2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 今日の運動と天気10/07/17【実家ではらこめしを食らうの巻】 | トップページ | モンベルに行って靴を買うの巻 »

2017年10月 8日 (日曜日)

安達太良山の山頂に立つの巻

 起床は5時。なでら女房と早めに朝飯を済ませて,あれこれと準備して,6時半頃に出発。今日は,先週に引き続き山登りにいくのだ。安達太良山に登るのだ。今回も出来るだけお気軽なコースをチョイス。まあ,お気軽なコースは混み合うというデメリットもあるのだが,登山口がいくつあっても最終的には山頂に至る訳で,山頂付近が混み合うのは,これはもう必至で,..(苦笑。

 福島まで行き,スカイラインに向かう車を横目にフルーツラインをひた走り,土湯温泉付近まで来ると,前方に紅葉の山が,..

IMG 6510

 あの辺りか!

 目的地は安達太良スキー場。そのゴンドラを使って,最初のアプローチを省略してしまおうというずるい考え(笑。が,こんな天気のいい連休の中日。考えることは皆似ているようで,スキー場手前から既に渋滞,..。ゲロゲロ・・・。結局,随分下の駐車場にイン。まあ,でも,歩いて10分ほどのところなので由とする。早速準備して荷物背負って歩き出す。今回は,前回の教訓を生かして,ポールを持参。結果的に,なでら女房も大分楽できた様子。一本でもあるとないでは大違いだった。

IMG 6511

 時折,ガスが流れるが,素晴らしい天気だ。駐車場の車は関東率が高目。鹿児島とかのナンバーのキャンピングカーまである。前方にはこれから登る安達太良山の山頂が見えている(のか?)

 で,スキー場のゴンドラ乗り場まで来てみれば,...

IMG 6513

 なんじゃ,こりゃ〜〜〜!??@o@/// 順番を取っている間になでら女房にゴンドラチケットを買ってきてもらう。チケット売り場も大行列だとか。で,かなり前方に進んだころにチケットを握りしめたなでら女房が戻ってきた。

IMG 6515

 8時半過ぎになんとかゴンドラに乗車。仙台から来られたという年配のご夫婦と一緒。早速,なでら女房が話しかける。義父の性格の遺伝だと思うが,とにかく物怖じせずに誰にでも話しかけて,数分で以前からの知り合いのようになってしまう。人見知りするなでら男にとっては異星人を見る思いである。先だっては,西吾妻山に登って,白布温泉の不動閣に泊まられたとか。オリンピック風呂の話をされていた。

IMG 6516

 ガスが出てきた。でも,紅葉が素晴らしい。これは期待出来るな。山頂駅に到着。

IMG 6517

 遠くの山並みを眺めてみたり,..。

 早速,歩き始める。木道が整備されていて,傾斜はほとんどなくて,お気楽な散歩程度の格好の方々も沢山いる。

DSCF1432

 まずは,定番から(笑

20171008adatara yakushi p

 薬師岳という場所から安達太良山を眺める。麓の紅葉が見事だ。ここもお気軽絶景ポイントということで沢山の登山客やら観光客でごった返し。

DSCF1439

 この乳首のようなところが安達太良山の山頂である。さて,登り始めよう。

IMG 6523

 といっても,木道を行列を作ってノロノロ進むのだが。ちょいとウンザリするが,こればかりは仕方がない。イライラしてるらしい爺さんが,「停まるな!」とか「閊えているから流せよ!」とか。還暦も過ぎているだろうに,もう少し言い方というものがあるだろうにと思った次第。まあ,同じことは,なでら男も思っていたけどね(苦笑。雨上がりなので,至る所がドロドロである。

DSCF1446

 途中の絶景ポイントでは,多くの登山者が撮影会。

 ゴンドラの山頂駅からは結構平坦に近いコースをしばらく進み,このポイント辺りから先が登りになる。でも,先週の磐梯山に比べて,段差が小さめでかなり楽。今日のコースは約 10km ほどで,先週の磐梯山が 7km でコースタイムはほぼ同じことからも今日のコースはラクチンであることがわかる。

20171008adatara peaktikaku

 ピーク近くになると,眺望が開けてくる。

DSCF1457

DSCF1458

DSCF1459

 いや〜,見事!

DSCF1463 1

 頂上着!人の多さにビックリポン!で,目前の岩山の上がピークなのだが,登り降りともに渋滞状態(苦笑。

DSCF1464

DSCF1466

 頂上の岩山の下辺りからの景色

DSCF1470

 頂上から!

DSCF1471 1c

 折角なので撮ってもらった。顔隠せ!と言う指示が出たのでモザイクなど(笑。

IMG 6529

 岩山からの下山も渋滞。鉄製の梯子を降りるのである。

IMG 6530

 降りたところで,早めの食事。カップの豚汁がウメェ〜〜〜!

