2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気07/11/13 | トップページ | 重さと運動と天気07/12/13 »

2013年7月11日 (木曜日)

ママチャリ教教祖,寒河江に降臨す!

 ブルベという,奇妙キテレツなる遊び。最低の距離でも 200km を制限時間内に自転車で完走しなければならない。自転車は乗り手のみのエネルギーで推進するという条件を満たすものであれば車種は問わない。多くの参加者は出来るだけ少ない労力で距離を稼ぐために,ロードレーサーを使用する。しかし,中には,ママチャリでブルベを走ってやろうという,少々変わった御仁もおられる。世の中は広いものだ。

 その方の名前を,へばなさん(仮名)としよう。へばなさんのことを最初に知ったのは,2008年の8月の,ランドヌール宮城とAJ宇都宮との初めての共同開催となった 600km ブルベのときである。スタート前の参加者達の雑談中,宇都宮にママチャリで 200, 300, 400km のブルベを既に完走して,今度の 600km に SR が掛かっている方がいるという驚くべき話題が出た。皆一様に「ママチャリ〜〜〜!??」の反応。それもそのはずで,軽快なロードレーサーで走っても完走できる保証はないのに,重くてスピードの出ないママチャリでブルベを走るなど想定外の二つくらい外の話だったろう。

 そして,現実にそのママチャリライダーにお目に掛かったのは,その600kmブルベで,小野の PC を出てしばらく走った,スタートから 160km ほどの地点。前方からヘルメットを被ってママチャリに跨がった高ケイデンスでペダルを踏む一人のランドヌールがやって来た。一緒に走っていた数人と,「おお,あれかぁ〜!?」と驚き,半ば呆れ,そしてレアなものを見られた喜びを感じたことを思い出す。

 その後,宇都宮ブルベの常連となって,彼のママチャリライダーが「へばなさん(仮名)」と呼ばれる,(アラ)還暦ライダーであることを知って二度ビックリ。以来,ブルベの度に言葉を交わすようになって今に至っている。このバカブログにも頻繁にコメントを頂いている。最近ではすっかりパワーダウンして,以前はシングルギヤのママチャリで 600km を完走したのに,最近は5段ギヤ(くらいだったような)のママチャリでないと完走できなくなったとお嘆きの様子。いやいや,充分凄いと思うのだが。

 で,ご本人は「ママチャリ教教祖」と名乗っておられる。毎日ママチャリで数時間走れば,医者要らずで,幸せな一生を送れるというもの(たしかに,そうかも知れないけど)。弟子のようなものも数人現れたが,依然として絶滅危惧種なみにマイナーで,ブルベ界に「ママチャリ教」を布教するのは大変なようである。

 その教祖様が,7月11日の午前0時に宇都宮市森林公園をスタートして,コースを試走するという。これは,最大限の敬意を持ってお出迎えせねばならないだろう(笑)。

 ということで,少し早めに職場を抜け出して,車にガソリン入れて,差し入れなどを仕入れて,折り返し地点である寒河江ふるさと公園に向ったのは4時半過ぎだった。

 ブルベコースを逆走して白鷹付近まで行くと,雨が落ちてきた。そこから長井,大江,寒河江と進むが,所々で土砂降りに近い雨に遭遇。こりゃ,今日は大変そうだなぁと思いつつ車を走らせる。寒河江付近では,もうお一方,山形の方(KOMA さん?)がへばなさんに会うために,上山から寒河江までの広域農道を車を走らせているとのこと。時折,iPhone に目を落とすが,まだ,お会いできたとの「つぶやき」はない。道の駅・おおえで一旦停車。ここでようやく,広域農道でへばなさんを発見したとのつぶやき。折り返し地点への到着は予定よりも2時間近く遅れそうだ。

 6時過ぎ頃にふるさと公園の折り返し点に到着。そこで待機。やがて,7時10分ほど前になって,前方から,明らかに車やバイクとは違う,でも,一般人のママチャリではない「灯」が見えた。

DSC07647.JPG

 お疲れさまです。教祖様!

IMG_2981.jpg

 変速ギヤは付いているものの,紛れもないママチャリである。荷物の積載量は半端なし!(笑)

 疲れた様子は全くない。ここまでの 305km を19時間弱でクリア。平均時速 16km/h 強。恐るべし。貯金(チェックポイントのクローズまでの残り時間)は1時間20分ほど。この後,白布峠,氷玉峠などをクリアしなければならないので,あまり楽観できるほどの余裕ではないように思うが,当の本人は落ち着き払っている。差し入れを渡して,スタートをお見送り。

 米沢まで帰ってくると雨は降った気配なし。小松辺りからは道はドライである。早く,この辺りまで来てくれと願いつつ帰宅。飯食って,1時間ほど仮眠して11時半過ぎに再び出撃。今ごろ,小野川を過ぎて白布温泉の登りに掛かっている頃だろうか,..。

