2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 今日の運動と天気10/14/19【体育の日】 | トップページ | 今日の運動と天気10/16/19 »

2019年10月15日 (火曜日)

丸森の親戚に補給物資を届けるの巻

 起床は5時半過ぎ。諸々済ませて,久しぶりにカメラぶら下げてママチャリで出かけた。

DSC6524

 12日の午後から台風のために運休していた米坂線がようやく運転再開。下り始発列車坂町行き。

DSC6526

 斜平山とまだ刈り入れの済んでいない田んぼ

DSC6527 2

 東の空

 9時少し前に水やらウェットティッシュやら紙皿やらを積んで出発。と,そこへ,R113 の七ケ宿から白石市まで通行止めとの情報が入る(みやびさん,ありがとうございました)。道路情報を診てみると,たしかに,関宿の県道51号線(長老湖から遠刈田までの道)の分岐から白石市の外れの辺りまで通行止めの表示。思うに,七ケ宿ダム辺りの法面が崩落したのかも知れん。迂回路がないから,迂回路のある関宿のところから通行止めなのかも。となると長老湖を経由して刈田病院に抜ける道であれば通行可能か,..。だが,県道51号線もどこかが崩れているかも知れず,安全策を取って,高速道路を使うことにした。途中のコメリで身体を拭くウェットタオルとか土のう袋とかを購入。

 東北中央道,東北道を通って白石まで到着。白石から実家までは R113 だが,道路沿いの山に多数の小規模崩落箇所が見られた。実家の近くを流れる高倉川(阿武隈川の支流,最近桜並木で有名)では,激流で川岸が抉られ,舗装路が崩落していた。

PA158671

 ここは,台風などで大水が出ると決まって崩落する。知ってるだけで3回目くらいか?

 実家で,途中のコンビニで買い込んだ食材で簡単に昼飯を済ませて,お袋と一緒に丸森町舘矢間に向かう。走りながら高倉川を見れば,堤防のギリギリまで水位が上がったことがわかる。さらに,少し堤防が低くなった箇所からは,川の水が堤防を越えて田んぼに流れ込んだようだ。田んぼには多数の流木があった。道端には流された枯れ草クズなどが大量に溜まり,道路脇の水路は至る所溢れて,道路を川の如く水が流れた様子が窺われた。

PA158660

 阿武隈川に続く広域農道(ここも随分と自転車で走ったっけ)を走っていると小田小学校のところで通行止め。左に転進すると,その先の田んぼがひどい状態だった。

PA158661

 湖のようになっている。

 道端に停めてあるトラックを見れば,バンパーの下辺りの車体下部に枯れ草が沢山引っ掛かり,水が溢れて,その深さは完全にバンパーを越えたらしいことがわかる。で,阿武隈川への水門がある小田川に出ると,左の集落がひどい状態だった。幸い,水が引いた様子で多くの方々が片付け作業に追われていた。ここに従姉妹の嫁いだ先の家があり,そこが水没したらしい。

 伯母の家に到着し,物資を降ろしていろいろと世間話。伯母の家も断水で,かなり不便を強いられている様子。さらに,従姉妹一家も転がり込み,犬と猫も非難生活をしているので大変な様子らしい。外では災害対応の緊急車両が丸森に向かってひっきりなしにサイレン鳴らして通過していく。

IMG 1074

 従姉妹の娘さんが描いたという画と非難生活中のネコ(笑。なんとかいう賞を取った作品らしい。なかなか見事な腕前。

 そうこうしていると従姉妹が帰宅。ようやく水が引いて家には入れるようになったらしいが,一階は完全に水没状態(一階のふすまのほぼ上の方まで水が来ていた写真を見た)で一階部分の家具家電なども全滅らしい。それよりも流れ込んだ泥の始末が一苦労だろう。幸い,角田市なので,水は出るとのことなので,少しは掃除も捗るかも知れない。片付けを手伝う訳にも行かず(時間も装備もなし),申し訳ないがお見舞いだけで辞去。

 角田の街中を通って帰ったが,街中も側溝という側溝が溢れたらしく,道路には側溝から泥が上がった跡があちこちで見受けられた。R113 を通ったが後沖の辺りは,まだ道路が冠水しており,10センチほどの深さの水があった。これでは,昨日などは通れなかったかも知れない。

 その先に進むとさらに驚きの光景が拡がっていた。田んぼに水が流れ込んで湖みたいになっていた。

PA158663

 これは花島の辺り

PA158667

PA158669

PA158670

 田んぼに作ってあった牛用の飼料米のロールが全て浮かんで流されたようで,ひどい状態だ。これは昨日辺りに重機で寄せたのだろうか?この道路も完全に水に沈んでいたことになる。ここまでの距離は実家から3〜4キロほど。いやはや,恐ろしい。左側にはちょっとした高台(昔の古墳らしいが)があって住居があるのだが,水が出た最盛期には多分水上に浮かんだ孤島のような状態だったんだろう。

 実家に戻り,4時少し前に実家を辞去。実家周辺は平穏だった。帰りは白石から小原を経由してみようかと思ったが,まあ,安全優先で往きと同じく高速道路を帰った。1時間20分ほどで帰宅。こうしてみると,米沢というところは冬の雪を除けば,本当に災害の少ないところだと思った次第。被災した皆様には申し訳ないが,..。こりゃ,ずっと米沢にいるかなぁ(苦笑。

« 今日の運動と天気10/14/19【体育の日】 | トップページ | 今日の運動と天気10/16/19 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。