2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の46件の記事

2013年9月30日 (月曜日)

9月の総括

 今日で9月もお終い。今年も残すところあと三ヶ月。9/4に退院して以来,結構セッセと走ってきた。周囲からは,ときに,無茶だと眉をひそめられながら。でも,その「無理」の甲斐あって,そこそこのレベルにまで回復したように思う。

ローラー 224km,ロード(含むママチャリ)657km,合計 881km

まあ,病み上がりのリハビリとしては上出来かと。

IMG_3257.jpg

 NAKAGAWA@リハビリの相棒

重さと運動と天気09/30/13

 起床は5時過ぎ。咽が猛烈に痛い。このレベルの痛さは久しぶりで,少々まずい感じ。夕方辺りに熱発するかもなぁ。身体の方は,やはり,軽い倦怠感はある。朝の体重は 66.7kg と横這い。昨夜,晩飯の二度食いでも増えなかった。

 さて,今週からいよいよ年度の後半戦開始。あ,来週の大阪行きの切符手配しないと。飛行機使うのもいいけど,,空港往復が面倒。

風邪を引いたようだ:

 「なんとか」は引かないという「風邪」なるものを拾ってしまったようだ。昨日の朝の時点で咽が痛かったけど,いつもなら運動して飯食って眠れば軽減するレベルだと思ったが術後のヨワヨワ(自転車乗り倒して,いうセリフでもないが)が祟ったか。咽の痛みと咳と鼻水は1年に一回程度かな?熱発はここ数年経験したことなし。

DSC_4673.jpg

 それにしても,...秋だなぁ〜〜〜

マグロ:

 Mさんから退院お祝いとして頂いた,ご自分で釣り上げたマグロのサクをようやく食べてみようと解凍した。

IMG_3258.jpg

 解凍の仕方は,教えて頂いたように,こちらを参照。あまり食えないので頂いたものを半分だけ。

 帰宅後,風邪でコンディションが今一つで,新しく飯も炊けていなかったので,漬け丼にして頂いた。いや,漬け丼は言い過ぎだな。『漬け「子供の茶わん」』というところか。なにしろ,ご飯の量は 100g ちょっと。写真は,あまりにも見栄えとバランスが悪いので自重しよう。で,頂いた感想は,...美味し!!身の密度が高く,もっちりしていて食べ応え充分。長い間冷凍していたので,味は落ちているかもと思ったが,どうしてどうして,その辺りで売っているマグロの刺し身は足下にも寄れず。マグロ好きの子供も絶賛。これが釣りたてなら,..などと不謹慎なことを考えました(笑)。大変ご馳走さまでした。残りは握り鮨にチャレンジしてみようかと思います。十数貫は握れるかな。^^; 多分,普通の寿司だと五貫でお腹一杯になりそう。

2013年9月29日 (日曜日)

重さと運動と天気09/29/13【葉山ヒルクライム】

 起床は4時。今日は,5時過ぎにはスタートせねばならない。5時半に星輪店をスタートして,寒河江の葉山のヒルクライムに自走「応援」に駆けつけるのである。なでら男以外は,全員エントリーしているので,80km ほども走った後で,ヒルクライムをすることになる(おかしいだろ!)。朝の体重は 66.9kg とほぼ横這い。外に出てみると,今日も晴れそうだ。

往路編:

 デジイチ入り(望遠レンズも)のザックを背負い,5時半頃に星輪店着。総勢10名でスタート。高畠辺りで濃霧の中を走ることになり,全身しっとりと濡れた。

DSC08222.JPG

 スタート時の気温は8℃で,指切りグローブでは少々寒かった。白鷹辺りから霧が晴れ始めて,陽が差し始めた。R287 に入る辺りから,速いグループと遅いグループができて,なでら男はもちろん遅い方(笑)。そして,鮎茶屋からはいつものように一人旅。それにしても,往復自走なんてできるのかな?

DSC08227.JPG

 霧の晴れ始めた最上川とか,...

DSC08228.JPG

 水戸黄門の案山子とか,...

 道の駅大江に8時頃に到着。そこから10キロちょっとくらいだったかな? なんとか,8時半過ぎに会場着。「本当に自走で来たのか?」と知り合いの方々に驚かれる(苦笑)。結局,自宅からは,83km ほどもあった様子。帰り,走れるのかね?

DSC08233.JPG

 主催者にコース概要をお聞きして,スタート前に,5キロほど先の撮影ポイントに向う。

ヒルクライム編:

 スタート地点を過ぎて,ダラダラとした登りが2キロほども続いたろうか。沢にかかる短い橋を過ぎた辺りから勾配が急になる。ここまでのダラダラ登りで引きずり回され,ここで 10% の勾配に突入した参加者の苦しさを思い浮かべ,にんまりとしつつ,勾配が急になった地点からさらに1キロほど先に進む。経験上,数百メートルなら勢いで行けるが,1キロほども距離を置くと,息は上がり,脚は乳酸でブルガリアヨーグルトのようになっているだろう。苦悶に喘ぐ参加者たちを撮影するにはここいらがいいかも,...。実は,この先にヘアピンコーナーがあって,イン側勾配が 20% ほどもある場所があった。残念,..(笑)。

DSC_4591.jpg

 トップ走者。流石に速い。

DSC_4594.jpg

 敬意を表して,アップも一枚(笑)。

DSC_4596.jpg

 2位の選手。おお,3位グループに,我チームのH氏が!!ヽ( ´ー`)丿

DSC_4601.jpg

 三位争いの図。H氏よりも隣の選手の方が苦しそうだ。最終的にH氏,2位だったとか。おめでとう!ヽ( ´ー`)丿

DSC_4606.jpg

 おお,その後ろから,スタートダッシュを 40km/h で決めたはずのマコリンが,...。すでに,イベント終了らしい(苦笑)。

DSC_4608.jpg

 頑張れ!父ちゃん,人生はヒルクライムよりも辛い!!(爆

DSC_4611.jpg

 おお,腹切りナカ〜〜マのクワマン!なんでも,8位だったとか。

DSC_4615.jpg

 以前は,もっと速かったと思うんだが,..。ケン坊,現る!

DSC_4618.jpg

 このニヤケッ振りに,やる気のなさが感じられる。もっと,踏まんかい!!(怒

DSC_4628.jpg

 この辺りから,ほぼにたようなペースの団体さんが現れる。リンクマさんかな?

DSC_4637.jpg

 我チームの紅一点登場。なんでも,最近は走りまくっているらしく,ここまでの自走でも後ろから観ていると,ヒラメ筋の発達などは,男勝りである(失礼!)。

DSC_4640.jpg

 すまん!ピンボケになった。○| ̄|_

DSC_4645.jpg

 唯一だったと思うけど,MTB での参加者の後ろから,チーム員のI氏が!

DSC_4647.jpg

 比較的,安定したフォームで登って行く。がんばれ〜〜〜!!

DSC_4656.jpg

 チームジャージを着ないで参加とは,ペナルティものの,某店主!(笑)

DSC_4659.jpg

 こっちに寄らんでい〜ちゅうの!「オレのはノーマルクランクだ〜〜・・」とか,「もうギヤがねぇ〜〜〜・・・」とか,わめきつつ時速8キロほどで通過(笑)。

DSC_4661.jpg

 この辺りになると,大分選手はまばらである。S氏がやって来た。

DSC_4664.jpg

 もう,帰りテェ〜〜とか,情けないことを言いつつ通過(笑)。実は,撮影後,ゴールまで登ってみたのだが,途中で雑談したりしながらだったにも係わらず,終盤で追い付いてしまうというヘロヘロっぷりだった(爆

DSC_4665.jpg

 もう終わりかなと思った頃に,なんだか,クローズされていないコースを道幅一杯に蛇行する2人を確認。一人は少年(小学生)。もう一人は,..。

DSC_4666.jpg

 うちのチーム員だった!既に蛇行を繰り返し,そのまま立ちゴケするんじゃないのかというレベル。

DSC_4667.jpg

 ここまでの自走で,既に終わっている感があったが,..。この写真撮影後に道端で嘔吐。後ろの回収車に乗ることを勧めるが,..本人,もう少し先までと,..

DSC08235.JPG

 漢(おとこ)ヘアピンカーブ(勝手に命名)の途中で停止。マコリンは,ここをインベタで登ったとか。借金(人生)に比べれば,こんな坂,屁でもないぜ〜〜と叫んだとか叫ばなかったとか,...父ちゃんの心意気! この辺りで,回収車に乗ったのかな?こっちは,森さんと雑談後にさらに進む。

DSC_3880.JPG

 森さん撮影のなでら男 at 漢ヘアピンカーブ。世の中を少しでも明るくすべく,ハブダイナモ駆動の匠光学ライトは常にオンである(笑)。

DSC08236.JPG

 天気は素晴らしく,勾配も素晴らしい(笑)。いつものハブダイナモ付きの12キロの鉄下駄自転車,揚げ句に病み上がりでは,少々辛いものがあった(苦笑)。

DSC08237.JPG

 少年に追い付く。子供の特徴なのか,一定ペースで登ることはせず,ダッシュしてゼーゼー言って休み,回復したらまたダッシュを繰り返していた。

DSC08238.JPG

 ゴール地点は標高 820m ほど。吹く風が冷たく感じる。

DSC08239.JPG

 最終走者の少年がゴール。某チーム員は,ずっと後方の回収車の中(笑)。

DSC08241.JPG

 さて,下りますか。

 集合場所の直ぐ近くまで来たときに,後輪がいきなり,バシュ〜〜〜〜ン!とバースト。直ぐに停車して調べれば,何やらタイヤがビートから外れてチューブがはみ出してバーストしたようだ。なんで?修理をしつつ理由を考えるが,ブレーキングによる熱というのも考え辛い。ハッキリしないが,スローパンクしていて,空気圧が落ちたところでリムからビートが外れたのかも知れん。このトラブルで集合写真に間に合わなかった。

DSC05020.JPG

 なので,公式ブログから拝借(笑)。

DSC08242.JPG

 着いた時には成績発表。森さんから,参加賞のクッキーとか頂いてしまう。ありがとうございます。美味しいクッキーでした。今日は,これだけが補給のほぼ全て(笑)。今後の,イベントのお知らせなどがあった。天童高原のグランフォンドとか,古志田での MTB 4耐とか,小国のキノコサイクリングとか。

DSC_4671.jpg

 さて,自走で帰りますかね。

復路編:

 地味な向かい風で,さらに何かの拍子に胃の中身がゲップとともに胆汁混じりで直ぐに上がってくるので,負荷を掛けたゼーゼー言う走りが出来ない。そんなこんなで,えらく辛い復路だった。

DSC08245.JPG

 月山が綺麗だ。

DSC08247.JPG

 ヒッチコックの映画の一場面にも出合った。

DSC08248.JPG

 最上川も綺麗だ。

 帰路は,道の駅おおえのところから最上川の対岸を走る(R287 に対して)コースをチョイス。これが,地味なアップダウンが続く,脚削りコースで,誰ともペースが合わずに,ずっと単独走を強いられる。結局,なんだか,当初の触れ込みだった 140km を大幅に超過する 185km を走って4時頃に帰宅。ボロボロだった。腹が減っても,一気に大量の補給を摂れないので,夕食を6時頃と9時頃の二度に分ける(笑)。

2013年9月28日 (土曜日)

仙台雀踊り

 米沢時代行列の中頃に「仙台雀踊り」が入っていた。これは,動画で撮ったので,YouTube にアップした。

重さと運動と天気09/28/13【なせばなる秋祭り】

 起床は6時過ぎ。目覚ましを掛け忘れた。外は快晴。雲一つない日本晴れである。朝の体重は 66.7kg と昨日結構な暴食(といっても以前に比べれば高が知れているが)をしたにも係わらず,増えなかったな。

 昨日までの予定では,今日も長男業務(といっても,実家の両親に顔見せて,飯食って,食材を強奪して帰宅するというイベント)で実家に行こうかと思っていたが,あまりの天気の良さにお袋に電話して,今日は行かないことにした。なにか,食い物を用意していたかも知れず,ちょっと申し訳ない気分になったが,明日は義弟と甥っ子たちが行くので,まあ,いいだろう。今月は退院後に毎週実家詣でをしているので,女房も大変そうなので,今日くらいちょっとサボらせてもらおうかと。来週は,サイクルフェスタ丸森に参加するので,土曜日に実家に行き,一泊するつもり。

--------------

 朝飯後にローラー30分,13km。勾配負荷3%,ケイデンス 80 - 85rpm で。

--------------

 そんなこんなで今日は,女房と一緒に「なせばなる秋祭り」なるイベントに出かけてみることにした。

なせばなる秋祭り:

 11時頃にプラプラと自転車で上杉神社まで移動。なかなかの人出。ちょうどステージでは仙台の雀踊りが,.。

DSC_4520.jpg

 まあ,伊達政宗縁の地だからね。

 昼飯時なので,「どん丼祭り」なるものに。

DSC08207.JPG

 米沢の様々な創作丼が 500 円(ものによっては 1000 円)で食える。チケットを買って,チケットについている抽選券でガラガラ回し,我が家のクジ運の悪さを確認してから,らあじゃさんのブースへ。

DSC_4527.jpg

DSC08211.JPG

 べこちゃんカレー丼。野菜たっぷりで,美味しゅうございました。ノンアルコールビールとともに頂いた(笑)。食後は栃尾の油揚を食べたり,米沢牛の串焼き食ったり,石巻のホタテ食ったり,晩飯用にいろいろと食い物買い込んだり,..。あ,食ったものは,女房と半分分けなので,量的には大したこともなく,..。

DSC08210.JPG

DSC08212.JPG

 懐かしい,なみえの(太っちょ)焼きそばも出店していた。さすがに,腹一杯でとても食えなかった。

DSC08215.JPG

 米沢牛の串焼きは,あまりにも脂っこく,一本食い切れないレベル(苦笑)。上等な肉など,もはや身体が受け付けないのかも。

DSC08216.JPG

 こんな方までいらっしゃいました(笑)。

 冷やかしにいろいろな店を覗いたら,越後の打ち刃物の店があり,そこに渓流ナイフを発見。かなり,グラグラしたけど,値段と使用頻度を考えて涙を呑む(泣)。隣で,女房が渋い顔してて,買えず。山歩きの時に熊に出会って闘うときには,こんなものが必要だろうと言ってみたけど,「フンッ!( #` ¬´#) 」と鼻で嗤われて終了。(`ε´)

 益子焼のコーヒーカップを物色していたら,なんだか,時代行列なるものが始まるよと場内にアナウンス。まあ,折角だから眺めて行くかと,ファミマの前に陣取る。小太りででかいザック背負った,カメラ親父が邪魔だ!!(苦笑) 米沢時代行列というのが1時〜2時まで大門派出所から城趾苑までの区間を通行止めにしてゾロゾロと練り歩くらしい。主なところをざっと時系列で紹介する。

DSC_4533.jpg

DSC_4535-2.jpg

DSC_4537-2.jpg

 鷹山公とお供の方は終了後,ソフトクリームを食っていた(笑)。

DSC_4542-2.jpg

 小野小町,...なにもコメントすまい。

DSC_4548.jpg

 言わずと知れた,伊達政宗。

DSC_4551.jpg

 花の慶次である。

DSC_4554.jpg

 やたらと軽く動き回る直江兼続。

DSC_4560.jpg

 旗持の方が近藤勇よりも迫力がある。

DSC_4563.jpg

 八重さんの一団。新島襄もいる。

DSC_4568.jpg

 米沢の女学校の英語教師とか,....。

DSC_4570.jpg

 最後はユルキャラの一団。まずは,カネタン。

DSC_4574.jpg

 八重タン。普段は,ほとんど歩く仕様になっていないらしく,歩くのが大変そうで,交通規制の解除に掛かってしまうかとも一生懸命に歩いていた。

DSC_4579.jpg

 おせんちゃん。

DSC_4585.jpg

 かげっち!

