2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気01/09/14 | トップページ | 重さと運動と天気01/10/14 »

2014年1月10日 (金曜日)

【星野写真】フィルムカメラでの40年振りの撮影

 昨日,受け取ってきたリバーサルフィルムのプリント。先月辺りから,暇を見て,フィルムカメラでの星野写真にもチャレンジしている。フィルムカメラでの星野写真は白黒フィルムがほとんどで,カラーのリバーサルフィルムで撮ったことはほとんどない。カラーのリバーサルフィルムは星の日周運動くらいで,まともに追尾撮影するのは数回目くらいか?

 本来なら,フォルムスキャナか,スライドの接写でデジタル化すべきところだが,その環境がないので,仕方なくプリントをスキャナに取り込むという,二度手間三度手間になった次第。したがって,スライド原版でははっきりと確認できるバーナードループもほとんど見えない(泣)。

orion1.jpg

50mm, F3.5, PROVIA 400X, 15 min

orion2.jpg

200mm, F6?, PROVIA 400X, 10 min

orion3.jpg

 冬の大三角,35mm, F3.5, PROVIA 400X, 5 min,あまり空の条件が良くなくて,左側からの公害の影響が出ている

orion4.jpg

 50mm, F4, PROVIA 400X, 10 min, 左上方の角にバラ星雲が写っているのだが,...

 2枚目の M42 から三つ星のスライド原版には,馬頭星雲なども比較的ハッキリと写っている。次回は,もう少し露光時間を長くしてみたい。最低でも 20min にして,2倍くらいの増感現像をしてもらおう。Hα線に対する感度の高いカラーのリバーサルフィルムとかあるんだろうか?オリオン座周囲の赤い分子雲をもう少しだけクッキリと写してみたい。

« 重さと運動と天気01/09/14 | トップページ | 重さと運動と天気01/10/14 »

写真」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

最近のデジタル画像で色をいじって派手目にした写真ばかり見ていますが、こうして久しぶりにカラーリバーサルの色を見ると、本当はこの色が正解なのかな?と思ったりします。バーナードループもうっすら見えます。馬頭星雲も大星雲との明るさの比を保ってちゃんと写っています。何だかほっとする素晴らしい作品だと思います。

Mさん

ありがとうございます。たしかに,フィルムカメラの場合,レタッチも糞もないですからね。

カメラ屋でスライドを受け取ったときに,現像タンクからネガを取り出すときのドキドキワクワクな気分を思い出しました。^^;
何とか早急に,スライドの複写環境を整えたいと思います。次回は,フィルムを変えてみたり,露光時間を長くしたりして,再チャレンジです。まだ,34コマほど残っています。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気01/09/14 | トップページ | 重さと運動と天気01/10/14 »