2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 連休二日目はほぼ引き篭もり | トップページ | 樽口峠に向かうも撤退,不甲斐なさに泣ける »

2021年5月 3日 (月曜日)

悪天候の隙間を狙って山歩き

 起床は6時過ぎ。今日も天気がパッとしないらしい。

IMG 6714

 お,今日は山形の米沢が,..。牛島アナ,バレエ歴が 20年以上とか!?見事なY字バランスを披露していた。

20210503nisiaduma

 どうも,西吾妻は雪だったらしい。

20210503nadera

 緑がどんどん濃くなる斜平山

 なでら女房は福島の実家に行った。なでら男も実家に行こうかと思ったが,昨日義弟一家が行ってくれたらしく,特に用事はないらしい。なので,なでら男は自宅でウダウダと,..。昼までは読書ですごす。外は,雨が降ったり止んだり,..。

IMG 6715

 昼はこんなものを食した(苦笑

IMG 6716

 届いた。5つくらいのカバーが入っていたが,使えたのはホットシューのカバーとこの写真のカバーだけ。ま,そんなもんだろ。

 GPV 予報によれば,多少雨が流れてくるようだけど,午後はなんとかなるような予報。多少雨が落ちても山の中なら樹々に遮られて大したことなかろう。よし,少し山を歩いて気晴らししよう。山菜も少しは採りたい。行くか!

 爆風と呼んでもいいくらいの風の中をママチャリで出かける。進まない!旧愛宕小学校跡地に自転車を置いて,北側から登る。スタート時に足拵えしている年配の方を見かけた。この方とは,この後,何度も会うことになる。

20210503nadera walk1

 八重桜が見頃になって来たな。

 昔のマウンテンバイクコースを辿りつつブラブラ歩く。先だって,歩いた時よりもさらに季節は進んだという感じだ。道端で,残り物のタラの芽を採っていると,先ほどの爺さんが追い抜いて行った。あれ?同じコースを歩いていたのか。この道を知っているのは,それなりにこのやmない詳しい人か,..。その後も,同じコースの前方を歩く。こちらは,あちこちで引っかかっているので次第に差は開いていく。途中から,また昔のマウンテンバイクのコースに入り込んだが,もう雑木で何が何だか分からなくなっていた。闇雲に歩いて見知った林道に出る。伐採作業中のおじさんに挨拶して脇を通らせてもらう。

20210503nadera walk2

 所々でコシアブラやらセンノキ(ハリギリ)の芽を採りつつ,ふと見れば,モエ(アケビの花)が沢山あったので,これも採る。

20210503nadera walk3

 昔,エルと散々歩いた道を砂防ダムまで。かなり荒れてはいるが,まだ歩けないほどではない。砂防ダムまで来ると先ほどの爺さんがコゴミを採っていた。お,ここにコゴミがあるのを知っているのはかなり詳しい人だな。なでら男もいいコゴミがあったら採ろうと思っていたが,先を越された。この砂防の水たまりではエルを散々泳がせたなぁと懐かしく思いながら通過。昔,沢に掛けた橋はまだ健在だった。昔,テクニック的に大変だったコースを懐かしく思いつつ,雑木で塞がり掛けているコースを辿る。よくこんなところ走ったなぁと思いつつ,..。

20210503nadera walk4

 いつも,沢山のワラビがあるエリア。ポツポツ見られるが,全然大したことがない。う〜む,どうしようかと思いつつ,気が付けば,数本採ってしまって,..ああ,採ってしまった。もう,ある程度採らないと(苦笑。

 FB にアップした写真によれば,例年この時期には結構な収穫があった。やはり,今年は雪解けは早かったものの山菜はかなり遅いようだ。

20210503nadera walk5

 イカリソウも咲いている。斜平山では白の奴しか見られない。

20210503nadera walk6

 しまったなぁ。この場所にこんなにコゴミがあったとは,..。もう少し早く来てれば,..。なんとか食べられるものを一掴みほど採集。

20210503nadera walk7

 カタクリも咲いていた。

20210503nadera walk8

 残雪の上に面白いものを見つけた。落ち葉が雪に閉じ込められて葉脈だけが残ったらしい。

20210503nadera walk9

 こんな感じ(笑。条件が揃わないとできないように思う。

20210503nadera walk10

 エンレイソウの群生も確認。

20210503nadera walk11

 面白い植物だよね。

20210503nadera walk12

 七曲の登り口に到着。朽ちた道標の代わりの簡易道標が立っていた。さらに,刈り払いもされたらしい。えらく歩き易い。ありがとうございます。お疲れ様でした。なでら男も本来お手伝いしなければならんと思うけど,..。

20210503nadera walk13

 イバラも刈り取られて,えらく歩き易い。でも,ワラビはほとんど出ていない。こりゃ,明後日になってもダメだろうな。

20210503nadera walk14

 中腹からの景色

20210503nadera walk15

 ゼンマイも出て来たな

20210503nadera walk16

 セクシーなカタクリも残っていた。

20210503nadera walk17

 こんなのを春紅葉というのかな?ここでまたしても例のおじいさんと出会う。「今年は山菜,遅いですよね」と話しかければ,「ああ,そうだねぇ」と。なでら男と同様にあまり他人とのコミュニケーションを必要としてない方らしい(笑。

20210503nadera walk18

 落葉松の林

 杉の倒木は片付けられていたが,雪解け水の染み出しはかなりのもので,林道がドロドロ。少しだけ,水を1箇所から流し出すために水路を足で削って広げてみたけど,..。無理だな(苦笑。これだけドロドロ区間が長いとマウンテンバイクで乗ったままクリアするのはなかなか辛い。ワラビ練,危うし!(笑

20210503nadera walk19

 今は昔,何事にも始まりと終わりはある。

20210503nadera walk20

 この色合いの山桜で山の斜面を埋めることができれば,..なんてことを妄想した。

20210503nadera walk21

 小学校跡の八重桜

20210503nadera walk22

 派手だよねぇ。

 爆風といってもいいような風の中を帰宅。なでら女房が帰宅していた。

20210503nadera walk23

 山の恵み。今年は本当に遅い。2時間の山歩きだった。いい気晴らしにはなった。

« 連休二日目はほぼ引き篭もり | トップページ | 樽口峠に向かうも撤退,不甲斐なさに泣ける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

ラーメン・食事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。