2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の45件の記事

2014年10月31日 (金曜日)

重さと運動と天気10/31/14

 起床は5時少し前。ああ,また寝過ごした。4時前に起きて,東の空に昇る星々と朝焼を共に,..あるいは霧が出ているようなら愛宕神社からの虹色雲海と東の空に昇る星々を共に,..なんてことを考えていたのだった。外を伺えば,今日もガスっておらず,星が奇麗に見えている。行くしかあるまい。前者のテーマをやっつけるのだ。あ,朝の体重は 71.2kg と意地でも落ちるかといった感じ(:-D)。

 完全防寒かつ手袋なしで農道の中ほどまでママチャリをぶっ飛ばす。ボチボチ,東の空が明るくなってきている。東の空に昇ってくる星々を日周運動として捉えられるのは15分が限度ということろか,..(結局,数分ということになってしまったけど)。

20141031 2

 こんなもの撮ってみた。明るくなりつつあるので,1枚当りの露光時間を10秒くらいにして20枚弱かな?日周運動を最低でも1時間くらいにはしたい。次回の課題にする。

DSCF0979

 アークトゥルスと水星(多分)。

DSC 9657

DSCF0989

 青空に浮かぶ冬の大三角(笑)

ーーーーーーー

 朝飯後にローラー25分、11km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 95rpm で。

ーーーーーーー

 朝一の講義は,数式ばかりを1時間半書き連ねた。聞いている方もイヤになるだろうが,こっちもイヤになる。だけど,数式を「読める」ようになることも大事だ。

【雑記&写真】枕木交換作業風景を初めて見た!!

 昨夜は,今朝の「おっさんの朝活」のために,酒も呑まずに(というか,自宅に酒が一滴もない。消毒用アルコールはあるけど),翌日の朝一講義の準備もそこそこに(?)9時台には寝た。ちょいと浅めの睡眠に入っていた頃に,なにやら玄関のドアがバスンと閉まったような音を聞いたような,..。と女房が,「なんか枕木交換作業みたいなことやってるよ」と。なんでも,低周波の「ゴーーーー」というような音が響いて眠れなかったので,何事かと外に出てみたら,線路上で何か作業車が動いていたらしい。これを逃したら,実際に自分の目で枕木の交換作業を見る機会など一生ないかも知れない,..ということで,「おっさんの深夜活動」開始である。

 カメラ2台ぶら下げて,ベンチコートで完全防寒対策でママチャリでゴー。なにやら,音のする方向に自転車を走らせる。おお,なんだか,宇宙戦艦ヤマトにでそうな奴が,線路上をゆっくり行きつ戻りつしているぞ!!

DSC 9585

 これは,何をやるための車両なのか,ちょっとわからない,.。

 で,場所を変えてみるかと,ママチャリで走り出したら,いつもの古志田第3踏切に作業車が止まっている。何人かの作業員の方々が働いている。

DSC 9587

 先だって線路脇に停められていた作業車は改造ユンボという感じだったが,これはなんだか,それ用のスペシャルな感じ。

DSCF0969

DSCF0970

DSC 9593

 全景をオリオン座とともに(笑)。

DSC 9595

 寒い中,遅くまでご苦労様です。

DSC 9605

 作業風景をオリオン座とともに(笑)。

DSC 9609

DSCF0972

 大変だなぁ。

 流石に,作業現場を間近に見ることは出来なかったが,あの雰囲気を味わえたのはなかなかの収穫だった(笑)。結局,帰宅後はしばらく眠れず(苦笑)。就寝は1時半頃かな?

2014年10月30日 (木曜日)

重さと運動と天気10/30/14【久しぶりにおっさんの朝活】

 起床は4時少し前。なにしろ,昨夜は呑まずに,早めに寝た。置賜地方,濃霧注意報の予報にワクワクしつつ,..。起きて最初にしたことは腰痛体操でもなく,トイレでもなく,外を伺ったこと。なんだよ,霧なんてかけらもないじゃないか〜〜・・。でも,まあ,それはそれでよかろう。カメラ,三脚,レリーズなどを持って,寒くはなかろうと高を括って,適当な格好で線路向こうの田んぼ農道へ。あ,朝の体重は 71.7kg と頑として高値安定。

おっさんの朝活はえらく寒かった,.:

Orion grgr2

 こんなものを撮影。50sec x 20 枚を比較明合成。オリオン座と冬の大三角と斜平山(正確には,笹野山)のテレビ塔。これの撮影中,えらく冷えてきて,手の感覚はなくなるわ,身体中冷えるわで大変だった。

DSC 9560

 おおいぬ座を撮りたくてカメラを向けて 20sec の間に,何か飛び込んできた。流星じゃないような気がする。

DSC 9562

 しし座と木星。明け方の東の空は,もう春である。

DSC 9563

 斜平山のテレビ塔と冬の大三角。南西の方は,まだ真冬(笑)。

DSC 9564

 明け方,東の空から登る星々。栗子連山の稜線上にある赤っぽい二つの明るい星は,真ん中が水星で,左はうしかい座のアークトゥルスのようだ。これは 100sec 露光して,星を軌跡にしてみた。春は曙,やうやう白くなりゆく,..(だっけ?)。

DSC 9569

 北斗七星の杓の部分を曲率を持たせて伸ばしていくと,アークトゥルスに至る。春の大曲線の一部。

 というようなことで,ボケ〜ッと農道で1時間ほど過ごした次第。芯から冷えた。

DSCF0961

 冠雪の大朝日岳を観ながら走る,朝の米坂線下り列車。

ーーーーーー

 朝飯後にローラー36分、16km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 90rpm で。

ーーーーーー

2014年10月29日 (水曜日)

重さと運動と天気10/29/14

 起床は6時。アララ,寝過ごしたよ。外は青空が見えているものの,時折雨が落ちてきたりして,まだ荒れた天気を引き摺っているような感じ。

DSCF0931

 予報では,一日晴れなんだけど,..。

 昨日,帰りの新幹線内で弁当食って(車を米沢駅に置いているために呑めずに仕方なく弁当などを,..),付いていた楊枝で歯をせせっていたら,..ポロリと,..詰め物が取れた。なんてこったい!ということで,今日は通勤途中で歯医者に立ち寄り「修理」の予約を入れねばならん。ついでに,歯石取りなどのメンテナンスもお願いすることにする。

 ワン公の世話もそこそこに今日はちょいと線路向こうまで繰り出す。

DSCF0937

 なんとなれば,西吾妻やら天元台に初雪が降ったようなので,..。はぁ〜・・いよいよか。

DSCF0939

 斜平山の紅葉も盛りを過ぎたかな?

DSCF0943

 で,たまにわ,鉄道風景写真でも,..(笑)。

ーーーーーーー

 朝飯後にローラー34分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 90rpm で。

ーーーーーーー

 通勤途中で歯医者に立ち寄れば,詰め物の修理は今日対処してくれるとのこと。有り難い。午後2時半で予約。午前中は雑誌会と,推薦入試関連の業務。それにしても,「入試」と名の付くイベントの多さよ。ここでも確実にエントロピーは増大している。

 終わって,昼飯も食わずに雑誌会の続き。その後一旦帰宅して2時半からの歯医者へ。飛び込みに近いので30分ほど待たされてから受診。で,品の良いお姉さんの話では,歯の一部が欠けて,隙間が出来てしまっているので,新しく詰め直した方が良いとのこと。あぁ〜〜・・これでまたあと3回ほどの歯医者通い決定か。

 職場に戻って学会仕事。昨日,新幹線車中でちょっと書き進めた原稿に全然取り掛かれない。そして,原稿そっちのけで,明後日の講義準備,..。ここでも,エントロピーは,..(くどい!)

DSC 9537

 初冠雪!!

2014年10月28日 (火曜日)

重さと運動と天気10/28/14

 起床は6時。朝の体重は 70.8kg と少し減ったか。多分,水分量だろうけど。外は雨は上がったようだが,厚い雲。少し早い時間だと陽が差したらしいけど,今日は一日降ったり止んだりらしい。今日は東京で会議。つばさは昼前なんだが,職場に行ったり戻ったりが面倒なので,在宅でちょっと仕事してから出かける積もり。

DSCF0929

 6時半頃は,こんな感じの空だったが,直ぐに雨が降ってきた。気温も低く,冬のような北西風が吹いている。これは,きっと高い山は真っ白になるだろうな。雪を被った飯豊山が見たいぞ。

IMG 7958

 宮本常一氏に触発されて,これからはモノクロを入れていこうかと,..(笑)。

ーーーーーーーー

 朝飯後にローラー45分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 93rpm で。

ーーーーーーーー

 なんだか,朝起きたときから左肩が痛いのだが,..。もしや,これが五十肩?時間の経過とともに痛みが強くなってきているような感じだ。出かける前にロキソニンハップなど貼ってみるか。

 原稿書きを始めたのだが,..昨夜入浴中にちょっと良い切り口というか表現を思い付いたのだが,...忘れてしまった(苦笑)。すすまねぇ〜〜〜・・・と,気軽に書けるこちらに逃避(爆)。11時頃に車で駅まで移動し,駐車場に車を置いて,つばさの車中の人になった。

IMG 7965

 福島を過ぎた辺りから見える吾妻(?)は完全に雪雲だ。

IMG 7975

 地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅前に来た。この近くで,3時から6時少し前まで会議。世の中の移り変わりに連れてのシステム変更はしんどいのぉ。ここでもまた,エントロピーは確実に増大している。平衡状態にしてしまえば,それ以上増大することもないはずなんだが,どこが平衡状態なのやら,..宇宙の終わりまで続く泥濘といったところ。

IMG 7977

 東京駅も大概カオスだ。キハチのパンプキンパイなるものをお土産に買ってみた。まあ,季節ものだしね。

IMG 7982

 こんなの。バカウマ!!

 帰宅は10時少し前。もう,ストレス満載で酒でも呑まないとやってられないと,ワインとビールを買って帰宅した次第。

 そして,無聊を慰めるために,星の写真など撮ってみる。

DSC 6660

 薄雲に隠れるオリオン座とヒアデス,プレアデス。

DSC 6662

 玄関脇から見える星座が違ってきた。ぎょしゃ座とヒアデス,プレアデス,オリオンの頭など,.。

2014年10月27日 (月曜日)

重さと運動と天気10/27/14

 起床は6時。昨夜は,さすがに晩飯後にガッツリ寝落ちして,11時頃に覚醒した。そしたら眠くなくなったので,撮った写真を現像したりしていたら寝たのは4時半頃。1時間半の仮眠状態である。朝の体重は 71.4kg で変わらず。外は曇り。

IMG 7952

 昨日,HARATOKU で購入したのは,(上の写真の)下の本。「忘れられた日本人」は以前に入手していたが,まだ未読。以前に,宮本常一氏の写真の本(これは下の写真)を見て,その写真の見事さに驚き,それ以来,そうした写真が撮れた理由のようなものを考えていたので,...

IMG 7953

 とにかく,今風のポートレートなどを見た際によく感じる,底の浅い「あざとさ」のようなものが微塵も感じられない。土門拳の写真を観たときと似た感覚。そんなことを頭の片隅で考えつつ,朝の業務の老犬介護をこなす。

ーーーーー

 朝飯後にローラー34分、14km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 84rpm で。昨日の「ママチャリポタリング」の疲労のせいかケイデンスが上がらない。

ーーーーー

 午前中は,原稿書きをするも,なんだか身が入らず。今週末が〆切なのだが,..。学会の東北支部のニュースレターの原稿なので,それほどのクオリティを求められてもいないのだろうし,何人が読むのかも怪しいもの(苦笑)。午前中から雨が降り出し,あとは降ったり止んだり。雨の降り出しから冷たい北西風が吹き始めた。気温が一気に下がる。

 昼休みに帰宅して食事して,切れかけている腕時計のベルトを買うために,一番近場のコメリに行ってみたが,時計はあれどもベルトなし。しょうがないなと,今度はジョイに行くも,ベルトはあれども革製ばかり。ここまで振られると意地になる。今度はムサシへ。ようやく,目的のものを見つけて無事に交換完了。最初からムサシに来れば良かった。

 脇では,老婆とその息子らしいおじさん(オレよりも少し上だな)が訳のわからん口論の真っ最中。どうやら,いわゆる「ババ車」(婆さんが杖代わりに押して歩く,荷物を入れたり腰掛けたりできる手押し車)を買いに来たらしいのだが,2台買うと主張しているのが婆さまで,1台にしておけというのがおじさんの言い分。婆さんは,屋外用と屋内用に一台ずつ欲しいと主張し,おじさんは屋外の一台だけで充分だと主張。両者の主張は,まるで我が国へのK国やC国のそれと同じように平行線を辿ったまま交わる気配がない。こちらはすべて終わったので結末までを見届けることなく帰宅したが,どうだったのだろうか,..(笑)。

 午後からは,書類の最終バージョン作成やら,3年生の文献選びへのアドバイスやら,..。なんて言うんだろうな?馴染みのない難しい内容のことであっても,原理原則のようなところに落とし込んで考えれば,筋道は見えてくるという経験をさせてやりたいけど,なかなか難しいなぁ。ノーベル賞級の研究であっても,それの大枠の理解に必要なベースは高校までにすべて習っているはずなのだが,..。

 帰宅して最後に残った1合ほどの日本酒を呑み干して,自宅の酒は消えた,..。明日は東京で会議。(腰の方は)もう,大丈夫だろう(と思うけど)。

2014年10月26日 (日曜日)

重さと運動と天気10/26/14

 別便の如く,お腹一杯遊んで帰ってきて,朝飯食って,画像処理もそっちのけでウツラウツラと,..。と,女房からのリクエストで「南原文化祭」なるものに行こうと誘われる。なんでも,下の子が高校から手伝いで借り出されているとか。

 会場に行って,抹茶を飲み,山菜汁を食べて,ナメコやら菊やら焼き鳥を買ってから,今度は駅へ。

 駅ではまたぞろなにやらお祭りイベントの真っ最中らしい。明後日の東京行きの切符を仕入れてから女房と昼飯。その後,祭り会場を冷やかして,行方さんから義経焼きを買う。ミニ SL が大人気だった。

 次は,ベニマルに立ち寄り,服を買う。3年分くらいの洋服を買った。

 次は HARATOKU に立ち寄り本を買う。これで本日の業務(?)終了。

 帰宅して,今度は少し運動をしておこうとママチャリに乗り,目指すは「トトロの森」だ。途中,蕎麦の刈り入れなどを見学しつつ,さらに南原の大栗などを眺めつつ,延々とダラダラと昇るコースを走る。

DSCF0903

 ちょっと色付いていた。蕎麦の刈り取りをしていた。

 帰りはラクチンだ。なので,いろいろと余計なところを回ってみる。そして,所々で写真を撮る。

DSCF0921

DSCF0923

DSCF0927

 秋の風景を堪能した次第。約20kmのママチャリポタリングだった。

【写真】明け方の米沢盆地と斜平山の紅葉など,..

 星の撮影も終わったので,テレビ塔から少し降りたところで,雲海(うっすらとしたものだったが)の撮影をしようと移動した。

DSCF0780

 米沢市の中心部が台風の目のようにポッカリと開いている様子。

DSCF0798

 日の出間近の栗子連山と麓の雲海。

DSCF0805

 明るくなってきた。

DSCF0818

 日の出前に,なにか光条のようなものが,...。しかも,青い!

DSCF0830

 ご来光である。

 明るくなってきて,折角なので,「斜平スカイツリー」まで足を伸ばしてみようと,行ったことのない友人を誘った。もう一回テレビ塔に向う。

DSCF0838

 テレビ塔から尾根道を愛宕神社方面に向う。10分ほども歩くと,..

DSCF0845

 こんな道標の場所に出る。周囲の雑木が刈り払われて,眺望は抜群だ。

DSCF0847

 北の方や,..

DSCF0852

 南の方や,..

DSCF0853

DSCF0854

 西の方とか,..360度のパノラマを堪能できる(上は,栂峰,下は,飯豊山)。

DSCF0855

 南の方とか,..。

 とまあ,深夜の星空から始まって,明け方の雲海(薄かったけど),日の出,さらに朝の紅葉と,もうこれ以上はないくらいのお腹一杯メニューだった。

DSCF0861

 帰宅したら下界はこんな感じだった。さて,まだ,午前8時。今日は一日何をしようか?

【天体写真】流れ星など,..

 午前0時過ぎから明け方の5時頃まで夜空を見上げていれば,それなりの数の流れ星を観ることが出来る。だが,それを写すのは至難である。偶然流れる方向にカメラが向いていて,シャッターが開いている(今は,この表現はおかしいのかも)ことが条件になる。でも,昨夜は,構図決めの試し撮りとか,最後の一枚とかに偶然に飛び込んできてくれた。

DSC 9524

 これは少々わかり難い。北斗七星を狙ったのだが,北斗七星の柄杓部分にうっすらと,...あくまでうっすらと,..。流星かどうか判然としないけど。

DSC 6660

DSC 6592

 この2枚は,オリオン座流星群の残り物だろうか?

