロスケが遊びに来ていた。最近は,鉢合わせでもしない限り,クロパパもシロスケに寛容になりつつある。

 クロパパの傷を診れば,血膿のようなものが流れ出していたので,またティッシュを当てて軽く絞り出しておいた。まあ,これが雑菌と白血球の戦いの跡なんだろうから,次第に少なくなるだろう。少しだけど餌も食べるようになったようだし。それにしても,一回り小さくなっちゃったなぁ。出会って5年かな?6年目?一体何歳なんだろう?

 雨が降っていたので,クロスケとチョビの庭散歩は中止。

20210623chobi1

 此奴はいつも天下泰平!

20210623chobi2

 沢山食べて,沢山寝て,...(笑

20160623

 これが5年前の午後9時ごろのリビングでの一コマ(笑。「この頃は可愛かった!」がなでら女房の口癖(笑

ーーー

 朝飯後にローラー41分,19km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 82rpm で。第14ステージの続き。半分までは平坦基調なのでほとんどレースの話はなし。次第に退屈になって 40km ほど先送りにして,残り 90km ほどから再開。後半戦の永田さんと栗村さんが乱入。

ーーー

 早めにローラー上がって,水シャワーで身体の熱を取って,PC の前に待機。で,ワクチン接種の予約ページに8時30分にゴー・・あれ?入力された内容に誤りがある?何度やっても同じ。そしたら「システム障害で予約できなくなっている」とメッセージ。クソお粗末すぎる(怒。

 頭に来て出勤。午前10時現在も復旧せず。画面上には 11 時ごろに復旧予定とかあるけど,このお粗末ぶりでは多分午後だな(怒。ったく,朝の貴重な30分を返しがれ!

 11時ごろには復旧とあったので,その後も仕事しつつ,何回か入力をトライしたが果たせず,ようやく11時10分前ごろに入れた。で,必要事項を入力して接種予約。7月12日だった。思ったよりも遅かったが,まあ,職場よりは早いので由とする。職場での一回目が行われるときには2回目が終わっている。場所は舟山病院。集団接種はなぜか対象が全て 65 歳以上となっていた。なんで?

 昼になったので今日は休みのなでら女房とランチ。なでら女房のリクエストで随分と久しぶりの「カッペリーニ」で。なんでも,先だって買ったクーポン券があるらしい。

IMG 7133

 「魚貝のさっぱりラグーソース」というパスタランチ。ラグーソース?わからないので調べてみた。

「ラグーソースとは肉や魚介類などを刻んで、コトコト煮込んで作るソースの事を指します。具は大きめなので、シチューのような感覚で食すのが一般的です。牛肉とトマトソースを煮込んで作られるラグーソースは、コンビニやパスタ専門店で見た方も多いのではないでしょうか。」

 だそうだ。ふ〜〜ん,そういうものか。まあ,美味いんだけど,なんだかお洒落な店でお洒落なメニューだと,どうにも尻の据わりが悪いように感じて,..(苦笑。所詮は田舎者の爺さんなので,テーブルにシミの付いた,ラーメン屋辺りがお似合いだと思うんだ(笑。

 午後は,午前中に作った WebClass のアンケートを眺めるなど。7月から対面講義が可能とかで申請はしたのだが,果たして学生の方は対面を望んでいるのか?「3回だけでもいいから対面希望」,「今更講義室に行くのも面倒なのでこのままオンラインで」,「どっちでもいいや」の三択である。後の2つが優勢なり。まあ,気持ちはわかる(笑。

 講義課題の選定と解答を夕方まで。解いてみると,日本語の文章がどうもおかしくて意味が2通りくらいに解釈できるものもある。やってみて,こりゃ,誤解する学生もいるだろうなぁと他の問題をチョイス。また解いてみて,う〜んと唸るなど。もう,オレは一体何をやってるんだという思いが湧き上がってくる。そして,いつの間にか午後6時なり。

2021年6月22日 (火曜日)

クロパパの顔の腫れ

 起床は5時過ぎ。5時前に目覚めていたんだけど,腰回りのストレッチとかでウダウダしていた。

IMG 7125

 目を覚ましたら,枕元にこんな奴がいた(笑

 カーテン開けたり,布団畳んだり,ネコのトイレ掃除したり,ネコに餌やったり,水換えたりしてから,外に出て,クロパパの様子を診る。

 顔の右がまだ腫れているなぁとちょっと触ってみたら,あれ?なんか浸出液みたいなものが出て,毛がゴワゴワになっている。で,ちょっと腫れを押してみると,小さな傷口からドバーッとクリーム状の膿が流れ出した。化膿の末期に入っていたのか?抗生剤がそれなりに効いたのか?クロパパが後ろ足で引っ掻いてできたような傷口から膿が出て来ている。ちょっとクロパパを押さえ込んで,ティッシュを当てて軽く腫れを絞ってみると,出るわ,出るわ,..。ティッシュを変えて何回か絞ってやった。あとは濡れたティッシュで傷口付近を拭いてやって,傷口にはリンデロンを擦り込んでおいた。で,少し餌も食べ出したようだ。なんとか,快くなってくれるのではないかと思う。

20210622kuropapa1

 膿が噴き出した傷口の様子。腫れはすっかり引いた。まあ,次第に快くなるだろう。

20210622kuropapa2

 かなり押したので,流石に多少痛かったようで,ちょいと黄昏ている(苦笑

20210622dokudami

 庭にはドクダミの花が満開

ーーー

 朝飯後にローラー51分,23km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 84rpm で。土曜日のツール開幕までの繋ぎとして選んだのはジロの第14ステージ。ゾンコランの頂上ゴールのステージである。最後の3キロの平均勾配が 14% ほどもあり,最大 27% というイジメとしか思えないコース。これをスタートからゴールまで放送した。最初は平坦基調なので逃げが確定してからは,特にこれといった展開もなく退屈だ。

ーーー

 今日も講義資料作りは続く。さらに,課題の解答例の作成も続く。で,実際に解いてみると。あれ?なんかこの問題変だなぁとか,こりゃ,難しいかもとか,こりゃ,簡単すぎるだろうとか,色々とあって,問題の選定もなかなか難儀である。

 昼は自宅飯。残り物のご飯にレトルトカレーとバナナと牛乳で済ませた。

IMG 7127

 で,サーモスに入っていた朝の残りのコーヒーを啜りつつ,まったりと読書。落ち着いていて好きな時間。眠くもなる時間ではあるんだけど(苦笑。

 さて,戻るかと外に出るとクロパパが近寄って来た。試しにカリカリ餌を上げると食べ始めた。頰の化膿が餌を食わない原因で,歯がなくなったせいではなかったのかなぁ?まあ,徐々によくなってくれ!

 午後も課題の解答例作り。いっぺん解いてみて,だめだこりゃと問題チェンジ。さらに,残り2回分まで来た。なんとか今月中に終わりそうだ。

 講義資料の手直しとブラッシュアップ作業はいよいよ最終回まで来た。7月からの対面講義(3回しかないのだが)も一応申請しておいた。学生からアンケートでも取って,オンライン希望が多ければ,オンラインで行うつもり。それにしても,アトキンス先生の教科書は第7版になって,本当に使い辛くなった。もう一度第6版に戻してほしいものだ。

 気が付けば,5時過ぎてるじゃないか。なんだか,最近,集中してこの仕事をしている。一日,約7時間ほど。夕方の疲労感がハンパない(苦笑。折角だから,教科書みたいな形にまとめてみるかなぁ(笑。6時ごろに帰宅。

 なでら女房と,晩飯に「一心太助」へ。

IMG 7130

 真鯛のトピッ子和えに黄身を掛け回して頂く。美味し!お手製の揚げ餃子もいい味だ。

IMG 7131

 この唐揚げが絶品。親方の奥様が揚げてるんだけど,実に絶妙な揚げ加減。衣はカラッカリッと揚がっていて,中身の鶏肉は歯を押し返しつつブツっと切れる弾力で,噛めば肉汁が小気味よく,実に美味い。お陰で酒がすすむ君!大変,ご馳走様でした。

2021年6月21日 (月曜日)

今日は夏至

 起床は6時。あれまぁ,寝過ごした。寝落ち覚醒から眠れないままに,ああ明るくなったなぁと思ってたらいつの間にか寝たらしい。今日は二十四節気の一つ「夏至」。昼の長さが一年で最も長い日。もう,ぼちぼち一年の半分が終わるなぁ。

IMG 7113

 右側にチビ,矢印の布団の中にクロスケ。身動き出来ず。腰イテェ〜〜!(´д`;)

IMG 7112

 今日と明日は晴れ間が出るけど,後はず〜〜〜っと雨と曇り。

ーーー

 朝飯後にローラー50分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 83rpm で。ドーフィネの第8ステージを最後まで。第7ステージに続いてバーレーンのパデュンが逃げ切り勝利。ツールのメンバー入りはできるのか?今週の土曜日からツールが開幕する。で,実況解説陣の予定を見て驚いた。最初の数日間に砂田さんの名前がある。砂田さんが撮影に行っていないツールなんて,ここン十年なかったうように思うけど。

ーーー

 クロパパの顔の腫れというか,瘤の様なものが改善しない。今朝も薬を飲ませようとしたが,吐き出してしまった。でも,餌食わないだけで,あまり普段と変わらないように思うんだよなぁ。また,何か,虐待のようなものを受けたのかなぁ?頑張れクロパパ!!

 午前中は毎度毎度の講義資料。細かい修正が山のようだ。さらに,講義課題の選定など。

IMG 7120

 昼は自宅飯。なぜか,胃がムカムカしてあまり食欲なし。大して美味くはないのだが,こんなものを食す。パスタにでもすればよかったな。

IMG 7121

 朝出かける時には既に姿の見えなかったクロパパ。昼に帰宅したときにもいなかった。大丈夫かなぁと思っていた。職場に戻るときに見たら,草むらで寝ていた。餌を食っていない(食えない?)せいで衰弱気味。頑張れ!お前がいなくなると,ネコライフが少し寂しくなる(苦笑。

 午後もせっせと講義資料。あと2回分くらい。来週までには課題解答例も含めて全て終わりにしたい。7月からの対面講義をどうするか。やはり,たった3回だけど,対面でやった方がいいかな?

 6時ごろに頭の芯が痺れたような疲労感を感じて退勤。昔は,こんな疲労感は感じたことなかったけどなぁ(苦笑。

 帰宅して,遅番のなでら女房の帰りを待ちつつ,一杯やっていると,..

IMG 7123

 届いた。なでら次女が友人の実家にお願いして送ってくれたとのこと。今年の初物!美味い!ありがとう!!

さらに,車の試験走行を!

 起床は深夜。寝ようかと思ったが本を読んでしまったら,面白くて眠れなくなった。

IMG 7101

 そして読了。いや〜,面白かった。もう少し最後の話を膨らませてもらいたかったなというのが感想。

IMG 7100

 わかった,わかった,起きよう(苦笑。

IMG 7096

 さらに読了。こちらはトイレ本で,トイレに入る度に読んでいた(笑。ほとんど全ての材料には同意するが,一つだけ著者がシャレで入れたのではないかと思われるのが「チョコレート」。こういうところは外人さんらしいな。あるいは,本気なのかな?

 今日はどうしようかと思いつつ,時刻は午前4時過ぎ。そうだ,オニヤンマを見に行こう!

