2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 同窓会の翌朝,.. | トップページ | 今日の運動と天気10/09/18 »

2018年10月 8日 (月曜日)

鉄山(安達太良)に登ってみた

 起床は4時。う〜,眠い。さて,準備を始めよう。朝飯食ったり,トイレ行ったりしているうちにドンドン時間は過ぎて行く。できれば5時発にしたかったが,..。5時頃に外に出てみれば,あれ?細い月が出ているじゃないか,..

20181008moon

 ということで時間もないのに撮影(笑。月齢 28.1 くらい。

 5時半少し前に出発。目的地は二本松塩沢スキー場。今日のコースは,塩沢登山口〜馬返し分岐〜金剛清水〜屏風岩〜くろがね小屋〜峰の辻〜牛の背〜安達太良山を眺めて〜沼ノ平〜馬の背〜鉄山〜鉄山避難小屋〜笹平分岐〜僧悟台〜馬返し分岐〜塩沢登山口,というもの。ブログなどを見れば,結構な距離があるようだ。

PA082189

 塩沢スキー場の駐車場に着いたのは7時少し前。既に沢山の車が駐車していて,ザックを背負った登山者が登山口に歩いて行く。

 靴を履き替えて,準備して,歩き始めたのは7時頃か。山と高原地図によるコースタイムでは6時間とちょっと。休憩などを含めれば7〜8時間というところか。帰着は午後2時〜3時くらい。ここまでの移動中,吾妻山はスッキリと晴れていたのに,安達太良山には雲が掛かっていて,おいおい!と思っていたが,次第に晴れてきている様子。

PA082190

 すっかり寂れてしまったスキー場を左手に眺めつつゲレンデの下を歩いて登山口に。ここは標高 770m で,目的の鉄山は 1709m(安達太良よりも高い)なので,今日は 1000m 近く登る。体重×標高差×重力とか思わず考えてしまう理系のオッサン(笑。

PA082276

 入山届入れとかないのね,..。

PA082191

 しばらく歩くと,馬返しの分岐に着く。後ろから来たおじさんは右へとコースを取った。似たようなペースで歩いてきたご夫婦となでら男は左にコースを取る。折角なので,義父推薦の湯川に沿ったコースを登ろうかなと考えた次第。

PA082193

 金剛清水に着く。地図にも「水場」の印が付いているので,冷たい水をボトルに詰める。美味い!

PA082195

 コースは沢筋の急斜面に沿って切ってあり,所々えらく狭い所がある。バランス崩して右側に落ちたら,数十メートルは落ちるね。

PA082196

 屏風岩到着。ここまでで既に汗まみれ。一昨日の呑み過ぎの影響なのか,それほど気温は高くはないのに汗が止めどなく流れ落ちる。呑み過ぎ状態を解消するために自転車でヒルクライムなどをするとシューズの中までグショグショになるほど発汗したものだが,それと同じような状態。これは今日は先が思いやられる。

PA082199

 すごいスケールの岩だ!

PA082200

 屏風岩付近の紅葉

PA082201

DSCF5408 1

 屏風岩から見える滝。なかなか見事。あまりの落差にさすがにギリギリまで行けないけど。三段滝かな?

PA082203

 ここから先,鎖場が随所に現れる。不要と思える所もあるけど。岩が濡れていると滑りそうな個所もあるので通行注意。

PA082204

 コース右手からはゴーゴーと沢が流れる音。多分,小さな滝なら数え切れないほどあるだろう。イワナもいそうだけど。雪の降る前辺りに歩けば,葉が落ちていて,結構見通せるんだろうけど,今は沢はほとんど見えない。

PA082205

 八幡滝。

DSCF5411

 ここの滝もなかなか見事だった。

PA082210

PA082211

 どこが天狗なのかよく理解できなかった(苦笑。天狗が頭に着けているひし形の帽子のようなものに似てるからかなぁ?

PA082213

 こんな景色を見ながら歩く。八幡滝を過ぎてからは何度か橋の渡渉を重ねて,やがて,コースは沢沿いになった。

PA082216

 こんなところや,..

PA082218

 こんなところが。ここは手摺りになるロープもなく,丸太も濡れているのでちょいと緊張しながら渡った場所。滑り止めの鉈目が入れてあるけど,安心できない。

PA082220

 これも理解できなかった場所(苦笑。対岸の岩のことなのかなぁ?

PA082219

 これ?

PA082221

 次々に現れる渡渉。これは渡った後で撮ったもの。

PA082222

 こんなのも。で,何度か沢を渡って登って行けば,..

DSCF5414

 目の前に鉄山と紅葉が広がった。ここが天狗の庭なんだろうか?これは素晴らしい。この先で奥岳登山口からのジープロードに合流。今まで静かだった登山道が一気に賑やかになる。

PA082225

 くろがね小屋と鉄山と紅葉(Olympus TG-5)

DSCF5415

 これは FUJI X-T1 で撮ったもの。発色が微妙に違う。

DSCF5420

DSCF5421

 見事は見事なのだが,昨年,ため息吐きつつ眺めた紅葉より一段落ちる印象が,..。どうも赤が不足しているような,..一週間早いのかなぁ。

DSCF5423

 素晴らしい天気になったな。この辺りで,発汗でなでら男のパンツまでビショビショの状態。ヤレヤレ,..。靴の中まで汗が下がってこなけりゃいいが。くろがね小屋は混み合っていたので立ち寄らずに,そのまま峰の辻を目指す。

DSCF5424

 鉄山の崩落箇所。東日本大震災によるものらしい。ここの紅葉も昨年は息を呑むほどに見事だったのだが,..。

PA082227

 う〜む,まあ,でも,奇麗は奇麗だ!(笑

PA082228

 昨年は左手の黄色主体の紅葉と右手の赤主体の紅葉に口があんぐりした辺り。今年は,ぎょっとする「赤」が足りない感じだ。確認すれば,昨年も10/8に登っていたようだ

PA082229

 峰の辻手前

PA082232

 これって,いわゆる地衣類?

