2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気10/08/13 | トップページ | 重さと運動と天気10/10/13 »

2013年10月 9日 (水曜日)

重さと運動と天気10/09/13

 起床は5時過ぎ。ちょいと眠い。今日はくもりやら雨やららしい。朝の体重は 66.7kg と横這い。でも,体脂肪率がごく僅かに下がり始めているような感じ(あくまで,感じ程度)。今日は置賜総合病院に行く予定。明日は大阪日帰りだし,明後日までなんやかやとあってちょいと忙しい。週末のブルベ,出走の踏ん切りがまだ付かないし,準備なども何もしてない。まあ,退院後一月ちょっと,術後2ヶ月で 300km ブルベに出走!というのはブログネタ的にはおいしいが,世の中の良識ある方々から本気で眉をひそめられかねない(苦笑)。

 朝のニュースを観ると,台風は今日にも抜けて行くようで,明日の移動は大丈夫な様子。ちょいとホッとした。が,思い付いて,ちょっとネットで調べれば,明日の大阪の最高気温が31℃って,...。○| ̄|_

 とうとうピーター・ヒッグス氏がノーベル物理学賞を受賞した。おめでとう!というよりも,ようやくですね,という感じだ(笑)。加速器によるヒッグス粒子の発見(本当に確かなのかな?)がなければ,今年も見送られたんじゃないかと思う。それにしても,この分野って,「知りたい」という欲求を満たすために,これだけの人,モノ,金が注ぎ込まれる。テレビ画面にちょっとだけ映し出された加速器は,巨大な精密機械で,よく造るな〜・・と感心するのみ。個人的には,宇宙の仕組みがわかってもわからなくても,生活にはなんの影響もないようにも思う。現時点では,費用対効果は考えてはいけない分野らしい。

 宇宙の仕組みがわかってもわからなくても,いつものなんの変哲もない平日は始まり,ママチャリで線路向こうに出かける。妙に温かい朝で10月とも思えない。

nadera100913.jpg

 曇天の斜平山。田んぼの畦道のところに黒猫がうずくまっていた。ここいらでは,初めて見るネコだった。

DSC_4761.jpg

 曇天の西吾妻方面。

DSC_4764.jpg

 スズメを撮ってみたけど,手ブレしている感じ。鳥を撮るのは難しい。テレコンバータが欲しいけど,ニコン製は結構高い。

------------------

 朝飯後にローラー41分,18km。勾配負荷3%,ケイデンス 85rpm 前後。ローラー用のホイールの空気圧を上げたら,踏み出しが軽くなった。空気圧によって,実際的にどの程度抵抗が変わるのか定量化したみたいけど,どうすればいいのかわからない。

-----------------

 今日は11時に病院の予約があるので,10時20分過ぎ辺りに出なければいけない。なので,職場には行かずに,出発時間まで自宅で小仕事をこなす。

公立置賜総合病院:

IMG_3280.jpg

 ここに来て,この建物を見上げるとき,理屈抜きに,心にさざ波が立つ。まあ,入院&手術は,よくも悪くも,自分にとっての,今年のトップニュースだったな。

 予定よりも20分ほど遅れて医師と面談(診察とは言わないよな,あれは)。この一週間の血糖値のデータを見せて,生活パターンなどを説明する。丸森のサイクリングの日は,平均血糖値が低いのは,如実な運動効果。でも,毎日は乗れないしね。平均的にはかなり高目なので,やはり,インスリン(ベース部分に働く)をもう少し補う必要がありそうだということで,投与量を少し増やしてみようということになった。で,これからは自分で血糖値を眺めつつ,投与量をコントロールしなさいと。でも,朝方の血糖値に関しては,それを高くするような生理学的なメカニズムがあるから,そのデータだけで判断してはいけないと,朝方の血糖値を決めている仕組みを詳しく説明してもらう。しかし,様々な要素が複雑に作用し合って,血糖値というのは決まってくるんだなぁ。人間社会とどっちが複雑だろうと思ったけど,圧倒的に人間社会の複雑さの勝ち!(笑)

 病院を出たら,晴れてきて,かなり暑い。真夏のような陽射しの中を帰宅したのは午後1時近く。面倒なので,コンビニ飯で済ます。そして職場へ。若い衆の話を聴いて,議論したら夕方に。一日は本当に短い。多分,気が付いたら,一生も同じように,..ってなことになるんだろうけど。

DSC08357.JPG

 時田の踏切で見た米坂線。

« 重さと運動と天気10/08/13 | トップページ | 重さと運動と天気10/10/13 »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

「ヒッグス粒子」が物質の「質量」を持たせているなんて、最近、私が走るあたりにはヒッグス粒子が特に凝縮されてるような気がします(^_^;)

へばなさん

ビッグバンの後に,物質が質量を持たなかった僅かな時間があったということは,その僅かな時間,今とは全く違う物理法則が宇宙を支配していたんですかね?その今とは全く違う物理法則故に,ヒッグス粒子と他の粒子が結びついて,物質は質量を持つに至った?

 なんか,頭の中がこんがらかりそうですわ!^^;

 ええ,最近は,私の周囲にもヒッグス粒子が満ちているように思います(登り,辛い)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気10/08/13 | トップページ | 重さと運動と天気10/10/13 »