20210620oniyanma

 この一頭だけだった。

20210620nadera p2 s

 斜平山もすっかり夏景色に。

20210620guraberu

 ついでにグラベル朝練も,..(ウソ:笑

20210620blueberry

 今年もブルーベリーは豊作のようだ

 さて,今日はどうしよう。もう少し車を走らせてみたい。できれば高速で。福島のなでら女房の実家に行って,義母を連れてどこかに行こうという話になったが,はて,どこへ,..となり,ああ,それなら孫氏の顔でも見に行けば,義母喜ぶ,車の高速運転の試験ができる,今度欠席のお食い初めのときの祝儀も渡せるとなって,なでら長女のところまで行くことにした。一石三鳥か!(笑

 結論から言えば,プロパイロットによる高速道路の走行はすこぶる楽で,これは高速使っての長距離移動の疲労を半分くらいに軽減してくれるのではないかというもの。前走車任せのスピードで 100km/h 前後でノンビリ走って,そこから追い越し車線に移れば,勝手に加速して追い抜いて,走行車線に戻れば,前走車任せの走行に戻る。何しろ,アクセルペダルから足を離していられるのが楽だ。さらに,ハンドルは勝手に道路をトレースしてくれている。手放しができるのはスカイラインクラスに搭載されているシステムだけのようだが,ちょっとだけテストしたところでは,確かに車がハンドルを微調整しつつ走行していた。いや,技術の進歩は凄いな。

IMG 7104

 数秒間の「手放し」をしてみたところ。面白い!が,すぐに車に,「これこれ,しっかりハンドル握ってないとあかんで〜!」と叱られる(笑。ハンドルにセンサーでも入っているんだろうか?あるいは,何処かで見てるのか?(笑

 10時半過ぎになでら長女のアパートに到着。旦那と二人分の「牛肉どまん中」弁当の土産を渡す。孫氏は元気だった。早速,ばーちゃんとひいばーちゃんはデレデレと,..(笑。なでら男は,せっかくなので,髭ジョリジョリを体験させてあげた。やはり,世の中は心地いいものばかりではないことを人生の早いうちに学ばせておかなければな(違:笑。

IMG 7105

 嫌がる孫氏。逞しく,優しく,強く育つのだぞ!(笑

 帰りの高速でもプロパイロットの快適さを体験しつつ,12時半ごろになでら女房の実家に戻り,ちょっとだけお茶を頂いて,遅めの昼飯は随分と久しぶりに「麺屋 銀次郎」へ。1時半ごろに着いたのに,まだ外には待っている客がいる。すっかり地元の有名店になったようだ。

IMG 7109

 20分ほど待ってから,ようやくありつけた冷たい醤油ラーメンとネギ辛チャーシュー丼。相変わらず絶品。堪能した。ご馳走様でした。食ってる最中も,食い終えてからもひっきりなしにお客が来店。商売繁盛何よりです。一人で店内を切り盛りするオカミさんの大変さたるや,..。

 さて,帰ろう。最後の高速で力尽きて,八幡原インターで降りてからなでら女房に運転チェンジ。あっという間に助手席で寝落ち。帰宅後,さらに1時間ちょっと昼寝で夕方に。

 ボーッとして思い付いたのが,なでら男に似合わない「洗車の儀」(笑。高速走行中に虫がフロントガラスにぶつかって,そこで潰れた箇所を綺麗にしようと思った次第。賑々しく執り行った。なでら次女が置いておいた装備を使ったが,よくまあこんなクソ面倒なことを奴は帰るたびにやれるものだ。なでら男は,一体この先何回やるのかね?多分,あと数回だと思うが(苦笑。二日間の走行のホコリを落として綺麗にしてやった。

 二日間で約 400km ほど走ってみたが,なかなか楽しい車だ。

20210620wine

 夜になって,なでら長女からの父の日のプレゼントが届く。ありがとう!

 あ,もしや,この車はなでら女房からの,この11年間分の父の日のプレゼントなのか?なでら次女は,値段が高すぎるだろと,この認識を呆れていたが(笑。

2021年6月19日 (土曜日)

実に小っ恥ずかしい納車の儀

 起床は5時過ぎ。外は雨。

 諸々片付けて,朝飯食って,..

ーーー

 出かける前のローラー32分,14km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 82rpm で。ドーフィネの第8ステージの続き。またしても,最後の超級の登りでパデュンが飛び出した。しかも,プロトンとのタイム差が次第に広がっていく。重めのギヤを低ケイデンスで踏んでいく独特のペダリングで80年代のスランツールレーサーを彷彿させる。さて,来週の土曜日からはいよいよツール開幕。

ーーー

 9時40分ごろに販売店到着。今日でお別れのセレナの最後の運転。少し感傷的な気分になったり(苦笑。

IMG 7091

 グワァ〜〜・・やっぱり,こういうものが用意されているのね!(´д`;)

 席に着くと,販売店の所長とか工場長とか事務系トップとかが次々に名刺を持ってご挨拶。さらに花束贈呈。そして,「おめでとうございます!」の大唱和&拍手。そういえば,そうだった。こういうのが納車の儀の恒例だった。11年前のセレナのときも,なでら長男のノート(なんと中身は別物だが,なでら長男と同じ車に乗ることに)のときも,なでら次女のマツダのときも,..。これが自動車業界の文化なのか?(苦笑

 一通り説明を受ける。一度試乗してるけど,こりゃまさに電子機器だよなぁ。もう,あと数年で車も家電販売店での商品になりそうだ。ヤマダ電気辺りで格安値引きとかしてくれんかな(笑。で,本来,なでら男が選んだモデル(一般に受注生産)をそのまま注文すると半導体関連パーツの品不足(クソッタレのウィルスのせいで)で納品が10月辺りになる可能性があるとか。それで,あらかじめ販売店が先行して発注していた何台かの一台を回してくれたもので,当初のモデルにはなかったいくつかのオプション付き。まあ,ラッキーだったのかな?それにしても,アラウンドビューモニター(標準装備らしい)とか,前後左右のカメラの画像を合成するんだろうけど,専用のチップによる処理なのかな?いやはや,もう,なでら男の知っている「自動車」とは全くの別物である。

 販売店を出るときは,スタッフが勢揃いして一列になってお見送り。これも自動車業界の文化なのか?それにしても確かに高い買い物ではあるが,住宅メーカーは,ここまでのことやらんよなぁ。あ,でも,少し似たところがあるか(苦笑。

 そのままなでら男の実家に向かう。雨の中での納車になった。

IMG 7093

 高畠の愛菜館に立ち寄った。慣性エネルギーの回生による発電システムが働くので,エコモードではブレーキがほとんど要らない。慣れると,これが結構楽である。

IMG 7094

 これがエンジンと発電機。エンジンは電気を作るためにだけ存在する。発電機付きの電気自動車が今のノート e-power である。つまり,米坂線の列車と同じシステムである。

20210620juuden

 置くだけでワイヤレスで充電可能である。こrは便利かも。

 1時ごろに実家着。土産を渡して,茶飲み話をして,髪切ってもらう。その後,お袋乗せて,街まで買い出しに。実家に戻るともう3時半ごろで,ちょっとしてから辞去。実家周辺は土砂降りに近い降り方だった。

 帰り道の国道 113 でノートのプロパイロットシステムを試してみた。おお,こりゃ,すごい。一定の車間距離を保って加減速しつつ前走者を追尾。さらに,勝手に道に沿ってハンドルを切ってくれている。こりゃ,すごい。本当の意味での「手放し運転」はスカイラインクラスにしか搭載されてないらしいが,高級車ばかりでは一般庶民は「手放し」で喜べない(自動運転だけに)。将来的には全ての大衆車に完璧な自動運転システムが搭載されるのかな?そうすれば交通事故の大部分は防げるはずだ。もう,そんなことはとっくにわかっていて開発に取り組んでいるだろうが,車の基本 OS に関する部分だけに,各社統一システムを作るくらいでいいのではないか?将来,車はパソコンみたいになって,OS の書き換えでいろいろなことができるようになる。そして,OS に対応できなくなったらハードの交換だ。ただし,ハッカーによる不正を防ぐために,OS もハードウェアレベルでの供給であり,限られた場所での書き換え(交換)作業を許可するということになるのではなかろうか。多分,次の車を買う機会があるのなら,もしかしたらアマゾンやらヨドバシでポチッとするようになるかも知れない。バッテリーの性能が飛躍的に向上して,発電機であるエンジンが不要になる時代になっているかも知れない。

 6時少し前に自宅着。米沢は雨が上がっていた。クロパパの頰がコブ取り爺さんのように腫れている。一体,いつの間にこんなになったものか?調べてみると,腫れている側の歯がない。歯周病か何かで抜けたのか?そしてそこから雑菌でも?でも,腫れているる箇所を押しても痛がらない。いくら猫でも雑菌で腫れている箇所があり,そこが病変なら,押したりすれば,何かの反応を示すはず。取り敢えず,知り合いの獣医のところに連れて行って,抗生物質の注射をしてもらう。2年前の夏に何か毒物のようなものを食ったのか,えらく衰弱して生死の境を彷徨ったときがあったが,あれと似たような状況なのか?クロパパ,元気になってくれ!

 取り敢えず,一応の処置はしたので,人間どもの晩飯は「一心太助」へ。

IMG 7095

 ご飯抜きの晩酌セットを頂いた。ご馳走様でした。

2021年6月18日 (金曜日)

セレナ,11年間ありがとう!

 起床は4時。いい天気だ。ネコどもの世話をして,カーテン開けて,布団畳んで,洗濯物取り込んで,チョビとクロスケを外に出して遊ばせてやった。さ〜て,やるか。

 明日でお別れのセレナを洗車して最後のドライブへ。11年間で8万キロほどしか走らなかった(ちなみに,そのうちの3年間で自転車では5万キロ弱走った)。走行時のトラブルは皆無。乗りやすい車だった。まだまだ問題なく乗り続けられたなぁと買い替えに後悔の様なものもちょっとだけ感じる朝(だったら,車が欲しいとか言うなと言われそうだけど:苦笑。

 米沢で車で行ける一番高いところに行こうと,白布峠を目指して走り出したのは5時過ぎ。スカイバレーの途中にある工事中の箇所で信号待ちをしていると,なんと前方から女性のジョッガーが降りてきた。いやはや,凄いもんだな〜。上まで行ってきたのか?どこから来たんだ?なんて思いつつ脇を走り抜けていく女性を見るともなしに見ていたら,...ゲゲゲ,西屋の若女将さんじゃないか!そういや,西屋の FaceBook でジョギングを始めたとか書いていたのを思い出した。しかし,スカイバレーを登って降るのをジョギングとはあまり言わないんじゃなかろうか?(苦笑 それにしても,凄いぞ!

 サルの群れがいる白布峠駐車場に到着。駐車場には車が一台。登山目的らしいおじさんが準備中だった。ここからだと西大顚までかな?一度登ったけど,枯れ沢みたいな登山コースで景色も見えないし,きついし,あまり楽しくないコースだった。

DSCF0667 1

 白布峠にて。洗車ムラがあるね(苦笑。

DSCF0668 1

 降ってきて錦平で。米沢は朝靄の中だ。

DSCF0669 1

 水墨画みたいな味わい

DSCF0672 1

 双竜峡にて

20210618souryuukyou

 朝は逆光で二つの滝の景観は今一つ

20210618sugibayasi

 白布温泉の下の方では,クマによる皮剥ぎ被害を防ぐためか,全ての木にビニールテープが巻いてある。この手間たるや,..。

 6時半ごろに帰宅。朝飯を食って,..

ーーー

 朝飯後のローラー50分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 84rpm で。ドーフィネの第7ステージを最後まで。バーレーンの若い選手がクスを振り切って単独で逃げ切った。解説や実況が今日の優勝者を予想するというのをやっているのだが,解説の栗村氏「いや,これ当てられる人は居ないでしょう!」と。次いで第8ステージ。これも最後の超級山岳の登り口まで。ツールまであと8日かな。

ーーー

 シャワー浴びて職場へ。ふと空を見上げると面白い雲が見えたので,ちょっとだけ寄り道。

IMG 7069

 米坂線の列車もきた

IMG 7071

 なかなか面白い。斜平山の陰から伸びる触手みたいにも見える。

 午前中は輪講。今日のお題は反応工学。素反応の式の組み合わせから定常状態近似で反応速度式を導くという奴。各成分の反応速度と量論式の反応速度の組み合わせがわかりづらく,ちょっとした慣れを要する部分である。11時過ぎに終了。

 夜勤明けのなでら女房と駅前の「米沢牛もつ家ないとう」へ。一心太助の親方が,この店で週に金土日の三日間だけ,牛丼(黒丼)を提供している。

IMG 7075

 あ,いたいた!親方準備中!

IMG 7081

 値段が値段なのでたま〜にしか食べられないけど。今回は初入店。フグの白子の天ぷらまで付いている。

IMG 7077

 う〜む,気合が入っている!

IMG 7076

 何しろ,こんな肉である。

IMG 7080

 ドド〜〜ン!いや〜,肉が甘い!とろける。あっという間に完食。ご馳走様でした。一月に一回くらいは食いたいメニューだなぁ。

 午後からはまたしてもせっせと講義資料作り。来週分はほぼ終わっているので,講義課題をチョイスして,実際に解いてみる。あ,もう5時過ぎた。

IMG 7082

 今朝,ドライブしているときに聞いた生島ヒロシのラジオ番組で「チョコレート効果」のことを話していた(スポンサーなので当然か?。なので,ちょいと買ってみた。それにしても,何故,70% と 80% ではないのか?

 そういや,なでら長女の第一子,つまり,なでら男の初孫氏は今日で満三ヶ月だ。今月末には食い初めをやるらしいが,なでら爺となでら婆は参加を自粛。まあ,次の機会があるだろうからね。ワクチン接種まで大人しくしてようかと。

 6時ごろに帰宅。

IMG 7088

 で,届いた。職域接種よりも早そうだ。さて,どうなるのか。

 夕食は,なでら女房と「一心太助」へ。

IMG 7089

 甘エビとホタテの丼。ホタテが甘くてバカうま!!ご馳走様でした。

2021年6月17日 (木曜日)

朝方の雨の中,車内を片付ける

 起床は4時。ワラワラと集まるネコども。う〜む,腹が減っているのか?

