2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の41件の記事

2015年6月30日 (火曜日)

枕木交換は今夜も続くよ!

 朧月夜の写真を撮ってから,ブラブラ戻ると,古志田第3踏切に何人かの人影が,..。ああ,今夜も枕木交換作業か,...。

DSCF7796 1

DSCF7797 1

 台車に機材を載せて線路上を移動して行く作業員の方々。お疲れさまです!

DSCF7798 1

 暫くすると古志田第1踏切脇に置いてあった軌陸バックフォーが線路上をガーッとやって来た。結構スピードが速い。そして,踏切手前で一時停止(笑)。踏切通過も撮ったのだが,生憎ピンボケでボツ。ファームウェアのアップデートで AF 性能上がったと言ってたのに(泣)。

DSCF7801 1

 作業開始!頑張ってください!!

重さと運動と天気06/30/15

 起床は5時過ぎ。なんだか,起きられないなぁ。外は曇り。朝一のお仕事は老犬介護。でも,最近は脚に出来た褥瘡もふさがったし,食欲も出てきたようで,少し元気になりつつある。これはもしや15歳まで生きるかな?ラブラドール・レトリバーの人間換算の年齢はいろいろな説はあるが,こんなものもあるようだ(根拠はよくわからないが)。いろいろ見てみると,おおよそ人間的には80歳は超えているようだ。そりゃ,歩けなくなったり,半分寝たきりみたいにもなるよな(苦笑)。

 朝の体重は 74.3kg と毎日1キロくらい行ったり来たりだ。なんだか,写真を撮りに行く気にもならなくて,朝一講義の予習をして過ごす。それと,青森遠征のブログ執筆。このバカブログの217人のファンの皆様のために(笑)。

IMG 0285

 AF 性能を飛躍的に向上させるファームウェアのアップデートが行われたので,早速バージョンを上げた。米坂線でチェックしてみよう(笑)。

ーーーー

 朝飯後にローラー36分,16km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 93rpm で。なんだか,今日も辛い。

ーーーー

 朝一講義で物質移動係数を使った物質移動現象の解析例の説明と先週のクイズの解答例,さらに境膜の話などを。昼まで学会仕事。また何やら面倒なことが持ち上がっているみたい。

 午後からは学会仕事と輪講。今日は5時半から呑み会なので定時に退社。

 10時少し前に帰宅。健全である。健全に帰宅できたので,カメラ抱えて酔い醒ましの散歩に出る。

DSCF7782 1

 おぼろ月夜

2015年6月29日 (月曜日)

重さと運動と天気06/29/15

 起床は5時半。う〜む,今日も休みにしたい気分である。外に出てみれば曇っているものの青空も見えて,週末の天気はなんだったんだ?と。老犬介護業務をこなし,なんだか,何もする気がせずにダラダラと過ごした朝。体重は 73.3kg だった。

DSCF7775 1

 久しぶりに見る青空

ーーーー

 朝飯後にローラー47分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 90rpm で。なんだか,非常に調子が悪い。

ーーーー

 今日から月曜日4回ほど,大層活躍中の同僚の代打で2年生の創成化学演習なるものを行う。今日は「プレゼンテーションとは?」と言うことでスライドの作り方などの一般論を説明。

DSCF7776

 昼頃の空,空気が爽やかだ。

 午後からは明日の講義の準備。夕方まで掛かってようやく終了。学会仕事もあるんだけど,手が回らない。

 帰宅時に奇麗な夕焼けが見えたが,自宅に着いた時には終わっていた。木星と金星がかなり接近してたが,まあいいや!と撮影もしなかった。月も見えていたが撮るのも面倒だ。なんだか,疲れているのかな?

2015年6月28日 (日曜日)

チャレンジヒルクライム岩木山参戦記【レース当日】雨が,風が,低温が〜〜〜!

 起床は3時少し前。さすがに8時台に寝るとこの時間に目覚めるな。もう少し寝ていようかと思ったが,なんか目が冴えたので,活動開始。極く軽く朝食を摂る。朝の出立が早いので朝飯を食えないのである。天気予報を観れば,最高気温が 12℃位までしか上がらないとか,...。となると,ゴール地点では気温5℃ほど。さらに,雨と風と来たら体感温度は氷点下になるかも,...。

 ここまで低温になるとは出発時点というか準備時点(金曜日夜)には全く予測できなかったので,それほどの防寒装備を用意していない。頭の中で過去の経験に照らしてシミュレーションしても,防寒具が全然足りない。多分,ゴール後から下山するまでの間,ほぼ真冬の装備が必要と思われる。手持ちのウェア類は早春仕様くらいのもの。これは困った。今週もそこそこ忙しいので風邪など引く訳にはいかない。

 う〜む・・と唸りつつ,準備して宿を出ようとしたら,..鍵がかかっていて出れん。昨日,宿の人に5時前に出ると言っておいたのだが,..。フロントに電話しても一向に出ない。明け方に何かあったら,どうする積もりなのか?よくも悪くも田舎の温泉宿か,..。暫く待って,4時半過ぎに今一度トライしたらようやく宿の人が捕まって玄関を開けてもらえた。4時45分頃に出発。外は小降りながら,きっちりと雨。風はやや強め。気温は10℃あるかないか。昨日の逆のルートを辿って会場へ。

IMG 0256

 5時半過ぎに到着。雨,風はそれほどではないけど上の方はどうなのか?それにしても,気温が低い。この場所(標高 310m)で気温10℃。ここよりも1300m 高い場所だと気温は6℃以上下がる。となると,ゴール地点は気温4℃か。どうなるのか?本気で DNS を考え始めた,...。森山さんがゴール地点(岩木山八合目)に行っており,7時の段階で決行か中止か判断するとか。

 待っている間にも雨風ともに強くなったり弱くなったり,...。車中でモーツァルトのレクイエムなど聴きつつ,ますますどんよりした気分に,...。

IMG 0257

 寒い,...。どうしようか?

IMG 0259

 こんな元気な若者もいるけど,...。駅とか市街から自走で来たのかな?

 やがて,実行委員会からの正式なアナウンスが,...

「中止」

 八合目は強風でテント設置不可能。気温は4℃。小学生なども参加する大会とのことで,安全策を取ったらしい。もう,残念なような,ホッとしたような,..(笑)。

 知り合いの大館のY内さんやら宮城大崎のK倉さんやらと歓談。と,そこへカメラを提げたおじさんが近づいてきた。誰かと思えば,弘前在住の知人のM田さんではないですか?3月にご一緒して以来。暇なので様子を見に来てみたと。

DSCF7722

 中止後にすかさず抽選会とか,...

DSCF7725

 抽選会ではかつて当たったことがない。で,..

 カレーとかラーメンとか嶽温泉とかを諦めて,折角だから,M田さんと一緒にちょいとこの辺りを観光しようかと,...。9時前に会場を後にした。また,来年来るぜ!!

 昨日の写真で,岩木山(いわきやま)神社の解説文にあったように,岩木山には3つの峰があるらしい。中央を岩木山,その北東に巌鬼山(がんきさん),南西に鳥海山(ちょうかいさん)というらしい。で,近くに巌鬼山神社というパワースポットがあるので,そこに行こうと。多分,それぞれを祀った神社があるのではないかと思われる。

 地元の方ならではのダートの林道のようなところを突っ走って辿り着いた「巌鬼山神社」には,とてつもないものがあった。

DSCF7731

 社はまあしょぼいという表現がぴったりの,あまり有り難みのない建物だったが,その左側に凄まじい樹相の杉の巨木が2本あった。

DSCF7733

DSCF7736

 手持ちのレンズではとても入り切らない。この周囲にも,樹齢が2〜300年と思われる杉が沢山あるのだが,この2本は別格のオーラを放っていた。まるで,杉ではあるけど,杉ではないとでも言うような(笑)。そして,この二本の杉の間には断面が 30cm x 30cm ほどで高さが 60cm ほどの石が台座の上に祀ってあって,なんでも坂上田村麻呂縁の石とか。側面にはなにかで削ったような痕があるのだが,言い伝えによると刀を研いだ痕だとか。真偽のほどは知らず。なにしろ,杉の迫力に気を取られて,この石の撮影を失念してしまった(苦笑)。

DSCF7727

 これが解説文。今まで杉の巨木はいろいろと見たが,多分実際に見た中では最大と思う。樹齢は千年以上というから,もしかしたら,幼木の頃に坂上田村麻呂とご対面している可能性もある(笑)。実際に目にしたことはないが,屋久島の縄文杉などもこんな雰囲気なのかも知れないと思った次第。いや〜,良いもの見せてもらいました。

 で,次に向かったのは五所川原市。M田さんが言うには「立佞武多(たちねぷた)の館」は一見の価値ありと。自分も見たことはあるけど,撮ったことがないので撮りに行きたいとのこと。では行きましょう!ということで,鯵ケ沢のパチンコ屋に自分の車をデポして,M田さんの車で一路五所川原市へ。30分ほどで到着。駐車場に車を入れて目的の「立佞武多の館」なる建物を見れば,地上6階建てとか。中に入ってみて魂消た。

DSCF7741

DSCF7766

DSCF7748

 高さ 23mm,重量 17t ほどの立佞武多二基である。3枚目は,少し小振りなもう一基。都合三基の立佞武多が展示されていた。いや,正確には,我々は立佞武多の倉庫に入らせてもらっているという具合である。興味があれば,「五所川原,立佞武多,出陣」辺りでググってもらえれば,この巨大が張り物がどうやって市中に引き出されて行くのかがわかるだろう。まさに,「出陣」である。ガンダムの世界である(笑)。ちなみに,台座の「雲漢(うんかん)」は天の川の意味だそうだ。

DSCF7744

DSCF7754

 立佞武多を撮影するM田さん。大きさがわかる。ここは,入って,下から眺めた後はエレベーターで4階に登って上から眺め,そこから壁伝いに一階まで降りているら旋状通路を降りながら,様々な角度と高さから立佞武多が見学できるようになっている。通路の壁には,五所川原の立佞武多の歴史とか,明治期からの電線の普及によって小型化して行って廃れた経緯とその復活秘話とかがドラマチックに説明されており,なかなかに飽きない。

IMG 0267

IMG 0268

IMG 0269

IMG 0270

 佞武多の起源である。なかなか興味深い。

IMG 0273

IMG 0271

IMG 0272

 一枚撮り忘れてしまった。でも,まあ,流れはわかるだろう。

 IMG 0274

 こんなにあった「ねぷた祭り」(笑)。不思議なことに南部にはなかったり。佞武多の歴史と迫力を堪能して,五所川原を後にした。それにしても,何を考えて,何を思って,こういうベクトル(高さ方向にドンドン行くぞ!的な)に向かったものか。五所川原人特有の気質なのか?うん?ちょっと見,「五所川原人」は「ごしょがわ・げんじん」とも読めたり(笑:すみません)。みなさんも五所川原を訪れた際は是非!

IMG 0275 

 吉幾三さんも待ってます(笑)。

 鯵ケ沢に戻り(あ,木造駅の駅舎を見るのを忘れた。次回の課題だな),時間もちょうど良いので昼飯にしようと言うことに。鯵ケ沢から弘前に向かう県道31号に入って少し行ったところの「なおじろう」という店。なんでも評判の店らしい。たしかに,車の数と客の数が凄い。

 IMG 0277

 ヒラメの漬け丼なるものを食す。美味し!!

 ここでお世話になったM田さんとお別れして帰途に。お世話になりました。9月に岩木山に登りに来ようと思います(本当か?)。

 帰りはまた日本海側を。

 IMG 0278

 それにしても,101号線には,でかい荷物を背負って黙々と歩く人が多く見られるのだが,何かのブーム?

