2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 今日の運動と天気09/04/15 | トップページ | 久しぶりに少しだけ星が見えた »

2015年9月 5日 (土曜日)

青春18切符2:恐山へ(8/30/2015)

 弘前駅前のホテルで目覚めたのは午前6時。パンツ一つでベッドに大の字状態。脇を見たら,つまみと缶ハイボール (500mL) が手付かずで置いてあった。仕方がないので迎えてしまおう,そうしよう。おっさんの休日はこうでなくてはいかん。ってことで,朝からいい気分になった次第。7時頃に朝飯食って,8時にはホテルを出る。本日の行動予定は以下の通り。

8/30(日)

弘前 8:36  →(JR 奥羽線)→ 青森 9:25
青森 9:34 →(青い森鉄道 快速八戸行き)→ 野辺地 10:15
野辺地 10:18 →(JR 大湊線)→ 下北 11:03
下北駅 11:10 →(JR バス)→ 恐山 11:53
恐山 15:00 →(JR バス)→ 下北駅 15:50 

DSCF9228 1

 りんごの風@弘前駅前

IMG 0693

 今日もそこそこいい天気のようだ。

DSCF9229

 さて,今日も行くか!@弘前駅改札口

DSCF9231

 今日はまずはこれ!

IMG 0697

 ゴトゴトと列車は青森へ。青森からは,...

DSCF9233

 これに乗る。青い森鉄道の歴史など調べてみると,えらく若かった(笑)。野辺地で大湊線に乗り換える。

DSCF9235 1

 こんな線路を走って行く。電柱も電線もない線路。

DSCF9237

 ホノボノとした車内。結構,多くの乗客が恐山までご一緒した。それにしても,ボーッと車窓からの景色を眺めているのは一種の瞑想状態であり,様々なことが頭の中に浮んでは消えて行く。経験はないものの,座禅というのはこういうものなのかも知れないと思ったり。見知らぬ土地に,見知らぬ人々の暮らしがたしかにある。もし仮に,自分が今見ている家に生まれたとして,どんな人生を送っているのだろうか?などと考えてみるのも何やら深いような気もする。本を読んだり,写真を撮ったり,車外を見つめて瞑想に耽ったり,...。なにやら,退屈しないぞ,ローカル線の旅。もっとも,朝呑んだハイボールが昨夜の酒の残りを刺激して,ふわふわした気分がずっと続いているのだが(笑)。

 ふと外を見れば,なにやら見覚えのある景色が,...。3年前に爆弾低気圧による暴風の中を走った道が線路の直ぐ脇を走っている。あ,あれは,たしか雨宿りしたバス停じゃないか?あれは,たしか,ボトルに水をもらったお店,...。懐かしいなぁ(笑)。

IMG 0703

 海が見えてきた。隣のボックスのおばさん(おばあちゃん?)4人組も恐山に向かうのだろうか?あの世はあるのか?なんて話を始めた。本を読みつつ,「安心してください。もうすぐわかるだろうから,..」などと内心でつぶやいてみるのも,いとおかし(笑)。

IMG 0706

 下北駅に到着。あまり時間もないのでゆっくりと写真撮る暇なし。

IMG 0707

 あれが恐山往きのバスらしい。駅のコインロッカーに荷物預けてなんて考えていたけど,ロッカー見当たらず,しかも時間の余裕なし(苦笑)。

DSCF9238

 出発!片道 800 円なり。途中の経由場所に「まさかりプラザ」なるものがあって,ああ,下北半島だ!と思わずニヤッとする。街中を過ぎて山間に入ると,恐山の由来などの解説テープが流れる。恐山は今から約1200年前に慈覚大師円仁によって開かれた霊場だそうだ。下北に辿り着いた円仁の眼前に,宇曾利湖(うそりこ)を中心にして,釜臥山,大尽山,小尽山,北国山,屏風山,剣の山,地蔵山,鶏頭山の八峰が回り,火山性ガスの噴出する岩肌の一帯が広がっていたと。そして火山地帯は地獄に,湖を取り巻く白砂の浜は天国に例えられ,千年の長きにわたって信仰の対象とされたらしい。

DSCF9239

 バスはどんどん山中に入って行く。急勾配はないので自転車で走っても楽しそうだ。

DSCF9241

 恐山冷水というバス停がある。運転手が停まってくれるので,みんなで水を飲む。一口飲めば寿命が10年伸びるらしいので,ペットボトルに入れて沢山飲んでやった(笑)。

 ピークを越えて下り始めて暫くすると,周囲の景色が急に開けた。

IMG 0715

 宇曾利湖である。なんでも,水質は強酸性(当然か)で,そこに生息できる魚はここにしかいない種類のウグイ一種だとか。

IMG 0716

 なに橋だったかな?