DSC_4587.jpg

 有名人がステージ上に勢ぞろい。

 これで一応終了である。終わったので,益子焼のコーヒーカップを一つ買ってから帰宅。

DSC_4589.jpg

 帰宅後は,なぜか疲れていて爆睡(笑)。

再び,白布峠からの星空

 昨夜も白布峠まで出かけた。それにしても,寒い。多分,シングル温度。あっという間に夜露が降りてレンズが曇る。指がかじかむ。結露防止にホッカイロをレンズに巻き付けてみたけど,古いものだったせいか1時間ほどで常温になってしまい,..使えねぇ〜〜〜・・。何かもっと機能的なヒーターシステム考えてみるかな。

DSC_4460.jpg

 桧原湖と会津若松の灯(多分)と星空。Nikon D3200, 18mm, f = 3.5, ISO1600, 30s, 拡散フィルタ,AWB, RAW

DSC_4462.jpg

 会津若松の街の光と銀河。Nikon D3200, 18mm, f = 3.5, ISO1600, 25s, 拡散フィルタ,AWB, RAW

DSC_4465.jpg

 カシオペアと銀河。アンドロメダ銀河も見える。Nikon D3200, 18mm, f = 3.5, ISO1600, 25s, 拡散フィルタ,AWB, RAW

DSC_4503.jpg

 望遠レンズに換えて,アンドロメダ銀河を狙うも,悪戦苦闘。ようやく画像内に入ってくれた。Nikon D3200, 95mm, f = 4.5, ISO3200, 10s, 拡散フィルタ,AWB, RAW

DSC_4512.jpg

 さらに,300mm でトライ。これが限界。ピントもあまく,画像も流れている。Nikon D3200, 300mm, f = 5.6, ISO6400, 8s, 拡散フィルタ,AWB, RAW

 そして,日周運動にトライ。30分は回そうと思ったのだが,..。

diurnal_motion2.jpg

 天の極のど真ん中を通過する飛行機が,..。○| ̄|_

2013年9月27日 (金曜日)

重さと運動と天気09/27/13

 起床は5時過ぎ。外は雲が多いもののいい天気になりそう。実は,今日は芋煮会をやる(笑)。朝の体重は 66.4kg となにやら減る傾向。そういえば,起床時の胃の痛みが,ここに来て大分軽減していることに気付く。やはり,時間だけが解決してくれるものだったかな。でも,空腹時などの胃の痛みは継続中。最近は,食後の腹部の膨満感も少し改善されているような気もするけど,..。年が変わる頃には,大分マシになっているものと思われる。

 旭川では初霜とか,北海道のどこぞでは冬日(氷点下)とか,季節は一気に冬に向い出した感がある。一年が過ぎるのは速いものだ。米沢は,最低気温は12℃と予報(9℃)よりは高かった。

DSC_4459.jpg

 5時半頃の東の空。

------------------

 朝飯後にローラー50分,21km。勾配負荷3%,ケイデンス 80 - 85rpm で。

------------------

芋煮:

 芋煮1杯,うどん半杯を美味しく頂いた。それ以上は食えず。他には,焼き鳥2本,柿ピーなどを少々。

imoni.jpg

 生まれて初めての,酒を呑まない芋煮会だった。

2013年9月26日 (木曜日)

重さと運動と天気09/26/13

 起床は6時過ぎ。ド〜〜ンと寝過ごし。5時少し前にネコ目覚ましが起動して,トイレに起きて,いつもなら活動開始するところが,なんだか気分が乗らずにダラダラと二度寝。二度寝は気持ちいい(笑)。明け方は,戸外から雨音が聞こえていたが,起きた頃には曇ってはいるものの雨は上がっていた。朝の体重は 66.9kg と横這い。昨日は結構な量の間食を摂ったのに,全く増えず。これは代謝関係が元に戻りつつあるかな?あと一月で,体脂肪がドカンと減ってくれると嬉しいな,..っと(笑)。

 朝の活動はスケジュール遅めで進行。ワン公の世話をしてから,ママチャリで線路向こうの農道まで出かけて,斜平山の定点観察。

nadera092613.jpg

 霞みたなびく,斜平山。

DSC_4447.jpg

 雲に隠れた吾妻山。僅か10分程度の朝ポタだった。

-------------------

 朝飯後にローラー40分,17km。勾配負荷3%,ケイデンス 80 - 85rpm で。20分過ぎから次第に胃が痛くなって,30分頃にドカンとスローダウン。その後,ダラダラと40分まで。

-------------------

 本日は午前中と午後に雑務(という範疇に入れても差し支えなかろう)が合計3件。

日本語は難しい:

 午前中の雑務を終えて,構内を居室に戻る途中で,ふと道端の看板の文章に目が留まった。曰く「この枠内以外には,絶対に駐輪しないで下さい」。これを眺めて,この対象者に対する呼びかけとして,「必ず,この枠内にのみ駐輪すること」と,果たしてどちらが効果的なのかと,ついつい考え込んでしまった。

 一方は,指定枠の外のエリアでの駐輪を強く禁じ,もう一方は,駐輪可能なエリアを強く推奨,とでも解釈すべきか。一方を強く推奨するやり方と,それ以外を強く禁止するのとでは,結果にどれほど差が出るものか,社会実験でもやってみたいものだが,..。「ダメだ!」と禁止される方が訴えかける力は強そうな気もする,..。なんて,考えながら,暫く歩いて,...

 ま,どうでもいいんじゃね?大した問題じゃね〜し!という結論に落ち着いたのは言うまでもない。基本的にいい加減なオッサンである。

お昼頃の空模様:

 昼過ぎに昼飯食いに自宅に戻る。もう,外やコンビニ飯は量的に難しいので,自宅飯ばかり。しかも,幼稚園児並の分量。あ,そんなことはどうでもよくて,帰り道すがら,空を見上げると,なかなか面白い雲の状態が,..。

DSC_4454.jpg

DSC_4455.jpg

 多少,現像時にデフォルメしたが,イメージはこんな感じ。竜巻の映画とかに出てくるような雲だった。

2013年9月25日 (水曜日)

サイクルフェスタ丸森

 昨日,帰宅したら,届いていた。来週末に参加するイベントである。当初,DNS かなぁと思っていたが,100km くらいまでならなんとか走ることができそうである。知っている方も何人かエントリーしているようだ。

marumori_cycle.jpg

 参加が正式に認められたらしい(笑)。

course_marumori.jpg

 この辺りのエリアは,走ってない道はほぼないと断言できるほどに走り込んでいるが,この地図だけだと松ヶ房ダムから戻ってきてからのコースがどこを通っているのかすぐにはピンと来なかった。ルートラボにコース出てるのかな?この程度の距離なら Garmin が便利だな。

 で,今さらながら大会の HP 見たら,ルートラボにコースがあった。で,全貌把握。多分,...もう地図とか要らないかも(笑)。

重さと運動と天気09/25/13

 起床は6時過ぎ。やれやれ,大幅に寝過ごした。昨夜は,帰宅後マッタリしたら寝落ちして,日付が変わる辺りで覚醒。それから撮影データをいじり始めたりしたら,寝たのは2時に近かった。で,結局,起きれずにこの時間。ネコの目覚ましも起動したようだったが,煩い!とけっ飛ばされて,足下にちょこなんとうずくまっていた(笑)。朝の体重は 67.1kg と横這い。体重が変わらずに,そのまま体脂肪率が減って行くのが理想なんだけど,そうなっているのかなぁ。なっていないような気がするなぁ。外は朝方は晴れていた。昨日の予報では午後から雨となっていたが,今朝になって曇りに変わっていた。今日から明日にかけて下り坂らしい。が,気温が高く,湿度も高く,やや不快な天気。

 ワン公の世話をしてから,15分ほどママチャリでポタポタする。

nadera092513.jpg

 今朝の斜平山である。午前7時頃かなぁ。

DSC_4444.jpg

 稲刈りも進んでいる。でも,今どき,天日干しは珍しい。

----------------------

 朝飯後にローラー35分,15km。勾配負荷3%,ケイデンス 80 - 85rpm で。

----------------------

 帰宅は6時半頃。なんだか,5時過ぎると嫌気が刺す,今日この頃(笑)。10月10日に大阪までの出張入る。さてさて,大丈夫なのか?ちなみに,日帰りである。

白布峠で星を眺めた!

 午後7時半頃に白布峠の一番高い駐車スペースに到着。さすがに,標高 1400m ともなれば,星の多さは満足行くレベル。早速,嬉々として夜空にレンズを向ける。が,下界との気温差は7℃ほどもあり,寒くて震えながらの撮影になった。

 途中,桧原湖方面からは雲が湧いてきたりして,少々残念な場面もあったが,おおむね満足行く撮影になった。無限遠のピントが合わずに往生こいた。次回からはもっときちんとレンズに印を付けておくべし。終わりの方には,絶対温度3Kの宇宙空間に向けたレンズは冷えて,結露し始める始末。そんなこんなで,月が出始める前に退散した。ほぼ,1時間程度の滞在。もっと,きちんとした防寒着が必要なり(苦笑)。

DSC_4396.jpg

 北東方向になるんだろうか? カシオペアと銀河。左の下の方に写っているのは,流れ星か人工衛星か? Nikon D3200, 18mm, f=3.5, ISO 3200, 20s, AWB, 拡散フィルタ,RAW

DSC_4399.jpg

 北斗七星と北極星。ぼんやりと明るいのは,米沢市街の光だと思われる。Nikon D3200, 22mm, f=3.5, ISO 3200, 20s, AWB, 拡散フィルタ,RAW

DSC_4419.jpg

 南から立ち上がる銀河。Nikon D3200, 18mm, f=3.5, ISO 3200, 15s, AWB, 拡散フィルタ,RAW

diurnal_motion.jpg

diurnal.jpg

 北天の日周運動。Nikon D3200, 22mm, f=3.5, ISO 400, 50s, AWB, 拡散フィルタ,RAW での撮影を15枚連続して行い,それらを比較明合成したもの。露出,インターバル,ショット数などを自由に設定できるタイマーを使用。これがないと面倒でやっていられない。でも,もう少し枚数を増やせば良かった。

2013年9月24日 (火曜日)

BRM720宇都宮600のブルベカード

 先日,届いた。メダルとともに。

DSC08147.jpg

 これで,SR(スーパーなランドヌール)に足りないのは 300km の認定だけだが,..。そして, BRM1012宮城300 にエントリーはしているのだが,..。

 コースも変更されて,平坦基調になったらしい。はてさて,どうなるのか,..。300km か〜・・今までは完走して当たり前の距離だったけど,今の状態では,かなりのハードルの高さ。で,このコース,DNF しても,撤退ポイントが限られているような感じがするし,..。誰か,サポートカーで付いてくれないかな(爆

 なんて,考えていたら,どうも,まさか,もしかしたら,...仕事が,...入りそうな悪寒。(´д`;)

重さと運動と天気09/24/13

 起床は5時過ぎ。外は晴れている。朝の気温は12℃程度だが,先日の 10℃の時よりも室内が寒く感じる。朝の体重は 67.1kg とまあ横這い。

 今週辺りから,ボチボチ後期に向けた活動が始まるな。また,慌ただしい日々が始まる。

nadera092413.jpg

 すっかり秋だな〜・・。また,1年が終わった感じである。また,徒に馬齢を一つ重ねたか。

DSC08189.jpg

 そんな中,おっさんはポタル,...。

DSC_4395.jpg

 秋らしい空を見上げつつ,..。

 どうも,仕事のリズムがおかしいというか,なんだか,様々なことを一歩引いた醒めたような感じで観ていることに気が付く。手術,入院などがトリガーになっているような気がするが,..。そんな人生観云々を言うほど,大したイベントでもないように思うけど。元々あった資質が触媒的に開花したのかな?

 夜は友人に誘われて,白布峠まで星野写真撮影に出向く。その辺りは別便にて。

【書籍】ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!

