2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の46件の記事

2015年5月31日 (日曜日)

【星景写真】金星とポルックスが近いらしい,..

 軽く一杯やってホノボノしてきたので外に出てみると,月の辺りには雲が掛かっているものの西の空は晴れていた。なので,ちょいと線路向こうの田んぼまで三脚担いで出かけてみた。

DSCF6789 2

 田植えの終わった水田に映る,金星(右手の沈みかけている明るい星),木星(真ん中上方の明るい星),カストルとポルックス(金星の右脇の二つの星)。FUJIFILM X-T1, 18mm, F2.8, ISO200, ss 60sec, 固定撮影

DSCF6794 2

 月と土星(月の左下の雲に入った星)とアンタレス(土星の左下方の少し赤みがかった星)。FUJIFILM X-T1, 18mm, F2.8, ISO200, ss 20sec, 固定撮影

Moon raicefield

 水田に映る月

 とまあ,月の夜もなかなか面白いものである。

グランフォンド飯豊のコースチェックを,..車で,..

 目が覚めてみれば6時過ぎ。なんだか外が明るい。昨日の予報では朝のうちは雨が残りそうではあったのだが,..。雨など降った形跡なし。夜半に少しだけ降ったとか。こんなことなら GF 飯豊の試走に行けたじゃないか。

DSCF6755

 でも,まあ,雲行きは今一つだな。

 朝の定例の業務の後で,なんとなく踏ん切り付かずにウダウダしていたら,あっという間に10時近くになった。晴れてきているが,今から自転車で出ては下手すると帰りは6時過ぎ。まあ,問題ないが,風も強くて今一つ乗り気になれん。が,コースの状況なども気になるし,コースの最終決定がまだだとか聞けば,これはチェックに行かざるを得ないだろうと。そこで,道端でのわらび採りなどをエサにして女房を誘って,コースチェックを兼ねたドライブに出かけた次第。

 白川ダム辺りでも山菜採りの車が随分と道端に停まっていたが,九才峠の辺りのわらび園ともなれば,焼き払った山の斜面に遠目からは緑のカビのようなわらびが生えていて,そこを人間がワサワサと這い回るという,普段あまりお目にかかれない光景が広がっていた。それにしても,至る所に「***観光わらび園」の看板が立ち,叶水辺りは「わらびの里」とかいうネーミングが看板に刻まれていたりと,小国町のわらびビジネスの規模には驚かされるばかり。まさか,町の面積の1/3くらいがわらび園なんじゃないのか?と思うほど。道端でちょこちょこわらびを採りつつ飯豊山荘の折り返し点まで(朴木峠は前回チェック済みなのでパス)行ってみれば,また昨日の半分ほども採れた次第。

DSCF6758

 百子沢に立つ看板。これも大分古くなってきた。

 肝心のコースの方は,叶水から本来のコースの逆コースを辿ってチェック。極楽峠(峠というよりも,丘に毛が生えた程度のもの)は閉鎖のバリケードもなくなり,道路も奇麗に掃除されて全くの無問題。ところで,この峠は,極楽山の山頂の下部を巻くように造られた道にあるのだが,この極楽山というのが,初めてこのコースを走った頃からずっと気になっていた。冬になれば大雪で閉ざされるような地域,細々とした農業やら山菜採りやら狩猟などが生活の糧を得るための手段だったのではないか。で,この山はその昔姨捨山だったのではないかなどとここを通るたびに考えてしまうのである。一度,この辺りの歴史に詳しい人に訊いてみたいものだ。あ,そういや,ここで太い山ウドを3本ほど見つけて収穫(笑)。

 百子沢峠も奇麗に掃除されていた。樽口峠も道端に残雪はあるものの,奇麗になっていた。小玉川の辺りは,午前中くらいは雨が残っていたようで,所々濡れていた。やっぱり,車が正解だったかも(と,なんとかいい訳したり:笑)。

DSCF6759

 自転車以外でここに来るのはイベントの時以外では初めてかな?

DSCF6761

 ちょっと雲はあるものの,飯豊山も奇麗に見えていた。当日もこの程度の天気になってくれればいいのだが。

DSCF6763

 手前が焼き畑によるわらび園。ちょいと萎えるものがある(苦笑)。

DSCF6764

 午後1時でもこの状態。向かいの山の斜面の緑はわらび(笑)。ほとんどが新潟ナンバーの車。来週はもっと凄いことになりそうだ。参加者の皆様には気を付けすぎるほどにご注意頂きたい。

DSCF6766

 折り返し点までも奇麗になっていて問題なし。

DSCF6773

 折り返し点手前の橋の辺りからの玉川の水の色

DSCF6776

 残雪もまだたっぷり。

DSCF6781

 タニウツギと沢筋の残雪

DSCF6784

 梅花皮荘への分岐の先の吊り橋からの景観

DSCF6785

 マタギの館の先辺りからの飯豊山

 これで懸案だったコースはすべてオールクリア。よかった,よかった。

IMG 0091

 腹も減ったので,立ち寄ったのはここ。で,「飯豊そば」を食した。ついでに,..

IMG 0092

 店主が自費出版した写真集なるものを買ってしまった(笑)。写真のデータを見ると,すべてフィルムカメラで撮影されている。今時,珍しいかも。でも,あの辺りに住んでいたら,星も奇麗だし,被写体がありすぎて困るかも(笑)。

 帰りは,R113 に出て,真っすぐに。街中で買い物などしてから4時半頃に帰宅。ローラーでも踏もうかと思っていたのだが,なんだか,ダルオモって感じでパスして,呑み始めてしまう(笑)。

IMG 0093

 ウドなど齧りつつ,..シオデやらわらびのお浸しを摘みつつ。なんだか,食生活の山への依存度が高い我が家(苦笑)。

2015年5月30日 (土曜日)

重さと運動と天気05/30/15

 起床は4時。場所は「板の間」である。腰が痛いのである。その上,二日酔い気味である。そんなに呑んだかなぁ。テーブルの上のワイングラスには一口分のワインが残っていた。それを一息で飲んで活動開始。まずは,老犬介護。いよいよ,歩けなくなってきたみたい。夏までは無理かなぁ。でも,まあ,この犬種(純血腫のラブラドール・レトリバー)にしては長生きしたよな(5月末で14歳7ヶ月)。

DSCF6735

 お茶など飲みつつ,体調わりぃな〜とか思っていたら,バタバタと起きだしてきた女房が「ワラビ採りにいくぞ!」と。身体が重くて正直嫌だったけど,付き合うことにした。で,ジーブロードの突き当たりから右と左に別れての収穫作業へ。そういや愛宕小学校跡から七曲がりの下まで,電動アシスト自転車が楽々登って行くのには魂消た(苦笑)。

IMG 0079

IMG 0080

 七曲がりからの水田の様子。人が入っていたが,ワラビは結構採れた。それにしても,今日も首筋をマイマイガの毛虫に這い回られた。「チクッ!」としたので,手で擦ったら,また素手で潰してしまった。今日は女房に三匹たかっていた(笑)。

IMG 0083

 奇麗なマイマイカブリ(なのかな?)

IMG 0086

 これはドウダンなのかな?

 二人で3キロほど採ったかな?結構汗もかいたし,毒は抜けたような感じ。

 今日は9時頃に駅まで女房の両親を迎えに出て,そのまま高畠の亀岡文殊へ。下の子の合格祈願だとか。

DSCF6748

DSCF6745

DSCF6747

DSCF6751

 10時から祈祷してもらった。我々だけだったので,きちんとお札とお守りを手渡ししてもらった。帰宅して,一休みして昼頃に女房が両親を駅まで送って,本日の業務終了。こちらは眠くて仕方ないので軽く昼寝。

 夕方6時半からとある場所で,来週に迫ったグランフォンド飯豊のスタッフ打ち合わせのミーティング。毎年のことだが,イベント直前までコースがオープンするものかどうかわからない。今年も無事にオープンしそうだが,先だって部分的に試走した以外,誰一人まともに通して走った人はいないという有り様。まあ,参加者のスキルの高さと臨機応変さに期待するイベントだからいいかな(笑)。

2015年5月29日 (金曜日)

【星景写真?】夜撮り

 帰宅して,れろれろ状態で三脚にカメラ付けて外に出る。で,ISO200 くらいで2分ほど露光してみると,なかなか面白い雰囲気の写真が撮れる。

DSCF6715

 まずは,雲と月。これは流石に露光時間は短い。

DSCF6722

 建物の上にカシオペアが浮ぶ。ケフェウス座が半分。

DSCF6727

 はくちょう座といるか座,こぎつね座?

DSCF6731

 田植えの終わった田んぼに浮ぶ夏の大三角,いるか座,こうま座。

 星の数は少ないけど,こんな星景写真も楽しい。

重さと運動と天気05/29/15

 起床は5時半。なんだか,えらく調子が悪い。質の悪い酒を呑んだ翌朝のような感じ。こんなに気分が悪くなるほどに呑んだ覚えはない。もしや,安物ワインにエチレングリコールでも入っていたり,..。以前にペットボトル入りのウイスキーを飲むと大した量でもないのに翌朝決まって具合が悪かったものだが,あの感じに似ている。お陰で,折角1度は4時に起きたのに山菜採りに出かけられなかった。

 老犬の介護して,軽く朝飯食ってから,..

ーーーー

 朝飯後にローラー61分,30km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 95rpm で。今日もローラーのおかずは,昨日録画したジロ。今年のジロはほとんどすべて観ている。もっとも,最初の前日のハイライトと最後の1時間ほどなのだが。昨日は最後の山からの下りで抜け出したジルベールがそのまま独走でゴール。数年前の強さが戻った感じ。今日と明日は本格的な山岳二連戦。今日は一級山岳が3つで距離 230km ほど。明日はチマコッピを超えて,三級山岳に登りゴール。で,明後日はいよいよミラノにゴール。

 1時間ローラーを踏んだら,汗の量が半端ない。朝の具合悪さもすっかり抜けた。ローラー用のシューズも流れ落ちた汗でちょいと湿っぽくなっていたので,10年振り(呆)くらいで洗ってみた。ひどい状態だった(笑)。

ーーーー

 午前中は輪講。午後からは学会の地方の下部組織の総会と講演会。夜は懇親会の予定。

 なかなか面白い講演会だった。昔のことなどを懐かしく思い出したのだった。

IMG 0075

 こんな書物まで見せて頂いた。日本で最初に化学工学を MIT で学んだ方。

IMG 0074

 こんな店で呑んで,..

IMG 0077

 こんな店に不時着した。先日の卒業生の結婚式の写真を親方に見せたら,大層驚き,喜んでいた。学生時代から,大分気に入られてたからね(笑)。

 10時過ぎにヘベレケで帰宅。その後,ちょっと思い付いて自宅前で夜撮りした。

2015年5月28日 (木曜日)

重さと運動と天気05/28/15【「ま,いいか」で生きてみる】

 起床は5時過ぎ。昨夜も軽く呑んだら,速攻で寝落ち。なんなんだろ?慢性的な睡眠不足?以前,入院したときなど,最初の4日間くらいいくらでも眠れるんだけど,そういう場合も慢性的な睡眠不足だったのかもなんて考えていたが,...。ま,いいか。

 で,寝落ちの後で2時頃に覚醒して,フラフラと起きだして,まずは外に空を眺めに出た(もう,完全にバカだね,我ながら)。曇っていたので,ホッとして(バカの極み),安らかに二度寝をした次第。久しぶりに量ってみた朝の体重は 74.2kg とこりゃ重い!なんだか,少し浮腫んでいるような感じだが。ま,いいか。

 今日の朝一の講義の資料などをざっと眺める。前回までの講義との繋がりというか,内容の必然性がちょっと足りない。いや,むしろ「突然だけど,ここで話題を変えよう」的な感じさえする。でも,結局は説明しなくてはいけない項目だし,..。ま,いいか。

DSCF6706

 田植えも終わったなぁ。

ーーーー

 朝飯前にローラー45分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 98rpm で。ようやく,この負荷で 40分で 20km 進めるようになった。でも,左脚の脚力の回復具合は,まだいいところ8割弱という感じ。痺れは相変わらずだが,以前とは少々痺れの「質」が変わってきたようにも思う。もう,一生,この痺れとは付き合って行かないといけないかもな。ま,いいか。

ーーーー

 宿題の解答から,混合物の熱力学的特性まで。理想溶液の説明など。やはり,取ってつけたようないい訳的な理由を前置きしてから始めた次第。ま,いいか。

 午後からは学会仕事やら卒業研究の実験やら。

 夜は軽く呑んで,10時過ぎにきちんと布団で寝た(笑)。

2015年5月27日 (水曜日)

重さと運動と天気05/27/15

 起床は5時半。既に太陽燦々だ。そして,眠い。ノロノロと朝の行事をこなしてから,老犬介護。今日も暑い日になりそうだ。

ーーーー

 朝飯後にローラー54分,26km。勾配孵化%,ケイデンス 70 - 97rpm で。昨夜のジロの第16ステージのモンティローロの登りを観戦。距離12キロほどで最大勾配18%,平均勾配11%という凶悪さ(笑)。

ーーーー

 午前中は,先週の講義で出した宿題の解答例作成。使い慣れない Excel なんて使ったので,計算をミスる始末。なんか,おかしな計算結果だなぁと思っていたらやっぱり間違っていた。結局,図を作ったりで午前中一杯掛かった。午後からは明日の講義準備。面倒な内容の講義が週に2回もあると,その準備にほぼ一日ずつ掛かるので,拘束時間がなかなかでかい。

【星景写真】米沢市街地の夜景に掛かる天の川の大アーチ,...のはずだったが,..

