2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 最終講義などを聴く | トップページ | 定期通院の日 »

2021年3月16日 (火曜日)

至る処で,春だなぁと感じる

 起床は5時半ごろ。実は昨夜雲の予報を見ていて,午前4時ごろに晴れるかもと3時半に目覚ましをセットしておいた。途中,何度かネコ固めに遭って,腰の痛みで覚醒したが,まだ3時半じゃないのかな?と思いつつ再入眠(笑。朝になってよくよく見たら,アラームはオフになっていた。そりゃ,鳴らんわ!

IMG 6305

 昨夜の撮影風景。iPhone で星が写る時代になったんだねぇ。

IMG 6307

 そして昨夜のネコ固め(苦笑。なんで,脚の膨らみにぴったりへばり付いて寝るかな?毛布の中の脚の両脇に重しを置かれた状態で,寝返りも身動きもままならん。腰が痛い(泣。

 朝飯前に少しだけ歩いてみた。「歩く」とか言っても,なんのことはなくて,カメラをぶら下げて,15分ほど近所の田んぼの辺りをウロウロしただけであるが,..。

20210316nisiaduma

 西吾妻山と兜山。田んぼの畦が出てきたな。この景色も「春」を意識させる。

20210316train

 上り始発(?)米沢行き。線路から雪が消えて砂利が出てくる景色も「春」をイメージさせる。

20210316nadera

 雪解けの進む斜平山と麓の田んぼ。次第に「黒」の面積が増えてくるのも「春」のイメージ。

DSC9847

 農道も除雪されて道が開いて車の通行が可能になった。この道が開くと「春」という感じ。小学生や中学生の通学もこの道を使うようになる。

20210316cloud

 午後からは天気が崩れるらしい。

20210316cho nai

 町内の雪もどんどんなくなる。至る所から感じる春の気配(笑。やはり,雪国の春は格別だな。関東辺りの住人の「春が来た!」というのとは意味合いが全く異なる(苦笑。

20210316mimi

 春なのでミミにも登場願おう(意味不明:笑

ーーー

 朝飯後にローラー40分,17km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。ティレーノ〜アドリアティコの第6ステージを。最初の前のステージのハイライトとパリ〜ニースの第8ステージのハイライトを観る。どちらも,なかなか劇的な展開だったなぁ。レースの方は逃げグループの逃げ切り。第5ステージの低温での負荷の大きなレースによる疲労がプロトンの追走を鈍らせたらしい。総合トップのポガチャルと2位のファンアールトのタイム差は変わらず。これで最終第7ステージの個人 TT を残すのみ。TT はファンアールトに分がありそうだけど,距離が 10km と短いため,まさか1分以上の差は付くまい。とか言って,またとんでもないドラマが待っていたり,..。

ーーー

 なでら女房は夜勤明けの休日だが,今日も福島の実家に行くらしい。大変だな。7年前に,なでら男も寝たきりに近い親父を介護するお袋の負担軽減のために週に2回ほど実家通いをしたっけ。あれはなかなかにしんどかった。あれに近いな(苦笑。でも,春先に頻繁に実家往復をしたせいで,道中の桜をほぼ眺めることができたっけ(笑。

 午前中は人物紹介状の作成作業。無事(?)に完成して学生に手渡す。誰が書いても代わり映えしない「推薦書」やら,エントリーシートやら,こんなものが一体どれだけ評価の対象たり得るのか。昔々のように,教授が電話一本して,「おい,お前はこの会社に行け!話は付けておいた」なんていう時代が懐かしいな。むしろ,会社の内容とか学生の適性などを分かった上での話なので,訳のわからない情報に振り回されている今の学生の就活よりはいい点もあったような気がする。まあ,これもそれも,時代の流れと適当に片付けてしまうんだろうけど,本当はそういう風に簡単に片付けちゃいけない話なんだろうな。

 昼は自宅飯。帰宅途中でパラパラと降ってきて,午後からはずっと雨になった。

 午後は zoom 会議。なんだか問題はそこじゃないだろうと思う話が出てうんざりする。まあ,もう,何がどうなっても知ったこっちゃないけどね。それもこれも時代の流れなんだろうな(笑。

 その後は講義資料の作成に戻った。それにしても,教科書の版の改訂に伴う細かい変更が山ほどあるぞ。いやはや,今年の前期もどれだけこれに時間取られるのか,..。

 5時半ごろに嫌気が刺して雨のそぼ降る中,帰宅。降るなら,もっとザーザー降って,道端の泥と塵を洗い流してくれればいいのに,..。

IMG 6309

 夕暮れの斜平山。

 一杯やって寝落ちして11時ごろに覚醒。そのままティレーノ〜アドリアティコの最終第7ステージの個人 TT を観戦。昨年の世界選手権 TT の覇者ガンナを破ったヨーロッパチャンピオンのキュンクが暫定一位。いよいよ,総合2位のファンアールト発進。ファンアールトは昨年の世界選手権 TT の準優勝者。結局,トップタイムでゴール。凄いものだ。そして,その後を追う総合首位のポガチャル。大きく崩れることもなく,ファンアールトから12秒遅れの4位でゴール。UAE ツアーに次いで,このレースも獲った。いや〜,本当に強い。一昨年のツール覇者ベルナルのような危うさと脆さが全くない。これでまだ22歳。この後10年ほどが実に楽しみだ。これで次は今週末のミラノ〜サンレモだ。マチューとファンアールトとアラフィリップの三つ巴の戦いになるかも。今イタリアではまたしてもロックダウンとか始まっているが,なんとか開催してくれ!頼む!!

« 最終講義などを聴く | トップページ | 定期通院の日 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。