2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 会津若松へ | トップページ | 今日の運動と天気11/02/20 »

2020年11月 1日 (日曜日)

冠雪の飯豊連峰に会いに倉手山へ

 起床は5時。なでら女房は今日は仕事なので,一人で山に行こうと思う。ついては,どこに行くかだが,候補は二つ。祝瓶山と倉手山だ。祝瓶山は長井側から登るのがぐるっと周回コースを取れるのでいいのだが,登山道に関する情報を見てないのでちょいと心配である(何もないとは思うけど)。小国側の五味沢辺りから登るとピストンになって今一つだなぁと。倉手山は標高が少し低いが,雪を被った飯豊を眺められる。で,降りた後ですぐに温泉に浸かれるなどなど。色々と考えて倉手山にした。何しろ,前回は替えのズボンを忘れて温泉に入れなかったというしくじりもあったし,そのリベンジの意味もあるので(苦笑。

 バタバタと準備して7時少し前に出発。途中で食料を買い出してから川西経由で一路小国に向かう。途中,小国辺りは濃霧で大丈夫かなぁと思ったが,R113 から小玉川方面に向かうと霧が晴れてきた。標高が上がったせいか?

DSC8908

 車を走らせていると,あちこちにカメラマンが車を止めていて迷惑この上ない。ジーさんバーさんの老夫婦らしきカメラマンはブラインドコーナーに路上駐車。常識のないシニアカメラマンは困ったものだ。

PB010859

 この景色を眺めるのも随分と久しぶりだ。もう何十回見たかわからん。でも,今年は初めてかな?

 飯豊山荘までの道は 11/6 で閉鎖だそうだ。来年の6月初めまでだから,約半年間は閉鎖ということになる。8時半ごろに登山口近くの駐車スペースに着くとすでにかなりの数の車があった。皆さん,朝が早いのね。場所柄か,新潟ナンバーが多数。備忘録代わりに書いておくと,自宅から駐車スペースまで1時間40分くらいかな。準備して,8時45分ごろにスタート。

PB010860

 ここが登山口だが,「梅花皮の滝」の案内板が設置してある。で,ここからいきなりの急登である。

PB010861

 5分も登れば,駐車場は遥か下に,..。あまり汗をかきたくなかったので結構ペースを落とし気味に入ったのだが,あっという間に息が上がり,汗が滴り始める。

PB010862

 紅葉のピークは過ぎているが,冠雪した飯豊連峰といいアクセントになっている。

PB010866

 大分,登って来た。最初の急登エリアは過ぎた感じだ。小ピークの辺りからの小玉川方面の風景。山深い土地の川沿いの段丘に沿って続く集落である。考えてみれば,こうした場所に人が住み着いたってのは,最初はそれなりの事情みたいなものがあったのかもなぁ。

PB010867

 ようやく尾根道に出た。雲海で蓋をされているのは小国の辺りだろうか?右手の山の斜面が茶色になっているところが樽口峠である。今年は一度も行かなかったっけ?

PB010870

 倉手山の登山道は,最初に急登,小ピークを経る比較的なだらかな尾根道,最後に急登という具合にして頂上に至る。前方に頂上手前の急勾配区間が見える。三角の尾根道に沿って登って行くのである。

DSC8916

 尾根道から右手(西方)に見えるのは,..なんだろ?(笑 朳差岳(えぶりさしだけ),鉾立峰(左)なのかな?

DSC8912

DSC8914

 尾根道からの南(南西なのか?)の様子 地神山かな?丸森尾根の北斜面?もう,地図見ても全然わからない。鳥瞰図みたいな奴じゃないとわからないかも。

 最後の急登エリアに入った辺りで,ゆっくりと登るご年配のグループに追い付く。「お先にどうぞ」と言われたのだが,ここまでそこそこ頑張って汗まみれだし,ボチボチゆっくり行こうかなとということで,「いえいえ,もう疲れたので後ろ付いていきます」と。