IMG 7062

 どいつもこいつも腹ペコだったらしい(苦笑。

 さて,ネコのトイレ掃除から始めるか。なでら女房にワラビ採りに行かないかと誘ってみたが,スルーされて二度寝に入られた。マウンテンバイクのワラビ練に,一人で行くかどうするかしばし悩んだが,今一つ気分が盛り上がらずに,コーヒー淹れて朝のニュースなどを眺めていた。

 せっかく,早く起きたんだから,何かいいことしたいなぁなんて考えていて思い付いたのが,なでら男の車の掃除というか,車内の片付け。明後日,引き渡さないといけないので中に入っている諸々のものを片付けないといけない。

 ということで,袋を持って外に出たら,..あれ?雨が降っている。聞いてないよ。次第に激しくなる雨。どうも,奥羽山脈の太平洋側に掛かった雨雲が一部山を越えて米沢上空に流れ込んだらしい(後で雲の様子を確認したら,そんな感じ)。迷惑な話だ。それにしても,ワラビ練などに出掛けていたら,ズブ濡れになっていたな(苦笑。

 車の中からは,なんで,こんなものが?というようなものも多く発掘された。何しろ11年間だからねぇ。宇都宮のブルベにも随分行ったし,なでら長女が学生時代には弘前にも何度も行った。岩木山のヒルクライムレースにも行ったっけ。

IMG 7063

 こんなものも出てきた。なでら長女が弘前にいた頃に,三内丸山遺跡と一緒に訪ねたような記憶がある。でも,なでら男はここを二回訪問したような記憶があるのはなんでだろう?

ーーー

 朝飯後にローラー53分,23km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 82 rpm で。ドーフィネの第7ステージ。最後は超級のラプラーニュ峠のゴール。その手前の峠を越える辺りからの放送。最後の登りに入って,イネオス勢が引く。残り10キロほどで終了。

ーーー

 午前中は講義資料の最後のチェックと来週分の手直し作業。昼は自宅飯。

IMG 7066

 本当は外食のはずだったが,ちょっとした手違いで,これになった。まあ,これはこれで美味い!

 早めに職場に戻り,1時から zoom 講義。今日も 75 分ほど話した。同僚には話し過ぎだと言われた。やはり,話しているうちに,次第に頭の芯がボーッとしてきて,異世界に迷い込んだような気分になる。ラジオ番組の DJ ってこんな感じで話をしているんだろうか?

IMG 7067

 このマイクもすでに元を取ったような気がする(苦笑

 来週分の資料をいじっていたら,あっという間に午後5時過ぎ。今日も,気が触れた,いや,日が暮れた(笑。なでら女房は今夜は夜勤でいない。明日の朝飯とかどうするかなぁ。

 帰宅して,一杯やって,寝落ちして,覚醒したら10時半。あ,月面 X 〜〜!と思い出して,慌てて撮影した。かろうじて間に合ったみたい。

20210617moon2

2021年6月16日 (水曜日)

ゴロゴロ言ってたけど降らなかった

 起床は5時過ぎ。外を見れば晴れている。予報では昼頃から雨が降るらしいが,さて,..。いつものように布団の上で腰周りのストレッチから始まる一日。次いで,ネコの世話である。さらに,最近は乾いた洗濯物の取り込みまでするという模範亭主ぶり(笑。

 クロスケとチョビを外に出して遊ばせる。そして毛すきをする。今日はクロパパの毛すきもした。もう,リアルな「ねことじいちゃん」である(笑

 なでら女房は今日は職場での人間ドックらしい。6時半には家を出た。

ーーー

 朝飯後にローラー50分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。ドーフィネの第6ステージ。3級山岳の頂上ゴールである。最後から3つ目の2級山岳で EF のローソン・クラドックが逃げ始めて最後の3級山岳までしぶとく逃げる。この選手は何年か前のツールで初日に落車して肩甲骨だかを骨折して,それでもバンドとテープで固定して毎日最後尾を走ってゴールしていたのが記憶に残っている。で,それも残り3キロほどで捕まり,集団の登りのスプリントへ。残り1キロを切って飛び出したのはイネオスのゲーガンハート,そこに合わせるように飛び出したのが最年長のバルベルデ。最後は,後続を見ながら余裕でゲイガンハートをまくって勝利。いや〜,すごいものだ。

ーーー

20210616nisiaduma

20210616nadera

 出勤の時に少し回り道して撮った西吾妻方面と斜平山。すっかり夏景色になったな。

 午前中は講義資料作成作業。さらに,課題の解答例のチェック。

IMG 7051

 昼は自宅飯で帰宅。う〜む,午後,雨はどうなんじゃろう?

IMG 7053

 ここ数回ハマっている「ラーメンサラダ」である。量も少な目でいいし,そこそこ味もいい。

IMG 7056

 そういや,これが5年前のチョビの写真。ちっちゃいなぁ!(笑

IMG 7055

 そして今現在の姿。比較のために,同じ本を置いてみた(笑。何を食えばこんなにでかく,...(苦笑

 午後から雨が降ることを願って,自転車を置いて歩いて職場に戻る。さて,当たるかどうか。それにしても,1キロ弱しかないのに汗まみれになるとは,..(苦笑。

 さて,午後もセッセと講義資料の手直し作業だ。あと3回分くらいやれば終わる。で,5時半頃までずっと作業。いや〜,色々と変わっている。なんで,この式を前に持って行ったのか?とか,色々な疑問が頭をよぎる。やはり,第7版は改悪だと思う。

 午後2時ごろから空が暗くなって雷鳴が聞こえてきたが,結局降らなかった。なんだよ,せっかく歩いてきたのに(苦笑。

 夕方はなでら女房と一緒に「一心太助」へ。今日はマグロと鯛の丼だったが,なんということか,今日も写真忘れた。どうも,仕事終えてホッとしてビールとか頂くと,解放感で何も思い浮かばなくなるらしい。ここのところの午後5時間くらいの作業の集中振りは,我ながら半端ない(苦笑。6時ごろになると,頭の芯が痺れたような感じになる。

2021年6月15日 (火曜日)

今日もゴロゴロピカピカ?

 起床は5時少し前。布団の上で腰周りのストレッチで始まる一日。で,ネコにまとわりつかれて始まる一日。

IMG 7026

 ムム,発雷確率がメッチャ高いやないですか!午後はにわか雨かなぁ。

 布団を畳んで,カーテン開けて,ネコのトイレ掃除して,ネコに餌をやって,水を替えて,外ネコの様子を診る。ついでに,クロスケとチョビを庭に出して,遊ばせる。

20210615chobi

 チョビは草を食う!

20210615kurosuke kesuki

 毛すきをしてやる。ブラシに向かってねこパンチを繰り出すクロスケ。その猫パンチをかいくぐっての毛すきなのである(笑。

20210615kuropapa

 留守番はオレに任せておけ!報酬はカリカリ餌でいいぜ! by クロパパ

20210615kurosuke

 今日も寝て暮らすぜ! by クロスケ

 早番のなでら女房は7時前に出勤。

ーーー

 朝飯後にローラー55分,24km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。少し脚に疲労感。ドーフィネの第5ステージ。最後の1キロで飛び出したゲラント・トーマス。持ち前のスピードで集団との差を広げる。こりゃ,決まったなぁと思ったら,残り 150m ほどからコロブレッリがスプリント開始。凄まじいスピード差だったけど,最後は半車輪届かず。2回目だけど,面白かった。そして続いて第6ステージ。中級山岳のコースで登りゴールを途中まで,6/26のツール開始まではこんな感じで(笑

ーーー

 朝からまたまた講義の準備だぜ。あれ?以前は標準圧力は 1 bar だから式中では1で割ることになるので,式中には書かないぜ!って言っていたのに,新しい版では,全て書かれているじゃないか!もう,勘弁してくれ!解答例も凝りに凝って作ったのでえらい枚数になっている。学生たちは,これを見て喜んでくれるんだろうか?あるいは,あの爺さん,こんなに作らんでもとゲンナリするんだろうか?(笑

 昼は自宅飯。

 帰宅途中であまりにも見事な積乱雲が見えたので,田んぼ農道まで足を伸ばして撮影した。さらに,職場に戻る際にも見事な積乱雲を撮影。こういう見事なのはなかなかお目にかかれない。

IMG 7031

 斜平山からの入道雲

IMG 7032

 西吾妻山からの入道雲。多分,裏磐梯の方では土砂降りではないかと,..。

IMG 7037

IMG 7038

IMG 7039

 自宅前からの入道雲。夏空って感じだね。いや〜,見事,見事!!

 午後からもせっせと講義資料作り。ようやく明後日の分が終わったので,来週アップする,明後日分の課題の解答例も作る。ちょいと面倒な内容もあって,これはわかるかなぁ?さらに,再来週の分にも手を付ける。いや,細かい訂正が沢山あって,えらくしんどいぞ!

 他の研究室の学生が大学院進学時にはなでら男のところも考えているので見学させてくれと。う〜ん,そんな大したことやってないんだけどね。エッセンスだけを話して,後は実際にやっている大学院生にお任せした。若い連中同士の方がいいだろう。

 気が付けば,午後4時過ぎ。今日は降らなかったね。でも,上山の方では雹が激しく降ったとか。

IMG 7036

 昨日ポチった本がもう届いた。一昨日(六月十三日)が忌日だったので,詳しい伝記本でも読んでみようかと。以前に文庫の奴は読んだけど,別の奴も読みたくなった。それにしても,ノーベル賞も取れたはずだったのに,..。そういや,以前に読んだ,北里柴三郎の伝記,上下二巻の文庫本があったけど,どこに置いたものやら見当たらない。最近,こういうことが多い。以前は,すぐに見つけられたんだけどなぁ。

IMG 7042

 7時前に帰宅。夕暮れの景色

 なでら女房と一緒に「一心太助」へ。

IMG 7043

 美味しゅうございました。ご馳走様でした。

2021年6月14日 (月曜日)

雷雨,そしてエコキュートの修理

 起床は5時半ごろ。布団の上で腰周りのストレッチをしていると,チビとかチョビとかがワラワラと集まってくる。此奴ら,何を期待しているんだ!?(笑

 さ〜て,カーテン開けて外を眺めると曇り。GPV 予報を眺めると雨は降らないようだが,点けたテレビから流れる予報は雨マークが付いている。はてさて,..。ネコのトイレ掃除をして,ネコにエサをやって,水を替えてやって,一度ネコたちを外に出して(クロスケとチョビだけだが),チョビの毛すきをしてやる。大分,抜ける量は減ったようだが,..。

 朝飯後にもう一度クロスケとチョビを出す。

20210614kurosuke kesuki

 クロスケの毛すきをしてやって,..

20210614kurosuke sanpo

 庭の散歩へ。が,近所の方のゴミ出しの足音で一目散に室内へ。相変わらずのヘタレっぷり(笑。

ーーー

 出勤前のローラー47分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 80 rpm 前後で。ドーフィネの第5ステージを観戦。最後の二つの山岳の手前まで。ツールまで12日かぁ。

ーーー

 自宅のエコキュートが土曜日の朝からエラーメッセージを吐いている。お湯が使えなくなるようなエラーではなさそうで,シャワーなどは使用可。風呂への給湯が蛇口からしかできないらしい(いつもは給湯口からお湯が噴き出してくる)。説明書にはエラーメッセージの内容は書いてなかったので,メーカーの HP で調べてみると,風呂に給湯する系統のエラーだとか。お湯と水を混合させる湯はり混合弁系の不具合を検出したらしい。原因としては,混合弁の不具合(まんまだな),貯湯ユニットのプリント基板の不具合,プリント基板の接続部の外れ,接触不良などらしい。以前の電気給湯器からエコキュートへの交換を段取りしてもらった住宅メーカーに連絡して,エコキュートメーカーに伝えてもらうことにした。メーカーから人が来て修理とかなると,一体いくらかかるのか?大学の装置なども部品代は数千円もしないのに修理人の出張費や日当,技術料で十万,二十万なんて話がよくある。どうなることやら,..。

 朝からせっせと講義資料と課題解答例の作成作業。本当に参ったな。アトキンスの第7版は改訂して使いづらくなったような気がする。改悪といってもいいかもしれない。なんだか,様々な内容の流れが悪い。以前のように,小分けの章立ての方がわかりやすい。アトキンス先生,第6版で完成形でよかったのでは?

