2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 入院生活六日目【チューブレス生活の始まり】 | トップページ | 入院生活八日目 »

2014年9月 6日 (土曜日)

入院生活七日目

 夜は相変わらず眠れない。内科の医師との相談で,食事量を減らした。一日トータルで 1600kcal ほど。いわゆる,糖尿病食というのか。さらに血糖値のコントロールを厳密にするために,朝,昼,夕,晩の4回血糖値を測定して,即効型と持続型のインスリンを使い分ける。膵臓も術後一年して落ち着いた頃だろうということで飲み薬も追加。なんだか,すっかり病人になったようで,FaceBook から流れてくる,元気な方々の情報を「ふ〜〜〜ん」と眺める。やはり,病院という施設から離れた暮らしをするのが人間一番だな(当たり前だ)。

 昨夜,眠れぬままに読了した一冊。

IMG_7434.JPG

 なかなか面白かった。アミノ酸水溶液を水素とともに高温高圧でシリカキャピラリーの中を流してみたくなった(笑)。

 人間,ちょっと具合が良くなると,ろくでもないことを始めるのは,古今東西変わらぬ真理らしい。

IMG_7426.JPG

 ネットさえ繋がっていれば,どこにいても本を買える時代である。便利になったものだ。もし,物質転送装置(映画「ハエ男」だかで出て来たような奴)なんてものが発明されたら物流界に大革命が起こって,石油の枯渇なんて誰も言わなくなるかもね。あ,いや,この転送装置を運用するためのエネルギーが,トラックによる物流のためのエネルギーを上回るなんて落ちとか付いたり,..。あ,閑話休題(笑)。

 この日は何があったかなぁ?なんて考えながら書いているので,思考はあちこちに飛び回り引っ掛かる。まるで,気体分子運動論だ(笑:ピンボールのボールと言わない辺りに職業気質が見え隠れしていとおかし,..)。

IMG_7436.JPG

 朝霧の中を行く始発のフラワー長井線上り列車。

 あ,そうそう,理学療法士さんが来られてリハビリをしていった。ベッドからの立ち上がり(スクワットのようなものね)をやったら,いまだにイカの一夜干しの刑に処された太股部分が痛くて,痛くて,...(泣)。太股部分の表面に痺れすら残っている。痺れの方は徐々に快復はしてるんだけど。で,歩行器なるもので,少しだけ歩いてみた。腰にわずかに感じる痛みは今までと同じ類いなのか,あるいは傷の痛みによるものなのかは判然としない。でも,やはり,人間,二本の足で地面に立っている感覚というのはいいものだ。明日辺りから,自立歩行許可が出るらしい。今はまだ,個室内のトイレに入る際にも,看護師を呼んで車椅子に腰掛けて,トイレの入り口まで 60cm を押してもらって移動して,終わったら再びナースコールという不便極まりない生活を強いられている(苦笑)。たった二歩で辿り着けるのに,..と思うも,万が一何かあれば病院側の管理体制云々の問題になるのだろうから仕方がないのだろう。面倒臭い世の中だ。うん?イヤ違う。これは昨日の話だ。

 今日は,別の方が来られて,寝たままでまたいろいろと脚の筋力運動(というほどのことではない)をした。さらに,歩行器を使っての歩行をして,自立歩行の許可が出た。

IMG_7443.jpg

 今日からしばらくの間,移動に使う2台のマシン。合わせて,八輪だぜ〜〜〜!(笑)

 あ,そうそう,大事なことを忘れていた。ベッド上での排泄行為のことである。昨日,なんか,さすがにお腹が張っているような気がして,女房が来てくれたときに,ベッド上でのウ○チにトライしたのである。が,精神的なバリアが高いことと,上手く腹圧が掛けられなかったことなどから,虚しく空砲と相成った。でも,これで手術をした9/2の朝以来,お目にかかっていない。9/3の昼から食事が出ている訳なので,既に食事回数は7回ほどになっている。便秘になると別の困ったになるので,看護師に依頼してバリウム検査の後で処方される下剤を貰った。それを飲んだのが昨夜。そして,今朝は,...出た〜〜〜〜〜!!ヽ( ´ー`)丿 おめでとうございます!ありがとうございます!!

 あ,そうそう,昨日尿道から,あの忌忌しいチューブが抜去されたんだが,丸一日以上経過しても排尿時に滲みるような痛みがある。う〜む,昨年は抜去後2回ほどでこの手の違和感は消えたのだが,..。さては,無理やり突っ込んで傷でも付いたか?(笑)申し訳ありません。作業し辛かったかも,..粗末なものなので(爆

IMG_7442.JPG

 病室の窓から,..あ,科学忍法火の鳥だ!!(何人が,これを理解するか:笑)

 あ,そうそう,ノックが聞こえたので返事をするとドアが開いて顔を覗かせたのは,...今仙台にいる体育会系公務員のO橋くんだった(伏せ字になってない)。卒業生で,あまりにも暇なので小野川温泉に入って,ラーメンを食って,ブドウを土産に帰る途中で立ち寄ったとか(笑)。ありがとうございます!!仕事大変そうだね。

IMG_7445.JPG

 らしくないものを持って,これが全く似合わないおっさんのところに,...(笑)。

 そんなことをしながらも目は活字を追い続けて,..

IMG_7446.jpg

 読了。この作家は外れがないという感じ。

IMG_7451.JPG

 リハビリを兼ねて,窓際に立つ。♪バーボンのボトルを抱いて,夜更けの窓に立つ〜〜♪ なんて歌詞がふと浮かんできたり,.。

« 入院生活六日目【チューブレス生活の始まり】 | トップページ | 入院生活八日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院生活六日目【チューブレス生活の始まり】 | トップページ | 入院生活八日目 »