2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« ラーメン食って,散財して,ビアガーデンで記憶を無くすの巻 | トップページ | ダラダラと過ごす猛暑日の日曜 »

2018年7月21日 (土曜日)

月山神社でご祈祷を受けるの巻

 4時半に起床。う〜む,わずかにアルデヒドのダメージを感じる朝。が,呑んだ量の割にはそれほどでもなさそうだ。早めに沈没したのが幸いしたか。5時ごろから朝飯。今日は月山に行ってみようということになったのである。月山スキー場の姥沢駐車場まで高速で約2時間ほど。月山ペアリフトの運行が8時からなので,6時ごろに出ようということになったが,結局20分遅れに。

 高速を走り,月山湖の PA にトイレに立ち寄れば,水戸ナンバーの観光バスが駐車しており,山の格好をした大勢の老若男女がトイレ休憩中。なでら女房は早速リサーチ開始。午前3時に出発して,今日は月山に登り,今夜はどこぞでお泊まりとか。トイレの中で着替えたり,ヒゲ剃ったり,歯磨きと洗面,化粧などとちょいと迷惑な気がしなくもない。

 高速を降りて,クネクネした九十九折りの坂を10キロも走ると姥沢の駐車場に到着。時刻は8時15分ごろ。既にかなりの数の車が駐車している。そして,各々身支度に余念がない様子。こちらも身支度して,リフト乗り場までちょいと歩く。

P7210968

 ちょいと雲多めなのが気になるが,..。

 リフト乗り場の下にある,環境美化協力金の徴収所で一人200円を支払う。既に 1000m は超えているだろうと思われる。結構涼しい。おじさんの「花が奇麗だよ〜!」の言葉に期待は膨らむ。ここからリフト乗り場まではかなりの急勾配(20%ほどあるんではなかろうか)で,リフト乗り場に着いたころには既に汗まみれのなでら男。今日は水を多めに持ったのでバックパックがそれなりの重さになっている。なでら女房のバックパックには財布と雨具と最低限の水くらいしか,..。まあ,しょうがないか(苦笑。

P7210971

 さて,今日も楽をさせてもらいましょう。モーターとワイヤーの力は偉大だ!(笑

P7210976

 リフトに乗ったのは,数年前に西吾妻山に登ったとき以来。あっという間に標高を稼ぐ。昨日,mont-bell でリフト券一人 50 円割引券をゲットしていたなでら女房。さすがにその辺り,抜かりがない(笑。

P7210974

 遠くの稜線には既に沢山の登山者の姿が,..。多分,リフトを利用せずに自力で登っている方々だろう。

P7210978

 ペアリフトの上駅に到着。既に 1500m ほどの標高かな。さすがに涼しい。が,山頂付近はガスっている。こりゃ,眺望は期待出来ないかも。小学生の集団がいて,お母さんがお見送りに来ていたり(苦笑。トイレに寄ってから,身支度を整えて出発。

P7210979

P7210980

 人気の山だけあって,木道は渋滞状態。ちょっと気にかかるのは,リフト乗り場で見た「雪渓,軽アイゼン必須!」の貼り紙。どの程度の規模の雪渓なのか,..。

P7210981 1

 チングルマが奇麗だ!

P7210982

 最初の分岐で姥ヶ岳方面への大集団と別れて右手のコースを取る。頂上はガスっている。ガスの流れが速い。風もかなり強い。そして,涼しい(笑。

P7210983

 今日もパヴェ(笑

P7210987

 これはなんだったかなぁ。チングルマの花びらが落ちた後かな?

P7210989 1

 これもわからん。#イワショウブかな?