 と,そこへ仙台からの電話が着電。エコキュートのメーカー代理店だった。今日の夕方,見にくるとか。まさか,そこで料金発生するんじゃなかろうな?しかも,5時から6時の間とか。5時少し前に帰宅してないといけないじゃないか。

 昼は自宅飯。

IMG 7019

 岳人が届いていた。鳥海山も一泊二日かぁ。行ってみたい山が沢山ある。始めるのが,遅すぎたなぁ。人生が二度あれば,..(by 井上陽水。よく,家も3回建てて,ようやく満足いくものが出来るとか言うけど,人生もおんなじだな(苦笑。

IMG 7021

 職場に戻るときに,雷雲が発生していて,ゴロゴロと雷鳴が響いていた。こりゃ,一雨来るか。

 職場に着いて仕事をしていると,午後1時半ごろに凄まじい雷鳴とともに落雷の音。こりゃ,近くに落ちただろう!そして土砂降りの雨。ま,これだけ降ったら逆に気持ちはいいね。

 5時ちょうどから在宅。5時半前にメーカーの方が来宅。訊けば,米沢に代理店があるとか。で,早速診てもらうと,どうやらお湯と水の混合弁自体の不具合だとか。プリント基板云々ではないらしい。結構,動く部品とか言うけど,風呂のお湯温度とかはいつも同じなので,それほど動くとも思えないのだが,..。で,混合弁を交換しましょうと。幸い,部品の在庫は持って来ているとか。早速,修理を依頼。部品代は3千円くらい,出張費が4千円,そして技術料が1万4千円で税込2万4千円くらい。ま,しょうがないね。そういうものだし。修理自体は30分ほどで完了。無事にお風呂のお湯張りができるようになった。ありがとうございました。

 その後,なでら女房と「一心太助」へ。ツブ貝の丼でビールとレモンサワーを頂いた。生憎,呑み食いに夢中で,写真撮り忘れるなど(苦笑。

 その後本屋を経由して帰宅。

IMG 7024

 本屋前で眺めた月齢4弱の月。生憎,上田秀人氏の新刊は明日が発売日なので,本屋に入るのは明後日だった。残念。

2021年6月13日 (日曜日)

引き篭もりの一日

 起床は5時半ごろ。なでら女房は今日は仕事。

 朝から,昨日の写真を整理したり,朝の情報番組を見たり,録画したドラマを観たり,本を読んだり,昼寝したりして過ごす。なんと言うこともない一日。結局,回覧板を隣に置きに行った以外は,一歩も外に出ず。

IMG 7009

 米沢の市報が届いた。あれ?職場で予定されている摂取よりも早いのか?どうすりゃいいんだろう?

 昼寝から覚めたら,なんだか身体が凝り固まっているような感じだったので,..

ーーー

 晩飯前の循環促進ローラー37分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。ジロの第20ステージの続き。最後の一級山岳でカルーゾーとバルでの逃げ。途中からバルデを置き去りにしてカルーゾーの独走状態。そして逃げ切り勝利。いや〜,美しい勝ち方だ!

ーーー

 そういえば,虫ゴムの不具合だと思われたママチャリ前輪はウルトラスローなパンクらしいことが判明。そろそろチューブを取り替えた方がいいかな?ママチャリは作業が大変なんだよなぁ。まあ,後輪でないだけマシだけど(苦笑。

IMG 7013

 晩飯時に脇を見ると,..大好きだったエルばーちゃんの遺影の前でマッタリするクロスケが。小さい頃は,どこに行ったかと思うとエルのお腹のところに潜り込んで寝ていたっけ。ネコのくせに犬臭い子猫になっていた(苦笑。

2021年6月12日 (土曜日)

安達太良山に登って,また弁慶へ

 起床は5時ごろ。今日はなでら女房の提案で安達太良山に登る。なんでも,くろがね小屋のカレーが美味いそうで,それを食おうと(が,後に衝撃の事実がわかる)。

 モタモタしていたせいで少し出遅れた。7時過ぎに自宅を出て,奥岳登山口に着いたのは8時半過ぎ。準備をしてゴンドラに乗り込んだのは9時少し前。

20210612adatara 1

20210612adatara 2

 今日は,このワイヤーとモーターと電力で駆動する便利な乗り物を使って横着する。何しろ,標高 900m ほどから標高 1300m ほどまで一気に標高差を稼ぐのだ(笑。

IMG 7015

 標高差 400m のお値段!(笑

IMG 7016

 奥岳の湯の入浴料が 50 円割引とか。

20210612adatara 3

 エゾハルゼミが開いている窓から飛び込んできた。ここのところ煩いほどに,その啼き声を耳にしているが,実物を見たのは初めてかも。ガンバレよ〜と逃がしてやった。

20210612adatara 4

 いや〜,モーターとワイヤーと電力の力は偉大だ!(笑

 9時過ぎから歩き出す。比較的低いところに雲が出ているようで,下界はよく見えない。陽射しがあって,意外に暑い。

20210612adatara 5

 まず,薬師岳へ。「乳首」と呼ばれる,安達太良の山頂部分がよく見える。

20210612adatara 6

20210612adatara 7

 今日は至る所で,この花が目に付いた。なんという花なのか?#ツマトリソウと言うらしい。

20210612adatara 8

 こんな花も目に付いた。

20210612adatara 9

 イワカガミも至る所で咲いていた。

20210612adatara 10

 え〜っと,ナンチャラツツジである(笑。

 雲の上に出ているせいか,日差しも強くて,やたらに暑い。日本で三本の指に入る汗かき男であるなでら男の額や顎からは,どこにこんなに大量の水分がと思うほどに,ダラダラと汗が流れる。ただ,なでら男の場合,連日のローラーで大汗流してるせいで,暑熱馴化が済んでいるので,流れる汗はほとんど塩分を含まない,サラサラの汗。なので,水分だけを摂っていれば熱中症の危険はない。ただ,汗の量がべらぼうなので,..。登り始めて30分ほどで,鉢巻代わりのタオルは絞れる程に。

20210612adatara 11

 頂上が近い。わずかに残る残雪が,..。この辺りまで来ると,風が吹けばだいぶん涼しくて助かる。が,上半身はすでにずぶ濡れ状態ではある。

20210612adatara 12

 頂上直下で見つけた花。

20210612adatara 13

 頂上の乳首が見えている。

20210612adatara 14

 こうして見ると,この乳首って奴は,噴火の時に盛り上がった溶岩ドームなのか?粘度の高い溶岩がモリモリっと溢れて固まったというイメージ。

20210612adatara 15

 もう,汗でズボンの上の方までずぶ濡れ状態のなでら男。腹が,..ザックのベルトにどっこいしょ!(苦笑。

20210612adatara 16

 なでら女房が鎖場を嫌がって頂上に立とうとしなかったので,なでら男が一人で登った乳首の頂上。あれ?4年前に登った時に,こんな小さなお地蔵さんがあったかなぁ?

20210612adatara 40

 これが現在の三角点標石なんだけど,..。

20171008adatara3

 これが,四年前の写真だ。見知らぬ方に収まってもらったが,比較してみると,手前に写っている三角点標石は今は傾いているし,祠の屋根はなくなっていて,その後ろの石碑はなくなっている。雪のせい?風のせい?

20210612adatara 41

 本日の混み具合はこんな感じだ。そこそこの人出だ。

DSCF0650 1

 気を取り直して,頂上からの磐梯山方面

DSCF0652 1

 頂上からの鉄山,沼ノ平方面。さて,降りよう。確か,この乳首の上は上りと下りの一方通行だったはず。登るときに同じルートを降りようとしている人が沢山いて,「あれ?向こうのハシゴのかかっているところが降り口ですよ〜」と伝える。でも,一人のおばさんは「あんなところ,絶対に落ちる自信がある」と妙な自信を見せて,登り口を降り始めるなど(苦笑。紅葉シーズンの混み合ってる時に,これをやられたら大混乱だな(苦笑。

20210612adatara 17

 降りて,待っていたなでら女房と軽く食事。くろがね小屋(何度となく,「てつざん小屋」と言い間違える。何しろ,「鉄=くろがね」なので)でカレーという頭があったので少な目にしておく。近くでランチ中の学生らしいグループが賑やかだ。「オレ,この夏の休みに東北各県の最高峰を登ろうかと思うけど,宮城ってどの山?」とか,「一人登山するので,もっとちゃんと装備揃えたい」とか。この若さから登っていたら,楽しいだろうね。始めるのが遅すぎた(苦笑。

DSCF0654 1

 太平洋側からの上昇気流で雲が湧いているようだ。スケール感を出すために溶岩上の見知らぬご夫婦に入って頂いた(笑。

DSCF0655 1

 次々と「乳首」から降りてくる人たち

 さて,汗も引いたし,腹拵えも済んだので,くろがね小屋に向かおう。

20210612adatara 19

 途中から振り返る「乳首」。上には沢山の人。多少密か?(苦笑

20210612adatara 21

20210612adatara 20

 さて,以前に登った時にも気になっていたのだが,これは「地衣類」という奴だろうか?付いている岩と付いていない岩があって,何か条件があるのかなぁ?と。それにしても,この厳しい自然環境下で,これだけ広がって繁殖できるのは大したものだ。胞子を飛ばすんだろうな。ほぼ一年の半分は雪の下で陽も当たらないので,一体どんな代謝のようなものがあるのか?

IMG 7007

 以前に,南方熊楠展に行った時に買ったハンドブックを眺めてみたが,よくわからない。

20210612adatara 23

 沼ノ平は,相変わらず,火星の景色はこんな感じか?と思わせる。遠く,秋元湖が見える。

20210612adatara 24

 降っていって,峰の辻。ここも濃霧とかに巻かれたら,遭難する危険がありそうだ。

20210612adatara 25

 くろがね小屋への下りの途中からの鉄山。秋には,物凄い紅葉に覆われる。東日本大震災で崩落した箇所は四年経っても変わっていない。

DSCF0659 1

 ここも一種の溶岩ドームなんだろうか?柱状節理みたいな構造だし。

20210612adatara 26

 くろがね小屋到着。で,カレーについて訊ねてみると,「あれは泊まり客だけの食事です」と。以前に来た時には,登山客がなにがしかの食事をしていたように記憶しているが,今時事情で泊まり客だけということになったものか。仕方ないのでコーラだけを買った。それにしても,レシートも持ち帰れと言う。始めからレシートを出さなければいいのではないかと(苦笑。

 さて,下山しよう。ここからはくろがね小屋への資材運搬用のジープロードをひたすら降る,ちょいと退屈なコース。

DSCF0662 1

 天狗の庭辺りから振り返ったくろがね小屋

 ここからの下りは適当に花など撮影して退屈を紛らわす。

20210612adatara 28

 なんだっけ?**フウロとか言ったっけ?色合いが異なるのが何種類か見られた。途中に「金明水」と言う水場があって,なかなか冷たくて美味い水だった。

20210612adatara 29

 タニウツギ,..じゃないよな

20210612adatara 30

 レンゲツツジ

20210612adatara 31

 これはなんだろう?初めて見た。

 前回チョイスしてエライ目に遭った,旧道には入り込まずにずっとジープロードを歩いた。なぜか,下りはスイスイと歩けて,先行者を随分と追い抜いた。ここのところ,セッセと歩いているせいか下りでの着地ショックに対する耐性が付いてきたのか?

 一番最後に,「あだたら渓谷遊歩道」に入る。渓谷沿いに木道が作られていて,なかなか気持ちがいい。印象的だったのが,..

20210612adatara 32

 魚止の滝。「よどめ」とも言うらしいが,..。昔は,きっとこの滝壺でイワナとかが沢山釣れたんだろうな。で,すぐ傍にあったのが,..

20210612adatara 33

 炭窯跡である。もやもやと頭に浮かび上がった妄想は,ここに泊まり込んで炭を焼いているおじいさんが麓から持ち込むのは米と味噌だけで,山から山菜を採り,この滝壺からイワナを獲って炭焼きが終わるまで過ごしたんだろうな,..ってもの(笑。

 そして,登山口に到着。「あだたら山奥岳の湯」で汗を流して終了。汗を流して,露天風呂でボケーっと山を眺めているのが至福だね。ここのお湯はくろがね小屋の源泉から引いているのかな?風呂上がりの牛乳がうまいぜ!

 その後,福島のなでら女房の実家に立ち寄り,義母にお土産のワラビのお浸しを渡して,ちょっとだけ茶飲み話をしてから辞去。もうじきお別れのなでら男の車。久しぶりに下道を走ってやった。

20210612adatara 34

 今日も一日ご苦労さん。

20210612adatara 35

 クロパパも番猫,ご苦労さん(笑

 その後,今夜も「弁慶」へ(笑。で,なぜか,結構な客がいる。何よりだ!

IMG 6998

 また来てしまった。

IMG 7002

 今夜はなでら女房のリクエストで,モツ煮込み,牛スジ煮込み,焼き鳥など。

IMG 7003

 細竹汁には,採ったばかりのものも入っていた。ラッキー!

IMG 7004

 締めは,オム飯!オムライスではない!卵かけご飯を炒めたもの。が,かなり美味い!!ご馳走様でした。

 帰宅して追加したら,あっという間に寝落ち。

2021年6月11日 (金曜日)

今日も真夏日!