 読了した。この手の書籍は最初面白いと感じても,途中で放り投げることも多いのだが,これは最後まで興味深く読むことができた。

bok.jpg

 あの NHK のドキュメント番組の裏に,これだけのヒューマンドキュメントが隠れていたことに改めて驚く。それにしても,「ダイオウイカの姿を見たい!」という,ただそれだけの動機(観て,どうするんだ?とオレなどは思ってしまう)で,これだけ長期間ブレずにその目標を追い続けられる人間がこんなにいた。そういう人間に求められる資質とは何か?ということの方が興味深い。やはり,一番重要な資質は,楽天的ということなのかも(苦笑)。あまり深刻にならずに,でも,決して止まらない。なんか,ある特殊な自転車遊びと通じるものがあるなぁ(笑)。

2013年9月23日 (月曜日)

斜平山の縦走

 夏の斜平山の縦走は決まってマウンテンバイクと一緒だったのだが,今日は身体のベースを調える目的もあって,自宅から完全二足歩行。地蔵園まで歩いて,参道を登って愛宕神社へ。車で登ってきていた若いカップルがいたが,こっちがゼーゼー言いつつ水をガボガボ飲み干して,デジイチ取り出して,バシャバシャ写真撮りだしたら,直ぐに車に乗り込んで帰って行った。ワハハ!!(笑) 

 自宅から愛宕神社まで小1時間ほど。

DSC_4367.jpg

 散居住宅方面。望遠レンズを持ってくれば良かった,..。

DSC_4377.jpg

 今の時季しか見られない,黄金色のパッチワーク。稲刈りもボチボチ始まっている。

DSC08160.jpg

 こんな道が愛宕神社からテレビ塔まで尾根筋に続いている。そこそこ整備されているようだ。

DSC08161.JPG

 こんな感じ。

DSC08163.JPG

 鎖場もあるぜ。不要だと思うけどね(笑)。

 七曲がりの降り口を過ぎて暫くテレビ塔に向って進む。どうも,1〜2月の雪の季節にしか歩いてないものだから,景色に違和感があって仕方がない。ドンドン進んで行くと,テレビ塔北側の見晴らしのいい小高い稜線に,それはあった。

DSC_4378.jpg

「斜平スカイツリー」の道標。多分,推測するに,..。このトレッキングコースを整備している団体の誰かが,自分の住んでいる米沢の市街地が綺麗に見えるこの場所の標高が 634m であることにあるとき偶然に気付いた。で,連想ゲーム的に,「あれ?スカイツリーの高さと同じじゃないの?」ってな乗りで,名付けて,立てた道標だと思われる。まあ,賛否両論あるだろうが,細かいことはいいじゃないか。市内のB級観光スポットとして受け入れやろうじゃないか(笑)。

DSC_4383.jpg

 市街地も黄金色のモザイクも綺麗に見えるじゃないか。

DSC_4387.jpg

 西側も条件さえ良ければ,栂峰,飯豊などが綺麗に見えるはず。でも,冬になったら雪の下に隠れてしまいそうだ(苦笑)。

DSC08172.jpg

 道標を後にして,テレビ塔に向う。

DSC08173.jpg

 途中,熊のものか?と思われる糞を見つけたけど,本当に熊なのかどうかハッキリせず。

DSC08176.jpg

 着いた!

DSC_4389.jpg

 なにやら面白い(笑)。

 さて,帰ろう。笹野山からジープロードを降りて笹野観音まで降りよう。途中,先だって中秋の名月を撮影した場所から市街地を眺める。

DSC_4391.jpg

 こうして眺めると,小さな街だなぁ(苦笑)。笹野山からは砂利を敷いたジープロードを下ってきたが,最後の方は脚へのダメージが蓄積されて,..。

 結局,自宅を出て地蔵園から愛宕神社へ。さらに尾根渡りをしてテレビ塔へ。そこから笹野観音に降りて,自宅まで歩いて締めて3時間のお散歩だった。

重さと運動と天気09/23/13【秋分の日】

 起床は6時。ネコにお腹の上に乗られていた。傷口が痛いんだけど,..。外は今日もいい天気だ。が,一昨日の疲労感がどこか抜けていないような感じで,どこかに行こうという前向きな気持ちになれん。朝の体重は 67.0kg だった。

食事と疲労快復:

 今現在,食事時に摂っている炭水化物は,ご飯 100g である。これ以上食うと,猛烈な腹部の膨満感で,食後1時間以上身動きできなくなる。一昨日に白鷹のセブンイレブンで補給した際に,あまりの空腹にそれ以上の量をついつい補給してしまったのだが,お陰で,その後の走行が前傾も取れずに,かなり苦しいものだった。ご飯 100g というのは,量ってみてもらえばわかるように,幼稚園児が食するような量である。以前なら,二口か三口程度。まさに,低炭水化物ダイエット状態である。このせいだと思われるが,術後の身体の回復途上ということを考え合わせても,疲労回復が遅いような気がしている(あくまで,自身の感覚で)。昨日も一日,怠い,眠いという状態が続き,実家から帰宅してからも何もする気になれず,食後は寝落ちという様だった。いつになく甘いものが欲しいというのも疲労具合を示しているような気がした。

 エンデュランス的な運動機能の回復には,身体への負荷を掛けることとそこからの回復を何度も繰り返す必要があるが,食事のせいで回復が遅れて,次の負荷が掛けられなくて,適正なサイクルを継続できない状態。さて,もう少し,食事の量,内容,回数を見直す必要がありそうだけど,..。こんなことを考えているのは,実は,まだ,BRM1012宮城300 を諦めてはいないのである(爆)。多分,98%ほどの確率で DNS だとは思っているのだが,..(苦笑)。

 そんなことを考えつつ,庭先でブラブラ,..。

DSC08153.jpg

 庭先に咲いている花(名前知らず)。これは SONY モッサリくんで。

DSC_4359.jpg

 これはデジイチくんで。なにやら,モッサリくんもそこそこの味わいである(笑)。

DSC_4366.jpg

 老犬@何を思う?

 今日もなにか出そびれて,昼までウダウダ。今一つ自転車に乗ろうという気にならん。予報と違って曇って風が強いのも,ウダウダの一つの原因。昼頃に本屋に行って,文庫本を数冊仕入れて,帰宅後,軽く飯を食ってから,今日は二足歩行で斜平山の縦走に向った。尾根歩きの詳細は別便で。

2013年9月22日 (日曜日)

重さと運動と天気09/22/13

 起床は5時半。今朝はネコに起こされた。お腹に乗られると,まだ傷口に響くんだが,..。外はちょっと雲が多めで,朝焼けも綺麗。寝過ごして写真撮れなかったけど。朝の体重は 66.6kg とオーメン状態。

 本日は長男業務で実家へ。墓参りもしてこよう。

実家で墓参り:

 9時半頃に女房の運転で宮城に向う。途中,R399 では,鳩峰峠方面から降りてきたらしいローディと擦れ違う。それからは R113 ではかなりの数のローディと遭遇。ヘルメットの後ろに赤色尾灯をセットした,ランドヌールのような方もおられた。締めて,10人以上のローディを見たような気がする。最近では珍しい。ようやく晴れた休日を待ちかねたように出撃した結果か? 昨日走ったせいか,あまり羨ましいとも思わない(苦笑)。それよりも,食後,ずっと続いていてる胃痛の方が問題だ。

 11時半頃に実家着。なぜか,明日来るという話だった義弟もいる。聞けば,甥っ子が角田市で開催される「ずんだ祭り」を一週間勘違いしたらしい。例によって,皆で飯を食って,それから墓参りに行く。

DSC_4344.jpg

 寺に行くと,曼珠沙華が咲いていた。もう,そんな季節か,..。

DSC_4347.jpg

 墓地は山の斜面に造られている。この道を一度自転車で登ってみたいのだが,まだ実現できていない。最大勾配は 30% 近いと思われる(笑)。お彼岸ということもあって,周囲の墓も綺麗に掃除されて,新しい花が添えられている。中には,天辺に2枚ほど,ビスケットが乗った墓石もあったり(笑)。カラスの仕業と思われた。

 無事に墓参りを終えて帰宅。仙台での仕事を終えた妹が電車でこちらに向ったらしいのだが,実に,らしいというか,なんというか,乗ったのは常磐線。槻木を出てから気付いて,降りたのは逢隈駅。義弟が慌てて車で出かけて行った。甥っ子(小学校5年)が,「お父さんも大変だ」とボソッと一言(笑)。

 その後,ウダウダと過ごして3時前に実家を辞去。なんか,やたらに眠く,助手席で前半は居眠り。そんな訳で,女房と半分ずつ運転。米沢市街で2,3用事を済ませて,5時半頃に帰宅。

DSC_4351.jpg

 帰り道で立ち寄った,道の駅・たかはたで,お向かいの安久津八幡の三重塔を撮影。あえて日の丸構図に。

月の連続写真

 面白そうだったので,月の連続写真を作ってみることにした。その前に,..

DSC_4323.jpg

 斜平山に沈む宵の明星(多分)。

 6時半過ぎが月の出ということなので,7時少し前に愛宕神社に着けばいいかと思っていたら,車を走らせている途中で,もう既に山から月が昇ってきた。愛宕神社に着いて,早速機材をセットして,タイマーリモートスイッチも使用。山の上なのに,物凄い蚊の数で,3分ジッとしていると数匹集まってきて刺されてしまう。仕方がないので,タイマーをセット(5分間隔で15枚撮影)した後は車の中でひたすら待つ。

 出来た画像を比較明合成したのが,...

moon.jpg

 これである。さすがに,この枚数を比較明合成すると,ノイズだらけになってしまう。月食の連続写真などを撮ってみたい。

DSC_4342.jpg

 最後はお約束の米沢の夜景。

2013年9月21日 (土曜日)

重さと運動と天気09/21/13

 起床は5時半過ぎ。目覚ましが鳴らない。電池も入れ替えたのに。今日,捨てよう。外は今日も晴れている。朝の体重は 67.0kg とえらく減った。水分かな?

nadera092113.jpg

 もう,稲刈りまでは秒読み状態か?

DSC_4320.jpg

 これが効果があるというのは,誰かが科学的に立証しているのか?

退院後初の 100km オーバー:

 車でどこかに遊びに行こうかと思ったけど,どこといって当てがなく,ウダウダしているうちに陽は高く昇り,次第に不機嫌になってくる。このままではいけないので,走りに行くことにした。今日は 100km オーバを走ってみようとコースを考えて,長井,白鷹方面に向う。R121 から逆沢,東沢,新蔵峠,御伊勢町,そこからは菅沼峠をパスして,小松に向う。下り部分の工事現場が嫌だったのと,峠を入れて,後々走れなくなったりするのが嫌だったので,少しだけ負荷を小さくした。小松からは諏訪峠を越えて,飯豊町役場から西置賜広域農道を走る。

DSC08134.JPG

 今年初めて走る。7月の大雨の痕がそこここに散見された。山側の沢のほとんどが土石流状態になったようだ。林の中が至るところ,泥の堆積が見られ,あの時の雨の凄まじさを改めて認識。深山を経由して,そのまま最上川の R287 の対岸を走る。県道8号だっけ?

DSC08138.JPG

 今日から,白鷹の鮎祭りらしい。

 橋を渡って,R287 に戻り,塩焼きは要らないけど,ソフトクリームでも食いたいなと,鮎茶屋を目指したが,...。近付くにつれて,物凄い車の数で,馬鹿馬鹿しくなってスルーした。この人数に行き渡るだけの落ち鮎など絶対に獲れない。養殖鮎を炭火で焼くだけなら,スーパーで買って自分で焼いても一緒だろう。何を期待して,この混雑の中に身を投じるのか理解に苦しむ。駐車場には入れない車の列は2キロほども続いていた。中には,愛媛ナンバーまで,....。ご苦労様です。

DSC08140.JPG

 白鷹のセブンイレブンで補給。ここまで 70km ほど。少量(稲荷寿司3個,パン半分,牛乳,小さいコーラ)をゆっくり食べたが,例によって食後の膨満感が酷く,そのせいもあって,これ以降は前傾が辛くなった。ゲップと共に内容物が出て来そうで辛いし。

DSC08141.JPG

 気温は 29℃とかなり高め。湿度が低いせいで,あまり暑く感じていないけど,発汗量はかなり多めの様子。レーパンには塩が吹いていた。一月を過ごした置賜総合病院を横目に見つつ,R287 をひた走って帰宅。107km,5時間とちょっと。登りを出来るだけカットしてコース取りしたお陰で,なんとか,走り切れたけど,補給の問題は深刻だ。今なら,平地 200km で昇天できそうだ(笑)。帰宅後の体重は 65.3kg とかなりの軽さ。でも,坂は登れない(苦笑)。

昨日の月の出

 昨日,帰宅したら,ちょうど東の山から月が昇ってきたところだった。それがやたらに紅い月だったので,すかさずカメラと三脚を自宅前にセット(笑)。

DSC_4304.jpg

DSC_4306.jpg

DSC_4308.jpg

 と,まあ,3枚も出してしまった。

2013年9月20日 (金曜日)

【書籍】表御番医師診療禄

 またしても,上田秀人である。そして,なかなか面白い。

books.jpg

 これで,上田秀人氏の著作は52冊目である。ほぼ,9割くらいは読んだかな?(いや,7割くらいかな?)そろそろ,シリーズ物以外も読んでみるかな。

重さと運動と天気09/20/13

 起床は2時半頃。昨夜は寝落ちしたせいで,早くに目が覚める。というか,地震の揺れで目覚めてしまった。福島のいわき市で震度5強とか。大丈夫か?そのまま,本を読んで過ごし,朝に,..。

 折角,バカみたいに早く起きてしまったので,斜平山に沈む中秋の名月を撮影しようかと思ったけど,なんだか面倒臭くなって,..。それに,デジカメのバッテリーも充電していないし,.。ということでパス。中秋の名月が満月になるのは次は8年後らしいので,生きているかどうかもわからない。残念といえば残念。まあ,普通の満月と中秋の名月と何が違うかと言われれば,雰囲気だけなんだけどね。どうも,やっぱり,以前よりも今一つ活動度が低い感じなんだよな。意識はしてないけど,身体機能のいろいろな面が回復途上ってことなんだろうな。朝の体重は 68.2kg と次第に増えだす。こっちも(有り難くない)回復途上か(苦笑)。筋肉だけ増えて,脂肪が落ちて,体重は変わらずと言うのが理想なんだけど,..。

IMG_3232.jpg

 こんな感じで撮影していた。600m 程の高さなのに,やたらに蚊が多く,何ヶ所か刺された。最近,ちょっと外に出ていると決まって何ヶ所か蚊に食われる。対して,女房は同じ時間外に出ていても,一向に蚊に食われぬ。何か理不尽なものを感じる。