 あれ?まだ,ここにいた。pokky 氏の自宅の直ぐ脇でなにやら差し入れのココアなど飲んでマッタリされている。もしかして,この方が「通りすがり」さん?きちんとご挨拶も出来ずに申し訳ありません。

IMG_2982.jpg

 時間も押しているようなので,峠越えのご無事を祈りつつ,お見送り(笑)。一旦帰宅したものの,またちょいと出る。今度は,小野川温泉の先辺りで道端応援。しつこくて,すみません(笑)。

DSC07648.JPG

 ということで,ママチャリ教の教祖様の山形訪問は終わった。恐らくは,午前2時半過ぎには白布峠を越えることだろう。次の PC7 の猪苗代若宮店のクローズは5時少し前。どうかご無事の完走を!!d"b(_ _;)d"b(_ _;)

« 重さと運動と天気07/11/13 | トップページ | 重さと運動と天気07/12/13 »

サイクリング」カテゴリの記事

ブルベ・ロングライド」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コース上で何度も応援されたんですね。“へばなさん”も沢山の元気を戴いたことと思います。2008年の宇都宮600の思い出のところを読んで、わたしもなつかしく思い出していました。
http://blog.goo.ne.jp/koji5678/e/b72f58c2af9539e6358a5442e8ef9129
(ママチャリの“へばなさん”を応援にいったときの記事です)
ママチャリで600キロというのですから、すごい人がいるもんだと思いました。
制限時間は本日の午後4時でしたよね。今回のコースはさらにパワーアップされていますよね。“へばなさん”ご無事でゴールされたのでしょうね。
次の本番では“なでら男さん”の完走を心より願っております。

応援お疲れ様でした。
自分はPC6でお出迎えしました。
なでら男さんも感じた通り疲れた様子が見受けられませんでしたし、コンビニで買物はしましたが補給せずにすぐに再出発するタフさはやはり「教祖様」だと思いおもわず手を合わせてしまいました。(笑)

20日は時間が会えばPC6辺りで待ち伏せします。
到着予定時間などお知らせください。

あれ、やっぱりあの第三種接近遭遇は「なでら男」氏だったんですね。
似ている方が車から降りて来たのでてっきりなでら男さんだと思ったのですが
へばなさんが「ポッキーさんです」と仰ったんでてっきり別人の方だと勘違いしまして
私の方こそ不調法しまして大変申し訳ありませんでした。
ご忠告頂いた「陰から」応援でしたが、目の前にすると完全に忘れてしまい、つい声を掛けてしまい・・・
なんせ好奇心の塊が被服に覆われているだけですので御勘弁してください。

で、感想ですが「これで二十四時間近く、三百数十キロ走りこれから更に残りを走り切る人間の姿なのか
驚愕の一字」でした。
是非とも来年は私もママチャリで参加したいと決意した次第です。(冗談ですよ)

へばなさんが走っておられるのは承知していたのですが不覚にも寝落ちしてしまいお会いできませんでした。

非常に残念!

koji さん,ロンリーHさん,通りすがりの経験者さん,pokky さん

先ほど,へばなさんのブログをチェックしたところ,残念なことに PC7 でオーバータイムだったそうです。(´д`;)
応援と称して,雑談で時間を無駄にさせてしまったようで責任を痛感。>o<

へばなさんの少しの貯金を積上げて行くブルベスタイルを知っていただけに,ちょっと気になってはいたのでしたが,..。小野川温泉辺りの通過時間から少なくても氷玉辺りが一つの関門かなと思っていました。それが,まさかの PC7 での OT とは,..。

それにしても,オーバータイムの後は,お楽しみのツーリングに切り替えて,700km オーバーを走ったらしく,やはり,飛んでもない御仁だと刮目した次第です。

応援、ありがとうございました(^^)/

せっかく深夜の応援をいただきながら、タイムアウトになってしまうという、情けなさで申し訳ありませんでした

また、私が携帯を持っていないので、私を探して長時間お待ちいただき、すみませんでした

PS「通りすがりの経験者」さんへ・・・場所がポッキーさんのお宅の近くだったのと、車が以前のと違っていたので、「ポッキーさんでしょう」などと間違ったことを言ってしまい、申し訳ありませんでした

へばなさん

こちらこそ,貴重なお時間を浪費させてしまい,誠に申し訳なく,..。
応援に出ようと思ってから,いや,まてよ,..とちょいと気掛かりだったことが現実になっちゃいました。

今後は,こっそりと草葉の陰から声援を送ることにします。ww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気07/11/13 | トップページ | 重さと運動と天気07/12/13 »