 起床は2時半ごろ。もう少し早い時間に覚醒すれば天の川でも撮りに出かけたのだが,すでに天文薄明が始まっているのでもう一度寝ようと思ったけど寝付けず。仕方なく,4時過ぎには行動開始。なでら女房に声掛けてワラビ採りに誘ったが,眠気に簡単に負けたらしい(笑。

 仕方ないのでカメラぶら下げて夜明けの景色など撮りに行く。

20210611sunrise1

 古志田第3踏切からの昇る朝日

20210611sunrise2

 家並みから昇る朝日

20210611windmill

 いつの間にかできていた風力発電施設。景観を壊しても,再生可能エネルギーだとか持続可能だとかいうのは,命よりも健康が大事と言っているようなものかと(苦笑。太陽光発電のパネルとともになでら男の嫌いな景観である。

20210611nadera_p

 今朝の斜平山

 戻って来てクロスケとチョビを外に出して毛すきする。ついでにクロパパも毛すきしてやった。ここのところ気温が上がったせいか抜ける抜ける。

DSCF0647 1

 クロパパは本当に賢いネコだなぁ。チョビの毛すきをしている間は離れたところでじっとしていて,終わると擦り寄ってくる。なんだか,中身は人間みたいだ(笑。

DSCF0646 1

 その息子と思われる此奴は,今一つ賢くない(苦笑。

ーーー

 朝飯後にローラー51分,23km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 88rpm で。ここのところケイデンスが少しだけ上がったような。今日もジロの第20ステージ。一つ目の一級山岳を登り終えて,二つ目の一級山岳の頂上辺りで終了。今は選手のワット数なども画面に表示される時代だ。山岳を引く選手たちは 400W 前後を常時絞り出しているようだ。化け物だなぁ。

ーーー

 午前中は輪講。今日のお題は,一方拡散による蒸発現象と物質移動係数を用いた解析例。1時間とちょっと。

 昼になって,外に出てみるとムワッとした空気に包まれる。今日も真夏日のようだ。昼飯は,今日仕事休みのなでら女房と一緒に久しぶりに「米澤らぁけん」へ。

IMG 6994

 今日は冷やし味噌らぁめんを頂いた。中太麺だが,これが美味い!ご馳走様でした。またトッピング無料券を頂いてしまった。

 午後は採点作業。ようやく終了。さらに,来週の講義資料の手直し作業などを。あっという間に夕方になる。

Kion

 二日続けての真夏日だった。

 なでら女房が夕方に一人でワラビ採りに行ったら道の真ん中にカモシカが座っていて動かないので撤退して来たとか。もう,でかい声出して向かって行ったら逃げると思うけどなぁ。こればかりは,「逃げるは恥だが役に立つ」は当てはまらんと思うぞ〜・・(笑

 6時ごろに帰宅。昼休みに発覚したママチャリ前輪の空気抜け。その場で空気を詰め直して職場まで移動した。で,帰宅しようとしたらやはり空気は抜けていた。真性のパンクなら自宅から職場まで空気圧が持つわけないだろうと思うので,多分,虫ゴム部分の不具合だろうなと思う。なので,帰宅後に手持ちのものと交換。空気を詰めてから「一心太助」へ。

IMG 6997

 本来の丼(本マグロのカマトロ丼)の写真を撮り忘れた(笑。これはサザエ刺しとレモンサワーである。さらに,イワシの塩焼きが付いていた。どれも大変美味しゅうございました。ご馳走様でした。

 帰宅後,チェックしたら空気は抜けてなかった。やはり,虫ゴムの不具合だったのか。

2021年6月10日 (木曜日)

今年初の真夏日か!?

 起床は5時過ぎ。ミャーミャー煩いぞ。

IMG 6988

 今朝は大盛況!(笑

 なでら女房が夜勤でいないので,朝飯の支度やら,朝のゴミ出しやらで忙しい朝。

DSCF0633 1

 此奴らは天下泰平だ。クロスケの目の上にゴミクズ付いているぞ!(笑

ーーー

 朝飯後にローラー49分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。ジロの20ステージの続き。最初の一級山岳。23km 続く登り。バーレーンは新城が引き続けている。残り7キロ辺りまで仕事をして後方に離脱していった。逃げの5人はプロトンとの差を詰められながらも1分ほどの差で峠を越えて下りに入った。この辺りで終了。残り 56km ほど。

ーーー

 今日は最高気温が 30 ℃になるようだ。初の真夏日か。そして,GPV などを見れば,今夜も晴れるようだ。1時間くらいの露光で撮れる面白そうな対象ってないかな?時期的にはさそり座の周辺か,いて座の天の川辺りか。でも,今一つ食指が動かない(苦笑。

 午前中,採点業務の続きをやる。そして11時ごろから午後からの講義準備。頭の中でフィルムを回すように資料を眺めていくのだが,今一つ流れの滑らかさに欠けるところもある。思い切ってスライドを削るか,..。

 そんなことをしながら昼飯に帰宅するタイミングを図っていると,職場事務サイドから「職域接種」の希望調査のメールが来た。8月の始めと末に職域接種を行う予定だが,希望するや否や?というもの。米沢市の方がどうなるかわからないので一応希望しておいた。モデルナ製のワクチンらしい。学生たちにも全員希望調査のメールが飛んだようだ。

 そんなことをしているうちに昼飯を逃してしまった。1時から昼飯抜きで zoom 講義。今日は分量も多かったので,80分も掛かった。マイクと PC に向かって 80 分も一人で話していると,次第に頭がボーッとして異空間に迷い込んだようなおかしな気分になる。やれやれ,..。

Temp

 今年初の真夏日だったようだ。

IMG 6991

 今夜はどうするかなぁ。晴れるようだけど。なんだか,疲れて眠い,..。

 今週分の講義課題の解答例を作り始めて,あれ?この問題,情報が不足してないか?と気付く。どう考えても基点情報がないことには解けない。よくよく調べてみれば,他の問題ですでに情報が与えられているから,それを使えということのようだ。こういう問題の出し方はよろしくないぞ!アトキンス先生!!WebClass で,対象の問題を解答不要とのメッセージを流す。が,もしかしたら向学心旺盛な学生がわずかにいるかも知れないので(笑,基点情報に関するヒントを与えておいた。さて,何人がトライするか。

 6時過ぎたので帰宅。腹が減った。晩飯はなでら女房と「一心太助」へ。

IMG 6992

 庄内で捕れた真鯛と北海道のつぶ貝の丼。さらにイワシの塩焼きが付いていた。なんだか,グッタリしていたのでビールとレモンサワーも頂いた。ご馳走様でした。

2021年6月 9日 (水曜日)

暑い一日の締めに,ケンタウルス座Aを撮る!

 起床は5時過ぎ。予報では 28℃くらいになるとのこと。ネコどものためにエアコン点けてやるか(苦笑。

IMG 6982

 ハイハイ,起きればいいんだろ〜!(苦笑

IMG 6984

 チョビもスタンばっているし(苦笑。ちなみに,チョビは5年前の今日,なでら女房に我が家に連れて来られたらしい。

20160609chobi

 当時の写真が FB から発掘されたので貼っておこう(笑。チッチェ〜〜〜!(笑 手前はアカベェ。

20210609nadera p

 斜平山全景

DSCF0608 1

 苗もしっかり育ってきている

DSCF0610 1

 晴れてはいるものの透明度が悪く,西吾妻山は全く見えない。GPV 予報では午後8時から9時は晴れそうだが,この透明度の悪さでは難しいか?明日も仕事があるしなぁ。流石に夜更かしはしたくないので,夕方の天気を見て,ケンタウルス座 A にチャレンジしてみるか。

ーーー

 朝飯後にローラー46分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 84 rpm で。さて,ツールが始まるまでは,これまでのストックを消化せねば。ということでジロの第20ステージを。一級山岳を3つ登って最後の頂上ゴールのステージ。最初の一級山岳は距離 23km,平均勾配 7% くらい?その途中まで。プロトンはバイクエクスチェンジとドゥクーニンクがコントロール。その後方にマリアローザのベルナルを擁するイネオスが陣取り,その後方には総合2位のカルーゾを擁するバーレーン勢。5人だけになってしまったバーレーンの先頭を新城が引く。グランツールの最終ステージ前日の山岳で日本人選手がこのポジションで走っていることを,例えば 1990 年代辺りに,一体誰が想像しただろうか?

ーーー

 採点業務は続く。かなりのストレスを感じる作業。

 昼は自宅飯。気温が大分上がっていて,暑い。でも,朝の透明度の悪さは多少改善されたようだ。午後8時前に出撃してみるか。

 午後も採点業務は続く。さらに,明日の講義資料と課題のチェックとアップ。来週の講義課題ができてないんだよね。

 さらに,大学院生の研究計画書なるものを提出しないといけないとかで,それを見せに来るんだが(締め切りは明日なのに),どこかが違う,ゴールというか着地点が明確でない。ということで小一時間ディスカッション。触媒が絡む研究なんだが,方向性を間違うとドツボに嵌って,虻蜂取らずなものになってしまう。もっと,深く考えないと,..。

 なんてやっていると6時になる。明日の講義資料と課題をアップして業務終了だな。なんだか,この時間になると疲労感を感じるようになってしまったな。

 そういや,実家のお袋が昨日ワクチンの接種を受けたらしい。電話してみると,注射したところが痛くて腕を上げられないとか。まあ,筋肉注射なので,刺しどころによってはそういうこともあるだろうね。さらに,37.2℃の微熱もあるとか。まあ,薬液がしっかりと入って抗体が作られ始めたということだな。今日は一日楽にしているように言っておいた。2回目は三週間後らしい。これで今月末にはお袋に関しては一安心かな。

 7時少し前に帰宅。軽く飯を食ってから車に機材を積んで8時少し前に撮影場所に向かう。南の低空の雲が気になるけど,まあ,なくなるだろうと楽観。

 8時少し前からセッティング開始。何しろ天文薄明が終わるのが午後9時である。極軸を合わせて,ピントを合わせて(甘いけど),スピカでアラインメントして,ケンタウルス座A を導入。前回のオメガ星団と同様にほぼレンズは水平だ。前回はモニターを見てすぐに写っているのが分かったが,今回は,「うっすらと中央に写っている?これなのか?」という程度。視直径はオメガとそれほど変わらないし,6等級に近い明るさを持っている。写すのはそれほど難しくないはずだと思いながら,何枚か撮影。

Dscf0616_1

 暗くなりだした頃の一枚。金星と火星と祝瓶山と大朝日岳が写っている。

Dscf0618_1

 夕暮れの列車

 さて,それでは画像処理したものをお目にかけよう。結論から言えば,小さすぎるので周辺減光は問題なくなるほどに周辺をトリミングした。換算焦点距離は倍以上の 1500mm に近いのではないかと思う。低空で明るいガイド星がなくて,オートガイドの精度も今一つだし,うっすらと靄のようなものもあるせいかピントも甘い。まあ,写っただけで吉としよう。

20210609centaurusa2

 ケンタウルス座 A, NGC5128,Nikon D600, Tamron 150-600mm(600mm), F6.3, ISO1600, 2 min x 8, SkyWatcherEQ5GOTO, SS-one AutoGuider Pro

 中央に見える,中央に割れの入ったような丸い星雲が「ケンタウルス座A (NGC5128)」である。地球からの距離は 1300 万光年ほど。なので,写った光は 1300 万年前に星から放たれたものだ。太陽の光エネルギーの五千万倍の電波エネルギーを放出している強力な電波源で,中央には太陽の一千万倍の質量を持つ巨大ブラックホールがあると言われている。米沢でも見ることができることがわかって嬉しい(笑。あと,残された宿題はカノープスだな(笑。10月末を待とう。

Dscf0625_1

 撮影風景。兜山方面に見えているんだなぁ〜と。左手にはさそり座が。

IMG 6989

 米沢の撮影場所からのケンタウルス座A は高度9度弱である。先だってのオメガ星団よりは高い。

 明日もあるので9時過ぎには帰宅。一杯やりつつ画像処理(笑。勝手に撮影させている間に,ちょこっと撮ったのは,..

DSCF0630 1

 斜平山に沈むしし座

DSCF0627 1

 カラス座と山並みと水鏡。

2021年6月 8日 (火曜日)

晴れの予報だったんだが,..

 起床は5時ごろ。さ〜てと,布団の上で腰周りのストレッチをしていると屋外からいつもの唸り声。ハイハイ,シロスケが来たのね。

20210608sirosuke

 お前!元々は白猫じゃないのか!?もう,汚いなぁ(苦笑。以前は時折小綺麗になって現れたこともあったけど,最近では汚れ放題じゃないか。もう完全に野良になったのか?しかも,クロパパ用の餌を食って満足したようで(あるいは他で餌をもらって満足したのか?),エサをやってもゴロゴロと寛ぐばかりで食おうとしない。でも,少しだけ近づけるようになったかな〜。う〜,シャンプーしてやったら気分がスッキリして気持ちいいだろうな(オレの気持ち:笑。

 諸々のことを済ませてもう一度外に出てみると,シロスケはどこぞに消えていた。自由だなぁ(苦笑。クロスケとチョビを外に出して毛すきをしてやる。

20210608kuro kuro

 「とーちゃん,おはよう!」「倅,ヘタレのくせに,図体ばかりデカくなりおって!」(笑

20210608flower

 庭にたくさん咲いてきた,この花は一体何?

20210608siran

 紫蘭は結構綺麗に咲いた。どんどん増えていいんだが,..。予報では晴れるようなことを言っていたが,ドン曇りの状態になってきた。宿題のケンタウルス座 A にはいつアクセス出来るのか?そもそも手持ち機材で写るのか?作例を見ると,かなり長焦点で皆さん撮ってらっしゃる。600mm に APS-C くらいならいけるかな?

