2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 春か,春なのか? | トップページ | カンカン渡りを下界から見る! »

2018年3月 3日 (土曜日)

斜平山カンカン渡りを前倒し

 明日は米沢の春の名物行事,「斜平山カンカン渡り」が開催される。人が沢山いるイベントは苦手というか苦痛というか,あまり得意ではないのでなでら男は参加しないが,今日は多分この冬の中では最高に近い上天気。友人に「喜一」のラーメンを誘われたけど,今日は山歩きをせねばならんのだ!(笑

 興譲館高校の近くのセブンイレブンで食料を買い出ししてから,9時前になでら女房に舟坂の麓,西向沼林道の入り口にリリースしてもらう。9時ちょっと過ぎに林道に入る。雪は固く絞まっているものの,スノーシューが完全に浮く訳ではなくて,時折氷を踏み抜くみたいに沈む。ときに沈んだり沈まなかったりする,この一定しない固さがイライラの原因になるんだけど(苦笑。

DSCF3150

 雪が崩れた後も沢山ある。辺りは,ウサギ,タヌキ,キツネ?(犬のような足跡発見),カモシカなどの足跡だらけ。でも,それぞれの個体は一頭も確認出来ず。たった今付いたような足跡も沢山あったんだけど。ウサギなんかは警戒心が強いからなぁ。

DSCF3154

 道路標識が埋まりかけている。でも,これはまだマシな方で,以前には標識の上半分くらいしか見えてなかったこともあった。

DSCF3155

 1時間ちょっとで「こぶしの里」に到着。標識は埋まりかけて,「こぶー」になっていた(笑。あまり汗をかきたくないので,かなりペースを抑え気味にして,さらに写真休憩を随所に取り入れてのんびりと登った。さて,西向沼に向かう。

DSCF3156

 途中に,斜面を転がり落ちた雪がロールケーキ状になったものを発見。樽雪とかいうんだっけ?

DSCF3157

 西向沼に到着。上を歩いて足跡を付けた後で撮影したいが,..。踏む抜きは,大丈夫だとは思うけど,流石に,他に人がいて,ザイルくらい持っていた方がよかろうね(笑

DSCF3159

 さて,向こうに見えるテレビ塔まで右側の尾根を行くのだ!

DSCF3160

 笹野観音からテレビ塔までの林道まで,こんな尾根道を進む。ここは先行者もいなくて気持ちいい。

DSCF3162

 眼下には南原付近が見える。蔵王から栗子山系の山々。

 笹野観音からテレビ塔までの林道に合流して,テレビ塔まで昇り始める。スキーで降りた跡がある。

DSCF3165

 途中のハンググライダーポイント辺りから。大朝日岳から月山まで奇麗に見える。斜面には「なでこけた」デブリが目立つ。

DSCF3171

 テレビ塔西側からの飯豊連峰。以前は樹木が邪魔で飯豊連峰は見えなかったが,全て伐採されて丸坊主になって展望がよくなった。

IMG 7970

 テレビ塔に着いた。北西風が強過ぎて建物の周りに雪がない。こんなの見たことなかったなぁと考えていると,ああ,西側の樹を全て伐採したためにまともに風が吹きつけてくるようになったせいだと気が付く。

IMG 7971

 明日のカンカン渡りで使うランチ用のテーブルがすっかり埋まっていた。

IMG 7972

 こんな感じである。時刻も11時半を過ぎた頃だったので,この建物陰でランチにしよう。

IMG 7973

 こんな感じで。この様子だと,天候さえよければ,ここで野宿とか出来そうだ。

IMG 7974

 本日の日替わりランチは,カップ麺とおにぎりだ(笑。それにしても,風もなく陽射しもあって,えらく暖かい。食事の終わり頃に話し声が聞え,男性二人組がやって来たが,一人は半袖Tシャツだった。それほど暖かい。さて,食事も済んだので出かけよう。

DSCF3172

 見事な雪庇だ(笑

DSCF3173

 米沢市街と蔵王の画を少しずつ観る角度を変えて,..(笑。

DSCF3175

 月山の右の方の奥に見える山はなんだろう? #koji さんによれば葉山ではないかとのこと。

DSCF3177

 スカイツリーの手前から見ると,既に雪庇には大きな亀裂が入り,落下寸前である。

DSCF3180

 こんな感じ。

DSCF3184

 スカイツリーからの飯豊連峰。見事だなぁ。冬に登っている人とかいるのかなぁ?