DSC 6635

 これはペルセウス座の方から飛んできたのかな?

【星野,星景写真】日付変更線を越えたら行動開始,...

 仮眠から覚醒したのは12時少し前。眠いのと,こんな夜中に出かけていくのが億劫な気分でテンションは低い。でも,まあ,老先も短いので行かねばならぬ(笑)。12時半頃に友人宅で友人を乗せて,今夜は笹野山へ。テレビ塔のところに陣取る。早速,ポタ赤を設置。計画では,霧による雲海発生までは,星の写真を撮影し,それからは虹色の雲海やら,雲海と星のコラボを撮影しようというもの。街の灯は,まだまだクリアで「霧」などかけらもない。昨日は,この時刻には外灯の光がうっすらとにじみ始めていたので,今日は遅いようだ。

 今夜撮る対象をザッと挙げてみれば,...オリオン座のバーナードループ,ぎょしゃ座の銀河,カシオペア座付近の銀河,冬のダイヤモンド,昴からカリフォルニア星雲,などなど。機材をセットしつつ,北の空を眺めれば,今まさに地面に激突するように沈んで行く「はくちょう座のお尻半分」が見えたので,まず,手始めに写してみる。

DSC 6566

 沈み行くはくちょう座とケフェウス座,カシオペア座,アンドロメダ大星雲など。D3200(新改造),Sigma 15mm diagonal fisheye, F2.8, Lee No. 1 filter, ISO1600, 150sec, skymemoRS で追尾

20141026casiopea

 カシオペア座付近の銀河。一番下に北アメリカ星雲。上の左が昴で,その右下にカリフォルニア星雲がある。D3200(新改造),Sigma 15mm diagonal fisheye, F2.8, Lee No. 1 filter, ISO1600, 100sec, skymemoRS で追尾,8枚コンポジット。

20141026diamond

 冬のダイヤモンド。今まで,散々撮っても奇麗に出てくれなかったバーナードループがすんなりと出た(笑)。D3200(新改造),Sigma 15mm diagonal fisheye, F2.8, Lee No. 1 filter, ISO800, 121sec, skymemoRS で追尾,10枚コンポジット

20141026orion

 ようやく写せたオリオン座とバーナードループ。本当は,もっとすごいんだけど,これくらいしか,.。画像処理のテクニックが稚拙過ぎて,..。D3200(新改造),Sigma 35mm, F1.4 → 4, ISO1600, 121sec, skymemoRS で追尾,10枚コンポジット

20141026gyosya

 ぎょしゃ座の銀河。冬の銀河の中に埋もれるようにある星座なので,微光星が多過ぎて,..。でも,3つの星団(M36, M37, M38)と二つの散光星雲(一つは勾玉星雲)は写ってくれた。さらに,ふたご座の足元の M35 とか星雲も入ってくれた。D3200(新改造),Sigma 35mm, F1.4 → 4, ISO1600, 121sec, skymemoRS で追尾,10枚コンポジット

20141026casiopea2

 カシオペアからペルセウス座の辺り。二重星団やら赤い星雲二つ(一つはハート型星雲だったかな?)も写った。やはり,空が暗いのが一番の条件だな。D3200(新改造),Sigma 35mm, F1.4 → 4, ISO1600, 121sec, skymemoRS で追尾,10枚コンポジット

20141026California

 プレアデスとカリフォルニア星雲。これだけクッキリ写せたのは初めてだ。D3200(新改造),Sigma 35mm, F1.4 → 4, ISO1600, 121sec, skymemoRS で追尾,8枚コンポジット

 とまあ,こういうのを10枚とかインターバルタイマーでセットしたあとは暇なので,三脚に D600 付けて,米沢市の夜景に向けたり,空に向けたり,..。撮影条件は,ほぼ 24mm, F3.5, 15 ~ 30sec, ISO1250 or 1600,固定撮影というところ。

DSC 9422

 カシオペア座と今は使われなくなったテレビの電波塔

DSC 9424

 うっすらとガスが漂い出して,ソフトフィルタのような効果を出してきた。左に立ち上りかけた北斗七星,右に上ってきたしし座の大鎌,右の明るいのは木星。

DSC 9491

 対角魚眼で撮ってみる。右のしし座全景も入った。

DSC 9496

 ちょっと視点をずらして北極星とかカシオペア座も入れてみる。この状態で「北天グルグル」も楽しそうだ。左に撮影中の友人がいる。

DSC 9503

DSC 9504

 北斗七星としし座を別々に,..。

DSC 9509

 オリオン座と電波塔

 そんなこんなで深夜から遊び続けたおっさんたち。やがて,空が明るくなってきたが,どうも今日は霧の出が悪いらしく,まさに,「うっすら」という表現がピッタリ。でも,これはこれで面白い効果を出してくれる。

DSC 9525

 右手の稜線の上に水星が昇ってきた。まだ,スピカが出ていない。春の大三角を明け方に見られるのはもう少し後のようだ。

DSC 9530

 同じ条件で撮影していても,どんどん空が青く写ってくる。肉眼では,これほど青く見えてはいない。

DSC 9533

 少し南の方に視点をずらしてみた。

 とまあ,こんな具合で,深夜の星々から夜景,明け方のマジックアワーの夜景と霧と星のコラボレーションを堪能した次第。こりゃ,止められん(笑)。

2014年10月25日 (土曜日)

重さと運動と天気10/25/14

 今日は,別便の如く,早朝からおっさんの活動。あ,朝の体重は 71.3kg だった。高値で安定していますので,ご心配なく(笑)。で,午前中は画像処理したり,テレビ眺めたり,..。午後から少し寝落ちしたあとは,..

ーーーーーー

 夕食前にローラー50分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 85rpm 程度でじんわりと。

ーーーーーー

 夕食後は呑まずに8時過ぎに就寝。まあ,眠かったのもあるけど,ある魂胆があっての早寝である。それはなにか?

DSC 9521

 日付が変わって26日の午前1時頃には,こんなことして遊んでいたのである(笑)@笹野山のテレビ塔

 そういや,「こいのうまに」さんからのコメントで思い出した。昨年の11月だったかにアイソン彗星を撮影にテレビ塔まで行ったときのこと,

DSC 0876 2

 こんな写真を撮っていたのだった。ここに写っているアンテナが,今はなき TUY の中継所のアンテナらしい。そういや,テレビ塔のある山頂は,結構広いのに障害物(電波塔の建屋)がいろいろあって撮影し辛いなと思ったような記憶も,..。

【星景写真&朝夕写真】雲海と夜景と明け方の星々たち,そして朝の光の競演

 起床は4時少し前。睡眠時間3時間弱だが,無理やり起きる。トイレもそこそこに,車に機材を積んで数メートル先も見えないような濃い霧の中をゴー。行き先は,昨日と同じ場所だ。

DSC 9375

 現場に着いてみると,満点の星空。透明度が物凄い。D3200 と対角魚眼,ついでにポータブル赤道儀を運んでこなかったのをガッツリ悔やんだ(苦笑)。眼下のお椀のような米沢盆地は乳白色の濃い霧で満たされ,その霧の底からは市街地の灯が雲海をライトアップしている。そして,その市街地の上に直立する北斗七星。手持ちのレンズでは縦構図でしか入り切らず,..。北斗七星の隣にはしし座も昇ってきていたのに,..。もう少し季節が進めば,夏の大三角,秋の四辺形,冬の大三角,春の大三角,春の大曲線などが一晩で見られるかも,..。

DSC 9383

 上を見上げれば,オリオン座が,..。空の暗さは充分で,ポタ赤で4分くらいは露出できそうだ。バーナードループなどもそれほど苦労なく写せそうだった。残念だ(苦笑)。

DSC 9393

DSC 9395

 星と一緒に撮影しようとするとソフトフィルタがあった方がいいが,ライトアップされた雲海が今一つぼんやりしてしまう。なので,ソフトフィルタなしで。

DSC 9403

 明るくなってきた。

 以上は,Nikonn D600 を使用。以下は,Fujifilm X-T1 を使用。なんだか,RAW の現像処理などは X-T1 の方が時間が短いようだ。撮って出し出来るほどの発色の良さがその理由のように思うけど。

DSCF0696

DSCF0750

 日の出前に方角的に先に西吾妻山に朝日が当たるらしい。で,「赤西吾妻山」の完成である。

DSCF0751

DSCF0752

 太陽が顔を出した。

DSCF0755

DSCF0757

DSCF0758

DSCF0759

 とまあ,星が輝いている頃から朝日を浴びる時間帯までおっさんの早朝遊びを堪能。ちょっと飯豊山の方はどうだろう?と尾根道を少し進み西の方を眺めたが,雑木の薮がひどくて眺望はちょいと無理。帰りは舘山側に降りて,途中の西側が開けているところから飯豊山を撮ることにして。ブラブラと戻ってくると,どこかのおじさんが車で来て,写真を撮っている。「おお,同業者か」と声を掛けようと思ったけど,動画を撮影しているような雰囲気もあったので,ちょっと声掛けを自重。で,あとで Facebook で知ったところでは,なんと,喜右ェ門さんだったらしい。シェフ姿でないと別人に見えてしまった。そうしているとジムニーに乗った片も登場。どれ,それそれ帰るかと降り始めたら,おばあさんが登ってきた。昨日も会ったおばあさんだ。もしや,毎日愛宕神社まで?足腰の強さが半端ない。願掛けか何かかな?

DSCF0761

 飯豊も比較的奇麗に見えていた。

 御成山の展望台まで来たらそこは既に深い霧の中。自転車で登ってきた若者がベンチで休んでいた。もう少し上まで行けば陽が差しているのに。

DSCF0763

 6時過ぎに帰宅。ワン公の世話とかこなす。なかなか楽しい時間だったな。

【星景写真】ビールひっかけて自宅前からぼんやりと見上げる空には星が光っていたとさ

 帰宅して,飯食って,ビール呑んで(缶ビール,コンプリート!),日本酒一合呑んで,ちょっとウダ〜ッとテレビ眺めて,ワン公を連れて外に出てみると,...星空!まあ,自宅前からだから「降るような・・・」というほどではないけど。そんな訳で,三脚とカメラ抱えて,ちょいと夜の冷気を吸いに出る。

DSC 6547

 おうし座からペルセウス座方面。条件さえ良ければ,カリフォルニア星雲が写るはずだけど,..痕跡程度だな(苦笑)。流れ星が見えたので,お,写ったかな?と思ったら,ほんのうっすらと,..。D3200(新改造),15mm diagonal fisheye F2.8, ISO1600, 20sec, Lee No.1, 固定撮影

DSC 6550

 家並みの中で見上げる天の川と夏の大三角。D3200(新改造),15mm diagonal fisheye F2.8, ISO1600, 25sec, Lee No.1, 固定撮影

DSC 6554

 あまり馴染みのない領域を,..。

DSC 6554 namesmall

 勉強のために名前を入れてみた。本によって,星座の星のつなぎ方が微妙に違っていて,どれが正解かわからない。なので,合っているかどうかは不明(笑)。

DSC 6555

 寒くなってきたので,玄関先で星空を見上げてから室内へ。で,室内で,興が乗って,上のような星座調べをしていたら目が冴えてきて,...

DSC 6561

 昇り始めたオリオンと冬の大三角を収める(笑)。0時過ぎにはガスが出てきたようで,遠くの外灯が霞み始める。そうか,ガスって来たか〜〜〜・・よしよし!

 さて,明朝は,ちょっとした計画があるので,仮眠を取るか,..。

2014年10月24日 (金曜日)

重さと運動と天気10/24/14

 目覚めてみれば6時少し前。ぐわぁ〜〜〜〜〜・・寝過ごした!!今日は4時前に起きて,星が出ているようなら冬の大三角を撮影して,さらに講義の予習を1時間半ほどやって,40分ほどもローラー踏もうと思っていたのに,...(泣)。どうやら,ゴツイ目覚まし鳴った途端に止めて,二度寝したらしい。なんてこったい!一日の最初の段階で予定行動が破綻するのはなんとも気分が宜しくない。外を伺うと濃い霧が,.。

 FB をチェックしたら,友人は既に笹野山に登っているようだ。どうしようかなぁと2分半ほど思案して,時間はないけど,オレも愛宕神社まで登ってみようと決意。今年はまだ雲海を見ていないんだよね。あ,朝の体重は 71.2kg とまあこんなもんだろう的な数値。

DSCF0670

 下界は,こんな感じの霧の中,..。

 急いで老犬介護の業務を終わらせて,車に乗り込み,地蔵園から登る。愛宕神社の登山道から降りてくるおばさんと擦れ違った。参道には所々にベンチが置いてあったり,ゴミ捨てるな!の看板があったり,..。しばらく来ないうちに,何やらこちらも様変わりしたようだ。

DSCF0673

 小屋を過ぎた辺りから霧が晴れて陽が差してきた。盆地に溜まった霧の層を抜けたらしい。

 荒れた急坂を巧みなハンドルさばき(:-D)でこなし,約15分で愛宕神社へ。同業者(?)が誰かいるかと思ったが,誰もいなかった。

DSC 9370

 これが米沢盆地に溜まった霧が織り成す雲海。もう少し,せめてあと30分早ければ,光の加減がもう少しよかっただろうにと,...悔し涙を流しつつシャッターを切った。

DSC 9369

 手前の紅葉をハッキリと出すために,少々ハイキー気味で。

DSC 9372

 日が出てそこそこの時間が経過しているので,霧が山の斜面を昇り始めている。何度も言うが,あと30分早ければ,クッキリとした雲海表面が見えたのに,...。

DSCF0676

 これは X-T1 での写真。やっぱり,微妙に違うなぁ。時間がないので,さっさと撤収。所要時間は35分ほど。

 そんな訳でローラーの時間は講義の予習時間へと消えた次第。夕方にでも踏むかな。

 朝一での講義は,今日は PowerPoint を使わずに黒板とチョークで。途中で痛みが出たら,椅子に座ることにする。で,まあ,やってみたんだが,やはり立ちっ放しだと,多少痛みが出るが,以前を10とすれば,4とかくらいのレベルで,これならなんとかなるなと思った次第。

通勤途中も楽しい:

 通勤時やら,昼に自宅に戻って昼飯食ったときやらに,ちょっと目に付いたものを iPhone で撮影する。ときに,おお,これは結構いけるんじゃないのか?と思えるものもある。

IMG 7917

IMG 7926

IMG 7928

IMG 7927

 とまあ,こんなところだけど。

プレゼント届く:

 昼に自宅に戻ったときに,以前に X-T1 のユーザにもれなくプレゼント(購入時期限定だけど)みたいなものに応募したのだが,それが届いていた。届いたのは,..

IMG 7925

 こんな奴。書き込み速度がえらく速そうな奴。結構な値段するのかなぁ?と思い,調べてみてちょっと驚いた。ありがとうございました。でも,ここまでの高速書き込みは自分の使い方では必要ないようにも思うのだが,..(笑)。逆に,高速書き込みが可能な環境になったのだから,ブラケット撮影とか多用するといいのかな?

2014年10月23日 (木曜日)

【星景写真】久しぶりに晴れたので,欲求不満解消などを,...

