2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気09/15/13 | トップページ | 術後5日目辺りから13日目辺りまで(回想編) »

2013年9月16日 (月曜日)

重さと運動と天気09/16/13

 起床は5時過ぎ。身体の痒みは相変わらず。参ったな。外は雨降り。朝の体重は 67.0kg と横這い。朝のニュースは台風のことばかり。京都の嵐山の渡月橋が流されそうな勢いに驚く。ちょっとの間,雨が上がったようなので,少しだけぶらついてみた。

DSC_4126.jpg

DSC_4124.jpg

DSC_4130.jpg

 まさに,炎立つ!という状態。上からの2枚は,どちらがいいか選べず(苦笑)。兜山と炎の様子から2枚目かなぁ(笑)。

DSC_4121.jpg

 koji さんからコメント頂いたので,もう一枚アップしてみる(笑)。2枚目とほぼ同時刻で画角を変えたもの。これだと広角過ぎるようにも思うのだが,..。

 朝飯を食い終えた辺りから,風が次第に吹き始めた。昼頃になると段々と風が強くなってきた。午後2時頃に暴風雨。ちょっと最近では経験したことのないほどの風。家の窓や壁に当たる雨音が煩く,さらに風で家が揺れる。幸い,暴風の時間は2時間ほどで終わったけど,..。

----------------

 夕食前にローラー1時間,27km。勾配負荷2%,ケイデンス 85 - 90rpmで。

----------------

 夜には晴れた。月が綺麗に見えていた。

moon091613.jpg

 Nikon D3200, 300mm, f = 10, 1/200 s, WBオート,ISO 100, RAW, 4枚コンポジット

 さて,明日は退院以来初めての外来。自転車で行こうかどうしようかで迷っている(笑)。

« 重さと運動と天気09/15/13 | トップページ | 術後5日目辺りから13日目辺りまで(回想編) »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

2枚目でしょうかね。左上の「雨滴」がちょっと残念(^_^;)

へばなさん

やはり,2枚目ですか。^^;

実は,左上の水滴のような陰なんですが,水滴ではないようで。レンズを換えても出るので,本体側の問題のようです。先日,ととろの森を撮影して,雨の中帰ってきたとき以来なので,なにか入り込んだのかも知れません。Nikon は防塵防滴と言われますが,安い奴はそうなっていないのかも。機会を見て,修理に出せればと思っています。

みっともないので,一応,ソフト的に補修しておきました。^^;

時系列でいえば、2枚目~1枚目~3枚目ですよね。
わたしは1枚目でしょうか。山の斜面を駆け上がるように沸き立つ蒸気と空全体を覆う暗く重苦しい感じの空がいいです。2枚目は電柱の流れのせいでしょうか、狙いの“炎立つ”からどうしても視線を左に振ってしまうのです。
さすが“なでら男さん”はいいところを捉えていらっしゃいますね。こんな光景に出会うチャンスは全くの偶然もありますが、多くは“なでら男さん”のごとく足繁くその場所に立つことなんだと思います。

koji さん

流石です。散歩の人間の位置と,撮影者の位置から時系列を割り出しましたか。^^;

そうなんですよね。たしかに電柱の並びは一つのアクセントになっているのですが,..。
ただ,兜山と山の稜線がもっとハッキリしていた方がよかったかなと思います。もう少し枚数を撮影すれば良かったですね。ほんの数分で変わる景色でした。

足繁くというよりも,朝の短い時間では,ここしか来るところがないという状況です。^^;

新たなる一枚、これもありですね。“なでら男さん”のおっしゃるように“炎立つ”のテーマからすると、その部分が広角故に迫力が削がれてしまうのかも知れませんね。こうしてみると難しいものですね。
“へばなさん”の選択した2枚目の写真は、たしかに“炎立つ”の形がいいし鮮明ですよね。10人いれば10の見方がありますからね。

koji さん

そうなんですよね。あとは,トリミングで対処するとかいろいろ方法はありそうですが。

「10人いれば10の見方」は,その通りですね。最近,写真雑誌など見ると,こんな写真のどこがいいんだろうと思う写真が高評価を得ていたりして,所詮,そんなものなんだろうなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気09/15/13 | トップページ | 術後5日目辺りから13日目辺りまで(回想編) »