2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 今日の運動と天気11/23/18【新嘗祭,初雪】 | トップページ | 実家へ »

2018年11月24日 (土曜日)

望月の僅かに掛けたる千年と半日後の月

 「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたることも なしと思えば」は藤原道長が詠んだ有名な歌である。2018年11月23日の満月は,藤原道長が「望月の歌」を詠んでから1000年目の満月だそうだ。「望月の歌」を詠んだのは旧暦の1018年10月16日で,2018年11月23日は旧暦の10月16日にあたるらしい。ということで,楽しみにしていたが,生憎の天気,...。

 日付が変わった頃にようやく雲が切れた。

DSC1835

 月齢は 16 弱くらいか。僅かに満月を過ぎてしまった。千年前に,この(ほぼ)満月を見つつ,道長が己の栄華を詠んだというが,当時と月の景色は何も変わっていないはず。なんだか,不思議だ。

 

« 今日の運動と天気11/23/18【新嘗祭,初雪】 | トップページ | 実家へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

千年前のこの日も晴れていたんでしょうかね。まあ道長の事ですから月が見えていなくても適当に詠んじゃった可能性もありますよネ(^_^;)
しかし、宇宙の悠久の歴史から見たら千年なんてあっという間ですから、そういう意味では昨日の月はいろいろと考えさせてくれますね・・・・と言いつつ私は見はぐっちゃいましたが<(_ _)>

へばなさん

いろいろ考えると面白いですよね。千年経っても,人間なんてそれほど立派になっている訳ではないし,月は万年レベルで変化なしですし。いや〜,なんだか,地上と天空で別のスケールで時間が流れているような,変な感じです。
そちらは,晴天続きで星も月も見放題で羨ましい限りです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日の運動と天気11/23/18【新嘗祭,初雪】 | トップページ | 実家へ »