 帰宅して,ビールを呑んで,日本酒を少々呑んで,マッタリしてから外に出てみる。おお,晴れているじゃないか。明日は朝一講義のために,機材積んでの遠出(とは言っても,精々車で15分くらい)できないけど(酒呑んだので,端から無理だけど),ちょいと自宅周囲で三脚抱えて数枚撮ってみるか〜〜〜・・・。

DSC 9364

 玄関前から見上げたカシオペア座とアンドロメダ銀河。D600, 35mm, F2.8, ISO1600, 15sec, ProSofton A, 固定撮影

DSC 9365

 自宅前の道路から見上げた,大分西に傾いた夏の大三角。D600, 35mm, F2.8, ISO1600, 15sec, ProSofton A, 固定撮影

DSC 9367

 いるか座とかペガサス座の脚の辺りとか(笑)D600, 35mm, F2.8, ISO1600, 15sec, ProSofton A, 固定撮影

 0時頃にもう一回出てみたけど,薄雲が掛かっているようで諦めた。

重さと運動と天気10/23/14

 起床は3時少し前。場所はソファ。昨夜はワイン一本を空けて沈没(笑)。実は,(家での)酒を止めようと思っていて,今の時点で家にある酒を片端から消費しようとしている。残すところ,ビール数缶と一升瓶六分目ほど。

 外は雨が上がったようだが,路面はハードウェットで,雲もまだまだ厚いようだ。コーヒーなど淹れて,まったりと MacBookPro を開き,拙ブログへの数少ないコメント(いつもありがとうございます)にリプライし,さらに,原稿を数行書いたら嫌気が差したので,録画しておいたパリ〜ツールに逃避。ボクレールの逃げる様子に見入る。

 しばらくしてレースにも飽きたので,本などをひも解き,数十ページ読んだら5時になったので,老犬介護業務に取り掛かる。満14歳の老犬は,足腰が弱って今日もヨロヨロと外に出てくる。ちょいと不憫だが,食欲があるので,まだ当分は大丈夫だろう。それから毛漉きをしたり,居場所の掃除をしたり,..。朝の業務も一段落したので,ママチャリでちょいと線路向こうまで。

Naderayama

 今朝の斜平山。雨上がりで,山の上部は炎のようなガスが立って,ちょっと山水画のような風情。中望遠で撮影して,2枚繋いでみた。

DSCF0661

 北側というか,愛宕神社と羽山神社の辺り。

DSCF0669

 そして,鉄道風景写真(なのか?)。

ーーーーーーーー

 朝飯後にローラー40分,18km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 93rpm で。

ーーーーーーーー

 午後からは,所属学会のイベントに参加して,米沢市の「タカハタ電子」の工場を見学。地方のそれほど大きくない会社でのもの作りという点から,いろいろと考えるものがあった見学会だった。さらに,戻って講演会で講演2件を聴く。2番目の長岡科技大の先生の講演が,ここ2年くらいの間に聴いた講演ではほぼベストのもの。話の展開から,落ち的結論への導き方など,素晴らしいの一言だった。まあ,それもこれも,素晴らしい研究成果があってのこと。いい素材無くして,うまい料理はないということか(笑)。懇親会は,明日の朝一講義もあるし,立食らしいので腰のことやら仕事のことを考えてパスした。あ,ビールと日本酒の消費は帰宅後行なったけど(笑)。

2014年10月22日 (水曜日)

重さと運動と天気10/22/14

 起床は5時少し前。何やら変な夢を見て目覚めた。場所は実家の辺り。えらい水害で,なぜだか,電車が流されてくる。で,死んだ親父が膝まで溜まった水の中をザブザブと歩ながら,いや〜,こりゃ,大変だな〜とかのんきに話している。なぜだか,我が家の老犬が実家の物置に暮らしていて,なぜだか,姿が見えなくなって,どこに行ったと探していたらば目が覚めた。なんだろ?この夢。最近,夢とか見たことなかったからなぁ(希望もないなぁ:笑)。

 外は雨。やれやれ,写真撮らずに済むわいと,トイレ済ませて久々に体重計に乗れば,...72.3kg ,...(マジ?)。ま,多分,最近,ローラー時間が増えたので,筋肉量が増えたんだろう。きっとそうだ,うん!(棒)。

DSCF0656

 雨だよ,雨。オリオン座流星群がピークなのに,...(苦笑)。

ーーーーーーー

 朝飯後にローラー46分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 90rpm で。ちょっとだけ立ち漕ぎしてみた。

ーーーーーーー

 今日は講義資料の作成をチマチマと続けて,夕方辺りになってから,今月末に〆切の原稿作成に着手。最近,きちんとした文章を書いていなかったせいか,なんだか文章がぎこちない。やっぱり,こんなアホ日記書いているだけじゃ,論理的な構成の紛れのない文章は無理らしい(笑)。まあ,ちょっと書き出したら勘が戻るだろうけど(戻らなかったりして)。

ロングトレイル:

 帰宅してテレビを点けたら,蔵王の 30km ほどのロングトレイルを二泊三日で歩くという番組をやっていた。アメリカやカナダには 3000km とか 4000km にも及ぶロングトレイルがあるらしい。案内役の方は,それを4ヶ月掛けて走破(とは言わないか,歩破?)したとか。一月 900km ほどの距離を,食料とか家財道具一切を背負って,食事の用意とか洗濯とかもしながら歩くことを考えると,寝て,食っている時間以外はほぼ歩き通しで1日 30km 以上?これは凄いなぁ。一種の修業に近い。千日回峰行みたいな感じかな。こんなのを一人で歩き続けたら,なんというかトランス状態というか,瞑想状態というか,そんな感じになるんじゃなかろうか?歩き終わって,他人と会ったときに,スムーズに言葉が出ないんじゃないかとか,いろいろと考えてしまう。でも,なんだか楽しそうだなぁ。ぼっちサイクリストには向いているんじゃなかろうかな?

2014年10月21日 (火曜日)

【過去記録】BRM925 宇都宮 400km 奥只見

 koji さんのブログで思い出した,数ある中でも印象に残っているブルベ。こっちに過去記録として再掲しておく。ちなみに,2010 年のことだった。紅葉だったら素晴らしいだろうなと思ったことを覚えている。紅葉の時期に,また,走ってみたい。今度は,天気のいい日に一泊二日くらいの日程で(笑)。

BRM925 宇都宮 400km 奥只見 完走記

2010年9月25日 am 1:30 Start ~ 9月26日 am 0:31 Finish (23 h 01 m)


「アヴァンチュリヲン進撃登坂:急+?」ブルベ

Map201008

 2002年に日本で初めて開始されるや,その圧倒的なスケールと認定を積み重ねていく構造で,
ブルベという枠を超え,サイクリストに一大ムーブメントをおこした認定記「ブルベ・ド・ランドヌール」。
それから8年,いまもなお増え続けるファンのために、今回大幅にスケールアップされた新たなコースが用意された。
 前編にあたる「序」,中編にあたる「破」は8月に連続開催。
そしてラストは後編にあたる"急"と"?"というタイトルが表すとおり,
いまだその運営スタイルは明らかでない完結編の400km。
人影無し,民家なし,洗い越し多しの酷道「樹海ライン」に2年前の1000kmの後半コースを重ねる。
「いったいどうなる? 驚きと興奮の400km。」from AJ 宇都宮 HP

Profile201008

BRM925 宇都宮 400kmのプロファイル(今はルートラボもトンネル対応なので多分実際の獲得標高も 6000m 程と思われ,..)

今シーズンの締め括りブルベ

 いよいよ今期の最終ブルベ。そして,多分今シーズンのブルベの中でもかなりきついコース設定に入るブルベ。AJ 宇都宮のスタッフで,かつ経験豊富な坂東さんをして『AJ宇都宮史上1,2を争う難コース』と言わしめるコース。そして「序破急」と銘打たれた山岳三部作の最終編である。

 そもそも「序破急」とはなにか? 大辞林によれば,雅楽や能,浄瑠璃などの構成スタイルを表す表現で,様々なところに使われるという。今回のブルベの「序破急」に関して,もっとも当てはまる解釈は,以下のようなものだろうか。

楽曲構成・番組編成・演出などの理念上の三区分。上演の時間経過に伴う趣向変化の典型を想定したもので、序・破・急は導入・展開・終結とみなせる。能・浄瑠璃の脚本構成、能の五番立の番組などがこの理念による例である。  
   

つまり,今回のブルベは「終結」を意味する。大団円を迎えるのか,あるいは奈落の底なのか,神のみぞ知るところ。今シーズンを締め括るための一本としてふさわしいじゃないかと,秋分の日の休日に一人コマ図を切り出して,ラミネート加工しながらつぶやいたとさ(笑)。でも,8月の塩原および日光山岳が,どういう意味で「導入」であり「展開」だったのかは,いまだナゾのままである(笑)。そして,愛称に付いた「+?」の意味もまたナゾのままである。今回のブルベを走り切ってみれば明らかになるんだろうか?

 ところで,出発前日に AJ 宇都宮のスタッフの方からのメールマガジンで,今回のブルベのコース設定についての裏話のようなものが届いた。主催者側の葛藤が感じられる文章であり,主催者の方々はコース設定に,そして参加者の安全に対して,ここまで考えているということをご理解頂くために一部転載してみる(不都合あるだろうか?要転載許可取得?もし,AJ宇都宮の方がこれを見て不都合ありと判断されましたらご一報下さい)

 実は今回のルートは、一昨年のコース申請時に一度AJに書類を提出していたのですが、国道352号の檜枝岐から魚沼にかけての区間が、住む人もほとんどいない秘境とも言える地帯であるということで、何度も逡巡した結果、最終的に申請を取りやめたという経緯があります。このコースはサイクリストとしては非常に魅力的なのですが、主催者として複数の参加者を走らせるとなると非常に勇気がいります。人は住んでいない、携帯電話も通じない、経路上の補給もほとんど期待できない、そんな区間が数十キロも続くのです。(中略)何かトラブルがあった時のことを考えると・・・。そんなコースを敢えて今年は開催しようと決断できた理由は、やはり昨年の夏の日光山岳ブルベの開催(しかも300kmの後の連続開催)の際に、参加者の皆さんの雄志に勇気づけられたということが大きいと思います。厳しい条件でも、厳しいコースでも、経験豊富なランドヌールなら心配なく自己責任でブルベを全うしてくれる。(以下略)  
   

 ブルベ開催に対する,真摯な気持ちが伝わってくる。ここまで考えて頂けたのなら,雨だろうが台風だろうが走らねばならん。主催者の気持ちに応え,安全に確実に距離を踏んでゴールせねばならんと固く誓ったのだった(笑)。

例によって準備編

 今回の使用マシンは COPPI 。COPPI に乗るのは,6月の 600km ブルベ以来だ。たしかにフレームは COLNAGO に比べてかなり重いし,太めのスポークと DT のリムの組み合わせの手組みホイールも重い。さらに,ハブダイナモを導入しているせいで,他のホイールの場合と比べて走行抵抗が増えているのは自覚できる。それでもこのマシンを使うのには理由がある。それは長距離のブルベだと,体調に応じて,ポジション(主にハンドルの高さ)をある程度変えたい場合があり,ボルトと臼タイプのステムを使っている COPPI の方が,ポジションに関する自由度が今風のロードレーサーに比べて高いからである。これまでもステムを 5mm 上げることで腰痛,肩の凝りなどが緩和して楽になったことが何度もある。200, 300km だと,我慢して勢いで走ってしまえるが,400km 以上だとかなりのダメージを受けることがある。加えて,アルミフレームとクロモリフォークの組み合わせが,どこか身体に優しい感じがしている。#知り合いは,「よくあんな固いフレームに,..」と言うけど。

 スプロケットは 16 - 27T を選択。レースではないので,平地では15T 以下を踏むことはないだろうし,降りでも脚を止めて休むのでやはり 15T 以下は必要なし。長い登りが何度も現れるコースでは,20T 付近がクロスになっている方が重要である(と思っている)。

 ライトは,自分としては最早定番の,匠光学(ハブダイナモ駆動)+ KingpowerK2(単3電池2本)の2本(合計6W)。暗闇の山間の道だろうとどこだろうと,この二つがあればまず問題なし。普段の夜間は匠光学一発で走っていて,降りなどで KingpowerK2 を点ける。

 天気予報によれば,24日の深夜から25日の午前中くらいは雨の確率が高い。しかも,数日前の猛暑日がウソのように一気に気温が低下して,秋を通り過ぎ,初冬といってもいいほどの気温になっている。平地でも低温,コースの標高が高い(1000 ~ 1500m が何箇所かある),そして雨とくれば,これまでも何度か経験している「寒」&「凍」ブルベとなってしまう。そんな訳なので,軽量で保温性に優れたウェアの組み合わせを考えていく。で,結果は,..

 昼間あるいは気温が15℃以上の場合:半袖アンダーに半袖ジャージ,アームウォーマーにレッグウォーマー,指切りグローブ
 夜間あるいは気温が10℃以下の場合:ウィンドブレーカ,指付きグローブ(XCスキー用の奴),長袖アンダー,裏起毛の長袖ジャージ
 雨の場合:ゴアの雨具の上だけ(下はコンビニで購入),足元はビニールの買い物袋+ビニールテープによる簡易シューズカバーで対処

 これらを適宜組み合わせる。これらのウェア類に加えて,携行するものは,乾電池(単3×6,単4×2),塗り薬,痛み止め(ロキソニン),予備チューブ2本,携帯工具,携帯工具とは別のアーレンキー数本(4, 5, 6mm),携帯ポンプ,パンク修理用のパッチ,ガムテープ(2m ほど他のものに巻き付けたもの),ビニールテープ,レジ袋数枚,タオル,補給食などである。特に,今回は補給食調達不可能区間がかなりあるので,そこそこの量の補給食を携帯する必要もある。そうなると,シートピラーバッグでは流石に容量不足なので,ザックを背負うことにした。上記の荷物を詰めてみれば,約3キロ程度だろうか。背負っていてもギリギリ負担にならない重さである。

 さて,出来れば9月24日の金曜日は仕事をお休みして,午後からたっぷりと睡眠を取るのがベストだったが,世間はなかなかそれを許してくれない。が,せめてもの抵抗として4時頃に退出して(裁量労働制万歳!),最後の準備を済ませてから,軽く食事をして6時頃に少し横になってみた。こんな時間にはなかなか寝付けないが,それでも30分程眠ったらしい。その後はウトウトしては覚醒を繰り返し,結局7時半頃には起き出した。今回も出走前の仮眠は失敗。実質的な睡眠時間としては,いいところ40分くらいか。400km 以上のブルベでは,出走前の仮眠が十分に取れるかどうかは,走行時の後半のパフォーマンスに大きく影響する。これまで何回か同じ経験をしている訳だが,夜スタートのブルベで出走前の睡眠をうまく取れたことは2回くらいしかない。で,経験的に,「ああ,どっかでスイマの猛攻撃がくるんだろうなぁ,..」と,コースのきつさや天気の崩れよりも,そのことの方が憂鬱の種になる。眠くさえならなければ,雨が降ろうが坂ばかりだろうが,なんとかなる(はずだ)。

 8時半頃に,例によって市内で pokky 氏をピックアップして,東北自動車道を一路宇都宮へ。今日は平日だが,高速料金は千円だ。これは助かる。バカ話に華を咲かせつつ,今度はちゃんと宇都宮 IC で降りた。が,出口を間違えてまた余計な距離を走ることに。どうも,車の運転は(も?)苦手だ。今度からちゃんとナビを機能させておこう。

 途中のコンビニで補給食を買い出しして,スタート地点の宇都宮森林公園に到着したのは11時40分頃。既に,かなりの数の参加者が集まってきている。@HEIZOSUN,楽山さん,masa(茨城)さん,S@石巻さん,K田さんなどとご挨拶。へばなさん,K関さんは少し遅れて来た。そして,今回初めて言葉を交わした方が,@atkamano さん。今月初めの千葉ブルベで落車して親指の靭帯を傷められたものの,先だっては恵庭 600km に参加して完走された強者。もう,指の方はほとんど大丈夫らしい。同じように5月に落車して右手親指靭帯を傷めたナデラ男の方は,いまだに長い距離の後は痛む。

Start 9/25 am 1:30 ~ PC1(ココストア会津高原店)76.2km, 9/25, am 4:53

 スタートは午前1時半の予定。このスタート時間は,樹海ラインと六十里越を明るい時間帯に通過してもらうためらしい。

P1040005

 1時頃からブリーフィング

P1040006

ここら辺はとても一緒には走ることの出来ない特急強者グループ。リクイガスジャージが HEIZOSUN

 上空には雲が掛っているものの,幸い,まだ雨は落ちてきていない。気温は14℃程度とウェア選択が難しい状況。上は,半袖インナーと半袖ジャージにアームウォーマにして,レッグウォーマをどうするか悩む。HEIZOSUN はしっかり着用。現状ではなくても走行可能ではあるが,.。迷った揚げ句に途中で着ける面倒さを回避するために着用する。結果的に正解だった。出走者は40名前後なので,今回は一斉スタートらしい。1時半になって一斉にスタート。

 もう,最初からゆったりペース。速い方々は鶴 CC の丘を跳ぶように駆け上がって,テールランプの幻想的な赤い光の筋を残し,あっという間に見えなくなった。

P1040007

P1040010

 R293 から県道22に入り,鞍掛トンネルを越えて集団は進む。県道279から,やがて R121 へ。台風の影響で結構強い向かい風が吹いている。時折,風が巻いて,ひどい場合にはホイールがあおられる。前方には赤いテールランプがいくつか見え,後方確認で,後ろを振り返ると何台もの自転車の強烈な前照灯の光が揺れていて,一種独特の雰囲気を醸し出している。夜中の2時過ぎである。時折抜いていく車の運転手に,「一体,なんの宗教団体だ?」と思われても仕方あるまい(苦笑)。

 鬼怒川温泉,新藤原,川治温泉を経由して,やがて五十里ダムへの登りに掛かる。この辺りまではS@石巻さんとご一緒した。山王トンネルへの登りで離れたような,..中三衣辺りで先行していたK田さん,K関さんをパスしたような,...地理に関しては定かではないけれども。

 途中,かなり多くの車に抜かされる。こんな夜中にこいつらどこに行くんだと自分のことを棚に上げてブツブツとつぶやいていたが,PC1 でその理由判明。釣りだ。渓流釣りのシーズンは9月一杯まで。そんな訳で,まだ真っ暗な早朝ならぬ真夜中に現場に急ぐ車が多かったというのが理由らしい。

P1040011

P1040012

国道だんご3兄弟の県境の山王トンネル(生憎,トンネルは写らず)

 五十里ダム付近から,時折水滴が顔に当たっていた。山王トンネルまでの登りに掛かった頃からはっきりした霧雨状になり,トンネル手前辺りから,次第に小雨になり,トンネルを越えたら激しくはないものの本降りになった。トンネル出口から眺める先の道はハードウェットで,よほど停車して雨具を着けようかと思ったが,まあ,直ぐに PC1 だからと,そのままで降りに入る。が,雨足が本格的になり,路面からの跳ね上げでシューズも濡れてきた。結局,結構濡れた状態で PC1 のココストアに到着。途中の電光掲示板の温度計の表示は9℃だった。冷えきる前に辿り着いたのだが,かなり寒い。先行きが案じられる展開である。

 PC1 には椅子とテーブルのある休憩スペースが設置してあり,テーブルでは参加者が食事をしたり,食事を終えた参加者は,これからの低温&雨中走行に備えて,ウェアを着込んだりしていた。こちらもパック寿司,カップラーメンなどでいつもに比べれば多めの補給を済ませて,上にゴアの雨具を羽織る。グローブは指付きの初冬や春先に使用するものに換える。そして,レジ袋+ビニールテープという最強コラボの簡易シューズカバーを作成。さらに,PC2 の御池からの降りでの冷え込み対策に雨具のズボンをコンビニで購入しておく。が,これから中山峠までの登りに掛かるので,ペダリングの抵抗になるカッパの下はまだ履かない。結局,PC1 で30分以上ウダウダと過してしまった。

PC1 ~ PC2(山の家 御池)140.1km, 9/25, am 8:50(?)

