2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 夜汽車よ〜〜〜・・ | トップページ | 【コミック】銀の匙 vol. 9 »

2013年10月20日 (日曜日)

重さと運動と天気10/20/13【南原音楽祭】

 起床は5時半。外は雨が降り出した様子。朝の体重は 66.4kg と 65キロ台はならず。多分,昨夜辺りにローラーでも踏めば,65キロ台になっていたものと思われる。だけど,なんだか,昨日夕方辺りから体調が悪く,とてもそんな気になれず。ここ数年,風邪を引くと,鼻炎のような症状がずっと残り,放っておくと喘息みたいな咳も出るなど,半世紀を超えた個体にはガタが出始めている。今週にでも一度医者に行ってみるかな。

 今日は友人K氏(季節演奏家?)の演奏風景(?)を撮影に南原小学校に出向く。さてさて,室内撮影だし,ライトは持っていないし,ずぶの素人だし,..で,まともな写真など撮れるのだろうか,..。さらに,某書類の仕上げ作業などもあり,昼からは仕事もせねばならん。難儀なこっちゃ。

 今日は宇都宮森林公園でジャパンカップが開催される。生憎の雨のようだけど,きっと今年も古賀志林道は熱く燃え上がるに違いない(笑)。

P1090744.JPG

 小仕事しつつ,机の脇の床を見れば,...カオスである(本文とは関係ありません:笑)。

南原音楽祭:

 9時過ぎ頃に撮影機材(ザックひとつだけだけど)を車に積み,南原小学校に向う。9時15分頃に到着。正門前には既に多くの車が,..。

DSC08436.JPG

 体育館入り口。念のためにスリッパを持ってきたけど,主催者側が用意していた。入り口でプログラムを貰って中へ。始まったばかりのようで,主催の挨拶などが進行中。早速,撮影に取り掛かる。

 会場内が意外に暗く,ISO 800 くらいではシャッタースピードが 1/8 秒とか出てしまう。これではいくら手ブレ防止が利いていても手ブレ必至。でも,三脚は面倒なので使いたくない。こういう時は一脚が便利なのかな。仕方ないので,ISO を自動調整する設定にして最高感度を ISO6400 にしておいた。で,何枚か試し撮りをしてみたが,1/100 秒程度のシャッタースピードだと, ISO6400 が頻発。撮影した画像を確認すると,どうもピンボケ頻発で,こりゃやっぱりこの暗さではダメか〜と思っていたが,何枚か撮っているうちに,ふと気が付いた,....AF が動いていない。あ〜,昨夜,夜汽車を撮影した設定のままだった〜〜〜・・(アホ)。ってことで,なんとかなった次第(笑)。それにしても,ISO6400 が常用感度ってのは嬉しい限り。

 以下,途中で退場するまでの様子などを時系列で並べてみる。最後まで居たかったけど,いろいろと家庭の事情も,..(苦笑)。

DSC_0148.jpg

 南原中学校の吹奏楽部の演奏。

DSC_0154.jpg

 南原のハモニカ愛好家の老人たちによる演奏。ちょっとズレが出たのはご愛嬌ということで。こうした趣味を持つご老人はいいね。歳を取っても好奇心とチャレンジ精神は忘れたくない。

DSC_0160.jpg

 南原中学校の3年生の合唱。一曲目だけ,お母さん方も参加された。

DSC_0198.jpg

 知る人ぞ知る,米沢ブラシウィンズの演奏。中央が季節演奏家のK氏。流石のクオリティ。

DSC_0199.jpg

 みっけ(?)とかいうグループ。ボーカルは,南原の元気なママさん。スーパーフライトか生き物がかりの曲を熱唱。

DSC_0202.jpg

 米沢ケーナの会の演奏。南米のペルー,そしてアンデスの空気を感じた。

DSC_0205.jpg

 渋い!!(笑)

 この後,プログラムの半ばで退場したのだが,南原の方々と米沢市内の音楽好きな方々との肩肘張らない交流の場という感じで,なんともほのぼのした雰囲気のイベントだった。これからも長く続いて欲しいイベントだ。来年も顔出してみるかな(笑)。

--------------

 晩飯語にローラー63分,27km。勾配負荷3%,ケイデンス 80 85rpm で。やっぱり,かなり出力が落ちているなぁ。持久性も低下しているし,今年の冬は宮城,福島に頻繁に行くかなぁ。

--------------

-------------

« 夜汽車よ〜〜〜・・ | トップページ | 【コミック】銀の匙 vol. 9 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜汽車よ〜〜〜・・ | トップページ | 【コミック】銀の匙 vol. 9 »