 今朝も涼しいというよりも,寒いといった方がいい気温だった(6時頃は10℃)。流石に,短パンとTシャツという訳にはいかずに, 上下ともに長ものを。ワン公と庭先で遊んだ後で,いつものようにママチャリでポタポタと出かける。わずか,400m 程である。

nadera092013.jpg

 すっかり黄色である。だが,多分,稲刈りは来月下旬が最盛期と思われ,..。

---------------------

 朝飯後にローラー46分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 70rpm → 90rpmと漸増。最後は,少々ゼーゼーいった。ゼーゼーいうレベルになると,呼吸が追い付かなくなる感じ。筋肉だけでなく,当然,心肺機能もがた落ちのようだ。でも,脚は,そこそこ戻りつつあるような感じ。この連休中に 100km オーバーを一回は走りたい。

---------------------

 今日は,昨日に比べると,胃の辺りの調子がいい(あくまで昨日よりいいという状態だけど)。なんて書いたら,昼食後に身の置き所のない状態が来た。イスに座って,じっと我慢の子,..ではなくて,オッサン(苦笑)。

中秋の名月

 午後6時少し前に,笹野山のハンググライダーだかの発射場所に到着。夕日もいい具合なんだが,生憎西側は木が繁っていて見通せない。残念。最近,至るところで山が丸坊主になっているので,誰か,この辺りの木々も伐採してくれないものか(違)。米沢市街地も綺麗に見える。

DSC_4258.jpg

 田んぼはまさに,黄金色のパッチワーク状態。もう少し先,そして稲刈りが始まっていない快晴の昼間に写真撮りたいな(笑)。

 三脚立てて,撮影準備。まずは,奥羽山地から顔を出した中秋の名月 (これが満月と重なるのは珍しいのかな?)を撮影。まだ,明るい。

DSC_4260.jpg

 ちょっと,後で画像処理して面白そうな写真にするべく,所定のインターバルで自動でシャッターを切ってくれるタイマーリモートスイッチを使ってみようと,まずは,使用説明書を熟読(アホか?)。で,試行錯誤の結果,撮った画像を比較明合成して出来たのが,..これ。

moon_rise.jpg

 もっと,繰り返せば良かった,..。できれば,山からフレームの外まで繋がるくらいに,.。これでインターバルは4分。もし,実際に山からフレーム近くまで並ぶように撮影すると25コマくらいにはなり,そうすると撮影時間は約100分ほど。バッテリーが持たないかも,..。

DSC_4279.jpg

 満月と一緒に入る夜景だが,撮影場所からは米沢市の外れの町しか入らないので,灯火が些か寂しい(苦笑)。

DSC_4282.jpg

 市街地の夜景は綺麗だ。

DSC_4298.jpg

 望遠レンズでも撮影してみた。

DSC_4301.jpg

 ススキの繁った場所から月を撮りたかったが,生憎そういう場所が近場に見当たらず。お陰で,こんなしょぼい写真に,.。(´д`;)

moon091913.jpg

 お約束のでかい月。満月はのっぺりしていて,今一つ興が乗らない。

2013年9月19日 (木曜日)

重さと運動と天気09/19/13

 起床は4時頃。今日はちょいと山の上まで出かけて,朝日の写真でも撮ってやろうかと思って少しだけ早起き。朝の体重は 68.0kg と少し増量。これを放っておくと,次第に茹でガエルの法則のように,元の体重に戻ってしまうんだろうか? 筋肉を戻しつつ,脂肪を削りたい。が,食生活がままならないんだよなぁ。トホホ,.。

 4時半頃(まだ,暗いのね)に機材を車に積んで,愛宕神社にゴー。地蔵園から入って,参道をゴリゴリと登って,10分ほどで笹野山の愛宕神社に到着。東の空が朝焼けに染まってきた。

DSC08111.JPG

 こんな感じで,気温10℃前後の中,ウロウロしつつ時折シャッターを切る。三脚が貧弱なので,あまり延ばしたくないんだけど,以前に比べて前方の草木の背丈が高くなっていて,..。手持ちでは,手ブレする暗さだし,..。ああ,フルサイズと,いい三脚と,明るい短焦点レンズが,..ほすい(苦笑)。

DSC_4188.jpg

 到着時の様子。ちょうど,夜と朝が入れ替わる辺り。

DSC_4208.jpg

 蔵王連峰もまだシルエット状態。

DSC_4236.jpg

 霧の海に浮かぶ小島状態が見たかったのだが,ちょいと残念。飯豊方面の散居住宅も各住宅の防雪林が霧の海に浮かぶのを期待していたけど,霧が厚過ぎて,ほとんど埋まっている感じだった。残念。こればかりは通い詰めるしかないんだろうな〜・・。

DSC_4226.jpg

 この辺りは稲刈りはまだだね。

DSC_4250.jpg

 陽が昇ってきた。適当に遊んだあとで6時過ぎには帰宅。ワン公の世話をして,朝飯食って,膨満感に苛まれつつ,RAW データの現像してたら,ローラー踏む時間がなくなった。50枚近くあったしね。今日は中秋の名月なので,月の出を撮りに行こうと友人が,...(笑)。

 夕方(ほぼ)定時に職場を離脱。友人を拾って,笹野山まで登る。詳細は,別便で,...(笑)。

 

2013年9月18日 (水曜日)

重さと運動と天気09/18/13

 起床は6時少し前。目覚まし鳴らずに寝坊。ったく,電池切れかな? 朝の胃痛は相変わらず。おくびのようなものもひっきりなし。幽門輪と十二指腸の偉大さを改めて認識するこの頃。外は大快晴。平日の無駄晴れ。今朝は愛宕神社まで登って,朝日でも眺めようかと思っていたんだけど,.。朝の体重は 67.5kg と少し増える。

nadera091813.jpg

 平日は雨降っていいんだよ。晴れポイントは週末に取っておけと言いたい。

DSC_4171.jpg

 久しぶりの米坂線。なんか,インパクトも何もないのでつまらないけど,..。

 次に兜山二題。前景を変えてみたが,どちらも,今一つつまらない感じ。快晴は気持ちはいいが,被写体自身になにか強烈な面白みがないと,アクセントがなくて写真にするとどうにもツマラナイ。こんな素人がおこがましいのだが,写真の面白さというのは,暴れ回るじゃじゃ馬の如き光と影に対して,その落ち着き所というか,落とし所を与えてやることだと思う訳で,..。なので,どこぞの優等生のような面白みのない快晴時の平面的な光と影は少々詰まらないと思えるらしい。

DSC_4165.jpg

DSC_4181.jpg

 次に斜平山二題。

DSC_4176.jpg

DSC_4185.jpg

 第一古志田踏切も,ススキに覆われてきた。

 朝飯後はずっと胃が痛み,どうにもならん。暫くジッとしていたが,改善されそうもないので,..。

----------------

 胃痛を紛らすためのローラー32分,14km。勾配負荷2%,ケイデンス 80 - 90rpm で。朝のローラーが気持ちのいい季節になってきたのはいいのだが,終わっても胃痛と腹部の膨満感は解消されず。

---------------

 職場に来て,提出書類を作っていると,集めるべき書類に不備発覚。メールで催促する。生命保険の入院・手術に対する請求手続を郵便局で。なにかの間違いで百万位振り込まれないかな?(んな訳ない!) あの苦痛を耐え忍んだご褒美に,新しいフルサイズのデジイチが欲しいと駄々こねているのだが,女房からは冷たい視線が,..(苦笑)。え?自転車?もう何に乗っても今の時点では変わりないし,人よりも速く走ろうという気力も現時点で湧かないので,今の手持ちで充分間に合っている。したがって,自転車への出費は消耗品以外はなし。そんなことを思う,秋晴れの空の下なり。

 遅めの昼飯を食ったものの,どうにも胃の具合の悪さは解消されない。職場に戻ってきたが,机の前に座っているのもしんどい。こりゃ,定時になったら早々にバックレるしかあるまい。

 ところで,ちょっと調べていたら,最近の胃の不調は,「機能性ディスペプシア」と云う奴かも知れんな。

2013年9月17日 (火曜日)

【書籍】鬼役

 何気なく手に取って読み始めたら,そこそこの嵌まり具合になったシリーズ。

oniyaku.jpg

 だけど,巻が進むにつれて,なにやら物語の構成が雑になってきている感じ。一,二巻辺りのちょっと凝った構成が影を潜めて,水戸黄門みたいな展開になってきたのが四巻辺り。シリーズはまだ続いている(現在,七巻?)が,読み進めたらいいものかどうか,..。一月に一冊ずつ刊行されているとか。粗製濫造故の品質低下なのか?

重さと運動と天気09/17/13

 起床は5時少し前。ネコの目覚まし起動。起床時の胃の痛みは相変わらず続いている。これは空腹のためなのか,あるいは他の理由によるものかは不明。外は台風一過のいい天気だ。朝の体重は 67.1kg とまあ横這い。今日は,退院後の初の外来。自転車で行くことも考えたけど,やはり,大人は車かな(苦笑)。

book.jpg

 先日,思わず購入した一冊。本日の待ち時間の友。

 ワン公の世話を終えて,ママチャリで線路向こうに出かけてみた。すっかり肌寒くなり,台風が夏の残骸を全て吹き払って,運び去ってしまったような感じ。あと,二ヶ月で雪が降るんだよな,ここは,..(苦笑)。

nadera091713.jpg

 台風一過の斜平山。清々しい晴天。1年中ずっとこんな天気なら幸せ一杯なのに。

DSC_4162.jpg

 祝瓶山か。今度の連休は山登でもしたいなぁ。

退院後の初外来:

 予定表には,10時15分と記載されていたので,9時半少し前に「車」で出かけた。台風一過のいい天気で,サイクリングしたら気持ち良さそうだったのだが。

DSC08105.JPG

 また,来たぜ!

 10時頃に病院に着いて,受付に行くと,なんと「採血」があるらしい。まあ,言われてみれば当然の話ではある。ただ,予約表には診察前の検査のことは何も書いていなかったので予約時間に間に合うように行ったのだが,..。採血があるとなると,採血結果が出るまでに1時間ほど掛かるので,実際の診察は11時を過ぎてしまう。う〜ん,これはしまったなぁ。おまけに,連休明けのせいなのか,病院は激混み状態。おじいちゃん,おばあちゃんが一杯である。採血の番号札を見れば,自分の番まであと30人以上。ようやく,なんだかんだ終わったのは10時半過ぎていた。

 で,診察室に入ったのは11時過ぎだった。痒みの原因がもしかしたらビリルビンかもと疑っていたが,血液検査の結果は問題ないらしい。血液検査項目はオールグリーンとか。時折,苦しめられるダンピング症状に関しては,ゆっくり食べるしかないと言われる。たしかになぁ。でも,あまり時間掛け過ぎると,食事しているのか何しているのか訳がわからなくなるんだよね(苦笑)。というわけで,次回は4週間後。今のところ,何の問題もないようだ。薬に関しては,脂肪分解のための消化酵素(膵臓が小さくなったので,その分分泌量が減っているため)などは出来るだけ使わない方針。多分,これは素人考えだが,保証効果みたいなもので,次第に元に近い量の酵素を分泌するようになるんじゃないのかな?生体って,その程度の適応性は持っているように思うんだけど。

 診断書貰ったり,薬を貰ったりして,病院を後にしたのは12時近かった。どこかで昼飯食うかと考えて,高畠の「志づ美」を経由して帰ることにする。いつもは,普通の中華そばを食するのだが,先日友人が,ここの「冷たいラーメン」は絶品だ!と言っていたのを思い出して,それを試してみた。

IMG_3213.jpg

 たしかに美味いが,やっぱり,口の中に広がる風味という点では温かい奴には及ばない(当たり前だ)。帰宅して,支度して職場に赴く。今日から,ローギヤ発進である。なんだか,机に座っているだけで変に疲れるんだけど。来月からの講義の準備も進めなければ,..。

2013年9月16日 (月曜日)

術後5日目辺りから13日目辺りまで(回想編)

 さて,ICU を出て個室に移され,そこでなんとか自力歩行するまでを前回は書いた。そして,主治医からは,明日(要するに5日目辺りから)から水分を解禁しようということになった。そして,5日目になって,ようやく尿道カテーテルの抜去。男性看護師に抜いてもらったが,あの痛みともつかない独特の感覚は忘れられない。その後,自力で小便をしたが,カテーテルの影響か,軽い血尿状態。そして,その後,しばらく尿が出ずに苦労した。いつまでも出ないと,また尿道にカテーテルを入れると看護師に脅かされたので,必死におしっこのトレーニング。やはり,何日もカテーテルを設置された患者は,自力での放尿が一時的に困難になることもあるとか。幸い,午前中に抜去して,夕方には自力での放尿が出来た。やれやれ,..。で,水分も解禁になったので,早速水を買ってきて呑んだのだが,点滴で充分な水分量が確保されているらしく,甘露という訳でもなく,些か拍子抜けだった。

 順調に回復しているというので,その翌日(術後6日目?)に大部屋に移送される。で,さらにその翌日から食事解禁ということで,なにやら腸を刺激するための,粉末ジュースらしきものを昼と夜に飲まされた。が,この辺りから,どうにもお腹の具合が悪くなってきた,..。

 なにか,胃の辺りに重く留まったものがあるような感覚。それが始終感じられる。そして,6日目の夜辺りから徹底的に具合が悪くなってきた。

 この辺りからの経過は,入院生活:22日目(術後13日目)をご参照下さい。洒落にならないストレスの数日間を過ごした。食事が出るとの話も当然消えて,長目の点滴生活になるので,末梢静脈では持たないとのことで,鎖骨下静脈への中心動脈への高カロリー輸液の供給が始まる。

IMG_3146.JPG

 処置室で,鎖骨辺りを消毒され,キシロカインの麻酔注射をされて,その上で太い針がズブズブと7〜8センチほども差し込まれ,そこからカテーテルを鎖骨下静脈内に設置。きちんと,心臓に向う静脈にカテーテルが設置されたことをレントゲンで確認して後,運用開始。以前,山形大学病院で,このカテーテルの設置ミスで死亡事故を起こしてから,やたらに厳しくなったらしい。

IMG_3147.jpg

 高カロリー輸液の成分表を見ると,その物凄い成分量にドン引きする。この点滴だけで1年くらいは生きて行けるらしい。脱水気味で腎機能が若干低下しているとのことで,生食なども追加。この状態で,手術前日からの絶飲食(飲む方は1日だけ解禁になったので厳密ではないけど)は16日になるまで,点滴生活は続く。