P1040013

雨ですよ,...シトシトピッチャン

P1040014

9℃ですよ,..ブルブル

P1040024

これが最強コラボの簡易シューズカバーだ!(笑)

 スタートして少し降り,会津鉄道(野岩鉄道?)の線路を潜り,左折して,R352 に入る。降りは猛烈に寒い。半泣きになるほど。震えながらの走り出し。R352 を中山峠を越えて桧枝岐に至るルートは昨年も走ったところ。まずは,標高 1000m ほどの中山峠を目指す。前の方に,K関さん,K田さん,女性の参加者が走っている。峠への登りの途中でパスした。トンネルまでの登りは一部少しだけきついところもあったが,まあ,登りの偏差値50くらいかな(笑)。ただ,雨具を付けてのヒルクライムは,...暑い。登っているときは,雨具,ジャージの前面をフルオープン状態。吐く息が白い。

P1040016

中山峠(トンネル)。旧道は今もかろうじて通れるのかな?

 どのトンネルも中は暖かい。トンネルというのは夏涼しく冬暖かいところだ。トンネルを抜けて降りに入る。この辺りで雨は小降りになり,なにやら気分もマッタリしてきて,少々眠くもなってきて,唄を歌いつつノンビリと降る。降りにも係わらず,速度は 20km/h 台。降り切ったところで,R401 との合流点に到達。伊南川の写真を撮っていると,K田さんが追い付いてきた。左折して桧枝岐方向に向う。PC1 を先に出発して先行していたS@石巻さんを,ここでパスする。

P1040017

伊南川の流れは今年も変わらず清冽だ

P1040018

屏風岩

P1040019

 桧枝岐の集落に入る。集落に入る手前辺りで携帯が鳴った。おおえ,ねもと,オヤジから次々と熱烈ガンバレのTELを貰い,真っ白な息を吐きつつ感涙にむせぶ。メーターの距離数が涙でぼやけた(ウソだよ)。この辺りは,昨年からで3回目。自転車で2回,車で1回来た。もうマッタリ気分で,周囲をキョロキョロしつつ走る。前にも後ろにもブルベライダーは見えない。墓地が家々の間の空き地スペースに納まっている。山の斜面とかでは,雪が深くて墓参りもお墓の維持管理も難しいからだろう。そして,墓標に刻まれた姓は,ほとんどが「星家」,「平野家」,そして「橘家」だった。

P1040020

桧枝岐地区の住人の姓は,星,平野,橘でほぼ9割くらい?

P1040021

P1040022

P1040023

本当に,この辺りは面白い。セイロウ作り板倉だそうだ。

 渓流釣りのシーズンが直に終わりとあって,桧枝岐の民宿には渓流釣り目当ての客が多数泊まっていたようだ。早朝にも係わらずに,何人ものオッサンたちが玄関前で活動を始めている。川にも,カッパ姿で水辺に佇む釣り人多数。ミニ尾瀬公園の辺りで,結構大きなサイズのイワナとみられる魚を釣り上げる場面を見た。

P1040025

昨年はこの辺りから正面に燧ケ岳が見えたように思うんだけど,今日はちょっと残念

 キリンテを過ぎて,人家も途絶えると,やがて七入から本格的な登りが始まる。桧枝岐の七入オートキャンプ場から標高差440m,距離 6.7km のヒルクライム。平均勾配で 7% 弱というところか。先は長いので,ギヤを軽めにしてあまりしんどくない状態で進む。それでも,九十九折りのコーナーなどは 10% オーバーの箇所もあり,楽に登っていけるものではない。それなりに消耗した状態で,なんとか PC2 の,今日のチマコッピ(最高標高)の御池(1500m)到着。

P1040026

登りの途中にある「ブナ坂の清水」。ここで水を補給。美味い!

P1040027

AJ 宇都宮の飯塚さん。寒い中,有人PC お疲れさまです。

 コマ図による指定では,ちょっと奥に入ったところの「山の家 御池」が PC2 だったが,実際には駐車場への分岐のところにスタッフの車があり,そこが有人 PC だった。AJ 宇都宮の飯塚さんがおられた。寒い中,お疲れさまです。

P1040028

山の家 御池

 下の桧枝岐で気温 8 ~ 9℃だったので,御池での気温は5~6℃。ヒルクライム中は暑くて,大分汗をかいたが,あっという間に汗が冷えて震えが来るほどの気温。あんパンを一つ補給する。ザックには,まだ菓子パン,おにぎり2コ,羊羹などがわんさと入っている(笑)。スタッフの鈴木さんが山の家の方から来られて「モンベルショップがあるので,お金さえあれば防寒装備とか,なんでも揃いますよ」と。雨にも風にも負けずにガンガン走る折れない心は,やっぱり,プライスレスでしょうね(笑)。

 結局,山の家には立ち寄らずに,コンビニで購入しておいた雨具のズボンを着けて,いよいよ今回のブルベの核心部分の奥只見の樹海ラインへと向う。これだけの台数の自転車が一度にここを通過するのは多分有史以来初のこと(と思う。笑)。

PC2 ~ シークレット PC(銀山平),9/25, am 11:30 (?)

 最初にほんのちょっと(1km 弱)だけ登る。そして降る。降りに入れば,寒い,寒い,さむ~~~い。指付きのグローブでさえ指先の感覚があっという間に無くなった。顔が強張って,頬が,耳が痛い。寒さにガタガタ震えながらのダウンヒル。しかも,激しくはならないものの雨は降り続く。時折対向車が来るし,道は濡れているので滑りそうで,そうそう飛ばすことも出来ない。さっさと降って標高を下げて少しでも体感気温を上げたいところなんだが。

 こうした状況で走っているときに頭に浮かぶのは,過去に同じような経験したときとの比較。あの時よりは,まだマシだと思えると心に余裕が生まれる。最悪を経験すべしということか。それにしても,関東付近は三日前には猛暑日だったというのに,..気温差 30℃ってのは考えてみれば凄い。

P1040030

 何とかいう蕎麦屋が営業中だった。この隣に別荘風のログハウスがあり,おじさん数人が釣支度をしていた。蕎麦屋の写真を撮っていたら,おじさんの一人が「撮ってあげようか」というが,自分の写真って嫌いなので,丁寧にお断りした。「何台か自転車が通ったけど,なにか大会でもやってるの?どこから来たの?どこまで行くの?」という質問には,「長距離サイクリングのイベントです。宇都宮を夜出て,これから魚沼を通り,六十里越で只見に抜けて,そこから南会津を経由して宇都宮に帰ります。大体 400km くらいです」と応える。おじさんたちが,人間でないものを見る目になるのが面白い。「釣れますか?」と訊くと,「以前ほどには釣れないね」という返事。なにしろ,ここから先の道端のスペースの至るところに釣り目的とみられる関東ナンバーの車が停まっていた。流石の只見川もあれだけ釣り人が入渓したら魚影も薄くなるだろう。おじさんの一人が,「ここから先,小さめのを入れて峠は3つかな。じゃ,気を付けて」という言葉を背に先を急ぐ。うん?3つ?峠って,枝折峠だけじゃないの?#甘かったY

P1040031

 ここが福島県と新潟県との県境も金泉橋。御池から約 12km の距離。

P1040032

 橋から只見川上流を望む。昔なら,尺を越えるイワナなど,腐るほどいたんだろう。

P1040033

 これが噂の洗い越しである。樹海ラインには,こうした洗い越しと呼ばれる,道路上を沢が流れている箇所が無数にある。道路に橋を作り,沢が道路下を流れるようにするのではなくて,沢水をそのまま道路上を流すのが「洗い越し仕様」である。土石流や流木で橋の下の空間が閉鎖されることが多いためだろう。ここのところ結構雨が降っていた割りには,水量は少ないように思う。ザーザー流れていて,ホイールが流れに押されて転倒したらどうしようなんて考えていたが杞憂だった。これ以降,うんざりするほどお目に掛かるが,最初に見た時はもの珍しさが優先して,写真を撮る。

P1040034

洗い越しは全て沢で,そのほとんど全てに名前が付いていた

P1040035

P1040036

人家なし,人影なしというが,所々にこうした家がある

P1040037

既に廃屋になっている家も多数

P1040038

ここは人が住んでいる感じ。この辺りの雪の量を偲ばせる構造だ。

 この辺りで,途中で写真を撮っているときに先行されたK関さんに追い付いた。K関さんが洗い越しを突破する様子を後ろから撮影してみた。

P1040039

洗い越しを突破するK関さん

 しかし,こんな洗い越しよりも何よりも気を付けなければならないのが対向車。関東圏のナンバーの車が,結構頻繁に走っている。しかも,どれもかなりのスピードで道幅を目一杯使って走るものだから,対向車や後続車には結構気を遣う。

 しばらくK関さんの後ろに付いて進む。ふと脇をみれば,向い側の山の斜面にはこれから走るべき道が見える。こういう雰囲気は嫌いじゃない。いや,むしろ好きな方。で,停車して写真撮影。雨も上がって,雲も切れ始めてきたようなので,ここで雨具の上下を脱いで,上だけウィンドブレーカにして身軽になる。ついでに,道端で立ちションして軽量化。

P1040041

これから走る道が向こうの山の斜面に見える

P1040042

で,先ほど撮影した場所が対岸の斜面に見える

P1040044

これが二つ目の「越」のピーク。一つ目はたしか「恋ノ岐川越」だったような「恋ノ岐越」だったような。

 この辺りから,とても下り基調とは呼べない道になった。細かなアップダウンがこれでもかと繰り返される。例えてみれば,30m 降る前に,必ず 20m の登りがあって,ワンセットとして結果的に 10m降るという感じだ。さらに「プチ峠」と呼べそうな「越」と言われる小ピークがいくつかあって,かなり消耗させられた。結果的には降るのだが,こうしたアップダウンに次第に脚が削られていく。

P1040045

急峻な山の斜面は雪崩で削られるのか,山肌が露出しているところ多数

P1040046

奥只見ダム(銀山湖)

P1040047

雨池橋(多分)から見た上流の様子

P1040049

洗い越しの手前にある注意標識

P1040050

で,洗い越し。一体いくつあったのか?

P1040051

沢の名前の標識には県境からの距離と銀山平までの残り距離が表示されている

P1040052

 これが3つ目の「越」の神峰。ここで新潟ナンバーの車に乗った親子連れ(ご両親と娘さん)とちょっと会話。ここでも 400km という距離に目を丸くされる。

P1040053

電灯が一つもない真っ暗闇のグミ沢トンネル。もっとトンネルがあるかと思ったけど,これ一つだけ。
通り抜けた後で撮影。ダム湖側に塞がれた旧トンネルがあるらしい。

P1040054

銀山平の手前で見た,工事用の資材運搬用のヘリ。こりゃ,道路工事も高く付くわ。

P1040055

 銀山平のシークレットPC には,坂東さん,井坂さんが待機。みそ汁をご馳走になり,手持ちのおにぎりを2コ食べる。しばらくすると途中で抜いたK関さん,S@石巻さんが到着。他数人の参加者も到着。晴れて来たので,グローブを指切りにして,ウィンドブレーカを脱ぎ,さらにレジ袋の即席シューズカバーを外す。

シークレット PC ~ PC3(セーブオン湯之谷吉田店)216.5km, 9/25, pm 1:29

 S@石巻さんと一緒にスタート。しばらく降って,石抱橋を渡って,いよいよ枝折峠の登りに掛かる。S@石巻さん,他2名と一緒に登った。勾配は急ではないものの,標高差 300m,距離おおよそ5キロほどの登り。まあ,何ということもなく登り切った訳だけど。

P1040056

P1040058

途中に長いスノーシェッド(ロックシェッド?)

P1040059

P1040060

枝折峠頂上からの尾瀬方面(だったと思うけど)の山々の眺め

 枝折峠頂上には,駒ヶ岳の登山口があるそうで,かなり多くの登山者がいた。駐車場は満杯。で,降車して写真を撮って,後続を待っていると,同じ質問。ここでも,午前1時半出発,走ってきたコース,400km という距離に驚かれること頻り。一人のおじさんは「トライアスロンで自転車で 190km は走ったことあるけど,..」と。お,フルのアイアンマンディスタンスですね。そっちの方が凄いです。おじさんおばさんの「気を付けて!」の言葉を背中に受けて,なかなか来ないS@石巻さんを待たずに降り始める(ゴメン!)。

P1040061

降りの途中で見たナラ枯れの様子。かなりひどい状態だ。

 単調で長い降りを降っていると,次第に眠くなってきた。樹海ラインを降り終えて,街中を走行中にえらく眠くなってきた。コマ図では,湯之谷の市役所から脇道に入って PC3 に向うように指示されているが,眠くてボケーッとしてて,指示された曲がるポイントを通過してしまうこと数回。別段,入り組んだコースでもないのに,ウロウロしてしまった。正規ルートに復帰して,なんとか,PC3 の魚沼郡湯之谷に到着。

 プチミスコースでウロウロしているうちにS@石巻さんの方が先に PC に到着していた。K関さんも補給中。そろそろガッツリと補給を摂るべきだろうと,カレーの大盛りとおにぎりなどを食べる。

PC3 ~ PC4(只見ショッピングセンター)278.1km, 9/25, pm 5:27

 ここから県道 70 の細かいアプローチを経て,R252 へ。県道70って,R252 の川向こうとか線路向こうとか走っている道らしい。途中,えらく辺鄙なところを走るものだから,ちょっとばかりミスコースの心配をしてしまった。コマ図 No. 36 で「ショッピングセンター マルカ」というところで,R252 と合流するが,県道70を走っている時点では,「こんなところにショッピングセンターなんてあるのか?」と思っていた。が,実際には「これがショッピングセンター?」という規模の店だった。田舎の雑貨屋という表現がむしろ正しいと思われる。この辺りは入広瀬の手前。

 で,R252 を六十里越に向って走り始めた訳だが,どうにも眠いし,怠いので,ハンガーノック(さっき食ったばかりなんだが)を心配して,道の駅・いりひろせでコーラとクリームパンで小休憩。ここで午後3時である。まだ,走行距離は 240km 程。かなり,遅いペースだ。

P1040062

以前に木島平まで自走したときにも立ち寄ったことがある道の駅・いりひろせ。なんか,客が少ないようだった。

P1040063

補給ちう

 補給を終えたので出発。道の駅の先で橋の工事のための迂回路に入る。この道で大丈夫なのかと思いつつ道なりに走っていたら R252 に再び合流。

 これから先,いよいよ R252 の六十里越に掛かる。が,どうにもこうにも,やたらに眠くなってきた。あまりの眠さに足付き数回。ミンティアを放り込むも瞬間的な効果だけ。仮眠を取るような場所もないので,その後も眠さでスピードダウンしつつ,テレテレと走っていると,後ろから声を掛けられた。

 以前に匠光学のライトを知るきっかけになった千葉の方(ラルさん)だった。前に一度,一昨年の宇都宮 1000km のスタート直前にご挨拶頂いたことがあっただけなので,お顔を失念していて失礼しました。実は,今回(いつも?)使っている,匠光学 + Kingpower K2 ともにラルさんに教えて頂いたもの。今回ラルさんとは,ライトシステムは全く同じ。いわば,ブルベライトの師匠(笑)にお声掛け頂きました。改めて自己紹介などして,いろいろと,話をしながら登る。

 先だっての,宇都宮テイストの千葉 600km ブルベ(喜多方)はラルさんがコースクリエートですか?と訊けば,そうだとのこと。やっぱり(笑)。宇都宮テイストが濃いのでそうではないかと思っていました。さらに,ハブダイナモと匠光学のライトのこととか,一昨年の宇都宮 1000km で六十里を越えたときの豪雨のこととか,来年の PBP のこととか,いろいろと話すことが出来て,お陰で眠気も去って,退屈で長い登りをこなすことが出来た。感謝です。それにしても,ラルさん,400km という距離を走るとは思えないほどの軽装。ザックもバックも何もない状態。ロングライドの達人という雰囲気。

P1040065

こういったスノーシェッドとかロックシェッドとかが次々と現れる六十里越

P1040066

右側に只見線の線路が走っている

P1040068

只見線の線路。この先でラルさんに声を掛けられた(と思う)。

P1040070

P1040071

P1040072

ここが県境のトンネル(六十里越トンネル)で登りはほぼ終了。標高は 800m 弱

P1040073

福島側の長いスノーシェッド(田子倉駅の辺り?)