 今日も暑かった。そして,まずまず仕事もした。帰宅後は冷たいビールを呑みたい,..が,それをグッと我慢して,..夜の10時過ぎに出撃。目的地は斜平山山頂の愛宕神社。倒木の片付けなどとうに終わっているものとばかり思っていたら,まだの箇所があるし,途中の砂利は雪解けのせいなのか浮き石のままでトルクの伝達効率が著しく低い。所々止まりそうになりつつ神社到着。が,西の空にはまだまだ高度の高い上弦の月。東の空にはかなりの高さまで薄雲が広がっているという悪コンディション。月はまあいいとしても,この薄雲が,..。帰ろうかと思いつつ,まあ,折角来たんだから少し写真でも撮って見るかと,軽くテスト。が,フルサイズで対角魚眼でないと目的のものがすべて収まらない。モザイクも考えたけど,それ程手間をかけるほどの空の状態でもない。えい,これでいいやと適当に撮影を始めるも夜景とほとんど見えない天の川の明るさが違いすぎてどうにもこうにも,...。

DSC 2080 2

 Nikon D600, Sigma 15mm, F2.8 Diagonal Fisheye, F3.5, ISO1250, ss30, 固定撮影,夜景と空にそれぞれマスクをかけて処理。天の川はさそり座の尾の東側にわずかに確認できる程度。夏の大三角が夜景の上に浮んだのがせめてもの救いか。

DSCF6691

 夜景の上に浮ぶ夏の大三角。FUJIFILM X-T1, 18mm, F2.8, ISO800, ss20, 固定撮影。フィルムシミュレーションモード:ベルビア

DSCF6698

 夜の水鏡といるか座。FUJIFILM X-T1, 18mm, F2.8, ISO1250, ss20, 固定撮影。フィルムシミュレーションモード:ベルビア

DSCF6704

 夜の水鏡。FUJIFILM X-T1, 35mm, F6.4, ISO200, ss 4 min, 固定撮影。フィルムシミュレーションモード:ベルビア

 こうしてみるとやはり日中気温が高かったせいか空気中の水蒸気量が多く,夜間の気温の低下に伴って靄のようになっている感じだ。これが夜露になって消えて透明度が上がるのはやはり深夜2時頃ということか。でも,今は3時前に天文薄明が始まってしまう。

 しばらく神社にいたのだが,これはもうダメだろうと潔く撤収。帰りの林道では,ヘッドライトの光に浮ぶ,上方の木々からぶら下がる,多数のマイマイガの毛虫の中を下ってきた(苦笑)。帰宅は0時過ぎ。

 帰宅して機材を下ろしていると,少し夜空の透明度が改善してきたように思えた。で,ふと,Facebook の星空写真館で「ラブジョイ彗星」の投稿を見たことを思い出した。なんでも,今現在北極星のすぐ近くにいて,まだまだ写真に写るとか。近場の暗がりまでもう一度出かけるかと思ったのだが,それも面倒だなと玄関脇から空を見上げると,北極星が見える。あれ?ここから撮れるんじゃない?ということで,玄関脇のコンクリートのスペースでの「ニワトリ(庭撮り)」を試みることにした。

IMG 0067

 極軸を合わせて,北極星で 300mm 望遠のピントを合わせて,1分程度の露出で試し撮り。液晶モニタで確認しても,どれが彗星なのかよくわからない。いろいろやってわからず,さらに Facebook の星空写真館に投稿されたラブジョイ彗星の写真などから,その位置を参照しつつ,...ああ,これか!とようやく気付く。何のことはない。彗星特有の輪郭のはっきりしない面積のある光り方なので,気付かなかっただけだった。確認すると1枚目から写っていた。

 それにしても,Facebook の写真は北極星の下にいるような写真なのに,今は北極星の右側(東の方向だなぁ)などと??と思っていたが,ああ,北極星を中心に回ってたっけ!とバカなことに気付く始末。なるほど,北極星の周りを一晩中回っている訳か(笑)。あとは,適当に露光時間と枚数をセットして撮影開始。そして家の中からビールとつまみとイスを持ちだしてのんびりと星空観望。背中には明るい外灯を背負い,北の方角は市街地の光害まみれで写真的には最悪だけど,撮影者にとっては最高の条件(笑)。なにしろ,カメラやらインターバルタイマーの操作をするのに補助照明(赤い光のヘッドランプを常用)が不要という有り様だ。いつもの撮影地で手探りで操作しているのに比べれば快適,快適!!(笑)

Lovejoy20150527

 ラブジョイ彗星2014(中央部のヒスイ色のボーッとした星)。左の明るいのが北極星。 Nikon D600, Sigma 300mm, F5.6, ISO1600, ss 90s, SkymemoRS でノータッチガイド,5枚コンポジット

 ということで,なんとか写すことが出来た。心眼で見れば,尾もほんのわずか出ているような,..(笑)。

2015年5月26日 (火曜日)

重さと運動と天気05/26/15

 起床は5時半。昨夜は1時頃に寝落ち覚醒したので,雲多めながら,ちょっとだけ星景写真を撮影して,4時頃に再び寝てこの時間。

DSCF6670

 田んぼに浮ぶ柄杓星

 老犬介護の合間に空を見上げれば,..

DSCF6680

 連綿と続く雲,...。

 今日の講義資料を軽く見直した後で,...

ーーーーー

 朝飯前にローラー50分,23.5km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 97rpm で。ジロの個人TTを観ながら。

ーーーーー

 朝一講義では,先週提出してもらったクイズの解答説明,円筒座標,球座標での一次元定常拡散方程式の導出と解法,さらに一次元非定常拡散方程式の導出まで。来週は,その解法と,さらに二次元のシェルバランスの取り方を濡れ壁塔でもガス吸収を例として解説の予定。

 講義は研究室の卒研生の輪講。熱伝導現象の熱収支の取り方とその解法と応用などなど,...。

DSCF6682

 それにしても,なにやら連日暑いぞ。今日は 28℃だったとか。

 そして,今夜も晴れるらしい,...どうする?(笑)

2015年5月25日 (月曜日)

重さと運動と天気05/25/15

 1時少し前に起床して,あとは活動しっぱなし。星の撮影から帰ってきて,ちょっとデータをいじってみたり,老犬介護してみたり,...。

ーーー

 朝飯後にローラー54分,25km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 93rpm で。なんだか,辛い,...。深酒のダメージか?

ーーー

 午前中は明日の講義準備。午後2時頃に病院に行く。それにしても,夏のような暑さ。内科の安日先生,先だってご同僚とマウンテンバイク遊びをしたとかで,腕が変な具合に日焼けされてた(苦笑)。夕方5時頃に職場に復帰。7時頃に帰宅。そして,軽く呑んだら,寝落ち,..。

 午前1時に覚醒して,2時頃には田んぼの農道で写真を撮っていた。

Rice field star

 田植えの終わった田んぼに浮ぶ柄杓星(北斗七星)

【星景写真】もう午前3時には空が明るくなるようだ,..。

 目を覚ましたら0時半を過ぎていた。11時ぐらいに白布峠まで出かけようかと思っていたのに。機材を積んで出発したのは1時過ぎ。もう,天文薄明まで2時間弱しかないので近場で済まそうと船坂を超えた関の辺りの田んぼの脇の農道に陣取る。こんな時間帯に車なんて来ないだろうと思っていたけど,3時まで都合3台が通過していった。

 ところで,今日は,以前に組み立てておいた天の川のモザイク撮影システムのテストの積もり。

IMG 0002

 これなのだが,...。パノラマ台座の回転軸がを銀河の極に合わせてあるので,銀河のパノラマ写真が簡単に撮れる,..はず。で,適当にテストを始めたら,やはり懸念したようにL型アームの剛性不足。シャッターを開ける際のミラー跳ね上げの振動で星が流れている,...。やっぱり,ダメか。もっとガッチリしたL型アームを作らないと,...。

 一気にやる気が失せたので,後は適当に撮影。揚げ句に,南の低空と東には薄い雲が,...。

20150524Antares

 Nikon D3200(新改造),Sigma 35mm, F1.4 -> F3.5, ISO1600, 110sec x 10 枚,SkymemoRS でノータッチガイド。このカメラボディ,やっぱり,何か狂っていそう。四隅の星像が中心から半径方向に流れている。D600 だとこういうことはなかったような,...。この星像を確認して,また萎えた次第。しかも,雲が掛かって天然の拡散フィルタ状態。

20150524Cygnus

 はくちょう座付近。Nikon D3200(新改造),Sigma 35mm, F1.4 -> F3.5, ISO1600, 110sec x 10 枚,SkymemoRS でノータッチガイド。網状星雲もうっすらと写っているが,..。ピントの追い込みがダメなのかなぁ。

DSC 2064

 撮影中は暇なので固定撮影で対角魚眼で天の川など,...。結構,雲がある。D600 (normal), Sigma 15mm, F2.8 diagonal fisheye, F3.2, ISO1600, 50sec 固定撮影

DSC 2073

 追尾撮影もしてみた。上記条件で3分ほどの露光。上部の左右の角は写り込んでしまった結露防止用のヒータ(苦笑)。

DSC 2067BW

 最近はこんな雰囲気の写真が好きだ。

DSCF6659

DSCF6663

 北の銀河を撮影してみた。ケフェウス座からカシオペア座,右下隅にアンドロメダ銀河が写っている。明け方の空はもう秋の風が吹き出したようだ。

 3時頃になると撮影した画像のバックが明らかに青くなってきた。辺りも来たときに比べれば明るくなっている。撤収の頃合いだ。

2015年5月24日 (日曜日)

生ける屍的な一日を過ごすの巻

 なんだか,やたらにうるさい目覚ましで覚醒したのは午前7時。4時間弱しか寝てないぞ。取り合えず,飯でも食っておこうとホテルの一階でゆったりと朝食。まだ酔いが続いている感じだ。部屋に戻ってシャワーを浴びたり,荷物を片付けたりして9時過ぎにチェックアウト。

IMG 0044

 東京はちょいと曇り空。

 東京駅に着く頃には大分気持ちが悪いというか,二日酔いの諸々の症状が出てきた。帰りの新幹線では軽くピールやらワインやらをしばきつつゆったりと帰るかな〜なんて思っていたが,ただひたすらウツラウツラして気が付くとペットボトルのお茶を口に運んでは,再びウツラウツラと,..。

 12時過ぎに米沢に着いて,ちょっとだけ食事して,あとはゴロゴロと横になって過ごす。もう,どうにもならん。身体が怠くて何をするのも億劫だ。外はいい天気だけど,暑すぎて自転車なんて自殺行為だ。ウトウトと昼寝をして,買ってきたコミックを読み,またウトウトと昼寝して,テーブルの上の麦茶を一口飲んで,またまたウトウトと,...。やがて,もう夕方だ。

 ということで,本日は目出度く久しぶりの完全休肝日と相成った次第。

 で,幸い夜は晴れそうだったので月が沈んでから深夜写真を撮りに行くために9時には就寝。

重さと運動と天気05/23/15【卒業生の結婚式】

 起床は5時。女房の「大変だ!そろそろワラビが切れる!!」という我が家の非常事態宣言で急遽,早朝のワラビ採り。6時頃に山に入るも,既に多くのプロフェッショナルが入り込んでいる様子。セッセとジープロードを中腹目指して登っているときにも重そうなリュックを背負ったおじさんが下山してきた。こりゃ,今日はダメな予感。案の定,斜面のあちらこちらで爺やら婆やらが活動中。それでも,なんとか形になるくらいには収穫。

IMG 0007

 先日のヒキガエルの卵。もうすぐオタマジャクシになりそうだった。

IMG 0011

 やはり,山を歩いていると気分が良い。

IMG 0012

 まあ,なんとかこの程度は収穫。不満だけど’〔笑)。それにしても,ワラビを折り取るのに手を出せば,大概マイマイガの毛虫がいて,今日も首筋に一匹たかられた。なんか,首筋がモゾモゾするなと女房に見てもらったら,一匹はいずり回ってたし(苦笑)。

