2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« グランフォンド飯豊のスタッフ業務【看板設置編】 | トップページ | 今日の運動と天気06/05/17【本日休暇&熱発】 »

2017年6月 4日 (日曜日)

第10回グランフォンド飯豊【折り返しチェック&回収業務】

 起床は3時40分。夜中は咳き込んで熟睡できず。つばを飲み込むのも苦痛なほどの咽の痛みに顔をしかめるなど(苦笑。念のため,体温を測れば,36.8℃となかなか微妙な数値。まあ,普段の平熱よりは僅かに高い(笑。外を見れば,降ってはいないけどどんよりした空模様。気温も低そうだ。軽く食事して4時40分頃に家出。忘れ物を思い出して二度も自宅に戻るなど(苦笑。御廟のファミマで参加者とスタッフに配る赤飯おにぎりを220個受け取る。

 スタートゴール地点の総合運動公園には多数の参加者とスタッフが,..。各 PC に運ぶ資材などを仕分けの後,5時半頃から受付開始。

DSCF9875

 長い列が,...。

DSCF9877

 ゼッケンのシールがはがし辛い(苦笑。カッターなどの刃先で起こしてやらないと巧くはがせない。で,ヘルメットに貼ってもらうのだが,この緑の部分の意味がわかっていない参加者も多かったようだ。実は,緑の部分は,7時のスタートから自分のスタートまでの時間を表わしている。G101 の方について言えば,半分が緑なので,スタート時刻は7時30分といいうことになる。

DSCF9883

 受付がおおよそ終わったところでライダーズミーティング。

DSCF9890

 7時から15名ずつ5分置きにスタート

DSCF9900

 サポートライダーの,一昨年(だったかな?)のツールド沖縄市民 140km の優勝者がスタート(笑。なんだか,自転車が小さく見える(笑。

 スタートの写真を撮っていたら,あまりにも寒くて,これはヤバいだろうと,なでら女房に電話して,8時頃までにダウンジャケットとベンチコート,ホッカイロなどを持ってきてくれるように頼む。

DSCF9958

 最後の組のスタートを見送ってから,なでら女房に持ってきてもらったダウンやらベンチコート(それほど寒い。気温12℃,風もある。体感気温はシングル)を車に積み込んで,受け持ち地点の折り返し点の飯豊山荘に向かう。それが8時過ぎ。

 途中までコースを辿り,雨の中寒そうに走る参加者を「大変だなぁ(完全に他人事)(。。)☆\(vv;;)」と遠目に眺めつつ,途中からコースを外れて小松から諏訪峠を越えて R113 に入り小国に向かう。R113 を走っていると伊佐領の辺りで前方から日本一周くらいの装備のサイクリストが2名。そして,雨と強風。こりゃ,参加者は大変そうだ。

 移動中に,メッセージで「***がミスコースで R121 に出てしまった」などの情報が流れてくる。え〜,あそこは直進の看板付いているはず。なんで見落とすかな?あ,まさか,復路のために路面に描いた白線を勘違い?出来るだけ間違わないように作業している積もりだが,完璧ではないので,参加者は何も設置されてなくても走れるくらいにコースを頭に入れておきべきだ(と思う)。集団で走ってしまう人は,自分で情報を集める意識が低く,結局,誰かが間違えれば,そのままというケースが多いので,そんな感じかな。なまじ,看板を設置したりするから,それに頼ってコース情報を事前にインプットしない。もし次回開催されるなら,看板は止めてしまおうか。ブルベ式にキューシートだけで走ってもらう。それがいいかもねぇ。

 後ろに十数台の車を従えた(なでら男もその一人),やたらに遅い福島ナンバーのバスが発電所のダムから右折。え?まさか,..?どうやらワラビ採りツアーのようだ。この天気ではワラビ採りも大変そうだ。バスを追い抜く。持ち場に向かう前に,樽口峠への小玉川側からの登り口に昨日設置し忘れた看板を設置する。峠のワラビ園への入園料を徴収する門番おじさんに自転車沢山来るからよろしくね!と。おじさんによれば,上の駐車場は既に大混雑だとか。そうこうしていうちにも,新潟ナンバーやら山形ナンバーやら福島ナンバーやらの車が次々にやって来ては門番おじさんに料金を支払って樽口峠の展望駐車場へと登って行く。まさに,ワラビに取り憑かれた人達(笑。ジーチャンバーちゃんが四つん這いになってワラビ山の斜面をうごめく様に,思わず,地獄の針の山でうごめく餓鬼をイメージしてしまったり(苦笑。まあ,でも,ワラビ採りが楽しいことは理解できる(笑。多分,なでら男もここに来たらワラビの亡者と化すことだろう。:-D 

 さて,飯豊山荘に向かおう。10時頃に到着。谷あいなので風は比較的弱い。

IMG 5501

 早速店開き。風があまりないからか,羽虫がひどく多い。時折,細かい雨が落ちてくるが,ひどい天気にはならずに済んだ。

 10時20分過ぎに第一陣到着。サポートライダーは,「ここが一番暖かい!」と。風がないせいかな。その後は,五月雨式に次々に,..

DSCF9960

 10時40分頃には到着していた TTR のジェリーさん。現在はリタイアしてサイクリング三昧の生活とか。還暦を超えてドンドン速くなっているみたい。なでら男もかくありたい(ウソ:笑。

Ore

 業務中の姿(撮影:福島の udo さん)。実は薄手のダウンの上に雨具を着ている。このときは少しだけ日が差していたけど,日が陰って風が出ると目茶苦茶寒い。でも,上に書いたように,この場所はまだマシだったようで,朴ノ木峠とその下りは風の通り道になっていて,地獄のような寒さだったとか(地獄が寒いか暑いか知らないけど)。うちのチームからの参加者も,低体温症状で,朴ノ木でリタイアしたとか。

DSCF9963

 それなりの賑わい。そういえば,看板を固定した養生テープの粘着力が雨のせいで落ちて,さらに強風が吹いて看板が飛ばされた個所が何ヶ所かあるらしい。そのせいでミスコースが数件発生したとか。自然現象とそれに伴うトラブル,全て含めてサイクリング。ありのままを受け入れましょう(笑。

 12時半頃に回収車到着。撤収。この折り返し点でのチェック業務は時間は3時間弱と短いのだが,ここから回収車になるので,結局ゴール地点の到着は最終走者と同じ頃になる。ここからが長いのだ。で,グランフォンドの最終走者に付合う。

DSCF9964

 樽口峠への登りの一番の急勾配の箇所で写真を撮ってあげたり,..

DSCF9967 nik

 山は見えなかったけど,葉桜になった一本桜とともに記念撮影。速い人はいくらもいるし,正直,「速いなぁ。すげぇ〜!何食うとあんなに,..(。。)☆\(vv;;)」くらいの感想なんだが,毎年最終走者辺りには,なにか面白いドラマがある。この参加者の何度も口にした言葉は,「じゃ,次の峠までは頑張って,ダメなら車に乗ります」だった。結局,それを繰り返して見事に完走。お疲れさまでした。人生だなぁ。こういう参加者のために来年も開催してもいいかなと思ったり。

20170604iide taruguchi

 山は残念ながら全く見えず

DSCF9973

 この道標もボロボロになったなぁ。初めて来たときは,アイツと一緒だった。あれから何十回見たのか。脇の立て看板が美しくないし,目障りなんだよね(苦笑。

 その後は,道端で困っている参加者のパンク修理を手伝ったり(3回目のパンクというのでタイヤ内面を精査したら,3ミリほどのワイヤーの切れ端が刺さっていた。クリンチャーでパンクしたら,タイヤ内面は要精査。特にスローパンクの場合は,徹底的に時間を掛けて)して5時頃にゴール地点着。最後の走者を迎えて,後片づけ。これで,昨日から続いた二日間のスタッフ業務終了。体調が悪かったこともあって,なかなかシンドイ二日間だった。他の皆様もお疲れさまでした。打ち上げもあるんだが,咳と鼻水で体調が悪いのと明日の午後から病院で検査なので欠席。

 帰宅して,熱い風呂に入って,軽く飲んで9時には就寝。

« グランフォンド飯豊のスタッフ業務【看板設置編】 | トップページ | 今日の運動と天気06/05/17【本日休暇&熱発】 »

サイクリング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

生憎のコンディションの中でのスタッフ作業は大変でしたね。
それでも、早いライダーは6時間を切るというのですから大したものです。グランフォンド飯豊でそういう人の走りを一度だけ見たことが有りました。それはもう、わたしとは全く異次元の走りでした。
回収車を従えての走りは経験済みですので、“なでら男さん”の心遣いにわたしまでうれしくなってしまいました。もっとも、わたしの場合はカメラを向けられたとしてもポースをとる元気は無かったですけれど。
“なでら男さん”の体調が早くよくなることを願っています。ご苦労様でした。

いや~、体調が悪い中&寒い中、最後までのスタッフ業務、お疲れ様でした
いろいろとドラマが有りますね~。
最終走者が一本桜を通過するところの写真は秀逸! 雑誌の巻頭を飾っても良いぐらい素晴らしい(^^)v

PS:「地獄の針の山でうごめく餓鬼」には、その情景を想像して笑えました(^^ゞ

koji さん

車の運転中,待機中,ずっとマスク姿でゲホゲホ言ってました。決定的に悪い状態にならないので余計にしんどかったですね。これでスコーンと熱でも出てくれれば,思い切って欠席できたんですけど。
速い人の走りは奇麗だけど,面白みがないように思う今日この頃です。これだけの走りができるようになるまでの積み上げたものに対しては凄いと思いますが,なんだか,最近はそんなことすらどうでもいいことのように思います。むしろ,ヒーヒー言いながら登りきって峠の風に吹かれてホッと吐いた一息とか,登りの途中で咽を潤したわき水とか,なんかそんなことのほうがサイクリングだよなと思ったり。なので,「次の峠まで頑張ってみます」を繰り返して完走した彼などはいいなと思う訳で。
ありがとうございます。あと3日もあれば完全復調かと思いますが。

へばなさん

この最終走者,その後もしぶとく走って,結局前走の3人ほどを追い抜いて(もっともパンクストップの方々でしたが)ゴールしました。人間,辛抱だ!って言葉を思い出しました。
いや,ワラビ山は野焼きをしているので,本当にわらびしか生えておらず,そのワラビが山の斜面にとげとげのように生えている様はまさに「針の山」です。で,そこを四つん這いでうごめくジーチャンバーちゃん。なんでも,うちの実家の辺りの方々もこちらに来るらしく,こちらで採ったワラビを産直みたいなところで売るんだそうです。凄いですねぇ。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グランフォンド飯豊のスタッフ業務【看板設置編】 | トップページ | 今日の運動と天気06/05/17【本日休暇&熱発】 »