 眠くなって道端で2度ほど20分くらいの仮眠を取った後はほぼ休憩なしで走ることが出来た。

DSCF7772

 深浦にもあった大宰の宿。気付かなかったなぁ。通り過ぎてからUターンして撮影。

 能代から高速に乗る。

Hachirougata

 八郎潟SA でトイレ休憩。ふと見ると,「絶景の丘」みたいなものがあるらしいので,運転ばかりで動きのない脚に血液を回すために180段ほどの階段を上ってみたが,寒風山がうっすらと見えて,干拓されて水田になった八郎潟がそれなりに見えた。言うほどの絶景とも思えなかった。

 南下するにつれて気温が徐々に上がる。秋田の県境で13号線に出て,あとはのんびりと。山形辺りからまた雨が,..。米沢の近くになると粒の小さい雨が降りしきり,対向車のライトで道路が見辛くてえらく神経すり減った。8時過ぎに無事に帰宅。レースが中止になったのは残念だったが,あの条件では中止も仕方がない。また,来年,リベンジだ!

2015年6月27日 (土曜日)

チャレンジヒルクライム岩木山参戦記【移動日】いざ,弘前へ!

 起床は3時半。昨夜は9時過ぎには寝たので,そこそこの睡眠時間。昨夜はザーザー降りの雨。久しぶりのまとまった降雨で農家さんには恵みの雨なのだろうが,こちらにとっては「なんで,こんなピンポイントで!?」と悪態吐くばかり。土日は晴れろ!月曜日から金曜日まで降り続けて構わないから!梅雨入り宣言した途端にこれだもの。幸い,起床時には雨が上がった。良い方に外れてくれるかな?

 昨日のうちに諸々の準備は済ませておいたので,ゆっくりとコーヒーと軽い朝飯を摂る。長丁場の運転になるのが,少々憂鬱だ。午前4時半前にはスタート。いざ,弘前まで!

 ルートは東北自動車道を使うのが速いのだが,なにせ,退屈な道なので必ず眠気を催す。道は退屈にならない程度にコチャコチャしていた方がいい。ということで,日本海側北上ルートをチョイス。いつも使う R13 を山形〜秋田の県境まで走ってから乗るのではなくて,気分転換に手前から入って月山道を通ってみる(止めればよかった)。

IMG 0210

 当初,少し雲の切れ間など見えたのだが月山手前では土砂降りの雨。ガスも出て視界不良。ようやく7号線に出て北上。男鹿半島ツーリングでいつも立ち寄る道の駅鳥海(だっけ?)でトイレ休憩。まだ7時台ではどこも開いていない。外は土砂降りの雨で,全く,全然楽しくない。

IMG 0211

 フロントガラスを流れる雨水にため息を吐く

 気を取り直して7号線の北上開始。ここをみんなで大騒ぎしながら男鹿半島まで走ったなぁ。久しぶりに見る景色に懐かしさも覚えたが,いかんせん天気が,...。段々嫌になってきて,秋田道に逃げる。一路,能代まで突っ走る。

 能代のコンビニで小休止。ここからは大好きな国道 101 号線ルート。

DSCF7679

 八森の手前辺りかな?やっぱり,楽しいドライブには晴天が必要だな。

DSCF7684

 時折,こんな写真も撮ってみるが,...なんだか,盛り上がりは今一つ(苦笑)。

IMG 0214

 以前,五能線の列車の撮影が出来たポイントに来た。風ビュービュー,雨ザーザーだが,ここは停まらればならぬ。が,時間的に上りも下りも1時間以上の待ち時間が,...(泣)。

DSCF7681

 仕方がないので,第二子入川橋梁だけを撮影。背中から雨と風が吹きつけてくる。

 次の目的地は十二湖。折角,青森まで行くのにレースに出るだけでは全く詰まらないので,ルート沿いの観光名所は押さえておこうかと。生憎の風雨なので,せめて青池だけでも,...。

DSCF7690

 奥の有料駐車場に車を置いて,最短距離を青池に向かう。手前のなんとかいう池もついでに撮影。鶏だかなんだかいう漢字があったような(笑)。後で調べたら,「鶏頭場の池」というらしい。

DSCF7694

DSCF7695

DSCF7700

 この3枚は FUJIFILM X-T1 で。

IMG 0215

 iPhone も結構自然な色が出るな。カメラマンの赤いザックカバーと青池の色との取り合わせが面白くて撮らせて頂いた。

 キョロロとかいう土産物屋でカレー(なんでや?)と本を一冊買う。次に向かうのは,昼飯時でもあり,いつもの広〆である。

IMG 0217

 こんなポスターが店内に,...。

IMG 0218

 海鮮丼を頂いた。美味しゅうございました。

 さて,まだ時間も早いので次のミッションに取りかかる。今年の3月に長女の弘前駐在所を引き払ったのだが,その際に残してきたママチャリを回収しようというのである。鍵をかけたまま弘前大の教職員の駐輪場の片隅にひっそりと置かせてもらたのだが,GW 頃ならまだしも既に3ヶ月が経過しているので残っているものかどうか,...。

 広〆のある深浦から弘前大学の正門までの距離は 100km とのこと。2時間半ぐらいか。着くのは3時過ぎになりそうだ。明日のレースの事前受付が岩木山総合公園で4時からとのことでちょうど良い。また降り出した雨の中を北に向かって 101 号線を進む。

DSCF7709

 以前からずっと気になっていた深浦町の日本一の大イチョウも見ることが出来た。どこからどこまでが一本の樹なのかよくわからないほど。

 鯵ケ沢町に入った。実は今夜の宿はここにとってある。温泉に入って,美味い魚を食い,美味い酒を(ほどほどに)楽しもうと言う魂胆である。まあ,実は弘前の宿が全く取れなかったと言うのが真実なのだが,...。で,多分宿のある辺り(鯵ケ沢駅)を通過して県道31へ。おや,分岐のところにワサオの店があったのか。帰りにでも寄ってみよう。

 リンゴ畑の中を走る道をひたすら走って弘前市街へ。なんだか,随分と懐かしい気分だ。弘前城の脇を通り,弘前大学の正門前を通過し,..

IMG 0221

 ここにちょいと車を停めさせてもらって,自転車置き場をチェックするも,...ママチャリは既に撤去されたか,盗られたかで影も形もなし。まあ,仕方がない。長女の扱いの悪さもあって,かなりガタが来ていたので,手直しに結構な金額がかかるだろうとは思っていた。きちんと乗れば何十年も乗れるのに,ちょっともったいない気分。

 気を取り直して岩木山総合公園まで。一昨年に参加した時は弘前駐在所から自走でアップがてら自転車で向かったのだった。なので,道はほぼ覚えている。弘前城の脇をかすめて岩木山方面へ。

DSCF7710

 山は影しか見えない。

 会場手前でふと思い付いて岩木山神社を見学することに。一昨年は足下がレーサーシューズだったので,奥までは行けなかったのである。

DSCF7712

 二拝二拍手一拝

 奥に進んで行くと,突然空気感が変わるのを感じた。

DSCF7714

 この辺りから,なんだか,カメラぶら下げてだらしのない格好でブラブラと入り込むのは気が引けるような落ち着かない気分になり始めた。

DSCF7715

 ここまで来ると,その感じはさらに強くなる。奥の方からは祈祷の声が響いてくる。

DSCF7716

 そして,左脇には,一体,樹齢何年の杉だろう?と仰天するほどの太さの切り株があった。巻かれている注連縄に付いた切り紙が長さ 30cm ほどなので,直径はおおよそわかるだろう。これほどの太さの切り株には初めてお目にかかった。軽く千年は越えているだろう。

DSCF7717

 あまりにも荘厳過ぎる雰囲気に打ちのめされたので,潔くお守りを購入させたいただいた(笑)。

DSCF7718

 なんというか,平野にドンと屹立する標高 1600m の単独峰に古くからの人々が様々な思いを込めてきただろう。そうしたものが有形無形に,荘厳な雰囲気を醸し出しているのかも知れない。そこら辺の神社に行っても毛ほどの荘厳さも感じないダメ人間であるが,ここは別格だと感じた次第。

 さて,次に岩木山総合公園で事前受付。4時過ぎに会場に行って実行委員の森山さんを訪ねてみれば,現在,コース上で看板設置作業中とのこと。宜しくお伝えくださいと言うことでお土産の一升瓶を渡しておいた。しかし,実際には雨風ともに激しくて看板の設置も出来なかったとのこと。明日のレースは大丈夫なのか?気温もドンドン降下中。

IMG 0238

 会場の様子。お山は下の方だけ見えている。

 会場を後にして鯵ケ沢の宿に向かう。県道3号のワインディングロードを通る。なかなか,いい道で,できれば自転車で走りたい。40分ほどで鯵ケ沢の 101 号線に合流。折角なので,ワサオに会いに行く。

DSCF7720

DSCF7721

 元気そうだった(笑)。

IMG 0244

 ワサオを撮っていたら,リゾートしらかみ通過(笑)。

 さて,イカ焼き一つ買って宿に向かう。当初予約したのは「ホテル山海荘」だったのに,行ってみれば「閉館」の張り紙。「え?なんで?」と電話してみれば,今はこっちは閉館中で「水軍の宿」で予約を受けているとか。やれやれ,最悪の車中泊は回避できた。

 古代の海水が沸き出しているという温泉に浸かる。暖まり方が半端ないが,随分と塩辛い。浴場は演習を終えた三沢の自衛官たちでほぼ満員御礼状態だった。この雨の中,小銃と装備を持って山野を50キロほどの行軍だったとか。本当にお疲れさまです。

IMG 0247

 ということで,一杯やりましょう!

IMG 0248

 もう少し行きましょう。

IMG 0249

 う〜む,座った場所が,..。何かの陰謀としか,...。

IMG 0250

 適当に呑んで食った後は,津軽三味線のライブを堪能。

 そんなこんなで9時前に就寝。明日はどうなる?

2015年6月26日 (金曜日)

重さと運動と天気06/26/15

 起床は5時。あらあら,寝過ごしたよ。外はどんよりした曇り空。夕方から雨のようだ。なんだか,テンションも上がらないので,老犬介護からの,ダラダラ過ごしからの,..

ーーー

 朝飯後のローラー55分,24km。勾配負荷4%,ケイデンス 65 - 88rpm で。なんだか,しんどい。終わりの方に左脚の片足ぺだりんぐを数回入れてみた。相変わらず,持久性が低い,オレの左脚。明後日は,景色だけを楽しみに登る。雨が降ったら,...DNS か? (。。)☆\(vv;;)

ーーー

 昨日の小白川での講義時に1年生に書いてもらった講義レポート(内容の要約とその内容を基に自分が考えたこと)を読む。なんで,こんなに沢山書くんだ!?しかも,教員名が間違ってるし(苦笑)。

IMG 0208

 最近,読んでいる本。なかなか面白い。

 さて,明日と明後日はソロで遠征。生憎の天気のようだけど,..。

 明日の準備のために定時に帰宅。

DSCF7675 1

 明日からの悪天候を予想させるような嫌な雲が西吾妻山に掛かる夕暮れ。ポツポツ落ちてきている。

2015年6月25日 (木曜日)

重さと運動と天気06/25/15

 起床は4時半。朝の体重は 74.0kg と少し減る。一昨年の岩木山ヒルクライム時と似たような重さかも知れない。さて,朝の時間をどう過ごそうかと考えつつ玄関先の老犬を見れば,老犬介護の業務が優先された(苦笑)。ここ数日で,心配していた脚の褥瘡も改善の兆し。もう,全くといっていいほど歩けなくなったけど,ちょっとだけ前よりも元気になった様子。

