2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 今日の運動と天気07/09/18 | トップページ | 今日の運動と天気07/11/18 »

2018年7月10日 (火曜日)

今日の運動と天気07/10/18

 起床は4時半過ぎ。眠い。布団に入ったのは2時ごろだったような。で,4時に目覚ましセットして,それを止めたまでは覚えているが,..。オニヤンマ?いやいや,億劫だし面倒臭い。新聞を取りに外に出ると薄いすじ雲を通して細い月が見えていた。

20180710moon2

 月齢 26 くらいかな。明日辺り,結構スレンダーな月が見られるかなぁ?

20180710nadera p

 今朝の斜平山は霞がたなびいている。このせいだろうか?

DSCF4835 1

 なでら男の影に後光が差した(笑。動いてみると,影の周囲に明るい光が見える。常に影の周囲に光がある。これは何か朝日を後ろから浴びているので,どうもそのせいのようだ。ちょっと調べてみたら,ブロッケン現象と同じ原理で起こっている現象なのかな?なかなか面白い。霧が出るときだけなのかね?

20180710morning

 東の空の様子

DSCF4844 1

 帰ってくると,こんな奴が待っていた。

DSCF4848

 「いい写真は撮れましたかい?」(笑

DSCF4849 1

 と,そこへ息子が現れた。「父ちゃん,おはよう!」(笑

DSCF4851

 まだまだだなぁ(笑

 小一時間ほど朝一講義の予習をしてから朝飯。そして,..

ーーー

 朝飯後のローラー30分,14km。勾配負荷3%,ケイデンス 75 - 90rpm で。ツールの第3ステージのチーム TT を拾い観る。水シャワーで冷さないと汗が全く引かない。いや〜,難儀な季節になったなぁ。インドアサイクリスト受難の季節なり。ローラー部屋にエアコン入れようかなぁ(笑。

ーーー

 朝一講義は物質移動。今日は熱と物質の同時移動現象で湿球温度に関する解析事例。まずは,気流中に置かれた乾球温度計と湿球温度計を使って,アナロジーを適用して空気中の水蒸気量などを求める。さらに,境膜モデルを適用したらどうなるかなど。少し早めに終了して講義アンケートを取ってお終い。来週はいよいよ最終回なので,試験対策のための解説編である。そして,今日も安定の汗まみれ。教室がまるで蒸し風呂だ。なんで,冷房くらいきっちり入れないんだろうなぁ。くだらないところに金は山ほど使うくせに。

 いくつか雑務をこなして昼になる。今日は,ランチメータはどちらかといえばラーメン寄りだったのだが,阿波屋さんが平日営業してないので,店の選択肢がなく,今日も一心太助に行く。

P7100784

 本日の日替わりランチは,千葉県産のキビレダイ(黄ビレ鯛)の丼。オクラ,漬物,ミョウガ,パプリカなどがトッピングされて色鮮やか。クロダイの仲間らしいが,今日は冷たい出汁で頂いた。なんだ,熱くても,冷たくてもどっちでも美味いじゃないか!(笑 さらに,今日はかき氷のサービスが付いた。

P7100785

 完全にクールダウンした次第。ご馳走さまでした。

P7100789 1

P7100786 1

P7100790 1

 午後1時ごろの東の空。夏の積乱雲を3枚。積乱雲だけを1シーズン追っかけてみるのも面白そうだな。撮ってみると,あの「モクモク感」を上手に出すのがなかなか難しいことに気付く。ママチャリに乗っていると,熱風の中を走っている感じ。結局,予報に反して,今日も 34℃くらいまで上がったようだ。

 午後からは講義の宿題の解答作り。火曜日の分と金曜日の分。数式入力が地味に面倒臭い。さらに学会雑務,学内雑務でメールを十数通送信。あっという間に4時過ぎ。息抜きにコーヒーとチョコ。小さく溜め息一つ吐いてみる(苦笑。

 さ〜て,今夜(明日の早朝)はワールドカップの準決勝だ。フランスとベルギーとの一戦は多分事実上の決勝戦。さて,ここは一つベルギーを応援しよう。なにしろ,日本に勝っているのでね(笑。

 その後もちょこちょこと現れる学会雑務に対応。そういや,9月の鹿児島の学会の飛行機とかホテルとか予約しないとなぁ。二泊三日でなんとかしたいものだ。

 夕方,帰宅途中でスマホが大音量で騒ぎ出した。何事か?と思えば,..

IMG 9010

 え?大雨?空はどんよりと曇っていて降り出しそうだけど,一滴も降っていないのに,..。まあ,米沢市といっても広いからなぁと帰宅すれば,あれ?停電があった様子。どうも,どこかで猛烈な雨が降ったようだ。停電になると,いくつかの電化製品がリセットされるんだよねぇ。

« 今日の運動と天気07/09/18 | トップページ | 今日の運動と天気07/11/18 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

なでらさま。
こんばんわ、ももで~す。
後光が差してますね。
そろそろお迎えが近いのでしょうか?
な~んて、
細かい凸凹でもいいし、粒々でもいいのですが~そういうのがずらーっと並んでいる。
そういう条件のところに光をあてると凹凸や粒の裏側に影ができます。
光の射す方向じゃなく斜めから見るとその影が凸凹や粒々ごとに見えますが、
光を背景にして見ると影がまったく見えないので明るくなります。
よく引き合いに出されるのが土星の環ですね。
衝効果と呼ばれる現象で、そのころに輪っかが明るく見えている。
だから輪っかは「粒々」でできているのだ。
という理屈ですね。
と、分かったようなことを書いてしまいましたが、合ってるとは思います・・・たぶん。

霧とか水滴が起こす現象はこれまた様々で厄介な理屈があるみたいですね~

ももさん

なんだかよくわかりません。粒々は稲の葉っぱですか?影の周囲にしか明るい部分がないのですが?影の移動とともに影周囲の明るい部分も動きます。
土星の輪っかの話は全く理解できません。^^;

なでらさま
こんばんわ、ももで~す。
光が当たってるのは葉っぱでも粒々でもいいです。
太陽光が当たって影ができるかどうかみたいな?

あり得ないたとえ話。
仮に地球から見た夜空に、
お月様が隙間ないくらいに沢山同時に浮かんでいるとします。
太陽から90度離れたところにある月は半月が並んでいます。
太陽と正反対にある場所には満月が並んでいて、
ちょうど正反対には地球の影があります。
(これは月食です)
つまり田んぼでいえば自分の頭になります。
月のかわりに、照らされているのは何でもいいということです。
のっぺりとした背景だと、そこまで明るくはなりません。
その度合は凹凸の度合や粒々の状態で変わってくるのでしょうね?
よくわかりませんが~

ももさん

わかったようなわからんような,..。ww

“なでら男さん”にもやっぱり後光が射しましたか!
これは早起きの人限定のサービス現象なのでしょうね。
夏雲の連発いいです。

koji さん

はい,太陽を背にして,霧などが出ていればいいのかなぁと思います。あるいは,お迎えが近いのでしょうか?^^;
単なる物理現象のようですけど。光とかは難しいですね。
明日から暑くなるようです。いよいよ夏本番でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の運動と天気07/09/18 | トップページ | 今日の運動と天気07/11/18 »