DSCF1474 1

 山頂岩からの下山ルートは絶賛渋滞中(笑。

20171008adatara peaktenbou2

 こんな景色を眺めつつ,飯を食うのはきっと健康によかろうと思う。

DSCF1492

 飯も食ったので帰りのルートに向かう。右に行けば,くろがね小屋に向かう。真っ直ぐに行くと「鉄山」とやらまで往復1時間ちょっとらしい。今日はちょいと残念ながら見送り。

20171008adatara peak from umanose

 馬の背から見た安達太良山の頂上。立錐の余地なし(笑。

20171008adatara numanotaira

20171008adatara numanotaira2

 沼の平は荒涼とした別世界。行ったことはないが,火星とか月とかこんな感じだろうか?感じる印象が,恐山の時によく似ている。火山性ガスが噴出しているとかで,昔はあった,この中を歩くコースは今では閉鎖されたようだ。奥に見える湖は秋元湖である。

DSCF1497

 赤いねぇ。

 しばらく行くと,馬背からと山頂直下からのルートの開けた合流点に出る。ここでは多数の登山者がお昼ご飯。ふと見れば,抹茶を点てて喫している方もおり,これは渋いなぁと。

DSCF1499

 ここから先は赤の世界。

DSCF1501

DSCF1502

DSCF1503

 少々ガスが掛かっているが,それもなかなかいい風情を出している。やがて,左手に鉄山が見えてくると紅葉の具合は一変する。

DSCF1508

 今度は黄色の世界だ!くろがね小屋に向かって右手は赤中心の紅葉で,左手は黄色中心の黄葉。

20171008adatara tetuzan kouyou3

 スケールが大きすぎてとても一枚では無理なので,縦方向の5枚を繋いでみた。もしかしたら,容量オーバーで解像度がえらく落ちるかも。

DSCF1524

 いや〜,こんなすごい紅葉,初めて見たよ!

DSCF1527

 崩落したのかな?#東日本大震災時に崩落したとのこと

DSCF1530

 これが右サイドの紅葉

 急な斜面を下って,ようやくくろがね小屋に到着。多くの登山者が休憩中だった。で,ここを出発する時に,なんとジムニーが登ってきた。確かに,幅的にはジープロードではあるが,まさか車が来るとは,..。びっくりポン!でも,宿泊客もいる小屋に資材を運ぶには車が必須だろうからねぇ。

20171008adatara kuroganegoya

DSCF1536

DSCF1537

 くろがね小屋と鉄山の紅葉。素晴らしい!

 ここからはジープロードをひたすら下る。途中,旧道に入り込んで泥まみれになったりしつつ2時半頃にスタート地点に戻った。

DSCF1542 1

 いい山歩きだった!大変満足した一日。帰りは温泉にでもと思ったが,見知らぬ温泉街で日帰り入浴できるところを探して,..っていうのは意外に手間がかかりストレスが溜まるものだ。ちょっと宿の人に訊いたら,かなり離れた駐車場まで誘導されて,それから宿のマイクロバスで宿まで移動。そして入浴。また駐車場までという面倒さに嫌気がさしてヤメにした。途中フルーツラインで梨を買って真っ直ぐに帰宅して風呂に入ったとさ。

 入浴中に au から電話が来て20分ほども話すなど,いとおかし(笑。

IMG 6534

 風呂上がりには,こんな発泡日本酒を呑んで,いい気分になって目出度く寝落ち(笑

« 今日の運動と天気10/07/17【実家ではらこめしを食らうの巻】 | トップページ | モンベルに行って靴を買うの巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

紅葉が盛りの休日は敬遠してしまいますが、“なでら男さん”行って正解でしたね。
素晴らしい紅葉。やはり山頂まで歩けば見える紅葉の景色もまた格別ですね。
鉄山はこないだの震災で崩落したようです。異星のような沼ノ平の景色も“なでら男さん”の写真で久しぶりに見ることが出来ました。

koji さん

まず,スキー場の駐車場への車の列で心折れ,次にゴンドラの乗車の列でこりゃダメかと萎えた心を奮い立たせつつ登った甲斐があったというものでした。凄まじいまでの赤,黄色,オレンジの点描画。人混みは遠慮したいのですが,あの紅葉に出会えるのならば,平日に休みを取っても出かけたいものだと思いました。今日は,女房の靴を買いました。老後の共通の趣味が出来るといいかなと思います。^^;

これは素晴らしい紅葉ですね~!まさに「全山」というのがすごい(^^)v
それに負けず劣らず、「人の波」も凄過ぎますね(^_^;)
今年の紅葉は例年よりきれいなのでしょうか。
こちらでは奥日光あたりで見ごろになってるらしいですが、まだ全然行けてません。

これからまだまだ長い人生が待っていますから、御夫婦で共通の趣味を持つのはいいですよね~。登山のように体力強化にもなる趣味ならロコモ防止にもなって一石二鳥でしょう(^^)v

へばなさん

これだけの紅葉は私も初めてでした。人の数もこれほどとは思いませんで。一体,この日,あの山には何人の登山者がいたんでしょう?2千人くらい?どうでしょうかね?いくつもある登山口から沢山の人が山頂を目指すのでとにかく凄いですね。一泊してご来光目的で夕方になって登る方々もいますし。とにかく,人が続いているので,道に迷うという心配は皆無ですね。いいような悪いような複雑な気分です。

はい。ゆるゆるした夫婦共通の趣味でもあればなぁと思ってます。女房は自転車には絶対に乗らないですし,ハイキングとか日帰りと山くらいならなんとかなるような気もします。健康で生活して,いつかポクッと逝きたいものです。^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日の運動と天気10/07/17【実家ではらこめしを食らうの巻】 | トップページ | モンベルに行って靴を買うの巻 »