DSCF9246

 到着。なんだか,イメージしてたのとちょっと違う。

DSCF9245

 総門の背には宇曾利湖が広がり,周囲には八峰が,...。

DSCF9247

 バスの待合所には案内図が。まさかりの部分のほぼ中央。

DSCF9248 1

 本音を言えば自転車で来たかった(苦笑)。

DSCF9249

 500円の参拝料がかかる。この写真の右手に食事処があるのだが,そこで荷物を預かってもらえる。

DSCF9312

DSCF9250

 これが総門。ここも瓦の寄進とかあるのね(苦笑)。

DSCF9251

 門を入ると,こんな感じ。右が寺務所。左の赤い屋根のところに,いたこの口寄せ云々の看板があったような,...。

DSCF9254

 これが山門。意外に新しくて,...。

DSCF9311

 山門を潜ると,こんな景色が左に見える二棟の建物が「女湯」で,右端の半分切れている建物が「男湯」。

DSCF9309

 ここに入った。入浴シーンは後ほど(笑)。

DSCF9260

 これが一番奥の本尊安置地蔵殿。以前に岩木山神社を訪ねた時に,奥に行くに従って,ズンと重く感じたような空気感は感じられず,少し拍子抜けした気分。もっと,何か凄い感じがすると思ったんだけど。周囲が開けているせいかな?この地蔵殿の左の方に,草木のほとんど生えていない荒涼とした火山地帯の岩場があり,それが様々な地獄になぞらえられている。

DSCF9265

DSCF9278

DSCF9279

DSCF9283

 ほんの一部であるが,こんな具合である。まさに,寂寥という感じ。そして,..

DSCF9287 1

 亡くなられた人々の魂とかより,故人を偲ぶ生きている人間の「思い」の強烈さ,執着心のようなものに肌が粟立つようなものを感じた。こんなことを書くと叱られるかも知れないが,亡くなってからもある意味大変である。とはいっても,オレ自身,亡くなった祖父,祖母,親父を思い出しつつ数個の石を積んできた。火山性の軽石のようなもので,その軽さ故に雪やら強風やらで崩され,また翌年積み直すことを千年もの間続けてきたのかも知れない。

IMG 0721 1

 本尊安置地蔵殿の裏側からの霊場恐山のほぼ全景。この景色を見たら,やはり,ここはこの世とあの世の接続地点かも知れないと思うかも。

IMG 0723

 供えられた賽銭は火山性ガスで真っ黒に変色しているものがほとんど。水蒸気が噴き出していたり,触れないほどの高温のお湯が湧き出していたり,...。

IMG 0725

IMG 0726

 由来はよくわからないが,こんな看板が至る所に,...。

DSCF9295

 そして,極楽に例えられる宇曾利湖の湖畔,..。

DSCF9297

 白砂の湖畔はたしかに火山地帯からの対比では極楽かも知れない。

DSCF9298

 千年という歴史と,こういった新しい地蔵様との間のギャップが埋め難く,..。

DSCF9303

 展望台という看板に釣られて行ってみると,..

DSCF9304

 こんな景色が,...。

 とまぁ,いろいろなことを考えつつ,ゆっくりと巡ってみたら1時間半ほど経過していた。売店でお守りを一つ買ってから,そこのおばさんに勧められた風呂に入ってみる。

 地蔵殿手前の左が男湯の「薬師の湯」である。ガラス戸を開けてみるとおじいさんとお父さん,子供の三人が入っていた。早速,汗を流させてもらう。

IMG 0729

 こんな感じでシンプルな「ザ・温泉」という感じ(笑)。

IMG 0731

 湯は熱くなく,温くもなく,ちょうどいい感じ。

IMG 0732

 脱衣所と浴槽の間に扉すらないシンプルな作り。右手の窓から時々覗いて行く人あり(笑)。暖まり方が半端ない。お陰で汗が引かなかった。

IMG 0728

 なでら男の入浴シーンである。先客がいなくなったので,セルフタイマーで撮ってみた(笑)。

 入浴後は暫くボーッとして汗が引くのを待つ。午後2時を過ぎたので,腹も減ったので,何か食ってから帰ろうと総門に向かったのだが,ふと思い付いて寺務所へ。

IMG 0733

 こんなものを頂いてしまった。なにしろ,初めての経験なのでお坊さんにいろいろと訊ねつつ,御朱印帳を購入して(恐山オリジナル)。今度は岩木山神社に行って,御朱印もらおう。