ーーーー

 出かける前にローラー22分,10km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 93rpm で。

ーーーー

 11時半頃のつばさで東京へ。午後2時過ぎに今夜の宿泊場所のホテルにチェックイン。まあ,結婚式もこの場所なんだけど。

IMG 0016

 部屋からは東京タワーがよく見える。3時頃に着替えてから結婚式参列者控室なる場所に。が,新郎新婦の友人の若い方々ばかりで,アウェー感半端なし(苦笑)。どうにも居づらいので,ホテルの中を見学して歩く。3時半過ぎに結婚式場に案内されて神前結婚式に参列。なにやら,四半世紀前を懐かしく思い出す羽目に(笑)。

 披露宴会場の控室で所在なげにジンフィズなどを啜っていると,見たことのある女性が数人やってきた。新婦の友人の卒業生たち。なんだか,あまり変わってないな。披露宴では新婦側の主賓席に新婦の職場の上司とかと一緒で,ああ,またこのパターンかと少々憂鬱になったが,話しやすい方々ばかりで助かった。さらに,職場の上司がスピーチをされたので,なでら男の気詰まり感は一気に解消。そういえばと新婦からの案内メールをよくよく読んでみると,なでら男はスピーチしなくてもいいとも読めた。てっきりお色直しの後でスピーチするものだと信じ込んでいた。もっとはっきりと書くように。が,スピーチはなかったけど,餅をつかされた。新郎新婦の最初の共同作業がケーキ入刀ではなくて,清酒樽の鏡割りだったし,お色直しの後は餅つきがあったし,なんだか初めてのことが多い披露宴だった。そして,最後に新婦が長々とスピーチしたのにも笑った。総じて,よい披露宴だった。新郎も懐の更かそうな青年で,これなら方々で羽目を外しぎみになる新婦を上手に泳がせられるのではないかなと思った次第。若き二人の将来に幸多からんことを!

IMG 0032

 東京タワーのライトアップ。

 ってことで,着替えてから二次会に参加。

IMG 0042

 大ビンゴ大会が催されて,..

IMG 0053

 こんなものを頂いてしまった(笑)。

 そして,卒業生などと一緒に3次会,4次会と飲み続けて,最終的に,新郎新婦とともに明け方にホテルに帰ってきたというなんともひどい状況。久しぶりにこんな時間まで痛飲した。まあ,楽しかったから由とするか。

2015年5月22日 (金曜日)

【星景写真】月と星々

 明日はいろいろとあるので,夜更かしはあまり宜しくなかろうと,絶好の星空になりそうな気配に後ろ髪引かれつつ,ちょいとだけ帰省した娘と軽く一杯やって,田んぼの農道まで出かけて月やらを撮影。

DSC 2027

 午後9時頃に愛宕神社に車で登った方がおられた様子(笑)。

DSC 2040

 月齢4くらいかな?

DSCF6646

 月,木(星),金(星),プレセペ星団,(ふたご座の)カストルとポルックス,しし座の大鎌,流星添え(笑)。

DSCF6653

 そして,沈んで行く,...。

DSC 2060

 10時頃に「おやすみなさい!」と。

重さと運動と天気05/22/15

 起床は4時半。昨日は,三日月と地球照の写真を撮ろうと思いつつ帰宅して,しばらく待つ積もりがそのまま寝落ち。生憎,女房は職場の呑み会で留守で,子供は中間試験の打ち上げ的遊びでこれまた留守。起こしてくれと頼む相手がおらず,しばらくの間放置プレイ(笑)。で,帰宅した女房に起こされたのは9時過ぎ。が,そのまままた気を失って,次に気が付いたのは2時ちょっと前。条件反射的(?)に外に出てみれば星が奇麗に見えていたので,写真でも撮ろうかと思ったけど,車の運転はヤバそうなので自粛。庭先から撮ろうかと思ったけど,構図に関して良いアイディアがなかったので止めて,布団に潜り込んだ次第。ここ数日の睡眠不足が一気に解消できたかも。朝の体重は 73.5kg とちょっと水分大目(苦笑)。

 そんな訳で5時前からママチャリでポタポタと,...。

IMG 9998

 お久しぶりの「今朝の斜平山,逆も添えて」(笑)

DSCF6587

 大朝日岳と祝瓶山

DSCF6592

 西吾妻山 with 逆さ。もう,「白馬の騎士」も消えそうだ。

DSCF6596

 水田から東の方角を望む。

DSCF6600

 田植え作業は今週末から来週にかけてが佳境かな?

 老犬の世話をしてから,ローラーには跨がらずに,新星景写真の画像処理の練習。簡単な素材だと思っていたのに,めちゃくちゃ難しい。

ーーーー

 朝飯後にローラー51分,24km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 92rpm で。昨日注入した毒のせいか,なんだか,ムチャクチャしんどかった。

ーーーー

 明日と明後日は東京だ。実は,卒業生の結婚式に呼ばれている。えらく久しぶりだ。実は,結婚式とかには呼んでくれるなと学生には言ってあるのだ。この手のイベントに出席することを大変嬉しがるご同僚も少なくないのだが,なでら男は正直気が進まない。礼服を着るのがまず嫌だ。他の方々の祝辞なども面映ゆい。見知らぬ相手方の来賓との会話も気詰まりだ。いざ祝辞となると多少事実を歪曲して話をせざるを得ない部分もある(苦笑)。でも,まあ,今回の卒業生は結構優秀だったので,朝日新聞ほどの捏造は不要なのがまだ救いではある(違:笑)。そんなへそ曲がりなおっさんである。

 何を話せばいいのやらとず〜〜っと頭の片隅で考えているのだが,まだこれといったものはなくて,...。もう,行き当たりばったりでいいかなとも思うけど,落とし所をきちんと作らないといかんなぁと思っているところ。ところで,披露宴で呑んで寝落ちは絶対に避けねばならんな(爆:大笑)。#後日談,なでら男のスピーチは諸般の事情で回避された。折角原稿まで作って行ったのに(笑)。でも,その代わりに,餅をつかされた(苦笑)。

2015年5月21日 (木曜日)

重さと運動と天気05/21/15【BBQ大会】

 起床は4時。外を見ればどんよりとした曇り空。あれ?晴れの予報だったように思うけど,...。今日は BBQ なので,晴れてもらいたい。いや,晴れろ!朝一講義の準備と老犬介護を終えてからの,..

ーーー

 朝飯前のローラー 52分,25km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 95rpm で。最近のローラー練習時のおかずは,前日録画したジロ。その日のステージのコース内容に応じて,ラスト1時間ほどから観戦を始める。で,ゴールスプリントを一緒にやって終了である。平地ステージなら,残り45kmほどから。山岳の登りゴールなら残り20kmくらいからという具合。なかなか良い感じである。乾燥重量は 72kg とまずまずか。

ーーー

IMG 9991

 昨夕に収穫した,太いワラビ。美味し!

 朝一で講義。vdW式の続きと蒸気圧計算法,状態方程式とそれを使ったフガシティー係数の計算方法など。

 午後からは隣の研究室と合同で BBQ を開催。クリーンファームというところでやるので,こちらの準備は何もいらない。美味いビールを飲むために学生2名と一緒に5キロ弱を歩いて行くことにした。で,学生の iPhone のGoogleマップだかでコースを設定したら,農道とか畑の脇の道とか,地元の住人しか知らない,自転車と歩行者くらいしか通れない道ばかりを指示してきた。未舗装率は5割以上。恐るべし,Google先生。

DSC09805

 Google先生ご指示の線路脇の農道(未舗装)から西吾妻山を望む

DSC09807

 これが道かよ!?という箇所多数。かろうじて踏み跡がある「道らしきところ」。

IMG 9994

 50分ほどで到着して,早速,...。生ビールが美味い!肉も美味い!!至る所にマイマイガの幼虫の毛虫がはいずり回っていたけど(苦笑)。

IMG 9995

 こんな感じで大変美味しゅうございました。でも,日頃の睡眠不足が祟り,またしても寝落ちしました(苦笑)。

DSC09811

 研究室に戻って,また軽く呑んでの帰り道。地球照の三日月と金星と木星が奇麗だった。月が沈む頃を狙って撮影に行こうと思っていたら,帰宅してすぐに寝込んでしまい果たせず(苦笑)。

2015年5月20日 (水曜日)

重さと運動と天気05/20/15

 別便の如く,おっさんの夜遊び後は2時過ぎに寝て,5時少し前に起床。う〜,3時間弱は流石にきついな。でも,まあ,遊ぶためには睡眠時間を削らないとね(:-D)。久しぶりに,恐る恐る体重計に乗ってみる。おお,73kg とこの間よりも減っているじゃないか。なんだか,このところズボンもベルトも伸びたように感じていたのは,これだったのか!最近,真面目に続けている朝ローラーが効いてきたのかも。ということで,..

ーーー

 朝飯前にローラー52分,25km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 100rpm で。

ーーー

IMG 9987

 田んぼにようやく水が入った。そしたら物凄い数のカエルが,..。写真ではわからないけど,カエルの上げる波紋がいくつも見えていた。

 学生の推薦書を書いたり,明日の講義の準備をしたり,卒業研究の実験について話たり,...。流石に,昼休みには20分ほど気絶した(苦笑)。お陰ですっきりしたけど。

 夕方は,女房からの「大変だ!我が家のワラビのストックが今日で切れる!」との緊急連絡をもらい,定時でダッシュで帰宅。急いで着替えて斜平山へ。麓に車を置いて,セッセと頂上直下の斜面まで登る。マイマイガの幼虫が首筋に3匹も落ちてきて,なんかモゾモゾするなと擦ってしまい,手で2匹を潰すというハプニングはあったけど,かなりの量のワラビとシオデを収穫できた。

IMG 9990

 ホンシオデも数本入った,今日の収穫物のお浸し。美味し!

 流石に軽く呑んで早々と就寝。

【星景&星野写真】トトロの森と北天グルグル

 酒も呑まずに待機していたが,なかなか雲が切れない。9時少し前になって,「えい,ままよ!」と出かけることにした。向かったのは,李山の「トトロの森」である。現場に着いてみると,空にかなりの量の雲が浮んでいる。問題の北天の方は,北斗七星と北極星が雲の隙間から見える程度で,雲がかなりある。どうしようかとしばし考えて,まあ,そのうち雲も切れるだろうし,雲があってもそれなりに写るのが北天グルグルのいいところだ!と取り合えず,機材のセットに掛かる。出来れば北斗七星なども入れたいが,かなりの高度なので,APS-C に取り付けた対角魚眼でもトトロの森が映った水田の水面と一緒に入らない。フルサイズで魚眼レンズを付けると,画像の歪曲のせいで雰囲気ぶち壊しになるかも知れない(APS-C だといくぶん緩和される)。いろいろと悩んで,まあ,日周運動メインだから,星座の形はよかろうという結論に,..(笑)。簡単にテスト撮影してから,雲があるにも係わらず本番スタート。しばらく,ボケーッと星空を眺めていたら,次第に雲が消えてほぼ快晴状態になった。そこまで20分ほど既に撮影をしていたが,ここは潔く撮り直しだろうと,撮影をやめて一旦データをすべて消去。で,そこから 1枚当たり40秒で 119 枚を撮影(半端な枚数は,実はバッテリー切れで終了したため)。それを比較明合成したのが,..

Totoro grgr20150519

 これだ!水面に何本かの星の軌跡が映り込んでくれた。この地域,えらく田舎なのだが,意外に LED 外灯が多く明るいのである。

 これを撮影中に,退屈凌ぎに天の川関連をいろいろと撮影。

DSC 2008

 夜中なのに車が走って行った。まあ,景色の一つということで(笑)。

Ite za

 さそり座からいて座付近。

Scorpion20150520 1

 同様。へびつかい座の赤いのもうっすらと写り込んでいるかな?

DSCF6583

 さそり座

DSC 2017

 帰り際に撮影した,トトロと春の大曲線,大三角,ダイヤモンド。

 今年も逆トトロと北天グルグルが撮影できた。目出度い!

2015年5月19日 (火曜日)

重さと運動と天気05/19/15

 起床は4時半過ぎ。昨夜も軽く呑んだら,瞬殺で寝落ち。もう,酔いを感じる前に寝てしまうと言うレベルまで来ている。で,1時頃に覚醒して,ちょっと本など読んで2時過ぎに再び就寝。で,この時間。なんだか,寝たような寝てないような不思議な感覚だが,おっさんに残された時間は短いのでダラダラと寝ている場合ではない。外は昨夜からの雨が続いている様子。雨の中で老犬の世話。今日の朝一の講義準備は昨日ほぼ終えているので,今朝は特に何もしない。雨なので写真とかもなし。

 あ,そうだ。ももさんからの指摘で調べた結果,数日前のはくちょう座付近を飛んだ「流れ星」のようなものは国際宇宙ステーションらしいことが判明。画像を見たときにも,形は流星っぽいが,このクラスの明るさの流星になると,途中で色や光度が変化するものだけどなぁ〜とちょっと疑いを持っていたのである。でも,これまで写り込んだ ISS の軌跡は,流星状の鋭さはなくて,唐突にボツッと始まる,いわば「棒状」とでもいうべきもので,その点からも ISS は最初から否定的だった。でも,調べたら,..