 8日目だかに,胆管ー空腸の吻合部に設置されたドレインが抜去された。ただ,この部分からは,まだ滲出液が一日 400cc ほども出ており,この状態で抜いても大丈夫だろうかと不安になったのだが,..。案の定,滲出液が腹腔内に溜まり,ドレインの抜きだし部分辺りから皮下に漏れたようで,右のお腹部分がブヨブヨに膨らみ始めたのは,抜去後2日くらいから。歩いていたら,なにか重いなと感じて,確認したら,とんでもない状態になっていた。やがて,金○袋辺りまでブヨブヨが下がって来る始末。医師に言えば,「多分,吸収されるから大丈夫」ということで経過観察。完全に吸収されるまで,退院頃まで掛かることになるが。

 これ以降は,ほぼ日記に書いたような経過を辿った。医師に言わせれば,大分順調ということだったが,自分的には,細々したトラブルはあったなぁという感じ。

重さと運動と天気09/16/13

 起床は5時過ぎ。身体の痒みは相変わらず。参ったな。外は雨降り。朝の体重は 67.0kg と横這い。朝のニュースは台風のことばかり。京都の嵐山の渡月橋が流されそうな勢いに驚く。ちょっとの間,雨が上がったようなので,少しだけぶらついてみた。

DSC_4126.jpg

DSC_4124.jpg

DSC_4130.jpg

 まさに,炎立つ!という状態。上からの2枚は,どちらがいいか選べず(苦笑)。兜山と炎の様子から2枚目かなぁ(笑)。

DSC_4121.jpg

 koji さんからコメント頂いたので,もう一枚アップしてみる(笑)。2枚目とほぼ同時刻で画角を変えたもの。これだと広角過ぎるようにも思うのだが,..。

 朝飯を食い終えた辺りから,風が次第に吹き始めた。昼頃になると段々と風が強くなってきた。午後2時頃に暴風雨。ちょっと最近では経験したことのないほどの風。家の窓や壁に当たる雨音が煩く,さらに風で家が揺れる。幸い,暴風の時間は2時間ほどで終わったけど,..。

----------------

 夕食前にローラー1時間,27km。勾配負荷2%,ケイデンス 85 - 90rpmで。

----------------

 夜には晴れた。月が綺麗に見えていた。

moon091613.jpg

 Nikon D3200, 300mm, f = 10, 1/200 s, WBオート,ISO 100, RAW, 4枚コンポジット

 さて,明日は退院以来初めての外来。自転車で行こうかどうしようかで迷っている(笑)。

2013年9月15日 (日曜日)

重さと運動と天気09/15/13

 起床は5時。朝の体重は 66.7kg と昨日のロードワーク効果か?でも,体脂肪率は変わっていないので,水分だけの影響かも。今日と明日は天気が悪いらしい。宮城の 1000km ブルベでは,知り合いの何人かが DNF したとか。メカトラだったり,今後の天候悪化を懸念してだったり,..。

DSC_4118.jpg

 天候悪化の前触れなのか,朝焼けが,..。

 さて,本日も長男業務で実家へ。9時半頃に雨の米沢をスタート。次第に強くなる雨足。白石に入る頃には,土砂降りになってきた。白石工業高校を過ぎたところで,前方に警察車両。停車したら,警察官が,...「事故で通れないので迂回して下さい」だと?見れば,前方に道路を塞ぐように停車している車が,..。迷惑な話だなぁと,行き先を4号経由の大河原に。仙台から実家を目指している長男のピックアップを先にすることに。実家に着いた頃には,車から降りるのさえ躊躇するような降り方。

 妹夫婦も来ていて,まあ,敬老の日のお祝い的に昼飯食って2時頃に実家を辞去。それにしても,我が家も妹夫婦も,実家の野菜などの食材をあらかた頂く。まあ,老夫婦だけでは食いきれないほどの近所からの野菜のもらい物があるので,それを頂いているのだが。さらに,我が家の長男など,教科書代が高いなどと愚痴をこぼして,年老いたジーさんの財布の中身まで「強奪」していた。孫への小遣いが,オレの手術入院のお見舞いと同額ってのが,何か釈然とせんわ!(苦笑)

 今日は福島の女房の実家にも立ち寄るので早めに実家を出立。出る頃には雨は小降りになって,福島の女房の実家に着く頃には雨は上がって,雲の切れ間から青空が覗くまでに天候回復。おやじさん,おふくろさんに快気祝いをお渡しして業務終了。ここでも,なにやら次女は小遣いをせしめて,女房は果物やら食材やらをせしめていた。まるで,両方の老夫婦から金銭,食材をかすめ取る悪人になったような気分だ(苦笑)。

 4時半頃に福島の実家を辞去。米沢まで戻ると,マウンテンバイクを積んだ車,何台かと擦れ違う。ダリアカップなるものがあったようだ。もう,あの手の,同じところをグルグル廻るだけのマウンテンバイクのレースとかには全く興味が無くなってしまった。地元の常設コースもイベントでもない限り,自分から走ろうという気になれない。初めてのコースでも2周もすればお腹一杯になる。どんなに面白い小説でも,何度も読み返す気になれないのと一緒とご理解頂きたい。個人的には,マウンテンバイク遊びは,アドベンチャー的なオフロードのロングツーリングに限る。

 5時過ぎに帰宅。夜はローラーも踏まずにダラダラと過ごす。身体中が痒くて仕方がない。

 まさか,本当にビリルビンのせいなのか?黄疸などの症状は見られないけど,黄疸が出ない程度の胆汁うっ滞? 空腸と胆管の吻合部に問題でもあるのか? ちょいと心配ではある。たしかに,便の色は少々薄いようにも思うし,..。う〜む,..。17日は,退院後初の外来なので,医師にちょいと相談してみる。

2013年9月14日 (土曜日)

重さと運動と天気09/14/13

 起床は5時過ぎ。今日辺りまでは比較的天気がいいらしい。朝の胃痛は変わらず。さらに,今ごろになって,手術痕がチクチクと痛く,さらに痒くて仕方がない。痒いといえば,なにやら身体中が痒く,まさか,黄疸でも出てるんじゃないだろうなと思ったり,..。朝の体重は 67.1kg と少し減る。宮城ブルベのトップグループは,明け方には岩手に入っていたらしい。明日,明後日はあまり天気が良くないらしい。天気予報がいい方向に外れることを祈る。

DSC_4100.jpg

 久々に登場の老犬(苦笑)。ヨタヨタと歩いております。あと少しで満13歳。14歳までは無理だろうなぁ。でも,まあ,そこそこ楽しい「犬生」だったと思うけど。

nadera091413.jpg

 朝のガスが晴れた頃に出かけて撮影。

DSC_4103.jpg

 麓の田んぼの色が秋色に,...。

術後一ヶ月記念(?):

 手術してからちょうど一月経った。そんな訳で,そろそろいいんじゃないかと8月10日以来のロードに跨がった。ちょっと暑いので止めた方がいいかなと思ったけど,外に出てみれば,それほどでもなさそうなので,昼頃に出撃。前から,退院したらデジイチ抱えて自転車で訪れたいと思っていた,飯豊の宇津沢に向った。入院中に読んだ,この本にあった民家を観てみたい。

IMG_3125.jpg

 この中で,もっとも美しい庭ということで,飯豊の宇津沢の茅葺きの曲屋が紹介されている。

utsuzawa.jpg

 家の前には,花が植えられ,さらに自給自足のための畑がある。敷地内には山からの沢水も引いてあるらしい。たしかに,なにかホッとする佇まいだ。ただ,この本が刊行されてから既に13年ほど経過しており,本が刊行された時点で,この曲屋の主は,70歳を越えていたらしいので,この家屋が今でもあるのかどうかはわからない。それも含めて,自分の目で確認したかった。しかも,車ではダメで,これはなにがなんでも自転車で行かなければならない。理由は,自分でも判然としないのだが。

 ザックにデジイチ入れて,ちょっとした補給食を持ち,12時過ぎにスタートした。田沢から東沢,新蔵峠(でいいんだっけ?)を経て御伊勢町に。この小さな峠で,如何に現在,自分が登れないかを確認した。7キロ軽くなった恩恵が全くない。笑ってしまうほどに登れないし,辛い。舗装が新しくなって走り易くなった菅沼峠でも,12% くらいの勾配だと 8km/h まで落ちる始末。ギヤはずっとインナーロー。でも,まあ,足付きはなかったけど。峠の白川ダム側は工事が真っ盛りで,片側交互通行,鉄板が敷いてあって,走り辛いこと甚だしい。あと一月くらいかかるのかな?

DSC_4108.jpg

 また,ここに帰ってくることが出来たことに感無量なり(笑)。

 雲が多く,生憎飯豊山は全く見えず。源流の森への分岐を過ぎて少し進むと,右手に宇津沢集落への入り口がある。山間の沢の周囲に集落がある。なんだか,木質バイオマス燃料の製造所まで稼働しているようだ。正直,こんな補助金のバラマキ施設は意味がないのだが,..。さらに進むと,目指す曲屋が現れた。

DSC_4112.jpg

 この家だ!でも,掲載されていた写真は,少し高台から撮ったように思われるが,そういう写真が撮れるような高台はない。13年の間に地形が変わったのか?

DSC_4110.jpg

 玄関前の畑なども今はなくなっており,既に空家になっているようだ。家の裏にはプロパンガスのボンベがあるところを見ると,時には帰ってきているのだろうか?

DSC_4114.jpg

DSC_4113.jpg

 些か寂しい気持ちになって,曲屋を後にして,さらに奥に進む。が,昔は味わいのある茅葺き屋根だったと思われる家屋も,今ではトタン葺きになって,壁なども新建材のようなもので補修されていた。住んでいる方々の不便はわかるが,景観とのミスマッチ感が激しく,些か興醒めである。

DSC_4116.jpg

 道端には,こんなものもあった。少量の水でクルクルと軽く廻る。発電用?

DSC_4117.jpg

 水車の脇には「草木塔」もあった。

 この道は行き止まりでどこにも抜けられない。どん詰まりまで行ったので,帰ることにする。帰りは来た道を引き返して帰宅。66km ほどだが,3時間以上掛かっている。前傾姿勢が辛くなるわ,尻が痛くなるわ,登りは笑ってしまうほどに登れないわ,..。そんな,久しぶりのロードワークだった。でも,まあ,弱り具合は想定内であり,2ヶ月もあれば元に戻るのではないかと思われる。焦らず,地道にやろう。

2013年9月13日 (金曜日)

重さと運動と天気09/13/13

 起床は5時過ぎ。予報では朝は降らないはずだったが,外を伺うと既に路面は濡れている。なにしろ,今日は,関東方面から多数のシャーマンが寒河江に集結するのである。雨が降らない訳はない(笑)。

 事情を知らない方々に説明すれば,今日は宮城の 1000km ブルベが寒河江ふるさと公園発着で開催されるのである。スタートは13日の金曜日の午後9時。東北を一周するブルベで,1000km ブルベなのにエントリー開始10分ほどで満員御礼というプラチナチケットを獲得したランドヌールが寒河江に集結する。いつのころからかわからないが,ブルベとなると全天にわかにかき曇り,雨になる確率が高いという都市伝説がまことしやかにささやかれ,ランドヌールの多くは雨降りを司るシャーマンなのではないかとの噂が独り歩きを始めた。いや,あながち,噂だとか都市伝説だとかで片付けられないほどの高確率で雨が降っているのも事実で,水不足の地域でブルベを開催せよという話まで出るほどだった。今回の宮城 1000km にしても,今日から,三連休は全て雨予報。連休明けからは晴天が続くらしい。全く,どうなっているのか,..。連休中はあちこち行きたかったのだが,迷惑な話である(笑)。まあ,迷惑は冗談だが,折角の東北一周ブルベ,雨が降っても大したことがないことを祈ります。って,ニュースでは台風発生も,...じぇじぇじぇ!@o@///

 朝の体重は 67.5kg で横這い。しかし,7キロ近く落ちた体重の内訳を入院前後の体脂肪率と体重から割り出してみると,脂肪半分,筋肉半分くらい。やれやれ,...。

DSC08083.JPG

 秋色になってきたなぁ。

---------------

 夕方にローラー40分,18km。勾配負荷2%,ケイデンス 85rpm 前後で。

--------------

お・み・お・く・り!お見送り!db(_ _:

 ローラー踏んで,シャワー浴びて,晩飯をちょっとだけ食って,寒河江に向ってゴー。宮城 1000km に参加する知り合いのおみおくりに行った。スタート地点の駐車場に着くと,そこらここらに重装備のロードが立て掛けてある。ランドヌール宮城の鈴木代表にご挨拶。その辺りをウロウロしてると,@eijitom さんに出逢った。お土産なんて頂きました。ありがとうございます!あとは,暗くてよくわからんので,受付場所で待ち受ける。とど兄さん,ガクさん,ちこりんさん,Vさん,HEIZO さん,K関くん(なんと,1000km をママチャリチャレンジ!),S@石巻さん,土田さん,A野さん(奥様の方),O和田さん,その他名前を存じ上げている方々多数。台湾,香港からの参加者も少なからずいる。参加者は全部で 80 名とか。ランドヌール宮城のブルベ史上,最高の参加者数のブルベが 1000km という訳わからん状態。知り合いの方々には,差し入れに羊羹を手渡した(笑)。

DSC08086.jpg

 受付風景1

DSC08085.jpg

 受付風景2

DSC08091.JPG

 まさにコックピットと呼ぶのがふさわしい,S@石巻さんのマシンのハンドル周り。

DSC08090.jpg

 車検を受けてから,三々五々のスタート。

 全ての参加者がスタートした後,帰路に就いた。途中で,置賜総合病院のシルエットを眺めつつ,ああ,10日前には,今の時間,あそこの病室で寝ていたなぁと(苦笑)。

 帰宅したら,知り合いからの,弘前の「嶽きみ」のお裾分け。早速,茹でて頂いた。パリパリの触感と噛むと広がる甘さは流石の名物。実に美味しゅうございました。ご馳走さまでした。

IMG_3208.jpg

 美味しくて,夢中で一本完食したけど,これ,きっと消化が悪いよな。今夜から明日に掛けてどうなるか,....。#幸い,異常所見はなかった(笑)。

2013年9月12日 (木曜日)

重さと運動と天気09/12/13

 起床は5時過ぎ。朝の胃痛はいつものことだ。時が解決してくれるだろうとは楽観しつつも,やはり多少憂鬱ではある。朝の体重は 67.6kg とほぼ変わらず。このままで体脂肪率が落ちてくれれば理想的だが,...そうはならんだろうなぁ(苦笑)。

 朝のワン公の世話を済ませてから,今日も朝のママチャリポタリング(今日はポタリングという感じではなかったけど)に出かけた。

朝のママチャリポタリング:

 どこに行こうかとちょっと考えて,無目的に農道を南に向う。南に向う理由はダラダラと登っているので,そこそこの負荷が掛けられるから。

nadera091213.jpg

 今朝は雲が多い。午後からは雨予報?

