2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気11/27/14【仙台へ】 | トップページ | 重さと運動と天気11/28/14 »

2014年11月27日 (木曜日)

【星景写真】今シーズン一番の濃霧に覆われた米沢盆地(X-T1 の星撮り特性)

 友人を乗せて,10時少し前に愛宕神社到着。登り始める前から,平地ではかなり濃い霧が発生していたが,愛宕神社から眺めると,北の方はそこそこ霧に覆われているものの,まだまだまばらな状態。そこで,まずはポタ赤を設置して,オリオン座やらカシオペア座やらを撮る。今日はあまり時間もないので X-T1 の星撮り特性のチェックに専念。なので,カメラは D600 と X-T1 の2台のみ(いつもなら星撮り専用の改造カメラ D3200 も持ち込むのだが)。

DSCF1836

 冬の大三角は,左が米沢市の光害でつぶれているが,破綻のないつぶれ方とでも言うか,雰囲気として悪くないような感じがする。FUJIFILM X-T1, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 15mm, F2.8, ISO1600, 90sec, SkymemoRS でノータッチガイド

DSCF1847

 ISO 3200 にしても,十分使えるようだ。以前のテストで,さすがにISO5000 ではざらつき感はでたが,気になるレベルでもなかった。FUJIFILM X-T1, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 15mm, F2.8, ISO3200, 60sec, 4枚コンポジット, SkymemoRS でノータッチガイド

DSCF1843

 夜景と星を撮るために仕込んだ D600 を撮影してみる。ポタ赤でガイドしているので,星が止まって街の灯が流れている。FUJIFILM X-T1, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 15mm, F2.8, ISO1600, 40sec, SkymemoRS でノータッチガイド

DSCF1856

 ぎょしゃ座からおうし座付近。少しズームしてみたが,どうもピント調整が甘かったようで,星が変な形でいびつになった。でも,カリフォルニア星雲も比較的濃く出ているし,赤性能は悪くはなさそうだ。FUJIFILM X-T1, 24mm, F3.2, ISO3200, 100sec, 4枚コンポジット,SkymemoRS でノータッチガイド

DSCF1861

DSCF1862

 おふざけで夜景と星を撮影中の友人を撮ってみた。これはこれで悪くない。

DSCF1869

 冬のダイヤモンド。マウントアダプターで Sigma Diagonal Fisheye 15mm, F2.8, ISO3200, 60sec, SkymemoRS でノータッチガイド

DSCF1871

ペルセウス座,アンドロメダ座,カシオペア座。マウントアダプターで Sigma Diagonal Fisheye 15mm, F2.8,  ISO1600, 125sec, SkymemoRS でノータッチガイド

DSC 0306

DSC 0360

 厚い夜霧ですっぽり覆われた米沢市外。右には木星としし座の大鎌と左には立ち上がりかけた北斗七星。

Unkai hosibosi4

Unkai hosibosi

 上が,40sec 露光の30枚の比較明合成,下が40枚の比較明合成。

« 重さと運動と天気11/27/14【仙台へ】 | トップページ | 重さと運動と天気11/28/14 »

写真」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、ももで~す。
すごい眺めですね!
行ってみたいな~

ももさん

盆地の特権です。(笑
来週から雪マークですので,もしかしたらこれで最後になるかも。

またまた幻想的な美しい写真の連続ですね!
星を撮る人を撮った写真もいいし、雲を彩る街の灯りに北天グルグルも見事です。
とても癒されます。

koji さん

ありがとうございます。

でも,この手の写真は,その時に,その場所に行けば,誰でも撮れる写真なんですよねぇ。そういう意味では,人生において,ほんの少し行動するかどうか,その一歩を踏み出すことの重要性みたいなものを考えてしまいます。些か大げさではありますけど。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気11/27/14【仙台へ】 | トップページ | 重さと運動と天気11/28/14 »