P7210992

 晴れていれば雪渓の白と草原の緑のコントラストが素晴らしいんだろうけど,..(苦笑

P7210993

 木道の所々が残雪で覆われている。圧雪で一部氷になっているので通行は要注意。

P7210994

 ここがリフトを使わずに自力で登ってくる健脚な方々との合流点の牛首下分岐。このコースを選択するならリフトの営業時間を気にする必要なく早朝から行動できる。

P7210995

 最初の雪渓。ここはまあ特に問題はなし。雪渓に張られたロープを手繰りながら歩くのもよし。

P7210996

 雪渓上では夏スキーを楽しむ方もいた。

P7210997

 風が吹けば空気中の水蒸気が雪渓上で冷されて湯気のようになって流されていく。

P7211000

 コバイケイソウとニッコウキスゲ

P7211001

 ジュニアのスキーチームらしき練習風景。いやはや,ここまでやらないとダメなのか。

P7211002

 凄いですねぇ。でも,スキーのソールがギタギタになりそうな雪面なんだけど。

P7211003

 この辺りからまたガスが濃くなってきた。この後で急斜面の雪渓の登りが現れる。上からは軽アイゼンを装着したおじさんがヨチヨチと降りてくる。前を歩いていた男女は大丈夫かなぁ?という感じで恐る恐る登り始める。女性は靴にすべり止めの縄を巻き付けている。登ってみると,歩幅を小さくすれば,それほど滑るということもないのだが,..。なでら女房のポールの石突きのキャップを外してやって,キックでステップを作ってやりつつ先行。で,なんとかクリア。歩いてみれば,見た目ほど大変ではない。でも,軽アイゼンがあればさらに安心で安全だね。

P7211005

 ガスが濃くなってきた。

P7211008

 お,これは何かなぁと独り言を発しつつ見ていたら,降りてきた年配の女性が「ウツボグサです」と教えてくれた。でも,Web で調べると似てるけど少しだけ違うような。調べてみると「タテヤマウツボグサ」らしい。

P7211009

 標高 1800m 付近で咲くアザミ(何アザミかは不明)#ナンブタカネアザミかな。

P7211010

 まだまだ頂上までは標高差は 200m ほどある(はず)。

P7211011

 これも不明。眺望が利かないので,登山道脇の花ばかりを撮影することに(苦笑

P7211013

 ハクサンフウロかな?

P7211014

 ときどきガスが少しだけ晴れることも,..

P7211015

 頂上付近が見えてきた。

P7211017

 これは何だろう?#これはチングルマの花が終わった後の姿らしい。ここまで開花前後で様子が変わるのは感動的ですらある。ときに,こいつは頂上直下では至る所にあったので,最盛期にはチングルマの花畑の中を登ることになるんだろう。来年の課題だな。

P7211018

 これもわからない。#ゴゼンタチバナらしい。米沢の興譲館高等学校の校章のモデルだとか。

P7211020

 これも沢山見たけど,..#マルバシモツケあるいはアイヅシモツケ

P7211022

 ばてたなでら女房(笑

P7211023

 頂上が見えてきた。

P7211024

 名前見たんだけど,..何だっけかなぁ。#ウサギギク

P7211027

 もう,なにがなんだか。#ダイモンジソウらしい。

P7211028

 さらに訳がわからなく,..マルバシモツケの中にある2本の名前がわからない。

 途中,降りてきた山伏姿の大集団を延々待つというイベントなどもあった。さすが信仰の山だ。先頭は地下足袋と山伏姿でザックを背負って金剛杖を突く白く長い顎髭のご老体。凄いもんだ。

P7211029

 延命地蔵。ぴんぴんころりを祈っておく。

P7211031

 鍛冶稲荷神社。地図には鍛冶小屋跡とあるが,なにか修験者向けの鍛冶工作のようなことをやったものか,..。調べてみると,ここには月山鍛冶の鍛冶小屋が古くからあり,月山の霊水で鍛えた刀を月山の僧たちに守り刀として供給したらしい。調べると,いろいろと面白い話が,..。ご興味のある方は,ご自分で検索してください(笑。

P7211032

 ここから最後のガレ場を登る。そして山頂到着。

P7211035

 へ〜,この方向に鳥海山が,..。次は鳥海山か!?

P7211036

 かなりの強風。ガスで眺望は利かない。残念無念。

P7211038 mozaic

 登頂の証拠写真。一応,モザイク掛けておきますね(笑。ここでご祈祷して頂き,御朱印も頂く。ところで,信仰の山だけにご高齢の方も多く登ってこられるようだ。で,その登頂年齢の番付などがあり,中には92歳という方が!(驚 神社の方に訊ねると,さすがに92歳の方は知り合いに背負われての登頂だったらしい(背負った方が凄い!)。で,自力では?と訊ねると89歳とか。団体で来られたらしいが,真っ先に登ってきたとか。う〜む,凄い!うちのお袋(85歳,足腰達者!)も連れてきたら登るかなぁ?(笑

P7221124

P7221123

 ありがとうございました。湯殿山と羽黒山の御朱印も頂かないと(笑。

P7211039

 山頂小屋には立ち寄らずに下山することに。山頂にはおが屑と微生物を使った,いわゆる「バイオトイレ」が設置されている。使用料は百円(以上)だ。

P7211040

 これもわからない。#ハクサンシャジンかな?