IMG 7975

 スカイツリーの道標も入れて飯豊連峰を。この道標を見れば,米沢は四方を山に囲まれていると(笑。

DSCF3186

 斜平山の尾根から北を望めば,愛宕神社の向こうに,祝瓶山,大朝日岳,月山が見える。右の杉林のところが愛宕神社。

DSCF3187

 いろいろな角度からの米沢市街と蔵王。我が家も見える(はず)。

 愛宕神社に着くと,先着のおじさん(おじいさん?)がいた。赤芝から登ってきたとか。年季の入った輪樏と長靴の出で立ち。いろいろと話したが,この辺りに大分詳しいらしく,小野川までのルートを話題にすると,山の会が整備してるからまず夏に歩いてみなさいと。冬は雪崩れの危険があってお薦め出来ないと。それと,イノシシの話が。まさか,この辺りにはいないだろうと思っていたが,最近どんどん入り込んでいるとか。羽山神社へのルートから外れて降りれば自宅だとか。明日のカンカン渡りに来るのかと訊かれたので,いや〜,大勢でワイワイ歩くのはちょっとと,..。おじさんと別れて愛宕神社に参拝してから下る。羽山神社にも行ってみるとかと考えたが,雪が腐っているし重いので,急斜面ではスノーシューの先端が潜って前転しそうになることもあるので自重。実は,ここまでに一度転倒している(苦笑。

 面白くもない山道を下っていると面白いもの発見。

DSCF3199

 雪庇の下に出来た氷柱である。これだけの数が,これだけの密度で垂れ下がるのはなかなか珍しい。

 ポコポコ歩いて地蔵園に到着。なでら女房に迎えを頼んだが,昼寝中とのことで。ポコポコと歩く。3時少し前に帰宅。いい山歩きだったなぁ。

« 春か,春なのか? | トップページ | カンカン渡りを下界から見る! »

スノーシュー」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

これは気持ちよさそうですね~!遮る木々が無くて見晴らしが良いのが素晴らしい(^^)v
こうしてみると、「雪」も捨てたものではありませんね。
雪のあまり降らないこちらでは絶対に見られない景色です(^_^;)

へばなさん

今日は最高でした。お陰で日焼けで顔がヒリヒリします。少しだけ花粉症症状が出ているのか,目がかゆくて,..。
雪は捨てるものです(笑。まあ,でも,こういう景色が見られるので,なんとか我慢出来ているというところでしょうか!

見渡すかぎり雪ばかり、さすがは雪国です。
最高の天気でしたね。月山の右に見える山は「葉山(1462m)」でしょうか。
テレビ塔の施設周囲に雪が無いのは保守上いいですね。伐採した偶然の効果なのでしょうか。
とても気持ちのいい時間を過ごされましたね。

koji さん

フカフカの新雪時が一番楽しいのですが,少し固く絞まってきてます。春は直ぐそこなんですが,なかなか油断出来ないのが雪国なんです。3月末に除雪車が走ったこともありますし。^^;
あ,そうか,葉山が見えているんですか。地元民よりも koji さんの方が詳しいとは。^^;
テレビ塔は驚きました。今まで何回も冬に来てますが,こういう景色は見たことなかったので。偶然の効果かどうかは不明ではありますが。
風呂に入ったら,どっと疲れが出ました。^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« 春か,春なのか? | トップページ | カンカン渡りを下界から見る! »