ISS20150517

 どうやら ISS で間違いない様子。ももさん,流石です(笑)。

DSC 7093

 これがその画像である。撮影は,2015/5/17 am 2:26 -  2:38 の2分間露光。ベガとアルタイルを結んだ線の辺りから太陽光が当たり始めたらしい。ISS の写真はいつも明るく輝きだしてからしか撮ったことがないので,これはこれでレア物?もう少し北の方角に写野が向いていればさらによかったけど,ISS の通過なんて全く知らなかったしね。まさに,織姫と彦星の仲を裂く国際宇宙ステーションってところかな(笑)。ISS の軌跡を本気で写すなら,全天魚眼が欲しいところ。それ程高くないので欲しいね(笑)。

ーーーー

 朝飯前にローラー46分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 105rpm で。

ーーーー

 朝一で講義。昨日提出してもらったクイズの解答を配布して,その解説。この方が記憶も新しくていいだろう。液面降下法による拡散係数の測定法の原理を説明して,今日の宿題は,実際に測定データから拡散係数を算出してみること。暑くて,汗まみれになった。

DSCF6546

 昨日の朝撮影したスクラップの重機

 夕方少し早めに帰宅。夕食を摂り,その後ママチャリで田んぼの農道をぶらつく。

DSCF6564

DSCF6568

 少しいい景色が見られた。今夜は風もほとんどなさそうなのでちょっと撮影に出かけよう。詳細は別便で。

2015年5月18日 (月曜日)

重さと運動と天気05/18/15

 起床は4時。昨夜は,ちょっと撮りたいものがあったので,お酒を我慢していたのだが,10時近くになっても結局すっきりと晴れないので,出かけるのは止めて呑んでしまった。でも,11時には寝たので,最近では比較的長目の睡眠時間。4時半頃になって外が大分明るくなったので老犬介護業務をこなす。明るくなるのも道理で今日の日の出は,4時25分である。

 5時少し前にカメラをたすき掛けにしてマウンテンバイクで出発。昨夜,行きたかったところにちょいとロケハンである。所々で写真など撮りつつ,..。

DSCF6538

 この時期限定の景色である。今日のお題は「The symmetry」である(笑)。

DSCF6539

 田植え前の水を張った田んぼの水鏡がいろいろと面白い景色を見せてくれる。無風でないといけないので,やはりチャンスは限られる。

DSCF6542

 西吾妻山の「白馬の騎士」も消えてしまいそうである。

DSCF6545

DSCF6547

 どんどん南下する。南下しているのに標高はドンドン高くなる(笑)。ずっと登りなので,そこそこの負荷が掛かり,汗が出始めた。なめて掛かって適当な格好をしてたら手が猛烈に冷たい。

 昨夜来たかった場所というのは,李山の「トトロの森」である。展望台からトトロの森を眺めると,右上空に北極星が見えるので,トトロの森のシルエットを前景にした「北天グルグル」が撮影可能なのである。その前に,..

DSCF6548

 ちょっと眺める方角を変えてみた。イメージとしては「ダイヤモンドトトロ」が見られるんじゃないのか?というものだったが,やはり方向が今一つだ。トトロの右後方からの絵になってしまった。もう少し季節が進み,太陽の昇る位置が北の方にずれるて来れば,少し正面側に回り込めるかも。

DSCF6551

 こんな具合である。冬の間,すっかり貧相になっていた胴体部分も新緑で覆われ,堂々たるトトロである。思わず歌った,..逆さのトットロ,トットロ〜〜〜トットロ,トットロ〜〜〜♪

DSCF6552

 畦道をウロウロしつつ,三脚を立てる場所をいろいろと吟味した次第。

IMG 9983

 帰り道で見つけた有限会社いたがきの郵便受け。可搬の小型 LPG ボンベを流用したもので,なかなかいい!オイラも欲しいぞ!

ーーーー

 ということで,朝から20km弱のサイクリングだった。そして,朝飯後にローラー34分,16km。勾配不可%,ケイデンス 65 - 97rpm で。大汗を流す。

ーーーー

 午前中は輪講。来週から熱移動の部分。銀行で軽自動車の税金を払う。午後からは明日の講義の準備。大したことも出来ぬままに時間だけが流れて行く。でも,そんなものかも知れんと思う今日この頃。

2015年5月17日 (日曜日)

重さと運動と天気05/17/15

 3時間ほどしか寝ていないので,激しく眠い。天気は良いものの,自転車に乗ろうなどという気分はとうに消えうせている。朝飯後は1時間ほど気を失った(苦笑)。さて,時刻も10時に近いので,そろそろ出かけよう。マウンテンバイクに注油して,タイヤに空気を入れる。

 目指すのは斜平山の七曲がりエリア。帰りが楽なので,マウンテンバイクで向かう。途中で,ジジババのハイキングご一行様をパス。

IMG 9959

 ヒルクライム練,一本完了(一本しかしないけど)。距離も時間も短いけど,良い感じの負荷が掛かった。ゼーゼー言いつつ,登り口到着。既に汗まみれ。早速,ワラビ採りを(笑)。

IMG 9963 1

 水の入った田んぼが増えてきた。

 斜平山スカイツリーまで山菜採りなどしながら行くという爺さんばあさんの一行とは別れて下のジープロードまで下る。既に人が入っているらしく,収穫は少なめ。これじゃあ,帰られないと,別のエリアを探してみる。

 と,道の脇の水溜まりで何かが動いているのが目に付いた。なんだろう?と思うとカエルのようだ。話に聞いて,写真も見たことのある,ヒキガエルの交尾らしい。しばらく眺めていると,一匹のメスを二匹のオスが争っているようだ。やがて,勝ちを収めたらしい一匹がメスにおんぶ状態でしがみついた。その状態で水に潜り込む。

IMG 9967

 こいつが奮闘虚しく敗れたオス(笑)。しばらく待っていると,カップルが顔を出した。

IMG 9971

 なんだか,哀愁すらも感じられる(笑)。でも,ここ軽トラックのタイヤが入り込む水溜まりなので,できれば無事にな〜!で,ここにヒキガエルが産卵して,それが孵化して小さなおたまじゃくしがウヨウヨ泳ぎだすんだけど,...やがて,水が涸れるんだよね(泣)。

 このヒキガエルの御利益か(実は,我が家の守り神とやらがヒキガエルだとか。死んだ爺さんと親父から聞かされた),この辺りでかなりのワラビの収穫が,...(笑)。場所を変えてみれば,またかなりの収穫があった。ヒキガエル様に感謝(笑)。

IMG 9972

 こんなのも採れたし。

IMG 9973

 今年は雪崩が多かったせいか,かなりの大木が根こそぎ倒れている箇所が目立った。12時頃まで山で遊んでから帰宅。

IMG 9976

 これだけ採れた。約3キロくらい?

 昼飯食って軽くビール飲んで昼寝。正しい,おっさんの休日の過ごし方である。

【星野写真】折角,無理やり起きたのに,..

 昨夜は10時頃に一旦寝て1時頃に無理やり起きた。いや〜,眠い。外に出てみると,..あらら,..結構な雲が,...。どうしようかと禿げるほどに悩んで,取りあえず行ってみるかと機材を積んでゴー。近場の農道を考えたんだけど,少しでも良い環境をと,船坂を超えた関地区に向かう。もたもたしたお陰で着いたのは2時頃。日の出が4時半過ぎなので,薄明は3時頃から始まってしまう。残された時間は1時間ほど。天頂付近の大三角を含む領域の天の川はクッキリと見えているのに,南の山から立ち昇る天の川には雲が掛かっている。アンタレス付近も頻繁に雲に隠れる。今日は新星景写真の練習用の素材撮りをしたかったのに,...。仕方ないので大三角からの天の川を広角レンズで狙ってみる。

Milkyway shooting star

 Nikon D3200(新改造),Sigma 15mm, F2.8, Diagonalfisheye, F3.2, ISO1600, 2 min x 5,SkymemoRS でノータッチガイド。最初の2枚に一個ずつ流星が入り込んだので,比較明合成にした。

Milkyway

 2 min x 15 の単純加算平均だとこうなる。大して変わらんな(笑)。

DSC 1958 3

 無残な南の空(苦笑)。晴れるかと思いつつ待ったが,雲が消えたのは明るくなってからだった。

DSC 1960

 ああ,悲しい(苦笑)。

Milkyway north

 何だか明るくなってきているように思ったけど,折角だから北側の天の川も。明るくなってきてしまって,色合いの調整が出来ない。 2 min を2枚重ねてみたけど,たった2分でバックグラウンドの色が全く違っている。こと座からはくちょう座,ケフェウス座,昇り始めたカシオペア座。ケフェウス座のガーネットスターの色合いが不満(苦笑)。

 これらは機械任せなので,こちらは適当に,昔のフィルムカメラの時代を懐かしんで,「懐かしの固定撮影の白黒写真」(笑)。

DSC 1961

 うしかい座

DSC 1962

 かんむり座とヘルクレス座(切れてるけど)

DSC 1964

 夏の大三角

 3時半頃に帰宅。眠くて死にそうだ。今日はグランフォンド飯豊の試走というか調査走に行く積もりだったけど,昨日の長男業務でなんだか疲れてしまって,テンションダダ下がり,..。調査はチーム員にお任せしてしまおう。

【星景写真】新星景写真習作

 最近になって,「新星景写真」なるものがちょっとしたブームになっている。仕掛け人は,山中さんという方。プロ顔負けの画像処理技術の持ち主で,天体写真撮影で飯が食って行けるのではないかという凄い人である。この方の DVD を購入して,暇を見て眺めつつ,一番簡単なところからやってみた。

 時刻的に天の川は無理だったので,何の目ぼしいものとてない南西の空を先だって,追尾撮影 1 min x 10 枚,固定撮影 1 min x 10 枚を撮影して,それを素材にしてみた。

 まず単純な加算平均の画像を見てもらおう。10枚を順に透明度(1/n %)を変えて重ねたものである。追尾撮影しているので星は止まっているが,地上風景が流れているのがわかる。

Simple

 固定撮影で短い露光時間ならどちらも止まって見えるが,星空の淡い部分(例えば,天の川のディテールなど)は写し切れない。そこで固定撮影で得られた地上風景をこの画像に重ねるのである。単純に重ねるとは言っても,なかなか難しい作業が目白押しでかなり苦戦した。その結果が,..

New

 これである。星も止まり,地上風景も止まっている。

 この手法を使って,樽口峠からの飯豊連峰と天の川の写真を撮りたいのだが,実現するのか,..?

2015年5月16日 (土曜日)

重さと運動と天気05/16/15

 起床は4時頃。場所は,言わでもがな,..(苦笑)。今日は実家に行ってお袋孝行のまね事でもしようかと思っている。つまり,月間長男活動(笑)。外は昨夜からにわか雨のようなものが降ったり止んだりしているようだ。取りあえず,雨が上がっているようなので老犬介護業務をこなす。中に入って,しばらくすると,物凄い勢いで雨が降ってきた。

DSCF6486 1

 雨の様子を出したくて 1/1000 秒で写してみたが,光量不足だったので,白黒に,..。しばらくすると止むのだが,またしばらくすると降り出す。午前中はこんな天気が続くようだ。

ーーーー

 出かける前のローラー35分,16km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 105rpm で。

ーーーー

 7時半過ぎに雨の中,実家に向けてゴー。本日の予定は実家に着いたら,お袋を乗せて仙台の定義如来西方寺へ行って,ご祈祷してもらおうというもの。親父の一周忌も過ぎて,まあまあいい頃合いかと。ちなみに,発案者は女房。オレは,それほど気が利かない(:-D)。

DSCF6488

 二井宿峠を越えた辺り,湯原宿の手前で美しい新緑に出会った。ザーザー降りの中で撮影したが,雨粒がフィルター効果みたいな感じに,...。

DSCF6491

 七ヶ宿ダムでも奇麗な新緑に出会う。この時季の,雨の中の新緑は本当に奇麗だ。

 9時半過ぎに実家着。10時頃にお袋を乗せて仙台方面に向かう。時間節約のために,村田インターから東北自動車道に入り仙台宮城で降りる。昔,自転車の朝練で散々走った国道48号線を懐かしい気分で走る。それにしても,当時に比べて交通量がべらぼうに増えている。今では,こんなところを走るなど自殺行為かも(苦笑)。熊ケ根で右に曲がり大倉ダムを経由して定義如来へ。

 実に20年振りくらいかも。昔は自転車でよく来たものだった。

DSCF6496

DSCF6499

 昔は,こちらの本堂でご祈祷してもらったのだが,..