P7211041

 下り始めの山頂付近は猛烈な風。ときどき,風に吹かれてバランス崩しそうなレベルの強風。

P7211042

 続々と登ってくる。この人たちのほとんどが一人 500 円のご祈祷料を月山神社に納めると考えると凄いものだなぁと(苦笑。まあ,神主さんも霞を食って生きている訳じゃないからね。

P7211046

 空腹でどうも脚がもつれそうな感じになったので,道端で小休止して軽食を摂る。ここにも至るところに開花後のチングルマが,..。

P7211048

 ほんのわずか青空が覗く。

P7211049

 この辺りで,毎週登っているというおじさんと出会う。一週間前は花がことのほか奇麗だったと。

P7211050

 こんな縄があちこちで見られる。毎週登るおじさんによれば,先週は,この辺りにまだ雪があったのですべり止めとして靴に巻いたものをこうして残していくらしい。腐るからいいのか?でも,ビニール紐もあるぞ。

P7211051

 これもわからん。#エゾシオガマというらしい。

P7211052

 全然わからん。#キオンかな?ミヤマアキノキリンソウとの話もあり!

P7211053

 あれ?なんだったかな?#アカモノ

P7211054

 え〜〜っと,..#ガクウラジロヨウラク

P7211056

 このシダもかなり多かった。

P7211057

 コバイケイソウ

P7211058

 牛首の分岐から姥ヶ岳方面へ。

P7211060

 なでら女房が登りでちょっと苦労した雪渓を降ろうとしている方々。軽アイゼンを装着しようとしているのかも。手前の白い花は,シラネニンジンかな?

P7211061

 パヴェを降る(笑

P7211063

 大雪渓の脇を通る。

P7211064 1

 ニッコウキスゲが立ち並ぶ

P7211067

 ニッコウキスゲ

P7211071

 わからん

P7211073

 一旦降って,そこから姥ヶ岳へ

P7211074

 少しだけガスが晴れた

P7211076

 ハクサンイチゲ

P7211078

 金姥の分岐。右に行けば湯殿山神社。

P7211083

 イワカガミと**。この辺りで賑やかなカメラおじさんに遭遇。イワカガミは岩の方を向いて咲くからそう呼ばれていると。

P7211085

 イワカガミとチングルマの競演

P7211086

 おじさんが「いい構図だぁ〜!」と絶賛していた,チングルマと雪渓(笑

P7211087

 月山方面を振り返る。

P7211091

 いい加減な構図とピンボケの,ヨツバシオガマとニッコウキスゲ

P7211094

 ニッコウキスゲの咲く登山道脇と雪渓

P7211099

 ハクサンシャクナゲの花はもう終わりに近い。

P7211102

 登山道と雪渓とニッコウキスゲ

P7211104

 わかりません。#ミヤマリンドウかも,..

P7211105

 姥ヶ岳山頂の三角点

P7211106

 姥ヶ岳山頂からの眺望は残念

P7211107

 え〜っと,え〜っと,..#キンコウカ?

P7211109

 リフトの上の駅が見えてきた。

P7211111

 最後の雪渓。カニ歩きで降る。

P7211112

 これから登る人たちが軽アイゼンを装着しているところ。

P7211113

 下りもリフトで楽しましょう。5時間弱の山歩きだった。眺望は残念だったけど,いやになるほど花が見られたので由としよう(笑。毎週来ているというおじさんからは9月20日頃は紅葉が見事だよと。また,来よう!ちなみに,これが今回のコース。初級である。皆さんもお気軽に。登山靴でなくても,スニーカーで登っている人が沢山いた。

P7211114

 リフトの下の乗り場のツバメの巣。これだけ付いているは初めて見た。

P7211115

 片付けをしてから降って,月山志津温泉へ。

P7211118 1

 貸し切りだったのでのんびりと。風呂の窓から月山が見える。温めの単純泉で長目に漬かっていることができた。いや〜,汗を流してサッパリした。

 で,帰りは,..