DSCF7647 1

 歳取ったなぁ(苦笑)。死ぬまで達者で頑張れ!(笑)今日は老犬介護やら,諸々の掃除などに小一時間かかったので,おっさんの朝活は一切なし。

DSCF7649 1

 一応,写真はちょっとだけ撮る。稲の成長速度の速いことよ!その後は朝一の講義準備など。そこそこ勝手知ったる部分なので,適当に,...。

DSCF7651

DSCF7653

 小さい方のネコは,女房が新聞を読むのがよほど気に入らないらしい(笑)。

ーーーー

 朝飯後にローラー43分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 90rpm で。最後の方で左脚での片足ペダリングをやってみたら,75rpm 維持がやっと。そして,すぐに脚が一杯に。左脚の回復率は75%くらいかな。岩木山が登れるかどうか,気になるところ。なにしろ,今シーズン,まともな登りは一度も走っていない。

ーーーー

 朝一講義は化学平衡の平衡定数,その温度依存性,ル・シャトリエの原理,平衡組成の求め方など。適当な準備だったせいか,今一つ説明が明解さに欠けたような印象。いかんな。午後からは小白川で講義。しんどいぜ。

 小白川着は2時過ぎ頃。控室とやらでちょっと PowerPoint ファイルをいじってから2時40分からの講義(と言うのかな?)。教室は冷房が効いていたが,なにしろ汗っかきのおっさんであるから,話し終えた頃には水を被ったように,...。朝のローラーから,講義から,何からなにまでで,一日に一体どれくらいの量の水分が身体を通過しているものか,ちょっと調べたくなったほど(苦笑)。

 それにしても,大学1年生か〜・・。おっさんにも,こんな時代があったよね。あの当時は,何も考えてなかったなぁ。ただ,毎日を面白おかしくダラダラと過ごしていたっけ。講義も随分サボったなぁ。教養時代は午後からの講義なんて出た例が無かった。下宿で寝ころんで本を読んでいたり,市営プールでむやみに泳ぎ続けて,ヘトヘトになってビール飲んでみたり,..(あ,未成年だったかな。ま,時効だな)。歴史に「タラレバ」はないけど,今にして思えば,あの無限にあるように思えていた,無駄に浪費した時間を何かにつぎ込んでいたら,...。でも,やっぱり,結果は同じかな(笑)。おっさんは一日にして成らず(笑)。しかし,日々おっさんへの道を歩んでいたのだ。目の前の「若い君たちの未来に幸あれ!」と心の中でそっと祈っておく。

 帰宅したのは6時頃。小白川の講義は移動だけで時間が取られてかなわん。いっそのこと,ネット講義とか,..(違:笑)。

DSCF7658

 月のある古志田第1踏切の図。低感度で超秒露光で撮り直してみた。闇と静寂は人の心に内省を促す(笑)。この条件で踏切のバックの空に天の川をいれるのは至難の業のように思えてきた。撮影して,ふと思い付いて脇を見てみると,踏切近くにあったはずの軌陸バックフォーがない。これは作業中だなということで,第3踏切に向かう(笑)。

DSCF7667

 枕木の交換作業の灯を横目にしつつ,斜平山に沈もうとする月を撮ってみた。半月の形を出すのは,これまた難しい。人間の目の優秀さ(あ,いや,脳内補間の優秀さか?)がつくづくわかる。

DSCF7671

 そして,深夜から早朝まで続く枕木の交換作業。本当にお疲れさまです。

2015年6月24日 (水曜日)

夕暮れ写真

 最近,少し早めに帰って,近くの田んぼからの夕暮れ風景を撮っている。

DSCF7617 1

 なんとか間に合った日没

Nitibotu20150624

 日没後

DSCF7637 1

 夕暮れ列車

DSCF7645 1

 西吾妻山

 朝と夕方と夜しか写真撮ってないような気がしてきた(苦笑)。

重さと運動と天気06/24/15

 起床は4時。正直,眠い。トイレに行ってから体重計に乗ったら 74.4kg と昨日から1キロも増えているがね。なんぞ?老犬介護の業務を終えてみれば,既に5時に近い。もう,オニヤンマの羽化の撮影には遅い時間だけど,カメラぶら下げ個体数の調査に赴く。

DSCF7603 2

 今朝は,こいつだけだった。個体数そのものが減少しているのか,まだ最盛期になっていないのか?

DSCF7609 1

 その後,こんな写真を撮りに行き,...

DSCF7613 1

 こんな写真も撮って帰ってきた。

ーーーー

 朝飯後にローラー53分,25km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 90rpm で。

ーーーー

 明日の大学院講義準備と,明日の小白川1年生への講義準備と。1年生の方は雰囲気とニオヒでわからせる作戦。未来の化学工業のプロセスはどうあるべきか?という一つの方向性を明示して,そこへのプロセス開発のルートを考えてみようという話。まあ,結局は,グリーン・サステイナブル・ケミストリーとかいうところに落とし込んで無難な話にまとめるのだが,..。

DSCF7614 1

 夏のような入道雲が,..

夕暮れから深夜までいろいろと遊びは続く

 夕方,少し早めに帰宅。3時から4時頃に激しい雷雨があったので,もしや,奇麗な夕焼けでも見られるのではないかと,...。

DSCF7502 1

 あまりパッとした夕焼けは見られなかった。

DSCF7504 1

 月と飛行機

 たまたま似たようなものを撮影に来ていた知り合いに出会って,今夜ホタル撮りに行こうということに,..。

 8時半頃に現地着。どうも,昨年経験したような大乱舞にぶち当たらない。なんだか,えらくしょぼいのである。

Firefly and stars1

Firefly and stars2

 はくちょう座とともに飛んでいるホタルを収めたかったのだが,これまた,...。

Firefly and stars7

 さそり座とともに,...なんだが,これまた,...。9時になったら,パタッと光らなくなった。なんでも,8〜9時,11〜12時,2〜3時の3回くらいだとか。そんな訳で撤収。でも,まあ,久しぶりに星空が観られたし,..。ついでだからと小野川温泉のホタルスポットに出向く。こちらも結構な数はいたが,あまり飛んでいない。

Firefly and stars3

 で,あまり乗り気ではなかったが,折角だからと適当に撮った数枚を比較明合成したら,それなりに味のある画が出てきた(笑)。

DSCF7602

 帰宅するときに古志田第1踏切脇を通ったら,なにやら味のある景色に出会ったような気がしたので一枚撮影。これ,なかなか面白いモチーフで,この踏切の向こうに直立した天の川とかを配置できないかな?いわゆる,新星景的な画像処理が必要になるかも知れないけど。

 10時頃に帰宅して,ビール飲みながら上の写真の画像処理して,12時頃にボチボチ寝るかと思いつつ,その前にと外に出てみれば,あれ?結構星が見えているし,透明度もそこそこ?

DSC 2115

 自宅前の道路に三脚を持ち出して撮影してみれば,結構写ってくれた。

DSC 2119

 固定撮影20秒にしてはまずまず写ってくれたのでは,...。

2015年6月23日 (火曜日)

重さと運動と天気06/23/15

 起床は4時少し前。昨夜は9時過ぎには就寝。睡眠時間は7時間弱。外を眺めて,曇っているのを確認してから老犬介護業務をこなして,その後,朝一講義の予習。先週の積み残し分があるので,準備は比較的楽だった。久しぶりに体重計に乗ってみれば(タイトルに偽りありと最近は気になっていたもので),73.5kg と思ったほどではない様子。5時過ぎにちょっとだけとカメラぶら下げ,ママチャリで出かける。

DSCF7496 1

 田んぼの緑もすっかり濃くなった。空には,モコモコっとした雲が浮んでいる。今日は午後から雨になるかも知れない。

 そして,オニヤンマの羽化エリアの調査へ。

DSCF7488 1

DSCF7494 1

DSCF7495 1

 今朝はこの3頭だけ。しかも,いつものエリアではなくて,別の場所で。まだ,最盛期には早い感じだけど,..。さてさて,羽化の全貌の撮影はできるのか?

ーーーー

 朝飯後にローラー45分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 110rpm で。

ーーーー

 朝一の講義は入りは,二重境膜説の解説。熱移動と搦めての総括物質移動係数。境膜物質移動係数の相関式のための無次元数の導出,π定理,次元解析などなど。この講義もあと3回くらいで残りは試験らしい。3回で終わるのかね?

 講義の後は輪講。反応工学の問題を解く。

 午後からは,明後日の小白川での1年生向けの話の PowerPoint 作成。研究やらを紹介せよとの仰せではあるが,細かい話してもわからないだろうし,忘れているだろうし(現在の卒研生に訊いても,1年の時に聞いた話は何一つ記憶していないことが判明。:-D),まあ,適当でぼんやりしたイメージが湧くような話にしてみようかと。明後日は,朝一で講義して,その後山形に移動して夕方帰宅というなかなかに忙しない一日になる。

2015年6月22日 (月曜日)

重さと運動と天気06/22/15【夏至】

 起床は6時半。本日は夏至というものらしい。明日から夜が長くなるのかな?

 昨夜は諸々のことで不愉快になって呑み過ぎて軽く二日酔い。老犬介護をしただけで,他は何もしない。

DSCF7471 1

 雲を通してお日さまが見える朝。気分的に白黒で。

ーーー

 朝飯後に毒抜きローラー50分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 90rpm で。30分過ぎた辺りから物凄く辛い。全身状態が悪いという感じ。で,腕から拭きだす汗がいつまでたっても塩気を含んでいる。二日酔い気味で走ると熱中症とかになりやすいというのは,こんなことなのかもね。最後はユルユルと流して終了。今週は週末に備えて,酒を控えないといけない(かな?)。

ーーー

 明日の講義準備をしているときに,ふと思い出して人間ドックの予約をした。一昨年,胃の下の方を切っているので,バリウムによる腸閉塞のリスクを回避するために,鼻から胃カメラをチョイス。鼻からの胃カメラは人気らしく,一番早い日で9月だとか。そんなものなのか。さらに,自転車乗りの用心として PSA 検査も入れた。PSA 検査といえば,..思い出してしまうヒュウヒュウおじさんの件。もしもいつも一緒に走っているような間柄だったらとか考えたりもしたり,...。

DSCF7473

 昼頃の夏雲

DSCF7477 1

 おかしな雲が掛かる夕暮れ時の西吾妻山

DSCF7480 1

 えらそうにピアノの上であくびする1歳ネコ

2015年6月21日 (日曜日)

重さと運動と天気06/21/15

 目が覚めれば6時半。あらあら,..。ここのところの夜討ち朝駆けで疲れていたのか?老犬介護,ネコの世話,朝飯の支度,朝飯,洗い物,..で8時になっていた。コーヒー飲んでマッタリして,9時過ぎから自転車を整備。来週のチャレンジヒルクライム岩木山のための「車検」を最寄りの自転車店で受けて,判を押してもらわなければならない。多分,コルナゴに跨がるのは一昨年の岩木山のヒルクライム以来かも知れない。なにしろ,あのレースの後で入院してお腹の手術して,回復した翌年は今度は腰の手術と,腹開きやら背開きやらと散々切り刻まれていたもので,..。適当に掃除して,ブレーキの状態やら,回転部分のガタやら,変速具合やらをチェック。問題なさそうだ。

 この程度のことを自分でチェックして調整できないようではロードに跨がって公道を走る資格はないというのが持論。そうでなければ,マシントラブルとかに対処できない。すべて自己完結して,何があっても自力で戻るのがサイクリングだから。なので,誰かに頼って集団で走る今時のサイクリングには馴染めないものを感じるのである。

DSCF7466 1

 某オヤジさんからは,もう捨てて,新しいのを買え!と言われている8年もののコルナゴ(笑)。愛着はあっても金はないので,まだ当分これで行く!久しぶりに跨がったが違和感はゼロ。いつもの「鉄下駄君(ハブダイナモ付の24年もののナカガワ・エセカーボン)」に比べれば踏み出しはえらく軽い。

 昼前に帰宅。

DSCF7467 1

 今年も豊作の庭のラズベリー。摘んでいたら,雨が降ってきた。それ以後は降ったり止んだり,大雨になったり,..。

ーーー

 昼飯後にローラー60分,29km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 93rpm で。

ーーー

 その後,次女の矯正歯科へ。外は大雨。帰宅して,老犬介護。女房の乗った新幹線が大雨で仙台行きになるとかならないとか,..。で,女房に電話してもメールしても梨の礫。普段から電話にでない奴だけど,こういうときくらい連絡を密にしないでどうするんだ?連絡が全くないことに,か〜〜なり,不機嫌になった数時間だった。

IMG 0192

IMG 0193

 大分,乱れている様子。運行ダイヤも日本語も。:-D

2015年6月20日 (土曜日)

今夜もホタル

 予報では,夜は雨になりそうだったのだが,9時になっても降らない。おかしいなぁと思いつつ,折角だから今日も出かけてみた。だが,天候の関係か何か知らないが,ホタルの飛び方はかなりしょぼいものだった。9時半頃だったので時間の関係もあるのだろうか?

Firefly20150620 2

重さと運動と天気06/20/15

 起床は4時過ぎ。やべ,寝過ごしたか。身支度整えて,カメラぶら下げ,三脚抱えて,おっとインターバルタイマーも,..。カメラ本体で,インターバル撮影も出来るのだが,慣れたやり方で。

IMG 0180

 ざっと一周り見回ったが,この一頭だけ。やっぱり,まだ,時季的に少し早いみたいだ。で,もう,この時間では遅いだろうなと思いつつ水路沿いを探していると,まだ羽化前と思われるヤゴを発見した。ちょっと突いてみると動くので死んではいなさそうだ。早速,機材を設置する。

IMG 0181

 こんな感じ。いろいろ考えて,20秒間隔で300枚ほど設定してみる。が,...一向にヤゴの背中(?)が割れない。このまま40分ほど待ったが,モゾモゾと動きはすれども羽化が始まらない。やっぱり,この時間まで羽化が始まっていないヤゴは,なにか問題がある個体ということか。時間もなくなったので今日は撤退(泣)。次のチャンスを待とう。

IMG 0182

 残念である。

 5時半前に一旦帰宅して老犬介護の業務。6時少し前に次女を起こして,さらに別の撮影に向かう。やもめのおっさんの朝は忙しい(笑)。

DSCF7398

 米坂線の下り始発列車坂町行き@南米沢駅手前,である。今度はどうだろうか?この場所,秋の黄金色の時季もいいかも知れない。

DSCF7405

 苦手な花の撮影(苦笑)。

 次女と一緒に朝飯。女房と電話で話したら「東京なんて二度と来たくない」と(笑)。人酔いして死にそうだとか(大笑)。今日は研修で,明日ははとバスツアーで長女と東京巡りとか。こちら米沢は朝のうちは天気は良いものの,なんだか不安定な天気だとかなんとか,..。

ーーー

 昼飯前にローラー55分,25km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 92rpm で。90rpm 前後で淡々と。腕に拭きだす汗をちょいと舐めてみれば,全く塩辛くなく,暑熱馴化は順調のようだ。

ーーー

 昼前に**模試とかを終えて帰宅した次女を乗せて,今日のお昼は喜右エ門さんへ。

IMG 0183

 上郷産「ほうれん草」のクリームソース全粒粉「リングイネ」海老,帆立,アスパラガスとともに。大変美味しゅうございました。喜右ェ門さんからの帰り道に雨がザーザー。

 で,帰り道,足湯に漬かりたいと抜かす次女。そんな気はサラサラなかったのだが,まあ,たまには小野川温泉を冷やかしにいくのもよかろうと,...。街中に入ると雨は上がった。予報通り不安定な天気のようだ。

IMG 0184

 ということで,足湯に漬かりつつ,..

IMG 0187

 目の前の土産物屋を物色。適当にのんびりした後で,煮玉子と月山地ビールと隣の豆腐店から豆腐を買って帰宅。帰宅したら,また外は雨。

 なんだか,不安定な天気で今夜はホタル撮影とかどうかなと思いつつ,地ビールと煮玉子を頂く。まあ,一本なら7時間ほども時間があるから無問題。その後テレビ眺めてたらウトウトと,...。なかなかいい休日じゃないか(笑)。

 夕方になって,外を見たら少し赤い。どんなものだろうかとちょいと出かけてみた。

DSCF7408 1

DSCF7416 1

 西吾妻方面には怪しげな雲が掛かっていて,一雨来るかも知れない。雷鳴も聞こえる。

DSCF7418 1

 列車がやって来て,そして過ぎて行った。

今年初のホタル

 そろそろ,ホタルの季節だなぁ〜〜・・。先だっての知り合いとの会話である。で,昨夜,ふと思い出して,呑む前にと次女を誘って小野川に見に行った。昨年見つけたスポットに行って観れば,農道の入り口で一頭のホタルが飛んでいた。あれ〜,一頭だけかよ〜!と思いつつ,小雨も降っているし,こりゃ帰った方がいいかなぁと思いつつ,少し奥に進めば,...おお,結構飛んでいる!!小雨降る中,ちょいと撮影に取りかかる。

 三脚にカメラをセットして,さらにインターバルタイマーを取り付ける。条件は,ちょっと考えてから,広角端で絞り開放,ISO1600, ss15s を30枚セット。合計7分強の時間。雨が強くならないことを祈りつつ,...。

 帰宅後,RAW データを軽く処理して JPEG ファイルを書き出して,Photoshop で比較明合成する。

Firefly20150619 3

 これが,今年初のゲンジボタル(で,いいのかな?)の7分間の輝跡(笑)。

 これを撮影した後で,いつものヒメボタルの撮影場所もチェックしたが,こちらは全く飛んでおらず,少し時期的に早いようだった。

2015年6月19日 (金曜日)

重さと運動と天気06/19/15

 起床,..というべきかどうかは定かではないが,確かに「床(ゆか)」から起きはした。時刻は1時少し前。まあ,早い話が酔っぱらっての寝落ちからの覚醒って奴である。マンネリ化した出だしを少しだけ変えてみたかっただけである。条件反射で外を見た。星が出ていた。カメラぶら下げて,三脚担いで線路向こうまでちょいと深夜の散歩に出た。遠くから救急車の音やら,やかましく耳障りなエンジン音などが聞こえてくる。間近ではカエルの大合唱だ。見上げればうっすらと雲は掛かっているものの,夏の天の川は既に直立している。

DSC 2108

 さそり座は既に沈んでいる。こんなのを数枚撮ってから帰宅。そして,二度寝。

 次は5時半頃に目覚める。さて,老犬介護業務の前に米坂線の下り始発列車を撮りに行こう(笑)。

DSCF7265 1

 イメージに近いものが撮れたのだが,前景が農道ではなくて田んぼの方が良かったかも,...。また,明日だな(爆)。

DSCF7280 1

 上の写真の左隅に写っているアザミを撮ってみた。

DSCF7281

 本日の南米沢駅前駐輪カオスの様相。この自転車は一体,...(笑)。

 帰宅して,老犬介護業務をこなして,朝飯食って,..

ーーーー

 朝飯後にローラー60分,29km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 93 rpm で。

ーーーー

 午前中は輪講。午後からは今月末から担当する演習に関して打ち合せとPowerPoint のスライド作り。さらに,9月に札幌である学会の申し込みなど。

 夕方,パラパラと降りだした雨の中を,東京に行く女房を駅まで送る。なんでも,10年振りだとか。長女のところに転がり込んで,明日は研修で明後日はハトバスで東京見物だとか。こっちは折角の休みなのに,イヌとネコと次女を押し付けられて,..(笑)。自由度の低い土日になりそうだ。

2015年6月18日 (木曜日)

重さと運動と天気06/18/15

 起床は4時。昨夜も10時前に就寝。が,それ程呑んだ訳でもないに,なんだかちょっと胸の辺りがもやもやする。もっとも,動き出したらすぐに消えたのだが。外を伺えば,今日も雲多めなれど,少し赤い色が見えた。が,トイレを済ませた後で出てみれば,既にいい色の時刻は終わっていた。ほんの10分。夕焼けと朝焼けは秒刻みで変化する。だからこそ,面白い。まあ,それでも面白い景色が見られるかも知れないと,マウンテンバイク(今日はママチャリではない)に跨がって,ブイブイと漕ぎ出した。

DSCF7218 1

 カモが現れた。この道路の右側に一段低くなった休耕田の草むらがあるのだが,そこからわざわざ出てきて,こちらを誘うように距離をとって歩く様子に思い当たることがあった。何年前になるかわからないのだが,この近くで卵の並んだカモの巣を見つけたことがある。そのときの親ガモの様子によく似ていた。きっと,巣があるのではないかと思う。明日の朝にでも探してみるかな。カモの親子の行進とか見てみたい(笑)。

DSCF7219 1

 せいぜい,この程度の焼けっぷりだった。ちょいと不満。

DSCF7222

 「ああ,そうだ,そろそろオニヤンマの羽化の時季だ!」と突然思い出した。確認のためにいつもの羽化エリアに立ち寄ると,一頭だけ羽化を発見。今年初の観察。昨日,知り合いと「そろそろホタルの季節だねぇ〜」などと話をしていて,何かもう一つ撮るべき被写体があったなぁと思い出せずにいたのだ。それが,このオニヤンマの羽化だった。今年の目標の一つがオニヤンマの羽化のタイムラプス動画撮影である。ボチボチとテスト撮影に入ってみるかな。でも,これも結構大変で,まず薄暗いうちに羽化前のヤゴを見つけることから始めなければならないし,さらに,見つけたヤゴが撮影に適した三脚の立てやすいところにいなければならないし,..などなど,いろいろな制約条件が多いのである。もう,通い詰めるしか方法はないのだけど。頑張ろう!

DSCF7232 1

 雲の上からお日さまが顔を出した。

DSCF7233 1

 さて,一旦帰ろう。帰って老犬介護業務をこなそう。

 その後,先日失敗した水田の中を走る単両編成を再び撮るべく,またまたマウンテンバイクでブイブイと外出。なにしろ,昨日のうちに今日の朝一講義の準備は済ませているので時間的には比較的余裕がある。

DSCF7234

 南米沢駅前は相変わらずの駐輪カオス(笑)。

DSCF7241 1

 で,今日も失敗。イメージとしては列車がもっと小さく写るはずだった。遠くの山をバックに小さな単両編成が田んぼと空に挟まれている構図を想定したのに,...。もっと広角にすべきだった。また,明日リベンジだ。

DSCF7241 2

 白黒にするとなんだかそれなりに見える。それにしても,こういう撮り方だと,進行方向が右なのか左なのかわからんね(笑)。

DSCF7250

 ネコ発見!なかなかの美ネコであった(笑)

DSCF7251

 軌陸バックフォーのある風景(笑)。どうも,連夜活躍中らしい。

DSCF7252 1

 古志田第1踏切から見た斜平山。なんだか,ぼんやりと見入ってしまうような夏雲。

ーーーー

 朝飯後にローラー34分,16km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 100rpm で。

ーーーー

 朝一で講義。混合 Gibbs エネルギーから過剰 Gibbs エネルギーを説明。そして,それと活量係数の関係を基に,活量係数式の説明。宿題を出して,その後は化学平衡へ。予定通りである。気持ち良い(笑)。

2015年6月17日 (水曜日)

重さと運動と天気06/17/15

 起床は3時半。昨夜は9時過ぎに就寝。なにしろ,昨夜は女房から「明日は早起きしてワラビを収穫してきなさい」との業務命令が出たので(45%ウソ)。取りあえず,恒例の朝の一枚を撮影すべく外に出てみたが,ビッシリと灰色の空だったので2秒でUターン。

 なんだかんだと準備してから4時20分頃にMTB に跨がって,ガスの掛かった斜平山に向かって出発。通称「ワラビ練」 。愛宕小学校跡地まではアップがてらちょっとのんびりと走る。愛宕小学校跡からは 1.6km, 平均勾配 12.5% のオフロードヒルクライムの開始。これが「ワラビ練」となる理由。最大勾配は多分 18% 位はあるように思われる。ゼーゼー言いつつ,..

IMG 0169

 七曲がりの登り口に到着。タイムは見ていないのでわからんけど,平均時速で 7 ~ 8km 程度?10分と少し位かな?

 呼吸を調えてから収穫にかかる(笑)。草丈が伸びて,ワラビが見つけ辛いし,イバラが伸びて薮をかき分けると服の上から突き刺さるし,頭上やら顔の周囲で無数の羽虫(ブヨと蚊も)が飛び回り,まとわりつくし,マイマイガの毛虫は相変わらず毒々しい色でうごめいているし,...と,まあ,正直あまり楽しくはない。なので,40分ほどで終了して下山。でも,最近では人も入っていなさそうで,そこそこ採れたので由としよう。

 あ,ところで,マイマイガの毛虫の中には死んで融けたみたいな様子の奴も見受けられた。もしかしたら,例のゾンビウィルスが活動を始めたのかも知れない。

IMG 0170

 今朝の収穫物

ーーーーー

 朝飯後にローラー55分,26km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 93rpm で。

ーーーーー

 本日も明日の朝一講義の準備。明日は過剰部分モルGibbs エネルギーから,活量係数式の説明。宿題あり。さらに,余った時間で,化学平衡に突入。いよいよ,終わりに近づいて来た。

 昼頃に iPhone に着信。表示された名前を見れば,..あらら,群馬大の偉い先生だった。で,出れば,なにやら大変そうなお話が,...。はてさて,どうなることやら,...。やりようによっては,我が社のえらい人達が喜びそうな話になるかも知れない。別に喜ばせたい訳では全くないけど。

DSCF7213 2

 ギリギリで間に合った日没

2015年6月16日 (火曜日)

重さと運動と天気06/16/15

 起床は4時少し前。条件反射的にカメラ抱えて外に出る。あまり天気は良くなさそうだ。

DSCF7173 1

 田んぼの稲は日々生長している。

 老犬介護業務の後で,朝一講義のお勉強をこなす。1時間半話すというのはそれなりにしんどいことなのである(笑)。そして6時少し前に久しぶりに米坂線の下り始発列車を撮りに行ってみる(って,昨日も撮ってるじゃないか:笑)。あ,いや,ちょいと離れた場所でという意味合いである。

DSCF7175 1

 線路上ではオスのキジが出迎えてくれた。

DSCF7179

 近過ぎた,...。もっと離れたところから広角で西吾妻山を背景に入れなければならなかったのである。そのために,この場所に来たんだから。

DSCF7187

 仕方ないので,後ろ姿などを,..

DSCF7188 1

 南米沢駅到着。

DSCF7189

 駅前の駐輪の様子。まあ,田舎故の景色かな〜とも思う。

ーーー

 朝飯後にローラー32分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 67 - 93rpm で。お勉強したり,写真撮ってたら時間がなくなった(笑)。

ーーー

 朝一講義では,物質移動係数のことなどを。物質移動現象の解析方法には二つある。shell balannce から求められる微分方程式を与えられた境界条件の下で解く方法と,推進力と移動係数との積として移動流束を表す方法である。前者はどちらかといえば「応用数学」みたいなもので,エンジニアリング的には後者が馴染みやすい。ただし,移動係数と操作条件を相関式の形でまとめる必要がある,..などなどを熱移動現象と対比させつつ。Higbie の浸透説と八田先生のガス吸収の解析の話しもしておいた。Higbie の浸透説が有名だけど,実は2年ほど早く,我が国の八田先生が同じ結果を出していたんだぜ!と。もっとも,言いたいことがどのくらい伝わったのか?などと考えるほどに若くもないし,世間知らずでもない(苦笑)。

 午後からは雷雨のような雨降り。結構な降雨量で,農家にとっては恵みの雨か?

 講義ノートのメモを探していたら,懐かしいプリントが出てきた。要らなくなったブルベ資料の裏側にメモっていたらしい。

IMG 0168

 以前に走った宇都宮の山岳ブルベの各峠のプロファイルである。懐かしい名前が並んでいる。多分,宇都宮スタートで渋峠頂上ゴールの山岳 200km だろう。暫くの間,見入ってしまった。それにしても,これだけ手の込んだ資料を作るSさんの凝り性振りには,...(苦笑)。

 今日も女房が遅くなるとのことだったので雨の止んだのを狙って帰宅。

DSCF7200 1

 斜平山(の北の端)に沈む夕日

2015年6月15日 (月曜日)

重さと運動と天気06/15/15

 一回目の起床は3時半過ぎ。あわよくば,細い月と彗星が見えるかもと思っていたが,生憎の曇り空,..。

DSCF7159

 写真を一枚撮ってから,もう一度寝るという(笑)。

 二度目の起床は6時前。老犬の世話をしてからカメラぶら下げママチャリをコギコギ,...。

DSCF7162

 米沢 5:57 発の坂町行き始発下り列車。今日も暑くなりそうで,6時過ぎだというのに早くもうんざりするなり。

DSCF7171

 なにやら,夏っぽい景色と空

DSCF7170

 朝〜〜〜〜!!って感じ。

ーーー

 朝飯後にローラー50分,23km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 93rpm で。おかずはドーフィネの最終ステージ。グランツールだと最終日に個人 TT でもない限り,総合首位が入れ替わることなどないが(そういや,1989 年のグレック・レモンとローラン・フィニヨンの競り合いは面白かった),ドーフィネの最終日は1級山岳の登りゴール。結局,昨日マイヨジョーヌを奪われたフルームがまた奪い返して総合優勝を決めた。

ーーー

 一日,講義準備なり。先週のクイズの解答例を作ったりして結構時間が掛かる。二重境膜説の説明がなにやら唐突に思えてきて,話の流れとして違和感が沸々と,...。

2015年6月14日 (日曜日)

重さと運動と天気06/14/15

 起床は3時。もしかしたら細い月の出が写真に収められるかも知れないので。でも,曇っていて,あまつさえ雨まで落ちてきたので,二度寝を決め込む。そして6時に起床。

 6時過ぎに起きて,老犬の介護をしたり,掃除をしたり,コーヒー淹れたり,日記書いたり,...。

ーーー

 朝飯後にローラー35分,16km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 93rpm で。

ーーー

 本日は実家へ。2台ある車のうちの軽が車検なので,ディーラーに持ち込んで,そこからもう一台の車に乗って宮城まで。

DSCF7148

 七ヶ宿のところでいつも気になっていた緑の景色。今日は停車して撮影した。

 11時半過ぎに実家着。妹夫婦は既に到着していた。お袋が食事の支度するのがイヤだというので,みんなで外食することにして12時過ぎに外出。目的地は亘理の鳥の海。

DSCF7149

 営業開始らしいので来てみれば,レストランなどは入っておらず,温泉のみの営業だった。なので,近場の,..

DSCF7150

 こんなところで,魚とかイカ焼きとかを買って,..。「海仙」という店に移動。

IMG 0154

 イカ焼き,おいしゅうございました。塗っているタレは,イカのワタを醤油と混ぜ込んだようなもので,実にいい風味で。

IMG 0155

 海仙で食したホタテ飯。

 帰り道に卵などを購入してから帰宅。3時半頃に実家を辞去。女房を車のディーラーに降ろしてから,星輪店経由で帰宅。チューブを4本購入。これで心配なし?

DSCF7155

 帰り道,奇麗な夕日が見えた。残念ながら運転中で撮影できずに,これは盛りを大分過ぎた出がらしみたいなもの(苦笑)。

2015年6月13日 (土曜日)

ツール・ド・さくらんぼ

 起床は2時半。5時間弱は寝たか。老犬の世話をしたり,飯食ったり,準備したりして3時40分頃に車でゴー。4時少し前に駅前で一緒に行くチーム員を拾う。余裕を持って行った方がよかろうということで上山からの高速道路をチョイス。早朝ということでもあり,えらくスムースに寒河江のスマートインターに到着。

IMG 0147

 看板の多さに面食らう(笑)。

 結局,5時過ぎには到着。1時間と少し。ちょいと早過ぎた。しばらく,ぼんやりとしてると同じサポートライダーが集まってきた。で,6時過ぎからミーティング。今一つ,要領というか,具体的に何をどうすべきかはっきりとはわからないものの,まあなんとかなるだろう。

DSC09825

 それぞれサポートライダーであることを示すベストを付けて,支給された救急セットと予備のチューブを持つ。7時から開会式だとかでスタート地点まで移動。

DSC09826

DSC09827

DSC09828

 凄い数の参加者である。グランフォンド(120km)とメディオフォンド(60km)を合わせて,1000名ほど。安田団長とか吉澤ひとみとかも来ているようだ。

 7時半頃からグランフォンドから先にスタート。40名の参加者の前後をサポートライダーが挟む形でスタート。市街地を抜けるまでは追い越し禁止で 20km/h 走行。4分間隔で次々にスタートする集団を見送る。天気が良くて何より。

DSC09829

 DNS もそれなりの数がいて,お陰で少し早めに進行したらしい。8時半頃からはメディオフォンドがスタート。なでら男は第2グループの先導役で,殿役を務める方は,亡くなられたブロック屋さんの同級生だとか。また,いろいろと思い出しちまったぜ。

 20km/h は意識しないとすぐに 25km/h ほどになる。適当にペースを調整しながら市街地を抜けていく。信号が多くて,すぐに前のグループに追いつくし,自分のグループもズタズタに分断。仕方がないとはいえ,もう少し巧いやり方もあるような気もするが,...。これを見てしまうと,我々のグランフォンドが地理的に恵まれていることがよくわかる。なにしろ,市街地走行がほとんどない。

 ようやく何事もなく市街地を抜けて,追い越しフリー区間に入ると後ろから活きの良い若いのがドンドンと前に行く。ちょっと血が騒いだが,ここは業務優先。最初のエイド手前で前の集団の前に出ようとして,後ろからの車と前方からの車でちょいと詰まったのが,今回の反省点かも。

DSC09830

 紅花資料館のエイドに到着。真ん中の黒いジャージの方の後ろにヨッシーがいるのだが,わからんね(笑)。そして,ここで衝撃的な出会いが,...

Hayashi

 「先導,お疲れ!」と声を掛けてくれた参加者に「いえいえ,..」と返事して,あれ?とお互い顔を見合わせた。なんと,その方,某病院の整形外科の先生で,なでら男の腰を手術して頂いた主治医の方だった。ロードに乗っているとは聞いていたけど,まさかこのイベントに参加されているとは,..。お互いに,世間は狭いなぁと(笑)。適当に休憩して出発。

 次は慈恩寺のエイドなのだが,その少し手前で,後輪におかしな振動を感じた途端にいきなり「バッシュ〜〜〜!」と,...パンク!!あっちゃ〜〜〜!参加者のパンク修理を手助けするようにとか言われていたけど,まさか自分がパンクするとは,...。何か刺さってのパンクだとタイヤ本体に刺さった異物を取り除かないと二度三度と立て続けにパンクするので,指の腹でタイヤ内面を入念に精査。これにかなりの時間を掛けたけど異物検出できず。大丈夫かいな?と,イヤ〜な感じを残しつつ再発進。

 慈恩寺前の坂を登って慈恩寺エイドに到着。取りあえず,二度目のパンクは回避できた。

DSC09833

 それにしても,第1エイドからわずか距離6キロ(笑)。

19751226

 へっぴり腰でパンク修理をしているデブがいた(撮影:おおえ)

 フロアポンプを借りて,もう一度チューブを外して,タイヤ内面を精査。やはり,異物検出できず。結構古いチューブなのでもしや寿命が来てのパンクか?麦茶を頂き,適当に休憩後に出発。

 慈恩寺の山を下りたところで,ブレーキのワイヤーが戻らないというトラブルで停車中のグループに遭遇。診てみたが,どうもブレーキアーチの潤滑不足のような感じ。オイルでも刺せば復活するのではないかと思われたが,オイルの手持ちはなし。まあ,だましだまし走ってくださいということに(苦笑)。パンク修理の方もいたが,他のサポートライダーが面倒見ていたのでスルー。

 次のエイド,ワイン城までは,集団の後ろでしばらく走り,その集団にリーダー役のような熟練者がいたら,心配なしと診断して先に進むようなことをした。吉澤ひとみのグループもいたが,彼女の周囲は事務所のメンバーが取り囲み,まさに大名行列のようなサイクリング(笑)。彼女自身はちょっとした坂でも背中を押されて走っていた。自転車好きのタレントとして定着しつつあるが,実力のほどは今三つ位か(苦笑)。ま,どうでもいいことだけど。

 そんなこんなで第3エイドのワイン城に到着。

DSC09838

 ブドウジュースが美味かった。3杯ほどお代わりした(笑)。

 ああ,そうそう,第1エイドでブルベ仲間のK関くんにであった。相変わらずのオーディナリーでの参加である。

IMG 0149

 今度の9月の宮城 1000km ブルベは,このオーディナリーでの完走を目指すそうだ。今日は宮城 400km ブルベのはずだけど?と問えば,ヨッシー見たさにこちらに参加したとか(笑)。彼のだるま自転車は,他の参加者に大人気だった。

DSC09839

 一体,何人のスマホの写真に収まったのか?(笑)きっと,いろいろなブログで話題になっていることだろう。

 適当に休憩してスタート。ここからは最上川沿いの適当なアップダウンをこなす。

DSC09840

DSC09841

 オーディナリーの走行はこんな具合である。1000kmブルベ,頑張ってね!

 なんだか,段々と周囲の参加者がまばらになっているような感じで,最後のエイドに到着。ここでも10分ほど休憩してスタート。正直,大して走らないのに長い時間休憩してしまうので,身体が冷えて,リスタートするたびにどんどんテンションが下がる感じである。まあ,業務と割り切ってしまえばいいのだろうが,そう思えるほどに経験を積んでいない。

 で,最後のエイドからゴールまでは面倒を見るべき参加者もいないようなので,少々急いだ。追い風,下り基調なので,そこそこのスピードで巡航できる。2時前にはゴール到着。60km弱に4時間半ほども掛かった。最初からわかってはいるけど,のんびりし過ぎて,走ったという感覚はほとんどない。なにより,エイドで休んだ後で走り出して,脚が走っていた状態に戻るまでに結構時間が掛かるのである。

 アンケートなどに記入して業務終了。その後,温泉で汗を流して,ワイン一本買ってから,睡魔に苦しめられながら4時半頃に自宅着。早速,ビールを呑んで一息。

 何はともあれ,天気も良く,(なでら男の周囲では)目立ったトラブルもなく,業務を終えられてことでホッとした。スタッフ各位,本当にお疲れさまでした。

2015年6月12日 (金曜日)

重さと運動と天気06/12/15

 そんなこんなで未明から早朝まで,おっさんの一人遊びは続いた訳で,...。

ーーー

 朝飯前のローラー60分,29km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 92rpm で。ドーフィネの第5ステージを観戦。ツールの17ステージと全く同じコースだとか。今年の本格的な山岳ステージ。3級の登り二つの後,1級を超えて,2級の登りゴール。最後の登りの途中でニーバリが集団から遅れる事態が,...。ニーバリ,ツール連覇黄色信号か?それにしても,フルームのフォームってなんであんなに格好悪いんだろう?(笑)

ーーー

 いよいよ明日は「つーる・ど・サクランボ」のサポートライダー業務の日。幸いなことに雨は回避できそうだ。なんとか,最小限のトラブル対応で乗り切りたいものだ。それにしても,駅前4時に待ち合わせだと,3時45分に家出で,起床は2時半頃か?でぇ〜〜〜・・。あ,でも,今日と一緒か(爆:笑)。

IMG 0142

 読了。「鬼役」と同じ作者なんだが,作風が変わった?違う人間が書いたのかと思うほど。

 来週の講義準備で,例年とは少々異なる展開にしようと諸々を工夫。さてさてどうなるのか,...。明日の準備もあるので6時前に職場を離脱。

 帰宅して自転車整備して,車に積み込んで,資料を印刷して軽く読み込んで,...10時前には就寝。

朝焼けの光の中に立つ影は〜〜〜♪

 4時少し前にあまり期待せずに外を伺ったら,...空が紅い!慌てて,カメラ抱えて外に飛びだす(もう,ほとんど病気だ!)

DSCF7134

 赤というよりも紫に近いか,...。

 この色合いなら場所を変えて撮影したい。急いでママチャリに跨がり,斜平山方面にぶっ飛ばす(笑)。

DSCF7137

 途中で,鉄分チャージの写真を撮ることも忘れない(笑)。

 朝からゼーゼーいって辿り着いたちょっとだけ高い斜平山の麓を南北に走る道。

Asayake150612

 そこからの眺めはなかなかいい。これは,3枚をパノラマ合成したもの。

Asayake150612 2

 これは縦方向に2枚パノラマ合成したもの。

DSCF7144

 空に浮んだモコモコした雲に山の向こうからの朝日が当たっているの図。山並みにかかる雲から,太平洋側は天気が良くないのかな?

DSCF7145

 あっという間に終わってしまった。日の出前の赤の祭典(笑)。

 帰宅して,老犬介護の通常業務をこなしたなり〜〜・・。

寝落ち覚醒から雲を通した未明の月を眺むる

 いつものように軽く呑んだら速攻で寝落ちした。気が付けば午前2時半。いい頃合いだ。室内の生温い淀んだ空気を嫌って,外に出てみれば,曇りのせいで星は一つも見えないものの,東の空に下弦を数日過ぎた月が昇ってきていて,雲を通してぼんやりと見えていた。こんな景色も悪くはない。いそいそと三脚とカメラを持ちだす(笑)。

DSCF7133 1

DSCF7125 2

 うっすらと地球照も見えるかな?

 しばらく本など読んでいたら,やがて明るくなってきた。雲があるので朝焼けは望めないだろうと思いつつ,外を伺えば,...

 激しくつづく

2015年6月11日 (木曜日)

重さと運動と天気06/11/15

 起床は4時。昨夜寝たのは11時過ぎだから睡眠時間は4時間半位か。ま,よかろう。二度寝するほど暇ではないので活動開始。ワン公には申し訳ないが,日の出前の東の写真を撮りに出た。最近の日課である。

DSCF7118

DSCF7120

 FUJI のフィルムシミュレーション,ベルビアの JPEG 撮って出しの日の出前の東と東南の空。ちなみに,同じ画像を記憶植を頼りに RAW ファイルから現像してみると,..

DSCF7118 1

DSCF7120 1

 こんな感じになる。好みによるけど,自分的には朝焼けにベルビアはいいときとやり過ぎ感のある場合とが半々くらい?なので,RAW ファイルも同時に撮っておかないといけない。PC の記録媒体がいくらあっても足りないことになる。あ,そろそろホタルが飛び交う季節だなぁ(笑)。

 今日の朝一講義の予習をしたり,ブログを書いたり,写真をいじったり,老犬介護の業務をこなしたりしていたら,あっという間に6時半頃に。人生は短いのぉ〜〜・・。朝飯を食って,..

ーーー

 朝飯後にローラー34分,16km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 90rpm 程度。なんだかんだしてたら時間が足りなくなった。ドーフィネの第3ステージを観戦しながら。

ーーー

 朝一講義で,混合物の気液平衡を。相図の読み方やら,気液平衡の計算方法などを説明したら,本来予定していた活量係数の相関式の説明に辿り着けず。また,来週。

 講義から戻ってきたら,共同研究先の方が来ていて,一緒に実験などを。なるほど,何がダメだったか,わかった感じ。

 午後からは実験抜け出して会議。内容は,やれやれ,...なんなと好きにしてくれやって感じ(苦笑)。その後また実験の手ほどきを受けて,会社の方とお別れして今度は別の業務へ。これも神経のすり減る仕事で,5時半頃までかかってようやく終了。もう,今日は後は何もしないし,したくない。

2015年6月10日 (水曜日)

【星景写真他】折角,星空が奇麗なのに,明日は朝一講義,..なので

 帰宅時に,凄い夕焼けが大朝日岳方面に見えた。が,帰宅時には色褪せていた。わずか数分間の天体ショーとでもいうのか。むしろ,だから面白んだけど。それでも少し茜色が残っているようだったのでカメラ抱えて田んぼまでママチャリをぶっ飛ばした。

DSCF7089

 帰宅途中で眺めたときには,もっと広範囲が茜色だったのだが,...

DSCF7094

 木星と金星

 GPV 予報では月の出る0時過ぎまで奇麗に晴れるようなので,スカイバレーにでも登ってアンタレスからいて座辺りを中望遠で撮ってみたいなぁと思っていたが,明日の朝一で講義なので,その予習やら何やらがあることを考えて自重した。真面目なのか,神経質なだけなのか,...。

 で,ちょいと残念な気分で晩飯を食って少しテレビ番組を眺めていたら眠くなってきたので,どれ,寝る前に星でも眺めてみるか〜と外に出たら,街灯やら何やらの沢山ある住宅街にかかる天の川とか撮れないかね?と思い,小一時間ほどチャレンジ(バカだ!:笑)。

DSCF7103

 こんなところが限界のようだ。

DSCF7104

 「銀丿星」風味にしてみた。

DSC 2103

 魚眼レンズではどうだろうか?とカメラとレンズを換えて撮ってみたが,現像時にマスクを使わないとどうにもこうにも,,...

 こんな写真を自宅近くで撮っていたら(不審者に思われるかもなぁ),線路の方からガーゴーとなにやら騒がしい音がしたので振り向いてみれば,おかしな車両が線路上を動いて行った。軌陸バックフォーだ!!すかさず,星の撮影は終了して,鉄分注入にかかる(笑)。またしても,ママチャリをぶっ飛ばす。

DSCF7112

 これで,ISO6400 の JPEG 撮って出しである。FUJIFILM X-T1 の素晴らしさ(笑)。

DSCF7114

DSCF7117

 深夜作業,お疲れさまです!

 という訳で,寝たのは11時過ぎだった(笑)。道楽おっさんに寝る暇はない。

重さと運動と天気06/10/15

 起床は3時頃。流石に,昨夜寝たのが9時半頃だから,この時間に目覚めても不思議はない。昨夜,女房から「ワラビのストックが切れたから,明日の朝,ワラビを採ってくるべし!」との業務命令が下ったのである(6割くらいはウソ:笑)。

DSCF7086

 日の出前の東の空と水田

 が,如何に業務命令といえどもやるかやらないかはオレ次第(笑)。いろいろと考えて,ここは一つ MTB でヒルクライムの朝練代わりに行ってみるかということに。

 長袖と長靴姿で MTB を引っ張り出して,サドルに跨がる。背中には,イベントでよくもらう,背負いひも付きのビニール袋を背負う。中身は 500ml の水,ビニール袋2枚,農作業用の手袋,自転車のチェーンキー,万が一の補給食の羊羹などが入っている。パンクやらメカトラブルに対しては,修理の時間を考えると押して帰ってきても大して変わらないので修理工具はなし。頭にはタオルの鉢巻きでヘルメットはなし(よい子は真似するな!)。こんな農作業に向かうおっさんのようなスタイルで自宅を出たのは4時40分頃。もたもたしていて,遅くなってしまった。

 愛宕小学校跡から登り始める。しばらく MTB に乗っていないので,トルクの掛け方の感覚がどうにも鈍っているような感じ。空気圧も高めなので,トラクションが弱い。雨上がりの濡れた路面などは後輪が時折空回りする。でも,まあ,その辺りもトルクの掛け方次第。5時ちょっと前に七曲がり登り口に到着。充分にゼーゼーいった(苦笑)。左脚の踏み込み力が明らかに弱い。急坂ほどはっきりする。これでは,岩木山の最後の3キロがやや不安。でかいスプロケ用意するべきか?これで今朝のワラビ練終了(笑)。それにしても,先だって見た,電動アシスト自転車で登って行ったおっちゃんの方が今日のなでら男よりも遙かに速い。電動アシスト恐るべし。

IMG 0138

 七曲がり直下に到着

 左の斜面にはプロらしき方が取りついていたので,道沿いでちょいと採ってから七曲がりの右側斜面に取りつく。

 以前にヒキガエルが交尾したり,卵生んだりした水溜まりには沢山の小さなオタマジャクシがいたが,多分大きくなるまで水があるとも思えず,...。

IMG 9971

 こんな二匹が,..

