2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 今日の運動と天気09/29/16 | トップページ | 今日の運動と天気09/30/16【久しぶりの晴れ】 »

2016年9月30日 (金曜日)

久しぶりに星撮りに!

 目覚めたのは午前1時。すかさず,外を確認。おお,オリオン座が見えている!行かねばならぬ!!機材を積んで車で 10 分ほどの場所へ。降りて空を見上げれば,冬のダイヤモンドには,雲が掛かり,まともに写せるのはカシオペアからケフェウス座の辺り。いっそのこと,さらに10分ほどの場所まで足を伸ばしてみるかと。その間に雲が晴れるかも知れないし。

 舟坂を超えて関のいつもの田んぼの中の農道に陣取る。あちゃ〜〜・・まだ雲が居座っておる。まあ,写せるものからいくかぁ。ポタ赤セットして,X-T1 で撮影開始。それにしてもこの時季は,東から南東の空には冬のダイヤモンドが浮び,冬てんこ盛りの賑やかな星空になっているが,一方で南側は地味なことこの上ない(苦笑。くじら座とか,ちょうこくしつ座とか,みなみのうお座とか,オリオン座から繋がるエリダヌス座とか。暗い星も多くて,星座もよく追えない。ほんの一月前には,南の空は,いて座だの天の川だのと賑やかなことこの上なかったのに。

 しばらくすると雲が晴れてきた。

DSC5933 3

 この時間から,オリオン座にカメラ向ければよかったんだよなぁ。

20160930Cassiopeia5

 プレアデスからカシオペア座 X-T1, 18mm, F3.5, ISO1000, 3 min x 10,もう少し赤い星雲達を奇麗に炙り出したい。画像処理技術を上げないとどうにもならん。レイヤーマスクとかいうものを見様見まねで使って,赤だけ持ち上げてみたけど,全体が赤っぽくなったような感じ。

DSC5935

 西の空,Nikon D600, Sigma DiagonalFisheye 15mm, F3.2, ISO1600, 30sec, 固定撮影,こちらは沈み行くはくちょう座とか,秋の四辺形とかアンドロメダ座とか,..。

20160930Orion2

 薄い筋状の雲がひっきりなしに,...。X-T1, 18mm, F3.2, ISO1000, 3 min x 5。これもレイヤーマスクなるもので赤を持ち上げたけど,なんだかオリオン座の左側の天の川が全体的に赤っぽく,...。

DSC5937

 雲が,...

20160930diamond

 雲がぁ〜〜〜〜・・・。若干だけど,黄道光と銀河のクロスみたいなものは感じ取れる。見るんじゃない!感じるんだ!ってなレベル(笑

 嫌気が刺して撤収。機材を車に積み込んだ頃に雲が晴れてクリアな星空に。おのれ〜〜〜〜!さすがに,あと30分ほどで天文薄明なので,もう一度機材を設置する気力はなし。

DSC5943 1

 帰宅して自宅前から固定撮影。かすかに,黄道光らしきものが,...気のせいか(笑

 帰宅してうだうだして時間を潰して,昇ってくる細い月を狙ったが見えなかった。残念。

« 今日の運動と天気09/29/16 | トップページ | 今日の運動と天気09/30/16【久しぶりの晴れ】 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

だんだん星を見るのにはいい季節になってきたのでしょうか。
しかし、いつもながら“なでら男さん”のヨヒカリぶりには頭が下がります。いえ、言葉に失礼な部分がありました。星空への情熱といいたかったのです。しかし、“なでら男さん”の写真にはいくつの星が写っているのでしょう・・・最高に写ったとしても有効画素の24.2メガということなのでしょうか。いや、もしそうなったらモザイクにしかなりませんよね。
見事な“なでら男さん”の写真を見ると、技術の進歩もさることながら、やはり無限の宇宙と対峙する写し手の情熱が何にもまして大事なことだと改めて思います。なにせ、星は人間が眠るべき時間に現れるんですから・・・。

koji さん

「ヨヒカリ」というのですね。宵っぱりは聞いたことありますが,これは初めてです。うちの実家の方では「ヨッパリ」と言ったような。^^;
カメラの CCD の一画素にどれほどの光のエネルギーが入ると「星」として写るのかはよくわかりませんが,思い切り拡大すると,星一個に複数ピクセルが使われているようですので,ピクセル数よりは少ないですね。>星の数
銀塩(フィルム)の場合には,聞くところでは,光子4個で粒子として存在できる一番小さな銀粒子ができるのだとかで,そういう話聞くと,数万光年先(もっと遠いのもいくらでもありますけど)から飛んできた数万年前の光子を今現在捉えてるんだと今さらながら不思議に思いますね。撮影中は何もすることがなくて,30分くらいボケーッと夜空を見上げて,あ,流れ星!なんてことをつぶやいているんですが,バカバカシイ浮世の憂さを晴らすには星空見上げるのが一番です。ほとんど変わっていない星座(なかには形が変わったものもあるようですが)を戦国時代の武将も戦場で眺めたりしてたんだろうな〜〜とか思ったり,おっさんの深夜道楽はこれからも続きます(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の運動と天気09/29/16 | トップページ | 今日の運動と天気09/30/16【久しぶりの晴れ】 »