DSCF6504

 こんな新しい本堂が出来たらしい。坊主丸儲け?中に入ってみれば,こんな柱一本で高級車一台買えるんじゃないのか?というのが至る所に,..。

 まだ,ご祈祷までに時間があるので,腹拵えしておこうということになる。定義といえば,..

IMG 9946

 これである。三角定義のあぶらあげ,一枚120円なり!!

IMG 9947

 そして,みそおにぎり。締めて,400円弱。昔,自転車でここを訪れたときにも,決まって,このメニューだった。懐かしいな。

 12時からご祈祷。なんだか,すっかりビジネスのような坊さんの読経にはあまり有り難みも感じない。お陰でぐっすりと眠る。自分の名前を呼ばれてハッとして目覚めた(苦笑)。お札をもらって業務終了。

 次に向かうのは,..

DSCF6512

 ここである(笑)。

IMG 9952

 早速,見学ツアーに参加。

DSCF6517

 神々しいまでに光り輝くポットスティル!!まっさんの実家が造酒屋だったということでしめ縄とスティルとの和洋折衷。

DSCF6520

 ウイスキー貯蔵中の減り分を「天使の分け前」と名付けた人に「いいね!」百万発!!

IMG 9956

 宮城峡12年の試飲。美味し!

 1980 年代の「宮城峡」は 500mL で4万弱もするので,せめて1990年代の奴を買おうと思ったが,それでも 16000円ほどなので強烈な横やりが入って断念。仕方なく,若い「宮城峡」と「伊達」を購入。ここからは,女房に車のキーを渡し,「運転手はチミだ!」(笑)。

 帰りは,昔懐かしいローラーワークコースを通って,秋保から川崎,村田経由で。本砂金辺りは変わってないなぁ。いや,懐かしい。そのまま実家の前を通過して館矢間の伯母の家に行き,もらって来たお札とお土産を渡し,ちょっと話して辞去。本当は,伯母も一緒に定義に連れて行く積もりだったが,脚が少々不自由なので大変だからと遠慮したのだった。大して,歩く距離もないからと言ったのだが,..。まあ,次にどこか別のところでも考えてみるか。お袋も2年振りの定義とかで喜んでいたのでなによりだった。

 実家に戻り,野菜などを頂いてから5時半頃に実家を辞去。

DSCF6525

 七ヶ宿ダムで夕日を眺め,..

DSCF6530

 高畠で夕日を映す水田を眺めたりして7時半頃に帰宅。

2015年5月15日 (金曜日)

重さと運動と天気05/15/15

 起床は3時頃。昨夜は,愛宕神社辺りから,米沢の夜景と天の川を一緒に撮ろうと思って呑まずにいたのだが,9時半頃に外に出てみれば,雲が空のかなりの部分にかかっており,GPV 予報でも,回復の望みはなさそうだったので,潔く予定変更して,酒飲みながらジロ観戦(なんでや?:笑)。そして,そのまま残り70km位で寝落ち。そして,覚醒したのは午前3時。やれやれと思いつつ,ショットグラスにわずかに残ったウイスキーを飲み干してから活動開始。

 まずは,お仕事メールなどを一通送信。そして,外に出てみれば,あらら,昨夜は軽く雨が降った様子。寝落ちは正解だったか(笑)。ふと東の空を見れば,雲の切れ間から月齢26の月が顔を出している。地球照も奇麗に見えているので撮影してみる。

DSC 1948

 月齢26の雲間の月

DSC 1951

 地球照も奇麗だ。

 しばらく本など読んで過ごしたが,外が明るくなってきたので,老犬介護業務。

DSCF6482 1

 久々の登場。14歳と7ヶ月ほど。本当に歳を取ったなぁ。昔はボールを手に持って見せるだけで,「はよ,投げれ!!」みたいな,期待に満ちた,キラキラした目を向けてくれたものだが,..。鼻の上の辺りも禿げてきてるみたいだ(苦笑)。

DSCF6472 1

 雲が切れてきた。

DSCF6477 1

 細い月はほとんど見えなくなった。

ーーー

 5時過ぎからローラー62分,30km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 97rpm で。

ーーー

2015年5月14日 (木曜日)

重さと運動と天気05/14/15

 別便の如く,午前2時には活動開始して,4時前には帰宅。4時半頃には老犬介護業務に掛かる。

DSCF6462 1

 日の出前の東の空と月齢25の月

ーーーーー

 朝飯前にローラー56分,23km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 93rpm で。なんだか,昨日のワラビ採りで山のジープロードの登り降りのダメージが残っているような感じ,...。普段あまり使っていない筋肉故か。下りでバタバタ歩いたことがダメージの原因かも知れん。

ーーーーー

 シャワー浴びて,朝飯食って,出かけるまでに朝一講義の予習。

IMG 9933

 昨日収穫したワラビ。美味し!!

 朝一で講義。P-V-T データからのエンタルピー,内部エネルギー,エントロピーの計算式の説明。さらに,フガシティ係数の計算式。相図,臨界点の意味,van der Waals の状態方程式まで説明。来週は,対応状態原理とvdW 型状態方程式,そこからの状態関数の計算などなど。いよいよ佳境か(笑)。

 午後からは学会仕事。正直に言えば,この仕事,お役御免にしてもらいたい。些かしんどい。新しく始める実験について考えている。なにか,一回の実験で出来るだけいろいろなデータが取れるような面白い方法はないかと考えているが,なかなか思い付かず。取り合えず,一番簡単なところからやってみるか。そのうち何か思い付くだろう。先日やってみた実験が巧くいかず,またやってみたがやっぱり巧くいかない。レシピが違っているのかなぁ?

 腹が減って頭が回らなくなったので帰宅。それにしても,本当に一日で大したことをやってない。

DSCF6466

 今日の夕暮れ

【星景写真】暖かい強風の中,天の川を写してみた

 1時半頃に無理やり起床。2時頃に機材を積んで近場の農道に陣取る。

DSC 1936

 おっさんの夜というか早朝の遊びの始まりだ(笑)。とにかく,向きの一定しない暖かい強風が吹きつけて,三脚が倒れそうになって焦った。

 今日は天の川を撮りたかったんだが,先だっての菅沼峠からの画像を観たあとでは,なんだか,今一つ気分が盛り上がらない。揚げ句に,極軸望遠鏡で北極星を全然別な箇所に入れてしまうし,..。まあ,広角レンズで高々1分と少しの露出なので問題はなかったのだが。

Milkyway20150514

 Nikon D3200(新改造),Sigma 15mm, F2.8, DiagonalFicheye, F3.2, ISO1600, 80sec x 5, Skymemo RS でノータッチガイド。本当はもっと早い時間にアンタレス付近のカラフルタウンが撮影したかったのだが,...。またの機会だな。

DSC 1939

 Nikon D600, Sigma 15mm, F2.8, DiagonalFicheye, F3.2, ISO1600, 30sec,固定撮影。昇ってきた月も入れてみた。

DSC 1944

 Nikon D600, Sigma 15mm, F2.8, DiagonalFicheye, F3.2, ISO1600, 60sec,SkymemoRS でノータッチガイド。さそり座からケフェウス座までの天の川。やっぱり,Lee No.1 の拡散フィルタ入れた方がいいな。

2015年5月13日 (水曜日)

重さと運動と天気05/13/15

 起床は3時。昨夜は,夕食後軽く寝落ちして,その後ジロも観ずに早々と就寝。お陰で,こんな時間。晴れて星でも見えていればいそいそと活動を始めるところだが,雨は上がっているようだが生憎星が見えるほどではない。そこで,..

IMG 9925

 こんなものを読了。随分前に読み始めたんだが,なぜか今一つ気が入らずに,他の本を優先したり,どうにも活字を追いたくない時期もあって,今頃になってしまった。この作家,外れはないけど,ホノボノし過ぎて馴染めないときもある。

 5時少し前になって老犬介護業務。

DSCF6458 1

 雲の切れ間の青空に月が浮んでいた。

ーーー

 朝飯前にローラー61分,29km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 94rpm で。ぼつぼつ,身体を絞りつつ負荷を上げて行きたいなぁと。でも,飲んだくれた生活パターンを変えるのが先かね?(苦笑)

ーーー

 ローラーを踏んでゼーゼー言っていると,女房が部屋に来た。何事かとイヤフォンを外せば,「地震だよ!」と。うん?と天井を見ると,なるほどライトが揺れている。ローラーなんて踏んでいると震度3程度では気付かないものだな。宮城の実家に連絡すれば,4だったらしく,かなり強い揺れが長い時間続いたとか。流石のお袋も心配になって,玄関を開けておいたらしい。4年前の大地震の余震だったらしいけど,まだまだ尾を引いているようだ。

 午前中に学会仕事をこなす。午後からは明日の講義の準備。で,夕方,定時で退出して女房と一緒に斜平山へ。時間もないのでゼーゼーいいながらジープロードを登る。中腹の急斜面との境界まで10分と少し。ワラビは,そこそこ出ている。

IMG 9932

 七曲がりの辺りから米沢市街を眺める。まだ,水の入った田んぼは少ない。

IMG 9931

 とりあえず,50分間斜面を駆けずり回った成果。2キロくらいかな?これくらいで勘弁してやろう(笑)。七曲がり斜面はまだ少しだけ時期が早いような感じ。

2015年5月12日 (火曜日)

重さと運動と天気05/12/15

 起床は4時半。昨夜もジロ観戦中に寝落ちした。もうデフォルトだな(笑)。で,3時頃に一旦覚醒して,外の様子を窺って曇り空を確認してから二度寝。

ーーー

 5時過ぎから朝飯前のローラー51分,24km。勾配負荷3%,ケイデンス 70 - 110rpm で。今日は朝一講義なので少し早めの時間に。なんでも,身体を搾るなら朝飯前に運動した方がいいとかなんだとか,..。そんな訳もあって,早朝からゴ〜〜〜!っと迷惑な音を響かせた。が,家族,誰も起きず(笑)。

ーーー

DSCF6452

 今日と明日は天気があまりよろしくないらしい。台風の影響か?

 ローラー踏んでシャワー浴びてから老犬介護業務。シャンプータオルで拭いてやって,抜け始めた冬毛を梳いてやる。もう,ようやく生きている感じ。

 朝一講義は一番面倒くさいところ。いつまでもゴチャゴチャと私語を続ける学生にイラッとして怒鳴る。面倒な内容を巧く説明できるかどうかといろいろと神経使っているときに,雑音振り撒いて余計なエネルギー使わせるなよ。

2015年5月11日 (月曜日)

重さと運動と天気05/11/15

 起床は4時少し前。昨夜は一杯やりながらジロの第2ステージを観戦してたら残り25kmくらいのところで沈没。で,外を伺うとえらくクリアな空が広がっていた。これは下弦の月はあったもののそこそこの天の川が撮れたのではなかろうかとちょっと後悔。

DSCF6441

 取りあえず,ママチャリでキコキコと走り,「下弦の月と西吾妻山」なんて写真を撮ってから帰宅。その後は,日の出を待って,..

DSCF6451

 お日さまにこんにちわ!

 朝のお務めを終えたので,布団に入って読書。とにかく寒かった。6時過ぎに老犬介護業務。

ーーーーー

 朝飯後にローラー44分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 105rpm で。昨日の寝落ち部分から観戦したジロの第2ステージ。何だか落車が多かったね。やはり,ステージレースって今一つ燃えないんだよなぁ。早く山岳ステージ始まらんかね?

