2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気05/07/14 | トップページ | 重さと運動と天気05/08/14 »

2014年5月 8日 (木曜日)

【天体写真】寝落ちから覚醒すると月は沈んでいた,...行かずばなるまい(アホ

 寝落ち(呑んでいた訳ではない。お勉強していたのである)から覚醒したら午前1時頃だった。コーヒーなぞ飲んで,一息吐いて,さて,どうするかなぁ〜・・とボーッとしながら,先日買った「星ナビ」をパラパラと眺めていると,「パンスターズ彗星」の位置情報が目に留まった。昨日,次郎太郎山で撮影にチャレンジするも子持銀河が入っただけで,彗星本体はもう少し下(北斗七星の西側)に位置していたらしい。なので,天文薄明まで2時間もないという状況だが,彗星を撮影してみようかと思い立った次第。

 車に機材を積んで,2分で撮影現場の遊水池脇に到着。東も北も,市街地の光害でボロボロの空だが,南側と西側はかろうじて2分ほどの露光可能な状態なので,時間のないときはここに来ることにしている。今日は,極軸望遠鏡の視野内には,北極星くらいしか見えず,問題なく極軸合わせを完了。

 彗星は緑色なので,今日のカメラはフルサイズの低ノイズを生かすことにする。それにしても,300mm レンズのピント合わせは難しい。いや,レンズによらず,相手が星という光の点像だから難しい。ライブビューで拡大して合わせているのだが,ライブビューによる合焦位置と画像自体の合焦位置に僅かにズレがあるように思えるのである。ライブビューで星の像が一番小さくなるように合わせても,画像を拡大してみるとピントがずれているように見える。なので,高感度にして短時間に何枚か撮影して,その画像を観ながら,少しずつピントを追い込んでいく。望遠レンズになると,この作業が殊の外煩わしい。なにか,巧い方法とか機材はないものか,..。と,Mさんからの情報で,..こんな優れものが!!なんか,自分でも作れそうなんだが,..。

 まあ,何はともあれ,おっさんの夜遊び開始である(笑)。

DSC_5525.jpg

 いや〜,癒されるぜ(笑)。現在,パンスターズ彗星は北斗七星の柄の下辺りにいるらしい。なので,カメラは北斗七星の方を向いている。一枚に3分とか4分とか時間を掛けるので,その間,少々暇。なので,固定撮影でいろいろと,..

DSC_5519.jpg

 西吾妻山から立ち昇る天の川:D3200改,18mm, F3.5, ISO1600, 30sec,固定撮影

DSC_5510.jpg

 天頂付近には夏の大三角,東の空にはぼちぼち秋の星座が昇ってくる:D3200改,18mm, F3.5, ISO1600, 25sec,拡散フィルタ使用,固定撮影

DSC_5376-2.jpg

 今朝の狙い目のエリア(笑)。北斗七星と子持銀河とパンスターズ彗星との位置関係,D600, 120mm, F4.8, ISO2000, 180sec, スカイメモRSで自動追尾

 で,画角を合わせて,ピントを確かめつつ,...

DSC_5377.jpg

 パンスターズ彗星(中央の緑の尾を引いた星)はまだ9等台。8月の近日点通過辺りには6〜7等まで増光が期待されるとか。D600, 200mm, F5.3, ISO2000, 180sec, スカイメモRSで自動追尾,現像後トリミング

DSC_5393.jpg

 子持銀河(M51)はピント合わせに苦労した。D600, 300mm, F5.6, ISO2000, 300sec, スカイメモRSで自動追尾,現像後トリミングして2枚コンポジット

 子持銀河は,もう数枚撮影して,重ねたかったんだが,次第に空が明るくなり始めたので諦めて撤収。楽しい夜遊びだったよ(笑)。

« 重さと運動と天気05/07/14 | トップページ | 重さと運動と天気05/08/14 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

夏の銀河が賑やかな季節になり、色々な星雲.星団の写りにわくわくしながら夜遊びを続けるなでら男さんの姿が目に浮かぶようです(^^)

パンスターズ彗星も子持ち銀河も、門外漢のわたしは初めてですが、探し出して写真に納める一連の作業を真夜中に夢中になって行っている“なでら男さん”が見えてくるようです。そして、その結果、彗星も子持ち銀河の渦巻きも、こんなに撮れるんですから大したものです。ホントにいい時間でしたね。

Mさん

遅くなりまして。コメントありがとうございます。夏の銀河はやっぱりいいですね。長目の玉で,モザイク撮影で大きな領域を写し取ってみたいです。^^;

koji さん

自動導入してくれるようなシステムがあれば,もっと楽なんですが。広い領域を撮影して,それを液晶モニタで確認する作業はなかなかにしんどいです。でも,これしか方法がないので,..。もう少しクッキリと写したいのですが。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気05/07/14 | トップページ | 重さと運動と天気05/08/14 »