 ところで,なでら男は,日本でも5本の指に入る(?)ほどの汗かきである(多分:笑。実に,ものすごい量の汗をかく。他の人が見れば,「こいつ本当か?信じられん!」と思うほどに汗をかく。ここまでで,すでに首に掛けたタオルは2回ほど絞っている。絞るたびに「ジャー」っと汗が落ちる。ウェアは上半身はすでにビショビショで,ズボンにまで伝って来ている。これだけ汗をかいても冷えが来ないのは高機能のインナーウェア故であるが。それにしても,一体,どこにこんなに水分が溜まっているのかと不思議に思うほどだ。ただ,ローラーによる日々の発汗練習で,汗に含まれるミネラルや塩分はかなり少ない。いわゆる,サラサラの汗。暑熱順化は万全だ(笑。なので,特に塩分などを補給せずとも水の補給のみで事足りる。遅めのグループのペースでゆっくり登って,少し汗の量を減らそうかと思ったのだが,...発汗量は全く変わらず(苦笑。

 最後の急登を超えて少し行くと頂上だ。頂上には 10時30分ごろに到着。所要時間は1時間45分くらいかな。最後,大分ゆっくりになったので,1時間40分あれば登れるはず(コース参考タイムは2時間だったか?)。登山口からは 550m ほどのアップ。結構きついといえばきつい。

PB010876

 三角点

20201101kurate_iide_s

 頂上に立つと,眼前にはこんな景色が広がる。雑木が少し茂って来ているようなので,手前の方は伐採してもらえないかなぁ(苦笑。これは Nikon D600 で3枚をパノラマで繋いだもの。わざわざ重いフルサイズ一眼レフを持って行ったが,..

PB010875

 アウトドア用のコンデジの TG-5 での画像の方が自然なように思えるあたりに何か釈然としないものが,..(苦笑

IMG 5088

 この山の頂上はいつも混雑する。切った玉ねぎとかピーマンとか肉とかを炒めて豪華ランチを展開している方もおられた。脱帽!写っている方々が最後の急登を一緒に登って来たグループ。言葉の感じから新潟方面の人たちかなぁ?飯豊連峰の稜線を眺めつつ「あの上を歩いたねぇ」とか「御秘所は怖かった」などと話す辺り,登山のベテランらしく羨ましい。後方でも年配の人たちが「朝日連峰はどこに泊まったの?」なんて会話をしている。クッソ〜,俺も来年こそは〜!(笑

20201101kairagi_no_takidenoise_20201102172701

 梅花皮の滝が見えるなら,この方角なんだが,..はっきりしない。手前の稜線が梶川尾根だと思うんだけど。稜線の右手鞍部にポツンとあるのが梅花皮小屋で,その下が石転び沢。滝はその左の方かなぁ?双眼鏡とか望遠レンズも持って行けば良かった。#ようやくわかった梅花皮の滝。写真を差し替えた。滝は写真の丸の中。

 頂上でお湯を沸かしてカップ麺とおにぎりを食べて40分ほどマッタリと休憩して,11時ちょっと過ぎに下山に入る。この山は下りの方がきつい。残雪時にアイゼン付けて登ったり降りたりする方が楽かも知れない。雪で地面の凹凸が隠れていれば,自分で歩幅をコントロールできるので(今の時期は登山路の状況で一歩の段差や歩幅はある程度規定される)。

Pb010879

 最初の急斜面を降った辺りからの景色。左手に登山道の尾根道と右手奥に樽口峠が見える。駐車場には結構な数の車が停まっているようだ。あの場所から梅花皮の滝が見えたんだから,..と頭の中で位置関係を考えてみるが,どうも,なでら男の頭はそういうことが不得手のようで,方角とイメージが全く湧いてこない。元々方向音痴なところもあったので,そういう資質なのかも知れん。

PB010880

 歩くおっさん(いや,もう爺さんか)。スマホと連携しての自撮りである。小さな三脚を忘れたので倒木の上にカメラを置いた。

PB010881

 写真からは分かりづらいが,かなりの急斜面だ。こんなところで木の根とかに躓いて,前方に転がったら下手すりゃ死ぬな。ということで,ゆっくりと着実に足をつく。歩幅と段差は出来るだけ小さめに。

PB010883

 こういう色合いのコントラストになんとも言えない美しさを感じる。それにしても,最後の急勾配の降りは本当に辛かった。太腿が痛くなって来たし,右膝も怪しくなって来た。汗がとめどもなく流れた(降りなのに)。ようやく,登山口の舗装路に降りた時にはなんだか足も脚も感覚がおかしくなっていた。靴の中で少し足が動いたせいか,足先も痛む。12時ごろに駐車場到着。下りは1時間弱くらいか。

