2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« オッサンの深夜活動 | トップページ | 今日の運動と天気12/02/18 »

2018年12月 1日 (土曜日)

今日の運動と天気12/01/18

 起床は6時半ごろ。さすがに,深夜活動の反動で早起きできず。なでら女房は,今日は早番だとかで7時前には仕事に出て行った。大変だのぉ。こちらは,ウダウダと朝飯食って,ウダウダとテレビ番組眺めてから,..

ーーー

 昼飯前のローラー70分,31km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 82rpm で。第16ステージも最後の一級の峠を残すのみ。プロトンとの差は約 10 分。今回も逃げ切り確定だ。

ーーー

 シャワー浴びて,着替えて,今日帰ってくるなでら次女を置賜駅まで迎えに出る。外はまるっきりの冬の天気で,晴れ間が出たと思ったら,直ぐに横殴りの雨が降るという具合。日本海からの冬特有の筋雲が来ているときにこんな天気になる。置賜駅でなでら次女を拾って,そのままなでら次女のリクエストで「喜右ェ門」さんに。

PC013203

 幸せの「蒼いボトル」が運ばれてきた(笑

PC013207

 今日は「弘子さんの京水菜とスモークした豚肩ロースのアーリオオーリオペペロンチーノ」を頂いた。ピリ辛,スモークした豚肉,シャキシャキの水菜でいい味だった。ご馳走さまでした。

 帰宅して,なでら次女はピアノの先生のところへ。なでら男はもう一度車でムサシへ。ちょいとボルトナットとヒーター用のコードを買ってくる。帰宅後は悪天候もあって,ぼけっと読書。ビールでも呑もうかと思ったけど,夜晴れるかもと思って控えていた。が,午後6時になっても晴れる気配がないので呑んでしまった。

IMG 9738

 生協でなんともなく買った本だが,なかなか秀逸なホラー短編集だ。

 午後10時ごろに外に出てみると雲が所々にあるものの,奇麗な星空である。見上げれば,昴が電線域を通過して,撮影可能域に入ってきている。生憎,呑んでしまったため,車は出せないので自宅前から撮影してみる。まあ,自動導入などの練習もかねているので自宅前からでもよかろう。いわゆる,ユル撮りである。

DSC1916 1

 こんな感じ。昴撮影中である。使っているバッテリーが,セレストロンのタンクなので,ライトやらラジオやらが付いていて,ちょいと煩い(苦笑。もう少し小型で軽いものもあるのだが,..。まあ,いずれ買い替えるではなくて「買足そう」(笑。災害時にも役立つだろうし。自動導入は今夜も壊滅。ほんまかさんにメールで質問したら,自動導入の精度は赤道儀単体の精度に依存するし,離れたところでアラインしても外れることも多いとか。しかし,アルデバランでアラインして,昴で合わないのは問題あるんじゃないのかな。ピントを合わせたりする関係(明るい星でないとバーティノフマスクなどでピントが合わせられない)があるから,決めた焦点距離のレンズで一発でほぼ真ん中(あるいは写野の片隅にでも)に入って貰いたいのだが。夏ごろにアンドロメダでやったときには入ってくれたんだけどなぁ。何が悪いのか,もう少し機材を使い込んでテスト重ねてみるか。一応,ちょっと写野をずらしたら入ってくれたので手動で写野の真ん中に移動させた。

 一枚5分の露光を十枚以上仕込んだので,時間を持て余す。なので,お手軽撮影機材を持って線路向こうの田んぼ農道に出向く。

DSC1909

 今年の夏,胎内の星祭りのときに「ほんまかさん」のブースのジャンク箱の中から見つけて譲ってもらった R64 のフィルターのテストをしようと思った次第。ひっきりなしに雲が通過する天気だったがなんとか数枚撮影。ISO1600, F2, 4 min の一枚ものだが,バーナードループがはっきり写っている。なるほどねぇ。元画像が真っ赤になるので,白黒にしてあるが,なんだか,昔白黒フィルムで撮影したオリオン座のようで懐かしい感じだ。これをカラーアシストのように使って画像を合成できないものかね?いわゆる,LRGB みたいにできないのかなぁ。

DSC1911

 星は大きくなるし,雲はひっきりなしだし,晴れているようでも薄雲掛かっているようだし。

DSC1913

 先日,散々苦労した,46P/Wirtanen 彗星だが,ああ,あの方角だなぁと適当に 35mm で写してみると,..なんと簡単に写った。真ん中やや左寄りのボーッとした緑色の奴である(多分。長焦点で大写しにするよりも周囲の星座なども含めて中望遠くらいでか標準で撮った方が味があるかも知れないなぁ。

 で,自宅に戻り,撮影の様子をチェック。数回,昴付近を雲が通過したようだがオートガイドは問題なく機能したようだ。

IMG 9742

 バッチリですな。

 が,撮影画像をチェックしたところ問題発覚(苦笑。

DSCF9332 1

 撮影開始の一枚目

DSCF9340 1

 終了時の辺り。ピントがずれているのがわかるだろうか?いろいろ考えると,どうも部屋から持ち出したレンズやらが外気で冷えて収縮したためのピントズレらしい。結局,15枚ほど撮影して使えたのは最初の5枚ほど。徒労感,半端ないって〜〜!(´つω;`)

20181201Pleiades4

 X-E1, Tamron 150-600mm(300mm), F開放, ISO1600, SS 5min x 5枚,SkyWatcherEQ5GOTO + SS-one AutoGuider Pro

DSC1934

DSC1933

 〆に昇ってきた月を撮影してお終い。月齢 24.1 くらい。

« オッサンの深夜活動 | トップページ | 今日の運動と天気12/02/18 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

機材・小物」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オッサンの深夜活動 | トップページ | 今日の運動と天気12/02/18 »