IMG 6978

 昨日買った雑誌。どうも,最近,余計な,使いもしないものを沢山持って登っているように思う。他の方々はどんな荷物を?と気になったので買ってみた。

ーーー

 朝飯後にローラー50分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 83rpm で。ドーフィネの第8ステージの続き。最後の超級山岳の入り口で抜け出したパデュンの独走が止まらない。プロトンとのタイム差が詰まらない。プロトンからクライスバイクが飛び出したが山岳ポイントのだいぶん手前で九州。リーダージャージのリッチー・ポートを引き連れてダウンヒルするトーマスが落車で遅れる。最後のカテゴリーのない登りに入ってもパデュンの勢いは止まらず,結局独走で二連勝。さらに山岳賞も獲得。後続では,ようやく先頭集団に復帰したトーマスがポートを引く。こうして無事にリッチー・ポートが総合優勝を果たした。トーマスは総合3位。イネオスが,総合の1位と3位を占めた。

ーーー

 午前中は,なんで,こんな間違いを!?に苛立ちを覚えつつ,遅々として進まぬ採点作業をこなす。ストレス溜まるなぁ(苦笑。

 昼は自宅飯。で,食後はマッタリと,上の雑誌を眺めてみるなど。まあ,バリエーションに対する答えは場数をこなすことでしか得られないという,当たり前過ぎて詰まらない結論だ(苦笑。

 午後一で会議。ボスの素晴らしい采配で1時間と掛からずに終了。全くもって素晴らしい。

 その後も採点作業は続く。夕方5時になってようやく全体の半分を終えた。辛い。あと半分。明日一日で終わるだろうか?時間的には終わるかもしれないけど,メンタル的に無理かも知れん。まあ,今週中に終われば吉とする。

 午後から雨が降るかも知れなかったのだが,幸い降らなかった。今夜も南の低空はダメそうだなぁ。そして,陽が長くなり,夕暮れの天文薄明終了が午後9時に近い。そして,明け方の天文薄明は午前2時半に始まる。

 採点のストレスから Nik Collection 4 のアップグレードをポチってしまうなど(苦笑。

DSCF0600 1

 6時半過ぎに帰宅。陽は山陰だった。

2021年6月 7日 (月曜日)

腰も背中もガタガタだ〜!

 起床は4時半ごろ。実はもっと前に目覚めていたが,なんとかもう一度寝ようと,..。それにしても,腰の痛さよ(苦笑。布団のど真ん中にはクロスケが大きな顔して寝ているし,チョビは布団脇にドデデ〜〜ンと寝てるし。もう,寝ていても仕方ないので,起きて,カーテン開けたり,昨日の洗濯物片付けたり,乾いた登山靴に防水スプレー振ったり,..そんなことをしていた。それにしても,腰が痛い。腰というのか,腰周り全体が重っ苦しい感じなのだが。ストレッチをしたりすると幾分軽快する。

Kuropapa

 一昨日,熊野山から帰って来たときのクロパパ。オレは,立派に家を守ったぜ!という感じ(笑

ーーー

 朝飯後に循環促進ローラー55分,23km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 rpm 前後で。ドーフィネの第8ステージを観戦。最終日なので,後はツールが始まるまで録画,観戦のサイクルはしばしお休み。新城とチームメイトの若いウクライナ人のマーク・パデュンが昨日に続いて逃げている。

ーーー

 今日は一日中間テストの答案を睨んでいた。サービス問題だと認識してたんだが,..(苦笑。

 逃避行動で生協で星の雑誌を引き取って来たりしていた。あれ?星ナビに SS-one のほんまかさんの取材記事が,..(笑。

 採点業務にうんざりして,さらに今週の講義資料などを見直して,なんだか,グッタリして6時過ぎに帰宅。

IMG 6977

 夕食は「一心太助」へ。サーモンの丼を頂く。美味し!ご馳走様でした。

2021年6月 6日 (日曜日)

雄国沼から雄国山へ

 起床は5時台。昨夜,なでら女房と協議して雄国沼に行くことになった。桧原湖湖畔の雄子沢(おしざわ)口から沢沿に雄国沼まで3キロちょっとのハイキング道があるので,そこを歩こうと。

IMG 6968

 昨夜,kindle で読了。上田秀人氏の初期の作品集だとか。ジャンル的には歴史ミステリーと言うのかな?例えば,竜馬を殺したのは実は,..。赤穂浪士の討ち入りは実は,..。なんて話が沢山ある。なかなか楽しめた。

 なんだか,朝からお腹の調子が悪く,なでら男が便座にしがみつかれている感じ(苦笑。そんな訳で出発が遅れる。白布峠を超えて,桧原湖湖畔を半周して,「道の駅裏磐梯」でトイレ休憩。

IMG 6969

 そこで見つけた面白い貼り紙(笑

 雄子沢口の駐車スペースは満杯。仕方なく少し先まで行って道端の駐車帯に車を停める。準備して舗装路をポコポコと歩いて登山口(いや,ハイキング道入口だな)に到着。

20210606oguninuma 1

 ラビスパ裏磐梯かぁ。雄国山に登る途中で出会ったご夫婦が,車を停める場所がなくてラビスパ裏磐梯に停車して,そこからピストンで往復だと言っていたっけ。さて,行こうか。雄国沼休憩舎まで 3.3km で標高差 200m ほどらしい。登山口が標高 900m で雄国沼休憩舎が標高 1100m だとか。

20210606oguninuma_2

 いくつかコースがあるのね。八方台から猫魔ヶ岳を経由して雄国沼に入るコースもある。

20210606oguninuma 3

 こんな新緑のハイキング道を歩く。急登とかもないし,比較的歩きやすいので小さな子供を連れた方々が目立つ。左手下からは雄子沢のせせらぎの音が絶えず聞こえて,さらにエゾハルセミのうるさいくらいの鳴き声も聞こえている。歩きながら周囲の樹木を眺めていたが,ブナに混じって,えらくトチノキが多い。なんでこんなに多いのかと訝しむほどに多い。種が落ちて沢沿いを流れて色々な場所で芽を出すんだろうか?

20210606oguninuma_4

20210606oguninuma_5

 相変わらず花の名前はわからない。下の写真の花だが,なかなか面白い形をしている。6枚の星状に並んだ葉の真ん中から茎が出てその先に白い小さな花が付いている。

20210606oguninuma 6

 ブナの緑は綺麗だなぁ。

20210606oguninuma 21

 1時間ちょっと歩いて(これだけで,なでら男は水を被ったような発汗状態),雄国沼休憩舎に到着。周辺のレンゲツツジが綺麗だ。ちょっとだけトイレ休憩して,雄国沼散策に出発。

Dscf0587_1

 今年はコバイケイソウが沢山咲いていた。これだけ咲くのは10年振りだそうだ。咲いたばかりのコバイケイソウを間近で眺めたのは,もしかすると初めてかも知れない。いつも,花の先端が茶色くなったりして,ピークを過ぎた花を見ることが多かった。

Dscf0585_1

 ニッコウキスゲはまだ固いツボミ状態だったが,一輪だけ開花しているのを発見。ニッコウキスゲのピークは今月末辺りかな。

20210606oguninuma_kobaikeisou

 なかなか見事だ。確かに,この規模の群生は見たことがない。

20210606watasuge

 ワタスゲも咲いていた。小さな紫のリンドウも咲いていたし,なかなか楽しめた。なでら女房がネットで検索した新聞記事にレンゲツツジが見頃とあったが,湖畔のレンゲツツジはまだ少し早かった。写真の撮り方で騙された感がある(苦笑。

Dscf0582_1

 レンゲツツジとコバイケイソウの競演は今週末かな?一回りしたので,休憩舎に戻ってランチにしようと,来た道を戻ったのだが,ん?どう見てもご近所に買い物に来たようなおばさま方がいらしたぞ!金澤峠までのシャトルバスは動いていないと言うことだったけど。休憩舎の管理人みたいな方に訊いたところ,シャトルバスは運休だが,金澤峠まで車で入れるとのこと。6/19 からは金澤峠のへの林道は全て封鎖されるらしい。それにしても,車でのすれ違いも容易でない道なんだが,..。今年も規制するらしい

20210606oguninuma 7

 さて,ランチにしよう。このセットばかりだな(苦笑。

20210606oguninuma 8

 今日は,このスタンダートバージョンだ!(笑

 飯を食っていると,休憩舎の管理人みたいな人(?)が,芝生の上にかがみ込んで何か写真を撮っている。早速,なでら女房がリサーチ。どうやら,小さなリンドウ(フデリンドウ)が咲き始めているらしい。

20210606oguninuma 9

20210606oguninuma 10

 こんな花である。花の高さは 1cm ほどだろうか。なかなか可憐な花である。うっかり踏み潰しかねない。

 1時前に帰路に着いたが,..

20210606oguninuma_11

 現在地から雄国山山頂まで 1.2 km とある。う〜ん,まだ時間はたっぷりあるし,標高差は150m ほど。これは行くしかあるまいと。膝が心配だからと尻込みするなでら女房。ゆっくり行くと言うなでら女房を置き去りにしてせっせと登り始めた。ちょっとだけ急勾配な箇所はあるが30分ほどで山頂に到着。

20210606oguninuma 22

20210606oguninuma_12

20210606oguninuma_17

 山頂直下辺りからは雄国沼の全貌が見渡せる。これは素晴らしい。燧ケ岳からの尾瀬沼を彷彿とさせる景色だ。ニッコウキスゲのピークには雄国沼の縁がオレンジ色に染まるんだろうな。また,その頃に来たいな。

20210606oguninuma 13

 山頂には展望台が設置されている。ご夫婦が食事中だった。

20210606oguninuma 14

 三角点。地図によれば,この先に展望があると書いてあったので,先に行ったが何もなかった。そんなことをしてると遅れて登って来たなでら女房が頂上到着。

20210606oguninuma_15

20210606iide_kitakata_p2_s

 山頂から喜多方の町並みと飯豊連峰を望む。

20210606oguninuma_16

 磐梯山も見える

20210606iide_kitakata

 レンゲツツジ越しに見る喜多方と飯豊連峰

 分岐まで戻り雄子沢の登山口まで戻る。

20210606oguninuma_18

 途中で見たブナの老巨木。樹齢300年以上だろう。雪のせいだろうか,太い枝が折れてしまっている。森の主の風格。

 車に戻り,近場の温泉で汗を流して行こうかと思ったが,なんだか日帰り入浴場所を吟味するのも億劫になって直で帰ることに。白布の「かもしか」で一本仕入れてから帰宅。

20210606oguninuma 19

 今日も,ご苦労さん!

20210606oguninuma 20

 クロパパ,今日も番猫,ご苦労さん!(笑

IMG 6970

 車に戻るときに道端で太いウドを見つけたので頂いてきた。キドサもなく,柔らかいし,えらく美味かった。

IMG 6971

 そして,「かもしか」で買ったこの酒もえらく美味かった。鶴岡の楯の川酒造の酒だとか。

2021年6月 5日 (土曜日)

熊野山から東洋のアルカディアを眺む!

 起床は5時半ごろ。なでら女房は早番らしく,活動を始めている。

DSCF0565 1

 今日はまずまずの天気か。暑くなるかも。

 さて,なでら女房は出勤し、なでら男は9時ごろまでダラダラとテレビを眺めたりしていたが,こんなことではいけないと地元の低山歩きに出かけることにした。目的地は,長井の熊野山である。なんでも,頂上からの散居集落の景観が素晴らしいとのことで,水の入った田んぼと散居集落の写真を撮ろうと思った次第。最近では,深夜にスタートして,明け方の散居集落を撮影するというイベントもあるとか。そんなこんなでちょいと気になっていた里山である。

 モタモタしていて,コンビニで食料を調達して出発したのは10時過ぎ。長井の「野川まなび館」なるものを目指す。どこなんだかわからなかったので車のナビに入力しようとしたが、「のがわま」まで入力すると勝手にとんでもない場所の候補を上げてくる。なんだ,このナビのクソ仕様は!(怒。頭に来て iPhone の Yahoo ナビだかを使うことに。

 で,結果から言えば,このYahoo ナビも川沿いの土手の何もない場所に誘導してくれた。しかも,交通量の多い道を選ぶものだからえらく時間がかかった。改めてネットで検索して地図表記させてみれば,なんだ自転車で何度か走ったことのある辺りだった。クッソ〜・・時間食った。最初から場所を確認すれば手間要らずだったな。

 で,「野川まなび館」に車を置いて準備して歩き出す。上の「山形百名山」のページは眺めていたのだが,キチンと目を通してなかったために大チョンボをやらかした。頭にあったのは「スキー場のゲレンデを登る」という一点だけ。だから,てっきりすぐ近くにスキー場が見えていて,そこに歩いていけばいいんだろうと思っていたが,どこを見渡してもスキー場など見えない。いささか途方に暮れて,すぐ目の前の民家に助けを求めた。 

 玄関先に現れた若いお母さんに、「熊野山に登りたいんですけど,登山口はどこになるんでしょうか?なんでもスキー場のゲレンデを登るというのですが」と訊ねると,「え〜っと,ゲレンデから登るんですか!?この道をしばらく登るとスキー場の看板があります。でも,歩くと結構ありますよ」と。「まあ,多少歩いても構わないので行ってみます」ということで大分気温の上がりだした舗装路を歩きだしたのが11時半ごろだった。

20210605kumanosan 23

 しばらく歩くと,祝瓶山に登った時に,へ〜,こんなところにスキー場が・・と思った記憶のある場所に出た。ああ,スキー場って,これだったのか(ちなみに,上の写真は下山時に撮影したもの)。本当は登山口を訊ねたお宅のすぐ裏手に登山口があって,そこから登り始めて10分ほどでゲレンデに出たらしい(下山後にわかった)。上の登山サイトを読めばそう書いてある。ろくすっぽ情報を確認せずに動くからこうなる。いつも,なでら女房に小言言われる点である(苦笑。

20210605kumanosan 1

 トボトボと歩いていたら、景色が開けてゲレンデに出た。ここまで車で来れるらしい。

20210605kumanosan 2

 へ〜・・なるほどね。と眺めていると,上の方から何人かの登山者が降りてきた。まあ,時間的に昼までのコースだよね。こちらもゲレンデを登り始める。それにしても,頂上が 670m だから,下からだと約 400m のアップか。そこそこだな。

20210605kumanosan 3

 わかりやすいというか何というか,..(笑。

20210605kumanosan 4

 ゲレンデの上の方から眺める。地元の小学生とかを遊ばせるにはいいスキー場だな。ゲレンデを離れると,登山道は林の中へ。

20210605kumanosan 5

 こうした道標がいくつもあるし,登山道はきれいに整備されているし,ちょっとだけ急登部分はあるけど大したことないし。やっぱり,地元の方々に愛されている信仰の山というのは,斜平山もそうだけど,こんな感じになるんだね。

20210605kumanosan_6

 ちょっとだけ急勾配の箇所を過ぎると,..

