2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« ブランチラーのあとで中津川巡って,夜は星を撮る | トップページ | 今日の運動と天気03/04/19 »

2019年3月 3日 (日曜日)

今日の運動と天気03/03/19【ひな祭り】

 起床は5時頃。外を見る。お,見えている!

DSC3661

 1月以来の大接近の月と金星

DSCF6361 1

 月と金星と土星

20190303nadera

 斜平山。今日は「斜平山のカンカン渡り」である。この山の尾根道を100人以上の人がテレビ塔までを往復する。天気も良さそうで何よりだ。

20190303train 1st 1

20190303train 1st 2

 米坂線下り始発列車。

DSCF6369

 やはり,外に出ると,どこかビクビクした雰囲気のクロスケ(笑

ーーー

 昼飯前のローラー60分,26km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 80rpm で。アンダルシアの第5ステージを最後まで。登り勾配のゴールスプリントを制したのはミッチェルトンスコットのトレンティンだった。2勝目。

ーーー

 午後から夜勤に出るなでら女房と一緒に早めの昼を食べに「志づ美」へ。

P3034330

 ローラー後の腹ぺこだったので,迷わず「中華セット」をチョイス。食べてみて,あれ?なんだか,スープのコクが足りないような,..。なんだか,ピントがぼけたような輪郭のハッキリしない味。多分,これでも美味い部類だけど,昔の味を知っている人間からは今二つくらい。以前から少し気になっていたが,どうも昔の古い店舗時代から少しずつ味が変わってきているような気がする。

P3034329

 この看板の時代の味よ!もど〜〜れ!(このセリフが何に由来するかを知っている人はあまりおるまい:笑)

 帰宅して,テレビ眺めていたら眠気が来て昼寝。なでら女房も夜勤に備えて昼寝。外はいい天気だ。自転車にでも乗ればいいのにねぇ(苦笑。

 SS-one AutoGuider Pro の自動導入が巧く機能しない件について,開発元の「ほんまかさん」にメールで質問した。全く同じ機材で,全く同じ手順で,ほんまかさんが「勾玉星雲」を撮影している YouTube 動画。なぜ,こちらは巧くいかないのか?と。

 どのくらいズレるかといえば,..

IMG 0109

 まず,ぎょしゃ座のカペラでアラインして,勾玉星雲(IC405) を自動導入すると,本来の位置は上の星図の黄色丸だが,なぜか赤色の丸に行ってしまう。

 直ぐに返事が来た。モーターのパラメータが違っているか,極軸が合ってないからではないかと。後者はあり得ない。となると,前者か。メールの指示に従って,Motor のパラメータを診てみると,..

P3034333

 なでら男の使っている赤道儀の SkyWatcher EQ5 GOTO の架台では,Gear ratio が 704 が正しい数値らしい。が,呼び出したパラメータは上の写真のように 810 だった。どうやら,これが原因だったようだ。新たに 704 を入力して,Write した。さて,これでどうなるか,..。今夜も晴れるのか?ちなみに,時刻は正確に入れないといけないが,北緯東経は多少違っていても問題ないとか。場所が違えば,星が見える位置は違ってくるが,星と星との相対位置は変わらないからか。

 GPV 予報では7時にはドン曇り。6時半頃に外に出て空を確認すると,薄雲のベールのような状態だが,かろうじて星々は見える。北極星もかろうじて見える。まあ,今日は自動導入の試験だと割り切って出かけてみた。向かったのは,直ぐ近所のいわゆる「公民館」の駐車場。

 三日連続になると,セッティングも大分手慣れてくる。必要最小限のことを細大漏らさずにやることが大事なんだろうな。それにしても,機材,撮影技術,画像処理技術とそれぞれのプロセスの直列で結果が出てくるので,ダメなプロセスが一つあるとそこで質が決定される。なんだか,自分がやっている仕事にも似ている。そんな天体写真撮影は実に面白い。最近,レベルの高過ぎる作品を観過ぎて,自分の画が嫌になりつつあるけど(笑。次の課題は,画像処理だろうな(あ,撮影から機材までも課題満載だけど)。

IMG 0111

 組み上がった。三日目ともなると,あっという間だ(笑。

 極軸合わせ,ぎょしゃ座のカペラの導入。さらに透明バーティノフでピントを合わせてから,カメラモニタの中央に導入したカペラでアライン。アラインしてから勾玉星雲に GOTO,そして試写。モニターでは赤い散光星雲はほとんど見えないので,IC405(勾玉星雲)と隣の IC410 の散光星雲の間にある特徴的な星の並びを基準にする。で,1分露光での画像をチェックすると IC405(勾玉星雲)は画面中央に来ているようだ。やった!これで自動導入利用可能になった。なんだかんだ,SS-one を(かろうじて)使えるようになるまで1年ちょっと掛かったことになる。

 空には薄雲がベールの如く掛かり,これから下り坂の様子。北極星も肉眼でかろうじて確認できるくらい。3分で13枚ほど撮ったが,何枚かは雲のせいで茶色みたいな色になり,最終的に使えたのは7枚ほど。

20190303magatama iwamoto

 薄雲のせいでソフトフィルター状態になった。まあ,岩本彗星の位置がわかる記念的な写真ということで。

 それにしても自動導入の問題がクリアできたのは大きい。これでもっといろいろと撮れそうだ。

« ブランチラーのあとで中津川巡って,夜は星を撮る | トップページ | 今日の運動と天気03/04/19 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

機材・小物」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。