P1040074

向の山の斜面も雪(氷河?)に削り取られたような感じ

P1040075

田子倉ダムは夕暮れ時でなかなかの景観

 ライトの全くないトンネルが3本ほどあった。こうしたことが時々あるし,対向車への注意喚起にもなるので,今回は匠光学を常時点灯させている。なので,常にわずかの負荷が余計に掛かっている状態。気になるほどではないけど。

 田子倉湖の駐車場を過ぎれば,あとは只見の町まで降るだけ。夕暮れが近づいてきた。只見駅のところから R289 の沼田街道に入る。しばらく走れば PC4 の只見ショッピングセンターに到着。ラルさんと店内を物色するものの何も欲しいものがない。バナナか?でも,こんなに沢山いらないし,.。10分程店内をうろついて選んだものは,お総菜の揚物(笑)。ササミフライにソースをドバドバかけたものをもしゃもしゃと喰らった。これで蛋白質,脂質,塩分を一挙に摂取(笑)。

P1040077

PC4 の只見ショッピングセンター。写っているのがラルさん

 補給が終った頃に,4~5名のブルベライダー到着。S@石巻さんもいる。この中のどなたかがツイッターでつぶやいていた。その時の画像を頂いた。なんでも,同じ色の COPPI が他のブルベで目撃されていたとか。同じ COPPI に乗っている方にはお目に掛かったことがないので,一度お目に掛かりたい(笑)。

X2 2cd73d9

PC4 でのマイ COPPI。奥はラルさんのスペシャ。

PC4 ~ PC5(セブンイレブン会津田島新町店)330.7km, 9/25, pm 8:46

 PC4 からは再びナイトランの準備。気温が下がってきたので,ジャージを裏起毛の冬物に換えて,グローブも指つきにするが,それでも寒い。しばらく進むが,いよいよ睡魔の攻撃に耐えられなくなり,トンネルの入口の道端で体育座り。ほんの一瞬意識が飛ぶと,その後の40分程が楽になる。で,これを繰り返すことでなんとか安全に走行できる。前の 600km のときに身に付けた「瞬間睡眠法」である(笑)。瞬間睡眠中に,ラルさんが先行していった(様子)。

 しばらく走るとラルさんに追い付いた。そのまま先行する。R289 のきらら 289 を過ぎたところから,駒止トンネルまでの標高差 400m,距離 8km のヒルクライムにはいる。

 実は,PC4 を出て,この辺りまで 30km 近い距離があるのだが,どんなところを走ったとかいう記憶がほとんどない。コマ図 No.46 - 49 に相当する箇所だけど,こういったところを走ったような走らなかったような,..。それだけ眠くて夢現つ状態だったということか。それでも,ミスコースしていないのは,AJ 宇都宮のスタッフの作成するコマ図の秀逸さ故か。

 昨年の記憶を頼りに,駒止トンネルまで,真っ暗な中セッセと登るが,ここも眠くて倒れそうだった。3回ほど道端にへたり込んだ。道路工事の飯場の階段に腰掛けて瞬間睡眠&補給。ここでラルさんに追い付かれて,あとはランデブー走行。で,なんとかトンネルを通過。トンネルまでの道のりの記憶が,なぜか甲子トンネルの情報(記憶)と混同しており,あれ?こんなところだっけ?という感じ。ここも標高が 1000m 近いし,今度は晴れたせいで放射冷却でかなり冷え込んできた。一刻も早く下ろうとしていたところに,オヤジから着電。ラルさんに先行して頂く。今回のタイムロスのひとつの原因かも(笑)。

 降って,平地を PC5 に向っているときに,右車線にタヌキ発見。逃がすつもりで「こらこら!」なんて声を掛けた途端に,何を思ったかタヌキがこちらに突進。前後輪の間に入って,チェーンリングとクランク辺りがタヌキにハードヒット&後輪乗り上げ(?)。確認はしなかったけど,「タヌキ,轢いた~~!」ということに。あとで,PC5 に入ってきた参加者に訊いてみれば,「タヌキの死骸がありました」と。特定は出来ないが,ひき殺した可能性がある。まあ,pokky 氏のように「タンタン落車」に至らなかったのは不幸中の幸いだが,いくら狸とはいっても,少々寝覚めが悪い思いをした。

 PC5 のセブンイレブンでは,寒い戸外で補給して,ラルさんと一緒に出発。そういや,ラルさん,どこかの見ず知らずのおばあさんからお萩を頂いていた。コンビニの駐車場に座り込んで飯を食う我々がよほどひもじそうに見えたのかな?

PC5 ~ Goal(日光杉並木YH内コテージ)405.4km, 9/26, am 0:31

 一旦休むと走り出すのがイヤになるほど寒い。会津鉄道の線路を潜ってからは山王峠までの登り。朝(?)来た道をまた戻る。まあ,勾配も緩いので時間の問題。が,退屈だ。アニソンなどを歌いつつ進む。この辺りでようやく眠気は醒めた。後ろにいたはずのラルさんはいつの間にかいなくなっていた。後で訊けば,道の駅で寝ていたとのこと。全くの徹夜状態だったらしい。

P1040078

山王トンネル

 空には満月に近い月が煌々と輝いている。五十里ダム付近も雰囲気や由。ブルベでのナイトランを初めて経験した頃には,心細くてかなわなかったが,深夜にこういう場所を一人で走行することにもすっかり馴れてしまって,今では何にも感じなくなってきた。時折,わざとアップライトにする人間のクズのような運転者もいて,イラッとする。

 しばらく行くと前方に参加者発見。後輪が奇麗に光っている。K関さんだ。一旦パスされたK関さんに再び追い付くことは,これまであまりなかったことなので,今回は彼はちょっと調子が悪いのかも。川治温泉辺りからは,残りの距離がやたらに長く感じた。少々,自転車走行自体に飽きてきたのかも知れない(笑)。夜間は景色も見えないので基本的に退屈だし。

 そんなこんなで,東の空に上がってきたオリオン座を眺めつつ,日付が変わって30分でようやくゴール。23時間だった。実はゴール地点のユースホステルへの入り口でミスコースしたのはご愛嬌(笑)。ゴール場所がユースホステルのコテージだったので,そのまま明るくなるまで,そこで仮眠。

明けて,翌日

 起床は4時頃。畳みに雑魚寝の2時間半。正直疲れは取れない。部屋には,masa さん,K関さん,S@石巻さん他,多数の参加者が,ゴロゴロとマグロ状態(笑)。masa さんとコーヒーなど頂きながら,スタッフの方々とポツポツと会話。明るくなってきた5時頃に他の参加者,AJ 宇都宮のスタッフの皆さんに挨拶して,コテージを撤収して,スタート地点の宇都宮森林公園に向う。晴れた朝の放射冷却で気温は一桁。寒い。森林公園までは途中一つ丘越えのある約 15km だ。ま,短いが快復走代わり。脚は比較的よく回る。最後の鶴CC の 17% の激坂は汗をかきたくなかったので,34 x 27 のスーパーローでチンタラ登る。それでも呼吸は荒くなり,汗はじんわりと浮かんできたけど。

P1040079

masa(茨城)さんとS@石巻さん

Kaihukusou

S@石巻さんとナデラ男(撮影:masa(茨城)さん)

 昨夜の9時半頃にはゴールした,スーパー速いグループの pokky 氏は,オイラの車で車中泊だったようだ。で,目覚めた pokky 氏と再会。昨日の PC1 で出て行くのを見送って以来である(笑)。寒くてよく眠れなかったとか。朝帰りしてしまって,すいません(笑)。コテージで仮眠を取ってもらっているのがベストでしたね。打ち合わせ不足でした。

 着替えて,荷物の整理をし,帰り支度が済んだ後で,駐車場で,AJ 宇都宮のスタッフのS藤さん,masa さん,S@石巻さん,pokky 氏と小1時間程駄弁って,アフターブルベを愉しむ。来年の BRM 予定などについて少しだけ情報を聴き出す(笑)。まだ詳細不明だが,雰囲気的に厳しいコース変更になるような予感も,..。実に面辛ろそうだ(面辛ろい:おもつろい)。ではでは,家に帰るまでがブルベですので,道中お気を付けてと7時過ぎに別れる。

 途中,スイマの攻撃を高速の SA での仮眠でかわしつつ,最後にかわし切れなくなった部分は pokky 氏に運転を代わってもらったりしつつ,11時前に無事に帰米。これでナデラ男の,今年のブルベは終了である。

最後に

 AJ 宇都宮のスタッフの皆さまには,今年1年,本当にお世話になりました。いくら感謝しても感謝し切れません。もう,来年のブルベカレンダーは提出済みとのことで,そのコースについて,ほんのちょっとだけ教えてもらいました。今から楽しみです。来年も宇都宮中心になるかも知れません(宮城にももう少し参加しないといけないけど)。何卒,よろしくお願いいたします。

 また,この1年のブルベ参加を通して,知り合った方も大分増えました。ブルベでは単独走であっても,ああ,あの人は今頃コース上のどこを走っているのかな?あの人はもうゴールしてるだろうな,等と考えながら走るので,単独走の寂しさもありませんでした。皆さんとは来年もまたブルベ会場で笑顔でお会いできることを願っております。それでは皆さま,よいお年を迎え下さい!(笑)

FIN

重さと運動と天気10/21/14

 寝落ち覚醒は午前2時。当然のように活動開始である(笑)。昨夜は,一杯機嫌で「信長のなんチャラ」いう下らんテレビ番組を眺めていたら寝落ちした。なので,5時間弱の睡眠時間は確保されている。充分だ。取りあえず,読みかけの本を読んでしまおう。台所では,ホームベーカリーがなにやら騒がしい。朝食は,焼き立てのフランスパンだとかいう昨夜の会話を思い出した。

IMG 7888

 読了。生協の書店で見つけたのだが,まあ,東野圭吾氏のガリレオの化学者版のようなものか。話の展開が軽いのが気になるが,まあ,娯楽小説してはよくできている。これの続編もあるようなので,ものはついでに読んでみようか。Amazonを探すと,もちろんある。が,Kindle 版があるのを見つけた。約 200 円安い。ということで,..

IMG 7911

 本を読んでいる脇には,...

DSCF0631

 こんなのがいた(笑)。

 5時頃になったので,外に出てみたら,雨がパラパラ降っていた。朝の東の空も全く詰まらない光と雲の加減だったので,老犬介護とワン公の居住区の掃除を優先。それらを終えたころに雨が上がって,雲の切れ間に赤い光が差してきたので,ちょっとママチャリで線路向こうに行ってみた。

DSCF0647

 雲が切れて陽の光が差しかけてきた斜平山。上の方は大分赤くなっている。

DSCF0651

 雲の隙間から朝日が顔を出した。

 朝飯に焼き立ての食パン一斤の形態のフランスパンが出て来た。皮の部分がフランスパンだった。中はモチモチしていてなかなか美味い!う〜ん,これなら中に何か入れたりしたら楽しそうだ。週に,2〜3回は楽しもうかな(オレがセットする訳じゃないのでえらそうに言えんけど:笑)。

ーーーーーーー

 朝飯後にローラー40分,18km。勾配負か%,ケイデンス 60 - 90rpm で。左膝だが,歩いたりすると微妙に痛むのだが,ペダリングでは全く痛まない。それよりも,ますますひどくなる足の痺れをなんとかしたい。それと,左右の中殿筋の張りが尋常ではなく,..。なんか,これまで神経がブロックされていて,筋肉の凝りなどのフィードバック的な感覚があまりなかったのかも知れないなぁなどと素人考えをぼんやりと,..。

ーーーーーーー

 午前中はやっかいな学会業務に時間を取られた。何度も言うが,来年度はお役ゴメンで是非!!10時過ぎから雨が落ちてきたようだ。天気予報,正解か!?

 午後からは,今週末の講義のノートを作ってしまおうと,昔 AppleWorks 6 で作っていたノートのファイルを,Intaglio というソフトで読み込もうとしたのだが,..

Screen

 なに,このエラーメッセージ,..。え〜,夏までは問題なく読み込めていたのに,..。OS を Yosemite にしたからか?こんな重箱の片隅みたいなところで躓くとは,..。午後からの数時間を潰して,再起動とか再インストールとかしてみたがダメ。ネット上に情報落ちてないかと思ったけど,かけらもない。仕方ないので,下手くそな英語で開発元にメールしておいた。はてさて,どうなりますか,..。また,古い Mac 上でのファイル操作が必要になるのか,..。はぁ〜〜〜〜・・・○| ̄|_

2014年10月20日 (月曜日)

重さと運動と天気10/20/14

 起床は5時。ありゃまぁ,寝過ごしたよ。3時少し前に起きて,さ〜て,(仕事でも)やりますか〜〜!と背伸びした瞬間に二度寝した,..らしい。

DSCF0620

 朝焼が始まっていた。朧な三日月がポッカリと浮かんでいた。こんな色の東の空を,朝の冷気の中で眺めつつ,ちょっとだけ残りの人生のことを考えたり(笑)。小さな溜息を一つ吐いて,家に戻って,机に向い,さてさてと,ファイルを開き作業を始めるも,..

DSCF0622

 色合いが変わった。朝の一時は1分で景色が変わるので,全く落ち着かないし,油断できない(なにが?:笑)。仕事なんか無理(笑)。

 そういや,最近,体重測ってないなぁ(爆:笑)。朝の東の空が赤いと,つい忘れちゃんだよねぇ。

 ワン公の世話しつつ,ふと西の方に目をやれば,なかなか形のいい雲が斜平山の羽山神社の上にホコホコと浮かんでおった。まるで,この雲に何かが乗っかって,西の空から現れたように感じたり,..。

DSCF0625

 なんだか,ほのぼのした気分になったので,カメラに収めるべく,ママチャリをぶっ飛ばす。まだ,稲刈りの済んでいない田んぼがある。

 帰宅して,朝飯食って,ちょっとマッタリしてるときに,...

DSCF0630

 今朝も「読んじゃダメ!」活動に勤しむ,ネコらしくない猫(笑)。

ーーーーーー

 朝飯後にローラー36分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 83rpm でのんびりと汗を流す。なんだか,左膝に違和感がある。伸ばすと若干痛むし,.。膝なんか痛くなったことはいまだかつてなかったんだけど,..。経年劣化か?

ーーーーーー

 セッセと某書類作成作業を続ける。なんとか目処が付いたのが,午後1時過ぎで,自宅に戻り,遅い昼飯を食って2時頃に職場復帰して,さらに文章の推敲。さて,一部印刷しようとなったときにトラブル。先日,MacBook Pro の OS を OS X Yosemite にアップデートしたのだが,なんと,印刷できないことが判明。プリンタを認識してない。これはまずいと,一旦プリンタリストから使っているプリンタを消して,再度登録しようとしたら,...出来ない,..プリンタがリストに現れない。しまった,詰んだか!?と思いつつ,メーカーのサイトからドライバをダウンロードしてもう一回インストール。さらに,プリンタと Mac も再起動した。すると,....できたぁ〜〜〜!ヽ( ´ー`)丿

 いや〜,やばかった。そんなこんなで4時過ぎに無事に事務に届けられた。やれやれ,..。次は,今月末〆きりの原稿を一つやっつけないと。取り合えず,明日から本気出す!!