DSCF5425

 峰の辻から乳首を眺める。頂上は人がウジャウジャ。今日はあそこは敬遠しておこう。

PA082233

 牛の背に向かう。

DSCF5429 1

 今年もこの景色を眺める。何度見てもすごいもんだ。牛の背に出るとかなりの強風。汗が冷えて少々肌寒い。ここから安達太良の山頂を眺めてから鉄山に向かう。

DSCF5430

 登山がブームらしい(笑。ブームに乗ったオッサンが言うのもなんだが(苦笑。

PA082234

 鉄山へ続く馬の背。ここは気持ちがいいね。

PA082235

 パノラマ写真

PA082238

 やっぱり,昨年に比べると赤が足りない(笑

PA082241

PA082243

 ここを超えれば鉄山だ。

PA082253

 三角点

PA082252

 火山活動の監視システム。監視カメラは沼ノ平を向いている。

PA082247

 セルフタイマーで撮ってみた(笑。なんだか,元気がなさそうだが,少しまじめな顔をしてみた結果(爆:笑

PA082250

 さて,飯にするかね。

PA082248

 少し雲が出てきたかな。

DSCF5434

 鉄山から安達太良山を望む。右奥が,和尚山だっけ?

DSCF5433 1

 磐梯山の山頂は生憎の雲の中。しばらく待っていたら顔を出した。でも,直ぐにまた雲の中。磐梯山に登っている人たちは少し残念かも(笑。なにしろ,スカイラインが通行止めで一切経山に浄土平からのアクセスができないので,こっち方面に流れてきている人が多いのではないかと思ったり。

 マッタリと食事して,しばらくボケーと景色を眺めてから,さて降ろうかね。

PA082254

 鉄山避難小屋

 ここから箕輪山へ向かう。箕輪山に登ろうかどうしようか迷ったけど1時間ちょっとくらいの時間を見ないといけないようなので,またの機会にする。結果として,時間的には余裕があったけど,..。

PA082256

 箕輪の上にも沢山の人が,..。

PA082257

 そこそこ奇麗だな。

PA082258

 この辺りはシャクナゲの群生で,開花時には結構すごいんじゃないかなぁ。

PA082259

 笹平の分岐に到着。なにやら,「コースを熟知した先達で入山を要望します」などと,不安にさせるようなことが書いてある。まあ,結果的になんの問題もなかったけど。

PA082262

 なかなか奇麗だな。

PA082263

 フムフム,..

PA082265

 お題は「赤」(笑

PA082267

 赤とオレンジと黄色

DSCF5438

 ここはすごかったな。白樺なのかなぁ?白い樹も入ったし。

 僧悟台からは少し飛ばした。下りで出来るだけ制動を小さくしてエネルギーを前送りにして。お陰で,半分走っているような状態に。しばらくそんな感じで進むと地図の等高線から容易に想像できる極端な急斜面になった。さすがに,ここは完全に制動しないとコースアウトしそうだ(苦笑。こういう下りが登り以上に辛い。

PA082272

 終盤になっても現れる丸太橋(笑。水が切れたので補給。

PA082273

 なぬ?草履沼?

PA082274

 最後の渡渉。ここで沢水で顔を洗って,タオルを濯いでサッパリする。

PA082275

 無事に馬返しの分岐に到着。お疲れさま!距離は12キロほどあったようだ。GPS 持っているのだから正確にわかるはずだが,使い方が今一つなので,どうすりゃいいのかわからんのだ(笑。現状は,現在地と登山道だけが表示されれば問題ないというスタンス(笑。

 駐車場に着いたのは2時過ぎ頃。約7時間の行程。どこかで風呂にでも入るかと思ったけど,なんだか面倒になったのと,風呂で暖まると怠さと眠さが出そうだったので,着替えてそのまま帰途に。4時過ぎに帰宅。後始末をしてシャワー浴びて終了。来週はどこに行くかな〜・・。

 っと,そのまえに今週中に片付けなくちゃいけない仕事山積みだよ,..(´д`;) 昔は山積みの仕事見ると,さ〜て,どいつからやっつけてやるかなぁ〜とニヤニヤしたもんだけど,今はもう逃げ出したい気持ちの方が大優勢(笑。

« 同窓会の翌朝,.. | トップページ | 今日の運動と天気10/09/18 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

天気がよくてなによりでしたが、おっしゃるとおり肝心の紅葉がパッとしませんでしたね。
“なでら男さん”の昨年の写真では、赤と黄色が程よく混じってとても綺麗です。
するところ、今年は鮮やかな赤が少ないように感じます。
ですが、大自然にふれ、とてもいい汗を流しましたね。お疲れ様でした。

なでらさま。
こんばんわ、ももで~す。
おつかれさまです!
最高の青空に、ブルーでコーディネートされた素敵な山男。
かっこいいですね!!
お昼のメニューはなんだったんだろふ?

koji さん

そうなんですよ。ギョッとするほど鮮やかな「赤」が足りません。赤は,昼は気温が高めで急激に朝晩に冷え込む日が数日が必要とか聞いたことがあります。はい,確かに大汗かいて,いい運動にはなりました。^^;

ももさん

オバンです。晴れませんねぇ。(´д`;)
山ジイサンです。それにしても,体力なくなりました。
お昼は,カップ麺とおにぎり二個でした。^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« 同窓会の翌朝,.. | トップページ | 今日の運動と天気10/09/18 »