IMG 9071

 例によって,ここに不時着。

IMG 9072

 お疲れさま!

 帰宅は6時ごろ。

P7211120

 今週もお疲れさま。また,今度!

« ラーメン食って,散財して,ビアガーデンで記憶を無くすの巻 | トップページ | ダラダラと過ごす猛暑日の日曜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

またもや涼しいところに逃れていたんですね。
高山は今一遍に花が咲き競うお花畑状態なんですね。わたしは山登りをしないので見たことの無い花が沢山出てきました。こうしてご夫婦で山を歩いていると、いつまでも足が達者でコンドロイチンもグルコサミンもいらないかも知れませんね。

koji さん

はい,何しろ山形は暑いです。月山は標高 2000m ほどですが,日本海からの風がまともに吹きつけるので,普通 3000m 以上の標高の山でしか見られないような高山植物が多数観られるらしいです。景色はガスっていて今一つでしたが,道端の草花が面白くて飽きませんでした。でも,正確に判定するには葉の形とかまで診ないといけないので,一種類の花について3〜4枚ほどの撮影が必要なようです。これを花を見付けるたびにやっていたらいくら時間があっても,..。さらに,帰宅してからの調査がバカにならず,..。自分で覚えてしまえばいいのでしょうが,なにしろ単純な記憶力は減退の一途でして。w
女房は,文明の利器(ワイヤーとモーターと鉄柱)が好きなようで,そういうところを企画する傾向があります。最近太って,何とかしないと言ってます。^^;

最近は「山」づいていますね~(^_^;)
5時間も歩けば、かなりの運動量になるのではないでしょうか。
ところで、木道の木や神社の建物やお地蔵さんや方位盤などは、どうやってあげたんでしょうね~。背負って?(^_^;)
月山の残雪は有名ですが、こんなにたくさんの高山植物が有ると走りませんでした。きれいですね~(^^)v

へばなさん

なにしろ,涼しいのがいいですね。^^;>山
運動量は結構多いと思います。最大心拍の7割くらいで運動しているゾーンが多いみたいですし。さらに,降りは太ももの鍛練になるようです。ずっとスクワットを続けている感じです。
木道の材木などはヘリ運搬ではないかと思いますが,その昔は,..一本ずつ担いだんでしょうか?「パヴェ」の整備なども手間と時間を想像すると気が遠くなります。感謝しつつ歩いております。^^; 月山は 2000m ほどですが,冬の日本海の風がまともに吹きつけるために,通常 3000m クラスでないと観られない高山植物が沢山あるそうです。来年はアイゼン買ってもう少し早い時期に行っていたいです。

私も昨日の日曜日に、秋田駒ケ岳に行ってきました。予報通り霧と強風で最短コースの3時間で退散しましたが、自然のミストを浴び、またいろんな花を見てそれなりに満足して帰ってきました。
私も花の名前を覚えるのが苦手で、数種類しかわかりません(-_-;)
最近は自転車優先で登山が少なくなっていて、奥さんより不満たらたら言われています。
先生を参考にして、バランスよくやっていきたいと思っています(笑)

小島さん

秋田駒ケ岳でしたか。そこも一度行きたいなぁと思っています。私は以前は山など見向きもせずにひたすらサドル上の生活を続けてましたが,子供たちが家を出て老人二人暮らし(?)になってみると,いろいろと心境の変化も出てきて,..。もともと山には興味があったので,手近なところからということで女房を道連れにして出かけてます。女房も子供のころに山好きの両親に連れられていろいろと歩いたらしく,他の運動は拒否反応を示しますが,山歩きはすんなりと。そんな訳で,まあ老後の夫婦共通の趣味みたいなものが見つかった感じで,これはこれでよかったかなと。
自転車は最近の暑さのせいで,さらに出不精になっております。^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« ラーメン食って,散財して,ビアガーデンで記憶を無くすの巻 | トップページ | ダラダラと過ごす猛暑日の日曜 »