2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 深夜に目覚めてオッサンの朝活 | トップページ | 真夏日にツール・ド・さくらんぼのコース試走 »

2018年6月 2日 (土曜日)

一切経山からの魔女の瞳に魅せられるの巻

 昨年,なでら女房は登山靴を購入。なでら男は先だって軽めのトレッキングシューズを購入した。お互い,まだ未使用だし,今年は山に行ってないし,..。ならば,行くしかあるまい。行き先は既に決めてある。目指すは「魔女の瞳」だ。

IMG 8784

 新聞記事

 6時半過ぎに自宅を出発。東北中央道を福島に向かう。大笹生で降りて,フルーツライン(ここを車で走るのは久しぶりだ)をひた走り,スカイラインを(車が)ヒーヒーいいつつ登って,8時過ぎには浄土平到着。いや〜,自転車に比べると楽だこと(当たり前だ。

 環境美化援助なる名目の駐車料金500円を支払って,奥の駐車スペースに車を置く。水蒸気をゴゴゴー,ブシューと噴き出す一切経山を眺めつつ,靴を履いて荷物をまとめて準備完了。8時半前にスタート。

DSCF4343

 歩き出しつつ眺める「大穴火口」

 コースはじわじわと登って行く。振り向けば,..

DSCF4344

 駐車場と吾妻小富士が見える。

P6020287

 登山道脇には桜が咲いていた。

P6020289

 お,雪渓だ!

P6020291

 雪渓を超えた後は,こんな木道を歩いていく。

P6020292

 やがて,鎌沼と一切経山山頂への分岐に到着。ここから避難小屋を経て,その後の急登が始まる。

P6020293 1

 避難小屋の先にも雪渓があった。雪渓の先から始まる急登

P6020294 1

 急登なり。なでら女房は時々休む。

DSCF4348

 登りの中腹から,酸ヶ平と鎌沼を望む。

DSCF4346

 分岐の辺りには結構な人が,..。早めに登ってよかった。今日は登山日和。

DSCF4351

 次第に景色が変わってくる。

DSCF4352

 残雪も多くなってきた。

P6020296

 なでら女房が辛そう(笑

P6020297 1

 自然の疑問符があった。自然は不思議だ(笑

P6020303

 一切経山の頂上(標高 1949 m)に到着。さすがに,2000m くらいだと日が陰ると汗が冷えて寒い。

DSCF4354

 大朝日岳が見えている。頂上から少し奥に進むと,..。

DSCF4357 1

 そして,念願の五色沼(魔女の瞳)にご対面。これは素晴らしい!三脚立てて,でっかいデジイチで撮影中の爺さんとかもいた。ま,気持ちはわかる。一切経山の頂上からは大朝日岳,飯豊山の大日岳,月山,鳥海山などが見えた。しばらく,滞在。来年はもう少し周囲に雪のあるときに来てみたい。スカイライン開通の直後とかいいかも。コースが雪に覆われていて,逆に歩き易いかも知れない。あ,軽アイゼンも必要だな。

P6020304

 疲れて黄昏るなでら女房(笑

P6020307

 大朝日岳を眺める登山者

P6020309

 向こうには磐梯山が!

DSCF4362 1

 頂上直下からの下山時の景色

DSCF4363 1

 吾妻小富士

DSCF4364 1

 下りの途中での鎌沼と酸ヶ平。

P6020316

 途中にイワカガミが咲いていた。

P6020318

 どれ,鎌沼に向かいますか

P6020320 1

 振り返れば避難小屋

P6020321

 桜

DSCF4365

DSCF4366 1

 鎌沼のほとり

P6020322

 腹が減ったので,ここらでランチ。今日くらいの行程だと,コッヘルとかガスストーブとかは不要だと思うんだけど,やっぱり,山ではお湯を沸かしたい(笑。おにぎりも豚汁もカップラーメンも大変美味かった(大笑。30分ほど休憩してから出発。

P6020323

 鎌沼の畔から一切経山方面

P6020324

 湖畔を歩くなでら女房

P6020326

 まだ,花は咲いていないコバイケイソウ

P6020330

 桜が,..

