2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気12/02/13 | トップページ | 重さと運動と天気12/03/13 »

2013年12月 3日 (火曜日)

【天体写真】赤い星雲が写らない,...

 昨夜は午後10時頃に愛宕コミュニティーセンターの近くの(軽自動車ならアクロバチックに擦れ違えるほどの幅の)農道を車で塞ぎ,農道の真ん中にスカイメモRS を設置して撮影を始めた。北から東の方が,街の光害で悪条件だが,南から天頂,西の方は比較的暗い夜空になっている。近場ということで,まずまずの場所かも知れない。真っ直ぐに向ってくる道路がないので,車が来てもヘッドライトの光が直射することもない。

 まず,リバーサルフィルムを早いところ消化したいので,Nikon F3 を雲台に取り付ける。目的は,オリオン座のバーナードループなので,50mm くらいの焦点距離で画面一杯にオリオン座を入れて露出時間をいろいろと変えて4枚ほど。さらに,200mm にして馬頭星雲付近を撮ってみる。そして,ヒヤデスなどもおまけに撮影。ストッパー付きレリーズのメカニカルな感触に40年ほど前を思い出しつつ,..(苦笑)。これで,前回と合わせて計9枚ほど撮影。まだ,27枚は残っている勘定だ。あと,3回は撮影に掛かるな。

 次いで,カメラをデジイチに換えて撮影。今回はフルサイズの D600 ではなくて APS-C の D3200 を使用。理由は,周辺減光やら,原因不明の赤かぶりやら,..。後から思ったことは,3時間ほどもいたんだから,離れたところに三脚設置して,D600 でタイムラスプ撮影をしてみればよかったということ。オリオン座がゆっくりと動いて行く映像などはなかなか風情がありそうだ。次回はやってみよう。

DSC_4999.jpg

 オリオン座と冬の大三角 D3200, 20mm (DX 換算 30mm) , F3.8, ISO800, 2min, RAW, AWB, 拡散フィルタ使用,スカイメモRSでノータッチガイド

DSC_5002.jpg

オリオン座(ベテルギウスの下の方にうっすらとバーナードループらしきものが見える?),D3200, 55mm (DX 換算 80mm) , F5.6, ISO800, 152s, RAW, AWB, 拡散フィルタ使用,スカイメモRSでノータッチガイド

DSC_5005.jpg

馬頭星雲と燃える木星雲 NGC2024,D3200, 300mm (DX 換算 450mm) , F5.6, ISO1600, 5min, RAW, AWB, Lightroom 5 でトリミング,スカイメモRSでノータッチガイド

DSC_5008.jpg

オリオン大星雲M42(横切っているのは,日本の静止衛星だとか), D3200, 300mm (DX 換算 450mm) , F5.6, ISO1600, 4min, RAW, AWB, Lightroom 5 でトリミング,スカイメモRSでノータッチガイド

DSC_5013.jpg

プレアデス,D3200, 300mm (DX 換算 450mm) , F5.6, ISO1600, 5min, RAW, AWB, Lightroom 5 でトリミング,スカイメモRSでノータッチガイド

DSC_5015.jpg

アンドロメダ銀河,D3200, 300mm (DX 換算 450mm) , F5.6, ISO1600, 5min, RAW, AWB, Lightroom 5 でトリミング,スカイメモRSでノータッチガイド

 オリオン座の方角は比較的空が暗かったが,アンドロメダの方は薄く雲でも掛かっていたのか,少々明るく,長い露出をすると背景が白く飛んでしまう。上手く補正するテクニックがない。もう少し,精進が必要だ(笑)。最後に,ベテルギウスの左にあるバラ星雲を狙ったのだが,...

DSC_5011.jpg

 痕跡程度にしか写らなかった(苦笑)。場所がハッキリしないので盲打ちで,この程度。やはり,赤い星雲は,中古のデジイチ買って,IR フィルターを外す改造をするのが一番手っ取り早そうだ。なにしろ,写っているのかどうか,モニターでもハッキリしないので,場所を特定して,さらに長い露出という訳にもいかなかった。次回から何か考えないと,..。D3200, 165mm (DX 換算 250mm) , F5.6, ISO1600, 132s, RAW, AWB, Lightroom 5 でトリミング,スカイメモRSでノータッチガイド

 三脚にびっしりと霜が凍り付いて来た辺りで撤収。やはり,なんだかんだ言っても寒い。撮影中,オリオン座の下から流れた -2等級ほどの明るい流星を二つ観られたのはラッキーだった。広角のレンズで撮影していたら,きっちりと入ったはずだったのに残念(笑)。

« 重さと運動と天気12/02/13 | トップページ | 重さと運動と天気12/03/13 »

天体写真」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

冬を代表する星座に星雲・星団の写真、お見事です。大分手慣れた感じでスカイメモを使いこなされているようで、流石です。フイルムでの撮影結果も楽しみですね。益々天文沼にはまって下さい(^^)

全編まったくもって感動モノです。ハマルのもうなずけます。

Mさん

お世話様です。^^; スカイメモに関しては,極軸合わせの要領が掴めてきたのが大きいと思います。
現有機材での最高を目指したいですね〜・・。^^;

昔は,カラーフィルムが高くてなかなか買えなかったということもあって,白黒のトライXで自分で5倍増感とかで現像してましたので,途中でもフィルム切り出して現像できたのですが,..。早く撮り切りたいです。^^;

koji さん

固定撮影なら,koji さんのお持ちの機材でも可能かも。^^;
固定撮影で地上風景と一緒に主な星座を撮影してみると,これが結構楽しいですよ。是非!ヽ( ´ー`)丿

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気12/02/13 | トップページ | 重さと運動と天気12/03/13 »