ーーーーー

 午前中は輪講で,今日は運動量収支の取り方。二次元流れと円管内流れに関して。午後からは明日の講義準備と学会の仕事。6月の仙台での会議の出欠のメールを忘れていて慌てて送信。それにしても,午後4時からの会議ってのもなぁ(苦笑)。

 夕方からちょっとした実験をする。いやはや,物質ってのは不思議なものだなぁという感想。

IMG 9921

 最終巻,読了。それにしても,読ませるなぁ。

2015年5月10日 (日曜日)

喜多方の山都で蕎麦を食す

 タイトルを変えた。運藤もしてないし重さも量ってない。天気は晴れ時々曇りの強風(強風以上爆風未満かな?)。起床は6時半。今日は何をしようかなと考えつつ,朝の一時を過ごす。なにしろ,本日はなでら男の聖誕祭(アホか!また,墓穴に一歩近づいただけじゃ!)。最早,四捨五入すれば還暦であるから中年というよりは初老の域である。生まれてきたことと,これまで生きてこられたこと,さらにもう少し生き続けられそうなことに感謝しつつ,...。

 当初,自転車でも乗るかなと思ったけど,気温が低いし,風は強い。最近富に軟弱化路線を突っ走るなでら男。こんな日には自転車に乗るもんじゃないとすぐにこの案を却下。次に山菜採りかなぁ〜と思うも,斜平山は多分多くのプロもどきの方々が入り込んでいるだろうから却下。ふと,昔,ウドが沢山採れた八谷辺りにいってみようかと思った。そこからの発想で,さらに足を伸ばして喜多方の山都に行って蕎麦でも食うかと考えるに至って,本日の予定が立った(笑)。

 10時頃(遅いな)に女房と一緒に出発。八谷に立ち寄るも以前にはなかった「立ち入り禁止」の看板だらけ。しかも,残雪が残り,あまり期待出来そうもない。なので,先に進む。

 県道383 から入って,386 から国道 459 へ。「本当にこれ国道かよ?」と思いつつ進む山岳道路もどき(実は以前に一度自転車で走っているらしい記憶が,..)。で,女房リクエストで停車しては道端でワラビ採り。これがそこそこ採れるので結構面白い。

IMG 9919

 最終的に,これだけ収穫。お浸し4〜5回分?

 道標に従って「宮古」方面へ。辿り着いたのが,...

DSCF6422

 ここである。「かわまえ」で蕎麦懐石なるものを食そうかと。

DSCF6423

 入店すると,囲炉裏の側に座らされて,おかみさんに説明を受ける。で,Cコースなるものをチョイス。

IMG 9912

 こりゃ凄い。こんなに食えないのでは?@o@/// 右上にある刺し身コンニャクがなかなかのもので買って帰ってきた次第。

IMG 9913

 天麩羅は,コシアブラ,ウド,舞茸,魚(なにかな?食ったことのある味なんだが名前が出てこない),カボチャ,そして饅頭(笑)。

IMG 9914

 蕎麦は二八くらいだろうか?そこそこ香りもあり,悪くない。食べログ(大嫌いなサイト)などではぼろカスいってる方もいるようだが,特段不満はなかった。時季とか混雑具合にもよるのではなかろうか?(本来,それではいけないんだろうが)。蕎麦は食べ放題なので二杯食べたが,それ程多くないと思ったが一杯が蕎麦一枚くらいあるようで最後は腹一杯に。

IMG 9915

 で,蕎麦屋に来たおっさんは当然こうなる(大笑)。小ヅユとかコゴミのクルミあえとか蕎麦豆腐とか煮物とか身欠きにしんとか,酒の肴が沢山あってニヤニヤしながら冷や酒を頂いた。おかみさんのお孫さんだろうか?7歳で小学校2年だという女の子がエプロンとほっかぶり姿でかいがいしくお膳を下げたりしているのを眺めていると,ああ,うちの子にもこんな時代があったなと,..。いや,可愛いなぁ(笑)。訊けば,欲しいものがあるのでお手伝いしてお小遣いをもらうんだとか。もう,おじさん,お小遣い上げちゃおうかなとか思った次第(爆)。店を出るときに母の日だからと女房はカーネーションなど頂いていた。とにかく,蕎麦屋が沢山あって,こういう地域も珍しいなぁ。

 次は,サイクリングで行ってみたい。ここを抜けて国道49に繋いで新潟まで行って,新潟で呑んで一泊して,翌日米坂線で輪行で帰るという素晴らしいプランが浮んだ次第。なんか,時間的に可能なのかどうか問題ありそうだけど(苦笑)。

 帰りは女房の運転で帰途に。ところどころで立ち止まる。

DSCF6428

 こんな家が至る所にある。雪はそこそこ降るようだが,米沢ほどは多くない。こんなところで老後を過ごすのもいいなぁ(笑)。

DSCF6432

 佐藤酒店である。おっさんの心の琴線にビンビンと,...(笑)。店自体は今はやっていないように見えたのだが,...。

 助手席でぼけ〜っとしていたらなにか見たことのある景色に出会う。

DSCF6435

DSCF6439

DSCF6440

 JR 磐越西線の喜多方と山都の間にある一丿戸川橋梁である。明治41年に架設されたそうだ。「鉄橋物語」にも掲載されている由緒正しい歴史的鉄道遺産である。生憎,列車通過まで上り下りともに1時間以上あったので列車通過時の写真は諦めた(笑)。

 帰り道はウツラウツラしながら,..4時頃に帰宅。その後は昼寝で爆睡。いや,いい誕生日だった(笑)。

2015年5月 9日 (土曜日)

重さと運動と天気05/09/15【ツールドさくらんぼコース試走】

 起床は4時過ぎ。今日は寒河江の最上川ふるさと総合公園をスタート&ゴールにした「ツール・ド・さくらんぼ」のメディオフォンド(60km)のコース試走に行くのである。当日のサポートライダーなるものを依頼されたからだが,方々から聞こえてくる話を総合するとなんとも大変な仕事のようだ。5時半頃に朝飯を食って,6時10分頃に自転車積んで寒河江に向かう。同様に依頼された同僚は寒河江まで自走だとか。

DSC09791

 トイレ休憩で立ち寄った鮎茶屋の最上川に掛かる鯉のぼり。今は最上川沿いはフジの花が真っ盛り。

 R287 を通り,7時半過ぎに目的地周辺に到着。当日のサポートライダー約20人が参加。簡単なミーティングの後で先導車に付いてスタート。街中を抜けるまでは追い越し禁止とか。それにしても,この人数でも信号やら右折などでは神経を使うのに,当日は40名のグループを2名のサポートライダーが面倒見るとかいう話でどういう状態になるかちょっと見当がつかない。

DSC09792

 ようやく街中を抜けた。

DSC09793

 第1エイドになる紅花資料館。あれ?懐かしい奴が写っている(笑)。ここまで13キロとか。13キロ走って肉蕎麦が出るらしい。消費よりも摂取カロリーの方が確実に多そうだ(笑)。

 次の第2エイドは慈恩寺。手前の坂で失速した。みなさん,速い(笑)。それにしても,登れないなぁ。大丈夫か?岩木山と鳥海山。第1エイドからここまで10キロもないような感じ。

 第3エイドまでのダラダラ登りでほぼ最後尾となる。まあ,サイクリングだしね。とは言っても,そこそこ辛いレベルで走っているんだけど。

DSC09794

 第3エイドは朝日町のワイン城。

 ここから先は最上川沿いのちょっとしたアップダウンを走る。何気にきつい。第4エイドは R287 沿いの産直和合。その後はゴールまで。たった60kmに約4時間ほども掛けた試走が終了。なんでも当日は寒河江のお祭りなどもあり,しかも,サイクリング参加者は1000名とかで駐車場の問題もあるらしく,主催者は頭を抱えているとか。どうなるんだか蓋を開けてみないとわからない。初心者が半分はいるという話もあり,なにやら戦々恐々としてきた(苦笑)。

 その後,自走でやって来た同僚を車に乗せて「ゆ〜チェリー」で汗を流して,食事して,「限定秘蔵ワイン」なんていう呑ん兵衛のおっさんの心をくすぐる商品を購入して帰途に。途中から雨が降ってきた。エイド間はなんだか慌ただしく走っただけで景色もろくに見なかったので,気になったところに立ち寄りながらのドライブ。

DSC09795

 前から気になっていた「椚平の棚田」(ちょっと漢字が違うが出て来ない)を眺めてみる。これは田植えとかが終わったときに来たいな。稲刈り前も見事だろうね。田んぼに水が入った頃に,この場所からの星景写真を撮りに来てもいいな。

DSC09796

 走りながら看板見つけて,振り返って「おぉ〜,いいな!」と思った「最上川のビューポイント」からの景色。中洲の緑と遠くの明鏡橋がなかなか味のある景色を作っている。

DSC09799

 カヌー遊びに興じる方々もいた。

 そんなこんなで途中から襲ってきた猛烈な眠気と闘いながら4時半頃に自宅着。60キロコースの試走なので午後2時頃には帰ってこられるだろうと思っていたが甘かった(苦笑)。

 帰宅後,書店に行って数冊仕込んで,夕食時にはビールを飲んで買ってきたワインを飲んで沈没。

2015年5月 8日 (金曜日)

重さと運動と天気05/08/15

 起床は5時半。一度2時頃に寝起きから覚醒して,そのまま行動しようかと思ったのだが,なんとはなく眠いなぁということで二度寝。老い先の短いおっさんらしくないことをしてしまった。今日も晴れ時々曇りの予報らしい。それにしても,随分長い間ほとんど雨が降っていない。4月20日過ぎくらいから雨は1日だけじゃないかな?

 今日も朝は老犬介護業務から始まる。可哀相なくらい歩けなくなってきている。エサを食べる四つんばい姿勢を維持するのも辛いようで,途中でエサを放棄する始末。何があってもエサはしっかりと食べていたのに。仕方なく,少しエサ入れを持ち上げて口の近くに持って行ってやるとなんとか食べられるようだ。やはり,もう長いことはなさそうだ。まあ,生きるものの宿命だから仕方ないけど。

ーーー

 朝飯後にローラー44分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 94rpm で。結構,踏めるようになってきている。一昨年の春頃の80%くらいまでは戻っているかも知れない。

ーーー

 一日,輪講の準備と講義の準備。う〜ん,テンソルがよくわからん。

IMG 9900

 庭に咲いたスズラン

2015年5月 7日 (木曜日)

【星景写真】冬の終わりを撮りに行く

 別に残雪などを撮ろうという訳ではない。帰宅途中で比較的奇麗に晴れている空を眺めつつ,そうだ,宵の明星と去って行く冬の大三角を撮ろうと思った次第。FB の星空写真館の投稿に触発されたせいでもある。

 夕食を軽く済ませ,7時過ぎに家を出た。場所は口田沢の辺り。肉眼で星が確認できた7時半頃から固定撮影を試みるも,薄明が残って空が明るすぎる。構図を決めるのも面倒なので,対角魚眼で一網打尽にしようと(笑)。

DSC 1883

 去り行く冬の主役たちに金星と木星を添えて(笑)。ロケーションの関係でオリオン座は半身を林の中に隠してしまっている。折角なので,レンズのプロファイルを利用して歪みを取って,さらに地上風景を4枚ほど加算平均して星空と組み合わせてみた。

Goodby winter

 それ程違和感は感じない。

DSC 1886

 35mm レンズによる冬の大三角と金星

West diurnal motion

 ついでに撮影。春の夕暮れに西に沈むシリウス(右のハウスの上の明るい星)。

 ちょっと「新星景写真」の練習用の素材を撮りつつ(西の空で何も面白みはないけど),固定撮影で目に付く星座を撮って見た。拡散フィルタを付けて星座の形を強調してある。そして,昔懐かしの白黒モードで書き出してみた。

DSC 1910

 からす座。小さい星座だけどなぜか目立つ。左の明るい星はおとめ座のスピカ。

DSC 1911

 ふたご座。金星と木星を添えて。対角線上にある明るいのが金星(右下)と木星(左上)。左の明るい星はこいぬ座のプロキオン。

DSC 1913

 しし座。木星(右の明るい星)を添えて。もう少し下よりの構図じゃないといけなかった。

DSC 1914

 おとめ座とうしかい座のアークテゥルス。おとめ座がぶっちぎれている。撮り直しが面倒だったのでそのままで(笑)。

DSC 1917

 木立から昇ってきたケフェウス座(全部は出てきていないし,有名なガーネットスターはまだ隠れている)と北極星(左手上方の明るい星)。左手の木立からカシオペアの一部が顔を出している(多分)。

DSC 1918

 沈みかけているぎょしゃ座。金星を添えて。左上の明るい二つはふたご座のカストル〔右)とポルックス。

 という具合に,1時間半ほど遊んでから帰宅。

 固定撮影で白黒ってなんか雰囲気が良いなと思った。初めて一眼レフを手に入れて,ネオパンSSS とかトライXとかのフィルムを使って撮影して,パンドールで増感現像して,フィルムを透かして確かめて星が写っていたときの嬉しさを思い出した次第。

重さと運動と天気05/07/15

 起床は4時。外は薄曇り。今日から仕事。まずは朝一で講義である。その前に老犬介護の業務をこなす。もうすぐ14歳と7ヶ月。ほとんど歩けなくなってきた。目がきらきらすることもなくなってきたなぁ。

 介護業務の後は,朝一講義の準備。今日の予定は熱力学関係式。

ーーー

 朝飯後に昨日の疲労回復促進のために血液循環ローラー36分,16km。勾配負荷3%,ケイデンス 85rpm 前後でゆったりと。汗がボタボタ落ちて気持ち良い。

ーーー

 朝一で講義。流石に連休明けの一発目ということでテンションは低い。さらに,内容が,数式だけを黒板に書き連ねるというもの。

 講義後に生協で定期購読の雑誌を引き取ってくる。ついでにお茶を買ったのだが,代金だけ払ってモノはレジに置いてくるというちょんぼをやらかす。疲れているのか?

