2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 【天体写真】次郎太郎山はなかなかの好条件だった | トップページ | 【天体写真】寝落ちから覚醒すると月は沈んでいた,...行かずばなるまい(アホ »

2014年5月 7日 (水曜日)

重さと運動と天気05/07/14

 夜通しの撮影を終えて,朝焼けの光の中を実家に戻る。

DSC_5358.jpg

 なかなかいい景色である。

 実家に戻って,データ処理などしつつ,朝のお務めなどしつつ,..。朝飯を食って,妹とお袋と二七日の墓参り。2枚目の塔婆を立てる。実家に戻り,妹を大河原駅まで送り,こちらも10時少し前に実家を辞去。来週も火曜日に実家入りして,水曜日に三七日の墓参り,さらにいろいろな書類の手配もあるので,その日は休暇を取らないといけない。まだまだ,難儀な仕事が続く。

 流石に夜通し星空の下で遊んだツケはでかく,運転していても眠くて仕方がない。なので,でかい声での熱唱。さらに,所々に停車しての写真撮影で眠気を誤魔化しつつ,..。

DSC_5368.jpg

 ボクは,野の仏になるんですよと〜〜〜♪

 12時頃に自宅着。片付けを済まして1時前に職場に。学会関係の仕事に時間を取られる。明日の朝一の講義の準備があるんだけど,..。明後日の出張の切符はどこまでのものを買えばいいのか,..。ああ,いろいろと面倒なことばかり。なにも考えずにボケーッと温泉浸かって,自転車乗って,星の写真撮りたい(アホ)。

« 【天体写真】次郎太郎山はなかなかの好条件だった | トップページ | 【天体写真】寝落ちから覚醒すると月は沈んでいた,...行かずばなるまい(アホ »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに浮き世の柵から離れて、星空に没頭するというのはとてもいいストレス解消法かもしれません。ただし、現実に戻されるときのストレスも、月とスッポンかも・・・。誠にもってご苦労様です。

koji さん

早く,引退して毎日が日曜日の生活に入りたいです。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【天体写真】次郎太郎山はなかなかの好条件だった | トップページ | 【天体写真】寝落ちから覚醒すると月は沈んでいた,...行かずばなるまい(アホ »