P6020331 1

 鎌沼湖畔の残雪。ここは毎年沢山残っているらしい。

P6020334

P6020337

P6020339

 チングルマ。撮った時には花の名前がわからなかったので,こんな標本写真に。来年は,ちょいと幻想的な写真を撮りたい。

 ここからはひたすら降る。段差もきつくて,それが結構脚に来る。なので,周囲の花とかに目が行く。

P6020343

 クロウスゴ(だと思う)

P6020345

 ムラサキヤシオツツジ(ではなかろうか?)

DSCF4371 1

DSCF4372 1

 桶沼と吾妻小富士

P6020348

 オオカメノキ

 今回,花の名前などを調べられたのは,下山後にビジターセンターに立ち寄り,花の資料などはないですか?と訊いて入手したパンフレットと照らし合わせたから(笑。

 ようやく駐車場に戻ってきたのは4時間後。最後の姥ヶ原からの下りが脚に来た。荷物を下ろしてレストハウスでトイレに行って,ソフトクリーム食って,車に戻って,..よし,桶沼にも行こうかということになったが,歩き出したら,嫌になった。が,なでら女房が折角来たんだからと。吾妻小富士の周回は上から散々その姿を眺めたので登って見る気になれずにまあ次回でもよかろうと見送った次第。

P6020351

 サンカヨウ(?)

P6020352

 名前わからず

DSCF4373

 で,少しの残雪と雪解け水でぬかるんだ登山道を歩いてたどり着いた桶沼は眺望とて大したものではなくて,下山時に上から眺めたときの方がよかった(笑。

DSCF4374

 茂吉の歌碑。除幕には斎藤茂太氏が来られたらしい。

DSCF4375

DSCF4376

 この時季の緑が気絶するほどに美しい。

DSCF4377

 お元気ですかぁ〜?(大笑

P6020355

P6020360

 浄土平の戻って地面に這いつくばるようにして撮影。ミネズオウかな?

P6020358

 苔。TG-5 のマクロの深度撮影。なかなか面白い。

P6020361

 イワカガミ

DSCF4378 1

 赤い雪 at 浄土平

 ということで,その後はなでら女房の実家に周り,若い頃に山が大好きだった義両親に登山の報告をして,写真を見せてあげた。たいそう喜んでくれて,ここにも行ってみろとアドバイスをもらった。行くか!

 新助商店を経由して米沢に戻って,そのまま阿波屋さんへ。

IMG 8775

 ビールを頂きつつ,..

IMG 8776

 冷たい煮干しラーメンを頂いた。安心安定の美味さです。

 なでら長女が帰宅したけど起きられず。

« 深夜に目覚めてオッサンの朝活 | トップページ | 真夏日にツール・ド・さくらんぼのコース試走 »

写真」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

いやー、圧巻の魔女の瞳です!
土曜日の下界は暑くて真夏のような天気でした。疲れるけれど気持ちいい、こんなに綺麗な景色をみたら一遍で疲れも吹き飛びます。青空をうつしこんだ鎌沼。柔らかく瑞々しい若葉。それに、イワカガミの花のギザギザは細くとんがっているんだと思っていたら、こんなに滑らかに丸くカットされていたのには驚きです。

koji さん

初めてでしたが,感動的ですね。周囲に雪があって,ぽっかりと蒼い瞳が開いている様子を来年は見てみたいですね。標高 2000m 近いので,日が陰るとちょっと寒さを感じるほどでした。女性の登山者が「今年の鎌沼は水が多いねぇ」と言ってました。秋にまた行ってみたいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 深夜に目覚めてオッサンの朝活 | トップページ | 真夏日にツール・ド・さくらんぼのコース試走 »