 ということで,軽く呑んで帰宅して,晩飯を軽く食ったら,...落ちた(笑)。本当に,酒が弱くなった,..。

2014年10月19日 (日曜日)

重さと運動と天気10/19/14

 起床は6時。流石に,起きられなかった。考えてみれば,昨日は日付が変わった頃から1時間ほど星の写真撮ったりして遊んで,昼は大型家電量販店で遊んで,夜は星の写真撮って遊んで,..。まるで,隠居した爺さんのような生活だったな。早く隠居したいな(爆:笑)。

 午前中はちょっとウダウダしてから女房と一緒に今日も大型家電量販店へ(笑)。なんでも,先着千名にボックスティッシュをくれるというのだが,1時間くらいは大丈夫だろうと米沢を舐め切って11時頃に到着したら,...既に終わっていた。新しもの好きの米沢市民,恐るべし。で,多分,一月経つと,客の入りはガクッと減るのではないかと思ったり,..(笑)。

DSCF0613

 山も色付いてきたけど,少し逆光気味だったので,鮮やかさは今一つ。

 家電量販店で,女房のリクエストで炊飯器を購入。最近,家族が少なくなって,さらにオレの食う量も減って,米を炊く量が減って,子供たちが育ち盛りの頃に使っていた大型の炊飯器を持て余し気味だったので。店を出て,街中でラーメン食ってから,舘山の辺りでリンゴを買ってから帰宅。

IMG 7903

 仕事をしなければと思いつつ,なんだか怠さに負けて1時間ほど意識を失った。これではいかんと仕事を始めるも,気合の入らないことこの上なく,.。こんなことではいかんと,..

ーーーーーー

 気分転換のローラー75分,30km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 83rpm 程でじわ〜〜〜っと。1時間越えてから,4%で踏み続けてみた。左脚がやっぱり,まだまだ弱め。

ーーーーーー

 晩飯を食って,さてさて,明日から天気が悪くなるそうなので,今夜も星の写真でも撮ってやるかなと思ったけど,やっぱり,某書類をやっつける方が優先だろうなと,...あっという間に嫌気が差した。そして,軽く呑んだら,猛烈に眠くなったので9時過ぎに就寝。ダメだ,こりゃ,..。

2014年10月18日 (土曜日)

【星野写真】星空の透明度は今一つだったけど,..

 自宅から夜空をチェックした限りでは,なんだか薄雲が掛かっているようで,ちょっと躊躇したけど取り合えず出かけてみた。現地に着くと,自宅付近に比べれば遥かにマシだけど,「おぉ〜〜!」というほどでもない。でも,GPV 予報ではもう少し悪そうだったので,まずまずかな。

DSC 9341

 まあ,例によって,こんな具合でおっさんの夜遊び開始だ!!

DSC 6506

 夏の名残の天の川。夏の大三角もほぼ北西の方角だ。

DSC 6511

 東の方角から天頂近くまでは光害がひどい。一応,カシオペアからペルセウス座などの天の川は押さえておく。まあ,光害も味のうちかも知れない。

DSC 6526

 はくちょう座からケフェウス座,カシオペア座からペルセウス座にかけての天の川

 上の3枚は,D3200(新改造),sigma 15mm, F2.8, diagonal fisheye, 100 ~ 120sec, ISO1600, skymemoRS で追尾,Lee No, 1 拡散フィルタ,8枚コンポジット

 こんなのをセットして,その間暇なので固定撮影でいろいろと,..

DSC 9344

 夏の大三角

DSC 9351

 はくちょう座とこと座

 この辺りで,対角魚眼レンズを D600 に付け替えて,..

DSC 9355

 天の川全景。東の光害がなぁ,..。D600,sigma 15mm, F2.8, diagonal fisheye, 100 ~ 120sec, ISO1600, skymemoRS で追尾,Lee No, 1 拡散フィルタ,4枚コンポジット

 そうこうしていいるうちにオリオン座が東の空に昇ってきた。

DSC 9359

 東の空は明る過ぎるので,固定撮影で。

DSC 9360

 秋らしい景色とともに夏の名残の天の川全景を収めておく。これも固定撮影。

DSCF0611

 サソリはもういないかな? by オリオン(笑)

 久しぶりの細空撮影を堪能した。

重さと運動と天気10/18/14

 そんな訳で,朝からジタバタである。

DSCF0558

 こんな景色を眺めつつ,...

DSCF0567

 時間の経過とともにダイナミックに変わっていく朝の雲の様子を楽しみつつ老犬介護(笑)。

 今日は福島の義父母を女房の職場内覧に連れて行く。さらに,市内に新たにオープンする家電量販店を冷やかしに出かける予定。いろいろあるので,朝から忙しいのである。

DSCF0568

 忙しいのに,此奴は,今朝も「読んじゃダメ!」活動に精出す。ちなみに,これをやるのは女房に対してだけ(笑)。

DSCF0576

 どうも,ネコと暮らしてン十年のオレには,ネコらしくない行動ばかりが目に付く。

 9時少し前に下の子と一緒に駅まで義父母を迎えに行って,10時少し前に女房の職場まで。義父母には女房の職場を見学してもらって,オレと子供は家電量販店へ。

IMG 7893

 結局,小物大物合わせて結構な散財をした。う〜ん,家電店での買い物って楽しい(大笑)。買ったものをザッと並べれば,ホームベーカリー(これが一番大物),たこ焼き器,乾電池,ハサミ,LED スタンド,シガーソケットから AC 100V を取り出すカー用品,夜歩くときに首から下げる LED ライト,SD カード(クラス10,16GB で千円),..あとなんだっけ?とまあ,そんな感じ(笑)。

 噂のデジカメ,SONY α7s の実物を初めて手に取った。高感度を確かめるような状況でもなかったので,他の機種との差はよくわからない。これがもう2回くらいモデルチェンジしたら欲しいかも(笑)。

 義父母と子供と城趾苑で食事して,義父母を駅まで送って,本日の月間長男業務終了。実は,オレの実家の方では,妹が,月間長女業務を遂行中だ(笑)。

 帰宅後はグッタリしてしまってローラー踏む予定がウダウダ過ごしてしまう。子供は早速食パン一斤を仕込んで,それが焼けるまでの間,たこ焼きを焼き始める。夕方帰宅した女房は今夜は仕事の打上げとかで呑み会に送れというので,ノンアルコールでたこ焼き詰め込んで夕食代わり。呑み会までの待ち時間に夕暮れの様子を撮影。

DSCF0586

DSCF0596

 なんだか,こういう景色を眺めているとホッとする。ホッとすると,早く隠居したいと思ったり,...(笑)。

 女房を呑屋に送り届けて自宅に戻って,パンが焼けるのを待って,その出来栄えを見てから機材を車に積んでいつもの田沢の撮影現場へ。あ,パンはかなり美味かった。これなら頻繁にパン食でもいいなぁ。

 そして,9時前から11時頃まで夏の名残の天の川とかを楽しんでから帰宅。画像をいじりつつ一杯やって1時半頃に就寝。

【星景写真】夜中にウロウロしたり,早朝にバタバタしたり,..

 帰宅したら,家には誰もいなかった。ネコとイヌを相手に晩酌を始めたが,今一つ楽しくない。明日の仕事の準備で遅くなった女房が帰宅して,一緒に晩飯食って,何となくウダウダしていているうちにちょっとだけ居眠り。早いところ寝てしまって明日の朝早く起きようと思っていたのだが,居眠りのせいかなんだかんだとズルズルと夜更かししてしまい,..。日付が変わる頃にふと思い付いて外に出てみれば,...星が出ていた。

DSCF0553

 苦手なサソリも西の地平線に隠れたので,安心して勇者オリオンが顔を出してきた(笑)。なんのことかわからない方は,オリオン座の神話を検索して下さい(笑)。

DSC 9324

 プレアデスとヒアデス

DSC 9325

 ぎょしゃ座。今度,勾玉星雲とか写してみたい。

DSC 9326

 玄関前から見上げればカシオペアがニコニコしていた(笑)

 とまあ,こんな遊びをして少しだけ心癒された想いで1時半頃に寝た。

 5時少し前に目覚める(無理やりに)。で,外へ飛び出したら,半月と木星が天頂近いところで輝いている。

DSC 9334

 木星と月。ピント合わせのために木星を液晶モニタで拡大したら,...あれ?

DSC 9336

 木星の4つの衛星が写っていた。望遠レンズで写ることは聞いていたけど,実際に写してみたのは初めてで,ちょっと驚いた。

 とまあ,こんな訳で,短い睡眠時間を挟んで,深夜から早朝まで玄関を出たり入ったりしたおっさんだった。

DSCF0554

 そして明るくなってきた,..。

2014年10月17日 (金曜日)

重さと運動と天気10/17/14

 起床は4時過ぎ。起き抜けに空を確認するのはパブロフのイヌ的条件反射である。星が見えたが,今日は騙されないぞとカメラなど持たずに外に出れば,案の定薄雲で冬の大三角がうっすらと見える程度。半月と木星が奇麗に見えていた。

 家に戻り,朝一講義の準備を始める。用意したスライドは22枚。90分話すには,平均の持ち時間は1枚当り4分ほど。せっせとアニメーションを設定する。あ,そうそう,なんだか身体が重いなぁと思いつつ体重を測ってみれば,72kg と鬼も落涙するほどの数値が,..。ま,仕方あるまい。

 6時過ぎにちょいと空が赤くなったので,ママチャリで農道方面に飛び出した。が,寒さのあまり,出て来たことを軽く後悔。そして,ほんの僅かの時間の遅れが,朝の光の様子を平凡なものに変える。

DSCF0539

 2分ほど前は,もっとダイナミックな色合いだったのに,..。

DSCF0541

 ふと気が付くと,新たにコンクリート製の枕木が線路脇に置かれていた。今度は,交換作業風景を是非見てみたい!

DSCF0542

 そして,斜平山も大分色付いてきた。

 古志田第一踏切付近で,たかの@米沢さんに出合う。お久しぶりです。毎日お元気に散歩されて,奇麗な写真をアップされている。少しだけ話をしてからお別れして帰宅。

ーーーーーーー

 朝飯後にローラー26分,11km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 86rpm で。時間がなくて,こんな中途半端なことに,..。

ーーーーーーー

 朝一の講義は,リハビリがてら,黒板も併用して,きっちり90分話した。でも,多分,この説明でも学生さんは「速過ぎる!」という感想なんだろうな。

ヨセミテ協奏曲:

 やらねばならぬ仕事も抱えているのに,よせばいいのに,ついつい Mac OS X のヨセミテへのアップデートに手を出してしまった。ファイルが 5GB ほどあったので,昼休みにダウンロード。その後,アップデートをかましたが,..残り時間1分から20分以上待たされて,結局3時間ほども掛かることに。その間,iPhone の連携しているアプリもおかしな具合で散々な目に遭った。やはり,仕事を抱えているときに,アップデートしてはいけない。だけど,学生のころも,試験の前日になると,これまで途中まで読んで放り出していた小説など読み出すという暴挙に出るのが常だった。人の性質は,何十年経ってもそうそう変わるものではない。

2014年10月16日 (木曜日)

重さと運動と天気10/16/14

 起床は5時。昨夜は帰宅して9時台には寝てしまったので,目覚めスッキリ,...とはいかないのが呑ん兵衛のおっさんの哀しさだ(苦笑)。ちょっとしたアルデヒド症候群らしい。でも,脱水らしく,朝の体重は 70.3kg ほど。外を伺うと星が見えたので,また三脚とカメラ担いでいそいそと外に出て見れば,半分以上の空は雲に覆われたまま。室内から覗いた部分だけが雲が切れて星が見えていたようだ。

DSCF0528

 悔しいので,明るくなりかけている東の空を撮影してお終い。

ーーーーーー

 朝飯後にローラー39分,17km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 92rpm で。最後の4分ほどを,今日も4%勾配で踏んでみた。

ーーーーーー

 午前中は学会雑務。何度も言うけど,そろそろ足を洗いたい(笑)。その仕事の後はひたすら明日の朝一講義の資料作り。面倒で仕方がない。ああ,とっとと黒板&チョークのスタイルに戻りたい。今週くらいで PowerPoint 利用の講義を終えてもいいかな〜〜・・。スライドを20枚ほど作成。一枚当たり4〜5分で説明すれば,1時間半持つのだけど,..。

IMG 7884

 昼休みに読了。結構時間が掛かった。これが,このシリーズ最新刊のようだから,当分古着屋総兵衛さんとはお別れだ(笑)。また,吉原裏同心ものに戻るか。あ,そういや,ヒゲのウィスキーの話を読まなくては,..。

IMG 7692

2014年10月15日 (水曜日)

重さと運動と天気10/15/14

 起床は4時半頃。昨夜は早めに寝たのでスッキリとした目覚め。条件反射的に外を見ると,星が見えている。トイレもそこそこに三脚とカメラ抱えて外へ(笑)。

DSC 9312

 南の空には冬の大三角と月を収めてみた。もう,空は青くなりつつあったけど,..。D600, 35mm, F2.8, ISO800, 5sec, 拡散フィルタ,固定撮影

DSC 9318

 東の空はこんな具合。

DSCF0512

 しばらく経つと朝焼が,..。

 老犬介護業務をこなし,朝飯食って,..

ーーー

 朝飯後にローラー45分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 90rpm で。最後に4%にして5分ほど踏んでみた。感触は悪くはない。

ーーー

 午前中は今度大学院に進学する学生さんの奨学金の推薦書書き。なんで,今時手書きしないといけないのか理解に苦しむ。しかも,同じものを2枚も,..。どうも,こういう組織ってあまり好きじゃないんだよなぁ。まあ,自分も世話にはなったし,子供も世話になっているけど。

 午後からは芋煮会。新しく仮配属された3年生の歓迎会というので,いろいろやることもあるけど出ない訳にはいくまい。あまり呑まずに帰ろうという思いは,春の淡雪の如く,..。結局ベロンベロンになるというバカさ加減(苦笑)。

IMG 7862

 天気も良くてなかなか楽しかった(笑)。

 戻ってきてからも呑んだら寝落ちという情けなさ。ヨロヨロと帰宅して,すぐに就寝。

2014年10月14日 (火曜日)

重さと運動と天気10/14/14【昨年の前開き手術の定期的診察】

 起床は5時半過ぎ。あちゃ〜,4時台に起きて仕事しようと思っていたのだが,..。昨日嫌気が差してきて途中で止めた査読仕事の続き,..。今日は先週の土曜日の代休で,午前中は置賜総合病院で定期的診察(昨年の前開き手術に関するもの)。朝の体重は 71kg と高値安定,憂い無し(意味不明)。

 老犬介護業務をこなして,ブラブラと散歩に出た。なにやら,世間を騒がせた台風19号は,関西方面での暴れっぷりとは一転して,借りてきたネコのように通過していった。風も雨も全然大したこともなく,平たく言えば,「屁」のような台風だった。ここ米沢は,冬の積雪量を除けば,実に住みやすい地域である。

DSCF0499

 ほら,青空まで見えてきた。

DSCF0504

 随分と久しぶりに米坂線を撮ってみた。ブラブラと歩いていると,イヌの散歩中の同僚と出会って,世間話をしつつ帰宅。

DSCF0507

 斜平山もそれなりに色付いてきた。

ーーーーーーー

 朝飯後にローラー35分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 86rpm で。汗の量がすごい。

ーーーーーーー

置賜総合病院

 9時前に家を出て,9時半前に病院着。

IMG 7837

 右脇に月を従え,青空バックで,..。台風一過の病院。

 中に入ってみれば,物凄い患者の数。受付に診察券と保険証を出すと,その確認に20分以上掛かった。こんなのは初めてだ。お陰で,採血が大分遅れた。10時15分の予約だったが,11時頃になった。お陰で査読終了(笑)。それにしても,待合室の平均年齢の高さに,病院関係者のご苦労が偲ばれまする(泣)。病院要らずの平均活動可能年齢(変な表現だけど)っていくつくらいなんだろ?この年齢が平均寿命と近くならないと,平均寿命などいくら伸びても人間幸せではないのではないかと,..。

IMG 7841

 診察を終えて会計に行けば,50人待ち。全て終わったのは11時半過ぎ。たしかに,行きつけの病院なら銀行の自動引き落としなどのシステムだと便利かも知れん。そして,保険証も単なるブラスチックのカードから,データの入った磁気カードにしてもらうと楽だろうね。

IMG 7856

IMG 7857

 病院の紅葉がなかなか良い色である。侮り難い美しさで,ちょっと驚く。

 昼飯をどうしようかと考えて,昨日午後1時過ぎに到着したら,「売り切れ」だった「志づ美」に行く。リベンジなる(笑)。12時過ぎだったが,最初の第1陣がちょうどはけたところだったので,すんなりと,.。

IMG 7859

 思わず,大盛りなどを食してしまった。相変わらず美味し。

 午後から職場に行こうかと思っていたが,面倒になったので在宅勤務。査読のコメントを送るのに,アカウントを作るなどしなくてはならず,結構てこずった。その後は,今週末の講義準備。某書類はまだ手付かずで残っていて,些かヤバイ。 

2014年10月13日 (月曜日)

重さと運動と天気10/13/14【台風襲来前日の収穫祭】

 起床は6時。結構寝たなぁ。朝の体重は 72kg と想定内。結構食ったし呑んだしね。今日はローラーで汗を流して,ちょっとした仕事をする積もり。

DSCF0491

 手前は終わって,向こうはまだ,..。

ーーーーーー

 午前中にローラー1時間,26km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 87rpm で。手術後初めての1時間。40分過ぎ頃から次第にしんどくなる。それだけ持久系が落ちているってことか。

ーーーーーー

 予報よりも早く昼前には雨。

高畠ワイナリー収穫祭:

 今日が最終日なのだが,ちょいとやることがあるし天気も悪いので,どうしようかと迷っていたのだが,...

