2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 深夜道楽のあとで人間ドックと芋煮会,そして弁慶な一日 | トップページ | 深夜道楽からの朝ラーの後で酒と馬刺しを買って、帰宅して自転車に乗るの巻 »

2017年9月30日 (土曜日)

磐梯山の山頂に立つの巻

 起床は6時頃。比較的スッキリしている。朝飯の時に,なでら女房と「磐梯山に登ってみないか?」という話になる。何事も行き当たりばったりの「なでら家」なのである。西吾妻山には黒い雲が掛かり,山頂付近は見えない状態で,ちょっと空模様が心配。だが,GPV 予報によれば,雲は早い時間に南東の方向に流れるようで,昼前から晴れてきそうだった。なので,8時頃に出発。途中では小雨なども降っており,テンションは下がるが,最悪ドライブでもいいやと,..。

 初心者なので,一番お手軽なコースということで,ゴールドラインのピークの八方台からの山頂往復コース7キロをチョイス(実際に歩いてみると,結構しんどかったけど。ガイドブックによれば中級とか)。朝方に結構雨が降ったようだし,雲も多めだったので,これならあまり登山者も多くなかろうと高を括っていたら,..。上の駐車場,満杯で,猪苗代側に少し下った第二駐車場に車を置く。それにしても,凄い登山者の数だ。準備して登山口まで移動。時刻は 10 時少し前。

DSCF1270

 一応,入山カードなどを書いてみる。

DSCF1271

 ブナ林の中の登山道を進む。青空が見えてきて,次第に気分は高揚する。

DSCF1274

 やがて,開けた場所に出る。以前は温泉があったらしい。付近は,所謂,火山性ガスの臭いがする。長居するなとの看板もある。真っ正面に磐梯山が見えるはずだが,まだ雲が晴れてこない。前線通過後の風が強いが,空の青い部分がドンドン拡がっている。

DSCF1276

 こんな道を進む。結構な段差があり,ずっとスクワットを繰り返しているような感じ。結構キツイ。新潟方面の山愛好会(山岳会というような雰囲気ではなかった)やら茨城からという団体の方もいる。バスを仕立てて来たらしい。結構高齢の方も多く,ゆっくりしたペースで着実に進む辺り,ベテランのオーラが,...

DSCF1291

 それなりにシンドイ。途中で,なでら男の靴のソールが剥がれるアクシデント。しかも,両側が剥がれた。安物だからなぁ。なでら女房に至っては眩暈がして歩けないとか言い出してへたり込むし,..。大丈夫なのか?

 ようやく四合目の弘法清水に到着。様々な登山口からの合流点でもあり,小屋があって食事もできるとあって,凄い人出だ。ここから 500m ほどで山頂(なぜか五合目が山頂だとか。昔々,3千メートル越えだった時代の五合目という説もあるらしい)なのだが,なでら女房は大事を取って小屋で待つことに。なでら男だけが山頂に向かう。なでら女房は小学生の頃に義父に連れられて山頂に立ったらしい。小屋のおばさんに,ガムテープと紐をもらって,靴のソールの応急処置をする。まあ,これでなんとかなるんでないかな。

DSCF1316

 ここからはわずか500mほどで標高差が 200m という急勾配。道は狭く段差がかなりあり,しかも,登る人,降りる人多数で大渋滞。

DSCF1293

DSCF1294

 途中では,こんな景色が見られる。1500m 以上だとかなり色付いているようだ。

DSCF1300

 西吾妻の方向になるのかな?

DSCF1302

 さらに高度が上がって眺望が一段とよくなる。これは病みつきになるな。

DSCF1304 1

 そしてついに磐梯山頂上。かなり風が強く,汗が冷えて寒い。猪苗代湖の方角を望む。

DSCF1305 1

DSCF1307

 これはなんていうんだろう?

DSCF1308

 頂上の三角点も確認。新しいなと思ったら,新しい三角点だった(笑

DSCF1310

 会津方面かな?風を避けて,この小屋の陰で昼食を摂る人も多かった。

DSCF1314

20170930bandai panorama

 パノラマ。

 頂上にも立ったし,写真も撮った。昼ご飯は弘法清水でなでら女房と摂ることにしてさっさと降りる。登るよりも降る方が脚に負担がかかる感じ。そして,相変わらずの渋滞状態。なでら女房の待つ弘法清水に戻った頃には、所謂「膝が笑う」状態に(苦笑。小屋で豚汁を注文して持参したおにぎりなどを食す。疲れた身体にしょっぱい汁物が殊の外美味い!!補給も済んで,少しだけマッタリしてから,どれ,それでは降りますか。

DSCF1319

 桧原湖

DSCF1321

 ここはなんていうんだろう?

DSCF1322

 これが晴れたときの温泉跡。右手の赤い山が磐梯山(だと思う)。ここで片方の靴のソールが完全に剥がれたので,面倒なので取り去る。左右で少し高さが違うことになった。

 降りは,太股がフルマラソンのときの 35km 過ぎ辺りのような状態になって痛くて仕方がない。ようやく,午後2時半頃に八方台に到着。ホッと一息吐いて,後片づけしてから帰途に。当初は,喜多方方面を経由して,..なんて考えていたけど,疲れて面倒になったのでスカイバレーを超えて戻ることに。

DSCF1325

 帰りの西吾妻からの磐梯山

20170930angelladder

 スカイバレーのピークからの天使の梯子

 という訳で,初めての磐梯山登山はなかなかしんどかったが大層愉しめた。次は,どこに行こうかな(笑。それにしても,脚が痛い,..(苦笑。

« 深夜道楽のあとで人間ドックと芋煮会,そして弁慶な一日 | トップページ | 深夜道楽からの朝ラーの後で酒と馬刺しを買って、帰宅して自転車に乗るの巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

なでらさま。
こんばんわ、ももで~す。
お~磐梯山!!
朝の自転車室内練習をやっておられる なでらさまでも山登りは違うんでしょうね。
お疲れ様でした。
ワタシは今日丸森での自転車イベントでした。
今年2回目の自転車乗りで、坂道で足がツルのなんのって!
ナンギでした。
でも、お天気最高で気分良かったです!!

健康的な週末をお過ごしでしたね。
紅葉が綺麗でしたね。安達太良山頂付近の紅葉と違って見えるのは、標高差による樹木の違いなのでしょうか。最後の山登りがいつだったのかも忘れてしまったいま、読んでいて足がカッタルクなりました。山登りって健康的なんだけれど疲れますよね。

ももさん

おはようございます。山登りの筋肉は全く違うようで,むしろランニングに近いかも知れませんね。今日になって,筋肉痛が酷くなる辺り,歳は取りたくないなぁと。^^;
あ,そうでしたね。丸森サイクルフェスタ。いつの間にか,随分と大きなイベントになってしまって。あの辺りは,これからの時季,サイクリングにはいいですよね。気温も高かったので,発汗でミネラル不足だったのでしょうか?>脚の攣り 岩塩とかの粒を舐めるといいと聞いたことあります。天気が良くて何よりでした!

koji さん

健康的というか,脚の筋肉ボロボロになりますね。少し,ランニングとかやらないとダメかも知れません。紅葉は 1500m 以上ですかね。これから下に降りてくるのでしょうけど。今度の連休はさらに大渋滞になりそうです。女房は,もう行きたくないと言ってますが,なんとかなだめすかして,今度は安達太良のお気楽コースに行こうかと思ってます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 深夜道楽のあとで人間ドックと芋煮会,そして弁慶な一日 | トップページ | 深夜道楽からの朝ラーの後で酒と馬刺しを買って、帰宅して自転車に乗るの巻 »