2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気05/07/15 | トップページ | 重さと運動と天気05/08/15 »

2015年5月 7日 (木曜日)

【星景写真】冬の終わりを撮りに行く

 別に残雪などを撮ろうという訳ではない。帰宅途中で比較的奇麗に晴れている空を眺めつつ,そうだ,宵の明星と去って行く冬の大三角を撮ろうと思った次第。FB の星空写真館の投稿に触発されたせいでもある。

 夕食を軽く済ませ,7時過ぎに家を出た。場所は口田沢の辺り。肉眼で星が確認できた7時半頃から固定撮影を試みるも,薄明が残って空が明るすぎる。構図を決めるのも面倒なので,対角魚眼で一網打尽にしようと(笑)。

DSC 1883

 去り行く冬の主役たちに金星と木星を添えて(笑)。ロケーションの関係でオリオン座は半身を林の中に隠してしまっている。折角なので,レンズのプロファイルを利用して歪みを取って,さらに地上風景を4枚ほど加算平均して星空と組み合わせてみた。

Goodby winter

 それ程違和感は感じない。

DSC 1886

 35mm レンズによる冬の大三角と金星

West diurnal motion

 ついでに撮影。春の夕暮れに西に沈むシリウス(右のハウスの上の明るい星)。

 ちょっと「新星景写真」の練習用の素材を撮りつつ(西の空で何も面白みはないけど),固定撮影で目に付く星座を撮って見た。拡散フィルタを付けて星座の形を強調してある。そして,昔懐かしの白黒モードで書き出してみた。

DSC 1910

 からす座。小さい星座だけどなぜか目立つ。左の明るい星はおとめ座のスピカ。

DSC 1911

 ふたご座。金星と木星を添えて。対角線上にある明るいのが金星(右下)と木星(左上)。左の明るい星はこいぬ座のプロキオン。

DSC 1913

 しし座。木星(右の明るい星)を添えて。もう少し下よりの構図じゃないといけなかった。

DSC 1914

 おとめ座とうしかい座のアークテゥルス。おとめ座がぶっちぎれている。撮り直しが面倒だったのでそのままで(笑)。

DSC 1917

 木立から昇ってきたケフェウス座(全部は出てきていないし,有名なガーネットスターはまだ隠れている)と北極星(左手上方の明るい星)。左手の木立からカシオペアの一部が顔を出している(多分)。

DSC 1918

 沈みかけているぎょしゃ座。金星を添えて。左上の明るい二つはふたご座のカストル〔右)とポルックス。

 という具合に,1時間半ほど遊んでから帰宅。

 固定撮影で白黒ってなんか雰囲気が良いなと思った。初めて一眼レフを手に入れて,ネオパンSSS とかトライXとかのフィルムを使って撮影して,パンドールで増感現像して,フィルムを透かして確かめて星が写っていたときの嬉しさを思い出した次第。

« 重さと運動と天気05/07/15 | トップページ | 重さと運動と天気05/08/15 »

写真」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気05/07/15 | トップページ | 重さと運動と天気05/08/15 »