20210605kumanosan 8

 お〜,至れり尽くせりだ!(笑

20210605kumanosan_7

 絶景が,..。野川と散居集落と田植えの終わった水田の風景。日本の原風景だな。

20210605kyuukeichi_

 せっかく,重いデジイチと望遠レンズを担いで来たので,下山時に同じ場所で撮影した画像も載せておく。左隅に車を停めた「野川まなび館」が見える。

20210605kumanosan 9

 熊野神社に到着。ウッドデッキのような、休憩所のようなものがある。

20210605kumanosan 10

 そのウッドデッキからの景色。帰りにここでランチにしようっと(笑

20210605kumanosan_11

 神社の由緒などを読む。やっぱり,熊野と付くからには,元々和歌山の熊野大社からの分詞なんだろうな。地元の産土神として信仰を集めているらしい。

20210605kumanosan_12

 本堂の少し脇に御神木の杉の巨木がある。実家の近くの高蔵寺の御神木よりも一回り太い感じ。樹齢はざっと千年近いかも。

 先に進むと第一展望地,第二展望地と四阿風の屋根のある展望場所がある。第一,第二ともに長井ダムとその向こうに東北のマッターホルンと呼ばれる祝瓶山を望める。

20210605kumanosan_13

 真ん中が祝瓶山で,右手に残雪の頂が見えているのが大朝日岳である。

20210605iwaigame_damu

 これもやはり重いデジイチ担いで登ったので,デジイチの画像も上げておこう(笑

20210605iwaigame_s

 祝瓶山のアップも上げておこう。何しろ,重いデジイチと望遠レンズ,..もう,いいか(笑

 それにしても,暑い。止めどもなく汗が流れ続ける。すでに上半身はずぶ濡れでズボンにまで染みている。下手すると靴下から靴の中にまで行きそうだ。何しろ,日本で三本の指に入るほどの汗かきである(他の二人は知らんけど:笑

20210605kumanosan 14

 神社までは参拝道という感じで登山道の両側は主として杉の木だったが,神社の先,山頂方面に進むとブナなどの広葉樹が主になる。

20210605kumanosan 15

 で,ようやく山頂に到着。地元の方々によれば,熊野神社のある場所を熊野山,この三角点のあるピークを無名山というらしい。

20210605kumanosan 16

 ここが標高 670m の三角点。斜平山よりも若干高い。

20210605kumanosan_17

 置賜盆地を一望できる展望地がある。

20210605okitama_bonchi_p_s

 この景色を撮るために重いデジイチと望遠レンズを,..もういいって(笑。4枚パノラマである。これがイザベラ・バードが東洋のアルカディアと称した風景である。田植えの済んだ田んぼに浮かぶように点々と存在する散居集落が美しく,何か懐かしような気分にさせてくれる。

_dsc0244

 一枚ものもアップしておく。いや〜,見ていて飽きないね。

20210605kumanosan 18

 証拠写真も撮っておいた(笑。小さな三脚を持ってこようといつも思っているが,いつも忘れる(苦笑。

 さて,下って神社のところでランチにしよう。エゾハルセミの声がうるさい程だ。

20210605kumanosan 19

 第二展望地のところで見つけた花。なんて言ったかなぁ?

20210605kumanosan 20

 神社まで下って。ウッドデッキのようなところでランチ。こういう場所があると椅子を出さなくてもいいから楽だね。

20210605kumanosan 21

 こんな景色を眺めながら食えば,カップ麺でもレストランの味に,..なるわけないか(笑

20210605kumanosan 22

 30分ほどのんびりした。さて,下ろう。休憩地まで下ると,賑やかな話し声がしておばさん4人組が登ってきた。訊けば,頂上まで行くという。お気を付けてと別れるなど。この下でも一人の登山者と出会った。結構,登ってきてるんだなぁ。

 スキー場からまた舗装路をテクテクとまなび館まで歩く。お!ウドの群生!などと思いつつ歩いていた。で,ほぼ帰り着いて、ふと脇を見れば,..

20210605kumanosan 24

 なんだよ,登山口,ここじゃないか(苦笑。道を訊いたお宅のお母さん,登ったことないな(苦笑。

20210605kumanosan 25

20210605kumanosan 26

 歴史があるみたいだね。こういうの,例えば「野川まなび館」とかに文書として残してないのかな?

20210605kumanosan 27

 さて,車に戻って温泉で一汗流してから帰ろうかと「がまの湯」を目指した。真夏の日差しに近い。

20210605kumanosan 28

 熊野山は,この山で合っているのかな?山頂は山向こうのようだけど。

 一刻も早く,汗まみれの体を流したいと「がまの湯」に来てみれば,..

20210605kumanosan 29

 が〜〜〜ん!なんてこったい!仕方ない。もう,うちに帰ってシャワーだ!(後で考えれば,小野川温泉に寄っても良かったんだ)。

20210605kumanosan 30

 帰って後始末。なかなか楽しい里山だったな。

IMG 6963

 夕食は「一心太助」へ。海鮮丼を頂く。ビールももちろん頂いた。ご馳走様でした。

 さて,明日はどこに行こうか?

2021年6月 4日 (金曜日)

雨の週末,久しぶりに弁慶へ

 起床は4時過ぎ。あれま,なんだか早くに目が覚めた。まだ眠いなぁと思いつつ,まあ,いいかと布団の上で腰回りのストレッチを始めると,8キローズが寄ってきて,物欲しそうな顔でこちらを見る。ハイハイ,エサね(苦笑。

 昨夜の予報からてっきり朝から雨だろうと思ったら今にも降りそうだが降っていない。チョビとクロスケを庭に出して遊ばせて毛すきをしてやる。クロパパが見えないが,ここのところ縄張りの朝パトロールが忙しいらしい。

20210604shiran2

20210604shiran3

20210604shiran4

 シランの株がちょっとだけ増えた。

 6時台から雨が降ってきた。今日はあとはずっと雨のようだ。

ーーー

 朝飯後にローラー55分,24km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 83rpm で。昨夜のドーフィネの第5ステージ。距離 175km で獲得標高差 2300m の「平坦」ステージらしい。残り 25km から。残り 14km に距離は1キロちょっとだが,平均勾配12%,最大勾配 23% の二級山岳がある。スプリンターが残れるかどうかが勝負だったが,何人かのスプリンターはクリア。その中にバーレーンのコロブレッリがいた。こりゃ,スプリントになったらコロブレッリの2勝目は堅いかなぁと思っていたら,残り1キロのところのヘアピンカーブでイネオスのゲラント・トーマスがアタック。トラックで培った抜群のスピードで後続と差が付いた。後続が必死に追うが,差が開き始める。アチャ〜・・こりゃ決まったかと思っていたら,ゴールまで残り 150m ほどからコロブレッリが猛烈なスプリント開始。トーマスにグングン近づいたが最後は半車輪ほどの差でトーマス勝利。それにしても,コロブレッリ,TT を除くこれまでの4ステージで1位1回,2位3回だ。しかも,2位のステージは全て逃げ切られたもの。こんなこともあるんだなぁ。さて,今日からは山岳ステージ三連戦だ。

ーーー

 午前中は輪講。今日は物質移動の話。まずは,直交座標,円筒座標,球座標でのシェルバランスの取り方の話を。さらに,丸い芳香物質から拡散していく香りの濃度分布を求める問題。残りは来週。

 昨日,アップしてもらった中間テスト(演習課題みたいなものだけど)を WebClass でチェック。6問あるので,答案の延枚数で約900枚かぁ。採点作業に取り掛かるために超えなくてはいけないエネルギー障壁の高さよ(苦笑。

IMG 6948

 通勤路の一軒のお宅でニゲラが綺麗に咲いていた。これのタネもらえないかな?(笑

 昼は自宅飯。うっかりマスクを忘れたので,途中コンビニに寄らなかった。で,何を食うかと考えて,久しぶりにカレーが食いたいと。そこで,飯を炊くことから始めた。炊飯器を初めていじるのだが,直感に従って操作して「早炊き」モードを発見。炊き上がるまでの約30分を本を読んで過ごす。

IMG 6949

 炊けた!!水にほとんど漬けなかったし,蒸らしもなかったけど,まあまあの炊き上がりかな。

IMG 6950

 ようやくランチ!カレーは本当に無難なメニューだ(笑

 午後からは中間テストの解答作り。正直言って面倒くさくてやりたくない(苦笑。採点は来週だなぁ。とても今日手を付ける気にならない。再来週の講義資料作りも終わってないし。そんな訳で,解答例を作ってから,せっせと講義資料作り。で,改めて教科書を読み直してみると,..グワァ〜・・えらく内容が違っている。いや,内容は同じなんだろうが,項目は違ってるし,展開も異なる。参ったなぁ。昨年,オンラインということで,あれだけ苦労して作った資料がほぼ作り直し。泣けるぜ(泣。外はザーザー降りの雨。なでら男の涙雨(ウソ:笑

 5時半ごろに仕事帰りのなでら女房に拾ってもらって帰宅。そして,6時過ぎになでら女房と晩飯食いに,久しぶりの「弁慶」へ。

IMG 6952

 お久しぶり!そういや,FaceBook に「弁慶友の会」なるグループが作られて,なでら男もメンバーに入っている。

IMG 6904

 そのプロフィールがこれ!このイラストとキャッチコピーが秀逸だ!(笑。もう,通い始めて30年以上である。

IMG 6953

 安心安定のメニューで,ビール,焼酎の水割りを頂く。なでら女房は定番のカレーを食した。なんだか知らんけど,美味いんだよな(笑

IMG 6954

 そして,これこそが「ザ・弁慶締めのメニュー」の「チャルメラ」である。なんてことはない,インスタントラーメンのチャルメラなんだが,おかしいくらいに美味い。いや〜,久しぶりに堪能。ご馳走様でした。

 帰宅して軽く追加したら意識不明に(笑。さて,明日は何しようかなぁ。

2021年6月 3日 (木曜日)

ワラビ採りという名の早朝草むしり作業

 起床,.というか寝落ち覚醒したのは3時ごろ。カーテンの隙間から外を見れば月が出ていた。頭の中がハッキリせずに,飲み残したウィスキーのハイボールなどを呑みつつ,ボケーっとしていた。で,4時少し前に,よし!ということで,..

20210603morning moon

 月を撮った。月齢 22 である。すでに空は青くなっている。今の時期は,天文薄明が午前2時半ごろに始まるらしい。気候が良くなると夜は短くなるし,夜が長くなれば寒くて長時間外にいるのは辛いし,..。あちらを立てればこちらが立たず。世の中はトレードオフに満ちている(笑。

DSC0237

 月の脇には木星が明るく輝いていた。

 撮影を終えて家に入ると,トイレに起きたなでら女房が「ワラビ採りに行こう!」と。これから寝ようと思ってたんだけど,..。仕方なく付き合うことに。マウンテンバイクも考えたけど,多分,まだドロドロは解消されてなかろうと,麓から歩くことに。歩くのもなかなかいいんだよねぇ。

20210603warabitori 1

 ドッグランに車を停める。昇ってきた朝日を背にして林道(ジープロード)を登る。登り始めた林道は,先だってに比べればだいぶん乾いて来ているが,まだぬかるんだ箇所があちこちに見られる。明日,また雨のようなので,さらにぬかるんだ状態に戻るんだろうな。当分,マウンテンバイクのワラビ練は止めておくか。たまには違う種類の筋肉動かした方がいいだろうから,週に2回くらいは山道歩きを入れてみるか。

20210603warabitori 2

 途中,雪解け水が浸み出して来て,一番ドロドロになっているセクションは,相変わらずだった。マウンテンバイクで走れないこともなさそうだけど,洗車などの後始末が面倒すぎる(苦笑。

20210603warabitori 3

 道端の杉の木。これは熊による皮剥ぎだろうか?

