2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気11/05/13 | トップページ | 重さと運動と天気11/06/13 »

2013年11月 6日 (水曜日)

【星野写真】バーナードループを撮りたい!

 昨夜,いや正確には本日未明になるのか,..。昨夜10時頃は今一つ夜空の透明度が物足りなかったもので,11時頃に仮眠態勢に入る。こんなのはブルベ以来だ。で,1時半に起床。眠い気持ちを無理やり無視して起き出して,夜空を見上げれば,そこそこの透明度。では,行ってみるか,.。

 機材を積んで車を走らせ,寒空の下,近場の田んぼの中の農道の片隅に陣取った。

 今回の目的は,冬の星座の王者・オリオン座に掛かるうっすらと赤い星雲である「バーナードループ」を撮影すること。実は,デジカメは,この淡い赤い星雲が大の苦手で,多くの写真は,特殊な CCD や改造して普通の撮影には最早使えないデジカメを使って撮影されている。だが,ハッキリとした像は得られなくても,そこそこ「ああ,これがバーナードループだ!」とわかるような写真を撮ってみたいと思った次第。

 早速,機材をセット。いつもよりも極軸合わせを慎重に。なにしろ,長時間露光が必要かも知れないから。

 で,撮影してみたのだが,どうも「赤いかぶり」が像の左下側に出る。街の灯のせいだろうと思っていたが,オリオン座が南中から西に傾き始めて,ほぼ真っ暗なバックに浮かんでいるような状態でも,CCD の同じような位置に「赤かぶり」が現れる。これは一体なんだろう?なにやら,ハード的なトラブルというか欠陥のような気もする,..。もう少し検討してみないといけないけど。

DSC_0605.jpg

 ふたご座と木星だが,左下半分が赤くかぶっている。たしかに,条件的には,この方向に街の灯があるんだが,..。ISO400, 34mm, F4.5, 240s, RAW, AWB,拡散フィルタ

DSC_0606.jpg

 オリオン座と冬の大三角。これも,上の写真同様に左下半分が赤くかぶった。ただ,本当にうっすらとバーナードループらしきものが見えているような感じ。さらに,ベテルギウスの左の方に,もやっと,バラ星雲らしきものも,..。ISO250, 34mm, F5.6, 600s, RAW, AWB, 拡散フィルタ

 で,オリオンだけを条件を変えて散々狙ったのだが,...

DSC_0607.jpg

 全て,こんな感じ。時間が経過して,空の暗さなどが変化しても,この「赤かぶり」は微動だにしない。どうも,機材に特有の現象のような気がする。もう少し,検討してみて,機材的なトラブルなら修理だな(苦笑)。ISO250, 62mm, F6.3, 600s

DSC_0620.jpg

 街の灯なら,こんな感じになるように思うのだが,..。立ち上がった北斗七星。

DSC_0613.jpg

 帰る頃には(3時半頃),火星とともに,しし座も昇ってきた。

 物凄く気温が低く,車のフロントガラスは凍っていた。放射冷却恐るべし!なんて思っていたら,今朝は0℃近くまで下がったようだ。米沢では初霜を観測。

« 重さと運動と天気11/05/13 | トップページ | 重さと運動と天気11/06/13 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

「バーナードループ」ってのは、知りませんでした。こんなのが有るんですね。宇宙はこれだからおもしろいですよね(^^)v

「赤かぶり」は、光害のような気がしますけど・・・・。ちょっと気になりますね(^_^;)

赤かぶり、気になりますね。レンズを変えて撮影してみるのは如何でしょうか。先日の望遠による素晴らしい星雲・星団の写真、あれには写っていなかったような・・・、あれは若干トリミングされていたようなのでそれで消えていたのでしょうか。
それにしても車でちょっと走ると素晴らしい星空に出会えるのはうらやましい限りです。

へばなさん

ボクも,以前に写真で見たことはあるのですが,名前は今回初めて,...。聞いたことはあったかも知れませんが,記憶に残っていませんでした。^^;

本当に不思議ですよね。ビッグバンが必然だったのかどうか?ビッグバン以降に現在の物理法則ができたのなら,それ以前にも別の物理法則があったのか?などなど京美は尽きません。^^;

赤かぶり,原因は特定できたような気もしますが,ある意味,不可避のような,..。

Mさん

一般には使われないような条件での撮影になりますから,想定外の問題も出ますよね。

昨夜,2時間ほど掛けて,いろいろと実験してみました。その結果,完全な暗袋内であれば,ISO1600 で10分露光でも,写真に出たような「赤かぶり」は出ない(熱ノイズは出ていますが),レンズキャップだけで,ほんの僅か光が入るような状態だと ISO1600,10分露光の条件では,画像上半分に色が付くことが判明。なので,レンズに対して横方向から僅かな光がずっと入るような条件だと,その条件によっては「赤かぶり」のような状態が出そうです。そして,画像の左半分が丸くかぶったのは,どうもあの独特の形状のレンズフードが原因ではないかと,....

もう少し,いろいろと詰めてみますね。まあ,ハード的な欠陥ではなさそうです。

昨夜は試しに綱木ダムまで出かけてみました。街頭も少なく,空も暗くなかなかなものでした。問題は,北極星が見えないかも知れないこと。^^; 生憎,雲が出ていて撮影不可でしたが。田舎はいいですね。^^;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気11/05/13 | トップページ | 重さと運動と天気11/06/13 »