 車に戻って登山靴を脱いでほっと一息。隣にいた先に下山した方は,奥の飯豊山荘方面に車を走らせて行った。ん?飯豊山荘の風呂に入りに行くのかな?と思い,ちょっと心惹かれたが,結構ひっきりなしに飯豊山荘方面に向かう車がいるし,もしかしたら飯豊山荘の風呂は結構込み合っているかも知れないなぁと考えて,こちらは当初の予定通り「川入荘」の風呂に入ることに。

PB010884

 以前に,グランフォンド飯豊のスタッフ業務の時に参加者の通過チェックを終えて,仕事が一段落した後で,この風呂に入ったことがあった。随分と久しぶりだ。入浴料は 500 円である。今風というか,検温などされてから風呂に向かう。辺りの路面はカメムシだらけで,ああ,この辺りは今の時期,カメムシの楽園だったなと(笑

PB010888

 こんな景色を眺めながら入る温泉は最高だ!一緒に入っていた人は高畠から来られたとか。ネットの評判を見て奥様と来られたらしい。

PB010887

 終わりかけの紅葉を眺めつつ汗を流した。鉄分でタオルが真っ赤になる。いやいや,あったまるなぁ。これはセルフタイマーによる自撮り。

 オリンパス TG-5 はアウトドアで大活躍である。後継機が出ている(TG-6) が,TG-5 がダメになったら,またこの後継機種(TG-7 とか?)にしたいなぁ。何度か舗装路に投げ出しているが,ビクともしないし,画質はまあまあ(かなり?)だし,防水性能は高いし,言うことなし。一つだけ不満は,マクロ撮影時のオートフォーカスだけ(対象が小さいと後方にピントが合ってしまう)。

 予報では今日1日晴れのはずだったが,下山中の昼前から薄曇りになって来た。帰路はグランフォンド飯豊のコースを逆走して帰ってみるかなぁとか思っていたが,曇り空になって来たのでなんだか億劫になり, R113 をまっすぐに帰ることにした。温泉でホカホカの身体に適度な疲労感でなかなか心地良い。

20201101kotamagawa s

 途中,こんな写真を撮りつつ,..。

 帰りの赤芝峡には沢山のカメラマンがいた。道の駅に寄って軽く補給と思ったが,結構な人出だったのでスルー。3時少し前に帰宅。

IMG 5092

 靴を洗ったり,ウェア類の洗濯をしたりしてると4時過ぎ。いや〜,いい山だったな!

« 会津若松へ | トップページ | 今日の運動と天気11/02/20 »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
>右手奥に樽口峠が見える。駐車場には結構な数の車が停まっているようだ。
樽口展望台への道は開通した模様ですね。春先にサイクリングに行った時は「小玉川側から展望台 落石の危険性があり、現在適切な工事を行うための工法を検討しています。そのため、開通時期は現状未定です。」と小国町役場からの返信でした。きっと樽口側から展望台も昨年の台風19号だかの災害復旧は完了して開通したのでしょうね。

なでら男さま
こんばんわ、ももで~す。
梅花皮滝わかりました!
樽口峠からも見えていたんですね~知りませんでした。
こんど行ったときに見てみます~
双眼鏡持って~

マコリン!

お久しぶり!峠までの道,そんなことになっていたとはつゆ知らず。今年は異界も自転車で行きませんでした。中津川辺りまで走ってみると,どうも無理っぽい感じです。以前は今頃でも行ったものですが。8時ごろに出て4時前には帰って来ていたからね。もう,無理無理!越後屋辺りで一泊しないと。あ,そのプランで走ってみるかなぁ。

ももさん,おはようございます!

地図による平面図と立体的な山の形がどうにも頭の中で組み合わせられずに苦労しました。
今回は双眼鏡持って行けば良かったなぁと。あるいは,300mm くらいの望遠レンズ。倉手山に雪が降る前に,もう一回行けるかなぁ。^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« 会津若松へ | トップページ | 今日の運動と天気11/02/20 »