IMG 7833

 仕事も終わらないのに,結局こうなる,..。弱きもの汝の名は,おっさん!もっとも,2杯で切り上げましたけど。

DSCF0493

DSCF0494

DSCF0495

 EPO がコンサート中だった。

【写真】丸森町のかかし祭り

 昨日,相馬からの帰り道に,昨年の丸森のサイクリングイベントで通過した「かかし祭り」を眺めてみた。朝の情報(?)番組の ZIP でイヌ連れで旅をしている青年が訪れた様子が放映されたのをご覧になった方もいるかも知れない。丸森町の不動尊の辺りに出る道だったなぁと思いつつ車を走らせたが,ちょっとだけ道を間違えて,5分ほど迷走したが,無事に到着。

DSCF0466

DSCF0467

DSCF0469

DSCF0468

 この辺りが中心部(?)でプレハブでは地元の野菜やら,バーちゃんが焚いた栗ご飯やらを売っていた。面白そうなのでいろいろと購入。テントも張ってあって,地元のじいちゃんばあちゃんがお茶を飲んでいた。遠目で観たら,全てかかしに見える不思議(笑)。

 ちょいと先まで進んで,もう一回Uターンしつつかかし見物。

DSCF0470

DSCF0473

DSCF0475

DSCF0476

 さて,この中で生きているじいちゃん or ばぁちゃんはどれでしょう?ウソです。全てかかしです(笑)

DSCF0477

DSCF0478

DSCF0481

DSCF0482

 なかなか楽しいイベントである。御不動尊に車を置いて,ブラブラ散歩をしても楽しめただろう。

2014年10月12日 (日曜日)

重さと運動と天気10/12/14【随分と久しぶりに相馬へ】

 起床は7時。あらあら,...。朝の体重は 71kg と絶好調〜〜〜!(バカ)今日はちょいと早めに家を出て実家に向う。ここのところちょいとご無沙汰だったので,気晴らしにお袋をどこかに連れ出そうという企画。火山性微動のつづく蔵王方面は止めにして(笑),女房のリクエストで相馬に出かけることに。9時前には家出。

DSCF0447

 お土産を買うために立ち寄った道の駅・たかはたの前にある,安久津八幡を一枚。

 秋祭りのようなものなのか,道の駅は高畠町内の方々が出店を出してえらく賑わっていた。

DSCF0453

DSCF0456

 「あんびん」はこちらの方言で「餡この入った大福餅」のことである。5個入りの奴を購入。

DSCF0457

 なんだか,汁物なども一杯購入したら,一緒にビールとかワンカップも仕入れなくてはいけなくなりそうなものばかりで,酒好きのおっさんの心くすぐるものばかりが並ぶテント売店(笑)。ブドウとか土産物買って,福引きやらやって,さらに面白クイズ(米を容器に目分量で.5kg 測り取るというもの)でニアピンで新米二合を頂いたりして,道の駅を後にする。

DSCF0459

 今日はなぜか,えらい数のローディと遭遇した。宮城から山形に向うツーリングのような方々,何十人と擦れ違った。何かイベントでもあったのか?帰宅するまでに,多分50人くらいのサイクリストを見たと思う。過去最高,..かも。いいなぁと思いつつ擦れ違う(苦笑)。

相馬へ:

 11時前に実家着。ちょいと一休みして,お袋乗せて相馬へ。相馬の港周辺はなんだか道路工事が多く,通行止めの箇所も多く,目的の「斎春」に辿り着いたのは正午過ぎ。

DSCF0463

 もう大繁盛である。二階の座敷に席を取る。そして,待つこと40分ほど,...

DSCF0464

 来たぁ〜〜〜〜!!!ヽ( ´ー`)丿 なんでも,「復興チャレンジ」と名前が付いた海鮮丼である。海鮮丼はこれまでも結構食ってきたが,これは多分三本の指に入るだろう。さらに,値段を考えれば間違いなくトップクオリティ。これで 2000 円である。これまでの経験からは,この質では確実に 3000 円オーバーである。もしかすると利益度外視か?乗っている刺し身の鮮度も味も特筆もので,このバカ日記の読者でお近くの方は是非!!サイクリングの途中のような方もおられた。もう,大満足!!さらに,一階でつまみやら,バカでかいほっき貝などを仕入れて帰途に。

IMG 7822

 帰りは丸森の「かかし祭り」(別便にて)を眺めてから,館矢間の伯母の家に立ち寄り,角田の街中で買い物して4時頃に帰宅。お袋もいい気晴らしになったようで,いい休日になった。4時半頃にまたまた食材をしこたま頂いて実家を辞去。

DSCF0483

DSCF0488

 帰り道の七ケ宿ダムでは,そこそこの夕暮れ風景が,..。

 女房の強いリクエストで米沢四中の脇辺りに回転した「ツルハ」に立ち寄り,一人2コまで・・・というセール品を買う頭数として働かされる。で,6時半過ぎに帰宅。

IMG 7828

 今日はこんなところで,..。これにさらにほっき貝のバター醤油焼きが入って,酒好きのおっさんは大満足で寝落ちしたのだった。でも,パリ〜ツールはしっかり録画したぜ(笑)。

2014年10月11日 (土曜日)

重さと運動と天気10/11/14【保護者懇談会】

 朝のおっさんの朝活は,前の記事の通りである。なかなか満ち足りた時間を過ごした。帰宅下のは8時少し前で,データ処理に11時頃まで掛かる。なんだかんだと100枚近く撮影したので,こんなことになった。下手な鉄砲なので数を打たないといけないのである。この辺り,もう少し何とかしたいところ。

DSCF0399

 散居集落の展望台

IMG 7816

 こんな参考書も,...(笑

ーーーーー

 昼飯後にローラー50分,22km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 90rpm で。ロンバルディアを観戦しつつ,..。

ーーーーー

保護者懇談会:

 2時半頃に職場へ。今日は大学祭にかこつけた保護者懇談会なるイベントがあり,各学年の個別対応要因である。就職やら進学やらに関する一般的な話。研究室という,一般的な社会とは少々異なった世界の紹介など1時間ほど質問に応えるような形で話をした。その後は,心配事のある保護者の個別の話を聴いて,業務終了。それにしても,大学も様変わりしてきたなぁというのが感想。そのうち授業参観とか始まったらどうしよう(苦笑)。

IMG 7817

 帰宅したら届いていた。もりやま園のリンゴである。一個食べてみたが,流石の美味さ!素晴らしい仕事である(笑)。

 夕食時に一杯やって,ウダウダしてるときにちょいと気が向いたので,三脚と X-T! ぶら下げて,田んぼ農道まで出かけてみた。風景の月光浴みたいなものが撮れるんじゃないかなと,..。

DSCF0420

DSCF0433

DSCF0444

 天の川も淡くなった,..。

【写真】イザベラ・バードの観た景色を観に行くの巻

 目覚めてみれば午前4時前。もう一回寝ようかと思ったけれども,ふと思い付いて,車に撮影機材を積み込んで4時半頃に家を出た。西の空に輝く月と南の空のオリオン座を眺めつつ車を走らせて向った先は,...

DSCF0383

 こんなところ。下の駐車場に車を停めて機材を持って急なハイキング道みたいなところを登って辿り着いた散居集落の展望台である。イザベラ・バードが「アジアのアルカディア」と称した置賜盆地の散居集落の夜明けの風景を見たくなったのである。

DSC 9241

 まだ,暗かったのでスローシャッターで一枚。西の空に月があるので,もう少し暗い時間帯なら月明かりの下の散居集落と星々を一緒に収められたかも知れないなぁと妄想しつつ,....。

DSC 9269

 朝霧がうっすらと漂い,その中に浮かぶように点在する家々の防雪林。なかなかに幻想的な景色である。

DSC 9274

DSC 9280

DSCF0391

DSCF0394

DSC 9292

DSCF0402

DSC 9293

DSCF0407

 とまあ,1時間以上展望台で過ごし,素晴らしい景観を堪能した。

 帰りは飯豊山の姿をカメラに収めたくて白川ダム経由にしたのだが,生憎ガスっていて,さらに雪がない飯豊山には全くと言っていいほど写欲をそそられず,..。帰り道の収穫は,「森のパン屋さん」の売れ残りのパンを 250 円でゲットできたことくらい(笑)。

2014年10月10日 (金曜日)

重さと運動と天気10/10/14

 起床は2時過ぎ。そう,酔っ払っての寝落ち覚醒である。10時前には落ちたから,睡眠は充分だろう。ちょいと腰にダメージが来ているような気がするが,多分気のせいだろう(笑)。お茶など啜りつつ,朝一講義の準備を始める。5時半頃まで掛かって完成。PowerPoint ファイルだと多分話が速く進み過ぎて,メモなども取り辛いだろうということで,黒板に書くようなスピードで各スライドの内容を映写するために,全てのパーツにアニメーションを施す。これがまた厄介な作業で,..。

 6時前にワン公を外に連れ出そうとしたら,玄関で粗相をしていた(苦笑)。まあ,人間で言えば 90 歳近いとかいう話のようなので仕方ないな。そして,階段とか下りるのが本当に大変なようだ。昔,投げたボールを追って,弾丸のように疾駆していた姿が懐かしい。

DSCF0366

 ここも今日辺り稲刈りらしい。

DSCF0367

 あらら,もう終わっていたよ,枕木交換。残念!

ーーーーーーーー

 朝飯後にローラー34分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 90rpm で。今日は少々しんどかった。

ーーーーーーーー

DSCF0372

 月はまぶしいけれども,写してみれば,プレアデスだったり,ヒアデスだったりが姿を現して,いとおかし(笑)。

2014年10月 9日 (木曜日)

【天体写真】皆既月食ドタバタ顛末

 昨日の日記に書いたように,明確な方針もなく,時間もなく,行き当たりばったりでの撮影となった。もう,これほどの好条件の皆既月食には二度とお目にかかれないんじゃないかというほどの見事な空だった。ああ,それなのに,..。

DSC 6144

DSC 6183

DSC 6263

 ま,こんなものでも,.。皆既中の月と天王星(月の右の緑っぽい星,..だと思う)。D3200(新改造),250mm, F5.6, ss オート(1/600 ~ 4s),ISO1600(皆既中は 3200),赤道儀で追尾

Total lunar eclipse2014

 5分置きの連続写真を比較明合成。これもカメラ任せの露出でどうにもこうにも,..。

 次回は来年の4月4日である。捲土重来!!(笑)

重さと運動と天気10/09/14

 起床は6時。結構冷えたようなので今朝もガスっているかと思ったが,雲はあるものの朝から晴れている。昨夜の皆既月食の撮影失敗の凹みで朝から憂鬱である。連続撮影など止めておけばよかった。きちんと露出を合わせて一定の時間間隔(それほど厳密でなくても)で撮ればよかったのである。連続写真とタイプラプス動画までと欲張った結果,虻蜂取らずのシオシオのぱ〜〜〜〜!(泣)そんな凹み気分で朝の体重は測り忘れた。でも,まあ,最初から最後まで雲一つない条件で皆既月食が観られるなんて,一生にそう何度もあることではないので(たしか,皆既月食を観たのは,これで3回目くらいかな?),いい冥土の土産になったかも知れん。

 ということで,気を取り直してワン公の世話。

DSCF0353

 今日もいい天気になりそうだ。

ーーーーーーーー

 朝飯後にローラー34分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 93rpm で。前傾姿勢が前ほどしんどくなくなってきた。出力とケイデンスが上がってきた。

ーーーーーーーー

 午前中に共同研究先との打ち合わせ。その後は,明日の朝一講義のPowerPoint 資料作りを延々と,..。その合間に学会雑務と学会要旨のチェックなどを。11月末の新潟大での学会に行きたいとか学生たちが云うものだから,..あれ?冬の新潟なら酒と魚が旨いから行くか!と言ったのはオレだったかな?まあ,いいか。でも,こう書くと忙しそうだが,他の大層ご活躍な方々に比べれば全然大したことはない。それにしても,手書きのノートに比べて手間暇が掛かること掛かること,..。夕方6時には腹も減って,精根尽き果てた,..。なんだか,この手の頑張りは年々利かなくなってくるな〜〜・・。

2014年10月 8日 (水曜日)

重さと運動と天気10/08/14【今日は皆既月食】

 起床は5時過ぎ。外をみれば濃い霧で真っ白け。気温は7℃まで下がったらしい。朝の体重は 70.5kg と安定運用は継続中。久しぶりに,マッタリした気分でコーヒー豆を挽いて,コーヒーを淹れる。窓越しに深い霧を眺めつつ暫しぼんやり,..。6時過ぎにワン公の世話。

 ところで,このブログ,表示されるのがやたらに時間が掛かるようになってきた。どうもエディタを代えて,写真の表示方式を変えてからのように思うけど,..。

DSCF0349

 ボチボチ稲刈りだと思うけど,..。

ーーーー

 朝飯後にローラー35分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 -93rpm で。ケイデンスと出力がジワジワと上がってきている。足の痺れは相変わらずだけど,..。

ーーーー

DSCF0351

 朝の恒例行事の,「読んじゃダメ!」(爆笑

 本日,午前中に今度の土曜日の休日出勤関連雑務。大学まで来て,保護者懇談会なるものがあり,ご両親でご参加とか。ちょいと「?」な感じもする昨今の世の中。午後から企業との共同研究の報告会と,その後に面倒そうな会議。危うし!!オレの皆既月食!!!

皆既月食:

 幸い,長引くこともなく終了し,5時過ぎには無事に職場を脱出。が,しかし,これでは月食が始まるまでに1時間少ししかなく,とても準備などは間に合いそうもない。さらに,どう撮るかという明確なものを何も決めていない。5分で決断したのは,200mm  ほどの望遠レンズのカメラをポータブル赤道儀に載せて恒星時追尾(月の場合,だんだんとずれてくる)させて,30秒置きくらいに連続撮影。さらに,24mm の広角レンズで月食が始まってから終わるまでを1分置きに連続撮影というもの。本当は,皆既中の星空を写したり,別途,望遠レンズで月を写したりしたかったが,機材不足と準備不足。事の顛末は,いずれまた,...

DSC 9235

 寒くて,腹減って,退屈で,..鼻水かみ過ぎて鼻の下が痛くなった(苦笑)

2014年10月 7日 (火曜日)

【夜景】皆既月食前夜のロケハンに出かけてみたが,...

 明日は皆既月食。で,その撮影のためのロケハンに出かけてみた。里山の頂上から米沢の夜景を入れて,連続写真に仕上げたいので,予め観に行ったのだが,今一つだった,..。もっと山の北側に行かなければ夜景と月の様子を巧く収められない。さらに,露出が難しい。

DSC 6051 2

 しょうがないから夜景とペルセウス座辺りを,..。

DSC 9008

DSC 9017

 ISO100 ほどで 20sec ほど露光するのが一番奇麗な感じだ。

重さと運動と天気10/07/14

 昨夜は帰宅後沈没寝落ちで12時頃に覚醒して,グラスに残った酒を咽に流し込んで,もう一回就寝。で,二度目の目覚めは6時。極軽いアルデヒドの残留感を意識しつつ朝の業務に就く。つまり,老犬介護(苦笑)。最近では,四つ足で立っているのもしんどいらしく,直ぐに座って,さらに腹ばいになる。なんだか,春先に亡くなった親父のイメージと重なるぜ。

DSCF0340

 老犬介護をしつつ見上げる台風一過の青空

DSCF0343

 そして,こんなのも鉄道風景写真というのだろうか?(笑

 朝の体重は 71kg と今日も絶好調である。

ーーーーーー

 朝飯後にローラー40分,17km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 85rpm で。少しだけケイデンスが上がってきたよ。

ーーーーーー

 今日は東京で会議の予定だったが,先日の外来での診察結果を受けて大事を取って欠席に。関係各位にはご迷惑をお掛けしてしまい,申し訳なく,..。午前中は,諸々の雑務。午後からは会議やら,講義ノート作りやら,..。書いてみると,あまり建設的なことをしていない。

IMG 7797

 そうそう,昼休みに読了した。いや〜,面白い。よくもまあ,こういう展開を思いつくものだなぁ。最初から展開は出来ているものか,書いている途中で湧き上がるものか,..。

IMG 7796

 で,今月号。明日の皆既月食は晴れるのか?