20210603warabitori 4

 この時期の,陽にかざした朴の木の葉の透明感のある緑は溜息が出るほど美しい。

20210603warabitori 5

 いよいよ,草むしり作業場に到着。作業にかかろう(笑。時刻は5時少し前。

 昨日は人が入っていなかったのか,そこそこワラビは生えていた。なでら女房は七曲の下の方で,なでら男は斜面を登りつつせっせと草をむしる(笑。

20210603warabitori 6

 朝靄の中,幻想的な水鏡の風景。これを見るだけでも早起きして山道を登って来た価値がある。陽が写り込んだ,ルタ・デル・ソル(太陽への道)だな。

20210603warabitori 7

 ウワミズザクラの実。これが色づく頃に収穫して砂糖とともに焼酎に漬け込んで果実酒が作れる。さて,6時過ぎに草むしり作業は終了した。

20210603warabitori 8

 5キロのむしった草(ワラビ)を背負うなでら男(笑。5キロだと,紐が食い込んで肩が痛い(苦笑。帰宅したのは6時20分ごろ。約1時間半くらいか。いいエクササイズになったな。先だってよりも左足の痺れとか斜面での安定性とかは改善されていた。理由は知らんけど(苦笑。それにしても,急斜面でのトラバースや登り降りなどでのバランス,移動スピードは昔に比べて格段に落ちた。まあ,致し方ないことなんだろうけど,ちょっとした寂しさも感じる一時。

20210603warabitori 9

 5キロの山からの恵み。なでら男,なでら女房,共に 2.5 キロで引き分けだった。グヌヌ,腕を上げたな!

 シャワー浴びて,ワラビの灰汁抜きやって,朝飯食って,さて,今日も仕事するぞ!

 ということで,講義資料の5回分を4回分に圧縮する作業をヒイヒイ言いつつ進める。一回分の分量がかなり多くなってきたので,補足的な説明のスライドなどを「付録」ということにして最後に加えるか,別資料としてアップすることにした。

 昼は,休みのなでら女房と久しぶりに「麺や 貴伝」へ。

IMG 6941

 今日も肉中華。大変美味しゅうございました。ご馳走様でした。

 午後からは中間テスト。最初の10分くらい注意事項を話して,後は頑張れと。簡単な問題にして中間テストでベース点を確保してもらって,対面期待の期末テストで各人に差を付けるという目論見なのだが,果たして上手く行くだろうか?

 その後もせっせと講義資料を作成。体裁が変わっただけで内容的には大して変わらないと思っていたアトキンス先生の教科書だが,意外に細かな変更箇所が多く,実にシンドイ。音を上げそうだ(苦笑。

20210601omega satuei4

 ももさんに指摘されて,先だってのオメガ星団の撮影風景の何枚かをチェックしたら,どうやら山際にオメガ星団が写っているようだ。この矢印の先のちょっとボーッとした感じの奴がオメガ星団ではないかと思うのだが,..。

 6時過ぎに帰宅。「一心太助」へ。

IMG 6943

 フグの唐揚げとか,刺身とか,鳥の唐揚げとかでレモンサワーを頂いた。今夜から明日一杯雨らしい。

DSCF0554 3

 ふと見たら,偉そうなチビが,..(笑

2021年6月 2日 (水曜日)

定期的検査で病院へ

 起床は5時過ぎ。今日は通院のために7時半過ぎに家を出るので,朝は何かと気忙しい。ネコ関連の業務を済ませてから,ちょっと庭先に出る。空はどんよりとした曇り空。予報では晴れてくるらしいが。昨夜,晴れてω星団を撮影できたのはかなりラッキーだったようだ。

20210602shiran2

 庭のシラン

20210602france giku

 マーガレットと呼びそうになるけど,多分,フランスギク(笑

IMG 6932

 6時前には朝飯。なんだか,独身会社員というのを彷彿とさせるようなメニューだ。

ーーー

 朝飯後に軽くローラー21分,9km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。昨夜のドーフィネはリアルタイムで観戦(寝落ち覚醒からの)しているので,サッシャと栗村氏の我らワールドなどを。ドーフィネとツールの特集らしい。栗村氏の半分おふざけコメントが当たっていてちょいとビックリ(収録は4月末)。

ーーー

 7時40分ごろに家を出る。が,やはり,この時間では少し遅かった。登校の小、中学生の群れ(?)に遭遇して,かなり足を引っ張られた(苦笑。川西町役場の駐車場には EV 用の充電設備があって,リーフが充電中。病院手前で雨が降ってくるなど。この時間帯だと駐車スペースもガラガラだ。

 受付して採血処へ。20人弱の待ち行列だったのですぐに終わるだろうと思っていたら30分以上掛かった。おじいちゃん,おばあちゃんばかりで採血そのものに結構時間がかかっているせいか?まあ,明日は我が身なのでここは温かく見守ろう(笑。

 で,血圧と体重を測定。血圧は朝自宅で測るよりも +20 ~ 30 mmHg ほども高く出る。まあ,しょうがなかろう。体重は少しだけ減ったかも。いや,横這いか?

IMG 6933

 待ち時間中,暇だったので kumaben さんからご紹介のあった「ケンタウルス座 A (NGC5128)」の高度を確認。ω星団の倍ほどもある。こりゃ,楽勝だ(調子に乗ってるな:笑。カノープスが撮りたいんだけど,どこに行けばいいんだろう?スカイバレーの桧原湖側からだと見えるのかな?本を読んだりウトウトしたり,小一時間ほどを待合処で過ごす。

 10時少し前にようやく診察室へ。可もなく不可もない数値。でも,毎日酒呑んで寝落ちしている割には悪化もしてないのは大したもんじゃなかろうか,..などと思ってもみたり(爆:笑。次回,次次回の予約も取った。

 薬をもらって全て終了。11時過ぎに帰宅。夜勤明けのなでら女房と「福原屋食堂」へ。

IMG 6936

 冷やし中華とミニカレーのセット。ここの冷やし中華はスープに酢が入っておらず絶品。マヨネーズとの絡みもいい味出してる。汁間できる数少ない冷やし中華である。さらに,カレーはなんというのか昔懐かしい味でホッとする。カレーはなでら女房と2:1くらいでシェア(なでら男が2)。ご馳走様でした。

 昼から出勤。明日の試験問題の最終点検とアップロード作業。なんだか,午前中の病院で気を削がれた感じで身が入らん(苦笑。これからは休暇を取ったほうがいいかも(笑。

 その後,講義資料の5回分→4回分の変更作業を進めるも,..。こりゃ,一回分,完全にキャパオーバーじゃね?という感じ。参考資料とかに一部移行する必要があるかも。まあ,昨年,完全に講義資料だけのオンラインだったので,説明資料などはかなり多い状態。ああ,早く対面にならんかな〜!ワクチン,早よ!!!

 4時過ぎから zoom 会議。なんだか,「三密」とかいう単語が飛び交い,次第にうんざりしてくる。早く辞めたいと強く思う今日この頃(苦笑。

 6時半ごろに帰宅。なでら女房と「一心太助」へ。

IMG 6938

 今日は駅前の二代目で提供する「黒丼」の試食パーティ。色々と意見が出たが,「肉」を前面に出した方がよくはないだろうか?

2021年6月 1日 (火曜日)

水無月の始まりにオメガ星団を撮る

 起床は6時少し前。あれま!5時過ぎに一度目を覚ましたんだが,..。牡猫に囲まれて布団の上でストレッチをしてから行動開始(笑。

20210601moon2

 寝落ち覚醒から撮影した,午前2時ごろの月。月齢 20

DSCF0527 1

 紫蘭の株が増えてきたな。

DSCF0531 1

 シロスケが餌をねだりに来たタイミングで,クロパパが近所のパトロールから帰って来た。一触即発の宿敵との遭遇(笑。

 そういえば,昨日ももさんから「米沢からもオメガ星団が見えるはず」というシミュレーション結果を頂いた。う〜〜む,SkySafari Pro で観ると,南中時の高度がわずかに5度未満である。南側には山もあるので,カノープスと同様に見えはしないだろうと思い込んでいたが,..。

IMG 6920

 何しろこんな具合だ。地平線からの高度が5度弱など,当然山の陰だと思い込んでいた。

 でも,ももさんのシミュレーションでは,..

IMG 6922

 この矢印の辺りに見えるらしい。この辺りが高度5度くらいって,感覚的なものとマッチしない。でも,これは条件のいい時を選んでチャレンジしてみるしかなかろう。でも,この低空までスッキリ見通せたことって,あまり記憶にないかも。まずは,場所の選定だな。

ーーー

 朝飯後にローラー45分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 83rpm で。昨夜のドーフィネの第2ステージを残り20kmほどから観戦。ボーラのペストルベルガーが逃げ切って勝った。なんだか,ジロといいドーフィネといい,逃げ切り勝利がえらく目立つ。ふルームは最後の2級山岳でマイヨジョーヌのファンムールとともに集団から遅れていった。ツールで勝っていた頃に比べると上半身がひとまわり太くなっている。余計な筋肉をつけ過ぎたらしい。さて,どうなるのか。

ーーー

 今日は夜勤で午前中は空いているなでら女房が,米沢市のプレミアムクーポン券だかを求めてあちこちの店に出かけて行ったが,かなりの確率で早々と売り切れていたらしい。なんだかなぁ。

 今週は中間テストを行うので,そのアナウンスなどを作成して WebClass にアップした。問題も作成した。できるだけ簡単な基礎的なものにした。で,来週からの講義資料を作る。うっかり5回分あった資料。一週分少ないので5回分を4回分にしないといけない。なかなかしんどい作業だ。

 昼は自宅飯で,職場に戻ってからも作業は続く。気が付けば午後5時だ。人生は短い(笑。

 6時過ぎに頭のエネルギーが枯渇して(軽い低血糖状態)帰宅。軽く飯を食って,ママチャリ漕いで,ちょっとロケハンに出向く。

Img_6928

 車停めたり,機材展開するなら,この辺りかなぁ,撮影場所は。カメラの三脚とかに付けて,簡単に仰角測れる小物ないかな?今夜の予報では,8〜9時はそこそこ晴れ間が出るようだけど,..。

 そんなことをして,iPhone のコンパスとか眺めていると,学生からの質問メールが着信。教科書中の演習問題に関しての質問だが,自宅に教科書持って来てないし,明日は午前中病院だし,明日の午後まで無反応では不安だろうなぁと思い,(嫌々ながら)一旦職場に戻り,教科書開いて問題確認。ああ,そういうことか。帰宅して回答メールを送信。理解できたらしい。リプライの早さから,PC の前で勉強しながら返信待っていたのかも。ま,よかった。

 さて,小仕事も済んだ。車に機材を積んで出かけよう。と言っても,ほんの3分ほどの距離なんだが,..

 車を停めて,機材をセット。それにしても陽が長くなったな。8時少し前にようやく北極星が見え出したので極軸を合わせた。レンズはタムロンの 150-600mm のズームレンズで,ももさんの作例と同じ 500mm にした。 F6.3 である。カメラは Nikon D600 を使用。おとめ座のスピカでピント合わせ(少し甘かったようだけど)と自動導入のための位置同期を行い,SkySafari Pro でオメガ星団を自動導入した(実に便利だ。頻繁に Wi-Fi 接続切れるけど)。「導入」をタップすると,軽快なモーター音が響いて,カメラレンズの筒先が次第に下がっていく。そして,ほぼ水平の状態で止まった。

 う〜む,これで,あの山から出て来ているのか?あるいはあの山陰なのか?ちょっと見ただけではわからない。まあ,撮ってみよう。ISO3200, SS60sec にセット。この焦点距離だとオートガイド必須だが,何しろ低空であり,霞のようなものも掛かっていて,オートガイドモードにしても,何度か「NO STARS!」のコメントが出た。キャリブレーションが上手くいかない状態を何度か繰り返していると,次第に暗くなってガイド星をキャッチしたのか,オートガイドのキャリブレーションがようやく上手くいったようだ。でも,モニターで見てもガイド星がほとんどわからないし,ガイドの精度も良くないようだし。大丈夫かな?

 まあ,撮ってみよう!1分後,モニターに表示された画像をを見て,「あれ?もしかしてこれ?写ってるの?」とびっくりポン&めっちゃ興奮(笑。

20210601omega_centauri2

 山際のスレスレである。色合いとピントの甘さ(解像度?)は勘弁して頂こう。2021/6/1 pm 8:30

20210601omega_centauri4

 次第に山陰へ,..

20210601omega centauri5

 靄もかかってほとんど見えなくなったし,この後,間も無く山陰に入ったので終了。

20210601omega_satuei

 撮影風景。レンズはほぼ水平だった。

 いや〜,半信半疑だったが写るものだね。ももさん,貴重なご助言をありがとうございます!

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »