2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気06/15/15 | トップページ | 重さと運動と天気06/17/15 »

2015年6月16日 (火曜日)

重さと運動と天気06/16/15

 起床は4時少し前。条件反射的にカメラ抱えて外に出る。あまり天気は良くなさそうだ。

DSCF7173 1

 田んぼの稲は日々生長している。

 老犬介護業務の後で,朝一講義のお勉強をこなす。1時間半話すというのはそれなりにしんどいことなのである(笑)。そして6時少し前に久しぶりに米坂線の下り始発列車を撮りに行ってみる(って,昨日も撮ってるじゃないか:笑)。あ,いや,ちょいと離れた場所でという意味合いである。

DSCF7175 1

 線路上ではオスのキジが出迎えてくれた。

DSCF7179

 近過ぎた,...。もっと離れたところから広角で西吾妻山を背景に入れなければならなかったのである。そのために,この場所に来たんだから。

DSCF7187

 仕方ないので,後ろ姿などを,..

DSCF7188 1

 南米沢駅到着。

DSCF7189

 駅前の駐輪の様子。まあ,田舎故の景色かな〜とも思う。

ーーー

 朝飯後にローラー32分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 67 - 93rpm で。お勉強したり,写真撮ってたら時間がなくなった(笑)。

ーーー

 朝一講義では,物質移動係数のことなどを。物質移動現象の解析方法には二つある。shell balannce から求められる微分方程式を与えられた境界条件の下で解く方法と,推進力と移動係数との積として移動流束を表す方法である。前者はどちらかといえば「応用数学」みたいなもので,エンジニアリング的には後者が馴染みやすい。ただし,移動係数と操作条件を相関式の形でまとめる必要がある,..などなどを熱移動現象と対比させつつ。Higbie の浸透説と八田先生のガス吸収の解析の話しもしておいた。Higbie の浸透説が有名だけど,実は2年ほど早く,我が国の八田先生が同じ結果を出していたんだぜ!と。もっとも,言いたいことがどのくらい伝わったのか?などと考えるほどに若くもないし,世間知らずでもない(苦笑)。

 午後からは雷雨のような雨降り。結構な降雨量で,農家にとっては恵みの雨か?

 講義ノートのメモを探していたら,懐かしいプリントが出てきた。要らなくなったブルベ資料の裏側にメモっていたらしい。

IMG 0168

 以前に走った宇都宮の山岳ブルベの各峠のプロファイルである。懐かしい名前が並んでいる。多分,宇都宮スタートで渋峠頂上ゴールの山岳 200km だろう。暫くの間,見入ってしまった。それにしても,これだけ手の込んだ資料を作るSさんの凝り性振りには,...(苦笑)。

 今日も女房が遅くなるとのことだったので雨の止んだのを狙って帰宅。

DSCF7200 1

 斜平山(の北の端)に沈む夕日

« 重さと運動と天気06/15/15 | トップページ | 重さと運動と天気06/17/15 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気06/15/15 | トップページ | 重さと運動と天気06/17/15 »