DSC_4064.jpg

DSC_4065.jpg

 笹野観音付近の蕎麦畑。最近は,米作りを止めてしまって,どこもかしこも蕎麦畑だらけ。ちょっと複雑な気分。このまま船坂手前の県道2号に合流。ちょっと考えて,直江堤とかを眺めて,グルッと廻って帰ろうかと関根の方向に向う。途中で,大平温泉の滝見屋のところで,「あ,ここからならトトロの森が近いな」と思い出す。早速,方向転換でさらに南に向う。

 ここからは何気に登り勾配がきつく(というほどでもないけど,下りはママチャリ漕がずに済む程度の勾配),心拍上昇,発汗と来て,なにやら,気分が高揚し,無心にペダルを踏み込む作業に没頭。汗まみれになった頃に,トトロの森に到着。

DSC_4076.jpg

 これがトトロの森の正体というか,...この社の防風防雪林がトトロのシルエットに見える。

 いつ頃からか話題になり,トトロの森の展望台なるものまで出来た。

DSC_4069.jpg

DSC_4070.jpg

DSC_4071.jpg

 そして,展望台から,先ほどの社の杜を眺めると,...

DSC_4073.jpg

 トットロ,トットロ〜〜〜・・・♪

 この辺りに集落が出来始めたのがいつ頃かわからないけど(多分,鷹山の頃かな?),かなり歴史を感じさせる集落が目立つ。

DSC_4077.jpg

 歴史的な興味があるが,どこで何を調べたらいいものか,..。郷土史の文献とかどこにあるのかね?

 もう一箇所見学したいところがあったけど,帰る頃に雨が落ちてきて,次第に雨足が強くなる気配があったので,下りをチンタラ帰るつもりが,ケイデンス 100 オーバーくらいでママチャリを漕ぐ羽目になってしまい,...。往きも帰りも,かなりの負荷で漕ぎ続けた次第。片道 11km で往復 22km くらい。片道で 200m ほども登ったらしい。どうりで汗まみれになる訳だ。

ダンピング症状に苦しむ:

 1時間ほど,そこそこの強度での運動をしたせいかどうかわからんけど,帰宅後朝飯食ったら,2日振りくらいで,洒落にならんダンピング症状に苦しめられた。腹痛,気持ちの悪さ,冷や汗と,苦痛に呻く1時間を過ごす羽目に,..。う〜,これでほぼ午前中が潰れた。なんてこったい。ここ2日ほど,食後にダンピング症状がほとんどなかった(酷い膨満感は毎度のことだが)ので油断した,,..。お陰で,昼飯も恐る恐る3回に分けて食う羽目になり,なんだか,怠くて午後からは寝たきりおっさんに,..。晩飯は,子供よりも少ない量を食ったが,腹部の膨満感が酷く,身動きならず,..。

苦し紛れに月を撮る:

moon091213.jpg

 気晴らしに外に出てみたら月が出ていた。なので,久しぶりに撮影してみた。Nikon D3200, 300mm, f=7.1, 1/80 s, ISO 100, 4枚コンポジット

2013年9月11日 (水曜日)

重さと運動と天気09/11/13

 起床は5時半。ワン公に起こされることなく起床。外を伺えば少々霧が出ている様子。朝の体重は 67.9kg と少し増えだしたか?

朝のママチャリポタリング:

 朝の,ワン公の世話を終えてから6時過ぎにママチャリポタリングに出かけてみる。

nadera091113.jpg

 ガスの掛かった,今朝の斜平山。

 ママチャリで農道を走り,今日は街中を流してみようと北上開始。

DSC_4043.jpg

 古い呑屋街の「ふみきり横丁」。呑みに来たのは3〜4回くらいかな?

DSC_4044.jpg

 このチープな雰囲気が好ましい(笑)。

DSC_4047.jpg

 西米沢駅に着くと,ちょうど列車が入ってきたところだった。列車は霧のために遅れが出ている様子。

DSC_4048.jpg

 乗り込んだ乗客は,おじさん一人。

DSC_4049.jpg

 米坂線は霧のために遅れてますよというアナウンスを残しつつ発車。

DSC_4051.jpg

 西米沢駅を後にして,街中の裏道を走る。実は,国道だったりするのだが,..。三友堂病院を過ぎた辺りから進路を南に取る。

DSC_4057.jpg

 ハスの花はどうかな?と上杉神社の周囲を一周りしてみたが,既に盛りは過ぎており,撮る気にならず。さらに,上杉神社も,散歩のご老体やジョギングの方々が多数で写真撮る気にならん。次に旧上杉伯爵邸にも立ち寄ってみた。誰もいないのが気に入った。ということで,小1時間の朝のママチャリポタリングだった。最後の方は,路面からの振動で内臓に痛みが来た。まだまだ無理できないなぁ。

 今日は雑務を片付けるために職場に出向いて数時間小仕事。2時頃に帰宅。

----------------

 晩飯前に血糖値コントロールのためのローラー1時間,26km。勾配負荷2%,ケイデンス 80 - 90rpm で。ちょっとだけケイデンスが上がってきた。

----------------

術後4日目辺りまで

 あまり間を置くと,記憶も薄れるので,今回の手術のことについて書いておく。前回は手術とその後に ICU に運ばれたまでだった。ここでは,ICU での一夜とその後の病棟個室でのことなどを書いてみよう。

 ICU では看護師が付き切りで世話してもらえる。1時間置きに検温,血圧などの測定。身体中にセンサーが取り付けられている感じ。左手には点滴ラインと,さらに手首の動脈には先端にセンサーの付いた太い針が設置されているらしい。右手の甲にも,やたらに太い点滴針が設置されている。お腹からは,3本のドレインチューブが出ていて,一本は空腸に吻合された残った膵臓の膵管内に(これは 2mm 程度の細い奴),もう2本は共に直径 8mm 程のもので,胆管と空腸の吻合部付近と胃と空腸吻合部付近に設置されている。どのチューブもお腹から出たところで,抜け防止に皮膚に何針か縫い付けられている。さらに,トイレに行けないので,尿道にもカテーテルが入った状態。余分な胃液を体外に出すために,鼻からチューブが胃まで入っている。そして酸素供給のチューブも鼻先にセット。背中には,硬膜外に極細のチューブが入っており,1時間当たり 4cc という微量の痛み止めが供給されている。指先には血中酸素濃度と心拍を計測するセンサーが設置してある。さらに,脹脛には,一定時間置きに加圧と脱圧を繰り返す血圧計の親玉みたいなものが巻き付けてある。血栓予防だ。

DSC07964.JPG

 とにかく,2時間置きに寝返りのようなものを強制的に打たせられた(チューブがあるので横向にはなれないけど)。これも血栓予防らしい。そして,頻繁に検温,血圧測定。硬膜外からの痛み止めのために,傷の痛みとかは全く感じない。ウツラウツラと浅い眠りと覚醒を繰り返して朝になる。朝になると,なぜか,強制的に歯磨きをさせられる。寝たままでするのはなかなか難しいのだが。

 午前中に主治医が来て,あとは大丈夫だろうということで,午後から一般病棟の個室に移ることになる。そのまま,覚醒したり,寝たりを繰り返して午後2時頃に個室に移動した。

DSC07967.JPG

 夕方の回診で酸素と鼻からの胃管が外れた。

DSC07973.JPG

 で,こんな状態に。既に iPhone などを眺めている(苦笑)。こんな感じで点滴パックのお代わりをされつつ二日ほど過ごして,術後2日目。実は,この辺りで背中に入っていた硬膜外の痛み止めの薬液が切れた。液が無くなった途端(20分後くらい?)に,猛烈な痛みが来た。傷の痛みなのか内臓の痛みなのか,訳のわからない痛みで汗まみれになる。点滴ラインで痛み止めを入れてもらったが,全く効かず,結局仕方なく空になった硬膜外の痛み止めのボトルに痛み止めを追加してもらう。しかし,手術後に使用していた痛み止めは麻酔科医が処方してくれた麻薬成分も入った強力な奴。これはもう使えないので,次善のものを入れたらしいが,効きは今一つでずっと軽く痛み続ける。

 術後3日目。さて,歩いてみましょうと看護師様が,..。今どきの外科は早期離床が常識で,とにかく術後出来るだけ早いうちに立って歩くことが推奨される。血栓予防,余計な癒着予防,その他らしい。手術からは4日。初めて身体を起こしてベッドの端に腰を下ろす。心拍が一気に上がって,頭がフラフラする。しばらく,そのままでいて,ちょっと立ち上がってみる。ふらつかずに立てた。なんとかなりそうだ。

IMG_3127.jpg

 で,歩きましたよ。初回から西病棟を3周回も。痛いんだか,なんなんだか,よくわからない状況。でも,オイラは生きているって感じではあった。そして,術後4日目辺りも同様の生活。うまくいけば,明日辺りから水解禁になりそうだということだったが,..。

 この辺りは暑さも盛りで,病棟は午前0時辺りに冷房が切れて,明け方に向けて室温は上がり続ける。寝返りを打てない状況で寝ていると背中に汗をかいて,それが不快で仕方がない。さらに,これが数日続くと汗疹が出来て痒くて仕方なくなる。病気のこと以外はストレスにしたくないなぁと思う(苦笑)。

 この辺りまでは順調だった,..。つづく

2013年9月10日 (火曜日)

重さと運動と天気09/10/13

 起床は7時少し前。4時半頃にワン公に起こされて,排泄させてから,どうしようか暫く考えて二度寝。なにか,怠さのようなものが残っていて,いつものように起きだして活動する気になれなかった。今朝は雲が多い。朝の体重は 67.5kg と横這い。起き抜けの胃の痛みは相変わらず。それと,入院以来,夜中に一度トイレに起きるようになってしまった。遅くに起きたので,朝の散歩もなくなってしまった。

 午前中は,食事後にウダウダと消化を待つ。午前中にメールのやり取りをして,今日から,某学会の某編集委員会の仕事に復帰。

 昼になったので昼飯を食ったら,またしても怠さを感じて,ちょっと横になったら寝落ち。覚醒したら3時。街まで用足しがあったことを思いだして出かける。YAMADA 電機で蛍光灯を買い(LED タイプを買おうとしたら,長い奴は売っていなかった),次いで MUSASHI で自転車の空気入れ(主にママチャリ用)を購入。今まで使っていたものがしょぼ過ぎて,空気圧が上がると,先端のアダプタがすっこ抜けてしまい使い物にならなくなったので買い替えた次第。今度のはバルブにねじ込むタイプなので至極快適。MUSASHI で長い蛍光管タイプの LED ライトを見つけたが,本体がグロー管タイプの場合にはどうだとか,インバータタイプだと使えないとか,いろいろ書いてあって,どうだったかわからなかったので,今回はスルー。その後,HARATOKU で本を物色してから帰宅。

 晩飯食ったら,また怠くなって寝落ち。なんだか,今日はダラダラと寝てばかりいたような感じ。昨日の疲れなのか?どうも,1日身体を動かすと,翌日は何もしたくないという状況になる。まだまだ本調子にはほど遠い状態。考えてみれば,術後まだ一月経過していない(苦笑)。

2013年9月 9日 (月曜日)

術後初めての実走

 昼飯をパンにしてみた。そうしたら,ダンピング症候群が軽微だった。いわゆる,糖質までの分解過程がゆっくりな食べ物(なんていうんだっけ?)が良好らしい。そうすると,仕事始めたら,昼はパスタとかパンとかにすれば,食後のダンピングによるダメージは抑えられそうだ。

 そんな訳で,ちょっと余裕が出来たので,自転車に乗ってみた。ロードは着替えも面倒だし,前傾がきついかもしれないので,アップポジションの通勤用のフラペ MTB で,Tシャツ&短パン&スニーカーでごく軽いコースを走ってみることにした。コースは小野川温泉から船坂方面の 23km ほど。

 ちょっとした登りでの失速が激しいが,天気も良く,湿度も低く,実に気持ちがいい。

DSC08073.JPG

 小野川を過ぎて,このまま船坂を経由して帰るのがもったいなくなった。そこで,林道西向沼線に入り込む(笑)。果たして,今の状態で登れるものか?フロントをミドルギヤにリアは2〜3枚ほど残しつつ,気持ちよく登れた。もちろん,スピードはナメクジ程度だけど(苦笑)。

DSC08074.JPG

 降りてきて,あとはいつものように農道を走る。

DSC08078.JPG

 蕎麦の花が真っ盛りだ。1時間20分ほどで,23km ほどを走る。実に爽快だ。

 もう暫く,MTB のアップポジションで走ろう。それとも,ロードでも行けるかな?

