2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 尾瀬周遊二日目(燧ケ岳登山) | トップページ | 尾瀬から帰宅した翌日は人間ドック »

2019年8月18日 (日曜日)

尾瀬周遊最終日

 日付が変わる頃に一旦目を覚ます。さすがに,5時間寝たら一度は覚醒するようだ。トイレに行って,もう一度寝ようとしたら,...屋根を打つ雨音が,..。次第に激しくなって,ザーザー降りに。まあ,朝までには上がるだろうと楽観して再び寝付くが,..。午前4時で,まだ降っている。昨日話したフランス人の二人組も,大宮からのおじいさんも,今日は見晴新道から燧ケ岳を目指すとか。この雨では,あの泥濘んだ登山道はさらにひどい状態なのでは?

P8187640

 雨,ザーザーで気が滅入る

 5時頃に階下に下りると,フランス人の二人組がいて,今日は止めておくと。雨は嫌いだと(苦笑。まあ,気持ちはわかる。ピークハントだけが目的なら多少の悪コンディションでも登るだろうが楽しくないもんね。百名山のピークハントが目的の大宮のおじいさんは5時半頃に一人出発した。その頃には雨も上がっていた。山小屋のおじさんに訊けば,「う〜ん,晴れるんじゃないのかなぁ」と(これが当っていた。恐るべし)。

 朝飯を食っている間に青空が覗いてきた。我々も,今日の予定をどうしようかと考えていただけに,この天候回復は有り難い。予定通りに尾瀬ケ原を一巡りして,義父推薦の三条の滝を眺めて帰ることにする。

P8187642

 これは小屋共通。なにしろ全ての食材,残飯はヘリを使って空輸される。心すべし。

 7時少し前に宿の方々にお礼を言ってから出発。

DSCF7429 1

 振り返れば燧ケ岳

P8187650

 トンボがいた

P8187652

 この先群馬県

P8187662

 ニホンジカによる食害

P8187665

 竜宮現象の伏流点。湿地帯の水がここに吸い込まれて伏流水になるポイント。

P8187668 1

 こんな場所

P8187672

 吸い込まれるところがあるなら湧き出すところもある。ここが竜宮現象の湧出点

 少し戻って竜宮の十字路を東電小屋に向かって進む。

DSCF7437 1

 至仏山と池塘群

P8187692

 ヨッピ橋を渡る

P8187697

 何のための鐘なんだろう?

P8187700

 木道修理のためにヘリから降ろされた資財

P8187701

 東電小屋

P8187704

P8187707

 イワナとかウジャウジャいそうな川だ

P8187711

 元湯山荘の無料休憩所に荷物を預けて,三条の滝に向かう。この時点で時刻は9時半ごろ。三条の滝まで往復で2時間ほど掛かるようだ。

P8187713

 鎖が幹の中に食い込んでしまっている。

 泥濘んだ登山道を歩くこと50分。左手からゴーゴーと凄まじい水音が聞こえてきた。展望台まで降りてみれば,..

P8187719_20190820163401

 これはすごい!!およそ 100m ほどを落下する三条の滝

 さて,時間も押しているのでとっとと戻ろう。

P8187723

 お,元気な尾瀬のガマガエル

P8187725

 只見川の支流の小沢に泳ぐイワナ

P8187726

 こんな難所も結構あった。

P8187727

 平ノ滑滝(だったかな?)水量が不足気味?

 荷物を預けた元湯山荘に戻ったのは11時半。そこで飲み物を少し買って尾瀬小屋で頂いたおにぎりを食す。管理人の方が女性登山者と話していたが,その内容が山で経験した困った登山者のことだった。いやはや,世の中には想像を絶する困ったちゃんがいるものだと思った次第。12時過ぎに無料休憩所を出発。後はひたすら歩いて御池駐車場を目指すのみ,..なんだが,..

P8187734

 いや,退屈な道だった。目に入るのはブナの林だけ。それに地図の等高線からの傾斜は大したことがないのだが,かなりの数の沢越えがあり,その場所にはもれなく急勾配の降りと登りが付いてくるという,..。

P8187735

 本当は,荷物を背負ったまま三条の滝を観て,この分岐に出てくるはずだったが,滝からこの分岐までは両手を使って登るような箇所が沢山あるとかで,山小屋の人には絶対に往復ピストンした方がいいと言われた。でも,やはり50分のロスタイムは,それなりに痛い。

P8187737

 見えるのはブナの木と木道だけ(苦笑

P8187740

 もののけ姫の世界か?

P8187741

 枯れ沢にかかるつり橋を渡れば,..あと2時間くらい。

P8187743

 途中で一箇所だけ燧ケ岳が見える場所がある。

P8187747

 ところどころに湿地帯があり,池塘もある。

P8187756

 なんという蝶なのか?

P8187758

 駐車場に近づくに従って,ここ50時間ほども耳にすることのなかったエンジン音が耳に飛び込んでくる。なんだか不思議な感じだった。これにて尾瀬の山旅3日間が終了。三日間,よく歩いた。

 御池ロッジで風呂に入る。ここはシャンプーも石鹸も使用可である。頭は一回のシャンプーでは泡が立たなくて,二回洗った。身体も同様。いや〜,さっぱりした。

P8187760

 歩いた経路をトレースするなでら女房。これまでの人生を振り返るが如くだ!(笑

 時刻は既に4時過ぎ。さて,急いで帰ろう。

 檜枝岐の中を走っていると,今日が檜枝岐歌舞伎だったことを知る。ここで温泉民宿とかに泊まって,歌舞伎を見て,酒飲んで明日帰れば完璧だったなぁ(笑。

P8187762

 また来るよ〜〜!

 ひたすら車を走らせて,コンビニで食材を買い出して8時少し前に帰宅。疲れたけど楽しい旅だった。また,行きたいね。さて,明日は人間ドック。どういう数値が出ることやら,..(苦笑。

« 尾瀬周遊二日目(燧ケ岳登山) | トップページ | 尾瀬から帰宅した翌日は人間ドック »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

三条の滝はその水量が半端じゃなくすごかったのを覚えています。
俗界から抜け出して、しばし命の洗濯が出来ましたね。

koji さん

三条の滝は,これまでみた滝の中で3本の指に入る迫力でした。いいもの見ました!
正直,帰りたくないという気持ちでしたね。^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« 尾瀬周遊二日目(燧ケ岳登山) | トップページ | 尾瀬から帰宅した翌日は人間ドック »