IMG 0007

 卵を産んで,..

IMG 0139

 オタマジャクシになったとさ(笑)

 ここ数日人が入っていない様子で,ワラビはそこそこ採れる。

IMG 0140 1

 七曲がりの斜面から眺める麓の水鏡は,緑色になってきている。

 そんなこんなで大分背丈の伸びたイバラと(ジャージの上からでも痛いんだよ),大分成長したマイマイガの毛虫(4cmくらいあって,至る所にいる)に手を焼きつつ,それでも40分ほどでかなりの量を収穫。6時には帰宅。MTB だと帰りが速い。

IMG 0141

 収穫物

 帰宅後は老犬介護の業務をこなし。朝飯食ってから,..

ーーー

 朝飯後のローラー44分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 -107rpm で。おかずは,ドーフィネの第2ステージ。左脚の低下した筋力を何とかすべく,左脚一本でのつま先立ちスクワットを数十回やってみる。次第に踵が下がってくるのがわかる。なんとも,情けない。

ーーー

 午前中は輪講。いや,だから,使う式を選べることが重要ではなくて,...(苦笑)。午後は明日の講義準備。なんか,最近こればっかり。

2015年6月 9日 (火曜日)

重さと運動と天気06/09/15

 起床は4時。外はザーザー降りの雨。なんだか,すっきりしない。顔は浮腫みぎみで身体は重い感じ。3日間汗を流していないからなぁ。老犬介護業務を雨の中こなす。オシッコする姿勢すらも保てなくなってきたようだ。動かなくなってきた脚には褥瘡ができてきた。が,洗浄以外に特に何も出来ないしなぁ。オシッコも出にくくなっているようで,腎機能なども低下しているのだろうか?人と犬との違いはあれど,うちの父親が亡くなる数ヶ月前とよく似た状況で不思議な気分になっている。昔,雪上や斜平山山中を弾丸の如く疾走していた姿を覚えているだけに些か不憫だ。

DSC 0028

 投げたボールを追いかけて田んぼの固雪の上を疾走していた頃(2013/03/23)

 老犬介護の後は,今日の朝一講義の内容を軽くおさらい。

DSC 2100

 庭のコブシの木

DSCF7072 1

 庭先に生えたウド(笑)

ーーーーー

 朝飯前にローラー44分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 100rpm で。おかずは,日曜日から始まったクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ。昨日までの身体の底になにかイヤなものが溜まったような感じが払拭。やっぱり,朝ローラーは健全なおっさんのための不可欠要素だ。

ーーーーー

 朝一講義では,濡れ壁塔の流下液膜へのガスの溶解と,液中の濃度分布の計算などを解説。材料は濡れ壁塔によるガス吸収だが,主題は層流場での拡散と対流現象。二次元の物質収支の取り方の基本も含めて。毎回,イヤというほど数式が出るので,次第に出席者が減るのは毎年のこと。難しいことを学ぶためにお金を払うのが大学なのに,難しいからと講義を放棄するようでは本末転倒,話にならんと思うのだが(当然すぎて馬鹿馬鹿しい:笑)。

 明後日の講義の準備をしたり,実験のことを考えたり,...。

 7時半頃には帰宅。帰宅途中で空を見上げれば,雲の様子が面白かったので,帰宅後にカメラ抱えてちょいと出てみた。

DSCF7076

DSCF7081

DSCF7085

 ISO6400 での撮影でノイズまみれだが,この雰囲気にはノイズもまた一興かなと(笑)。

 で,戻ってみれば,不愉快極まりない内容のメールに気分まで上の写真の如くに。あ〜〜ぁ,もう,なんなと勝手にしてくれや!面倒だから反対はしないけど,金輪際協力はしないよという気分。

2015年6月 8日 (月曜日)

重さと運動と天気06/08/15

 起床は6時過ぎ。一度3時頃にソファで覚醒して,再び布団で寝たのである。一年の中でも5本の指に入る忙しないイベントが終了した。今年は,もう一つ今度の土曜日にちょいと大変そうなイベントがあるのだが,...。なんだか,身体がダル重くて,気力が湧かない。老犬介護は女房に任せてしまった。

 ローラーでも踏んで汗を流せばすっきりするだろうなと思いつつ,昨日の写真整理やら放っておいたブログやらにかまけてローラー時間がなくなった。昼休みに踏もうと思ったら,踏めなかった。こりゃ,三日間,何もしないという状況になりそうだ。

 明日の講義準備と,先日出してもらった宿題の解答(みたいなもの)のグラフ作成。さらに,明日出題のクイズ問題作成。そんな一日。学会仕事ではまたぞろ厄介事が出てきそうな感じ。そんな一日。

DSCF7006

 昨日のメディオフォンドグループのスタート風景

2015年6月 7日 (日曜日)

第8回グランフォンド飯豊(2015)

 起床は3時半。眠い。老犬介護をしてから出かけるために,この時間。

DSCF6939

 今日は最高の天気になりそうだ。

 老犬の排泄の始末などをして,朝飯を軽く食って,4時半に出発。まずは,コンビニで赤飯おにぎりを 150 個受け取る。次に伊藤八百屋さんでバナナやらオレンジやら水やらスポーツドリンクやらを車に積み込む作業の手伝い。20kg 近いスチロール箱をいくつも車に積み込む作業で,朝から一汗かいてしまった。その後5時頃に会場の運動公園へ。

DSCF6942

 スタッフミーティングが始まっていた。。

DSCF6945

 5時半になると受付開始。

DSCF6947

 毎度ご贔屓にして頂いている,大崎の変,..いや,偉人K氏も受付。

DSCF6948

 寒河江のジイさんことMさんも受付

DSCF6950

 参加者ミーティング

DSCF6957

 そして,7時から5分置きに15名ずつがスタート。市街地(といっても,それほど混雑した場所はないのだが)での大集団の形成を極力抑えるために。そして,最終組を見送って,DNS の方々の番号をチェックした後に,持ち場の飯豊山荘に向かう。

 途中まではコースをトレース。多くの参加者を追い抜き,小松から諏訪峠(越後米沢十三峠の一つでその昔イザベラ・バードが超えたという川西の峠)を超えて R113 に。ここを小国の先まで走る。

DSCF7024

 途中で,素晴らしい飯豊山が見えたので,ちょいと停車して撮影(笑)。

 コバレントマテリアル(元の東芝セラミックス)の発電所のところから分岐して小玉川方面へ。かなりの数の後続車が同じ方向へ。ワラビに取り憑かれた方々らしい(苦笑)。所々で停車しては,写真を撮る。

DSCF7028

DSCF7032

 水田に映る飯豊山

DSCF7034

 マタギの館の先からの定番構図

DSCF7035

 梅花皮荘への橋からの定番構図

DSCF7036

 飯豊山荘に向かう途中

DSCF7037

 飯豊山荘手前の橋のところから見える玉川の流れ。雪代が収まったようだ。奥の崖にある丸い岩が人の顔に見えたりして,...(笑)

DSCF7038

 橋の上から。ようやく,この川特有の水の色になってきた。

DSCF7039

 本日の業務地点。丸山さんと二人。ここで,最終走者にへばりついている加藤さんの回収車が来るまで通過チェックをする。

DSCF7040

 いつか登りたい

 水やら梅干しやらをセットして待つこと30分ほどで最初の参加者がやってきた。時刻は 10:12 だった。速い!ここまで2時間40分強というところ。平均時速で 30km/h 近いのでは?その後も,ポツポツ,時々5人ほどの集団でやって来る参加者たち。異口同音に出る「きつい!」という言葉を聞くと嬉しくなるのはなぜなんだろう?(笑)

DSCF7042

 こんな感じでドンドン参加者が溜まって行く。自転車の置き方なども少し考えた方がよさそうだ。登山者とのトラブル等は極力回避したい。

 12時少し前に最終走者が折り返し点に到着。後ろからは加藤さんの回収車が来た。これでこの場所での業務終了で,引き続き回収車業務へと移る。最後尾でコースを辿るのはなかなかに骨の折れる仕事である。そして,眠くなる業務である。

DSCF7051

 なので,参加者との間を空けるために,そして眠気覚ましのために,こんなのを撮ってみたりする。

DSCF7047

DSCF7053

 そして,参加者にしてみれば,..イヤすぎる状況が。この方は,下の写真の直後に車中の人になった。

DSCF7055

 途中で写真など撮りつつ,頂上の展望駐車場へ。

DSCF7056

 この方も本日はここまでとなった。ボーッとして,気が付いたら落車していたとかいう危ない状況。無理は禁物。

Iide panorama 20150607

 展望駐車場からのパノラマ画像。久しぶりにクリアな飯豊山を拝めた。

 この後,百子沢峠で,下りで一人落車したとのことで急いで現場に向かうと救急車が既に来ていて参加者は搬入されていた。状況を訊いてみれば,右コーナーで膨らんでフロントが舗装を外れて,道路脇に掘られた排水用の溝に落ち込んだらしい。舗装の切れ目の部分の土がかなりえぐれていたし,フロントホイールにも腐葉土がかなりついていたので時速 30km ほどで落車したのではないか。自転車を見れば,見覚えのある自転車で,折り返し地点までで既に一度落車したとかで,両膝の擦り傷に血をにじませていた,ご年配の方だった。二度目の落車らしい。本人は意識はあるが頚が痛くて動かせないとのこと。スタッフが一人付き添って病院まで行くことになった。事故の原因に関してははっきりとはわからないが,右コーナーで膨らんでフロントが道路から落ちたことは確か。速度を落とし切れずにカーブに進入して,何かの拍子に一瞬制御不能になったのではないかと,...。その後,ご家族とも連絡が取れて,車や自転車を回収に来られた。幸い意識ははっきりされているとのこと。大事に至らず,ホッとしてます。一日も早い回復をお祈りします。

 その後,九才峠の登りでは沢山の参加者が立ち止まったりしているので,その都度,「大丈夫か?無理するな!」と言葉をかけるが,皆一様に「大丈夫!」と。そんな訳なので,白川ダムでもう一人リタイアの方を乗せた後は,「みなさん,後は自力でゴールしてください」と残りの参加者に声を掛けて,あとはひたすら参加者を追い抜き,ゴールまで。

DSCF7065

 盛況の白川ダムのチェックポイント。おばさんの力で運営とか(笑)。

DSCF7068

 こんな奴もヘロヘロと走っていた(笑)

DSCF7070

 ゴール地点の集計係のお二人。お疲れさまです。

 ということで,落車による病院搬送が一件あった(その他にも外道ドライバーによるトラブルらしきものがあったという話も)ことが残念だったが,なんとか今年も大会が終わった。参加者,スタッフの皆様,お疲れさまでした。

 その後は恒例の打ち上げ。なんだか,今年はチーム内では結婚ラッシュとかで,三組のご夫婦が誕生したとか,するとか。誠におめでとうございます。11時頃に帰宅して,そのままソファで意識を失ったとさ(笑)。

2015年6月 6日 (土曜日)

【星景写真】なんだか,妙な疲れでローラー踏む気力もなく,..