重さと運動と天気09/09/13

 起床は5時。ワン公がそわそわしてるようなので,まず,外に連れだす。ここ2日ほど,お腹の調子が悪そうなので,頻繁に連れ出す必要がある。ちょうど自宅療養中で助かった。朝の体重は 67.7kg とまあ横這いだな。今日はいい天気らしい。いわゆる,平日の無駄晴れという感じ(笑)。朝方の,胃の痛みは相変わらずで,冷やすと痛みが強いようなので,昨日から腹巻きなどを着用している。少しだけ効果があるように思う。

自転車遊び再考:

 この週末は,ここ数年毎年出ていた,宇都宮名物の連チャン山岳ブルベが開催された。渋峠の頂上ゴールなど,通常のブルベではあり得ないコース設定に不安と期待を胸に参加していた頃が懐かしい。知り合いの参加者たちのブログにも,完走を報せる速報記事がアップされ始めている。が,意外にも,それほど羨ましくもない。なんか,山岳ブルベ(いや,ブルベという遊びさえも)ももういいかなぁ〜という気分になりつつあある。これは手術やら入院やらが一つのきっかけになっている感じだけど,根本的には,自分自身の性格や,加齢による考え方の変化などで醸成された培地に,今回の手術・入院の経験が触媒的に作用した結果かと思われる。元来,仕事におけるテーマにしても,夢中になって追いかけられるのは5年ほどで,それ以上はなにか醒めてしまうというか,詰まらなくなってトーンダウンしてしまうのが常で,これは遊びに対しても同様らしい。サイクリングそのものは習い性というか,既に生活の一部なので続けるだろうと思うけど,どういったサイクリングを続けたいのかは,自分自身にもよくわからない。もう少し,自分の中のもやもやとしたものをハッキリした形にしたいと思う。巧く言えないけど,たった一人で空と大地の境界線に身を置いて,風に吹かれていたいとでも云うか,..。

朝はちょっとだけ散歩:

nadera090913.jpg

 斜平山の色合いも夏から秋に移行しつつあるかな。

DSC_4033.jpg

 田んぼは,すっかり秋だ。

DSC_4036.jpg

 通りかかった米坂線。お土産に撮影(笑)。

お腹の調子:

 退院前の栄養指導で貰ったパンフレット。

IMG_3203.jpg

 今の,食事後の具合の悪さは,ここにある「前期ダンピング症候群」らしい。とにかく,食事後は1〜2時間は身の置き所がない。時間の問題だとわかっていても,食事の度に憂鬱になる。いくらゆっくり食べるとか言っても,流石に僅かの量に1時間も掛ける訳にもいかず,..。

太宰治と「津軽」:

 朝,食事後に具合悪さをこらえつつ,テレビの番組欄を眺めていると,BS プレミアムで9時から,「太宰治と津軽」というような番組があった。斜陽館を擬人化して語らせるとともに,芦屋公園で催された「津軽」の舞台をベースにして,津軽の旅における様々なエピソードなども絡めたもの。なかなか興味深く視聴した。

IMG_0472.jpg

 昨年の GW での,みちのくソロツーリング。自宅をスタートして秋田で一泊,二泊目を鄙びた港町,小泊に宿を取って,三日目の朝に立ち寄った,小泊の『小説「津軽」の像記念館』。

DSC02742.JPG

 小泊にいる「たけ」を訊ねてきた太宰が,二人で運動会を観ている様子の銅像。原文を引いてみると,

「・・たけはそれきり何も言わず,きちんと正座してそのモンペの丸い膝にちゃんと両手を置き,子供たちの走るのを熱心に見ている。けれども,私には何の不満もない。まるで,もう,安心してしまっている。足を投げ出して,ぼんやり運動会を見て,胸中に一つも思う事が無かった。もう,何がどうなってもいいんだ,というような全く無憂無風の情態である。・・」

DSC02797.JPG

 太宰一行が宿泊した,竜飛崎の下の宿。

IMG_0499.jpg

 そして,金木の斜陽館。また,行きたいなぁ。

2013年9月 8日 (日曜日)

重さと運動と天気09/08/13

 起床は5時。久しぶりに目覚まし時計で目を覚ます。起き抜けの胃の痛みは相変わらずだ。まあ,まだ切ってから一月も経っていないので,何がしかの不具合はあるだろうとは思うんだが,それにしても,..。外は土砂降り。今日は,スカイバレーのヒルクライムがあるんだが,土砂降りの中のレースになりそうだ。ゴール地点で待っている間とか寒いだろうな(苦笑)。朝の体重は 67.5kg と変わらず。NHK を眺めていたら,2020 年のオリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まったようだ。嬉しいような,困ったような,複雑な気分だけど。

 今日はいろいろあって実家へ。最近,床に伏していることが多くなってきたという親父を見舞う。往きは運転したのだが,小さな振動が段々と蓄積して行って,白石辺りからお腹が痛くなる。やっぱり,長い距離の移動はまだ無理があるかも。

 実家で飯を食ったあとは,またしても,腹痛でジタバタする。まいったなぁ,いつまでこの状態が続くものか。

 腹痛でウンウン云いつつ,FaceBook を眺めていると,マコリンの投稿が,..。なに?林泉寺付近で火事だと!?@o@///

 急いでマコリンに電話を入れて,場所を確認。それによれば,自宅からは離れているようで,ちょっとホッとした。火事の当事者には気の毒ではあるが。夕方になって,女房が確認したところ,うちの長男の中学の同級生の家だったとか(驚)。

 午後3時頃に実家を辞去。帰りは七ケ宿辺りで女房に運転を代わってもらった。米沢に近くなってようやく雨が上がる。三友堂のリハビリセンターに入院中の知り合いを見舞ってから,火事現場を横目に帰宅。現場検証中なのか,パトカーやら消防車がまだ何台か駐車していた。6時少し前に帰宅。

DSC08068.JPG

 晩飯は試しに炭水化物を極力少なめにして,肉やら野菜やらを多く摂ってみる。先だっての栄養指導の時に貰ったパンフによれば,ここのところ食後に感じている不具合は,やはり,十二指腸がないために小腸にダイレクトに食物が落ちるための,一種のダンピング現象と思われる。でも,これが顕著に出るようになったということは,小腸自体の働きは本来の状態に戻ってきているということになる。次は,胃との吻合分付近が十二指腸の機能を果たすようになるのをじっと待てばいいということか。これには,やはり,月単位での時間が掛かるのかなぁ? 晩飯後は,食事の摂り方がよかったのか,酷い状態にはならずに済んだ。

 あと一週間ほど休んで,もう少し食後の状態を改善したい。これでは,職場に出ても,食後1〜2時間は使い物にならない。なんとか,24日辺りからは通常運転状態に入りたいものだ。

2013年9月 7日 (土曜日)

重さと運動と天気09/07/13

 起床は5時。昨夜はまずまず眠れた。が,相変わらずの胃痛と内臓痛がある。朝の体重は 67.5kg と横這い。空には晴れ間が見えるものの,雲が多く,午後からは雨の予報。起きて NHK を眺めると,小さな旅で「六甲山」の登山を取り上げていた。近場にこういう山があるのも楽しいね。

朝はママチャリポタリングで:

 ワン公の世話も全部済み,さらに,懸案だった,シロカエルの用水路リリースも無事に済んだので,今朝は散歩ではなくて近場をグルッとママチャリでポタリングしてみることにした。もちろん,デジイチを襷掛けにして(笑)。まずは,田んぼのシラサギの飛び立つところを狙ってみる。3回くらい失敗して,ようやく少しまともな奴が撮れた。

DSC_4018.jpg

 もう少し,シャッタースピードを速めれば良かったね。

 斜平山の麓を南下する。こんなところがある。

DSC08054.JPG

 「うふ Cafe」という。何の店だかよくわからないけど,..。

DSC_4020.jpg

 軒下には,面白そうな乗り物があった(笑)。

 ついでに,笹野観音まで足を延ばしてみる。

DSC_4022.jpg

 鬼瓦みたいな奴。なんて言う名称なのか,...。

DSC_4027.jpg

DSC_4028.jpg

 欄間,..じゃないよね。いろいろと空想上の動物多数。しかし,凄い技術だ。きちんとした知識がないので,面白そうだけど,何が面白いのか具体的にわからず(苦笑)。

DSC08057.JPG

 奉納算額。いつ頃のものかよくわからないけど,..。

DSC_4030.jpg

 帰る途中で綺麗なアサガオの生け垣を発見。なんだかんだと小一時間の朝ポタだった。

nadera090713.jpg

 午後からは雨予報で雲多し。

喜右エ門さんにお邪魔してみた:

 午前中,コンタクトレンズを新調するという娘に付き合ったら,眼科医がめちゃ込みで無意味な2時間を過ごす羽目になった。その後,娑婆に出たお祝いに,美味いパスタを食いたいと,喜右エ門さんにお邪魔した。正直,ランチ一人前を完食する自信はない。まあ,女房,子供に二口ずつくらい手伝ってもらえばなんとかなるだろう。

 やはり,パスタ一人前を食い切れなかった。女房と子供手伝ってもらい,なんとか綺麗に平らげた次第。ホッとしていると,我妻シェフが,「これ,退院のお祝いです」と,デザートのサービスが,..。ありがとうございます。お心遣い感謝いたします。遠慮なく頂きます。

IMG_3202.jpg

 大変,美味しゅうございました。もう暫くして,もう少し回復しましたら,今度はグラスワイン付きのディナーにチャレンジしたいと思います。よろしくお願いいたします。

 その後,TSUTAYA で DVD などを借りて帰ってきた。帰宅後は,一昨日,昨日ほどではないが,やはりお腹が張って,ちょっと具合が悪い。まあ,段々と解消されて行くのだろうけど。DVD 観ながらローラー踏もうかと思ったけど,なにか怠くて眠くて,暫く横になっていたら寝てしまった。晩飯前に軽く煎餅食べたら,また気分が悪く,..。これは多分血糖値が急に変化するためじゃないのかなぁ。いやはや,なんとも難儀なことだ。煎餅2枚で晩飯が食いたくなるという情けなさだ。

------------------

 就寝前にカロリー減らしのためのローラー50分,21km。勾配負荷2%,ケイデンス 80rpm 前後で。トレーニングではなくて,トレーニングのための地均し的ローラー。とにかく,血管の中を隅々まで酸素を運ぶという意識で。ローラー踏んでいる時は不思議と気分がいいんだよなぁ。前屈みの体勢だからなのか? 傷口が痒くて仕方がない。

------------------

2013年9月 6日 (金曜日)

重さと運動と天気09/06/13

 起床は4時過ぎ。なんか,玄関先のワン公が騒がしい。見れば,粗相をしてしまっていて,申し訳なさそうな顔をしている(笑)。急いで,外に連れだして排泄の続きをさせて,後始末して,起き抜けの生き物係業務終了。空を見上げると明け方の空にオリオン座が綺麗に見えていた。

DSC_3971.jpg

 オリオン座と冬の大三角と木星。明け方なので,バックが青い(苦笑)。

DSC_3969.jpg

 お隣さんの屋根とオリオン座

 と,まあ,朝からやることが沢山(違)。朝の体重は 67.5kg と一気に増える。さて,今日は職場に顔を出して,休暇書類を出して,雑務を適当に処理してから帰ってくることにする。う〜〜〜,朝から胃が痛い。この空腹時の胃痛が治まるのはいつになるのか,..(鬱)。

DSC_3987.jpg

 もう,雲の様子は秋だね。

nadera090613.jpg

 久しぶりの斜平山のパノラマ画像。なにか,懐かしい感じだ(笑)。

DSC_3998.jpg

 線路の脇にもススキが,...。

久しぶりに職場へ:

 9時半頃に職場に。ママチャリでの段差越えは相変わらず内臓に響く。各方面にご挨拶したり,来週分の休暇書類を作成したり,メールサーバに数百通溜まったメールを掃除したり,生協に雑誌を引き取りに行ったり,...したら,昼過ぎだった。そして,なにかえらく脱力感を感じ始めている。やっぱり,デスクワークだけならまだしも,なんだかんだとやるのは些か無理があるような感じ。散歩できても,ローラー踏めても,ちょっと質の違う体力という感じだ。

 1時過ぎに帰宅して,ちょっとした量の食事をしたら,食後30分頃から気持ち悪くなり,お腹が痛くなり,冷や汗が出始めた,..。まただ。どうにもこうにも,昼飯がダメだな。血糖値が急激に上がって,インスリンショックのような状態になるのか? それにしても,本を読むことも,テレビを眺めることも出来ない類いの腹痛である。こんな状態が数ヶ月続くとなると些か気が滅入る。昼飯は3回くらいに分けないとダメか? 術後は23日くらいになるのかな。まあ,仕方ないのかなぁ。焦りは禁物やな。

 あまりにも具合が悪いので,少し身体動かしてやろうとヤケクソ気分でママチャリ漕いで,「ススキの中を行く米坂線」みたいな写真撮れないかと出かけて行った。絶好の一両編成が来たが,看板に偽りありの写真になった。腕が悪い,..。

DSC_4002.jpg

 大体,ススキが少々しょぼかった(苦笑)。

 帰宅しても,具合悪さは消えず。一体,どういう食事スタイルにすればいいんだ? 昼飯は,例えば,11時,12時,1時と3回に分けるとかすればいいんだろうか?

