2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 今日の運動と天気09/27/18【喜一で朝ラー】 | トップページ | 今日の運動と天気09/29/18 »

2018年9月28日 (金曜日)

休暇を取って月山の紅葉を眺めに出かけるも,..

 起床は4時。外を見れば,晴れているがね。これは行けそうだ!

DSC 8638

 西の空には月が浮かんでいた。

DSC1690

 南の空には冬のダイヤモンドが,..。

 朝飯食って,準備して,5時半になでら女房と西川町に向かってゴー。あれ?ついさっき,雨が降った形跡が。起きたばかりの時間の晴天からは信じられない天気の変化。不安定要素があると山の天気は,..う〜む。まあ,こればかりは行ってみないとワカラン。途中コンビニで食料を仕入れる。

 高速飛ばして,途中,雨が降った形跡があったり(やはり不安定?),濃いガスがあったり,先行きに不安を感じつつ,月山スキー場の姥沢駐車場に着いたのは午前7時半頃。約2時間。今日はでかい方の車だったし,平日なので,割引はなし。なので,約1800円の高速料金。備忘録代わりに。

 トイレに行って,靴を履いて身支度整えて,では行きますか。

P9281982

 駐車場付近では,天気は大丈夫そうだったんだけど,..

P9281983

 またしても,モーターとワイヤーで楽をする(笑

P9281985 1

 ガスが,..ガスが,..。下の小屋にいたおじさんは,「今日は晴れるよ〜!上手くすりゃ,オコジョにも会えるかも!」とか言ってたけどねぇ。

P9281987

 ペアリフトの上駅(標高 1500m)もどっぷりとガスの中,..。まあ,頂上に着く頃にはガスも晴れているだろうと楽観的に考えて出発。それにしても寒い。手袋を着けないと指先の感覚がなくなる。水っ洟が垂れてくる(苦笑。風で流されるガスのせいで眼鏡がびしょ濡れになって視界が,..(苦笑。霧の中での自転車走行と一緒で,指ワイパー起動させて凌ぐ(笑。

 前回と同じルートで頂上を目指す。

P9281991

 こんな感じだ。う〜む,..。

P9281996

 リンドウが奇麗

P9282001

P9282004

 姥ヶ岳からのコースと合流してから,しばらくして尾根道に出た辺りのモミジかな?紅葉が奇麗。晴れていればさぞかし,..。

P9282006

 一向に晴れないし,風は強いし,ガスでびしょ濡れになるし,..。で,心折れ掛かっているなでら女房が休憩中。なでら男は,ブルベとかで大概の辛い目に遭っているので,一向に苦にならん(笑。

P9282008

 鍛冶小屋跡の下の辺りは,まさに燃えるような赤。晴れていればさぞかし,..(こればっかりや:笑

P9282010

P9282012

P9282013

P9282015

 晴れていればさぞかし,..(笑。でも,まあ,これはこれで風情があるかも(笑。

P9282016

 頂上到着。また,この濃い霧の景色を頂上で見るとは,..

P9282018

 9月15日に閉じたらしい(なんというのだろうか?何か言葉がありそうだけど。閉山?)。月山八合目からの登山者が沢山いた。2時間半くらいのコースだとか。平地観光組と登山組とかの組み合わせで来れば,登山口と下山口が違ったコースを取れるんだよね。一遍,そういう登り方をしてみたいけど,..。

P9282020

 デブのオッサンの記念写真(笑。今回は,なでら女房のペースに合わせて登ったせいか,登りはえらく楽だった。風は強いし,ガスで何も観えないし,長居は無用ととっとと下山。下山は向かい風。バランスが悪いと風に押されてよろめくほどの強風。

P9282029

 風が強いし,雨も時折混じるので,念のためにと雨具を着ける。が,なでら男が雨具を出すと雨が止むということを繰り返す。おのれ!

P9282030

 赤というよりも濃いオレンジ色。なかなか見事だ。

P9282041

 牛首の分岐でちょいと相談して,このガスでは姥ヶ岳に行っても眺望は望めそうもなかったので,来た道をピストンで戻ることに。その方が風に対して山陰になるので少しは楽かも。で,一番後ろがなでら女房で,前の集団は,トレッキングツアーで月山八合目から登ってきて,姥沢の駐車場に降りるというコースを歩いているご一行様。陽気なおじさんおばさんたちだった。

P9282042

 と,下山途中でガスが晴れた。

P9282043

 ご一行様,一気に撮影モードに(笑。もちろん,なでら男も!(笑

P9282044

 う〜む,素晴らしい。

P9282062

P9282058

 草紅葉とでもいうんだろうか。素晴らしい眺めだ。

P9282069

 姥ヶ岳頂上からももしや眺望が,...

P9282073

 ガスが次々に流れては消えて行くので,その都度,光の加減が変化して,何度も撮影してしまう。似たような写真ばかりで申し訳ない。

P9282075

 斜面に生えている草が黄色に,広葉樹やモミジや桜が赤や橙に,..。なるほど,これが月山の紅葉なのか。

P9282079

P9282080

 が,月山頂上はほとんど姿が見えない。

P9282083

 パノラマを上げておく。

P9282090

P9282091

 ガスの通過を待ちに待って,随分と粘って,ようやく撮れた一枚。山岳写真はひたすら待つんだということを何かの本で読んだ気がする。ガスで隠れた月山山頂の左下辺りに燃えるような赤が張り付いているのがわかるだろうか?上の方で紹介したモミジの紅葉である。クリアに見えていれば,少し長目の望遠レンズで月山山頂とともに狙いたい被写体だ。

P9282092

 分岐付近からのペアリフト上駅の様子。見事な紅葉。

P9282097

 もっと早い時間に,...いや,でも,これが観られたので満足だ(ということにしておこう:笑

P9282100

 終了である。さて,リフトで楽に帰ろう(笑。下りの衝撃で既に太ももが筋肉痛である。

P9282101

 この天気が,...(。。)☆\(vv;;)

P9282109

 お疲れさま!

P9282110

 リフト脇にやたらにあった,これはなんだっけ?

P9282112

 これも多かった。ナナカマド?

P9282111 1

 駐車場の辺りから。やっぱり,ガスが奇麗に晴れるということはなかったね。後始末をして帰途に就いたのは,午後2時少し前。

 途中買い物などをして帰宅したのは5時少し前。靴や装備の後始末をしてお終い。

DSC 8639

 8時頃の月。今日は月を二度撮影(笑

« 今日の運動と天気09/27/18【喜一で朝ラー】 | トップページ | 今日の運動と天気09/29/18 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

28日はここに来て唯一晴れ間のあった日でしたね。
そんないい天気の中、わたしは御一行さまを引き連れて山形県で右往左往していました。
“なでら男さん”は奥様と月山だったんですね。晴れてもよさそうなのに山の天気は分からないですね。
それでも、写真からは月山の紅葉がとてもよく分かります。晴れていればさぞや・・・。
「タカネミズキ(高嶺水木)」というようです。花柄が赤く実が黒い。葉っぱもミズキ科の植物たしいです。
この日、安達太良も上の方が少し赤いような気がしました。

koji さん

下界はいい天気だったようですが,山の上は,..。今週半ば辺りまで紅葉が見事だそうです。でも,今度の週末は研究室の同窓会で NG ですし,後期も始まってクソ忙しくなりますし,チャンスはこの日だけでした。山は逃げないと言いますが,相対的に見れば,「山は逃げます」。なので,少ない機会を最大限に生かさないと。次は安達太良の紅葉です。その次は祝瓶や大朝日岳の紅葉です。今年は休日の天気に恵まれず10本登れませんでした。早く毎日が日曜日な人になりたいですね。
koji さんは山形に来られてたんですね。そこそこの天気だったのではないでしょうか。
「タカネミズキ」というんですか。なんどか繰り返して頭に叩き込んでも,次の年には忘れている昨今です。ああ,情けない(苦笑

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日の運動と天気09/27/18【喜一で朝ラー】 | トップページ | 今日の運動と天気09/29/18 »