2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 夕暮れ写真 | トップページ | 重さと運動と天気06/26/15 »

2015年6月25日 (木曜日)

重さと運動と天気06/25/15

 起床は4時半。朝の体重は 74.0kg と少し減る。一昨年の岩木山ヒルクライム時と似たような重さかも知れない。さて,朝の時間をどう過ごそうかと考えつつ玄関先の老犬を見れば,老犬介護の業務が優先された(苦笑)。ここ数日で,心配していた脚の褥瘡も改善の兆し。もう,全くといっていいほど歩けなくなったけど,ちょっとだけ前よりも元気になった様子。

DSCF7647 1

 歳取ったなぁ(苦笑)。死ぬまで達者で頑張れ!(笑)今日は老犬介護やら,諸々の掃除などに小一時間かかったので,おっさんの朝活は一切なし。

DSCF7649 1

 一応,写真はちょっとだけ撮る。稲の成長速度の速いことよ!その後は朝一の講義準備など。そこそこ勝手知ったる部分なので,適当に,...。

DSCF7651

DSCF7653

 小さい方のネコは,女房が新聞を読むのがよほど気に入らないらしい(笑)。

ーーーー

 朝飯後にローラー43分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 90rpm で。最後の方で左脚での片足ペダリングをやってみたら,75rpm 維持がやっと。そして,すぐに脚が一杯に。左脚の回復率は75%くらいかな。岩木山が登れるかどうか,気になるところ。なにしろ,今シーズン,まともな登りは一度も走っていない。

ーーーー

 朝一講義は化学平衡の平衡定数,その温度依存性,ル・シャトリエの原理,平衡組成の求め方など。適当な準備だったせいか,今一つ説明が明解さに欠けたような印象。いかんな。午後からは小白川で講義。しんどいぜ。

 小白川着は2時過ぎ頃。控室とやらでちょっと PowerPoint ファイルをいじってから2時40分からの講義(と言うのかな?)。教室は冷房が効いていたが,なにしろ汗っかきのおっさんであるから,話し終えた頃には水を被ったように,...。朝のローラーから,講義から,何からなにまでで,一日に一体どれくらいの量の水分が身体を通過しているものか,ちょっと調べたくなったほど(苦笑)。

 それにしても,大学1年生か〜・・。おっさんにも,こんな時代があったよね。あの当時は,何も考えてなかったなぁ。ただ,毎日を面白おかしくダラダラと過ごしていたっけ。講義も随分サボったなぁ。教養時代は午後からの講義なんて出た例が無かった。下宿で寝ころんで本を読んでいたり,市営プールでむやみに泳ぎ続けて,ヘトヘトになってビール飲んでみたり,..(あ,未成年だったかな。ま,時効だな)。歴史に「タラレバ」はないけど,今にして思えば,あの無限にあるように思えていた,無駄に浪費した時間を何かにつぎ込んでいたら,...。でも,やっぱり,結果は同じかな(笑)。おっさんは一日にして成らず(笑)。しかし,日々おっさんへの道を歩んでいたのだ。目の前の「若い君たちの未来に幸あれ!」と心の中でそっと祈っておく。

 帰宅したのは6時頃。小白川の講義は移動だけで時間が取られてかなわん。いっそのこと,ネット講義とか,..(違:笑)。

DSCF7658

 月のある古志田第1踏切の図。低感度で超秒露光で撮り直してみた。闇と静寂は人の心に内省を促す(笑)。この条件で踏切のバックの空に天の川をいれるのは至難の業のように思えてきた。撮影して,ふと思い付いて脇を見てみると,踏切近くにあったはずの軌陸バックフォーがない。これは作業中だなということで,第3踏切に向かう(笑)。

DSCF7667

 枕木の交換作業の灯を横目にしつつ,斜平山に沈もうとする月を撮ってみた。半月の形を出すのは,これまた難しい。人間の目の優秀さ(あ,いや,脳内補間の優秀さか?)がつくづくわかる。

DSCF7671

 そして,深夜から早朝まで続く枕木の交換作業。本当にお疲れさまです。

« 夕暮れ写真 | トップページ | 重さと運動と天気06/26/15 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

介護の必要な老犬とわがままな若いネコとの対比が、そのまま人生の縮図のようにも見えて身につまされます。
“古志田第1踏切”いいです。踏切には不思議な魅力がありますね。深夜に働く方々には本当に頭が下がります。当然、深夜にこうして活躍している“なでら男さん”にもです。

koji さん

全くですね。人生の縮図ですわ。で,次は自分が,..と思うと身体の動くうちにもっともっと遊ばなければと(笑)。

踏切,それも遮断機のない踏切っていいですよね。今度,いろいろなところで遮断機の内踏切シリーズとかどうかななんて考えていまして。米坂線には結構あるんですよね。^^;

深夜といっても,これはたしか11時過ぎぐらいなので,それ程深夜でもなく,..。神経張りつめて作業している現場でヘラヘラとカメラ構えていていいのか?という思いもあり,撮影に行くのは少し複雑です。^^;

この「古志田第一」も、前のとは雰囲気が違っていていいですね~。撮影の仕方でこんなにも違うものなのですね。 
「遮断機の無い踏切シリーズ」期待してます(^^)v

仕事をしている所を写すというのは、確かに気が引けますよね(^_^;)

へばなさん

面白いですよね。同じ景色でも撮り方で,見る人が思うことがそれぞれ違う。写真って,不思議ですね。

仕事をする人をきちんと撮るには,撮ることを仕事にしないといけないようです。土門拳もそう言ってました。^^;

こんばんわ、ももで~す。

踏切の灯火夜通し月見草

みたいな?

今年は丸森のサイクルフェスタには参加されます?

ももさん

おお,詩人!

今年は(も?)参加しません。もう,あのコースは走り飽きてしまっていまして。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕暮れ写真 | トップページ | 重さと運動と天気06/26/15 »