IMG 9895

 キャンパス内の緑も奇麗だ。講義も終わったので,ちょっとした解放感。

IMG 9898

 先日紹介した樹は,もうこんな状態。既に花のようなものが見えるのだが,..。

2015年5月 6日 (水曜日)

重さと運動と天気05/06/15【樽口峠に向かうも敢えなく,..】

 起床は6時頃。なんだかあまり体調はよくない。外は大快晴の様子。今日は,実は,GF 飯豊(グランフォンド飯豊という自転車でのロングライドイベント)のコースをチェックに行こうかと思っているのである。が,走れるかどうかの不安から少々億劫にもなっている(苦笑)。まあ,まずは老犬介護だ。朝の業務を済ませて,朝飯食って,諸々準備(おにぎりやら羊羹を持って,さらにペダルは SPD に換えてシューズは MTB 用に。これが大正解になるとは)して自転車に跨がってスタートしたのは8時40分頃だった。

 それにしても,昨年はこのコースを1度も走らなかったと思う(多分)。で,二年続きでの夏期の入院&手術とあって,走り切れる気がしない。手術前は,こんなの日常茶飯事的に走っていたので,その辺りを軽く走るような感じで出かけたものだが,...。また,このコースをこんな緊張感を持って走り出すだろうとは思ってもみなかった。「シャカリキ!」ではないが,また,こんなドキドキが味わえるのは自転車の醍醐味か?

 とは言っても現実は厳しい。登りという登りで,身体と脚の重さに泣き,平地を走れば,そのスピードの低さに泣き,100km を超えてからは耐久性の低下に泣いた一日だった。

 家を出て R121 を喜多方方面に向かう。逆沢から入って,新蔵峠を越える。

DSC09740

 峠の手前で見た景色。こんなのが好きである。ここから立ち昇る天の川を撮りたい(笑)。

DSC09741

 御伊勢町(だっけか?)付近で見たトラクター軍団。なぜか,おとめ座銀河団を思い出した(笑)。

DSC09743

 こんな風にして苗を作ることも少なくなった。ほとんどがハウス内での水耕栽培みたいな方法。

 そこから菅沼峠を越えて白川ダムへ。登り,...辛い。

DSC09746

 経塚の桜。盛りは過ぎたみたいだけど,まだ随分と花は残っていた。

DSC09749

 カメラマンが沢山いた。まあ,気持ちはわかる(笑)。

DSC09750

 今日もこのクソ重い「鉄下駄君」で。

 中津川を走って,九才峠のゲートを越える。ヨイ子は真似しちゃいけません(笑)。案の定,雪は全くない。ただ,木の枝と小石が落ちている。さらに雪崩で流れた土が路面に残っているところが一ヶ所。でも,ほぼ快適に走ることが出来る。

DSC09756

 まだ,桜が残っている箇所が多数。

DSC09757

 叶水手前で神社の桜を発見。はらはらと桜舞い散る,...。

 以前に比べれば,随分と時間を掛けて叶水到着。極楽峠の様子を見ようかとチラッと思ったが,子持トンネルが出来たので,昔の道の除雪作業などは後回し,あるいは放ったらかしの場合が多くなった。なので,絶対確実に雪が残っていると思うのでパス(笑)。おとなしく子持トンネルへ直進。子持トンネル内はえらく寒かった。下って行って,朴木峠へ向かう。木漏れ日と鳥の声の中,軽快に,..とはとても行かないペースでヨロヨロと登る。健康の森横根の先の水場で水を補給。さらに登る。

DSC09758

 朴木峠到着。飯豊山が奇麗に見えている。右手の煙は,多分,ワラビ園の野焼きと思われる。ここで,持ってきたおにぎりを一個補給。ここに至るまでにも羊羹一個補給。ボトルの水には念のために多少のクエン酸を投入。ここまでも,結構ダメージが蓄積。弱くなったことに溜め息一つ吐いて下る。朴木峠は完全開通で問題なし。

 下ってから,さて,どちらに行こうかと少しだけ考えた。右に行って新田橋から県道 260 で小玉川側から登るか,あるいは左に行って樽口側から登るか,..。先日,樽口峠に撮影に行った際には,車で前者のコースを通ったので,そちらはチェックの必要はなかろうと後者をチョイス。まあ,このせいで結果的に峠には辿り着けなくなった訳だが,コースのチェックは出来た(苦笑)。

DSC09763

 足水中里の手前の橋の上で。コンデジなので画質は今一つ。

DSC09765

 樽口の手前で。萌え始めから比べるとやや緑を濃くした中に,ポツリポツリとヤマザクラが見える。なんともほのぼのとしてくる。

DSC09766

 樽口の集落。この看板のところから飯豊山が見えることを初めて知った。

 樽口峠への登りの林道手前には数台の車が停車。やっぱり,通行止めらしい。でも,まあ,例年の如く,雪はなくてメンテナンスを残すばかりだろうと高を括り進むと,..。あれ?通行止めの看板とかロープとかがない。先に進むとその訳が判明。えらい量の雪が残っている。登り始めのヘアピン辺りは雪崩のせいもあってまだ2メートルくらいありそう。まあ,この辺りだけだろうと,高を括って自転車担いで雪の上を進む。MTB 用のシューズにしてきてよかったと思った瞬間。

DSC09768

 で,最初の残雪セクションを突破。が,しかし,この後も断続的に残雪セクションが現れて,ほとんどが押し歩き&担ぎ歩き。最初の橋のあるところ(登り口から1キロくらい?)からはず〜っと雪。それでも,なんとかなるだろうと進むが,コーナーを回ったところで,...

DSC09769

 視界の限り続く残雪に心折れた(苦笑)。多分,ここから峠の道標までずっと雪だろう。あるいは,先日駐車場にロータリー除雪車が置いてあったのでもしかしたら上から除雪作業は進められているのかも知れないので,この先まで行けば雪はないのかも知れないが,...。先が読めないのと歩行速度が時速2キロ程度になりそうなので引き返すことにした。下って,小玉川側からアプローチもチラッと浮んだが,これも時間と脚の現状を考えて止めにした。まあ,向こう側は先日チャック済みなので由としよう。道標まで辿り着けなかったのは残念だが,また来ればいい。下りも結局雪中行軍。

DSC09771

 樽口ワラビ園のところの自販機でコーラを買って,2個目のおにぎりを補給。一本桜を眺めてほのぼのとする。

DSC09772

 さて,補給も済んで,今度は百子沢峠に向かう。が,ここでも「通行止め」の看板。でも,もう何者もオレを止めることはできない(笑)。突破しなきゃ,帰れないんだよ。

DSC09773

 通行止めの場所で見上げれば,桜,...。

DSC09774

 登り口の橋の上から。渓流とヤマザクラはよく似合う。

 ここの登りは相変わらず辛い。最大 13% ほど。その他も 10% ほど。ようやく登った。「大蛇伝説の百子沢」の看板も既に朽ちかけている。一軒家があるが,まだ夏の間は誰か住んでいるのだろうか?このコースを走り始めて約10年が経過するが,年々寂れて行くというか,...。

DSC09776

 で,こんな景色に癒されつつ,峠到着。

DSC09777

 下り始めると,..また,出たよ(苦笑)。行く手を遮る残雪の山,歩いて行くんだ〜二本の脚で〜〜・・。

 下り終えれば,案の定,極楽峠側は「完全通行止め」の看板とバリケード。雪が残っているのは確実(特に,杉林の辺り)。なので,大人しく子持トンネルに向かう。往路はずっと向かい風だったが,復路は追い風になって,少しは楽が出来た。叶水商店の自販機でジュース休憩。最後のおにぎりを補給。さて,九才峠の登り返しだな。

DSC09781

 ゲートの手前の辺りで養蜂業のおじさんを見た。結構離れているのにブンブンという羽音が聞こえてくる。物凄い数の蜂が飛んでいる。

DSC09783

 途中の胡桃平にて。このネーミングはあまり嬉しくない(笑)。かなり古い集落とかで,神社の由来の看板に歴史がいろいろと書いてあったが撮影し忘れた。地名は,大石沢の川沿いに胡桃の樹が沢山あったからとか。1500 年代からこの地名らしく,当時は35戸,145人の最大集落だったらしい。

 後は,もうただただ淡々と登るだけ。スピードメータを見ると悲しくなるので,あまり見ないようにした(笑)。ようやく中津川到着。

DSC09788

 白川ダムの水の色。

DSC09789

 経塚の桜,再び。

 この後,菅沼峠をクリアし,下っている途中でちょっとボーッとしたのか,コーナリング中に前輪で小石を踏んであやうく落車しかけた。いかん,いかん,集中力を切らせてはいかん。最後の羊羹をチャージ。あのショックでよくリムうちパンクしなかったなぁと思いつつ走っていたが,玉庭の辺りでいきなり前輪から空気が抜けた。やっぱり,パンクしてたか。どうも,タイヤとチューブが完全に貼り付いていたせいで空気漏れが遅れたらしい。久しぶりに路上でのパンク修理。で,空気を入れ始めた頃から周囲に物凄い数のブヨが,..。結局3個所も刺された。あとで,熱持つかも。場所を移動しつつポンピングを続けて6気圧くらいでスタート。気をつければ問題あるまい。

 結局自宅着は4時半過ぎ。6時位を予想していたので予想よりも早かった。あと1時間半の余裕があったら小玉川から峠に登れたかなぁなどと妄想しつつ,..。141km に8時間も掛かるというお粗末さ。身体,バキバキである。

2015年5月 5日 (火曜日)

【星景写真】昇る月と土星に米沢の夜景など,..

 撮りたいものは,大接近の月と土星。場所は斜平山の山頂の愛宕神社。雪はないらしいので車で登れるだろうと地蔵園から入ったが,倒木で車一台分ギリギリのところとか,残っている雪のせいで車一台分ギリギリのところとか,..大変だった。が,無事に到着。まだ,月は出ておらずにそこそこ星が見えているので,..

Atago grgr

 こんなものを撮ってみる。なんだか,不思議な軌跡の飛行物体が,..(笑)。

DSC 1838

 出てきた!タイトルは「米沢市民,こんばんわ!」くらいか。

DSC 1840

DSC 1842

 すっかり出てきた。

DSC 1858

 月と土星。「最接近」という言葉のイメージからはやや離れている。

DSCF6401

 夜景も入れるとこんな感じになる。

DSCF6407

 土星を添えて!

 帰宅して娘と飲んだくれて寝落ち。

重さと運動と天気05/05/15【軽く山散歩】

 起床は5時半。昨夜は随分と久しぶりに雨が降った。が,既に雨は上がって大分経つらしく,外に出てみれば地面は既にカラッカラの状態。あの程度の「お湿り」では全く足りなかったということか。でも,まあ,降らないよりはましで,農家の皆様も多少は助かったはず。今日は天候が回復とのこと。まずは,老犬介護。本当にさらに一段状態が悪くなった。歩行もままならないような状態で,階段を降りることが出来ない。仕方なく抱えて庭に出すとヨタヨタと歩き,おしっこをするともう動けない様子。その場所で腹ばいになってしまう。なんだか,切なくなる。まあ,でも,今まで沢山走って来たからなぁ。最後の日までのんびりと生活してくれ。

 久しぶりに家族全員揃ったのだが,朝飯は結構別々に(笑)。その後,次女は高校へ行き,長男と長女も高校の先生に会ってくると高校へ。結局,三兄弟で先生方にお会いしたとか。こちらは女房と斜平山の山菜の下見に。気温の高い日が続いているためにそろそろワラビなども出ているのではないかと思ったら,案の定,いつもよりも早い出始めのようである。

DSCF6308

 こんなのがボチボチと見つかる。お浸し1回分ほど採れた。

 コシアブラもシオデも春宵に杯を傾けて春の野趣を楽しむ程度には採れた。折角だから,カタクリ園なども眺めて行こうかと登ってみれば,ここのところの気温の高さで花はすっかり終わっていた。残念。

DSCF6314

 わずかに残った花も色あせてしおれて,見るも無残といったところ。少し上まで登ればもっとシャンとした花に会えるかなと思ったが,急斜面の直下まで行っても大して変わらなかった。

DSCF6315

DSCF6324

 ちょっと残念な写真に。

DSCF6310

 タムシバ。タムシバとコブシの見分け方を知っている人は多くない?

DSCF6318

 アケビの花

DSCF6321

 ヤマザクラ。斜平山のヤマザクラは白い花が多い。先日行った樽口峠の一本桜などと同じ種類かな?

