2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気05/23/14 | トップページ | 重さと運動と天気05/24/14 »

2014年5月24日 (土曜日)

【天体写真】湿度が高くて,雲も多かったけど,星空に誘われて,..

 雲がそこそこ浮かんでいる空だったが,気晴らしに夜の10時頃に出かけてみた。月の出は翌日の2時前。なので,まあ,3〜4時間くらいは遊べるだろう。おっさんの夜遊び開始である。場所は,光害だらけではあるけど,お気軽に愉しめる遊水池の脇。時折,車のライトが当たってイラッとさせられるけど,自宅から車で2分なので(笑)。

 空を見上げれば,アレアレ?北極星が雲の中,..。しばらく待って顔を出したところで極軸を合わせる。スカイメモRS を買ってよかったと思うのは,極軸望遠鏡がかなり使いやすいこと。他のメーカーの奴は使ったことないけど,1分も掛からずに大雑把にセットした状態で,200mm くらいの望遠までならほぼ問題なし。今日は,300mm で撮る対象を考えているので,少しだけ丁寧に合わせてみる。

 予報では,日付が変わる頃に晴れ間が広がるらしいので,それまではパンスターズ彗星とか,いて座の散光星雲とかを撮影してみる。

 パンスターズ彗星は現在,北斗七星の柄杓の水が溜まるところの下辺りを運行している。場所がよくわからないし,カメラのファインダーで観ても見えないので,ここら辺りと見当をつけたところを何回か撮影して,画像データを観ながら,カメラの向きを追い込んでいく。この手間がなかなか大変で,..。さらに,星のピント合わせが望遠になるほどに面倒で,..。カメラのピントリングのコンマ数ミリで写りが全く違ってくる。それほどシビア。なにか,効率のいい方法はないものかと探しているところである。

DSC_5687.jpg

 パンスターズ彗星の撮影中。ここまでで撮影に取り掛かってから既に 30 分以上経過している(苦笑)。

DSC_5607.jpg

 で,写したのだが,..センターに入れることが出来ずに,.。でも,イオンテールが少し写ってくれてほぼ満足。画面におかしなものが写って不満足(笑)。D3200改,300mm, F5.6, ISO1600, 240sec,スカイメモRSでノータッチガイド,4枚コンポジット。

 ※改めてよく観ると,彗星の下にぼんやりと星雲らしきものが写っているな〜・・名前は分からんけど。

 雲も少なくなってきて,さそり座も銀河も高度が上がってきたので,今度はいて座の M8(干潟星雲)と M20(三裂星雲)に取り掛かる。

DSC_5695.jpg

 M8 と M20 の撮影中。ここでも,構図を決めるのに試し撮りを延々と,..。

DSC_5622.jpg

 やっぱり,ピントが甘いし,星が僅かに流れているし,..(泣)。雑誌に掲載されているような物凄い写真は撮れなくてもいいから,もう少しだけクリアに,..(笑)。下が M8(干潟星雲)で,上が M20(三裂星雲)。三裂星雲は暗黒帯が赤い星雲を三つに分けていることから名付けられた。その暗黒帯がかろうじてわかる。D3200改,300mm, F5.6, ISO1600, 240sec, 2枚コンポジット

DSC_5623.jpg

 150mm まで焦点距離を短くすると,ディテールはわからなくなるけど,雰囲気は良くなる(笑)。

 銀河の前に,斜平山に沈む春の星座なんかを固定撮影で収めておくか。

DSC_5684.jpg

 からす座とかおとめ座とか火星とか,..

DSC_5685.jpg

 しし座とか,..。星景写真なら,固定撮影が雰囲気を出しやすい。

 さて,銀河に撮りかかろう(この誤変換,気に入った)。が,南の低空の透明度が悪く,水蒸気の靄が掛かっているようで,星々は天然の拡散フィルタが掛かったような状態。なので,吾妻山を入れた星景写真は今一つ。

DSC_5642.jpg

 こんな感じ。まあ,雰囲気だけでも(笑)。さそり座全景は夜半過ぎでないと入らない。構図としてはもう少し右寄りにすべきだった。左の方にみなみのかんむりが写っている。いて座の南斗六星も。

sasori2.jpg

 さそり座からいて座,たて座などなど。D3200改,24mm, F3.5, ISO800, 110sec,2枚モザイク

 で,銀河を一枚の絵巻にするプロジェクトの練習として,..

DSC_5632.jpg

DSC_5634.jpg

DSC_5636.jpg

 という感じで,さそり座の辺りから天頂のはくちょう座まで,銀河に沿って何コマか撮影して繋げてみた。

  milkyway3.jpg

 これが,さそり座の脇の辺りから天頂の夏の大三角辺りまでをモザイクで繋いだもの。ちょっとサイズが大き過ぎるのでかなり小さくしてしまったけど,雰囲気だけでも伝われば,...(笑)。今,これを効率的に撮影できるシステムを組み上げようと計画中。

 夜露で機材がビシャビシャになってきたし,月も出る頃なので撤収したのは2時少し前だった。おっさんの夜遊びは高尚で少しだけ寂しいのです(笑)。

DSC_5702.jpg

 帰宅したら,月が出てきた。

« 重さと運動と天気05/23/14 | トップページ | 重さと運動と天気05/24/14 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

おお、ワンダフル!努力は成果に表れる。彗星が綺麗ですね。

koji さん

ありがとうございます。もう少し空が暗いといいのですが,北の方はどうも街明かりの影響を受けてしまって。
光学系ももう一段高性能になるといいんですけどね〜。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気05/23/14 | トップページ | 重さと運動と天気05/24/14 »