2013年9月 5日 (木曜日)

重さと運動と天気09/03/13

 起床は4時半。病院生活も,それほどには不自由はなかったが,やはり夜の長さは苦痛だった。自宅だと,目が覚めたら,その時点から活動を開始できるのが,なによりも嬉しい。朝の体重は 66.9kg と67kg を切る始末。さて,この体重が今後どう変わって行くのか。外は土砂降りの雨。「大気の状態が不安定」という言葉を耳にしない日がない今日この頃。今日までは,有り難くもご「承認」頂いた「病気休暇」。なので,本日ものんびり過ごす。

本日のネコ模様:

DSC_3962.jpg

 完璧なリラックス状態である。実は,ネコの天敵とも言える,我が家の長女にして弘前駐在員が3日に弘前に帰ったのである。この長女が家にいると,まさに借りてきたネコ状態でずっと一箇所で大人しくしている。それがいなくなった途端に,このリラックス振りである。人間もネコも変わらんなぁと思う次第(笑)。

本日のシロカエル模様:

DSC_3965.jpg

 実際に見れば,かなり小さいサイズ。約3センチくらいかな。色もとても白とは言えない。もっとも,かなり薄い色ではあるけど。トノサマガエルはもう少し大きいように思うけど。大きなカエルは何年か掛かって成長した結果? そろそろ逃がしてやろうかな〜・・。

十二指腸がないということ:

 何かの拍子に内臓なのか,どこなのか,シクシクと痛むことがある。まあ,この類いの痛みは仕方がないと思うので,特に対処はしない。それと,うつ伏せとかいろいろな姿勢を取るようにして,内臓をグリグリと動かすように努めている。うつ伏せになると,切った箇所が引き連れるような感じで快適とは言えない。

 それにしても,なくなって初めてわかる十二指腸の有り難さよ。あの部分があるお陰で,結構沢山食べることが出来るんじゃないのか? 胃から,直で小腸側に食い物が行くと,小腸は消化後に栄養素を吸収する部署なので,多分,蠕動による食物の移動速度はそれほど速くなく,そのために消化された食物の渋滞状態になって,それが今感じている食後のお腹の張りのように思う。こうした感じを軽減する,食物のバッファで的な役割を果たすのが十二指腸ではないかと思われる。そんな訳で,食後のお腹の張りを押さえようと思うと,これまで十二指腸が果たしていた役割を,どこかで代替してやらなければならない。それが多分,充分な咀嚼であり,胃に送り込む速度を遅くする,「遅食い」なんだろうと思う。難儀なこっちゃ(苦笑)。

-------------------

 昼飯に試しにシリアルを食ってみたら,冷や汗が流れて,気分が悪くなって,胃の部分が重苦しく張って,散々な目に遭った。ちょっと多めだったせいかも知れないけど,今後は要注意だな。低血糖に似た冷や汗が流れたので,もしかしたらダンピングみたいなものが起こったかも知れない。でも,血糖値を測ったら,食後30分ぐらいでかなり高目。これは,急激に血糖値が上がったための不具合なのか? 試行錯誤は続く。こりゃ,難しい。

 血糖値対策でローラー43分,18km。勾配負荷2%,ケイデンス 80 - 85rpm で。これ以上廻らない。出力は 150 - 170W くらいかも。ヨワヨワである。

-----------------

2013年9月 4日 (水曜日)

入院生活:30日目(術後21日)【本日,退院】

 起床は2時半。寝ていられない。が,なんとか頑張って,ウツラウツラ状態で5時を迎える。NHK ニュースを眺めて,台風17号が九州に上陸したことを知る。進路予想を観ると,どうも,週末の宇都宮山岳ブルベ二連戦に影響が出そうな気配だ。折角の山岳ブルベ,悪天候にならないことを祈る。

 どうせ,血糖値測定も検温も7時過ぎだろうから,6時頃に朝の散歩に出てみた。時間外出口から出て,遊歩道に入る。天気が良くて気持ちがいい。

DSC08044.jpg

 丸一月いたな。今日が最後かと思うと,なにか感慨深いものがある。

DSC08043.JPG

 こんな遊歩道が病院の南側に造ってある。

DSC08046.JPG

 芝生も綺麗でゴルフ好きなら,パターの練習くらいできそう(笑)。

 グルッと一周して,7階まで階段を登って,朝の散歩終了。今日は帰宅後ローラーを踏むので,朝はこの程度で。戻ってみれば,「採血」だった(笑)。

 8時になって,最後の病院食を食べて,9時過ぎに最後の回診。ここで,いきなりの地震。震度3だとか。

 9時半頃に女房登場。が,なかなか会計の書類が上がって来ず,結局全ての手続きを終えて病院を出たのは11時少し前だった。退院の挨拶にナースステーションに出向くと,医師の一人に,「自転車で帰宅ですか?」と言われる始末(苦笑)。ちょっとだけ考えたけど,最低限の社会常識はあるつもり(違)。

 帰宅すると,イヌとネコは歓迎してくれた(笑)。軽く昼飯を食った後,所用で郵便局へ。ママチャリを漕いで行ったのだが,なにやら,自分の脚ではないような不思議な感覚。これは最早,ヨワヨワなんていうレベルじゃない(苦笑)。しかも,ほんのちょっとした段差を越える時のショックが内臓に響き,痛みが走る。これは実走は,あと1週間くらいは自重した方がいいかも。その後,本屋に立ち寄り,帰宅したが,どうにも脱力感というか,倦怠感があって,これはもしや低血糖症状か?比留間絵師が少な過ぎた感じもあったので,小さなお菓子とあめ玉を補給。のんびりと雑誌を眺めたり,本を読んだりして夕方まで過ごす。

 晩飯は,小一時間掛けて,子供が食べる量くらいのカレーを食す。これで腹一杯になってしまう情けなさ(苦笑)。晩飯後に,腹ごなしと血糖値を低下させるためにローラーを踏んでみた。

---------------------

 晩飯後にローラー35分,14km。勾配負荷2%,ケイデンス 80rpm 前後。笑っちゃうくらいに踏めない。上から眺めると,すっかり細くなった太股が動いている。まあ,でも,気持ちのいい汗をかけたので由とする。これが再起のためのスタートということで。

---------------------

2013年9月 3日 (火曜日)

入院生活:29日目(術後20日)

 起床は4時半。昨夜は8時半頃には寝てしまい,途中,トイレ覚醒を挟み,2時には目覚めてしまう。その後は,ちょっとウツラウツラして過ごした。ここ数日では結構寝た方か。病室の窓からは,うっすらとガスの掛かったどんよりした景色。さて,今日は何をして,この有り余る時間を消費しましょうかね?

久しぶりの米坂線:

DSC_3952.jpg

 昨日,デジイチ持って来てもらったので,早速,始発(と思われる)の米坂線列車を病室の窓から狙ってみた。が,やや遠過ぎるのと,うっすらとガスが掛かっていて,出来栄えは今二つ。でも,ここからと現状の機材では,多分これが精一杯。

エクササイズ:

 今日は,グルッと病院周りの遊歩道を歩いて,その後,1階から8階までの階段昇降を6往復。遊歩道を歩いていると,右の腹部に不定期に刺すような痛みが走る。でも,まあ,あれだけ切ったり繋いだりしたので,なにがしかの不具合は残るだろう。動かないでいて,余計な癒着など起こる方がまずそうなので,痛みを無視して歩き続ける。そのうち(いつかは知らんけど)消えるだろう。階段昇降は,心肺機能に負荷を掛けるような感じ&筋持久力的に。汗まみれになって終了。体重は 66.5kg ほど。

師長からの退院勧告:

 シャワー浴びてマッタリしていると,師長が現れた。曰く「現在,完璧な万床状態で,手術待ちの患者さんが入院できないので,もし可能なら明日退院してくれないか」。ゲゲゲ,..明日ですか?「もしダメなら,明日の夜一晩だけ他の病棟に移ってもらう」まで言われたら,出ていかざるを得まい(苦笑)。それにしても,ここのところの外科の繁盛振りは凄まじい。でも,医師も看護師も増える訳ではない。彼ら,彼女らの激務っぷりと来たら,..。本当にお疲れさまです。

 ということで,一日早まって,明日退院ということになりました。

職場からのメール:

 職場から病気休暇に関して,融通の利かないメールを頂き,かなり頭に血が上った。一月前に申請しているのに,今になって,こんな内容のメールが来る。ああ,何とかいうえらそうな会議で承認されたのが遅かったのかな。それにしても,「約一ヶ月の入院加療を要する」という診断書の表現に対して,「一ヶ月の病気休暇を承認」って,バカの極みである(笑)。制限された空間である病院に一ヶ月入院しなければならない病気で,退院後直ぐに働けということを臆面もなく言っている。こんな組織(あ,システムかな)って,基本的に信用出来ないな。常識で測れば,「病気休暇」=「一ヶ月の入院加療」+「自宅での生活等々のリハビリ」と解釈して当然だと思うけど。なので,16日までと申請しておいた。まあ,この程度のことにも思い至らない程度にバカなんだろうなぁ(苦笑)。もっと休養が必要なら,病気休暇延長が必要だという診断書をだせだとよ。なんだかんだと面倒なことばかりで,すまじきものは宮仕えだなぁと思った次第。

DSC_3955.jpg

 そんなオッサンの憂鬱に係わらずに米坂線は走る。

2013年9月 2日 (月曜日)

入院生活:28日目(術後19日)

 起床は3時。もう,睡眠腹,お腹一杯(笑)。音楽聴いたりして,時間を潰す。この時間,屋内および屋外活動に充てられないのが辛いな(苦笑)。

 昨日は,女房が持って来てくれた,レンタル DVD の「のぼうの城」を観た。なかなか,面白かった。そして,DVD での映画鑑賞は,いい暇潰しになる。一度観てしまったものなら,途中で寝てもどうということもないし。なので,自宅に手持ちの DVD を数枚持って来てくれとメールで依頼。さらに,入院以来,小説類を集中的に読んだら,小説の筋を追って行くのが,なにやら食傷気味になったので,活字のタイプを変えるべく,司馬遼太郎の「街道をゆく」,太宰の「津軽」なども自宅に発注(笑)。さらに,米坂線が病室の窓から見えるので,ここからの田園の中の米坂線(この場所から撮る機会もそうないだろうから)を狙うべく,デジイチ一式も発注。という具合に,朝からメール連打(笑)。

 5時になったので,NHK のニュースなどを眺めて,5時半頃に散歩に行こうと思ったけど,この時間ではちょっと迷惑かと思い直して,その辺をグルグル回っただけで病室に戻る。少し前の「要経過観察&看護状態」だったときは,6時過ぎれば,検温やら血圧やら血糖値やらを測定に来たものだが,順調に回復してるとなると,一番後回しにされるようで,これらの時間が読み辛く,エクササイズにいつ出ていいものやら判断に困る(苦笑)。とにかく,10月始めには「丸森サイクリングフェスタ」,次の週には宮城の 300km ブルベ(ドクターストップが掛かるかも知れん)が控えているので,少しでも状態を回復させておきたい。

DSC08036.JPG

 予報では雨らしいが,青空なども覗いていたり,..。それにしても,退屈な日々よ。だけど,この退屈さが,多分「幸せ」なんだよな(笑)。

 朝飯,昼飯ともに,全粥 150g で変わらず。

エクササイズ:

 今日辺りから運動量を上げよう,そうしよう。ということで,階段を下りて1階へ。外に出て,遊歩道を病院一周,グルリとお散歩。ようやく,遊歩道の全貌を理解した。その後,階段昇降。1階から8階までを5本。3本目辺りから段々と気持ちよくなる。体重が落ちたせいで,脚は楽だが,息が上がるのが早く,さらに,心拍もかなりのもの。筋肉が落ちただけでなく,心肺機能の劣化も著しい。一段飛ばしでは,苦しくて6階辺りが限界。汗がだらだら流れて,息がゼーゼーいって,実に気持ちいい。久しぶりの感覚を楽しんだ。

 その後,シャワーしてサッパリ。結構,いい環境じゃないのか?(笑)シャワー後,体重は 67kg になっていた。入院当初に比べて,実に7キロ減。体重の1割が減ったことになる。残念なことに減った分はほぼ筋肉であり,体脂肪率は上がっているのでないかと思われる辺りが,少々哀しい。

退院予定:

 そんなことをして,あまりにも元気な姿を見せているせいか,主治医に退院を言い渡される(ウソです)。今週中の好きな時に出てもいいということなのだが,明日辺りから食事を普通食にして,二日ほど様子を診たい。なので,退院は5日とする(以前,6日と思っていたが,女房の都合もいいらしいので)。さらに,膵臓を切っているので,食事と血糖値のデータ採りは継続していて,内科の医師が,これを担当してくれている。で,薬剤は膵臓に直接作用するので,出来るだけ,薬などを使わない方向で考えたいということらしい。う〜ん,至極真っ当な考えに思える。

食事指導:

 午後からは,女房も含めて栄養士の方に食事指導を受ける。話を聴いていると,段々と気が滅入ってくる。脂分の多いものは食うな,繊維質のものは食うな,刺激物はいかん,..。聴いてるとウンザリしてきたので,実際の生活では適当にルール破りをすることに決めた。膵液の分泌がどうしても少なくなるので,油脂分の多いものは消化不良になって下痢しやすいとか。下痢などなんということもない。ただ,腸閉塞だけは怖いので,繊維質だけ気を付けようかと思う。

2013年9月 1日 (日曜日)

入院生活:27日目(術後18日)

 起床は3時頃か。9時過ぎに寝付いて1時半頃に目覚め,その後ウトウトと,..。辛いのは,もう充分だと思っても,明るくなるまでベッドに居続けなければならないこと。暗いうちから,何か出来るようなスペースとかあると便利だろうけど。基本的な考え方が,ベッドが中心の生活を想定しているので,なかなか難しい。

 昨夜は9時頃に猛烈な雨が降った。アメダスで確認すると時間雨量 20mm近い。風も強く,いわゆるゲリラ雷雨か。朝になって,空は,どんよりしているが,雲の切れ間からは青空も覗き始めている。

IMG_3186.jpg

 今日は日曜なので,病棟も基本的に人手不足らしい。実家に電話して戻った,7時半過ぎに血糖値を測りに来た。

 朝飯は,七分粥 150g と昨日の昼と夜と一緒。基本的に3回で一段上がる。なので,今日の昼からは,いわゆる全粥である。消化剤と胃薬を処方してもらって,大分楽になってきた。当然,完食。

3週間ぶりに外の風に吹かれる:

 食後,病室の窓から見える遊歩道のようなところに行ってみた。ところで,昨日辺りから両脚の脹脛が猛烈な筋肉痛である。筋肉がゲッソリ落ちたところで階段の昇り降りなどやったせいだろうか?歩き出して,筋肉が温まると気にならなくなるのだが。なので,ゆっくりと階段を下りて1階へ。救急入り口から外に出て,病院の建物をグルッと回ってみた。

DSC08026.JPG  

 こんな遊歩道がしっかりと作り込まれている。芝生は綺麗に手入れされて,ゴルフの練習とか出来そうなくらい。

DSC08027.JPG

 途中に,こんな立派な四阿もある。なぜか,CD がぶら下げてある。鳥除け?

DSC08028.JPG

 実に3週間ぶりに外の風に吹かれた。気持ちがいい。いつの間にやら,すっかり秋風で,周囲にはアキアカネの姿が多数。写真の病棟の7階(最上階が8階)の左から二つ目の部屋がオレのいる病室。グルッと時間外入り口に廻って,階段で7階まで。全部で30分以上掛かった。久しぶりに外に出られて気分良し。

 午後からは見舞客がチラホラと。いい気晴らしになりました。ありがとうございました。

昼飯:

DSC08031.JPG

 昼からはついに全粥 150g である。食後の満腹感とかはなかなかなくならないが,消化剤の助けも借りて,なんとしても食って消化して,吸収して排泄するのだ。それを繰り返すことだけが快復への近道。

お久しぶりの米坂線:

DSC08032.jpg

 一昨日気が付いたのだが,ここの窓からは米坂線が見える。なので,今日はコンデジ・モッサリ君で撮影。田園地帯を走るローカル線といういい雰囲気だ。デジイチと望遠レンズ持ってきてもらうかな(笑)。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »