2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気08/23/14 | トップページ | 夕暮れ »

2014年8月24日 (日曜日)

重さと運動と天気08/24/14【毒出しポタ】

 起床は7時。朝の体重は 72.5kg と由々しき事態発生。今日は少し走らねば(笑)。

 ウダウダしてたら出発は10時近くになってしまった。

 コースは,口田沢〜逆沢〜大舟〜新蔵峠〜玉庭〜菅沼峠〜白川ダム〜手ノ子〜飯豊町役場〜長井〜・・・〜小松〜大舟〜逆沢〜口田沢っていう感じ。途中,訳のわからないところを走った。毒出しが目的なので,絶対に追い込まないで,写真など撮りつつ,普段は見逃しているらしきものを発見しつつ進むことを肝に銘じて(笑)。

DSC09386.JPG

 逆沢の登り口で見つけたなにやらいい感じの神社?お地蔵さんに傘を差してあげた方に拍手!

 大舟のところで小道を走っていたら,右の奥の家から出てきた車が一旦停止もせずにオレの目の前に出て来た。危うく前輪を引っかけられそうになった。見れば,田舎の物事に無頓着(平たく言えばバカ)そうな親父で,思わず中指立てて,「ちゃんと見やがれ!バカ野郎〜〜!」と叫んでしまった。停まって,出て来たら思いっ切り文句言ってやろうと思っていたが,生憎エアコンで窓締め切っていたらしく,走り去る。おめぇだよ,山形,・・82−**のセダンの親父!警察に通報すっぞ!ク○野郎が!!(`曲´)

 怒り冷めやらぬ状態で走り続ける。

DSC09388.JPG

 菅沼峠。アブとか煩くまとわりつく虫もほとんどいなくなった。暑いけど,それほどじりじりした暑さはなく,吹く風にはわずかに秋の気配すら,..。

DSC09389.JPG

 相変わらず大気の状態は不安定なようで,飯豊山は全く見えず。ダムの水はすっからかん。

DSC09390.JPG

 中津川への分岐付近で発見。タヌキかな?

DSC09391.JPG

 ダムに掛かる橋

DSC09393.JPG

 白川ダム

DSC09394.JPG

 手ノ子の辺りの田んぼ

DSC09396.JPG

 知らなかったが,なんでも棚田だとか,..。う〜む,自分の持っている棚田のイメージと少し違う(笑)。

 ここから飯豊町役場から先に進み,広域農道のアップダウンを走り,鮎茶屋辺りまで走る積もりだったが,途中でいわゆる「散居集落」の展望台への道を見つけて,その辺りでウロウロしてしまい,さらに南からの不穏な雨雲の張り出しを見てしまったので,引き返すことに,..。結果的には,もっとゆっくり走って帰ればよかったのかも知れなかったけど。

DSC09405.JPG

 どんでん平百合園の入り口を過ぎて少し行った辺りで,ここを左折。少し行くと,...

DSC09401.JPG

 こんな看板が出てくる。で,右に少し行くと展望台への駐車場の分岐が出てくる。登って行くと,..

DSC09402.JPG

 駐車場のところにこんな看板が。生憎,レーサーシューズだったので自重したが,今度行って見よう。

DSC09404.JPG

 駐車場から眺めても,飯豊の散居住宅の雰囲気は分かる。イザベラ・バードが東洋のアルカディアと絶賛した景色である(だったかな?)。今度デジイチ持ってこよう。秋の朝霧の季節など,霧の中に浮かぶ浮島のような景色が見られるかも知れない。

 ここからなんだか訳のわからない道を走り,そのうちながめ山の牧場のところに出る。

DSC09407.JPG

 小松まで戻り,これから向う方向を見れば,なにやら暗雲垂れ込める。

 なんとか降られるのを回避できたかなと思っていたが,逆沢を登って口田沢の R121 まで降りれば,...

DSC09410.JPG

 道路ビシャビシャ(苦笑)。降られなかったものの,下からの跳ね上げでドロドロになった。自宅の手前1キロくらいのところで,なにやら小川が流れるような音がするなぁと思ったら,いきなり大粒の雨降りが前方からやって来た。まあ,多少濡れても気にならんけどね。

 というような訳で,84km, 4時間弱。自宅に近くなったら左脚に力が入るようになったとさ。感覚としては,100km までは無問題。たぶん,普通レベルの 200km ブルベも走れそう。そんな現在の状況である。来週から病院暮らしになる。

« 重さと運動と天気08/23/14 | トップページ | 夕暮れ »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

サイクリング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あるときは日傘に、またあるときは雨傘に・・・ちゃんと杭を打ってお地蔵様の傘を取り付けた方のセンスに拍手です。
GF飯豊でおなじみの白川のダム湖は、こんなに水が無くなってしまうんですね。
なるほど、これがイザベラ・バードに“東洋のアルカディア”と言わしめた風景なんですね。延々と広がる耕地と浮島のように見える“いぐね”が、イザベラには豊かで平和な土地に映ったのでしょうね。“なでら男さん”の手になる“霧の浮島”が目に浮かぶようです。

koji さん

実はこの社の草刈りをしていたのを以前に見ました。多分,あの草刈りを去れた方が設置した傘かと思われます。

散居集落は実際に見ると,なかなかいいですよ。もし,機会があれば是非!どんでん平の百合園とかと組み合わせると楽しめるのではないかと。^^;

イザベラ・バードの道はいつか自転車でたどってみようかと思っているのですが,..。早く,隠居したいです。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気08/23/14 | トップページ | 夕暮れ »