2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 朝一講義の日 | トップページ | 「ポツンと一軒家」を見に,.. »

2020年10月21日 (水曜日)

明日は休みなので夜更かしだ!玄関脇チャレンジ!

 明日は先日の日曜出勤の振替休日を取った。週の半ばに休みがあるのは理屈抜きに嬉しい。幸い,今夜は一晩中晴れそうな予報(あてにならないことも多いが)。久しぶりに星撮りに行こうかと思う。

 帰宅したのは6時少し前。西の空には月齢 3.5 の月がまだ残っていた(斜平山があるのでデータの月没 19:30 よりも1時間ほど早く見えなくなる)。地球照も綺麗に見えているので玄関脇から撮影。

20201020moon

20201020earthshine

 月齢 3.5 の月と地球照

 軽く晩飯食って,さて,どうしようかと暫し思案。錦平や白布峠を考えたが,何時ぞやの「クマかもしれない騒動」もあって,今一つ踏ん切りがつかない。さらに,気温が氷点下近くまで下がるだろうから防寒も考えなければ,..。色々と考えていると次第に億劫になってくるのはいつものことだ。しばらく撮影に出かけていないと準備の段取りとかを忘れていて,どうにもこうにも,..。そうこうするうちにすっかり嫌気がさして来た。でも,今日くらいしか撮影チャンスはない。

 というわけで,玄関脇から何がどれだけ撮れるかチャレンジに!これなら撮影対象は限定されるが,撮影中は室内で本でも読んでいればいいし,一杯やっていてもいい。なでら男のような酒呑みで,遠征を億劫がる人間には自宅前に広いスペースと暗い星空が広がっている「ポツンと一軒家」が合っているかも知れん(笑。

IMG 4957

 こんな感じである(笑。LED 街灯の明るさがなんとも残念であるが,..。新しく導入したモバイル電源の調子もいい。屋根の隙間にはカシオペア座。最初に狙ったのはクワガタ星雲だったが,..。アラインメントが上手くいかなかったようで,導入したのはただの星野(苦笑。見えている比較的明るい星はカシオペア座だけなので,なんとかアラインメントしてみるが,ファインダーに入っているのが目当ての星なのかどうか判然としない。RedCat の向いている方向は,目当ての星なんだが,微妙にずれているのか,..。

 しょうがないので,ライフルなどに使われる照準器(なんていうんだけ?スポッターかな?)を使ってみるが,これも照準とカメラ画角センターをきっちりと合わせていないので微妙だ。1時間ほど格闘したがなかなか,..。仕方ないので,今度はカシオペア座の脇にある NGC281(通称パックマン星雲)に転進。試し撮りしてみると,お,画面の隅に入っているようだ,..。ここから望遠鏡の向きを微調整して(これも方向とカメラ画角が頭に入っていないと難しい。なでら男は「入っていない」ので何度かやり直した次第),なんとか視野の真ん中に近い所に入れることができた。こういうアラインメントに使える星が限られた状況では導入過程がしんどいなぁ(苦笑。導入自体は機械任せなので,最初のアラインメントが鍵か。アラインメント上手になれば撮影効率は格段に上がるという訳ね(笑。

DSCF9264 1

DSCF9265 1

 ピントもまずまず,..。バーティノフマスクのスパイク状の光条がほぼ対象になっている。

20201021 NGC281Packman

 X-T1, RedCat51, ISO1600, 4min x 13, 盛大にトリミング,比較的明るい対象と言われているが,..難しい。実は,これも簡易の自己流処理。きちんとしたルーティンを身に付けたいものだ。当代随一の天体写真家が最高の機材と最高の撮影技術と最高の処理技術で撮ると,こうなる。素晴らしいなぁ。この対象だと,もっと焦点距離が長くないとダメだね。

20201021Heart nebula 2 s

 カシオペア座のハート星雲(IC1805)X-T1, RedCat51, ISO1600, 4min x 14, これも盛大にトリミング。構図をきちんとやれば胎児星雲(IC1848)も入ったような,..。これも,他の方々の作例を見ると,..ダメダメだ。

20201021Pleiades 3 s

 次はスバルだ。X-T1, RedCat51, ISO1600, 4min x 14, これは少しだけトリミング。玄関脇からでも,思ったよりも写るな。この可能性を追求するってのも面白い遊びかもね(苦笑。でも,ももさん指摘の通り,星の色が出ないのが少し気になる。もっと,画像処理技術を磨かないとダメだなぁ。PixInsight も随分と使っていないので大分忘れてしまっているし,..。毎日1時間とか勉強しても,あの手のものはダメなんだよなぁ。一週間くらい,それ漬けになるような生活しないと。定年後のお楽しみかな(苦笑。

 昴を撮影中,ママチャリ漕いで農道へ。

20201021winter dia

 確か,オリオン座流星群の極大日だったかと,..。でも,寒くて15分くらいしか撮影場所にいなかったので流れ星は確認できず。

 結局,寝たのは午前4時に近かった,..。

« 朝一講義の日 | トップページ | 「ポツンと一軒家」を見に,.. »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

なでら男さま
こんばんわ、ももで~す。
おお~庭先からでも素晴らしく撮れるんですね!!
星の色が飛んでしまうのはどうやるのでしょうかしらね?

ももさん

おばんです。色々と弄って星雲とかをあぶり出すうちに他の星の色が淡くなるんですよね。処理方法が拙いのだと思います。いわきの師匠とかに習いたいんですけど。^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« 朝一講義の日 | トップページ | 「ポツンと一軒家」を見に,.. »