2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 再び引篭の日 | トップページ | 三連休最後の日も引き籠りで! »

2021年1月10日 (日曜日)

今シーズン初の雪下ろし

 起床は5時過ぎ。昨夜は降らなかったようで,除雪車は走らなかった。今日はなでら女房が休みなので,雪下ろしをするのだ。まあ,一人でやってもいいのだが,機材の屋根への受け渡しとか,どうしようもなくて前に落としたりする雪を片付けてもらうために,さらには万が一の事故対応のために二人一組でやるのがいい。

 朝飯後の8時少し前に作業開始。もう雪が降り出している。まずは,下から縁に張り出した小さな雪庇状の部分を手の届く限り落としておく。屋根の際での作業の際に踏み抜かないようにとの配慮である。さらに言えば,作業者が乗った時に限界を超えて倒壊する可能性を排除するために,自分の体重分くらいは乗る前に落としておいた方がいいとの妄想からである(笑。そして脚立をハシゴにしてカーポートに登るなでら男に「う〜ん,旦那が死んだ後は,この作業はやっぱり外注かなと」と呟いていたなでら女房。まあ,好きにしてくれ(苦笑。

20210110yane no ue

 たか〜〜い山から**見れば!って気分になる。それにしてもよく降ったもんだ。でも,まあ,このくらいは米沢に住んで以来ン10年,何度も見た記憶があるので,格別に多いという感じはしない。

 まずは,スノーダンプとスコップで端の部分を落としてしまう。最初の作業スペースの確保である。それが出来たらいよいよ本格作業に入る。

20210110snow yane2

 50cm ほどの幅で雪にスコップで切れ目を入れ,短冊状にする。さらに,その短冊状の雪を,これまた 40 ~ 50cm ほどにブロック状に切れ目を入れていく。この作業は常に,落ちたら死ぬかもしれない道路側の屋根の際から自宅屋根につながっている方向に向かって進めていく。安全第一の作業手順を考える。屋根の縁に近いエリアでは縁に背中を向けないことも安全上の重要なことの一つ。

20210110snow yane

 下準備が出来たところでブロックをスノーダンプで一つずつ屋根から落として行く。落とす時には場所を考えて,近くに,あるいは遠くに,..。均等にばら撒いていく。

20210110snow layer

 寒波と比較的気温の高い日が交互に来たことがわかる雪の層。一番上は今回の寒波によって昨日降った新雪部分かな?最下層は溶けてザラメ状になって,さらに凍った部分なのでそこそこ重いが,削って落とすための労力が半端ないし,屋根の地が出てしまうと作業し辛くなるので 20cm 程度の厚みを残しておく。スノーダンプを滑らせるための雪面を屋根の残すことが大事。

 雪の降りしきる中,約1時間でカーポートの雪下ろし完了。

20210110snow yane4

 次は車庫だ。昔なら簡単に飛び移れたのだが,腰の手術以後,左足の筋力が落ちて跳躍力が落ちているので(以前に堀を飛び越えようとして落ちかけて大いに焦った:苦笑),用心のためにハシゴで降りて,ハシゴで昇る。車庫の上でも同じような作業を繰り返すが,車庫の方は落とす場所などに少々制約もあって,結構な部分,スコップでブロックを切り出して放り投げることに。腰が痛い。それでもこちらも小一時間で作業終了。

20210110snow drop

 屋根から落としても形が崩れないブロック状の雪。結構硬く締まっていた。全部で何トンあったのか。これが全て大陸からの季節風が運んだ日本海の水蒸気である(苦笑。

20210110sugegasa

 作業中,雪が降っていて,終わったら道路には5センチほどの積雪。雪掻き作業中に被る菅笠(なのかな?)も数回落としたけど,この状態。この後,風除室の屋根の雪を下ろして作業終了。締めて3時間の屋根の上でのエクササイズ(屋根の上のスコップ振り,屋根の上のスノーダンプ押し)だった(笑。3時間無補給無給水。腹が減った。

 熱い風呂に浸かり,さっぱりした後で軽く補給した。そしてランチに出向く。久しぶりに「喜右エ門」さんに。

IMG 5694

 また,激しく降ってきた。

IMG 5696

 なでら男は「遠山カブとスモークした鶏とサルシッチャのペペロンチーノ」を,..

IMG 5697

 なでら女房は「喜右エ門オリジナルカルボナーラに米沢伝統野菜の雪菜を乗せて」をオーダー。シェアして食べたが,どちらも美味し。遠山カブの懐かしいような味わいと鶏の相性が抜群,さらにカルボナーラソースのネットリした滑らかさも特筆モノ。ご馳走様でした。

 その後,また日産に行って eNOTE(NOTE e-power)を試乗させてもらう。圧雪路面での右左折でもタイヤが流れる感じがなくて実に快適だ。二駆でこれだと,四駆だとさらに快適だろうな。モーターによるトルク制御性の高さの賜物かな?内心では契約したいものの,どうやっても夏頃までは予算の工面が,..(苦笑。

 その後,ワークマンに立ち寄って,とうとう切れ目が入ってしまったモンベル長靴の替わりの長靴と除雪作業用の防水仕様のアウターを買う。

IMG 5699

 作業が快適になるかどうか,..。

 晩飯で少し呑んだら,もう眠くて眠くて,..。

« 再び引篭の日 | トップページ | 三連休最後の日も引き籠りで! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ラーメン・食事」カテゴリの記事

コメント

いよいよといいますか、とうとう雪下ろしだったんですね。
やはり大変な作業なんですね。スノーダンプを使うために全部取らないなどとというところ、やはり年期が入っていますね。美味しいものを食べて適当に飲んで、大いにご自身の大活躍を労ってやって下さい。
これを見てしまうと、雪下ろしを必要としないところで生活できることが、それだけで有り難くなってきます。
ああ、中通りに生まれて本当によかった・・・って、脳梗塞になっちゃいましたけどね。アハ

koji さん

おはようございます。そうです。とうとう来ました(笑。まあ,気持ち的にはそれほど苦痛ではないんですけどね。カーポートと車庫はお金かけて,3メートルの積雪に耐えうるものを作ればあとは何もしなくていいのですが,..。自宅は2メートルまでは雪落としの必要がなくて,そのまま載せておくタイプです。下手に侍従で落下させるようにすると,落ちた雪の片付けが地獄です(固くて重い)。さらに屋根の塗装が痛むので何年かに一回は足場を組んで塗り直しで,その費用もバカになりません。もっとも,強度を持たせる必要があるので,少し坪単価は高くなるのですが,それくらいは,..。
そうですねぇ,雪下ろしのないところは老後の生活などはいいでしょうね。脳梗塞はどこに住んでいてもそのリスクはあるわけですので。ただ,おぞましいほどの厳しい気候と,その後で訪れる晴れ間の美しさとの落差のようなものがなんとも言えないのです。退職後はどうしようかちょっとだけ考えてますけど,..。今であれば,米沢で楽に暮らせる理想の家を建てることができそうな経験と知識はあるのですが,一番肝心の資金がないということで,..。^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« 再び引篭の日 | トップページ | 三連休最後の日も引き籠りで! »