 荷物を預かってもらった食事処に行って,軽く食事してからバス停へ。臨時のバスが3時に出るようだ。本を読みつつ時間を潰す。

DSCF9313 1

 少し雲が出てきたようだ。昔は,ここまで歩いてきたんだろうなぁ,..。

IMG 0734

 4時少し前に下北駅前に到着。

IMG 0735

 往きはバスの発車まで間がなかったので,撮り損なった下北駅舎。なんでも,2009 年に駅前の再開発事業が終了したとかなのだが,駅前には目ぼしいものは何もなく,お陰で晩飯にえらい苦労する羽目に,..(苦笑)。

 ホテルのレストランみたいなところで食事をしようと思ったら,今日はどこぞのグループが使うので貸し切りだとか。で,食事処のマップのようなものをみれば,目ぼしい店は駅前には一軒もなし。最低でも片道2キロ。歩くかなぁと思い,しばらく歩いてみたが,なにしろゴーストタウンのように道をあるいている人がほとんどいない。しかも,何もない様子に嫌気が差して一端戻って,逆方向に10分ほども歩くと地元のスーパーがあった。こういうところだとパックの寿司なども一味違うのでは?と思い,適当に見繕ってホテルに戻って軽く呑みつつ食事。ここまで来て少々侘しい食事にちょいとがっかりしたり。部屋のテレビから流れるサザエさんが侘しさに拍車をかける(苦笑)。この場所なら,やっぱり楽しみは海鮮だよなぁ。

DSCF9321 1

 徒然なるままに,窓の枠にカメラを固定して超秒露光で大湊方面の夜景を写してみた。右の高い山が釜臥山で,ここからむつ市の夜景を見ると,湾を取り巻く夜景が,さながらアゲハチョウのように見えるとか。夜のアゲハチョウと呼ばれているらしい。レンタカーでもあれば,酒を呑まずにチャレンジしたけれども,..。

 そんなこんなで二日目終了である。明日と明後日は本来の目的のセミナー参加。なので,お遊びは今日まで。

« 今日の運動と天気09/04/15 | トップページ | 久しぶりに少しだけ星が見えた »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

青春18切符で行く恐山・・・青春と死後の世界のギャップが凄い。^^
恐山はこの歳になると、行っておいた方が良さそうですね。

新幹線ができて、青森まで青春18切符だけで行こうとすると日本海側を行かなくちゃならないんですね。

ふつうのパパさん

日本海側はわざと選びました。秋田からは奥羽線を使って内陸をもう少し早く行けます。多分,一日で下北まで行けますね。で,そこから自転車で恐山とかがよさそうです。

そうですね。歳はまだまだでしょうけど,いろいろと考えるきっかけにはなるかなと。下北は是非ともきちんと回ってみたいですね,自転車で。^^;

恐山の概要、ありがとうございます。居ながらにして行った気分になりました。恐山も、今はすっかり観光地として整備されているんですね。下北駅周辺が淋しいというのも意外ですね。まあ、そこまで行ってガストやすき家というのも味気ないですしね。お隣で終点の大湊の方が賑やかなのでしょうか。

koji さん

子供の頃に,書物などで読んだり,話に聞いたりして想像していたイメージとのギャップが大きかったですね。若い女性なども沢山来ますし。むしろ,空気の重さという感じでは岩木山神社の方が上でした。

下北駅周辺ですが,既に再開発事業は終わっているようですが,目論見通には行かなかったという印象です。200mくらい離れたところに,どど〜〜んとつぼ八があったり。^^;

以前のツーリングのときに撤退した時に大湊駅から輪行しましたが,海上自衛隊の基地がある分,下北よりは賑わっているような感じでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の運動と天気09/04/15 | トップページ | 久しぶりに少しだけ星が見えた »