IMG 7799

 先日の紅葉見物をフォトブックにしてみた。義父母へのプレゼント(笑)。

IMG 7801

 ポッカリ浮かんだ雲,..。

2014年10月 6日 (月曜日)

重さと運動と天気10/06/14【台風18号とか】

 起床は2時半。場所はソファ。昨日は一杯やりつつ,下の子供が福島の実家から貰ってきたでかいサツマイモでスイートポテトを作るとかで,面白がって手伝ったら,一気に酔いが回って完成を待たずに沈没した。サツマイモを潰すのがあれほど面倒だとは,..。で,2時半頃に覚醒して,ワン公の世話してから本を読みつつ過ごして,4時頃に再び寝た。で,5時半に起きたのだが,さらにもう一回寝た。で,6時過ぎにようやく起きた。なんだかんだ,かなりの時間寝たような気がする。朝の体重は安定の 71kg とすっかり元通り。このダメさが人間というものの本質である(笑)。

IMG 7788

 ちょっと読んだままで,大分間が空いてしまったが,読了。映画化された原作ものであるが,映画の評判はあまり芳しいものではなかったようだ。原作は素晴らしい。ちょいとハラハラしつつ,最後にはホワッとする,なかなかいい小説だと思う。いわゆる短編の寄せ集めであるので,続きとか期待できそうだけど,..。

ネコの写真は難しい:

IMG 7789

 これは昨日,ちょっと本屋に立ち寄って見つけたもの。この人のネコの写真は本当に素晴らしい。我が家のネコの写真も何度も撮るものの,とてもこんな雰囲気の写真にはならない。修業が足らないようだ。この本の下にあるのは,上田秀人氏の新刊。それにしても,驚異的に多作である。

DSCF0337

 で,一枚撮ってみた。女房が新聞を読もうとすると,決まって拡げた新聞の上に寝転がる。下の娘が机に向って勉強を始めると,なぜか机の上に飛び上がり,拡げたノートやら教科書の上で寝転がる。まるで,こんなのいいから,遊んでくれとでも言うように(笑)。ちなみに,オレは邪魔されたことがない。不思議だ。

ーーーーーー

 朝飯後にローラー36分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 85rpm で。昨日録画した,ブエルタの総集編を観ながら。

ーーーーーー

 朝から台風18号のことばかりのテレビニュースやら情報番組やら。でかい台風が来ると,マスゴミの連中が浮き浮きしているように見えるのは気のせいか?それにしても,何故,台風リポーターはヘルメットを被っているのか?この世界はナゾに満ちている。

DSCF0333

 かなり強くなってきた雨の中,元気に登校する児童たち。君たちの将来に幸あれ!!(笑)

 昼頃まで結構強めに降っていたものの,午後からは小雨状態になり,夕方には雨が上がった。風もほとんど吹かずに平穏なものだった。雪さえ降らなければ,実に住みやすいところなんだけどねぇ〜・・(苦笑)。夕方には,新たに研究室に加わった3年生と軽く呑む。軽く呑んだ積もりだったが,空きっ腹に「マッサン」のウィスキーなんてものを流し込んだお陰で帰宅後沈没(笑)。

2014年10月 5日 (日曜日)

重さと運動と天気10/05/14

 起床は5時少し前。外はどんよりとした曇り。台風の影響で今日は午後から雨かも知れん。朝の体重はネコやらワン公を構っていたら測り忘れた。もう,どうでもいいけど(爆。

IMG 7758

 最近,嵌まっているデジカメ(笑)。発色が素晴らしく,JPEG 撮って出しで現像ほとんど要らず。

久しぶりの散歩に出かけた:

 今日は午後からは天気が崩れるようだ。午前中,リハビリとして,随分と久しぶりに以前は朝にイヌを連れて毎日歩いていた田んぼの農道を歩いてみた。

DSCF0315

 稲刈りは佳境。それにしても,昨年はこの辺りの田んぼでも杭を使って,刈り取った稲穂の天日干しが行われていたが,今はすっかりコンバインでの刈り取り作業になってしまった。効率と労力とを考えれば致し方ないのかも知れないが,一方で,田舎のいい風景がまた一つ失われたような寂しさを感じもする。

DSCF0316

 以前から何やら工事をしていたのだが,ようやくわかった。KDDI の基地局らしい。なにか恩恵があるのかね?

DSCF0317

 稲刈り風景。水路の水は奥の田んぼから手前の田んぼに向って傾斜が付いている。

DSCF0318

 コンバインで刈り取り,軽トラで籾を運び,乾燥して脱穀する。急激に乾燥するから玄米中の水分分布が原因で味が良くないとかの話も聞いた。変えるべきものと変えてはいけないもの,でも,変わってしまうもの,..。もっとゆっくり生きてもいいんじゃないのかね?とは言っても,農業従事者の平均年齢は年々上がっているようだし,どうにもならない問題なんだろうな。

DSCF0320

 コンバインには,稲藁は細切れにして田んぼに撒いていくタイプ(上の写真)と,こんな風に一まとめに巻かれて吐き出されるタイプがあるらしい。

DSCF0324

DSCF0325

 黄金色の稲穂の海を行く,コンバイン(笑)。

マニアックな作業車発見(軌陸バックホーというらしい):

 ブラブラ歩いて古志田第一踏切まで来た。米坂線の枕木交換はどうなったかな?と思い線路を観ると,..

DSCF0332

 お,進んでいる。いつの間に作業するのか?どう考えても終電から始発の夜間作業しかないと思われ,....。

 で,踏切の脇にずっと置いてある重機があった。なんの工事用だろうと思っていたのだが,...

DSCF0330

 マニアックな枕木交換用の作業車だった。ユンボを改造したらしいもので,キャタピラで踏切から入り,線路上に車体を置いて,前後の車輪が線路に下りて,あとは線路上を移動していけるようだ。で,アームで古い枕木を掘り起し,新しい枕木を設置していくらしい。そして,名前は,「軌陸バックホー」というらしい。

DSCF0328

 これは面白い。

DSCF0329

 後ろ姿。線路の上に乗った姿を見てみたい。

DSCF0332 2

 交換した線路をアップにすると何やら面白い(笑)。抑える金具に関しては新旧の差は色だけかな?

ーーーーーー

 夕食前にローラー40分,18km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 80rpm で。気温が低いせいか,汗の量はそれほどでもない。

ーーーーーー

 ローラー後に,女房と一緒にネコ(でかい方)を連れて獣医のところへ。血糖値を測定したら,なんと低血糖症状だったらしい。なんとも,厄介な生き物である。獣医のところで見た資料によれば,我が家の老犬は,人間に換算すると90歳前後であるらしい。あらま,そりゃ,歩くの不自由になって当然か(苦笑)。その後は,カメラのキタムラで,昨日の磐梯吾妻スカイラインでの紅葉見物の写真をフォトブックにした。福島の女房のご両親に上げるため。

2014年10月 4日 (土曜日)

重さと運動と天気10/04/14【吾妻スカイラインの紅葉】

 起床は5時半頃。外は雲多め。朝の体重は 71kg で,もう服を着たら入院前にすっかり戻った。面白いぜ,人間の身体(笑)。老犬介護業務をこなす。

DSCF0201

 すじ雲かねぇ〜〜・・。

 今日は福島の女房の両親を連れてスカイラインの紅葉見物に,..。もっとも,運転のほとんどは女房なんだけど(苦笑)。光葉見物のタイミングとしてはそこそこよかったかも知れん。

 麓の朝市みたいなところを経由してから自転車では散々登ったフルーツラインとの交差点の高湯の登り口に突入。車は楽だ。なんだか,こんなに楽していいのかと軽い罪悪感を覚えるのは,なぜなんだぜ?(苦笑)

DSCF0208

 まず,最初のポイントであるつばくろ谷に到着。これは不動沢橋というらしい。車やらバイクやらで駐車スペースは大混雑。というか,ここに立ち止まって景色を眺めたことはほとんどなかったので,なにやら新鮮である。結構な数のローディが下っていった。

DSCF0209

 右手の方に展望スペースが見える。ここから不動沢橋を前景に福島市街地が望める。

DSCF0212

 渓谷を通して福島市街が見える。

DSCF0224

 橋の上から渓谷を見下ろすと紅葉に彩られた滝が見えた。なかなか美しい。

DSCF0239

 次のポイントは天狗の庭である。この辺り,全て作家の井上靖氏の命名らしい。写真オヤジ(オレもその一人)の車が沢山駐車しているので,なかなか大変である。

DSCF0241

 天狗の庭から吾妻小富士を望む。

DSCF0243

 ボケーッと眺めていたい気分ではあるが,先を急ごう。

DSCF0245

 こんなところを走るのはさぞかし気分がいいだろうねぇ。自転車で登りたかったなぁ(と,言うだけは言ってみる:笑)。

DSCF0247

 天狗の庭付近をちょいとアップで。

DSCF0251

 吾妻小富士。浄土平が近付いてきた。

DSCF0252

 ここも奇麗だったな。

DSCF0254

 上の撮影ポイントから少しだけ下った辺り。

DSCF0265

 浄土平付近。ローディが来たので,まあ,自転車道楽を忘れぬためにもカメラに収めておく(笑)。この上の兎平(だっけ?)でUターンしてもらって,途中から木道に入りちょっとした湿地散策を楽しむ。上着を忘れたら寒い。気温は10℃ちょっとくらいかな。

DSCF0266

DSCF0268

 もしかすると,盛りが過ぎているのかな?でも,これはこれで美しい。

DSCF0272

 木道が続いていて歩きやすい。実は初めて歩く(笑)。

DSCF0275

 少し低いアングルからも一枚。

DSCF0274

DSCF0278

 一切経山の噴煙はちょっと少なめかな?

DSCF0280

 こんなところで星景写真撮ると映えそうだね。

DSCF0281

 吾妻小富士も登りたかったんだが,時間がないので,またの機会にでも,..(あるのか?)。

DSCF0286

 登りたいぞ!と。

 寒いので先を急ぐ。来た道を戻るのもいいが,やはり土湯側から降りた方がよかろう。が,ピーク辺りから濃いガスに覆われてしまい眺望は今一つ。

DSCF0295

 潮見峠(へばなさんがブルベ試走時に,おお,峠か!と間違えたという場所)からの猪苗代湖と山頂はガスって見えない磐梯山。

DSCF0299

 天鏡の何とかいう場所から望む,なんとかの滝(笑)。

 しばらくスカイラインに行っていなかったら,料金ゲート部分の建物は完全に撤去され,さらに土湯側の出口のところの廃屋ドライブインも更地になっていた。野路温泉から下って市内で遅めの昼食を摂り,4時前に福島の女房の実家を辞去。5時前に自宅着。帰り道は助手席でワインなどを呑みつつ,...(爆)

2014年10月 3日 (金曜日)

重さと運動と天気10/03/14

 起床は4時半頃。昨夜は11時前に寝たので,まあ,こんなものだろう。昨夜も就寝前に血圧を測ってみたら,100 - 50 で結構低い。朝,起き抜けに,布団の中で,久しぶりに脚上げなどの,病院で教わったリハビリ運動をこなして少し心拍を上げておく。朝の血圧はそのせいもあって 115 - 65 と正常値。それでもいつもよりも少々低めではある(通常は 120 から 130 の間くらい)。朝の体重は 71kg と由々しき事態(爆)。それにしても,直ぐに戻るものだなぁ(シミジミ:笑)。5時過ぎには老犬介護業務をこなして,コーヒーを淹れて,朝一講義の予習。なんだか,ここ数年,担当講義は全て朝一に割り当てられている。まあ,朝一でその日の業務が終了するのは悪くないのだが,テンションを上げるのが結構難儀なのである。

DSCF0192

 降水確率 60% の日の朝。幸い,雨は降っていないけど,..。

ーーーーーー

 朝飯後にローラー24分,10km。勾配負荷3%,ケイデンス 60 - 80rpm で。時間がなくて,この程度に,..。

ーーーーーー

 普通の講義で初めて PowerPoint を使ってやってみた。1時間半の講義なのに,用意したスライドはわずかに15枚ほど。さて,これでどうなるか,..。椅子に腰掛けたままダラダラと話をした。やはり,黒板とチョークでやった方が,いいような気がしたが,なんとか1時間ちょっと話すことが出来た。20分ほども早く終わってしまったが,まあ,初回だからいいかと,..(苦笑)。

 今日は女房が遅いというので,早めに帰宅してイヌやらネコの世話など。さらに,下の子の送迎業務も入って,酒も呑めぬ(苦笑)。

DSCF0199

 夕方の空。雲が厚く,モコモコしている。

2014年10月 2日 (木曜日)

重さと運動と天気10/02/14

 起床は6時。外はガスっているような,曇っているような。朝の体重は 70.5kg となんだかなぁ〜〜〜な気分。入院中,面白いように落ちていった体重は夢幻の如くなり。入院中のことは夢のまた夢(笑)。老犬介護の後は,今一つ,撮影したいものもないが,まあちょっとぶらついてみるかとママチャリでブラブラ〜〜っと。

 そういや,米坂線の枕木交換はどうなったのかいな?と思い,古志田第1踏切に出かけてみると,...

DSCF0186

 全く進行していない。これではそのうち雪が降ってきてしまうのでは?と要らぬ心配までする始末。

DSCF0185

 コンクリート製の枕木の並んだ線路沿い。それでも,今日も米坂線は走る(当たり前だ)。

DSCF0189

 ずらりと並んだコンクリート製の枕木(笑)。

IMG 7735

 なかなか終わらない稲刈り。

 で,チンタラとママチャリ漕いで戻ってみれば,隣の研究室の4年生 KS くんがダイエットのためにセッセとウォーキングに励んでいる姿に遭遇した。ガンバレ!!(笑)

ーーーー

 朝飯後にローラー37分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 75rpm 前後で。

ーーーー

 何やらかなりの時間を学会の雑務に費やされた。プライベートでは,先月の全身麻酔&背割りの見舞い金を受け取るべく,必要な書類を揃えて郵便局に出向いた。郵便局の係員に,「また,今年もですか,..」,...とは言われなかった(笑)。明日の朝一の講義の PowerPoint ファイルにセッセとアニメーションを施した。明日は,15枚ほどのスライドで80分ほど話をするという無謀な試みにチャレンジしてみる。コツは,多分,聴く側は,ここまでかみ砕いてゆっくり話してもなかなか理解できないものだということを,しっかりと肝に銘じておくことだ(:-D)。そんなことをしているうちに夕方になった。日が短くなったのぉ。

IMG 7742

 昼に帰宅した際に見た低空飛行のヘリ(本文とは関係ありません)。

2014年10月 1日 (水曜日)

重さと運動と天気10/01/14【今年も残り三ヶ月】

 起床は7時。昨夜,転倒して床にぶつけた左中殿筋付近と頭に出来た瘤の辺りがズキズキする。朝の体重は 71kg と訳わからん値(笑)。今日は退院後初めての外来受診。

IMG 7723

 瘤を冷やしつつ読了。このシリーズは最新刊が八巻なので,あと一冊。

ーーーーー

 朝飯後にローラー34分,14km。勾配負荷3%,ケイデンス 75rpm 前後。

ーーーーー

 午前中は明後日の講義資料作りをセッセとこなす。なんとか,形になったような気がする。午後1時前に早退(笑)。車の運転は罷りならんということなので(既に運転しているんだが),女房が半日休暇を取って置賜総合病院まで送ってくれた。

IMG 7729

 葉山かな?ここも登ってみたいんだけどね〜・・。

IMG 7730

 久しぶりに来たような気もするが,まだ退院して10日ちょっと。午後2時頃。

 受付してまずはレントゲン撮影。2時半過ぎに林先生の外来。で,腰椎のX線画像を見せてもらう。腰椎に木ねじ4本で固定されたチタンの金具などは問題なし(写真撮るの忘れた)。で,腰椎の隙間に固定された人工骨とミルで粉砕された自己骨のペーストもずれなどはなし。退院後,足の痺れが濃縮されたような感じがすると言うと,ビタミンやら血行をよくする飲み薬などが処方された。7日の東京出張の件は,もし行かなくても許されるならば行かない方が医師としては安心であるとのコメントを受けて,大変申し訳なけれども会議欠席の決断をする。関係各位にはご迷惑をお掛けしますが,何卒ご容赦願います。<(_ _)> 次回は11月の術後2ヶ月のチェック,12月の術後3ヶ月の MRI チェックと続く。

 その後,4時頃から内科の外来。インスリンの種類が変わった。こちらも体重増やすなと,..(苦笑)。入院費用の支払いやら,保険会社に出す診断書やら,今日の支払いやらで20万ほどをカードで支払う。今度のカードの引き落とし金額が怖い(苦笑)。薬局で薬を受け取ったときには既に時刻は5時過ぎ。

IMG 7732

 えらく奇麗な夕日が見られた。

 用達をして,本屋に立ち寄って,帰宅したのは7時に近かった。やれやれ,..。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »