2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

GPV予報

趣味

最近のトラックバック

« 重さと運動と天気07/08/13 | トップページ | バイオミメティクス? »

2013年7月 9日 (火曜日)

重さと運動と天気07/09/13

 起床は5時少し前。昨夜は,ちょっと撮影データなどをいじっていたせいで,些か寝不足気味。外を見れば,雲が多いものの降りはしない感じ。朝の体重は 75.0kg とナゾの増加。ま,水分だろう。

 朝のワン公の世話を終えて,さらに,「白いオタマジャクシ」にエサをやってから(結局,飼育と言うか,バケツに入ったまま),オッサンの朝活動に出かける。

 オニヤンマはボチボチ羽化時季も終わった様子。それほど真剣に探した訳でもなかったので,2頭しか確認できず。

DSC_3479.jpg

 大体,6月25日過ぎから7月10日辺りまでが羽化時季らしい。

笹野観音:

 ふと思い付いて,笹野観音までママチャリを飛ばした。

DSC_3480.jpg

 随分と久しぶりに来た。いつの間にか,左の方に車椅子用のスロープが作られている。昔,イヌを連れて散歩の時に立ち寄ったら,近所の方らしきおばさんに「畜生を境内にいれるな!」とかヒステリックに怒られて,えらく不愉快な思いをした。以来,ここに来るとあの時の不愉快な感情が湧き上がり,あまり好きな場所ではない。おっさんは執念深いのである。

DSC_3481.jpg

 数年振りに来たが,以前は,もっとアジサイが沢山咲いていたような記憶があるし,もっと別の色のアジサイもあったような気がするし,樹木も繁ってもっと鬱蒼とした雰囲気があったようにも思うのだが,..。

DSC_3482.jpg

DSC_3483.jpg

 本堂には,算額が掲げられいて,その問題がなかなか興味深い。

DSC_3486.jpg

 あまり愉快ではない場所に来た理由の一つはこれ。「延命地蔵」である。

DSC_3487.jpg

 まあ,とにかく,9月一杯までは何事もないようにと(あくまで)適当に頼んでおいた(笑)。

DSC_3496.jpg

DSC_3497.jpg

 なにやら,歴史があるようだが,詳しいことは知らない。

 帰ろうと境内を出ると,大分高齢とお見受けしたご老人が不思議なカメラで門を撮影していた。外部の光が邪魔にならないように,黒い板で作った函メガネのようなものが液晶モニタに取り付けてあるビデオカメラのようにも見えた。「おはようございます」と挨拶すると,ご老人はニッコリと微笑み,「朝はいいねぇ」と一言。「そうですね」と返事をして帰途に就いた。

----------------

 朝飯後にローラー43分,20km。勾配負荷3%,ケイデンス 85 - 94rpmで。汗が塩辛くなくなった。扇風機なしでも30分廻せるようになった。暑熱馴化は順調なり。もう,今度の 600km は暑さ対策だけは大丈夫だろう。登りは,まあ,なるようになる(笑)。

----------------

DSC_3517.jpg

 わからないことがあってもなくても,夕焼けはいつも優しい。

« 重さと運動と天気07/08/13 | トップページ | バイオミメティクス? »

ウェイト&トレーニング」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すみません。 明日の天気予報ではそちら方面が「雨予報」に変わっちゃったので、11日午前0時スタートに延期させていただきます

15年も前に遠足で行ったら、東京から来たという60がらみの女のヒトから、
「こんなに立派なお寺で、こんな子どもたち(養護学校小学部の子のこと)を遊ばせておくなんて」
と説教されたことがありました。
一応引率責任者だったので、「お話は承りました」と返事はしましたが。
こんな立派なお寺でフツーに子どもが遊べるなんて、とても素晴らしいことじゃないかとお釈迦様や仏弟子たちは喜ぶはずなんですが。
破壊工作を行っていたのなら話は変わってきますが…しかもお寺からは了承をしてもらってたし…。

なでら男さんの話を聞いて思い出しました。

へばなさん

了解です。なにしろ,お気を付けて。仕事の関係で寒河江折り返してからしかお会いできないかも。

ケンヂさん

いますね。そういうバ○ア。心の中で,○ねばいいのに!とつぶやくことにしてます。
多分,○バアも犬も,お釈迦様の前では同等だとか聞いた覚えがあるので,何言ってるんだ,このババ○!と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重さと運動と天気07/08/13 | トップページ | バイオミメティクス? »