 帰宅後は,妙な疲れでローラー踏む気力もなく,かといって米沢の夜景に掛かる天の川を撮りに行くほどの気力もなく,...。夕食時に軽く呑んだら,あっという間に寝落ち。目覚めれば9時過ぎで,明日は朝早いのでもう寝るかなと思ったけど,外に出てみると星空が奇麗だったので,少しだけ写真撮ってみるかと,三脚担いで線路向こうまで行ってみた。

DSCF6918

 夜景の上に浮ぶはくちょう座。ノスタルジックに白黒で(なんてことを言っても,本心は光害やらなにやらでおかしな色になってしまっているのをごまかすため)。

DSCF6913

 夜景に浮ぶ夏の大三角

DSCF6919

 西吾妻山から立ち昇るさそり座と天の川

DSCF6924

 横構図で。

DSCF6925

 色付きだとこんな感じになる。

 結局寝たのは12時過ぎだった(苦笑)。

グランフォンド飯豊の看板設置作業

 起床は4時過ぎ。外は雨。あらら,..。今日は明日開催のグランフォンド飯豊というサイクリングイベントのためにコース分岐に看板を設置する作業を加藤オヤジさんと一緒にやる予定。でも,看板はテープ止めするために雨が降っているとくっつかなくて,くっついてもはがれやすい。6時スタートだったが,加藤さんに電話してちょっと雨の様子を見ようということに。

 7時頃にほとんど雨が上がったので8時を目処に出かけようということに。また,長い一日の始まりだ。自転車で走るよりも時間が掛かったりする(苦笑〕。

IMG 0113

 小雨の中,こんな感じの作業は進む。小国町に入った辺りで雨が上がって,飯豊山が顔を出してきた。

IMG 0116

 この看板も大分くたびれてきたなぁ(苦笑)。

IMG 0117

 さすが,晴れ男!地面も乾き始めた。

IMG 0118

 午前中の作業を終えて,越後屋で昼飯食って,..

IMG 0120

 午後の作業開始。

IMG 0121

 今年は白線を多用(笑)。

IMG 0123

 白線引き(笑)

IMG 0125

 グランフォンドとメディオフォンドの交差するポイント。むしろ,わらび園,採り放題2000円に目が行く。小学生以下無料とのことなので,幼稚園の年長さんの行事で行ってみるとか(笑)。

IMG 0126

 なんでも,ここを右に行った方もおられるらしい。

 ということで,4時頃に無事に作業終了。だが,当日,かなりの看板がテープがはがれて落ちていたらしく,..ガックシ(悲)。

2015年6月 5日 (金曜日)

重さと運動と天気06/05/15

 起床は4時過ぎ。昨夜も軽く呑んだら,あっという間に寝落ち。もう,病気なのかも知れない。外は薄曇りかな。昨夜は結構気温が下がって,流石に綿毛布一枚では寒かったので,毛布を一枚足して寝た。ここ数年,自宅で寝るときに「掛け布団」を使ったことがない。毛布とタオルケットだけの生活だ。こうすることで,自然に体温を高く保つように身体を変えて行けば,風邪など引きにくくなる(と思う。あくまで思い込みの範疇)。

 とまあ,しょうもないことは置いておいて,まずは老犬介護から一日がスタートする。

DSCF6896 1

 晴れるのかな?

ーーーー

 朝飯後にローラー63分,30km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 97rpm で。ジロの最終ステージを観戦。なんだかんだ,今年のジロはすべてのステージを観戦した。毎朝のローラーのおかずとして(笑)。

P1090910

 最早,尻の皮の一部と化した感のあるローラー用のサドル

ーーーー

 今週,講義で出した宿題の解答を作る。これが,..いい加減な出題で,..境界条件が違うじゃないか。こりゃ,困った。なんとか,適当な解で取り繕う。それ以外では,また学会仕事でトラブルやら懸案事項続出。そして,学生の実験結果について,ああでもないこうでもないと議論。それほどおかしな結果ではないとの結論。それにしても,単純そうに見えても,考えるほどに複雑な現象なり。

 夕方,ちょっと用事があって早めに帰宅。

DSCF6902

DSCF6909

 ちょっと写真などを,...。

2015年6月 4日 (木曜日)

【星景写真】月が昇ってきた,..

 帰宅して,ちょっと食事してカメラと三脚担いで出かけた。

DSCF6852

 木星と金星位しか見えないが,こういう写真には雲もいいアクセントだ。

DSCF6858

 そして,月が昇ってきた。

DSCF6861

 もう少しロケーションを工夫すればよかった。

DSCF6872

 そう思って少し場所を変えてみたが,...

DSCF6875

 縦構図の方がいいだろうか?

DSCF6882

 少し風が弱まって,水田に映る月が少しだけはっきりと,..

DSCF6887

 ワイドで撮れば,西吾妻に掛かるさそり座も見える。月の辺りはいて座などの銀河中心。さすがに,天の川は見えない。

重さと運動と天気06/04/15

 起床は4時。老犬介護の後で,早速講義の予習。夜の10時過ぎに帰ってきて,翌日の朝一講義って結構辛い。

DSCF6849

 雲が多めの朝

 6時半頃までお勉強して,朝飯食って,..

ーーーー

 朝飯後のローラー35分,16km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 95rpm で。時間が少ない,...。

ーーーー

 朝一講義は溶液系に入る。混合物の相平衡の基準だったり,液相のフガシティーだったり,...。相平衡の計算に必要な道具立てをいろいろと説明しているが,どうも道具がとっ散らかり始めた(笑)ので,ボチボチチャート式にして整理しないといけないかも。

 講義から戻ってメールをチェックすると,悲しい知らせが届いていた。病気療養中だった郡山のヒューヒューおじさんが昨日の未明に亡くなったとのこと。初めて出会ったのは 400km ブルベでの会津田島のセブンイレブンだった。その後,うちで開催している MTB の大会に参加してくれたり,宇都宮ブルベで何度かご一緒したり,鮎食いツーリングやら滝桜ツーリングでご一緒したりと,いつお会いしても明るく元気で優しいサイクリストだった。ご冥福をお祈り申し上げます。

 それにしても,同じ年代(年下かせいぜい一つ上)の自転車仲間がここ数年で4人ほども旅立った。自転車の知り合いよりもはるかに沢山いる,同年代の仕事上の知り合いは全く欠けないのに,..。なんだか,確率的におかしくないか,...。

 今日は午前中に少し雨が降った,...。

2015年6月 3日 (水曜日)

重さと運動と天気06/03/15

 起床は4時半過ぎ。昨夜は10時過ぎには寝てしまったので,結構な時間寝たことになるが,なんだか腰の痛み(椎間板ヘルニア由来:一緒に切ってもらえばよかったなぁ)で熟睡感は今一つだ。昨夜のテレビ番組で,睡眠と血糖値とか腰痛の関連みたいなことをやっていたと女房が言っていた。録画したそうなので観てみるかな。

 ということで,朝の定例業務。ほとんど歩けなくなってきた老犬の世話など。いや〜,本当にうちの父親の死ぬ数カ月前くらいの状態に,本当に似ている。親父は,「なんでこんなことになるんだろうな〜」と半べそで嘆いていた。犬と人間は違うのは当たり前だけど,親父の様子とイメージが重なってえらく不憫だ。そんなこんなで時間を取られてローラーは朝飯後にすることに。で,今朝はちょっとだけ,外に出てみた。

DSCF6840

 米坂線の下り始発列車。乗客は2名(笑)。

ーーーー

 朝飯後にローラー55分,26km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 95rpm で。扇風機なしで40分回すと,灼熱感で死にそうになる(オーバーな)。まあ,暑熱馴化の一環として。汗の量が凄まじい。ここ一週間ほど,左脚の調子が今一つ。なんか,今一つ力が入らないような,..。今月末は岩木山のヒルクライムなんだけど,ラスト3キロの平均勾配 11% は走れるのかね?まだ,今年になって,まともな登りを走っていないぞ(苦笑)。

ーーーー

 今日は午後から仙台へ。移動の時間が往復で4時間ってのがえらく無駄に思えるんだよねぇ。会議なんてテレビ電話みたいなもので出来ないかねぇ。

DSCF6848

 稲も順調に生育中

 午後1時の高速バスで仙台へ。米沢営業所までは雨も降っていたこともあり,車で移動。これで本日の懇親会はノンアルコール決定(苦笑)。午後3時過ぎに会議の場所である東北電力(株)本店ビルに到着。何回来ても「もうかってるんだろうな」という感想(笑)。受付嬢に来意を告げ,ロビーで本を読んで過ごす。4時少し前に見知った方々が現れて,許可証を頂いて会議室へ。今年度の行事の概要などを話し合う。今年の講演会と見学会は秋田の大曲で行うことになった。湯沢の地熱発電などを見学する予定。5時半頃から場所を移して懇親会。ウーロン茶とノンアルコールビールってのは拷問に近いなぁ(苦笑)。

IMG 0108

 8時10分に電力ビル前からバスに乗り込み10時前に帰米。バスの中では明日の講義の準備など。帰宅して軽く一杯やって就寝。それにしても,なんだか,毎日妙に忙しないなぁ。

2015年6月 2日 (火曜日)

【星景写真】満月夜景

 帰宅途中で薄雲を通して見える満月に誘われて,帰宅後,飯も食わずに三脚とカメラ抱えて田んぼ農道へ。

DSCF6824

 もう少し早い時間だと月と水面の月が近かったんだけど,...。

DSCF6817

 月の右上の星は土星。この条件だと,一等星以上でないと写らない。

DSCF6833

DSCF6820

 金星と木星,かすかにカストルとポルックスも,...。

重さと運動と天気06/02/15

 起床は5時少し前。なんだか,今一つ調子が悪い。呑んだ量は大したことないように思うのだが,...。酒,止めるかなぁ〜と出来もしないことを口走る朝(笑)。老犬介護(本当に,介護状態に入ってきた)に小一時間ほども掛かる。その後,講義の予習。非定常一次元拡散方程式の変数結合法での解法などを説明する予定。

DSCF6803

 最近,朝活が停滞気味。

ーーー

 朝飯前にローラー31分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 -98rpm で。予習と介護に時間を取られて,こんな程度に(苦笑)。

ーーー

 朝一で講義。窓のない教室なので,最近の高い気温のために教室内の空気がもわ〜っと温かい。なんでも,エアコンの冷房が使えるようになったというので,早速使ってみる。が,結局,汗を流しながらの講義となる。この時期の講義には汗拭きタオルは必需品だ。

 昼まで学会仕事をこなして,午後からは会議。その後,学会仕事を続けて3時頃に作業を終えた書類を宅急便で発送して一段落。後は,明後日の講義準備を始める。明日は午後から仙台出張で,帰りは遅くなりそうなので前倒しで。

 午後2時頃に30℃を突破したらしい。今年初の真夏日か?

 なんだか,身体が怠くて重い感じ。今日は早めに寝よう。

2015年6月 1日 (月曜日)

重さと運動と天気06/01/15

 起床は5時少し前。外は雲が多いものの,今日も晴れるようだ。いよいよ6月か,..。まずは,老犬の介護なんだが,ほとんど歩けなくなってきてて,見ていて本当に不憫になる。これで全く歩けなくなると(それに近い状態ではあるのだが),排泄などもいろいろと難しくなってくる。まだ,エサを食うので大丈夫だとは思うのだが,...。朝の体重は,何もしなかった先週末の生活を反映したのか,74.3kg と高値安定。

DSCF6801 1

 どうも,最近,写欲とやらが低下気味(苦笑)

ーーーー

 朝飯前にローラー60分,28km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 90rpm で。なんだか,妙に苦しく,調子が悪い。二日間サボったせいか?

ーーーー

 一日学会仕事と講義の準備。午後から福田町での同僚の先生のお宅の火事見舞いに。いや〜,運が悪いというかなんというか。皆様も火事にはお気をつけを!

 8時過ぎに帰宅して,軽く呑んだらあっという間に寝落ち。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »