2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 義父急逝 | トップページ | 葬式から納骨まで »

2020年8月11日 (火曜日)

病院で検査の後,通夜へ

 起床は5時半ごろ。今日は午前中に病院で一年に一度の造影 CT の検査の後で福島で義父の通夜。

ーーー

 時間もないのでスロースクワット 10 回+バランスボール腹筋 20 回を1セットにして3セットのみ

ーーー

 8時前にスタート。8時20分ごろに病院着。既に暑い。今日は猛暑予報も出ている。連休明けのせいか結構な人出。まずは,採血。次いで,放射線科へ。予定では9時から CT だったが,9時前には終わっていた。相変わらず,造影剤が注入されるときの感じは嫌なものだ。

 10時20分ごろから診察。相変わらず,がらっぱちな感じの主治医とのやり取り。血液データ,画像データともに特に異常はなしと。今年で術後7年なので,あと3年で10年。10年経って何もなければ,まあ,大丈夫だろうと。それまでは診ますと。その辺りで主治医が定年になるのかな?

 全て終えて,11時過ぎに帰宅。朝飯抜きだったので腹ぺこである。軽く昼飯を食ってから,午後1時ごろになでら女房となでら次女と一緒に福島へ。

 2時過ぎに葬儀会場に到着。3時から納棺の儀。納棺師の仕事を間近で拝見するのは人生で2度目だ。なんというか,所作の流れに何とも言えない舞いのような美しさがあるな。義父は奇麗に死に化粧されて,まるで眠っているような顔になった。そして,納棺。足袋を履かせ,草鞋と脚半,手甲など。さらに,生前好きだったものなどを棺に納める。最後に花で頭部の周囲を飾る。

 5時から通夜。住職が一晩で考えたという「法名」は「釋見勝」とのこと。浄土真宗では,戒名でなくて法名と言って,菩提寺では「釋」+(2文字:お経から取るとか)の3文字にしているとのこと。住職の講和はなにかまとまりのないもので,一体どこに落ち処を付けるのか?といった感じのものだった(苦笑。

IMG 4256

 終わって,葬儀場の外に出ると奇麗な夕焼けが。

IMG 4260

 福島市の今日の最高気温は 38.2 ℃という殺人的なものだった。午後6時過ぎでもまだ 30 ℃オーバー。猛烈な熱帯夜だったろう。

 なでら女房は義父と一緒に一晩過ごすとのことで,仙台から駆けつけたなでら長男となでら次女を乗せて米沢に戻る。夕食は「一心太助」へ。

IMG 4257

 シマアジの丼。アカホヤ付き。今日は運転業務のためにビールはなし。美味しゅうございました。ご馳走さまでした。

 8時過ぎに帰宅してから,なでら長男と軽く一杯やった。あれ?自宅で此奴と呑むのは何年振りかな?

« 義父急逝 | トップページ | 葬式から納骨まで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

ラーメン・食事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。