 2時間弱ほど山をブラブラと歩いた。今週末辺りから,斜平山のワラビ採りは本格化か?

ーーー

 夕食前にローラー61分,30km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 97rpm で。

ーーー

 夕食後にちょっと撮りたい対象があったので,車に機材を積んでゴー。詳細は別便で。

2015年5月 4日 (月曜日)

重さと運動と天気05/04/15

 起床は5時。久しぶりの曇り。まずは,老犬介護。ここに来て,またしても急激に衰えてきた。夏までは難しいかも。まあ,充分に長生きはしたから,あとは大往生だな。

DSCF6305

 曇ってるなぁ。今日は夜には雨らしい。

ーーー

 出かける前のローラー20分,9km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 -100rpm で。軽く汗を出すためだけのローラー。

ーーー

 7時過ぎに仙台へ向けてゴー。2時間ほどで長男のアパート着。荷物の積み下ろし,様々なものを入れ替えて,長男のところに転がり込んで泊まった長女と一緒に実家へ。4号線が渋滞していて苛ついた。11時過ぎに実家着。お袋に髪を切ってもらい,昼飯食って2時過ぎに辞去。

 次に向かったのは福島市の女房の実家。3時半前に着。四方山話とお茶飲みで4時過ぎに辞去。

 こちらは本日の業務は終了なので帰りの運転は女房に任せて,ビールとワインでリラックス。5時過ぎに自宅着。何だか疲れた。

2015年5月 3日 (日曜日)

重さと運動と天気05/03/15

 そんな訳で,午前8時前後に帰宅。なかなか面白い体験だった。しかし,眠い。軽く1時間ほど仮眠。10時半頃に車でゴー。着いたのは,..

IMG 9850

 高畠ワイナリーだった(笑)。

IMG 9852

 スパークリングワイン嘉。いい休日であるが,..暑すぎる。

 さて,次に向かうのは,...

IMG 9853

 犬の宮である。その次は,..

IMG 9856

 猫の宮である。なかなか興味深かった。

DSCF6303

 これもなかなか面白かった。

 次に向かったのは,赤湯である。飯を食おうというのであるが,向かったのは「山映」である。ワインを飲んでしまった以上,..

IMG 9859

 当然こうなる(笑)。

IMG 9860

 女房はおにぎり定食。おにぎり(これがまた絶品)が3個付いて,おでんと刺し身と香の物で800円というコスパ最高の品。

IMG 9861

 もう停まらん!!

 FB を通じて,おでんを土産として買ってこいという指令を2ヶ所から頂く。都合8つのおでんを持ち帰り。米沢に着いておでんを配達してから,..

IMG 9862

 女房と一緒にコゴミ採りへ。先だって行って,ほとんど出ていなかった場所に行ってみると,あるわ,あるわ,..。

IMG 9863

 わずか10分ほどでこれくらい。

 食事時には,..

IMG 9865

 マルスウイスキーなるものを頂く。昼に高畠ワイナリーで購入したもの。

 流石に,今日は早々に寝落ち。

【写真】樽口峠からの帰り道にて

 5時過ぎに駐車場を後にした。

DSCF6268 2

 小玉川側に下る途中で桜の樹越しに飯豊山が見えた。

DSCF6271

 よく知った道を梅花皮荘方面へ向かう途中で出会った景色。この辺りに釣り客が入っていた。

DSCF6274

 梅花皮荘手前の道沿いから。

DSCF6277

 梅花皮荘への橋の上から。奥の建物が梅花皮荘(かいらぎそう)。

DSCF6280

 旧小玉川町中学校の手前の橋のところから見えた景色。

DSCF6282

 慌てて停まった。

DSCF6284

 新田橋の上流側

DSCF6285

 下流側

DSCF6290

 R113 の合流点の手前辺り

DSCF6292

 同上

DSCF6294

 R113 の赤芝峡

 という訳で,なかなか充実した一泊二日であった(笑)。

【写真】樽口峠の夜は明けて,..

 さて,すっかり明るくなった。と,何台かの車が上がってきた。朝の様子を撮影してみる。

DSCF6248

 同業他社の方々(笑)。東の方の斜面(ワラビ園)に登って撮影。

Iide panorama

 ついでに朝の様子をパノラマ風味で。

DSCF6251

DSCF6256

DSCF6259

 一本桜と飯豊主峰部分

DSCF6260

 同上

DSCF6263

DSCF6266

 角度を変えて同上

DSCF6265

 やはり,気温などのせいだろうか葉も一緒に出てきてしまったようだ。

DSC 1829

DSC 1830

 石転び沢と梅花皮小屋のアップと,オーソドックスな下手な構図の飯豊連峰核心部分(笑)。

DSC 1827

 上の三枚で,ずっと引いてきて,..というイメージで,..(笑)。

 ここまで撮影して,長居は無用と樽口峠を後にする。以下,別便で,...。

【星景写真】開通した樽口峠で一夜を過ごしてみる

 午後7時頃に思い立って機材を積んでゴー。いつものロードワークコースを経て「道の駅いいで」のところで R113 に合流。ひたすら新潟方面へ。小国を過ぎて道の駅を過ぎて昔,東芝セラミックスの水力発電所があったところの分岐から県道260号を小玉川方面へ。自転車で散々走った場所なので闇夜でも心配なし(笑)。

 樽口峠の展望駐車場に到着したのは午後9時過ぎ。約1時間40分くらいかな?誰か,写真でも撮っていたらと,車のライトに気を遣いつつ,駐車場へは月明かりを頼りに到着。案の定というか,同業他社の方々が(笑)。既に4台ほど車があり,お一人は車脇にお一人様用のテントを設営して就寝中の様子。トイレの近くに車を停めて,車を降りて,満月に近い月明かりに照らされた飯豊連峰を眺める。思い切って来てよかった。出来れば,赤道儀とかと一緒に新月期に来たかったな(笑)。

DSC 1679

 中天に近い位置にほぼ満月がある。月下の飯豊連峰。星はわずかしか見えないけど,...。

 さて,どういう構図で撮ろうかと三脚担いでウロウロしていると,隣の車からおじさん登場。東京からだとか。そろそろ撮影始めるとか。星かな?と思いつつ訊ねてみれば,桜だという。そういや,小国町の HP で一本桜が紹介されていたっけ。飯豊連峰と日周運動の写真を仕込んでから,その桜のところに向かう。

DSC 1803

 今年は,花も少なめらしい。色も白っぽい。まあ,これはこれでいい風景だ。

DSC 1810

 ちょっとアップで。こんな写真を撮りつつ,一方でけなげに働くカメラセット。

Yoasobi panorama

 おっさんの夜遊びをパノラマ風に表現してみた(笑)。

Iide grgr1

 満月に近い月明かりでも比較明合成することで,この程度の星は写る。13秒で 110 枚ほどを比較明合成。

Iide grgr3

 こんなのも撮ってみたが(月明かりの影響の少ない方向なので),何故,この場所に八重桜などを植えたものか?全く風情が台無しである。植えるならせめて大山桜にしてくれ。しかも,八重桜はこの一本ではなく,..

Sakura hokuten

 取りあえず,この場所に赤道儀をセットしても大丈夫だよということで(笑)。これがオオヤマザクラなら,もう少し。

Iide stars3

 次は,こんな感じで,月もいれてみた。月を入れた日周運動は初めて撮った。右上方にあるのはしし座の大鎌である。月の直下に写っているのはおとめ座のスピカ。

 星はまあこんな程度で。月が明るすぎる。でも,これはもう朝までここにいなければならないだろうと思った。さて,女房への連絡をどうしようかと思いつつ,iPhoneを見れば,..あれ?4G?立ち上がると,「圏外」。腰を下ろしてみると,4G。かなり微妙な状態らしいが,これまで全くの問答無用の「圏外」だった樽口峠で,データ通信が可能であるのは嬉しい限り。さっそくメールを送信。おお,返事来た。「朝までここに滞在する」「勝手にどうぞ」。いい女房だぜ。幸い,全く寒くないので,念のために持ってきた衣類だけで対処できそうだ。問題は食料だが,一晩くらい問題なかろう。という訳で,月の沈む午前4時頃から日が出る5時前のわずかな時間を狙って星の写真を撮ってみることに。もちろん薄明が始まっているので大したことは期待出来ないが,..。そんな訳でシートを倒して仮眠。大して眠れなかったが2時間ほどは寝たようだ。

 3時半くらいから活動開始。他の車からもゴソゴソとおじさんが登場。同好の士だけあって,なかなか話しやすい(笑)。

DSCF6227

 もうじき月が沈む。

DSC 1817

 月が沈んだ後の飯豊連峰から立ち昇る天の川。これが限界。色合いは勘弁してもらおう。山の残雪重視ということで。夏の大三角まで入った。月さえなければ,物凄い写真が撮れるかも知れない。

DSC 1818

 どちらも対角魚眼で。

DSC 1819

 飯豊山に沈むさそり座。月明かりが残り,薄雲が掛かり,薄明が始まっている。条件は最悪。でも,まあ,記念として(笑)。

DSC 1824

DSC 1825

 これで夜の活動部終了なり。

 

 

 

2015年5月 2日 (土曜日)

重さと運動と天気05/02/15

 起床は4時半。場所は,食卓の下の空間。一体,何故このような場所で?リビングの板の間の上で寝たせいか,身体のあちこちが痛い。揚げ句に,中規模未満小規模以上の二日酔いと来ている。それ程呑んだ意識はなかったけどなぁ。お陰で,一日夕暮れまでウダウダと過ごす羽目になった。好天の連休初日なのに,休みの神様に叱られてしまいそうだ。

 午後3時頃に盛んに消防車のサイレンの音が聞こえていた。連休初日なのに火事かよ。本当に気の毒なことだな,などと考えつつウダウダ過ごし,..

ーーー

 夕食前にローラー44分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 95rpm で。毒を盛大に排出。

ーーー

 夕暮れ時にちょっと西の空がいい色になった。カメラぶら下げて,ママチャリでポタポタと出かけると,先ほどから聞こえていたヘリのエンジン音の訳がわかる。

DSCF5958

 斜平山の辺りをヘリが飛んでいる。赤いバッグをぶら下げている。あれには見覚えがある。しばらくしてヘリが降下して再び上昇。そして,..

DSCF5957

 散水。え〜っ,もしや山林火災?ママチャリ飛ばして,麓の小学校跡へ。その場にいた人に話を聞くと,山林火災だったとか。この時期の山林火災というと,その原因として山菜採りあるいはハイキングのときのタバコの火の不始末とかしか考えられないが,...(怒)。ちなみに,このヘリは山形県の防災ヘリ「もがみ」だった。

DSCF5963

 ありがとう!お疲れさま!!

 その後,田んぼ農道をママチャリでブラブラ走る。

DSCF5960

 タイトル「もう,帰ろう」

DSCF5965

 タイトル「もう,晩酌の時間だなぁ」

DSCF5969

 タイトル「今日の晩飯はなにかいな?」

 こんな感じでダラダラと過ごしたが,いろいろと考えて機材を積んで午後7時半頃に家を出た,...。さて,どこに向かったのか?

芽吹きのスピード

 なんという樹木かは知らないのだが,通勤途中でいつも見る樹がある。冬になればすっかり葉を落とし,春になれば緑の葉を繁らせる。ここに来てようやく芽吹いたようだが,そのスピードに驚くばかり。

IMG 9819

 月曜の様子

IMG 9823

 火曜日の様子

IMG 9833

 木曜日の様子

IMG 9835

 金曜日の様子

 光合成の凄さがわかりますね(笑)。

2015年5月 1日 (金曜日)

重さと運動と天気05/01/15

 起床は4時。いよいよ5月か。月日の経つのは早いものだ。そして,今日も快晴らしい。ここのところ雨も降らずに,夏日が続いている。一方で鹿児島の方は大雨らしい。被害が軽微でありますように。

 今日も老犬の世話をしながら庭の草むしりとか枯れた枝の片付けとか。なんだか,植えたはずのないアスパラが庭のあちこちに生えている。まだ,細いので取って食うほどではないのだが。どこから来たんだろう?

DSCF5947 1

DSCF5950 1

 今朝の夜明けの風景。

ーーーーー

 朝飯後にローラー42分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 65 - 100rpm で。

ーーーーー

 午前中に諸々の雑務をこなして GW 前の業務終了。午後からは実験装置のことなどを考えながらまったり。

 夕方には GW で遊びに来た OB と現役学生と一緒に「弁慶」へ。10時頃にはお開きにして健全に帰宅。帰宅後にアルコールを追加したら,..寝落ち(笑)。

IMG 9840

 呑み会からの帰宅途中の上杉神社の葉桜。まだ,ライトアップが続いている。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »