2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 風邪引いてしまったので,ワラビ採りに〜! | トップページ | 月と木星の接近 »

2016年5月15日 (日曜日)

風邪が治らないので,三丿倉高原菜の花畑へ〜!

 6時頃に目覚める。なんだか,微熱まである感じ。体温を測ってみれば,36.8℃と実に微妙な数値。まあ,37℃以下なら平熱だ。昨夜,女房と話していて,明日の朝は喜多方の「喜一」で朝ラーにしないかと言っていたのだ。そんな訳で,7時過ぎには喜多方に向かってゴー。天気は良い。すこぶる良い。R121 の道沿いには至る所に車が停まり,山菜採り真っ盛りの様子。

 峠を越えて,トンネル群が終わる頃に,道端に「三丿倉高原菜の花畑」の幟が見えた。そういえば,ボチボチ見頃ではなかろうかということで行ってみることにした。平均勾配5%くらい,距離5キロほどのヒルクライム(車での)を終えると,目の前に黄色の絨毯が広がった。

DSCF3126 1

 いや〜,こりゃ凄い!想像を上回る規模だった。

DSCF3127

IMG 1806

DSCF3128 1

 少し小高い場所から。これだけのスケールがあると,どこをどう撮ればいいのか皆目わからない。

DSCF3129 1

 どこのどなたかわからないが,いい雰囲気だったのでモデルになってもらった。若い二人の未来に幸あれ!!(笑)。

DSCF3130 1

 会津盆地が一望できる。

DSCF3133

 あまり時間がないので,適当に眺めて喜一へ急ぐ。

IMG 1808

 9時過ぎに到着。既に大混雑。20人ほど並んでいるだろうか?待つこと,30分ほどでようやく着席。

IMG 1810

 今日も大変美味しゅうございました!

 9時40分頃に店を出たが,まだ「終了」の看板は出ていなかった(笑)。

DSCF3134

 次に向かったのは,ここ「喜多の華」酒造。ここで,試飲して一本仕入れる。

DSCF3135

 次はここ。ここでも試飲して一本仕入れた。で,勢い付いたので,さらにもう一軒と向かったのだが,..生憎お休みだったようだ。でも,そこの駐車場で衝撃(笑劇?)の看板発見。それが,..

IMG 1811

 これだ!!この看板設置までにどのようなドラマがあったのか,興味は尽きない(笑)。

DSCF3138 1

 喜多方からの飯豊連峰。いつもと違った形で新鮮である。残雪の飯豊連峰と田植えの終わった田んぼ,その田んぼの水面に映る飯豊連峰,バックの青空,それをすべて満足できる場所を探したが,..。なかなかないものだ。12時頃に帰米。午前中のみのお気楽観光。

« 風邪引いてしまったので,ワラビ採りに〜! | トップページ | 月と木星の接近 »

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

「三丿倉高原の菜の花」はちかごろよくテレビで取り上げられていましたね。
“なでら男さん”の写真に魅せられて、つい行ってみたくなります。
「喜一」さすがに休日は大渋滞なんですね。食べられてよかったです。
上手に遊ばれたようで、中身の濃い半日でしたね。

koji さん

そうですか。テレビで取り上げられますか。どうりで朝の8時からかなりの人出だった訳です。
でも,あまりにも広過ぎてスケールがでかくて,パノラマ以外でこのスケールと花の奇麗さを表すような写真の撮り方わからず,..。^^;

喜一はようやく五分の星になりました。次回は勝ち越し目指します。

お陰で,午後からは隣に鼻をかんだティッシュの山を作りつつ引き篭もりでした。

菜の花・ラーメン・看板・残雪、と、みんな圧巻で、みんないい!
30分も待てるのは、「若い」証拠です。 私ぐらいの歳になると10分が限界ですな~(^_^;)

話は違いますが、今日一緒に走った若者が偶然「なでらさん」の学校の卒業者で、そのお方の彼女が「なでらさん」の教え子らしいです。
スマホで学校経由で「なでらさん」を検索して、ほんとだ「自転車が好き」って書いてありますね~、なんて言ってました(^^)v

へばなさん

まあ,待っているといっても,名前を記入して,その辺ぶらついて,頃合いに戻ってくると名前呼ばれるという具合で,それほど苦になりませんでした。^^;

え〜,誰だろ?別メールで彼と彼女の名前教えて!^^;

名前は、聞きはぐっちゃいました
今度会ったら、聞いときます。

へばなさん

次回会ったら,よろしく!^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風邪引いてしまったので,ワラビ採りに〜! | トップページ | 月と木星の接近 »